【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第20話「ラファエロ砂漠へ」

 ユーノさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 前々回に異世界に来て、前回は父親になって、今回はどうなるのでしょうか。
 異世界にやってきてから展開が急に早くなってきたような気がしますが……

【内容】
 帝都からやってきた兵士によってセーレスが捕まり、たくやは彼女を救うために兵士に斬りかかります。
 たくやは兵士と口論になり、向こうは神帝の命令で巫女(セーレス)を連行すると言い出します。
 「神帝だか童貞だか知らないが」と反攻するたくやでしたが、セーレスは自らの首に刃を突き立ててきました。

 セーレスはたくやを救うために命を落とし、ユーノと一つになると言って消滅してしまいました。
 兵士は巫女を運ぶと言い、リフレクターデバイスは「帝都の神器」だと言ってそれも持っていってしまいます。
 ユーノは「ママはユーノの胸の中にいるの」と言ってきて自分達3人はずっと一緒と言ってハグします。

 報告を受けた神帝は巫女の血を引く娘を探せと命令し、たくやという名前に引っかかりを感じるようです。
 クンクンは食料が足りないからと放置され、たくやとユーノは2人で砂漠を旅することになりました。
 砂漠の向こうにある町は蜃気楼であり、その後ものんびりデートしながら帝都まで向かいますが……

 帝都ではたくやが指名手配されているらしく、砂漠に置かれたたくさんの棺桶の中には何も入っていませんでした。
 力尽きたラクダのような生き物を食料にしたものの、たくやはユーノに水をと言って走っていきます。
 オアシスを発見したもののそこには一人の女性がいて、私を手込めにするつもりねと言われてしまいました。
 
 たくやは帝都に行って神帝をぶっとばすといい、サラはレジスタンスに愛想を尽かして逃げたそうです。
 ユーノは母親と会話出来るらしいですが、それは人に言ってはいけないことらしいです。
 サラは心配だと言ってついてきて、雨が降ったから水晶のような神殿で一休みすることにしました。

 手先が器用なサラは神殿の扉を開き、ユーノは胸がドキドキすると言ってきました。
 サラの手引きで兵士を招き寄せ、ユーノはさらわれ、たくやは収容所に連行されてしまいました。
 果たしてたくやはここから脱出して娘を奪還することが出来るのでしょうか。 

【感想等】
 異世界にやってきたらいつの間にか親になり、伴侶も失って何が何だかわからなくなりました。
 相手を脅すなりして退散させれば別に死ななくてもよかったと思いますが……
 こうでもしないと砂漠を越えて超念石を手に入れる流れに戻れなかったのでしょうか。

 リフレクターデバイスは「神器」という言葉で言い表されますが、神帝とは何か関係があるのでしょうか。
 帝都に向かうのはいいとしても前回ペットにしたクンクンさんをあっさり捨てたのは疑問が残ります。
 セーレスさんが生存していたらユーノさんとクンクンさんを置いてたくやさん1人で行く選択肢もあったかも。

 妻を失ってすぐに新たなヒロインが出てきますが、そのキャラクターには色々な意味で驚きです。
 そのうち出てきそうなレジスタンスのリーダーもやっぱり女性だったりするのでしょうか。
 奴隷にされる主人公にドラクエ5を思い出しつつ、誰かが助けに来てくれることを待とうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第19話「親子の絆」

 ユーノさんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 数週間前に神奈さんを助けるために異世界にやってきたたくやさんでしたが……
 もう神奈さんも亜由美さんも美月さんも澪さんも「過去の女」なのでしょうか。

【内容】
 たくやはすっかり異世界になじみ、セーレスとの生活はまるで夫婦のようです。
 デラ・グラントにやってきて1年近くが経過し、2人の間にはなんと子供が産まれていました。
 名前は「ユーノ」といい作品のタイトルと重なりますが……

 魔物を倒したたくやは相手がしゃべったように聞こえてきました。
 泣き虫なユーノに指を噛まれたり、ユーノが母乳を吸うシーンに母親を思い出したりします。
 なお、何度も戻ろうとしたものの戻れなかったそうです。
 
 たくやは神奈のために超念石を手に入れるという目的は忘れていませんでした。
 捜査はいっこうに進まず、ユーノと抱き合って「君を守るよ」などと言っていましたが……
 別のところでは翼の生えた女性が兵士に追われるシーンが気になります。

 ユーノは驚くべきスピードで成長し、たった半年で話を理解したそうです。
 1年で4歳近くにまで成長し、このままだと追い越されてしまうのかもしれません。
 ユーノは「愛が覚めちゃったの?」と言ってハグを要求してきます。

 たくやはユーノに友達は欲しくないかと言ったかと思えば、傷ついた翼の女性を発見して攻撃を受けます。
 とどめを刺そうとするたくやでしたがユーノに止められ、出てきたとかげは女性の子供らしいです。
 彼女達は帝都から逃げ延びてきたとのことで、お前も親ならわかるだろうと言われて言葉を失います。

 女性はその場で命を落とし、ユーノは残ったとかげを「クンクン」と名付けて連れ帰ると言い出します。
 たくやは人間の影を見つけて追いかけて行きますが、彼らはどうやら砂漠を越えてきたようです。
 その夜、たくやはセーレスと抱き合っていたら、ユーノが「一緒にいたい」と言って部屋に入ってきました。

 ユーノは「ママに負けないくらいパパのこと愛してるよ」と言ってきました。
 帝都では神帝が報告を受けて動こうとしていましたが……
 ユーノはクンクンと2人で外に出かけていき、たくやも彼女達についていくことに。

 木の実を物色していたらまたもしゃべる魔物が出てきて、結局倒しましたが、相手は「帝都」と言い残して倒れます。
 たくやは砂漠を越える可能性を考えながらも、ユーノやセーレスはどうなるかと考えると尻込みします。
 ユーノは何か話そうとしながらも「なんでもない」と言い、たくやは帝都の兵士が来たのを知って接触しようとしますが……

 帝都からやってきた兵士は問答無用でセーレスを拘束していました。
 たくやは妻と子を守るためにこれらの兵士と戦うことになるのでしょうか。

【感想等】
 いきなりたくやさんが父親になっていて呆然としたのは私だけではないはず。
 父親になったことで成長したのは事実だと思いますし、本来の目的も覚えていたのは少し安心しました。
 神奈さんはたくやさんが父親になっていたらどんな反応を示すのでしょうか。
 
 成長したユーノさんにしても「うちの娘」のラティナさんにしても聞き分けがよすぎるような気がします。
 女性が死んでしまったのはこれ以上ヒロイン(浮気相手?)を出さないためなのでしょうか。
 神帝が女性という可能性を考えつつ、次回は砂漠で何があるのかしっかり観察していきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第18話「デラ=グラントの黄昏」

 ユーノさんの18話を見て感想を書かせていただきます。
 要は神奈さんを救うためには異世界に行かなければならないようです。
 たくやさんは現代日本とは勝手が違う世界をどう生き抜くのでしょうか。

【内容】
 父親は神奈は超念石がなければ生きられないと言ってきました。
 話によると母親は父親と一緒にいるらしいですが……
 そして、目を覚ましたたくやは「デラ=グラント」という世界にやってきていました。

 たくやはひもで火を起こしてサバイバルをして、オープニングの後は森を散策していました。
 いきなり崖から落ちそうになりますが、そこに女性の悲鳴が聞こえてきました。
 化け物が女の子を襲っていて、たくやは木の棒でそれを追い払うことに成功します。

 女の子は口をきくことが出来ないらしく、とりあえずひらがなを地面に書いて名前を探ることに。
 セーレスというこの女の子は超念石については何も知らないようです。
 一軒の家を発見して中に入ると、この世界の文化レベルはそれほど低くないことがうかがえます。

 いきなり「武器を捨てろ」と剣を突きつけられたたくやは服を脱げと言われますが……
 女性はいきなり倒れたものの、彼女はアイリアといって国境警備員のような仕事をしているそうです。
 たくやは超念石のことを話しますが、アイリアもまた超念石のことは知らないそうです。

 ボーダーからの怪物は日増しに凶暴化していて、大自然の怒りが民を容赦なく攻撃しているそうです。
 5年後には儀式を行って神が降臨し、なんでも聖なる力を手に入れるために身体機能を失うそうですが……
 一方で、「神帝」は部下に命令して巫女の捜索をさせていました。

 たくやはアイリアに剣の訓練を受け、剣道は実践的ではないと言われてしまいます。
 羽の生えた魔物がアイリアに襲いかかりますが、たくやはそれを追い払うことに成功します。
 アイリアは妹のことを思い出したと言い、妹は家を飛び出して行方不明のようです。

 突然に血を吐くアイリアは病気らしく、本人はそれを「運命」だと言ってきました。
 たくやは大きな魚を釣りますが、セーレスをゴリラのような魔物が襲ってきました。
 アイリアは魔物を倒したものの倒れてしまい、セーレスは自分の死をわかっていたと言ってきました。

 この国を大自然の怒りから救ってほしいと言ってアイリアは息を引き取ります。
 たくやは自分のやるべきことを自覚し、超念石を探すために採掘場に向かうと言って砂漠に向かいます。
 セーレスはそれでもたくやについていこうとし、たくやは水がなくなったので家に戻ってきました。

 家にはセーレスの姿がなく、彼女は今もずっと砂漠をさまよっていました。
 「マザーが変わったことは偽り?」と意味深なことをつぶやいて倒れてしまうセーレスさん。
 たくやは倒れているセーレスを発見して口移しで水を飲ませます。

 「君の声が聞こえて、ここにきた」というたくやさん。
 セーレスはこれは運命だと言いますが……

【感想等】
 異世界の人達は耳がとがっていますが、いわゆる「エルフ」さんなのでしょうか。
 それはそれとしてオープニングが変わってお話も大詰めになったのだと自覚せざるを得ませんでした。
 いわゆる異世界転生が一般化するずっと前にこの展開を導き出したのはすごいと思います。

 これまではギャルゲーもといアドベンチャーだったのが、一変してRPGになった感じでしょうか。
 主人公がしっかり修行パートを挟むのは昨今ではなかなかないかもしれません。
 今のところは割と順調に進んでいるものの、神帝さんとの衝突は避けられない……はず。

 出てきたその回でアイリアさんが亡くなったことに若干のショックを受けた私がいます。
 薄着で砂漠を歩いたら日焼けがすごいことになりそうなのですが……
 次回からは「巫女」であるセーレスさんを巡って神帝さんとの戦いが始まるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 特別編「真実は並列世界の果てに~新たなる旅立ちへ~」

 ユーノさんの特別編(総集編)を見て感想を書かせていただきます。
 前回は色々なことが判明してやや混乱気味だったので総集編はかなり助かります。
 序盤のセクハラ満載だったたくやさんも今では懐かしく思えてきました。

【内容】
 たくやは自分が幼い頃に母親を亡くし、今は義母と一緒に暮らしていると説明します。
 ツンデレの澪は市長の娘であり、くっついている結城はスルーされます。
 大胆なかっこうをした絵里子先生は校医で、美月は龍蔵寺の秘書をしている人物でした。

 神奈はミステリアスな転校生ですが、どこかで会ったことがあるような気がします。
 工事現場では落雷による事故が起こり、亜由美は一身に批判を受けているそうです。
 そんなとき、死んだはずの広大からたくやにリフレクターデバイスが届きました。

 父親に言われるがままに三角岩にやってきたたくやは、気を失っていた謎の少女を発見します。
 ユーノは出てくるなり抱きついてきて、そこに現われた龍蔵寺はいきなり銃を突きつけてきました。
 龍蔵寺にとってリクレクターデバイスはそれだけ重要な代物らしいのですが……

 一瞬、神奈の姿が見えたような気がしつつも、デバイスが輝くと別の並行世界に行ったようです。
 たくやはリクレクターデバイスが別の並列世界に移動するためのアイテムだと気づきました。
 亜由美は日に日に追い詰められ、そんな彼女につけ込んだのは豊富という現場監督でした。

 ついに亜由美が自殺してしまい、何度も並列世界を移動しながら香織と手を組みます。
 豊富の悪事の証拠を暴いて彼女の自殺を阻止し、さらに彼女の潔白を証明するためにジオテクに潜入します。
 「超念石」について知ったたくやでしたが、香織は裏で豊富と手を組んでいました。

 たくやはリクレクターデバイスを使って豊富や香織の会話を録音して彼らを追い詰めます。
 「因果律に逆らうことは出来ない」という父の言葉とともに同じ歴史を繰り返すことになるたくやさん。
 目を覚ましたらまた三角山のところにいて、それらの真相に迫ることになりました。

 龍蔵寺の屋敷にはタペストリーがあり、彼はたくやと一度話をしたいと言い出します。
 広大の「400年周期説」について感銘を受けた龍蔵寺は何かを探っているようですが……
 龍蔵寺は催眠術の類で人間を操ることができるそうです。

 澪は三角山について調べていましたが、父親に留学させられそうになっていました。
 市長とジオテクの癒着が暴露された澪はショックを受けますが、それを書いたのは結城でした。
 たくや達は三角山を探索していきますが、龍蔵寺に操られた美月に銃撃を受けます。

 ようやく澪と再会したたくやですが、澪は「死ぬ前に思い出が欲しい」と言ってキスを迫ります。
 たくやは澪のおでこにキスをして「生きてここを出るんだ」と言いますが……
 そこに現われた女性はたくやの母親らしく、美月は最後で正気を取り戻して拳銃自殺してしまいます。

 たくやは再び別の並行世界に向かい、龍蔵寺に関する情報を集めることになりました。
 絵里子は美月がもうすぐいなくなると言い、彼女のことを忘れろと言いますが……
 たくやは龍蔵寺の罠にかかりながらも絵里子とともに脱出することに成功します。

 龍蔵寺は別の人間に乗っ取られていて、絵里子の正体は次元捜査官という人でした。
 次元犯罪者がアーベルから龍蔵寺の体に乗り換えているそうです。
 あと一歩のところまで竜造寺を追い詰めながらも、今度は美月がたくやをかばって命を落とします。

 今度は神奈に着目したたくやは彼女とともに歴史研究会に入ることになりました。
 神奈には北条というおじさんが迫ってきて、広大は神奈に定期的にお金を振り込んでいたそうです。
 三角岩付近に転校を繰り返す神奈は普通の人とは年の取り方が違う……らしいです。

 一人で生きるために体を打っていた神奈は広大やその妻と出会って救われます。
 龍蔵寺に操られた北条を倒したたくやでしたが、超念石のペンダントを砕かれた神奈は急速に弱っていきます。
 神奈を救うためにはデラ・グラントで超念石を手に入れる必要があるとのこと。

 全ての宝玉を手に入れたたくやは「異世界」へと向かいます。
 異形の化け物に襲われたユーノを助けたたくやでしたが、彼女は口をきくことが出来ないようです。
 エルフ耳の女性に剣を突きつけたれたりしますが……

【感想等】
 これまで色々なことがあったので、総集編で振り返るのも悪くないと思います。
 1話でユーノさんが出てきたのは驚きましたが、気づけばユーノさんはそれ以降出てきませんでした。
 総集編だとうまくいっているように見えますが、亜由美さんのところは当時トラウマになりました。

 キスを迫ってくる澪さんにふと「ゼロの使い魔」のルイズさんのことが頭に浮かびました。
 昨今では異世界は珍しくないものの、当時はけっこう斬新だったのかもしれません。
 急なファンタジー世界に迷い込んだたくやさんがどうやって戦っていくのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第17話「青く儚き誓い」

 ユーノさんの17話を見て感想を書かせていただきます。
 青というのが神奈さんのことを表すのは言うまでもありませんでした。
 人の夢と書いて儚いのはもの悲しいとアグリアスさんが言ってましたが……

【内容】
 学校には神奈の淫行疑惑が張り出され、神奈は退学届を出してきました。
 20度も転校を繰り返した神奈はこの周辺でしか生きられず、それにはたくやの両親が関わっているようです。
 たくやは神奈の自宅マンションにやってきて彼女が50年ずっと年をとっていないと推測しますが……

 神奈と一緒にいると家族といるような気持ちになると言い、「君自身のことを知りたい」と訴えるたくやさん。
 父のいない少女は母と2人で暮らしていたそうですが、年齢を重ねても見た目が変わらない2人は定住できませんでした。
 母は命を落とし、残った少女は1人で暮らしていくことを決意し(て体を売りながら生活をし)ますが……

 命を絶とうとした少女は「可能性がある限り生き続けなければならない」という言葉のとおりに生き続けたとのこと。
 ある日、たくやの両親は深い愛情を注いでくれたそうですが、彼らももういなくなってしまいます。
 神奈は服を全て脱いで「私を抱けますか?」と言い、たくやは言葉を失ってしまいます。

 北条は脅迫電話をかけてきて、たくやを殺されたくなければ21時に公園にやってこいと脅してきました。
 神奈は「一緒にはいられない」とたくやを拒絶しますが、澪は簡単に諦めるのは「らしくない」と憤ります。
 澪は「女は好きな相手に冷たくあたることがある」があると言い、そのまま涙を流してきました。

 たくやは再び神奈のマンションにやってきたらそこにはもう誰もいませんでした。
 澪は神奈が変な男に狙われていたと言い、神奈は北条に首根っこをつかまれていました。
 北条は何者かに操られているらしく豹変して刃物を出して襲いかかってきますが……

 神奈は広大はこの世界にはいないと言い、その妻は別の世界に行ってしまったとのこと。
 かつて広大は「歴史は繰り返さない」と言いつつ彼女に会いに行くと言っていましたが……
 たくやは北条を殴りつけて神奈を救い、存在意義がないなんて勝手に決めるなと訴えます。

 北条はナイフを突きつけてきますが、たくやは一本背負いでやっつけてしまいました。
 絵里子が遅れてやってきて、北条が雇い主に操られているのではないかと推測しつつ去っていきました。
 しかし神奈は倒れてしまい、壊れたペンダントの光が消えて神奈は急に苦しくなってきました。

 ペンダントの「超念石」は神奈の命に深く関わるものであり、デラグラントでしか結晶化できないとのこと。
 たくやは自分が超念石をとってくると言い、そのためには8つの宝玉が必要であるとのこと。
 柱時計に最後の宝玉があり、全ての宝玉を手に入れたたくやは三角山の洞窟の奥へと一目散に走っていきます。

 台座に宝玉をはめると突然光りだし、王の名を答えよと言ってきますが……

【感想等】
 何度も転校を繰り返す神奈さんですが、限られた範囲にいくつも学校があるのかと考えた人は少なくない……はず。
 50年の間ずっと年をとらないだけならまだしも、肉体関係を示唆する場面は精神的にきつかったです。
 恋敵かもしれない神奈さんをかばってくる澪さんが素敵で、彼女が泣くところで思わずもらい泣きしてしまいます。

 シリアスムードのおかげでたくやさんのセクハラ発言がなりを潜め、これだけ見ると立派な主人公だと思えてきます。
 色々な情報が一度に入ってきて見ている方もちょっと混乱してきましたが……
 次回はそんな視聴者の心を見透かしたように総集編のようですが、用語解説があるととても助かります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム