【アニメ感想】この音とまれ! 第23話「王者の覚悟」

 この音の23話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ全国予選がはじまり、「絶対王者」姫坂の演奏が始まります。
 そして彼女らを破った珀音高校はどんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか。

【内容】
 姫坂女学院は10年連続で全国大会出場の記録を持つ「絶対王者」でしたが……
 邦楽祭では無名のはずの珀音高校に敗北し、その原因は「勝って当然」という奢りだったようです。
 先輩は11年連続の全国出場は難しいといいつつ後輩に全てを託します。

 かずさは相手を完全に見下していた自分が恥ずかしいと言い、次の日から激しい練習が始まります。
 先生は全員の出場では勝てないからオーディションで出場者を決めると言い出します。
 かずさは全国に行くためにできることをしたいと言い、その強い態度は周囲の反発を招いていました。

 穂積先輩はそんなかずさをフォローしていて、その左手を見るとその練習の跡が見て取れます。
 かずさは一緒に練習をしたいと申し出ましたが、穂積先輩はオーディションで2年生で唯一落ちてしまいました。
 一人で涙を流す穂積先輩に声をかけようとしたかずさに、わかばは絶対に全国に行くと言ってきました。

 回想シーンが終わって姫坂の演奏が始まり、愛達はその完成度の高さに思わず言葉を失います。
 穂積先輩は自ら志願してサポートに回り、同級生は「全国で一緒に弾くんだから」と言ってきました。
 武蔵は相手の演奏を聴いてどれだけ練習をしてきたかがわかり、愛も「今の演奏はよかった」とひと言。

 涼香は珀音の山本先生(数学教師)に声をかけられ、東条雅が何者なのかと聞いたら山本先生が赤面します。
 武蔵達はドキドキしながらも調弦室に向かいますが、妃呂は「舞台は自分へのご褒美」と言って和ませてきました。
 遅れてきた晶にさとわはプレゼントを渡し、愛は自分のものにさとわの名前を書いてカップルみたいになります。

 専門誌の記者はこれまで姫坂が飛び抜けていると言っていました。
 山本先生は澪に声をかけ、手を握ってきてパワーを与えてきましたが今年で最後なのだとか。
 姫坂を下した珀音がどんな演奏を聴かせてくれるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 主人公達に大いに感情移入する私ですが、姫坂の回想を見せられるとそちらにも心が動かされます。
 オーディションで出場メンバーを決めるというところで「響け!ユーフォニアム」を連想した人は少なくないかも。
 かずささんが陰口をたたかれているところで彼女をフォローしてくる先輩にちょっと涙が流れてきました。

 晶さんが東山さん(きんモザのカレンさん)なのも驚きですが、かずささんが佐倉さんだったのも最近まで気づきませんでした。
 唯一落ちた穂積先輩を全国に連れていくんだという決意には涙が流れないわけがありません。
 いつの間にか「晶先生」という呼称になったことに親しみを感じつつ、先生に報いようとする珀音高校の演奏にも期待したいです。

【アニメ感想】この音とまれ! 第22話「決戦の朝」

 この音の22話を見て感想を書かせていただきます。
 晶さんの浄化に時間がかかったものの、その甲斐あってかなり上達したと思われます。
 勝っても負けても、ここで全力を尽くすしかありませんが……

【内容】
 全国予選当日になり、武蔵は真冬先輩を、愛は祖父のことをそれぞれ思い出します。
 武蔵の母は気を利かせて豪華な料理を出し、自分も父親と聴きにいくと言ってきました。
 弟は全国に行くことがあったら行ってやってもいいと言って少しデレてきました。

 妃呂がわざわざ武蔵の家の前で待っていていいムードになり、愛の叔母は哲生と一緒に応援に来るそうです。
 「全国、もぎ取ってきな」と言われた愛は思わず笑顔を見せ、かずさは邦楽祭で負けたことを思い出していました。
 妹は自分が応援しているからお姉ちゃんが一番だと言い、かずさは天使な妹を抱きしめて気合いを入れます。

 かつてかずさを下した澪は「光合成」と称して地面に寝っ転がっていて、顧問の先生も一緒に寝っ転がります。
 澪にも負けられない事情があるらしいですが、先生におんぶしてくれとのたまいます。
 光太、実康と通孝の3人は失敗できないからと緊張していて、さとわは「そういうこと言っていると失敗する」と言い放ちます。

 愛はさとわの母親が来るのかと聞きますが、母親からは返事も連絡もなかったのだとか。
 さとわは「聴かせるチャンスはこれが最後じゃない」と言い、涼香や武蔵、妃呂がやってきましたが晶はまだ来ません。
 わざわざ名前入りのお守りを作ってきたさとわは思いきり赤面し、愛は涙を隠すために顔をそらします。

 愛は「今がずっと続けばいい」と言い、場面が変わって雑誌編集者の男女が歩いていました。
 女の方はコネ入社なのでまるでやる気が感じられませんでしたが……
 哲生が強制連行されている頃、全14校のうち全国に行けるのは1校だと思うと緊張します。

 相手校の顧問はすごく感動したと言いますが、涼香は淡々とこたえていきました。
 愛は実は珀音高校の次だと聞いて驚き、澪は「絶対に負けない」と言ってきます。
 いつもならさとわに抱きついてくるかずさもそれをしてこないところに本気を感じます。

 おばあさんは仕事だと言いつつも、すぐに終わらせて聴きに行くと言ってきました。
 かずさは順番が早いから緊張すると言い、先輩が必死に練習していたのを思い出して涙を流します。
 いよいよ大会が始まり、コネ入社の記者は箏よりも男子を物色しているようですが……

 最も努力したものが勝つといいたいところですが、審査員との相性というのも左右されるのだとか。
 晶は祖母と険悪なムードになりながらもさとわの母も祖母も強引に車に乗せていました。
 珀音の「堅香子」はオリジナル曲で「東条雅」という作曲家が気になり、姫坂がいよいよ演奏する番になりましたが……

【感想等】
 いよいよ全国予選となり、お話も終わりが近づいてきたのかと思うと複雑な気持ちになります。
 かずささんが妹さんに抱きつかれるのを見て微笑ましい気持ちになったのは私だけではないはず。
 お守りをわざわざ作ってきたさとわさんが赤面するところも含めてすごく可愛いなと思います。

 澪さんにしてもかずささんにしても強敵だと思いますが、絶対に全国に行けると信じて見ていこうかと。
 コネ入社の記者はよくわかりませんが、晶さんがさとわさんのお母さんを説得するところがよかったです。
 次回はかずささんがどんな演奏をするのか、そして東条雅とは何者なのかに注目したいです。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第21話「意味と役割」

 この音の21話を見て感想を書かせていただきます。
 深い闇に包まれた晶さんも無事更生(?)し、めきめきと実力をつける部員達ですが……
 晶さんのおばあさんが何かを仕掛けてこないのか心配です。

【内容】
 愛は朝5時に実康を呼び出し、俺らとしてさとわ達の隣に立ちたいと言ってきました。
 妃呂は光太もうまくやっていると言いつつ武蔵といちゃいちゃしていました。
 晶は実康に声をかけられてドキドキし、そのままマンツーマンで特訓をすることになりました。

 実康は愛は「意味と役割」を考えていると言い、晶は実康の音は周りとよくなじんでいると言ってきました。
 己の「役割」に気づいた実康は調子を上げていき、晶はさとわに目を隠して練習してはどうかと言ってきます。
 次の日、武蔵が愛よりも早くに学校に来ていて、指のあざを見て練習のやり過ぎだと訴えますが……

 武蔵は「来年だってある」と言いますが、愛は「来年じゃ(武蔵、妃呂が卒業するから)遅いんだよ」と反論します。
 取っ組み合いをした後、愛の音は「たまに光る」「心そのもの」と言い、愛は思わず死んだ祖父のことを思い出します。
 晶の祖母は鳳月会の重鎮を集め、さとわ達の箏曲部が不良の集まりであると言ってきて……

 部員の一人である愛が何度も暴行事件を起こして警察沙汰を起こし、祖父の家を襲撃したと聞いて騒然とする重鎮の皆さん。
 愛はさとわに天泣の背景を教えてほしいと訴えている頃、祖母はさとわは復讐を企てていると事実無根のことを言っていました。
 晶は祖母を「くだらない」と吐き捨て、祖母こそ自分を見直すべきなのではないかと言い放ちます。

 重鎮達はことをおさめようとし、さとわの母親は娘のことをかぎ回っていたおばあさんにぶち切れします。
 晶は全国予選を見に来てほしいと言いますが、母は「そんな資格もうないわ」と言って去っていきました。
 重鎮達は晶のような気概のある生徒が生まれたことをむしろ評価しているようです。

 愛はさとわから「天泣」のいきさつを聞いて「どうでもよくない」と言い、さとわは「パプリコおごってあげる」と言ってきます。
 涼香先生がやってきていろいろと指示を出してきて、さとわはコンクールの時の音を生かせといってきました。
 晶は「いい演奏になりそう」とお兄ちゃんを意識し、さとわは母親に手紙を出し、いよいよ全国予選が始まるのでした。

【感想等】
 オープニングの晶さんが卒業した真白先輩だと思っていたのは今ではいい思い出です。
 愛さんや武蔵さんはかっこいいですし、2期になってから実康さんがすごくかっこよくかってきました。
 光太さんにも若干のフォローが入っているので、あと一人の太った子もフォローしてほしいです。

 闇が取り払われた晶さんは教育者として優秀そうですし、いっそ教員免許を取得してほしいかも。
 愛さんのおじいさんの優しそうな感じと晶さんがおばあさんにぶち切れするところがすごくよかったです。
 おばあさんはもう救いようがないとしても、お母さんはきっと予選で曲を聴きに来てくれると信じてます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第20話「もう一度」

 この音の20話を見て感想を書かせていただきます。
 武蔵さんや妃呂さんの為にも負けられない大会が近づいているわけですが……
 晶さんの闇を払わなければ予選突破できないということなのかもしれません。

【内容】
 冒頭から晶は今日限りで箏曲部の指導をやめさせてもらうと言ってきました。
 かつて、涼香は「使えないと判断したらすぐにやめてもらう」と言っていましたが、晶の指導に問題はありませんでした。
 涼香はせめて後任が見つかるまではやってほしいと言い、生徒のレベルを引き上げたことは感謝します。

 晶は箏曲部の音がずいぶんと変わったことに気づき、武蔵達は晶の演奏を聴いたと言ってきました。
 演奏を聴いた途端に「一音を大事にする」ということを理解して必死に練習をしてきたそうです。
 一度突き放したはずのさとわは自分が教えるのが下手だと言い、晶は「中心を築いてください」と指導してきます。

 合奏はなかなかうまくいかず、実康は自分が足を引っ張っているのではないかと心配になります。
 晶は焦る実康にかつての自分を重ねますが、実康は愛、さとわという光を前に出来るまでやっていいかと訴えかけてきました。
 失敗してイチゴオーレをおごらされる実康とともに、晶には兄の「出来るまでやったら出来た」という声が聞こえてきます。

 晶は思わず涙が流れてしまいますが、気を取り直して練習を続けてきました。
 涼香はメトロノームの使用を禁止して「互いの音に合わせろ」と言って晶、さとわに手本を見せろと言ってきます。
 2人は音を合わせることで互いの事情が分かってきたようで、気づけば心を通わせていました。

 涼香は地盤が出来てきたといい、曲全体をしっかり見て流れを理解しろと言ってきました。
 夜になって練習が終わりますが、晶は楽器屋さんでまだ練習していると聞いて驚きます。
 みんなが箏を好きだと感じた晶ですが、武蔵は「先生もでしょ?」と核心を突いてきます。

 晶は散々に箏曲部の悪態をつく祖母に反発しますが、どうやら気づかれてしまったようです。
 愛は衣咲(おばさん)に自分に足りていないものは何かと聞いてきましたが……
 さとわと同レベルの人間が演奏すればと思うとまだまだ足りないものがあるように思えます。

 晶は涼香は全国に行けると思っているのかと問いますが、涼香は晶が基礎をちゃんと教えてくれると言ってきます。
 「一つの曲をやり続けてきた人を信頼しない理由を探すことが難しい」と言われ、晶はもう一度チャンスがほしいと訴えます。
 晶は2年間は無駄じゃなかったと涙を流しますが、祖母は「早いうちに手を打とう」と不吉なことを言い出すのでした。

【感想等】
 前回は晶さんで丸々一話使ったものの、彼女の心の夜見は思ったよりも深かったようです。
 引き受けたかと思ったらすぐにやめてしまうのは社会人(?)としてどうなのかと思えます。
 わずかな期間で生徒をここまで伸ばした実力を見ると晶さんに才能がないわけではないはず。

 出来るまでやればいい……とはいいますが、その努力を積み重ねられるのもまた才能のようにも思えます。
 晶さんの心の闇もようやく取り払われ、先生も先生らしく指導してきたのはよかったと思います。
 先生の晶さんへのひと言に胸をキュンキュンさせる一方で、あのおばあさんが浄化される日は来るのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第19話「対峙」

 この音の19話を見て感想を書かせていただきます。
 晶さんがさとわさん達に影響を与えるように、さとわさん達もまた晶さんに影響を与えているようです。
 彼女の立場に立ってみたら違った考えが見えてくるのかもしれません。

【内容】
 晶は兄に憧れて箏をはじめ、兄も妹のアンコールでロックに暴走してきました。
 「晶もお兄ちゃんみたいに弾けるようになる?」という妹に、兄は自分よりもいい演奏が出来ると言いますが……
 優秀な兄のようにコンクールで一位を取ろうとしたもののさとわと重なってか参加賞に留まります。

 兄は「出来るまでやったら出来た」と言い、晶は一位を取るまで出続けると言います。
 努力すればするほどに兄が「天才」だと知り、それでも努力を重ねていきますが……
 両親は交通事故で命を落とし、兄は(妹のために)箏と大学をやめて働くと言い出します。

 お箏の稼ぎだけでは2人を養うことが出来ず、晶は自分が高校をやめると言い出します。
 祖母は兄が全てを託したと言い、晶はどうして兄がやめてしまうのかと愕然とします。
 「水の変態」を2年の間やり続けろと言われたものの、天才と呼ばれたさとわも同じ大会に出てくるのだとか。

 晶は「水の変態」を弾き語りして絶賛を浴びますが、その直後のさとわの演奏に愕然とします。
 2年間の努力は1つの音で打ち砕かれ、どんなに努力しようともあの場所にはたどり着けないとひと言。
 さとわが失格扱いで晶が優勝したものの、印象に残らないと言われて完全に闇墜ちしてしまいます。

 祖母はさとわが破門されたと聞いて晶を後継者にしようと画策します。
 晶は「もう疲れた」と言い出しますが、一度逃げたはずのさとわが部活でやっていることに憤ります。
 さとわの1音は深い闇に阻まれ、晶は厳しい指導を続けつつそれぞれの評価をしていきます。

 天才肌の愛に対して実康は「平凡」であり、一緒にさせることは「残酷」だという晶さん。
 晶は妃呂に的確な指示を与える一方で、愛はさとわにイチゴの飴を渡してきました。
 おばあさんは晶が優勝したときの演奏が入ったDVDを持ってきて、さとわはその演奏を聴いて何かを感じたようです。

 次の日、さとわは自分が疑ってきたことを謝罪しますが、晶は「これ以上私を惨めにするのはやめて」と一蹴します。
 失格演奏に負けたと言われ続けた晶は「今さら褒め言葉など聞きたくもない」と言い放ちますが……
 さとわは母親を取り戻したかった、改めて自分を指導してほしいと言ってきますが、晶はまたも闇に包み込まれるのでした。

 「2年間の努力を1音に打ち砕かれた私に何を教えろと?」と晶さん。
 あまりにも深い闇を抱える晶さんはここからどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 前回は晶さんの指導にタジタジになり、今回はそんな晶さんの過去が明かされます。
 「輝きたい」という言葉はよく聞きますが、そのために努力できることもまた才能なのかもしれません。
 両親の死が晶さんだけでなくおばあさんの闇墜ちに拍車をかけた……のでしょうか。

 水の「変態」という言葉はさておき、今回は声優さんの本気を見せつけるお話でした。
 晶さんの闇はあまりにも深いものの、指導者としてはむしろさとわさんよりも勝っているように思えます。
 次回タイトルが「もう一度」なのでそろそろ晶さんが浄化される番なのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム