【アニメ感想】鬼滅の刃 第20話「寄せ集めの家族」

 鬼滅の刃の20話を見て感想を書かせていただきます。
 炭治郎さんの神楽がついに累さんを捉えますが、このまま彼を倒すことが出来るのでしょうか。
 もし彼が勝てなかったら次は義勇さんが戦うのかなと思いますが……

【内容】
 「俺と禰豆子との絆は誰にも引き裂けない!」
 実家に伝わるヒノカミ・神楽でついに累の首を飛ばした炭治郎さん。
 満身創痍の状態で禰豆子に歩み寄りますが……

 「僕に勝ったと思ったの……可哀想に」
 累は自分の糸で自分の首を切ったと言い、炭治郎を妹もろとも殺すと言い出します。
 そこに颯爽と現れた義勇は「後は任せろ」と言って累と戦闘を開始します。

 義勇は「十一の型」で累の攻撃を無効化してその首をはねてしまいます。
 お姉さん鬼は人間の姿に化けて逃げ、回想シーンでは累との出会いが語られます。
 累は「僕の家族になってよ」と言ってたちまち隊員を殺してきました。

 あの方(無惨)のお気に入りの累は「家族」に自分の血を与えて強化することが出来ました。
 鬼狩りが怖くて家族になった鬼でしたが、累が気に入らなければ処分されてしまうようです。
 累が無惨に呼び出された隙に2人の鬼が脱走したものの、お姉さんは累についていくことを選びます。

 お姉さん鬼は累に逃げた方がいいと言ったものの、顔が戻るのは嫌いなんだと言って虐待してきます。
 一般隊員はお姉さんの繭に捕まってしまい、溶解液が服を、そのまま本体を溶かしていくそうですが……
 そこにしのぶがやってきて「月が綺麗ですね」と言ったかと思ったらお姉さんをあっさり組み伏せてしまいます。

 お姉さんは自分は命令されただけだと言いますが、しのぶは「あなたは何人を殺しましたか?」と聞いてきます。
 しのぶは中には大量に繭にとらわれた人がいたと言い、正しく罰を受けて生まれ変わるのですと言ってきました。
 逆ギレしたお姉さんはしのぶに攻撃を仕掛けますが、しのぶは「残念残念」と言ってお姉さんを毒で返り討ちにします。

 しのぶは唯一鬼を切れない刀である一方で、鬼を殺せる毒を作った「ちょっとすごい人」なのだとか。
 「私は薬学に精通しているのですよ」とにこやかなしのぶですが、隊員は裸を見られて赤面してしまいます。
 累は首を落とされながらも家族を作ったら人間の記憶が戻ると思っていたと思い出しますが……

【感想等】
 最近は「お母さん」のアニメの影響もあって、家族関係は難しいなとつくづく思います。
 ミックスを見れば血が繋がらない兄弟でも仲がよかったりしますし、必ずしも血縁が全てではないようです。
 ダイの大冒険で「首を切られて生きている生物はいない」と言われていたはずなのですが……

 炭治郎さんが累さんを倒しきれなかったのは驚きましたが、義勇さんはその上をいく化け物でした。
 寂しさを癒すために家族を作り出したものの、それを結びつけるのが「恐怖」というのが一つの皮肉のようにも思えます。
 しのぶさんもおっとりしたお声に似合わずなんだか底知れないものを感じました。

 散々に苦労させられた累さんですが「下弦の5」は12体のうち11番目という位置づけらしいです。
 人間の記憶うんぬんという話題があるものの、もっと上の鬼は人間の記憶を持っているのが出てくるのかも。
 次回は「隊律違反」で誰かが処罰される流れになって、残りの十二鬼月も1人くらい姿を見せるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】鬼滅の刃 第19話「ヒノカミ」

 鬼滅の刃の19話を見て感想を書かせていただきます。
 義勇さんがあっさりお父さんを倒したから、累さんが十二鬼月……ということでいいのでしょうか。
 しのぶさんのキャラクターもお声もすごくいいなと思います。

【内容】
 累に斬りかかった炭治郎は刀を真っ二つにされて困惑を隠せません。
 オープニングの後、伊之助はお父さん鬼を豆腐のように斬ってしまう義勇にワクワクが止まりません。
 伊之助は「俺と勝負しろ」と言いますが、修行し直せと一蹴されます。

 義勇によるとお父さん鬼は十二鬼月ではないらしく、気づいたら伊之助を縛り上げていきました。
 一方、しのぶは善逸に声をかけますが、善逸は「じいちゃん……」と走馬灯を見ているようです。
 しのぶは淡々と注射を出して善逸に解毒剤を打ち、操られた隊員も救助されているのを見て安心します。
 
 炭治郎は刀を折られたことで己が未熟だと反省しつつも、間合いの内側になんとか入ろうとします。
 とっさのところに禰豆子が出てきて炭治郎をかばい、累は「その女……きょうだいか!?」と聞いてきます。
 禰豆子の左手首がちぎれそうになり、累は「本物の絆だ……欲しい!!」と言い、お姉さんを切り裂いてしまいます。

 お姉さんは累に言われるがままに別のところに向かい、累はお前達は殺されるしかないと言い放ちます。
 命を助ける条件として「妹を僕にちょうだい」と言ってきますが、炭治郎がそれを受け入れるはずはありませんでした。
 「僕の方が強いんだ……恐怖の絆だよ」と言われた炭治郎は憤り、お前の首を斬る……と言いますが。

 累はわかるように「下伍」と書かれた自分の目を見せて十二鬼月の自分に勝てるのかと言ってきました。
 あっという間に禰豆子を奪い取った累に斬りかかるものの、禰豆子は糸に吊されてしまいます。
 累は「このくらいで死にはしないだろう……」と言ってきますが……

 炭治郎の刃は糸よりも硬い累の体には通らず、蹴り飛ばされて地面に激突します。
 今度は水の刃を作って糸を切り裂きますが、絶体絶命のピンチに陥ってしまう炭治郎さん。
 気がつけば幼い頃、妹と一緒に遊んでいた光景が蘇り、父は「ヒノカミ」に捧げる舞を踊っていました。

 炭治郎は「この神楽と耳飾りだけは確実に継承してくれ」という父の言葉を思い出します。
 「ヒノカミ 炎舞」で糸を切り裂き、相討ち覚悟で累に一撃を与えますが……
 禰豆子には母親の声が聞こえてきて、兄に援護射撃する形で糸を焼き払ってきました。

 「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」
 炭治郎の一撃はついに累を捉えたように見えましたが……

【感想等】
 お父さんが倒された時点で累さんが十二鬼月という推測はほぼ核心に変わりました。
 人と話していたらお姉さんの方が……という話が出て、それはそれで面白いなと思います。
 伊之助さんがいきなり縛られるのを見てちょっと笑ったのは私だけではないはず。

 累さんは孤独にさいなまれて確かな絆を求めていた……のでしょうか。
 炭治郎さんが十二鬼月の力を思い知るものの、累さんの「下伍」という文字を見るともっと上に何人もいそうな感じがします。
 そしてジャンプ漫画ではよくあることとはいえ、炭治郎のお父さんは只者ではなさそうです。

 水の型の印象ばかりだった炭治郎だけに、いきなり炎の剣を振り回してきた時は驚きました。
 ここまで盛り上がって累さんを倒せなかったらあとは義勇さんがなんとかする……のでしょうか。
 いずれにしても次回で(逃げられる可能性もありますが)一つの決着がつくのはほぼ間違いはないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】鬼滅の刃 第18話「偽りの絆」

 鬼滅の刃の18話を見て感想を書かせていただきます。
 炭治郎さんがお母さんを、善逸さんがお兄さんを、そして伊之助さんがお父さんを倒すのでしょうか。
 鬼の間の家族関係がどうなっているのか、色々な意味で気になります。

【内容】
 義勇としのぶは現地にやって来たものの、生存者はいないようです。
 しのぶはつれない態度の義勇と別れ、伊之助、炭治郎は「お父さん」の鬼と死闘を繰り広げます。
 炭治郎の一撃ですらお父さんを斬ることはできないようですが……

 伊之助は出血で体がふらついてきて、炭治郎は伊之助が逃げている間に木を切って鬼を攻撃します。
 炭治郎は水の呼吸十の型(?)で攻撃しようとしたはずが吹き飛ばされてしまいます。
 「そいつは十二鬼月だ!死ぬな!」と言われた伊之助はお父さんの攻撃を受けますが……

 別のところで善逸は血まみれで倒れていましたが、諦めるなという声が聞こえてきました。
 しのぶが善逸の前に現われ、炭治郎は水車でなんとか着地することに成功しますが……
 お姉さんの鬼が累に虐待を受けているのを発見しますが、累は「僕らは家族だ」と言ってきました。

 一般隊員が累を侮っていて、出世目当てに累を倒そうとしてバラバラにされました。
 炭治郎は「お前の絆は偽物だ!」と言い放ち、伊之助はお父さん鬼にボロボロにされていました。
 太刀の通らない相手をどう斬れるのかと考える伊之助ですが……

 「ふざけんじゃねえぞ!」と戻ってきた伊之助は左手の剣で右手の剣を叩いて敵の腕を斬ります。
 累は「刻んでやる」と言ってきますが、炭治郎は自分の言ったことは間違っていないと主張してはばかりません。
 お父さんの鬼は木の上に登っていましたが、いきなり変化してパワーアップしてきました。

 伊之助は「ダメだ……殺される……」と諦めかけていましたが、炭治郎の「俺が戻るまで死ぬな!」という声を思いだします。
 首に刀を刺したもののお父さんはびくともせずにそのまま伊之助の首を絞めてきました。
 母親(?)の声やら仲間やおばあさんの顔が聞こえてきましたが、義勇が現われてお父さんをあっさり倒してしまうのでした。

 炭治郎は累と戦えると思うに至りますが、いきなり剣を切られてしまい……

【感想等】
 しのぶさんがお声を出すのは初めてだったと思いますが、早見沙織さんのお声は素敵でした。
 ひょうひょうとした態度はどこか「終わりのセラフ」のシノアさんを思い出しました。
 義勇さんもとい櫻井さんもでていた「終わりのセラフ」の3期放送があればいいなと思う今日この頃です。

 炭治郎さんと同じくお父さんが十二鬼月だと思っていたのですが、どうやら本命は累さんだったようです。
 累さんのキャラを見て「ヒロアカ」の死柄木さん(中の人も同じでした)を連想した人は少なくないかもしれません。
 同じ二刀流でキリトさんと中の人が同じ伊之助さんですが戦い方には相当のギャップがありました。
 
 伊之助さんはちょっと危ないかなと思っていましたが、炭治郎さんの言葉で立ち上がるところはよかったかと。
 母親っぽい人の存在が気になりますが、それを全て吹き飛ばしてしまう義勇さんが素敵すぎました。
 剣を折られたら水の型も出しようがないと思うのですが、義勇さんが累さんを倒して終わりになるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】鬼滅の刃 第17話「ひとつのことを極め抜け」

 鬼滅の刃の17話を見て感想を書かせていただきます。
 毎回叫び声を上げている善逸さんの前に未知の敵が現われるようです。
 果たして彼は敵を倒して力を示すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 炭治郎は十二鬼月の血を奪えば禰豆子が人間に戻る可能性に近づくと考えます。
 伊之助の流血した状態を見て炭治郎は心を痛め、さらに先ほどの「母」鬼が死を渇望していたのではと考えます。
 善逸は「臭い!」と文句を言いながら進んでいたら赤子の頭をした蜘蛛と出くわします。

 オープニングの後、善逸は「悪夢から覚めてくれ!」と声を裏返して絶叫しながら逃走を図ります。
 目の前には人間が蜘蛛に吊されているのを見て、すさまじい刺激臭に涙が出てきます。
 「手を見てみな」と言われるがままに見てみると、蜘蛛にかまれた毒でじきに蜘蛛になると言われてしまいます。

 回想シーンになり、善逸は木に登って涙を流しつつ「師範」が好きだったと涙を流します。
 善逸は悪い女にだまされて金を貢がされていたのを老人に助けられたそうですが……
 そして、元々真っ黒な髪だったのが雷に打たれて金髪(?)に変わっていました。

 木に登って「俺だって一生懸命がんばってるんだよ!」と号泣する善逸さん。
 気がつけば髪の毛が抜けていき、いきなり冷静になったと思えばスムーズに敵の攻撃をかわしていきます。
 鬼は善逸が一つの技しか使えないと見抜きますが、師範は「一つのことを極め抜け」と言っていました。

 善逸は「刀は叩いて強靱な刀を使う」と師範に殴られたことを思い出します。
 師範は元々は最強の柱だったそうで、兄弟子には目障りとか消えろとか言われてしまいます。
 それでも「じいちゃん」は彼を見放すことはありませんでした。

 雷を思わせるような素早い動きを見せた善逸は一撃で鬼の首を飛ばしてきました。
 「幸せな夢を見るんだ」と師範とのことを思い出し、人の役に立つ夢を見たいと言いますが……
 スズメは善逸の戦いぶりに涙を流しながらも飛んでいきます。

 善逸に「諦めるな!」という師範の声が聞こえ、呼吸を使って毒が回るのを送らせようとします。
 炭治郎、伊之助は鬼のお姉さんを追いかけていたらそのお父さんの襲撃を受けます。
 渾身の一撃ですらお父さんの腕を断ち切ることは出来ないようですが……

【感想等】
 声優さんや制作者さんといった関係者も一つのことを極め抜いた存在といってもいいかと。
 そんなことを真面目に考えていたはずが、善逸さんの絶叫で全部吹き飛ばされました。
 そして「メジャー」を6期まで見直してきた身としては森久保さんの悪役はあまりにも新鮮でした。

 善逸さんの髪の色が変わった経緯はなかなかシュールな光景でした。
 たちの悪い女性にだまされた彼でしたが、彼の初登場が女性を口説いていたというのが面白いです。
 一方で、某団長の声をした人から「目障り」「消えろ」と言われるシーンに胸がずきんとします。

 炭治郎さんや伊之助さんよりも良くも悪くも「人間」的な善逸さんに親近感を抱きつつあります。
 ジャンプ漫画の先輩である「ダイの大冒険」のポップさんにも通じるのかもしれません。
 それはそれとして強靱な体を持つお父さんをどうやって倒すのか、次回もしっかり見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】鬼滅の刃 第16話「自分ではない誰かを前へ」

 鬼滅の刃の16話を見て感想を書かせていただきます。
 操られた人を斬るわけにもいかず、苦戦を強いられる炭治郎さん達ですが……
 今回の敵こそが「十二鬼月」の一人……なのでしょうか。

【内容】
 伊之助は「けだものの呼吸」なるものを使って隊員を操っている元を探り出します。
 先に向かおうにも操られている隊員を斬るわけにもいかず、炭治郎はどうすればいいんだとつぶやきます。
 息も絶え絶えになった善逸は「水……」とつぶやいていましたが……

 村田は「ここは俺に任せて先に行け」と言い、炭治郎と伊之助を先に進ませます。
 うっとうしい糸は敵に近づいている証でしたが、操られた女性隊員はもっと階級が上の人を連れてこいと言ってきます。
 隊員を操っている鬼は息子と思われる鬼に「父さんに言う」と言われて焦りだします。

 操られている隊員は「殺してくれ……」と言い、伊之助は本人が殺せというなら殺すしかないと言い出します。
 炭治郎は糸で隊員を絡めて動きを封じ、伊之助は隊員を木に投げつけて同じことをします。
 善逸は禰豆子の名前を連呼していてスズメに泣きついていましたが……

 母親の鬼は人間の人形は役に立たないと言って首をひねって殺してしまいます。
 炭治郎、伊之助は首のない「人形」と対峙し、善逸は悲鳴を上げながら開き直っていました。
 伊之助は敵の攻撃をかいくぐったはずが糸で動きを封じられてしまいました。

 炭治郎は伊之助の糸を切り、一緒に戦おうと言いますが、これ以上俺をほわほわさせるなと言われます。
 伊之助は炭治郎を踏み台にしてジャンプし、炭治郎は相手の足を切り裂きます。
 敵を倒した伊之助はいきなり炭治郎を投げつけ、そのままお母さんに切り込んでいきます。

 鬼が死を覚悟したのを察知した炭治郎は痛みのない一撃で鬼を葬ります。
 夫にDV(家庭内暴力)を受けるシーンを思い浮かべながら命を落とす鬼は炭治郎の優しい目を見て人間の頃を思い出します。
 「十二鬼月がいるわ……」という言葉を聞いた炭治郎は騒然とするのでした。

【感想等】
 善逸さんをボコボコにするイメージだった伊之助さんも結構な技巧者なのかも。
 「ここは俺に任せて~」という発言は王道ではありますが、モブ隊員の村田さんの安否が心配になります。
 今季アニメは敵も味方も強いお母さんが多い傾向があるのかもしれません。

 操られた人は結局殺され、根本的に鬼と人間とはわかり合えないのだと感じずにはいられません。
 善逸さんが叫んでいるところがちょっと微笑ましく思ったのは私だけかもしれませんが……
 最初はちょっと心配しましたが、炭治郎さんと伊之助さんが共闘するシーンは胸が熱くなりました。

 お母さんがあっさりと倒されますが、彼女もDVの被害者だった……のでしょうか。
 順当に行けばDV夫が十二鬼月だと思いますが、意外なところで息子さんの方という可能性もありそうです。
 次回あたりには義勇さんやしのぶさんが助けにやってくる……のでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム