【アニメ感想】この音とまれ! 第12話「ライバル」

 この音の12話を見て感想を書かせていただきます。
 満を持して登場した桜介さんの演奏はこれまでにない衝撃でした。
 前回感想では「桐生」と表記したものの、公式サイトに表記を会わせておこうと思います。

【内容】
 桜介ら明陵の演奏を目の当たりにした武蔵達は「春夏秋冬を見た」といい衝撃を受けます。
 その桜介は朝乃のことが好きなようですが、その朝乃は先生といいムードでした。
 審査員は明陵でも全国2位だと言い、この後の学校が可哀想(意訳)とすら言い出します。

 さとわは勝てないかもと言う気持ちはおこがましいと言い、武蔵は自分達の目標は彼らに勝つことだとひと言。
 愛は壁に頭突きして気合いを入れ、先生の方は一人で喫茶店にいたそうですが……
 明陵、姫坂は強敵でそれ以外は注目していませんでしたが、現実はそう甘くありませんでした。

 愛は小柄な少年と喧嘩になりますが、相手が高校生だと知って驚きを隠せませんでした。
 さとわは今日のところは許してほしいと言いますが、相手は男子校だからその胸を見て鼻血を出してしまいます。
 愛の叔母は哲生に案内して貰って現地にやって来ましたが、哲生はおばさんの運転でダメージを受けます。

 桜介は次の学校の「さらし」という曲は難しいと解説し、あの小さな子はいつもの三倍の速さなどと言い出します。
 圧倒的な速さはこれまで相当に弾いてきたことは明らかでした。
 さらには祖母が立ち上げた部を馬鹿にされたことに憤り、ますますスピードを上げていくのでした。

 姫坂の鬼気迫る演奏は戦慄を覚え、外にいた澪は「大会の音はつまらない」と言ってきました。
 おばさんは「滝浪」先生が世界的指揮者とピアニストの息子でも音楽を全くやっていなかったそうです。
 姉はピアノをやっていたそうですが、両親は音楽をやらない息子を放任していました。

 幼くして作詞の才能を発揮した涼香でしたが、だんだん周囲の声に反発していくようになりました。
 姉は苦悩しながら音楽を続けていると言いますが、それでも彼女は音楽を続けているようです。
 愛達は出番が近づいてきて今から緊張してきて、人前ではじめての演奏になる妃呂は特に緊張してきました。

 愛は祖父の形見の箏を使うことになり、さとわに代わりに持っていってほしいと言いますが……
 先生は受付はすでに終えているのはいいとして、妃呂は思わず箏を落としそうになりました。
 さとわをかばった愛は右手を怪我してしまったようですが……

【感想等】
 あれだけの演奏を聴いて戸惑うのは予想内でしたが、思ったよりも立ち直りが早くて安心しました。
 新たなライバルが次々と登場し、全国は遠いと言わざるを得ません。
 ふと出てきた「いつもの3倍」というのは赤い彗星とは絶対に関係ない……はず。

 おばあさんのためにすさまじい演奏を見せてくる姿に桜介さんと別ベクトルの感動を覚えてしまいました。
 姫坂の演奏は寒気すら感じましたが、それでも「つまらない」と言われてしまいました。
 滝浪先生の過去も気になりますが、怪我をした状態で満足な演奏が出来るのか心配になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第11話「探してた音」

 この音の11話を見て感想を書かせていただきます。
 コータさんも少しずつ自分の課題に向き合っているようですが……
 いわば「急造」の皆さんが強豪校と何処まで戦えるのかに注目したいです。

【内容】
 さとわは「曲がまだ見えてこない」と悩んでいて、そこに先生がやってきました。
 先生の指導を見ていたさとわは彼が昔、音楽をやっていたのではと推測しますが……
 めんどくさそうな先生は「仲間を信じろ」と愛に語りかけつつ、さとわにはこれでいいのかと言ってきました。

 「下手な奴とやると下手になる」と彼なりの忠告をする先生に対し、さとわは「みんなのことをなめすぎ」と指摘します。
 オープニングの後、愛は武蔵と音を合わせて彼らなりの手応えをつかんでいました。
 さとわはどういう曲相(きょくそう)をつければいいのかと考え、コータはこの時間がずっと続けばいいとひと言。

 合宿の最後に曲を合わせると、今までとは違う感じがして、彼らが上達したのは明らかでした。
 学校に戻ってきた武蔵は解散してゆっくり休めと言いますが、愛達は自主的にその場で練習をすると言い出します。
 先生は「これ以上お前らの青春の光を浴びるのは無理」と言って帰っていきますが……

 愛は(すでに売り地になっていた)祖父の生家を前に、箏が何たるかがわかってきたとつぶやきます。
 「そんなに俺達と弾くのが好きか?」と言われたさとわは体勢を崩して抱きかかえられてドキドキしてしまいます。
 武蔵は大会の演奏順が決まったと言い、大会当日にはかずさが入れば優勝するとさとわをスカウトしてきました。

 明陵の桐生は「俺らの後が全てかすむくらいの演奏をする」と言って去っていきました。
 さとわは相手の演奏を見て完全にそろっていることに驚き、自分に決定的に足りないものを感じ取ります。
 急に回想シーンになり、桐生は体が弱く、次第にクラスで孤立していきましたが……

 隣りに朝乃という子が引っ越してきて、桐生少年をしつこいくらいに遊びに誘ってきました。
 桐生は箏と出会い、朝乃はいじめを受けつつもずっと彼と共にあろうとしました。
 人との接し方を見ていくうちに最適の距離をつかんだ桐生は、一人になるのがどうしようもなく怖いとつぶやきます。

 明陵の演奏を聴いて愕然とする一同ですが、ここからどんな演奏を見せてくれるのでしょうか。

【感想等】
 前回の指導を見ても先生が只者ではないことは言うまでもありませんでした。
 先生なりの忠告に対してはっきりと言い返すさとわさんも、先生のことを真に受けて練習する愛さんも素敵でした。
 内向的な武蔵さんがずいぶんと色々な表情をするようになったのがすごく微笑ましいです。

 初登場時に比べるといい人になった妃呂さんですが、コータさんと武蔵さんとで三角関係になるのでしょうか。
 箏の大会は30校以上が出場すると聞いて(ちはやふるだと東京で12校でしたし)意外と学校数が多くて驚きました。
 そして明陵の演奏を聴いた時点で負けフラグのようなものが立ってしまったように思ったのはここだけの話です。

 孤独にさいなまれた桐生さんが箏との出会いを経て変わっていった流れは見事としか言いようがないです。
 そして明陵も姫坂も全国4位に入っても優勝できなかったという事実が重くのしかかってきます。
 エンディングの歌詞にあるように現実を見せつけられた愛さん達はどんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第10話「近くて遠い距離」

 この音の10話を見て感想を書かせていただきます。
 気がついたら期末テストも終わったらしく、夏休みに合宿をすることになりました。
 男子部員3人のお名前を全く覚えていなかったのは内緒です。

【内容】
 全国一位を目指すと言いつつも、音を合わせることすらままならないのが現状でした。
 さとわは本気でやるといって火花を散らして周囲を困惑させますが……
 オープニングの後、暑さに戸惑いながらも練習をしていくことになりました。

 さとわはメトロノームを出して武蔵と愛を合わせますが、コータのあまりのリズム感の悪さに困惑します。
 練習を終えてアイスを食べたらおいしく、愛は半分をさとわに与えてきました。
 武蔵は夏休みに合宿をしないかと言い、妃呂は民宿をやっているおじさんに掛け合うと言ってきました。

 先生は最初はやる気がない態度を見せますが、武蔵はそれなら顧問を辞めてくださいと言い放ちます。
 「お前ら面白いわ」とやる気を出した先生に続き、愛はおばさんに踏まれてたたき起こされました。
 移動中のバスの中で、先生は「現実を知るのは重要」と言って愛達の演奏を流してきてそのあまりのひどさに驚きます。

 愛は今の時点でレベルを把握したことは幸いだと言い、これから猛練習して大会に優勝すると言い放ちます。
 民宿にやってきた愛はもう少しで何かがつかめそうだと言い、さとわに手本を見せてほしいと言ってきました。
 愛は改めてさとわの音がきれいだと言い、さとわはこの場所を失いたくないと改めて決意します。

 妃呂はコータに厳しく指導し、さとわも散々に指摘して空気が悪くなってきました。
 みっつは特訓の成果を出しつつあり、愛もまた弾けなかったところが弾けるようになっていました。
 妃呂はコータを厳しく指導しすぎたと反省しつつもさとわの胸が大きいと指摘してきました。

 コータは愛との出会いを思い出し、名前で呼び合う関係に心地よさを感じていましたが……
 上を目指すのに足手まといだと考えたコータは行方をくらませ、愛や武蔵が率先して外に探しにいきました。
 コータは森の中で一人練習していて、もっとがんばるから諦めないでほしいと訴えてきました。

 サネはコータが帰ろうとするわけがないと断言していて、妃呂は帰ってしまったのかと思ったと涙を流します。
 先生は「人の睡眠時間をごっそり削りやがって……」と言いながらも生徒のことを心配しているようです。
 愛は「俺はお前がいないのは嫌だ」と言い、コータは涙を流さずにはいられなくなりましたが……

 次の日、男子部員は練習していてほとんど眠れなかったようです。
 先生はふせんを床にはってそれを取ってこいといい、これがタイミングだと教えてくれました。
 そして、コータはタイミングを忘れないうちに妃呂と練習を続けることになりました。

【感想等】
 部員達の気持ちが一つになったものの、まだまだ課題が山積みなのは明らかでした。
 色々と髪型を変えるさとわさんが可愛い一方で、先生に「やめてください」と言い放つ武蔵さんはかっこいいです。
 やや意外な形ではありましたが先生もやる気を見せてくれたのは大きいと思います。

 合宿のメインはあくまで箏のレベルアップのはずですが、愛さんとさとわさんの関係が気になります。
 全体としてレベルが上がることは好ましいものの、コータさんの置いていかれそうな感じも他人とは思えません。
 コータさんがいなくなったとき、一瞬でも逃げたと思った私が恥ずかしいです。

 男女の関係ばかりに注目してきましたが、愛さんとコータさん達との関係もすごくいいなと思います。
 妃呂さんが涙を流すところがすごく可愛いですし、先生の不敵な態度にブラッククローバーのヤミ団長をふと思い出します。
 次回は「探してた音」ということで一定水準にたどり着けそうな予感がしますが、全国はまだまだ遠そうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第9話「突き刺さる言の音」

 この音の9話を見て感想を書かせていただきます。
 向かった先が受験で落ちた高校というのは皮肉としか言いようがありません。
 弟さんのことともども武蔵さんは過去の傷と向き合うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 かずさに言われた流れで明陵高校の箏曲部にやってきた武蔵達でしたが……
 明陵高校の桐生という男は同じ男で箏曲部がいることに感動して抱きついてきました。
 かずさのいる姫坂女学院は関東大会どころか全国でも上位に位置づけられるそうです。

 明陵の演奏はすでに終わってしまったそうで、武蔵達は姫坂の演奏を聴くことになりました。
 本来は2つのパートで弾くようなところを全部1人で弾いているかのように聞こえるのは驚きしかありませんでした。
 武蔵は自分達が成長したが故に実力差を実感して脅威を覚えずにはいられません。

 全国を狙うならば今の演奏の上をいかなければならないと言われて呆然とする一同。
 かずさはさとわを転入させると言いますが、愛はレベルの差を認めつつも追いつけばいいと反論します。
 やる気を出す新入部員に対して武蔵だけは完全に打ちのめされていましたが……

 中学の同級生(の中山と須藤)が出てきて、さらに部活のことまで笑われてしまいました。
 愛は「箏の何がおかしい!?」と憤りますが、武蔵はああいう反応には慣れていると言いますが……
 「もっと堂々としていろ」と言われたものの、武蔵は「久遠君にはわからない」と言って去っていきます。

 先生は武蔵の気持ちを見透かしてか、本当に全国を目指しているのかと言ってきました。
 帰宅した武蔵は弟にまでダサいと言われて、自信なんてどう持てばいいのかと愕然とします。
 そして武蔵は徐々に他の部員と離れていき、機嫌を悪くした愛は哲生のところに殴りこみます。

 哲生は先輩が後輩に弱音を吐けないと言い、自分の兄も相談してこないと言ってきました。
 そこに妃呂がやってきて一人で抱え込むなと言い、自分が副部長をやると言い出します。
 妃呂は自分の目を見て話せと訴え、周りに話せば楽になることだと言ってきましたが……

 弟が「付き合う人間は選べ」と言ってきたことに武蔵は「勝手なことを言うな」と怒ってしまいます。
 父親は妃呂を彼女だと勘違いしつつも、自分で自分の価値を下げるなと言い放ちます。
 武蔵は愛が一人で練習をしていると聞いて飛んでいき、自分の気持ちを全てぶちまけてきました。

 愛は自分のことを信じていないと言いつつ、武蔵が信じてくれたのだと訴えます。
 武蔵は改めて「今のままでは」全国に行くのは無理だと言い、それでも全国を目指したいと言ってきました。
 一同は「目標は高い方がいい」と言って全国一位を目指すことを掲げるのでした。

【感想等】
 分割2クールならば関東大会で1クール目、全国大会で2クール目……ということでしょうか。
 3期が決定したユーフォニアムともども、全国制覇までこの目に焼き付けられたら言うことはありません。
 そうかと思ったらいきなり現実を突きつけられてショックを受けずにはいられませんでした。

 現実に打ちのめされて誰か出てこなくなることを想定していたものの、彼らのやる気が思ったよりも高くて安心しました。
 結果を出して自信をつけるしかないにしてもそのハードルはあまりにも高すぎました。
 仲間のために怒る武蔵さんと父親が息子をほめる発言に思わず涙が出てきたのはここだけの話です。

 全国のレベルを知って、自分を見つめ直すことが出来たのなら、あとは目標に向かって突き進むだけでしょうか。
 高い目標を目指して本気で努力する部員を見た時、顧問の先生もそろそろ本気になると思われます。
 1クール目で関東大会を制し、2クール目で全国制覇まで、振り返らないで一気に突き進んでいけたらと思います。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この音とまれ! 第8話「みちしるべ」

 この音の8話を見て感想を書かせていただきます。
 部の存続が決まり、妃呂さんも改心して、あとは関東大会への出場でしょうか。
 武蔵さんの心に残るわだかまりとは先輩との思い出なのかもしれません。

【内容】
 愛は「六段の調」に向き合いながらも、さとわと一緒に食事をしないかと言ってきたりします。
 さとわはクラスメイトから一緒に食事を食べないかと言われ、ドキドキしながらも一緒に食べていいかと聞き返します。
 オープニングの後は、妃呂が「謝ってきた」と言って顔に傷を付けて登場します。

 妃呂がさとわに抱きつき、武蔵は初めての大会だと意気込みますが、そこに涼香ちゃんこと滝浪先生(男)が出てきます。
 先生は傍観を決め込みますが、愛はさとわの全力を見せてほしいと言ってきました。
 「貴女の箏はまるで狂気」という母親の言葉を意識しつつもその実力の高さを見せてくるさとわなのですが……

 武蔵が難しい顔をしていると妃呂が声をかけてきて、何かに本気になれるのはうらやましいと言ってきました。
 「全国を目指しているから本気になって貰わないと」と笑顔を見せる武蔵さん。
 愛はおばさんの家で一晩中箏を弾き続けて力尽き、3バカもまた練習をしたいと言ってきました。
 
 衣咲おばさんは豪快な人でしたが、愛はまだおじいさんの箏を使っていいのか迷っているとのこと。
 おばさんは箏を調整してくれて、突然愛におじいさんの声が聞こえてきます。
 衣咲は(愛の祖)父の生前に愛を託されていたことを思い出して、今の愛を見てちょっと安心していました。

 妃呂はお箏のためにネイルをやめ、武蔵は部員がしっかり箏と向き合っているのを見て安心します。
 別の学校ではさとわの知り合いらしい女子高生(かずさ)が他に大した学校なんてないみたいなことを言っていましたが……
 武蔵は弟に男が箏なんておかしいと言われ、そのかずさがわざわざさとわを偵察にやってきていました。

 かずさは華凰会(かおうかい)の跡取りでさとわの大ファンで、自分と同じ学校でお箏をやろうとスカウトしてきました。
 さとわは自分はここでやりたいと言いますが、かずさは自分と明陵高校との間で練習会があるから来いと言ってきます。
 相手は神奈川代表の学校だと聞いて、愛は奴らを倒せば神奈川代表だと言ってむしろ喜びます。

 成績の良かった武蔵でしたが、明陵高校に落ちたという過去があるようです。
 愛は「久遠」という自分の名字と同じ曲を気に入ってこれを練習することになりましたが……
 先生は他校に行くなら俺も行くといい、これも「現実を知るいい機会」だと煽ってきました。

 本気で上を目指すならば現実を知ることが重要という先生に、武蔵は何かを感じ取ったようです。
 さとわはプロになるために愛達を利用していると言いますが、愛はむしろ責任が重大だとやる気になります。
 そして現地にやってきた武蔵はまたも受験時のことを思い出してしまうのでした。

【感想等】
 愛さんの誤解も解け、妃呂さんも改心し、さとわさんもぼっちから脱却できそうで何よりでした。
 妃呂さんがさとわさんを抱きしめてきてちょっとドキドキしたのはここだけの話です。
 顧問の先生の出方が未だによくわかりませんが、彼にも箏に関する苦い過去があるのでしょうか。

 愛さんのおばさまが出てきましたがその堂々すぎるキャラクターに驚きを隠せませんでした。
 女性キャラはさとわ、妃呂、衣咲と他になかなか聞かず、男性キャラも愛、涼香となぜか女性っぽい名前が多いような……
 皆さんの制服が半袖のところを見ると季節はもう6月前後なのでしょうか。

 ライバルだと思っていたかずささんはさとわさんの大ファンでしたが、制服が小学生のそれにしか見えなかったのは内緒です。
 先生はやる気がないように見えて、明らかに全国を意識している感じが見受けられてちょっと安心しました。
 次回は確実に現実を思い知らされることになりますが、今の愛さんならばそれにもめげずに立ち向かうと確信しています。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム