【アニメ感想】フルーツバスケット 第15話「そうでもないさ」

 フルバの15話を見て感想を書かせていただきます。
 紫呉さんに言われて別荘でお泊まりをすることになりましたが……
 草摩家の富の代償が一族が動物に変わる呪いなのでしょうか。

【内容】
 透は由希、夾、紫呉やはとりとともに草摩家の別荘にやって来ていました。
 由希や夾は透と過去に何かがあったようですが……

 母親の墓参りをした夜にさかのぼり、紫呉がもうすぐゴールデンウィークだからお泊まりしに行かないかと言い出します。
 由希や夾も巻き込まれ、はとりは運転手をさせられて、現在に至るようです。
 透は塞ぎ込んでいる由希や夾が心配になり、由希や夾は紫呉に裏があるのではないかと突っ込みます。

 紫呉は由希や夾を透とともに外出させ、一方で、作家先生の不在を前に担当編集は頭を抱えます。
 透は次からは直すと言って頭を下げますが、夾は大きな足跡で転びそうになってしまいます。
 紫呉は担当編集に悲鳴交じりの電話をしつつ、はとりには読書を楽しんだらどうかと言ってきました。

 透は足を踏み外して落ちてしまい、由希はネズミに、夾は猫に変身しながらも言い争いをします。
 2人が喧嘩しているのを見て透はいつもの2人に戻ったと言って笑顔を見せてきました。
 由希は自分は透に怒っているわけではないと言い、単に調子が悪かっただけだと言い訳をします。

 人間の体に戻った由希や夾は服を着て、またも言い争いをしてきました。
 次の日、透は由希、夾とともに外出しますが、はとりは疲れたのか眠ってしまいました。
 夾ははとりが人前で寝そうにないといい、透ははとりに毛布をかけてやりました。

 唐突に綾女が出てきて由希、夾は思わず突っ込みを入れてしまいます。
 綾女は世界が敵に回っても君の味方だとか、人は支え合って生きているだとか色々言ってきました。
 透は衝突を避けるために由希や透を連れて湖に行き、綾女は「今日は眠らせないよ」とひと言。

 湖にやってきたものの由希と夾は言い争いを始め、それでも彼らなりに透を気遣っているようです。
 透達が湖を一周している一方で、綾女は「まゆこ」からもらってきたという「かな」の結婚式の写真を持ってきました。
 はとりは自分と彼女との関係は終わったと言い、そばにいてほしいとは思わないと結論づけます。

 綾女ははとりだけが嫌なことを背負っているのが解せないと言い、彼が優しすぎるのではと言ってきました。
 2000倍近く幸せになってほしいと言い出す綾女に、はとりはそんな態度を弟に見せるべきではとひと言。
 はとりは「今はただ見守るだけ」と言い、綾女は強気な態度で兄に服従しろと言って殴り飛ばされるのでした。

 紫呉の元カノであるまゆこは、透達の通う学校の先生らしいですが……

【感想等】
 2クール目は由希さんや夾さんと透さんの過去がメインなのは間違いなさそうです。
 透さんの純粋さはいつもどおりながらも、14話あたりからは重たい展開が増えてきたように思えます。
 由希さんと夾さんの喧嘩が微笑ましく思えてくる日が来るとは思いませんでした。

 透さんの笑顔を見ると、一週間の平日でたまった穢れが浄化されるような気がします。
 最近「ゼロの使い魔」を読んでいるせいか綾女さんがギーシュさんにしか見えなくなりました。
 はとりさんに新たな出会いがあることを願いながら、次回以降も見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第14話「ヒミツだよ」

 フルバの14話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は透さんがお母さんのお墓参りに行くお話らしいですが……
 そういえば透さんのお父さんというのはどんな方なのでしょうか。

【内容】
 「忘れていい思い出なんてないと思うんだ」とつぶやく紅葉さん。
 透は5月1日に出かけると言い、その日は母親の命日だからお墓参りに行くとのこと。
 由希は透の母親の墓参りをしたいと言い、紫呉は夾についていけと言い出します。

 オープニングの後、ありさや咲は透の母親(今日子)は夾のことが好きそうだとひと言。
 ありさは今日子を大いに尊敬していて、紅葉は男子生徒とドロケイをしているようです。
 紅葉のどちらの親がドイツ人なのかと疑問が生じ、草摩の人間はそろいもそろって親のことをいいませんでした。

 咲は透が笑うようになったと言い、それだけがんばったのだろうと考えます。
 透はビル清掃のアルバイトをしていて、紅葉が彼女を手伝ってくれました。
 紅葉のMuttiつまり母親がドイツ人で、父親が草摩の人間で、ほかに妹もいるそうですが……

 紅葉の母親が妹とともに出てきたかと思ったら、紅葉を子供として認識していないようです。
 母親は記憶を隠蔽されて息子のことを忘れてしまったそうですが……
 子供を抱いたら動物になってしまうのはどのくらい絶望的なことなのかと考えます。

 母親は紅葉を生んですぐに壊れてしまい、母親を救うためには紅葉に関する記憶を消すしかありませんでした。
 「私の人生最大の後悔は、あの生き物を自分の体から出したことよ」と言い、母は息子を忘れて正常に戻ったそうです。
 透はそんな紅葉の過去を知って涙を流し、紅葉は思い出を背負って生きていきたいとつぶやきます。

 紅葉は「忘れていい思い出なんて一つもない」と言い、このことは「ヒミツだよ」とひと言。
 透は紅葉を抱きしめて、どんな思いでも胸に抱いて信じていきたいとつぶやきます。
 そして墓参り当日になり、夾がやってきたものの、ありさの特攻服に突っ込みを入れずにはいられません。

 お墓が綺麗になっているのは父方の祖父が掃除したらしく、父親は風邪をこじらせて死んだそうです。
 由希は透が両親を失いながらああも笑っていられるのかと考え、その当時のことを思い浮かべますが……
 夾は咲に幽霊が見えるのかと聞きますが、電波と霊感とは全くの別物らしいです。

 咲は夾の電波を感じて「どうしてそんな悔いた気持ちで墓前に立っているの?」と問いかけます。
 透は墓前で食事をすると言い、ありさは今日子のことを尊敬していたと語り出します。
 ありさは透、由希、夾の3人がいい感じになっていると言い、咲は由希、夾には混沌を感じるとつぶやきます。

 透は由希や夾にお世話になっていると言い、皆さんと一緒に楽しく過ごしているとひと言。
 帰宅した夾は眠っている透を起こそうとし、由希は帽子を見て過去を思い出しているようです。
 そして、夾は透に密着して「ごめんな」とつぶやくのでした。

【感想等】
 2クール目突入でオープニングも変わり、ますます色々なキャラが出てくるようです。
 分割2クールだったら7、8月くらいで旧作を見ることも考えましたが……
 オープニングだけだと透さんが由希さんと夾さんのどちらを選ぶのかは判別が難しいかも。

 いつも明るく振る舞う紅葉さんでしたが、彼の過去はあまりにも重たいものでした。
 どれだけ傷ついても過去の記憶を乗り越えようとする彼らの姿はあまりにも眩しすぎました。
 笑顔を絶やさなくなるまでは、人知れず一人で泣いていたこともあったのでしょうか。

 咲さんの発言から察するに、由希さんや夾さんの過去は相当重いものになりそうです。
 この2人は幼い頃の透さんと会ったことがあるのは間違いないようですが……
 2クールで完結するのはわかりませんが、最後まで前に前にと突き進んでいきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第13話「元気でいたかな? 我が弟よっ」

 フルバの13話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見ると今回は由希さんのお兄さんが登場するようです。
 お兄さんがどんな方なのか色々な意味で気になりますが……

【内容】
 透は由希と農作業をしていましたが、道ばたに服が散乱していることに驚きます。
 突然現われた白い蛇は十二支の一人なのでしょうか。
 オープニングの後、由希は白蛇の皮を剥いで丸焼きにしろと言い放ちます。

 白い蛇は由希の実兄である綾女(あやめ)であり、綾女、はとり、紫呉は小中高と一緒だったそうです。
 紫呉、綾女はたちまちに意気投合し、綾女は透を「王女様」と言って勝手に連れ出します。
 綾女は由希とは10歳も年が離れていると言い、由希は隔離されて育って「溝」になったと重要なことを言い出します。

 由希にとって慊人は恐れの対象らしく、綾女は由希のことが心配でやってきたそうです。
 透は母親が親になって子供の気持ちが理解出来るようになったと言い、子供の気持ちを忘れないことが大切だとひと言。
 綾女は透を褒めますが、透は「私のお母さんは宇宙一です!」と目を輝かせてきました。

 餃子定食を食べて戻ってきた透は由希に綾女が嫌いなのかと問いかけます。
 由希は綾女が苦手だと言い、綾女は歩み寄らないかと言ってきました。
 次の日、綾女は夾と同じ布団で眠っていて、次の日には「帰れ」と言われてしまいます。

 透から綾女の話を聞いた紅葉ですが、元気のない由希は病気なのかと言い出します。
 綾女は服を売るお店の店長で、なんでも男の浪漫を売るお店らしいですが……
 帰宅した透を前に、自分が校則違反をしながらも長髪を貫いたことを語り出します。

 高校時代の綾女は自分が王族だと言い、嘘を貫いて先生に長髪を認めさせたそうです。
 綾女はその見た目もあって生徒会長で、修学旅行で何かがあったとのことですが……
 透は綾女に興味を持つ由希を見て、これは溝を埋めるチャンスだと考えますが、綾女はさらりと歓楽街うんぬんと言い出します。

 一部生徒が歓楽街に入り込んでしまい、綾女は生徒を退学させようとする学校を説得したそうです。
 「これからはこの僕に欲情するがいい!」「男同士なら保護者も安心」だと言ったおかげで退学を免れたらしいですが……
 由希は笑顔で「出ていけ」と連呼し、透は兄弟の溝がますます深まったことに困惑してしまいます。

 はとりがやってきて潑春が綾女を連れ帰れと言っていたといい、綾女は大人しく帰っていきました。
 綾女は透がはとりと似ていると言い、ああいうタイプには弱いとつぶやきます。
 透は綾女を楽しいお方と言い、由希は自分にないものをうらやましがる彼をうらやましいとひと言。

 次の日「心配してくれてありがとう」と若干のデレを見せる由希さん。
 そして綾女の経営するドレスやナース服のお店はなんだろうと目を輝かせる透なのでした。

【感想等】
 春アニメの多くが終わった今、透さんの純粋さが現在、唯一の癒しかもしれません。
 由希さんのお兄さんが綾「女」さんというお名前なのがなんだか面白いです。
 紫呉さん、綾女さん、はとりさんの学生時代の映像は男子しか出てないのは呪い故だと思われます。

 綾女さんの独白を聞くといい人っぽいですが、中の人が中の人だけに何か裏があるようにも思えます。
 その変なテンションゆえに一瞬、中の人が浪川さんかと思っていたのはここだけの話です。
 CV櫻井さんでお兄さん役というとおそ松さんを連想しますが、そういえば紫呉さんはカラ松さんでした。

 長髪を認めさせたり生徒の退学を撤回させたりと、綾女さんは色々な意味で大物……らしいです。
 分割2クールかと思っていたのですが、普通に次回予告が出ているのを見ると最後までこのまま突き進むのでしょうか。
 どこかのタイミングで旧アニメを見て、比較しながら見てみるのもいいかなと思う今日この頃なのです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第12話「楽しそうだね」

 フルバの12話を見て感想を書かせていただきます。
 めでたく進級した透さん達ですが、周りはますます賑やかになりそうです。
 実は紅葉さんは女の子……ということはないのでしょうか。

【内容】
 季節は春になって透達は2年生になり、新一年生は可愛かったと言っていました。
 王子こと由希は1年生の女子をもたちまちとりこにしていましたが……
 黒塗りの車で送迎して貰った方は一体何者なのでしょうか。

 紫呉は潑春達の姿を目に焼き付けなければならないと言っていましたが本当なのでしょうか。
 草摩の人間が増えたと聞いた咲やありさはとりあえず連れてこいと言ってきました。
 「学校で会うとひと味違うかも」と目を輝かせる透にはさすがの夾も逆らえませんでした。

 男子生徒は透に声をかけようとしますが、夾がいたので逃げていきました。
 「そんな隙だらけだと誘拐されても仕方ない」と言われましたが……
 紅葉が(上だけ)女子の制服を着ているのを見た夾は憤り、潑春の恰好も普通ではありませんでした。

 自分はクールに過ごすという紅葉でしたが、そこにやってきたのは生徒会長らしいです。
 潑春は生徒会長を威圧し、ピアスをしていればいじめをしないのかと首根っこをつかんできました。
 一度は気絶した生徒会長は由希が女の制服を着ていたらと言われてあっさりと受け入れます。

 地毛であることを証明しろと言われた潑春は生徒会長をトイレに連れ込んでしまいました。
 透の前に慊人が現われ、慊人は透が優しそうで可愛いと言ってきました。
 慊人は現われた由希に「どうしてお正月をサボってるの?」「教育し直すしかない」などと言ってきました。

 透の手前もあって慊人は去っていきますが、透は慊人が敵意を発していたことに気づきます。
 「皆さんで一緒に遊びましょう」と言って皆さんでバドミントンをすることになりましたが……
 はとりによると慊人は透のことブスだといい、いずれ由希は自分のところに戻ってくると言っていました。

 由希は幼少期に慊人に閉じ込められてトラウマになってしまったようです。
 はとりは人を包み込む人間がいるといい、紫呉は改めて「透ちゃんは可愛いよね」と言ってきました。
 透は慊人はただならぬ方だと考えつつも不安な気持ちは由希達とともにいて消えたようです。

【感想等】
 2年生になっても純粋な透さんを見てこんな風になりたかったとつくづく思います。
 紅葉さんのセーラー服は違和感がありませんでしたが、さすがにスカートまでははいてきませんでした。
 そして登場するなり気絶させられる生徒会長さんには同情を隠せませんでした。

 生徒会長さんは今後も出てくる重要人物……というのはさすがに考えすぎでしょうか。
 慊人さんが学校にやってきたのですがそもそも彼は何歳なのか、そして男性なのかよくわかりません。
 由希さんと慊人さんがユージオさんとアドミニストレータさんと同じなのは一目では気づきませんでした。

 要は、慊人さんが1期、2期を通じてのラスボス……ということなのかもしれません。
 次回予告は浪川さんらしいお声が聞こえてきてちょっと驚きました。
 13話で1期を締めくくって、1クールほど休んだら2クール目突入ということでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】フルーツバスケット 第11話「とってもステキなお宿です」

 フルバの11話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は温泉旅館にお泊まりするお話のようですが……
 温泉と言えば「花咲くいろは」のことが頭に浮かぶ人は少なくないかも。

【内容】
 期末テストが終わり、透は「いつもよりも答えを書けました!」と喜んでいました。
 由希は透の勉強を教えていた一方で、頭がいいと思われていた咲は電波でカバーできないほどの馬鹿なのだとか。
 ありさは夾の方が馬鹿っぽいと言いますが、実は彼はそれなりに頭がいいようです。

 透は先生に呼び出されたかと思えば「バイトがんばります」と気合いを入れます。
 オープニングの後、紅葉と一緒にビル清掃のアルバイトをしていた透ですが……
 帰宅した透は紅葉を伴い、夾は紅葉のテンションがしゃくに障ると言って攻撃します。

 紅葉は明日はホワイトデーだと言い、透に温泉旅行をプレゼントすると言ってきました。
 透は母親を差し置いて温泉に行くなんて恐れ多いと震えますが、紅葉は夾や由希も連れていくと言い出します。
 紫呉は透の修学旅行の積立金がまだだと指摘し、透は今月のバイト代で支払うと言っていました。

 由希や夾は透がチョコレートのお金で積立金を払っていないことに憤ります。
 紅葉は村人にだまされて身ぐるみを剥がされた旅人の話題を出して透のようだと言い出します。
 最後は旅人は首だけになり、最後はバカと書かれた紙切れ一枚が残ったそうです。

 夾は自分も温泉に行くと言い、透は温泉を前に「お姫様になったような気分です」と目を輝かせます。
 女将(めしょう)さんは迫力のある女性で、病弱設定のはずが夾が淫乱でごめんなさいと叫び出します。
 透と一緒に入ろうと言い出す紅葉が一番淫乱だと言ってきましたが……

 透は母親の遺影を温泉にもってきて、そこに女将さんがやってきて自分の子供も「猿」の十二支だと言ってきました。
 紅葉が言うには「りっちゃん」という人物が女将さんの息子らしいのですが……
 透や紅葉も卓球をする流れになりますが、透は由希が一人で外に出ていくのを見て心配します。

 由希はホワイトデーのお返しをくれて、中にはリボンが入っていました。
 「お気に召されましたか、姫」と言われて透は顔を真っ赤にし、本当に王子様みたいだと目を輝かせます。
 透は草摩には素敵な王子様がいっぱいいるといって改めて感謝を浮かべるのでした。

 次の日、温泉を出る透達ですが、迎えのバスはなかなか来ませんでした。
 紅葉は来年から高校一年生で潑春とともに透達と同じ学校に通うと言い出しますが……
 そして紫呉はメイド服を準備して透達の帰りを待っているのでした。

【感想等】
 金曜日までの激しい戦いを切り抜け、透さんのお姿を見ると一週間の穢れが浄化されます。
 ホワイトデーと言われるまで紅葉さんが男性なのか女性なのかわかっていなかったのはここだけの話です。
 そして透さんが一日も早くご自身の幸せをつかんでほしいなと思わずにはいられません。

 お姫様みたいだと言い出す透さんですが、「ただこい」でお姫様役だったことをふと思い出します。
 温泉にお母さんの遺影を出してきたのはさすがに驚かされましたが……
 紅葉さんが中学生だったことに驚きつつ、進級を境に2クール目に突入ということでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム