【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第10話「背中に翼」

 ハチナイの10話を見て感想を書かせていただきます。
 練習を見ていた女子は強豪校の選手……というのは割とよくあることでした。
 サブタイトル的には最終回っぽいですがもうちっとだけ続くようです。

【内容】
 翼たちの練習を見ている女子(高坂椿)は意味深なことを言って去っていきました。
 先生は全国大会のしおりを作って準備をしていて、なおかつ向月高校との練習試合を持ちかけてきました。
 高坂椿は同高のエースで全国ナンバーワンと目されるピッチャーでした。

 翼は二つ返事で練習試合を受けようとしますが、龍は清城高校との練習試合を忘れていないとひと言。
 オープニングの後、翼は部員を集めて先発メンバーを発表するとのこと。
 その結果、茜と智恵が外れてしまいますが、翼は2人にベースコーチをやって貰うと言ってきました。

 智恵も茜もレギュラーからはずれたことを受け入れ、夕姫もみんなわかっていると翼に告げます。
 相手は3軍の練習相手だと最初からなめた態度を取りますが……
 先発の舞子は立ち上がりに課題を残し、気がつけばたちまちに先取点を奪われてしまいました。

 「おかげで目が覚めたわ」とスイッチが入った舞子はその後の打席を凡退に抑えます。
 牽制が苦手という情報を利用して盗塁に成功し、そのままバントで3塁に走者を進めてきました。
 翼はホームランをたたき込んで2点を返し、そのまま連打を浴びせて3点目を奪います。

 走塁ミスで翼がアウトを取られ、椿は負けがこんでいる選手に「向月に弱い選手は要らない」と言い放ちます。
 茜は翼がアウトになったのは自分のせいではないかと考えますが……
 向月は先ほどの発言がきいたのか反撃に転じ、5回で同点に追いつかれました。

 茜はもう見ているだけだと言い出しますが、翼は茜のやる気に救われたと言ってきました。
 翼が出塁したものの龍が凡退し、あおいに続いて翼は一気にホームに飛び込んでいきました。
 相手は椿が自らマウンドに立ちますが、時そのまま初勝利を献上することに。

 初の勝利に勢いづいた一同は、次は全国大会の舞台へと進みますが……

【感想等】
 全国大会のしおりを作る先生は楽しそうですが、練習試合は負けフラグにしか見えませんでした。
 龍さんが私の言いたいことを全部言ってくれたのでもう何も言いませんが……
 レギュラーから外れた2人も(メンバーが負傷するなどして)どこかで出番があるかもしれません。

 高坂……というとむしろ高坂桐乃さんが頭に浮かぶのはここだけの話です。
 相手がなめた態度をとってきたのをホームランという形で叩き返してきたのは素敵すぎました。
 ほとんどが野球初心者だと考えればここまで戦えていること自体がすごいと思います。

 茜さんが泣いているのを見てもらい泣きしてしまったのは私だけでしょうか。
 相手が本気ではなかったとはいえ大会の直前に試合に勝てたのは大きいと思います。
 次回で全国大会開幕らしいですが残り2話で何処まで勝ち進むことが出来るのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第9話「みんなでつないで、楽しんで」

 ハチナイの9話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ試合……かと思ったら今回は合宿のお話でした。
 ひまわり畑のせいでどうしても「エガオノダイカ」が頭に浮かびます。

【内容】
 女子硬式野球部の皆さんは練習を終え、清城高校が合宿をしているという話題になりました。
 話を聞いた龍は「大会前の強化合宿をしましょう」と提案し、特別メニューを作ってきましたが風に飛ばされます。
 拾っている間に和尚さんと奥さんらしい女性が出てきて彼女達を歓迎してくれました。

 先生は野球の上達とみんなが仲良くなることが目標だと言い、気がつけば翼がキャプテンだと言われます。
 龍は厳しい練習を行い、皆さんが疲れ切っていましたが、まだまだこんなレベルでは大会に出られないと言ってきました。
 夕食の後もタオルを使った投球練習やバットを振る練習が続き、龍は夕姫をピッチャーにしようと考えます。

 和尚さんが出てきて木魚を叩いてはどうかと言い、おかげで良美はタイミングが測れたようです。
 良美は浴室で応援をし、翼は野球盤を出してきましたが、和尚さんからは明日の練習に差し支えると忠告を受けます。
 次の日は朝4時に起きて外を走り、その様子を見た先生は「もはや修行」とつぶやきます。

 龍は厳しい練習の中でひまわりを見て何かに気づき、その夜は甘いような辛いようなカレーに戸惑っていました。
 ミントとパクチーを入れたカレーは滋養強壮にいいらしく、皆さんはおいしいと言いながら食べていきました。
 あおいや正美は和尚さんのおかげで上達しましたが、龍だけは和尚さんの姿を見たことがないそうです。

 カメラには和尚さんが写っておらず、突然停電になったかと思えば和尚さんの声が聞こえてきました。
 和尚さんは夕姫がピッチャーを薦められていたことを知っていて、気を遣いすぎるのはよくないと言ってきます。
 さらにはバッターボックスに立って「野球も人生も楽しんだらいい」とアドバイスしてくれました。

 夕姫は和尚さんのおかげでボールを投げることが出来ましたが、龍は和尚さんは見なかったと断言します。
 今の住職はまだ30代らしく、おじいさんはすでに亡くなった人……なのでしょうか。
 夕姫は翼に速球を投げつけて成長をアピールしていましたが、試合を見ていた女性は他校のライバルなのでしょうか。

【感想等】
 練習場所を提供してくれば地主さんに、合宿場所を提供してくれる和尚さんといい人ばかりの世界が素敵です。
 翼、キャプテンと聞いたらむしろサッカーの方を連想した人は少なくない……はず。
 今さらながら、岩城良美さんの元ネタは(見たことはないですが)「ドカベン」の岩鬼正美さんだと気づきました。

 野球の練習をするのは当然だとして、夜中に野球盤で遊んでいるシーンがシュールでした。
 可愛い女の子ばかりに着目していましたが、なにげに朝4時起きで一日中特訓しているのが恐ろしいです。
 彼女達は身をもって「好きなことならばがんばれる」ということを教えてくれたのかもしれません。

 和尚さんがいい人なのは疑問をはさむ余地はありませんが、彼が故人という設定は想定していませんでした。
 いずれにしても夕姫さんがピッチャーとして覚醒したのはよかったと思います。
 練習を見ていた女性は他校のライバルなのは確定として、次回は全国のレベルを見せつけてくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第8話「夏に向かって」

 ハチナイの8話を見て感想を書かせていただきます。
 せっかくメンバーがそろったのにテニスのせいで2回も中止になってしまいました。
 気を取り直して夏に向かってがんばっていきたいと思いますが……

【内容】
 メンバーがそろってきて練習にも熱が入り、茜は相変わらず猫耳パーカーで練習していました。
 オープニングの後は練習後になり、もう夏になったなとつくづく感じていると、翼は急に大会に出ないかと言ってきます。
 智恵は小也香との練習を続けていて、小也香からは大会で実戦経験を積むようにと言ってきました。

 夏の大会を意識した智恵は翼に相談し、翼は大会参加の有無について部員の意見を聞きたいとひと言。
 全国大会の動画を見て改めてレベルの高さを実感しつつも、女子野球のチームが少ないことからいきなり全国なのだとか。
 
 大正時代が女子野球の始まりでありましたが、戦後発足した女子プロはすぐに解散になったそうです。
 1985年に日米の試合があったことをきっかけに女子プロ野球が復活して現在に至るようですが……
 部員達は大会出場をあっさり決断したものの、交通費をはじめとした予算がどうしてもネックになってしまいます。

 先生は「お金のことなら心配要らない」と言い、部として承認されればなんとかなると太鼓判を押しますが……
 条件をクリアしたものの教頭には「現実的ではない」と言われ、さらには先生自身にも覚悟があるのかと言われてしまいました。
 そんなことを知らないあおいは魔球を投げるとのたまい、先生はもう少し時間がかかるとだけ告げます。

 龍は先生が学校ともめているのではと推測しますが、翼は自分達に出来ることをやるしかないと結論づけます。
 綾香は野球同好会の記事を書いていて、麻里安も野球部に興味を持ったようです。
 茜は地主の女性と話をしていて、先生は同僚の教師に「今年にこだわる必要はない」と言われてしまいます。

 先生が頭を抱えていたかと思えば、グラウンドの隣はひまわり畑だったということで、翼達はひまわりを植えていました。
 水浸しになった先生も水浴びに参加し、吹っ切れた先生は絶対に今年の夏の大会に出るんだと訴えます。
 一同は署名活動を行うとともに必要経費を算出し、先生は母親のメッセージに対して「充実している」と返してきました。

 先生は署名を出してきて、仲間として出来ることは全部やりたいと覚悟を示し、ついに教頭も折れてきました。
 大会の間は教頭が剣道部の顧問をすることになり、先生は夏の間は野球に専念することに。
 先生はVサインを出して成功を示し、最後は全員が集まって正式な野球部として初めての練習を行うのでした。

【感想等】
 いつもは飛ばしがちのオープニングも、これだけ間が開くと逆に新鮮に感じるのが不思議です。
 猫耳パーカーの茜さんが大好きなものの、猛暑の夏だと熱中症が心配になります。
 敵の一員である智恵さんの練習に付き合う小也香さんがいい人なのは言うまでもありませんでした。

 大正時代が女子野球の始まりだと言われて「大正野球娘」を連想する視聴者は少なくないかも。
 一生懸命でおまけに美人な先生の好感度が上がりまくりの一方で、先生が追い込まれるところは胸が苦しくなります。
 女子生徒がみんな可愛いのはお約束ですが、男子生徒は一体何をやっているのでしょうか。

 これまで個人個人でやってきたのが学校が一体になっている雰囲気が出ていてちょっと感動してしまいました。
 いきなり全国はハードルが高いと思いますが、どこかで小也香さんとの再戦はあるのでしょうか。
 いっそ2クールやってくれてもいいと思いつつ、残りのお話もしっかり目をこらして見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第7話「笑顔の迷子」

 ハチナイの7話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも強くなるために練習する流れが出来たのはよかったと思います。
 エガオノダイカとは絶対に関係ないと思いますが……

【内容】
 練習器具が壊れてネットも穴が空き、アルバイトをして必要なお金をまかなうことに。
 龍はバイトだけではきりがないと言い、和香は部に昇格すれば部費が増えるのではないかと考えます。
 生徒会に申請してみると審査が必要だと言われ伽奈という人物がやってきました。

 ヒーローショーのアルバイトをしていた夕姫は小学校時代の先輩である倉敷舞子と再会します。
 夕姫は舞子を野球に勧誘しようとし、翼は生徒会の審査と聞いて緊張してしまいます。
 あおいと伽奈は同じくラスの仲良しで、伽奈は学年トップで1年生から生徒会の優等生で運動神経も抜群でした。

 夕姫は舞子がドッジボールが強かったといい、いっそピッチャーを任せてはどうかという流れになりました。
 翼は大型新人が入ったと言って喜んでいましたが、舞子は面倒事はごめんだと言って立ち去ろうとします。
 舞子は補導歴があるらしく、伽奈は「彼女が愛想が悪いからコミュニケーションに苦労しそう」と言って突っ込まれます。

 良美の勧誘もあって舞子が加入する流れが強まりますが、伽奈とは衝突してしまいます。
 伽奈は自分らしく笑顔を作ろうとし、顧問の先生には野球を楽しんでねと言われます。
 舞子が帰宅すると母親が「父親が帰ってこない」といい、母親自身も心が壊れているようです。

 綾香は舞子が警察に補導されたと言ってきて、舞子は母親もろとも学校に呼び出されていました。
 母親は娘がこうなったのは自分のせいだと言い、環境を変えるために引っ越すとまで言い出します。
 舞子は「勝手なことを言わないで!」「居場所を奪わないで」とキレてしまい、そのまま飛び出していってしまいました。

 先生は舞子が野球をやっていて楽しそうだと親を説得し、伽奈もまたどこかに走っていきました。
 伽奈は「誤解されたままでいいのか」「同好会にいるべき」と言い、自分が感情を出すのが苦手だったと告白します。
 「私は君に笑顔でいてほしい」と言ってきてその後は事情を説明していい流れになりつつありました。

 伽奈は野球同好会なら伽奈が自分らしくいられると言って頭を下げ、舞子は改めて入部することになりました。
 さらに伽奈もまた同好会の活動を続けたいと言い出してきました。
 そして来週がお休みというお知らせに続いて、次回は「夏に向かって」というタイトルに続きます。

【感想等】
 何事も先立つものがないと厳しいのはリアルでもアニメでも同じようです。
 多少話題はずれますが龍さんとスロウスタートの花名さんの中の人が同じだと聞いてちょっと驚く私がいます。
 部員が足りないなら今すぐ私も入部したい……というのは無謀でしょうか。

 このままギリギリの人数のままでいくと思いきや、生徒会を含めて入部者が増えるのはうれしい誤算でした。
 夕姫さんの人当たりのよさそうな感じが好きですし、あとは指摘されているように作画がなんとかなれば覇権もあったかも。
 可愛い絵とは打って変わって突然のホラー展開はオカルト公務員よりも怖かったです。

 コミュ障だと思われた伽奈さんが舞子さんに語りかけるシーンは普通によかったと思います。
 オープニングのひまわりもろともエガオノダイカを連想しますが、実際はひまわりよりも百合の花なのかもしれません。
 次回のお休みは万策が尽きたのかはわかりませんが、最後まで何とか放送してほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八月のシンデレラナイン 第6話「これからの私たち」

 ハチナイの6話を見て感想を書かせていただきます。
 ほとんど初心者ばかりだったので試合に負けてしまったのは仕方ないと思います。
 ここからどうやって上達するのかが重要ですが……

【内容】
 少し前の冬休み、智恵は翼に勉強を教えていました。
 現在も智恵は今度の試験で赤点を取って練習に出られなくなったら困るとひと言。
 龍はいつも勉強を見ている智恵が翼を甘やかしすぎてるのではと苦言を呈します。

 オープニングの後、次こそは試合に勝つためにと練習をレベルアップすることに。
 より実戦に備えた練習をすることになり、茜もフライをキャッチできるようになっていました。
 一方で、智恵は自分が成長していないことに焦りを感じているようですが……

 龍は試合に勝つためにもっと厳しい練習が必要だといい、他の部員も勝つためにがんばる所存でした。
 翼は智恵の様子がおかしいのではないかと察し、いつでもフォローすると言いますが……
 智恵が少し前にグラウンドにやってきたころには、翼をはじめとして何人かはすでに練習をしていました。

 一週間のテスト休みを前に何かを食べに行くことになりましたが、焦ってきた智恵は自主練をやろうと考えます。
 翼はうまくなるペースは人それぞれ違うからと言いますが……
 智恵はこの前の試合で他のみんなほど悔しいと思えたのかと自問して更に焦りを強めていきます。

 お寺の駐車場で一人で練習をしていると、そこに前回戦った小也香がやってきます。
 なんでも住職が野球に理解のある人物で使わせて貰っているそうですが……
 小也香はしっかりした指導者に教わることをお勧めしたいと言い、智恵は教えてほしいと顔を近づけてきます。

 翼は智恵に避けられているのではないかと考え、良美は智恵が小也香と練習していることを報告します。
 小也香は全国にはもっと強いチームがいると考え、この前まで監督の不祥事もあって廃部寸前だったと言い出します。
 翼は敵と一緒にいる智恵にキレてしまい、智恵も甘やかさないでよと言って反論してきました。

 智恵は翼の親友をやめると言って彼女を避けるようになり、龍は指導者として小也香は申し分はないとひと言。
 翼はいらだちをぶつけるかのようにバッティングセンターでバットを振りますが、精神的なショックは大きいようです。
 隣では小也香が快音を響かせていて、翼は見苦しいところを見せたことを謝罪します。

 小也香は智恵は練習もテスト勉強もがんばっていると言い、野球に親友は必要ではないと言い出します。
 必要なのは勝利という目的に邁進する「戦友」であるとのことで、和香達は翼が赤点確定ではないかと危惧します。
 良美は必要なのは「拳」だと言い、翼、智恵を手紙で呼び出して対面させます。

 智恵は野球をすることで友達の形が変わってきたと言い、自分が背負い切れていないのだと気づいたそうです。
 翼は智恵の変化に気づかなかったことを謝罪し、智恵は翼の足を引っ張りたくないから親友ではいられないと改めて告げます。
 さらに、智恵は翼のテストのためにノートまで作っていて、それを渡して去っていきますが……

 翼はノートの記述を見て、今のままでは嫌だと言ってきました。
 触発された智恵は翼に抱きつき、他の部員は草むらからうれしそうにそれを覗いていました。
 親友でも戦友でもない2人ではありますが、心のどこかで通じ合う2人なのでした。

【感想等】
 翼さんが穂乃果さんに見えてきたことから、大正野球娘だけでなくラブライブとの類似性も見ていけるのかもしれません。
 オープニングのひまわりで「エガオノダイカ」を連想する人もいるかもしれませんが……
 着実にレベルアップしているのは見て取れますが、試合に勝つにはまだまだ先は長そうな感じがします。

 補習にならないようにテスト勉強をがんばるお話かと思っていたら、実態は智恵さんが焦りを覚えるお話でした。
 人知れず練習するのはよくあるものの、ライバルに教えてくれる小也香さんは実はいい人のようです。
 あれだけ強かった彼女達ですら廃部寸前と言われ、全国のレベルになるまでにどれだけ練習すればいいのかと不安になります。

 翼さんと智恵さんがギクシャクしているのを見て、少し昔のことを考えて心がもやもやしてしまいました。
 拳で語り合うかどうかはさておき、絶剣さんの言葉のように本気でぶつからなければ伝わらないことは事実でした。
 次回タイトルは「笑顔の迷子」ですが、もちろん「エガオノダイカ」とは関係はない……と思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム