【アニメ感想】この音とまれ! 第16話「二人の時間」

 この音の16話を見て感想を書かせていただきます。
 学祭という一大イベントを前に、ラブコメ要素が噴出してどったんばったん大騒ぎです。
 こんな状況で演奏を成功させることが出来るのか心配になります。

【内容】
 学祭を前に、愛、さとわ、武蔵、妃呂は色々と気まずくなって部活に集中できなくなります。
 先生は「質の悪い練習はモチベーションが下がる」と言って帰っていき、実康は自分のせいではないかと愕然とします。
 妃呂は自分のせいではないかと考え、本番も近いから合奏しようと言いますが……

 さとわ、妃呂は愛、武蔵への思いを消し去ろうとしますが、愛は完全に突き放されてショックを受けます。
 時間が経てば元に戻ると自分に言い聞かせながらも学祭当日になり、3バカはハロウィン風のコスプレ衣装に身を包みます。
 民族衣装に身を包んだ妃呂はいつもと違う恰好の武蔵にときめき、さとわは他校(?)の男子に声をかけられます。

 愛はさとわを助けたものの、さとわはまともに愛の顔を見られなくなってしまいます。
 武蔵の元に引退した真白先輩がやってきて、その馴れ馴れしい態度を見た妃呂はショックを受けてしまいます。
 「そんなの私には関係ない」と突っぱねますが、それでも自分の態度に気づいて謝罪してきます。

 武蔵は先輩の言葉を支えにしてがんばってきて、その先輩に曲を聴かせることがうれしいと笑顔を見せます。
 演奏はうまくいき、その様子を見た涼香(先生)はますます生徒達に興味を持ちます。
 妃呂は空気を読んで真白先輩と武蔵を2人きりにしますが、涼香は「これでよかったのか」と聞いてきます。

 武蔵と真白先輩が会話をする一方で、涼香は「人を好きになることのどこが不純なのか」と言ってきます。
 部員が部員を好きになったら駄目になるのはその程度だといい、逆にそれをパワーにしてみろと言って去っていきます。
 一方、愛はさとわと二人きりになり、どうしたら仲直りしてもらえるのでしょうかとたどたどしい態度で言ってきました。

 涼香や3バカは空気を読んでその場を去ろうとし、全国予選の候補曲はどれも微妙だと「却下」します。
 翌年が全国大会という関係上、これが武蔵と妃呂には全国に行ける最後のチャンスなのだとか。
 「次で最後にしたくなればあほみたいに練習しろ」と言い、それでも行けないのが全国だと言ってきました。

 武蔵は真白先輩が3年でも部活をしてくれたことを感謝し、精一杯あがくと全国に向けた決意を述べます。
 涼香は時間がもったいないからと車を出して音源を取りに行くと言い、さとわ、愛は「最後」という言葉を強く意識するのでした。
 Cパートでさとわの中学時代の演奏を見た涼香は「これだ」と予選の曲を決めたようですが……

【感想等】
 武蔵さんがイケメンなのはいいとしても妃呂さんを貶めたあの女子が改心することはあるのでしょうか。
 恋愛感情がプラスどころかマイナスになるのは見ていて苦しいです。
 真白先輩の存在を失念していましたが、馴れ馴れしく話してくるのを見たら彼女かと思えても仕方ないです。

 妃呂さんの気持ちが痛いほどわかりますが、そこを踏みとどまって謝ってくるところはりっぱだと思います。
 開始10分くらいは悪い流れが続いただけにしっかり結果が出たのはよかったです。
 覚醒した先生がかっこよすぎて惚れてしまいそうですし、ここから最後の大会まで一気にレベルアップしてほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第15話「きづき」

 この音の15話を見て感想を書かせていただきます。
 大会は残念な結果に終わり、ここからどう全国を目指すのかという流れですが……
 学校行事と練習を両立するのは思ったより難しいのかも知れません。

【内容】
 敗北の翌日、愛は練習もないのにと部室にやって来たら普通にカギが開いていました。
 部室の中には武蔵がいて、他の部員も次々とやって来ました。
 次の全国予選をどうするかと言っていたら先生がやってきて学祭用の楽譜を出してきます。

 先生は「場数を踏め」とまともなことを言い、楽譜を自分で作ってきたのだとか。
 学祭では実康をメインに据えると言って去っていくかと思えば、夏休みの課題をやっておけと念を押します。
 実康は「秘密兵器」がついていると言ってみんなで実は成績がいい哲生の家にやってきました。

 武蔵は愛達がごねるのを見て呆然としますが、哲生は生まれながらに孤独なXとYを見捨てるのかと言ってきます。
 愛達は同情心からか急にやる気になって、数学だけでなくて英語の課題も終わらせてきました。
 哲生は料理も作るらしく、今の学校は「近い」から通ってきたそうですが、愛は武蔵を相変わらずメガネと呼んでいました。

 料理を作りながら、哲生は愛の立ち直れる唯一の場所である箏曲部を守ってくれたことに感謝します。
 今までのことを思い浮かべて感慨深く、その後は大量のカレーを食べて「明日も食う」と泊まり込む気でした。
 武蔵は先生が有名な音楽家の息子だと知って驚き、3バカはそんな人が自分達を評価してくれたことに喜びます。

 愛は怪我が完治してさとわは久しぶりに髪を下ろしていて、学祭の模擬店で妃呂と武蔵が同じグループになります。
 妃呂はこれまで暴言を吐いてきたことを謝罪しますが、突然ときめいて泣き出してしまいそうになります。
 愛達のクラスは和風のカフェをするからと強引に苺大福をねじ込み、3バカのクラスは定番のお化け屋敷をすることになりました。

 先生は尋常じゃない量のCDを出してきて「できる限り優れた音楽を聴け」「音楽性を養え」と言ってきました。
 さとわはクラスメイトに好きな子はいないのかと言われて赤面し、これが女の子の普通の会話なのかと固まってしまいます。
 自分はずれているのではないかと慌てるさとわですが、妃呂はそんな彼女に抱きついて愛情表現をしてきました。

 妃呂は彼氏はいないと言いますが妙な間が開き、そこに実康がやってきてさとわの指導を受けます。
 さとわは実康と一緒に練習をし、妃呂は無意識に武蔵を意識してしまいますが……
 武蔵と一緒に買い出しに行ったら元彼とそれを取った女が出てきていい噂を聞かないと言ってきます。

 完全に固まった妃呂を連れて去っていく武蔵は「あなたよりは人を見る目がある」と言い放ちます。
 妃呂は思わず顔を真っ赤にしてしまい、愛はさとわの絵を見て「画伯じゃねえか」と笑ってしまいました。
 釘が出ているのをかばおうとしたら思いきり密着し、さとわは涙を流しながら走っていくのでした。

【感想等】
 公式サイトのデザインもオープニングも変わり、本格的に2クール目が始まったと実感します。
 オープニングを見ているとさとわさんとお母さんが和解する流れになるのかなと思いますが……
 他の学校がほとんど女子部員しかいないのを考えると主人公サイドの男性比の高さは異常なのかも。

 生徒達がやる気なのはいいとして、先生もやる気になってますます期待が高まります。
 夏休みの宿題に慌てふためくところは妙にリアルですが、XとYが生まれつき孤独という発想は中々ないです。
 勉強ができるだけでなくて料理まで作ってくる哲生さんの主夫(?)スキルが素敵すぎました。

 愛さんも武蔵さんも素敵ですし、先生が大量のCDを持ってきたところもやる気を感じていいなと思いました。
 文化祭で食べ物屋さんをやるのはよくありますが、クラスの出し物と演奏の両立は大変そうです。
 少し前まで愛さんにキュンキュンしていたのが、武蔵さんのひと言でちょっとドキドキしてしまった今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第14話「一歩前へ」

 この音の14話を見て感想を書かせていただきます。
 愛さん達の「久遠」はライバル達にどこまで通用したのでしょうか。
 3ヶ月間が開いたのでちょっと忘れかけているのはここだけの話です。

【内容】
 愛はさとわをかばって負傷し、そのせいで演奏がバラバラになってしまいました。
 このまま終われないと踏みとどまった一同は今までと違う音を鳴らしてきましたが……
 さとわもまた自分なりの引っ張り方で全力で勝負してきました。

 武蔵達の演奏を見た澪は声を上げて笑い出し、今までで一番いい演奏ができるとひと言。
 桜介だけでなく学校の先生方も「心が奮い立った感じがする」「こんな演奏を聴けて幸せ」と絶賛します。
 愛の叔母は思わず涙を流す一方、かずさは「あんな演奏認めない」と憤ります。

 腹を下したせいということでごまかそうとする愛に対し、涼香は愛の腕を出してトイレで怪我したと言ってきます。
 さとわはジュース買ってくると言ってどこかに行き、武蔵は早く愛の怪我が治ればと言いますが……
 医師は全治一ヶ月だと診断し、その間は箏を弾いてはいけないと言ってくる一方で、さとわは大いに「苺」を求めます。

 かずさは愛に「何よあれ!?」と挑発し、彼らにさとわと箏を弾くにふさわしくないと言い出します。
 愛はさとわがいるのは彼女自身だと言いますが、かずさはあんなのさとわの演奏ではないと憤ります。
 さとわはだったら一人で叫び続ければいいのかと憤りますが、愛は「優しくなった」と反論します。

 かずさはかつてのさとわの音は孤独をまとっていたと言い、今の音は自分とでは生まれなかったと涙を流します。
 さとわは「あんたに私の音の何がわかる」と言いながらも「ありがとう」と涙を流してお菓子を渡して去っていきました。
 全ての学校の演奏が終わて結果発表が近づき、愛や武蔵の背後に澪が迫ってきて恐怖を感じます。

 澪は愛に「キミの音は不思議だ」といい、彼女(?)同伴でその後ろに待機します。
 審査は難航したとの言われ、まずは各都県から優秀校が発表されて順当なところが選ばれてきます。
 武蔵はやれるだけのことはやったと言いますが、選ばれたのは澪達の学校というオチでした。

 かずさは自分が選ばれなくて大泣きし、桜介は澪達が自分達と互角だと聞いて驚きます。
 茨城の2人組は「次は絶対にトップになる」と言って去っていき、かずさは「これでまた強くなる」とひと言。
 桜介は澪を見て「ますます楽しくなりそうだ」といい、武蔵は恥じる必要はないと訴えます。

 涼香はミスしたから当然だと正論を吐きつつも引き切れると思っていなかったと言ってきます。
 「お前らはもっとうまくなれる」と言う先生に、愛は絶対に全国に行くと宣言するのでした。

【感想等】
 3ヶ月開いたものの最初の3分ほどを見れば流れがわかるのでよかったと思います。
 愛さんが「優しい音になった」と言ってきたところではさとわさんでなくても胸がキュンとしてきました。
 さとわさんと愛さんが青春真っ盛りなのを見て、武蔵さんと妃呂さんの進展も気になります。

 あれほどの失敗があったら勝てなくてもまあ仕方ないのかなと思います。
 桜介さんやかずささんではなく澪さんが新たなライバルとして浮上したのは想定外でしたが……
 先生がやる気になって猛練習したら最後は全国の舞台に立てることを願うばかりです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第13話「久遠」

 この音の1クール目最終回にあたる13話を見て感想を書きます。
 次々と強豪が演奏し、さらには突然のアクシデントで愛さんが手を怪我してしまいます。
 絶体絶命の状況の中、彼らはどんな結論に至るのでしょうか。

【内容】
 倒れた箏からさとわをかばった愛は手を怪我してしまいました。
 慌てふためく妃呂を前に、武蔵は「思い切り楽しめばいい」と言ってきました。
 滝浪先生は愛の怪我を見抜いて「ちょっと来い」と彼を連れ出しますが……

 オープニングの後、先生は全国がかかった演奏でもないと言って出場を辞退しろと言い放ちます。
 愛は「あいつらと弾くの楽しいんだよ!」と叫び、手のことを言ったらぶっとばすと言って出て行きました。
 武蔵はその会話を聞いてしまい、先生は僕たちのことを試しているんですかと問いかけます。

 戻ってこいと言われた愛は朝食にあたっていけないと言ってぶっつけ本番に託すことに。
 愛はおばあさんのことを思い出して「ちゃんとした手で弾きてぇ」と嘆いていました。
 さとわは「本番前に体調を崩すとか気合いが足りないんですよ」と言っていましたが内心では心配していました。

 先生は文句を言いながらも箏を運び、武蔵は本番ぎりぎりで愛の怪我のことを告白しようとしますが……
 ギリギリでやってきた愛は「お前抜きなんてありえない」「腹痛ぐらい気合いでなんとかしなさい」と言われました。
 武蔵は愛の気持ちを察して「今までで一番の演奏にしよう!」と気合いを入れます。

 先生は必死に練習する皆さんの姿を見て「いつまで傍観者でいるの?」という姉の言葉を思い出していました。
 かずさは愛を非難しつつもさとわに目を輝かせ、桜介は愛の音色はどんなのかと興味を持っていました。
 それぞれの思いを胸に舞台へと上がる生徒を見て、先生は後悔しなければいいけどなとひと言。

 いよいよ「久遠」の演奏が始まり、ライバルもその演奏を一喜一憂しながら見ていました。
 愛は痛恨のミスをしてしまい、さとわは自分をかばったせいで愛が怪我をしたと知って動揺します。
 目に見えてひどい演奏になってしまいますが、コータの演奏と涙で調子が戻ってきました。

 愛は「俺は一人じゃない」「足りない音は誰かが埋めてくれる」とソロ演奏を見事にこなしてきました。
 さとわも調子を取り戻し、全員の息の合った演奏は周囲を戦慄させるには十分でした。
 先生は姉の言葉を思い出して心を揺さぶられ、長くて短かった演奏は終わりを迎えるのでした。

【感想等】
 愛さんの怪我に我を忘れそうになりましたが、武蔵さんのひと言に救われたような気がします。
 妃呂さんと武蔵さんがいいムードになる反面、コータさんのことがちょっと気になってしまいますが……
 1クール目では先生の真意が読めませんでしたが、2クール目だと指導者として脱皮するのでしょうか。

 色々と波乱を含みながらも、1期最終回にふさわしい堂々としたお話だったと思います。
 途中の失敗から立ち直るところはライバルに実力を示すには十分過ぎたと思います。
 コータさんが初心者だということを考えると、相当の練習を積み重ねたのだろうと考えずにはいられません。

 愛さんのソロパートからさとわさんが調子を取り戻すところではもう聴き入るしか出来ませんでした。
 「現実に打ちのめされて」もその先に進む皆さんの姿に、気づいたら最後は涙まで出てきてしまいました。
 2クール目は改めて全国の強豪と戦うと思いますが、念願の全国制覇までがんばってほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第12話「ライバル」

 この音の12話を見て感想を書かせていただきます。
 満を持して登場した桜介さんの演奏はこれまでにない衝撃でした。
 前回感想では「桐生」と表記したものの、公式サイトに表記を会わせておこうと思います。

【内容】
 桜介ら明陵の演奏を目の当たりにした武蔵達は「春夏秋冬を見た」といい衝撃を受けます。
 その桜介は朝乃のことが好きなようですが、その朝乃は先生といいムードでした。
 審査員は明陵でも全国2位だと言い、この後の学校が可哀想(意訳)とすら言い出します。

 さとわは勝てないかもと言う気持ちはおこがましいと言い、武蔵は自分達の目標は彼らに勝つことだとひと言。
 愛は壁に頭突きして気合いを入れ、先生の方は一人で喫茶店にいたそうですが……
 明陵、姫坂は強敵でそれ以外は注目していませんでしたが、現実はそう甘くありませんでした。

 愛は小柄な少年と喧嘩になりますが、相手が高校生だと知って驚きを隠せませんでした。
 さとわは今日のところは許してほしいと言いますが、相手は男子校だからその胸を見て鼻血を出してしまいます。
 愛の叔母は哲生に案内して貰って現地にやって来ましたが、哲生はおばさんの運転でダメージを受けます。

 桜介は次の学校の「さらし」という曲は難しいと解説し、あの小さな子はいつもの三倍の速さなどと言い出します。
 圧倒的な速さはこれまで相当に弾いてきたことは明らかでした。
 さらには祖母が立ち上げた部を馬鹿にされたことに憤り、ますますスピードを上げていくのでした。

 姫坂の鬼気迫る演奏は戦慄を覚え、外にいた澪は「大会の音はつまらない」と言ってきました。
 おばさんは「滝浪」先生が世界的指揮者とピアニストの息子でも音楽を全くやっていなかったそうです。
 姉はピアノをやっていたそうですが、両親は音楽をやらない息子を放任していました。

 幼くして作詞の才能を発揮した涼香でしたが、だんだん周囲の声に反発していくようになりました。
 姉は苦悩しながら音楽を続けていると言いますが、それでも彼女は音楽を続けているようです。
 愛達は出番が近づいてきて今から緊張してきて、人前ではじめての演奏になる妃呂は特に緊張してきました。

 愛は祖父の形見の箏を使うことになり、さとわに代わりに持っていってほしいと言いますが……
 先生は受付はすでに終えているのはいいとして、妃呂は思わず箏を落としそうになりました。
 さとわをかばった愛は右手を怪我してしまったようですが……

【感想等】
 あれだけの演奏を聴いて戸惑うのは予想内でしたが、思ったよりも立ち直りが早くて安心しました。
 新たなライバルが次々と登場し、全国は遠いと言わざるを得ません。
 ふと出てきた「いつもの3倍」というのは赤い彗星とは絶対に関係ない……はず。

 おばあさんのためにすさまじい演奏を見せてくる姿に桜介さんと別ベクトルの感動を覚えてしまいました。
 姫坂の演奏は寒気すら感じましたが、それでも「つまらない」と言われてしまいました。
 滝浪先生の過去も気になりますが、怪我をした状態で満足な演奏が出来るのか心配になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム