【アニメ感想】フルーツバスケット 第7話「春になりますね」

 フルバの7話を見て感想を書かせていただきます。
 穏やかサブタイトルではありますが、少し見てみるとかなり重たいお話になりそうです。
 はとりさんの胸中はどうなっているのか、わたし、気になります!

【内容】
 夾は透がいなくなったと慌てますが、紫呉達は透は友達の家に行ったとひと言。
 透は由希達には内緒で草摩家にやってきて、紅葉が彼女を案内してくれましたが……
 はとりは紅葉にお茶を出すようにと言い、透は「お邪魔します」と笑顔を見せます。

 透ははとりの言葉の端々が怒っているようにと思えてきて自分が至らないのではと思えてきました。
 はとりは一族の人間しか見ない主治医らしく、半分は慊人の世話をしているとのこと。
 お正月は一族の一大イベントで100人くらいいるという「外」の人も協力してくれるそうです。

 「中」に住めるのは十二支の秘密を知る人間らしく、はとりは他人の透が関わるべきではないと考えます。
 紅葉は片目が見えないそうで、恋人がいたものの慊人に怒られて怪我をしたそうです。
 はとりは婚約者の記憶を消してしまい、彼女が出ていっても「それが呪いだから」と慊人を責めなかったそうです。

 紅葉ははとりが透を傷つけたくないと言い、透ははとりの優しさに触れて涙を流します。
 そこに紫呉がやってきて談笑していて、はとりは約束どおり文化祭のカメラを返してきました。
 はとりもまた十二支の一人らしいですが、紫呉は脅されてその事実を口に出来なくなりました。

 紫呉は正月の準備をすると言い、紅葉もまた舞の練習をするそうです。
 はとりは紫呉とは「腐れ縁」と言い、途中ではとりはタツノオトシゴに変身してしまいました。
 透の反応は婚約者のそれと同じで、その「カナ」ははとりにとっての「春」でありました。

 タツノオトシゴになったはとりはカナに風呂に投げ込まれ、カナははとりは他人と距離を置く理由が理解出来ました。
 「私を拒絶しないで」と触れてくるカナを前に、はとりは許されたような気持ちがしてきましたが……
 慊人に結婚の許しを請いますが、慊人は「お前のせいだ!」と連呼して襲いかかってきました。

 カナは次第に心を病んでいき、慊人ははとりに記憶を消せと言ってきました。
 はとりは「ごめんね」を連呼するカナの一番大切な記憶を消し、もう大丈夫だと言って涙を流します。
 そして目を覚ましたはとりは服を着ながら自分の姿を見たのかと聞いてきました。

 目の前でカナが別の男性と結婚すると話をしていて、はとりとは片思いで終わったとつぶやきます。
 はとりは「おめでとう」とつぶやき、空からは雪が降ってきました。
 俺は一生溶けない雪に囲まれて死ぬと言いますが、そこにカナの声が聞こえてきました。

 「雪が溶けたら何になると思う?」とカナの言っていたことを問いかけるはとりさん。
 透は「春になりますね!」と告げ、そこに紫呉がやってきてセクハラしたんじゃないかと言ってきました。
 紫呉ははとりは悪い奴じゃないと言い、透は慊人と一瞬すれ違います。

 透は「呪いってなんですか?」と問いかけます。
 紫呉は「今は話すときではない」と言いますが……

 帰宅すると由希や夾がこたつで眠っていました。
 透はこのお家で暮らす日々を大切にしたいなと改めて心に抱くのでした。

【感想等】
 都内(?)にあれだけの広い家を持っている時点で、草摩家の底知れな力を感じてしまいます。
 はとりさんの過去も草摩家の歴史のほんの一部という感じでしょうか。
 「とり」だけにニワトリになると思っていたら、タツノオトシゴさんに変身したのは驚きでした。

 カナさんとの思い出のところでもらい泣きしたのは私だけではないと思います。
 慊人さんが暴れたところからは精神的にこちらまで病んできそうになりましたが……
 透さんに癒されるアニメだと言っていた私の認識も180度変わってしまいました。

 愛する者のために自分の幸せを放棄すること、何処までも深い愛に溺れてしまいそうになります。
 これからは次々と一族を攻略していき、最後は慊人さんを攻略する流れなのでしょうか。
 もし機会があれば(分割2クールだったらその合間にでも)旧アニメも見てみたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第6話「お邪魔させてもらおうかしら」

 フルバの6話を見て感想を書かせていただきます。
 特段準備もなにもないままに文化祭を迎えることになりました。
 公式サイトを見ると1行目から女装の2文字が出てきますが……

【内容】
 透達の学校では文化祭が行われ、おにぎり屋さんも盛況のようで何よりです。
 女装した(させられた)由希は多くの女子生徒を釘付けにし、彼が一番売り上げに貢献しているのかもしれません。
 なんでも先輩方に頼まれて女装することになっていたそうですが……

 由希は女性のような顔立ちがコンプレックスでしたが、透も由希の女装にときめいていました。
 突然に出てきた紅葉は日本とドイツのハーフで、一緒に出てきたはとりもろとも草摩一族の一員でした。
 はとりは医者であり、由希は気管支が弱いですが、ありさ、咲は透が由希や夾と仲がいいことが気になります。

 紅葉は透に抱きついてきてウサギに変身し、由希がごまかしたおかげでなんとか逃げ切ります。
 由希は「男が可愛いと言われてもうれしくない」と言い、透にすら女装は見られたくなかったとひと言。
 透は母親に「可愛い」と言われることがうれしかったといい、可愛いは好きという意味だと言ってきました。

 由希に「可愛い」と言われた透はドキドキし、由希はかっこいい人だと実感します。
 はとりとは2人きりになるのは避けた方がいいのは、彼がみんなの記憶を隠蔽したからなのだとか。
 透は由希と同居していたことを、ありさや咲にばらしてしまいます。

 ありさ、咲は「今晩お邪魔しようかしら」と言い、その勢いで由希達の家にやってきました。
 紫呉は恋愛小説家だと判明し、ありさは透の力になれなかったことが悔しいと告白します。
 透は目を輝かせてトランプを持ってきて「大貧民をやりましょう」と言ってきましたが……

 ありさ、咲は透が持っていた帽子が気になるようです。
 小学生の頃、道に迷ってしまった透の前に帽子をかぶった子が現れます。
 その子を追いかけていくと気がついたら家の前に立っていました。

 「自分がどれほど果報者なのか思い知ったばかりなのです」と語り出す透さん。
 3人は無敵の友情を実感して眠り、次の日には夾が牛乳をがぶ飲みしていて、由希は全員の分を買ってこいとひと言。
 その様子を見ていた咲はねことネズミのようだと言って由希達は固まってしまいます。

 ありさ、咲は由希達に透のことを託し、透もまた2人はいい友達だと断言します。
 はとりから電話がかかってきて、次の休みに一人で尋ねてこいと言ってきますが……
 そして最後には「アキトにも会えるかもしれんぞ」と言われましが。

【感想等】
 文化祭は定番行事だとしても由希さんの女装はうれしい誤算……でしょうか。
 以前、少しだけ出ていた紅葉さんも出てきましたが、いきなりウサギさんに変身したのは想定外でした。
 紅葉さんがウサギさんなら、は「とり」さんは鳥さんに変身するのでしょうか。

 「可愛い」と言われて顔を真っ赤にする透さんがすごくいいなと思います。
 ありささんや咲さんが透さんを心配しているのがわかってなんだか微笑ましいです。
 彼女達3人にももしかしたら重たい過去が隠されているのかもしれませんが……

 帽子をかぶった少年が由希さんか夾さんのいずれかだろうと推測します。
 何処までも純粋な(ように見える)透さんですが、現実にはここまでの境地に至るのは難しいかも。
 これまでの流れを察するに、次回ははとりさんを攻略するお話……なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第5話「勘違いをしていました」

 フルバの5話を見て感想を書かせていただきます。
 おじいさんとの別れも必然だったのかもしれません。
 透さんが無理をしているようでちょっと心配になりますが……

【内容】
 おじいさんの家の改築がもうじき終わりますが、透はどこか元気がありませんでした。
 透は食事の準備をしつつも、亡き母のことを思い出します。
 母は透を抱きしめ、めげたっていいと言っていましたが……

 ふと我に返った透は新しいおじいさんの家だっていいところだと考えます。
 透は色々と注意を述べ、祖父の家の住所も渡して、次の日からは祖父の家に住むそうです。
 紫呉は由希が止めると思っていたと言いますが、由希も夾の気持ちも重たかったです。

 自分が勘違いをしていたと母の写真を見つめる透さん。
 小学生の頃、フルーツバスケットで「おにぎり」と言われて嫌がらせを受けていました。
 誰もおにぎりとは呼んでくれなかったことを思い出しますが……

 透はおじいさんや息子夫婦との対面で「はじめからおにぎりが仲間には入れるはずはなかった」と自覚します。
 由希は透のことを思い出し、夾もまた透のことをどこかで考えていました。
 透はおじいさんの孫(いとこ?)に文句を言われ、その母には男性と同棲していた過去まで興信所に調べられていました。

 息子の嫁によると長男は警察になるのが夢だから、身内に前科がついては困るのだとか。
 今日子が荒れていたから透は「蛙の子は蛙」と言われ、さらにはいかがわしいことをされなかったかと言われます。
 おじいさんが長男をビンタし、息子夫婦は根が嫌な奴だったと言い出します。

 おじいさんは父親の名前を出しながら(母親と名前を間違えつつ)他に行きたいところがあるなら行ってもいいとひと言。
 透は由希達の家を出たことを寂しいと思い、本当は出ていきたくなかったのだと涙を流します。
 夾はもう少し透の都合を考えるべきと憤り、由希も透がいないことで気が立っているのは明らかでした。

 由希はメモを頼りに透を迎えにいき、夾ともども道に迷ってしまったようです。
 なんとか家にたどり着いた夾は大声で叫びだし、一連のやりとりを窓からのぞき込むことに。
 夾はすぐにも透を連れ戻そうとしますが、由希は彼女の気持ちが一番大切だと押しとどめます。

 透は自分が恵まれていると言いつつも、帰りたいと涙を流していました。
 由希は勝手に家に上がり込んで「帰っておいでよ」と言い、夾は強引に透を連れ戻します。
 夾は「たまにはわがままを言ってもいい」「弱音を吐いてもいい」と言ってきました。

 母親の言葉を思い出した透は「帰りたい」と大粒の涙を流します。
 夾や由希は透の手を握ってきて、透は自分を迎えに来る存在がいたことに涙を流します。
 おじいさんは最後の最後まで透のことを「今日子さん」と言っていましたが。

 紫呉は「お姫様強奪成功!」と誤解を招く発言をしてきました。
 あとは全て紫呉がなんとかするとのことですが……
 透は紫呉達の家にもどってきて「ただいまなのです」と締めくくるのでした。

【感想等】
 これまで優しい透さんに癒されるアニメだと思っていましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。
 何処までも気丈に振る舞う彼女がここまで来るとどこか痛々しく思えてきました。
 名前を間違えながらも透さんのために怒ったおじいさんがちょっとした救いなのかもしれません。

 表向きには優しさをにじませつつも、自分の気持ちをどこかに押し殺している透さんに涙が出ます。
 色々ありながらも透さんが元の鞘に収まったのはよかったと思います。
 今後は由希さんや夾さんとの絡みで透さんの心が少しでも癒されることを切実に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第4話「なにどしの方なのですか?」

 フルバの4話を見て感想を書かせていただきます。
 突然に新たなヒロインが登場し、ますます賑やかで楽しくなってきました。
 中の人が中の人だけにやはりツンデレさんなのでしょうか。

【内容】
 夾を尋ねて来た楽羅もまた同じ草摩一族の人間でした。
 とても可愛い人だと思っていたら、いきなり「会いたかった」と夾を殴り飛ばしてきました。
 一方的に殴ってくるのは紫呉によると「愛情表現」らしいのですが……

 紫呉によると楽羅は透達より2つ年上で十二支の1人なのだとか。
 我に返った楽羅はだれが夾を傷つけたのかと言って「お前だ」と突っ込まれます。
 楽羅は夾と結婚すると言い、けもの憑き同志なら抱き合っても変身しないとのこと。

 透にライバル意識を燃やす楽羅は本当の姿になっても受け入れると言い張ります。
 夾はこれ以上話せば容赦しないと言いますが、逆に殴り倒されてしまいます。
 初恋もまだという透は一生懸命な楽羅のことがちょっとうらやましく思えてきたとのこと。

 楽羅が壊した障子を直すことになり、その後は楽羅は自分で料理を作ると言い出します。
 冷蔵庫を空っぽにしながらも料理を作った楽羅ですが、つい夾をたたき落として(床を破って)しまいました。
 楽羅は夾のそばに他の女の子がいるのが不安だと言い、住みたいと言い出しますが……

 食材を買いに来た楽羅はお金がないことに気づきますが、透が代わりに払ってくれたことで事なきを得ます。
 楽羅が「透くんは夾くんが好きなの?」といい、透が十二支のねこが好きだと言えば、楽羅は夾との出会いを語ってきます。
 楽羅は透が迎えに来てくれたことに感謝し、透は皆さんがおなかペコペコだといって早く帰ろうと続けます。

 いつしか透、楽羅は意気投合し、透は結婚は女の子最大の夢だと言ってきました。
 夾は由希を倒すことが目標でしたが、同じ草摩一族でもある「師匠」の存在を示唆します。
 透は夾が武術が大好きなのだと目を輝かせ、彼らもいいムードになってきました。

 不機嫌な顔をしつつも楽羅の料理をいただく夾さん。
 このまま楽羅は一泊しますが、次の日、また会いに来るからと抱きついたかと思ったらテレビを壊してしまいます。
 新聞配達の男性とぶつかった楽羅はイノシシに変身し、透はぎゅっとイノシシを抱きしめてきます。

 透は夾が素敵なところがいっぱいあると言えば、楽羅は夾を浮気者だと言って攻撃してきます。
 色々ありながらも楽羅という嵐が去っていき、透達は学校へと向かいます。
 由希が苺を栽培すると知って喜び、なんだか不思議なやる気に満ちてきた透なのでした。

 そして透におじいさんから電話がかかってきたようですが……

【感想等】
 今回登場の楽羅さんはCV釘宮さんではありましたが、ツンデレさんではなかったようです。
 いきなり殴ってきたのは色々な意味で驚きましたが……
 楽羅さんの時として凶暴になる姿はある意味では手乗りタイガーさんを上回るのかも。

 夾さんのために一生懸命の楽羅さんは見ていると微笑ましく思えます。
 お顔が可愛くて一途でなおかつお料理まで出来るのならあとはあの性格が問題なのでしょうか。
 釘宮さんがフェアリーテイルで猫のハッピーさんを演じていたのはおそらく偶然かと。

 恋のライバルなのかはさておき、透さんと楽羅さんも仲良くなれそうなのでよかったです。
 相手のことを聞いてひたすらに寄り添ってくる透さんは、見ればみるほど魅力的な存在に映ります。
 夾さんの師匠さんの登場に期待しつつ、最後までしっかり見続けていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第3話「大貧民をやりましょう」

 フルーツバスケットの3話を見て感想を書かせていただきます。
 文化祭という言葉が聞こえてきて、出店か劇かお化け屋敷かとワクワクする私がいます。
 そういえば「とらドラ!」だと文化祭でプロレスをやっていましたが……

【内容】
 文化祭が一ヶ月後に迫り、透達のクラスは「おにぎり亭」をすることに。
 透は三色おにぎりがいいのではないかと言い、夾はバトルおにぎりがどうかと言い出します。
 夾の周りに猫がまとわりついてきてどったんばったん大騒ぎです。

 透は夾を追いかけて屋上にやってきましたが、夾は自分がいなくてもいいのではないかとひと言。
 夾は由希に強いコンプレックスを抱いていましたが……
 オープニングの後、透は「大貧民をやりましょう!」とタイトルを回収します。

 由希はいつもどおり女子生徒をふっていましたが、どこかで他人を拒絶していると言われてしまいます。
 夾は咲に(トランプで)倒される一方、由希は先ほどの女子に言われたことが気になります。
 由希は「お前に勝つことが信念」という夾とは仲が悪く、透は夾が勝てばねこさんが十二支に加わるのかと考えます。

 透はアルバイトを終える一方で、由希は自分の気持ちを閉じ込める人なのではと推測します。
 紅葉が声をかけてきましたが、日本語でなかったのでわからず、そうかと思えばいきなりほっぺたにキスをしてきました。
 由希は透を迎えに来て、透はもやもやがあるのならば話してくれないかと語りかけますが……

 普通の生活に憧れて共学の学校に通ったのだという由希さん。
 自分が深く踏み込まれないように一線を引いていると言い、逆に夾は自然体で人と向き合える人間だとひと言。
 一族に入りたがる夾のことが由希には理解出来ないようですが……

 「自分のために優しくしている」と言う由希ですが、透には夾も由希も素敵なところがあるとのこと。
 突然に雨が降ってきて帰宅しますが、由希は家庭菜園で野菜を育てていたようです。
 透は「疑うよりも信じなさい」と言いつつ、優しさは自分の中で育てていくという母の言葉を思い出します。

 由希は人とうまくやっていこうと言い、太陽を背に本当の笑顔を見せてくれました。
 彼が学校でもああ笑えたらもっと人気者になるのではと考える透さん。
 そして次の日、透は朝早くからおにぎりの研究をしていて、夾はおにぎりをきれいに作ってきました。

 人の心は背中にある梅干しだといい、夾の背中に梅干しがあると言い出す透さん。
 夾は「どうして梅干しなんだ」と突っ込みを入れつつも、お前の背中にもついているとひと言。
 由希は大量のおにぎりを見て無理矢理にニラのおにぎりを夾にたたき込んできます。

 透は由希と夾が互いにわかり合えればと想像を膨らませていきました。
 そして夾を尋ねて来た女子は一体何者なのでしょうか。

【感想等】
 文化祭は10月前後と推測しますが、みんな半袖のところを見ると9月くらいなのでしょうか。
 透さんとありささんや咲さんでスカート丈がぜんぜん違っているのが面白いです。
 夾さんと由希さんが互いにコンプレックスを感じているところに人間らしさを感じました。

 紅葉さんが男子なのか女子なのかわからなかったのは私だけではないと思います。
 家庭菜園をやっていた由希さんの姿に、SAOのキリトさんがお花を育てていたことを思い出しました。
 透さんのお母さんが言っていたという「優しさは育てていくもの」という言葉が一番心に残りました。

 「疑うよりも信じなさい」という言葉を易々と実行している透さんに男性陣が惹かれるのは当然かと。
 毎回ながら透さんを見て心が浄化されますが、彼女のようにはなれそうにありません。
 次回は夾さんを尋ねて来た女子が何者なのか、しっかりとこの目に焼き付けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム