【アニメ感想】消滅都市 第7話「後悔」

 消滅都市の7話を見て感想を書かせていただきます。
 弟さんは回収できたし仲間も増えたっぽいので先に進んでいるのは間違いないはず。
 とはいえ、弟さんがユキさんを連れて組織の方に逃げる可能性もありますが……

【内容】
 ボロボロにされたギークをよそに、ならず者達は大量の金銭をふっかけてきます。
 タクヤはふっかけられた10万を払うと言いつつも、ギークの治療代と眼鏡代で15万を要求します。
 そこにタクヤ達を助けに来たのがカイバラという男だったようです。

 ヨシアキ達が育った施設は組織の息がかかっていて、タクヤも昔のことを思い出します。
 ギークは地下シェルターを作ると言っていて、ユキは目を覚まさない弟のそばにいました。
 タクヤはユミコと同じ探偵事務所にいたそうですが……

 カイバラはタクヤをユミコと同じ事務所に誘い、タクヤは気がついたら事務所のエースになっていました。
 タクヤは厚労省の依頼である児童養護施設「希望の光擁護学園」の虐待を調べることになりました。
 現在ではその施設は閉鎖して時間が経過していて、ただの廃墟にしかなっていませんでしたが……

 ヒナコという女性や子ども達が出迎えますが、どうやらタクヤとは知り合いのようです。
 彼らは魂であり、ロストに巻き込まれているとのことですが……
 学園の虐待疑惑を調べることが当時のミッションであり、タクヤは子ども達に何になりたいかと問いかけます。

 タクヤ達は学園の裏帳簿を探そうとし、タクヤだけが認識を受けていることが明らかになります。
 ヒナコは子ども達にクスリを与えていて、タクヤはそれを見て「なんで気づいてやれなかったんだ!?」と憤ります。
 園長はタクヤの勝手な態度に憤り、ヒナコは園長への恩義で動いているようです。

 あの学園では優秀な生徒だけが選ばれる「選抜組」というものがあったそうです。
 ナオヤが選抜組に選ばれて出荷させられ、ヒナコは誰かの役に立てるのは幸せだと言っていましたが……
 組織は子ども達で人体実験を行っていましたが、潜入捜査は途中で中止にさせられてしまいます。

 カイバラが園長の前に現れたのを見て、タクヤは自分が手を引かなければ良かったと後悔します。
 当時のタクヤは職員をやめることになり、現在のタクヤはヒナコを止めようとしますが……
 ヒナコはサーカスから戻ったら本当のことを話そうと思うと言って笑顔を見せてきました。

 施設が元に戻り、タクヤはその場に伏せて涙を流してしまいます。
 事務所を辞めてもスクーターを使っているのはカイバラを未だに信じているらしいですが。
 最後に巣箱の掃除をしようとするとそこに組織とのつながりを示す帳簿が出てきます。

 ヨシアキは自分が証人を探すと言ってきました。
 そしてユキは写真に写っている園長のことを見たことがあるそうですが……

【感想等】
 これまでよくわかっていなかった主人公の過去が明かされ、タクヤさんのことが少しわかってきました。
 ヒナコさんの優しそうな感じがいいなと思っていたら、彼女がすでに亡くなっていたというのは少しきついです。
 児童養護施設から出荷される流れに「約束のネバーランド」が頭に浮かんできましたが……

 自分の過去と向き合い、それを乗り越えることでタクヤさんが強くなる……ということでしょうか。
 ヒナコさんが今後召喚されて戦力になるのかどうかはわかりません。
 帳簿を見つけ出して証人がいれば組織を追い落とすことが出来るとは考えにくいですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】消滅都市 第6話「訣別」

 消滅都市の6話を見て感想を書かせていただきます。
 弟さんとの戦いが今回も続き、もう和解する余地もなくなってしまったのでしょうか。
 人間、どうあってもわかり合えない相手というのはいるのかもしれません。

【内容】
 ソウマは怪盗団を一蹴し、ユキを守るためにアキラが立ちはだかります。
 指から弾丸を出したソウマはアキラにダメージを与え、姉は何もわかっていないと言い放ちます。
 タクヤはヨシアキを助けてじっとしていろと言いますが……

 ソウマは自分が特別な存在だったと言い、アキラのように自分すら守れなかった奴とは違うとひと言。
 ヨシアキは怪盗団を回復させ、怪盗団はヨシアキがツバサの弟だと察します。
 アキラはソウマのアーティファクトを破壊しますが、アキラは今度は「月の涙」を出してツバサを召喚します。

 怪盗団は団長が敵に回ったことにショックを受け、ツバサと出会った時のことを思い出します。
 ゲームセンターにたむろしていたルイ、ジャックはゲームセンターに八つ当たりしていたおじさんから財布を奪おうとします。
 そこに現れたツバサはナイフをおもちゃにすり替えてその場を去ろうとしますが……

 「だったらもっとでかいことをやらないか」と言っていたツバサは今では敵になってしまいました。
 ルイはナイフで攻撃を仕掛けますが、ツバサはアキラを攻撃し、その余波でスミレが転落しそうになります。
 タクヤがスミレを助けようとしますが、アキラは「思いを強く」と言って消えていきます。

 ヨシアキは兄に何をしたのかとキレますが、ツバサは弟への攻撃をわざと外しているようです。
 一瞬の隙を突いてスミレが月の涙を奪い取り、月の涙を手に取ったヨシアキはツバサとの過去を思い出します。
 ヨシアキは月の涙を消しますが、兄の魂はそのまま消えずに残っていました。

 ツバサ、ヨシアキは施設で能力の有無を調べられていたそうです。
 弟の方が潜在能力が高かったようですが、ツバサはアーティファクトを消してしまいます。
 全てのアーティファクトを消し去ることで弟は自由になると考えていたようですが……

 ツバサはタイヨウの罠にかかって殺されたようで、その事実を知ったヨシアキは涙を流します。
 光に包まれたツバサは消えてしまい、ユキはソウマを説得しようとしますが……
 ソウマはむしろ姉を組織に引き込もうとしますが、ユキはソウマをハグして彼を助け出します。

 ツキはソウマが敵の手に落ちたことを知り、スズナがどうして何も言わなかったのかと問います。
 ソウマの意識は戻らない中、次の手を打たなければなりませんが……
 タクヤは「出来ることはやっておきたい」とヨシアキをスカウトし、そこにケイゴやユウジが仲間に加わります。

 気がつけば夜になり、ユキはタクヤがいないことが気になります。
 ユミコによると過去と向き合うときが来たとのことですが……

【感想等】
 タイトルの「消滅都市」よりも、それを巡る勢力間の攻防がメインに据えられたお話なのでしょうか。
 弟さんがああいう風にやさぐれた理由はああしなければ生き残れなかったという理由なのかも。
 キャラクターの多さで未だに混乱する一方で、やたらと聞いたことのあるお声が聞こえてくるのは素敵です。

 貴重なアイテムを消さないと生き残れなかったとはいえ、博物館にはあとでどう説明するのでしょうか。
 それこそ全部組織がもみ消してくれるのかもしれませんが……
 最後の台詞から察するに、次はタクヤさんの過去のお話……ということでいいのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】消滅都市 第5話「情愛」

 消滅都市の5話を見て感想を書かせていただきます。
 登場人物が回を重ねるごとに増えてきて、誰が誰だかたまにわからなくなってきます。
 リョウコさんが消されたのはユミコさんとかぶってるからではないと思いますが……

【内容】
 食物連鎖の様子を眺めつつ、研究員のツキは大臣に圧力をかけていました。
 幻の秘宝「月の涙」が発見されて話題になったそうですが、リョウコの相方は水死体になってしまったそうです。
 ユウジはケイゴに「組織」とは何なのかと聞いてきたら、そこに奇術師のヨシアキが出てきます。

 ソウマも月の涙と同様のアイテムを持っていたらしく、話によるとアーティファクトの一つらしいです。
 ヨシアキはタクヤに接触してきて、怪盗団Xのリーダー「ツバサ」は行方不明になった自分の兄だと言い出します。
 ユウジは「兄弟なんて実家を出れば他人」だと言いますが、ヨシアキとツバサは幼少期を2人きりで過ごしたそうです。

 怪盗団は億単位のお宝を盗んでいて、過去には「星の涙」という秘宝を盗んでいました。
 彼らを捕まえれば密売ルートもわかると言われても、怪盗団もまた組織と繋がっているようです。
 タクヤは情報源を明かさないヨシアキは信用できないと言いますが……

 アーティファクトがあればソウマを元に戻すヒントがあるかもしれないとタクヤはヨシアキと共闘することに。
 雪は父が死んだ時に弟のことも守ると言っていましたが、このときから弟は反抗期だったのでしょうか。
 ユウジはリョウコが最後に追っていたのはタクヤだといい、彼が組織と関係しているのではと推測します。

 エイジは怪盗団を使ってアーティファクトを総取りにすると言い、スズナとともにどこかに行ってしまいます。
 タイヨウは「子供は生意気なくらいが可愛い」と言いますが、ツキは「飼い犬に手をかまれるのは勘弁」とひと言。
 怪盗団に攻撃を受けたタクヤは月の涙の場所を割り出して盗難を阻止しようとします。

 入札を取り消したタイヨウは「どうせ全て消える」と言っていました。
 ツバサの襲撃を受けたタイヨウですがツキによって返り討ちにされてしまいます。
 ヨシアキは養護施設で共に育ったツバサのことを思い出し、兄は変な人だったと言い出します。

 ツバサはとんかつを衣を剥がして食べるらしく、ユキは兄弟でもわからないことがあるとひと言。
 昔のソウマはアキラなんていなくてもいいときついことを言っていましたが……
 現在のソウマは怪盗団をコスプレ集団と呼び、団員が奪ってきたはずの星の涙の本物を持っていました。

 怪盗団はチェーンソーまで持ち出してソウマを殺そうとしますが一蹴されます。
 星の涙を手に入れたソウマは人質を使って残りのアーティファクトの隠し場所を聞き出そうとしますが……
 「なんで生きてるんだよ!」とナイフを念力で投げつけてきたソウマは魂となったアキラと対峙します。

【感想等】
 誰が誰だかわからないのはさておき、政治に圧力をかけることが出来る組織はかなりの強敵のようです。
 キャラクター名よりもむしろ声優さんの名前が先に浮かんでしま人は少なくないはず。
 「怪盗団」と言われて(ペルソナ5の)「心の怪盗団」が頭に浮かんだのはここだけの話です。

 主人公サイドや組織、怪盗団などなど、色々と出てきたものの、都市の消滅については未だによくわかりません。
 宝石は「月」「星」なのに、登場人物が「太陽」「月」というのは何か意味があるのでしょうか。
 ソウマさんが反抗期をこじらせた子供にしか見えませんが、彼を改心させることが今後の課題でしょうか。

 前回のリョウコさんに続き、怪盗団の皆さんも出てきて早々に退場する流れのようです。
 3話あたりで一度だけ出ていたアイドルの皆さんはそのうち再登場するのかもしれませんが……
 次回タイトルが「訣別」ということで弟さんとは完全に袂を分かつということなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】消滅都市 第4話「疑惑」

 消滅都市の4話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトのあらすじを見ると刑事さんが出てくるそうですが……
 どんな疑惑をかけられ、どんな風に追い込まれていくのでしょうか。

【内容】
 東京南東部で大規模な爆発が起き、ロスト現象の再来かと騒がれます。
 リョウコは部下を伴って出動する一方、タクヤは重傷を負って運ばれていきます。
 ギークはタクヤが死んじゃうかもしれないと言って涙を流しますが……

 ユミコ、エイジはギークにしばらく身を隠すようにと言い、ユキ達の前にリョウコとその部下が現れます。
 彼らは封鎖地区にどうして侵入したのかと聞いてきますが、エイジ達はデートしていて間違って入ったと言い訳をします。
 エイジは組織は強大であり、警察にもその息がかかっているのではないかと警戒していました。

 リョウコはみりんライスを作っていましたが、あの若さで警部補になるのはなかなかいないそうです。
 なんでもリョウコは「伝説の刑事」の娘らしいのっですが……
 ユミコはタクヤとの過去を思い出していましたがそこにスズナが現れて情報を与えると言ってきます。

 人気急上昇中のマジシャン・ヨシアキの前に元刑事で探偵のケイゴが現れます。
 ケイゴはヨシアキが養護施設出身だと言い、彼が生き別れた兄を探しているのではないかと言ってきました。
 リョウコはケイゴの所にやってきてタクヤについて調べてほしいと言い出します。

 目を覚ましたタクヤはユキが安全なところにいると聞いて安心し、プロデューサーのセイジという男について言及します。
 セイジはすでに事故で命を落としていましたが、彼がロストの手がかりに繋がるはずだったのですが……
 ユミコはこれ以上ロストに関わるべきではないと言いますが、タクヤは依頼を放置するわけにはいかないと反論します。

 リョウコはユキと面会し、自分の父親がロストの被害を受けたのだと説明します。
 ユキは弟のことを思い出す一方、リョウコは父の背中を追いかけて刑事になったのだと続けます。
 リョウコは父親の生存を信じ、ユキはリョウコのお弁当を食べて「おいしい」とひと言。

 ユキはリョウコに施設でのことを話し、リョウコは「許せない」と怒りをあらわにします。
 リョウコはラクーナケミカルに接触し、施設内を見せてほしいと言いますが、令状持ちならばと言われてしまいます。
 所長のタイヨウは「姉の方が見込みがある」と意味深なことを言いますが……

 リョウコは「あの周辺には手を出すな」と上司から怒られますが、圧力がかかるのは真相に近づいているとひと言。
 ボロボロになりながらもタクヤは立ち上がり、ケイゴはタクヤがヨシアキの実兄であること(?)に気がついたようです。
 リョウコは入札資料から組織がロストの発生を把握していたと考えますが、部下に刺されてしまいます。

 ユミコはユキに弟が生きていると言い、組織と戦うことは弟と戦うことだと言い放ちます。
 ユキは自分は弟を助けたいのだと訴えますが……

【感想等】
 前回のアイドルさんといい、今回の刑事さんといい、キャラクターが次から次と出てきて混乱します。
 タクヤさんが大爆発で重傷を負ったのだと気づくのに少し時間がかかってしまいましたが……
 あの若さで警部補と言われても彼女の年齢が何歳なのかよくわからないのでなんとも言えません。

 髪型も色も近いからなのかリョウコさんとユミコさんを時々間違えそうになるのは私だけでしょうか。
 ユミコさんがタクヤさんを心配しているところも、リョウコさんが父親のために奮闘するところもすごくいいと思います。
 いずれ消されそうだとは思っていましたが、まさか登場回でそのまま退場することになろうとは……

 ロストの発生すら予測し、国家とも深いつながりを持つ「組織」とは一体何者なのでしょうか。
 一回の運び屋や探偵が相手するべき相手ではないのは言うまでもありません。
 5、6話で敵になった弟さんと戦い、ユキさんが連れ去られてタクヤさんが助けにいくと予想しますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】消滅都市 第3話「記憶」

 消滅都市の3話を見て感想を書かせていただきます。
 あらすじを見る限り、タクヤさん達は謎の世界に迷い込んでしまったようです。
 都市の消滅と謎の世界との間にどんな関係があるのでしょうか。

【内容】
 SPRは解散を余儀なくされると聞いたユアは困惑し、そのままオープニングへと続きます。
 タクヤはユミコが無事だと連絡を受ける一方、ユキは施設で実験を受けていたことを思い出してうずくまります。
 「寝る子は育つ」と言い出すタクヤに対して、ユキは子供扱いするなと少し不機嫌になります。

 消滅に巻き込まれたSPRのライブ告知が何度も見られ、どうやら特定の空間に迷い込んでしまったようです。
 ユアはもっとファンを増やす必要があるのだと他のメンバーと言い争いを始めていました。
 「このままじゃ解散させられちゃう!」というユアは怒ってその場を去ってしまいますが……

 ユミコは息も絶え絶えに移動し、タクヤもまた脱出に向けて移動しますが、またもアイドルの言い争いが繰り返されます。
 ギークはユアを追いかけていき、ユキも追いかけたいというのでタクヤもついていきます。
 ユアは一人で涙を流していて、本来の歴史では記念公演でユアだけが参加しなかったとのことです。

 ロストに近づいたことで過去に巻き込まれたらしく、ギークは彼女達を消滅から救い出すとひと言。
 主催者側はユアを体調不良の理由で出さないと言い、残りメンバーは困惑しますが……
 ギークは武術館ライブで消滅に巻き込まれると言い、ユキはユアは魂ではないかと言い出します。

 無理をして汚れ役を引き受けなくてもいいと訴えるギークですが、ユアは消える運命にあるのだと反論します。
 一瞬のうちにユアがその場から姿を消してしまい、ユキは過去に戻れたらやり直したいことはないかと聞いてきます。
 メンバーの言い争いが繰り返され、タクヤは腹を割ってはなせばいいのではないかと言い出します。

 タクヤは「解散」ではなくて「消える」という言葉を使ったことに不信感を抱き、プロデューサーに会うといって去っていきます。
 ユキもユアの居場所を教えてほしいといい、そこにいても何も変わらないといって説得します。
 「後悔したくないでしょ、私みたいに」と強引にユアを連れていき、ユキは自分には勇気がなかったと当時を思い出します。

 ユアはチームのためにやってきたことが裏目に出て、もうチームに居場所はないと言いますが……
 残りメンバーはユアを待っていて、そのまま5人でステージに上がっていくことに。
 ギークはよかったと言って涙を流し、ユキはユア推しだったから彼女が陸上部だと知っていたそうです。

 全員そろってのライブが開催され、空の景色が変わり、タクヤ達は元の世界に戻ったようです。
 しかし、実際の歴史は変わらず、アイドルはロストに巻き込まれるのは変わりませんでした。
 ギークは一人で涙を流し、ユキは魂というのが強い想いが形になったものだと言ってきましたが……

【感想等】
 タクヤさんとユキさんがメインかと思いきや、アイドルの皆さんも重要人物なのでしょうか。
 いきなりアイドルの言い争いに巻き込まれて何が何だかよくわからないのですが……
 ギークさんが一生懸命なのはわかりますが、傍目から見ると怪しい人にしか見えなくて申し訳ないです。

 「魂」という言葉の意味も少しずつわかってきて、お話もわかるようになってきたのかも。
 ユキさんがが少しずつ自分の意志を見せてきたのはいい傾向だと思います。
 グリムノーツの英雄みたいに次々と出会った人を呼び出して戦わせる感じになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム