【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第13話(終)「一年戦争」

 オリジンの最終回(13話)を見て感想を書かせていただきます。
 時代が時代ゆえにガンダムが出ないまま最終回を迎えてしまいました。
 さすがに最終回ではガンダムが出てくる……のでしょうか。

【内容】
 シャアは目の前のサラミスに停船命令を出させますが、連邦側はシャアの名前を聞いて驚きます。
 警告射撃で動きを止めさせ、シャアは自ら赤いザクで出撃して戦艦に入っていきますが……
 「本来は警告しないで撃ち落としていた」と言い、抵抗する相手の銃を吹き飛ばしてきました。

 レビル将軍が出てきたのを見てシャアは政治ショーの匂いを嗅ぎ取って退散します。
 ジオンはマ・クベを大使として送って連邦に事実上の降伏勧告を行います。
 ミライは父親を宇宙船で運び、アムロにはカイに「ちょっと顔を貸せや」と絡んできました。

 カイはアムロの父は軍属だと言い、アムロは「ガンダムって何です?」と言って軍に拘束されます。
 ウィリアム・ケンプという軍人が出てきて「ガンダム」の存在をいつから知ったのかと聞いてきました。
 アムロは「2度目はないぞ」と一蹴され、帰宅してみると資料の一切合切がなくなっていることに愕然とします。

 南極の基地でジオンと連邦の和平交渉が開始され、セイラはサイド7(の無医村地帯)に行くようにという提案を受けいれます。
 レビル将軍はワッケインと対面し、ゴップ大将やら色々と怪しい高官が出てきました。
 会見を行ったレビル将軍は捕虜になった事実を暴露し、シャアは神のいない第2幕が始まるとつぶやきます。

 レビル将軍は停戦協定を受け入れることは独裁に屈することであると言い、会見を聞いたデギンは激しく憤ります。
 デギンは「恩知らずどもを黙らせてやれ!」とガルマに迫り、ミライと父は移動しつつレビル将軍の会見を聞いていました。
 「人はまだ行き着くところまで行っていないのだろう」と意味深な言葉が出てきますが……

 フラウはキッカ達と水遊びをしていて、カイはレビル将軍の演説を聴いて戦争が終わりそうもないとひと言。
 ハヤトがちょっと出た後、アムロはコロニーの空を見上げて「あの向こうにガンダムがあるんだ……」とつぶやきます。
 レビル将軍はジオンは長期戦が出来ないといい、「ジオンに兵なし!我々は必ず勝利する!」と演説を締めくくります。

 将軍の言葉の後、ブライトらの乗るホワイトベースが宇宙を移動していました。
 アムロの父は「父さんはやったぞ!」とガンダムの完成を喜んでいましたが……
 ホワイトベースがコロニーに入港するさまを、シャアは鋭い眼光でにらみつけてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 タイトルの割にここまでガンダムが出てこないシリーズ作品はこれまでに例がありませんでした。
 Vガンダムは強引に1話からガンダムを出し、∀ガンダムも5話くらいまでにはガンダムが出ていた……はず。
 将軍と言われることの多いレビルさんと、総帥になっても「大佐」と呼ばれるシャアさんの組み合わせは新鮮かと。

 カイさんが悪役にしか見えないのはいいとしても、最終回はやたらとガンダムという言葉が出てきました。
 あっという間に部屋に侵入されてものがなくなっているところを見るとちょっと怖いなと思いました。
 ミライさんやらワッケインさんやら、さらには本編でジオンと通じていた士官(名前を失念しました)まで出てきたのは驚きました。

 Cパートでブライトさんが出てきたことでようやくファーストの主立った人物が出てきたと思われます。
 中盤以降出番がなかったランバさんがどうなったのか、マチルダさんが出なかったこと等、思い残すことはありますが……
 もし機会があればファーストガンダムの劇場版3部作を見てみるとちょっと違った感想が浮かんでくるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第12話「赤い彗星のシャア」

 オリジンの12話を見て感想を書かせていただきます。
 あれだけの活躍をしたシャアさんなら変なかっこうをしても何も言われないはず。
 そういえばランバさんは今頃何をされているのでしょうか。

【内容】
 ルウム会戦の勝利でジオン国内は沸き立ちます。
 デギンは連邦との交渉を望みますが、ギレンはいつまでも勝ち続けると反論します。
 「邁進あるのみ」と勇ましいことを言って去っていきますが……

 デギンはギレンを恐ろしいと言い、彼を止められるのはキシリアだけだとひと言。
 ガルマは前線に出たいと訴え、自分はシャアには負けたくないのだと訴えますが……
 戦勝祝賀会では戦果を上げた軍人達が集まりシャアには黄色い歓声が飛びます。

 ギレンは戦いは始まったばかりと言い、連邦との最終決戦に勝利しなければと訴えます。
 レビル将軍を捕虜にした「黒い三連星」よりもシャアの方が目立っていて、そこにガルマが声をかけてきました。
 ガルマはルウムの残敵を掃討すると言い、僕は僕だと訴えてきました。

 自ら前線に立ったガルマは絶叫しながら総統選を開始していました。
 捕虜の収容所ではデギンがレビル将軍と対面し、和平の算段をつけようとしていました。
 和平の使者マ・クベは美術品を次々と贋作だと見抜き、そこにキシリアがやってきました。

 デギンは戦争を終わらせるべきと言い、レビル将軍は今の自分には何も出来ないとひと言。
 キシリアは戦争は続行されなければならないと言い、マ・クベを地球に侵攻するようにと命令します。
 さらにガルマをその部下に配置すると言い、人間は本質的に戦いを望むのだと言ってきました。

 キシリアはギレンを好かないと言い、マ・クベに反発したドズルはシャアに連邦の「V作戦」の探索、破壊を命じます。
 ドズルは「ファルメル」という戦艦をシャアに与え、シャアはドレンに艦を任せてきました。
 シャアは「私は大宇宙の戦士だ」とかっこいいことを言い、ドレンは気合いを入れて訓練を開始します。

 突然たたき起こされたレビル将軍は宇宙へと移送されます。
 シャア達は(将軍を乗せた)連邦の戦艦が近づいてくるのを目の当たりにしますが……

【感想等】
 冒頭からファーストの展開を予言するかのようなセリフにはっとさせられます。
 後付けと言ってしまえばそこまでかもしれませんが……
 親友という位置づけだったガルマさんは嫉妬で闇墜ちしそうな感じがします。

 ガルマさんが前線に出るのはいいとして出来れば専用のザク2を出してほしかったです。
 ここ数回のシャアさんはザビ家への憎しみをまるで感じないのですが、それだけうまく隠しているのでしょうか。
 次回で最終回らしいのですが、最後の最後でガンダムさんを出して終わる感じかもしれません。  


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第11話「ルウム会戦」

 約1ヶ月ぶりにオリジンを見て感想を書かせていただきます。
 長い間時間が空くと、何をやっていたのか時々わからなくなってきました。
 レビル将軍が捕虜になるという結論だけは知っていますが……

【内容】
 ルウム宙域でジオンと連邦の大規模な武力衝突が行われていました。
 ドズルは戦死者に涙を流しながらも本隊へと突撃をかけます。
 オープニングの後、連邦のティアンムは「勝ったな……」とどや顔をしていましたが……

 ドズル艦隊の艦影が消滅したはずが、偵察をしていたリュウは敵の艦隊を発見します。
 シャアは「私に跪け……神よ!」とのたまって次々と戦艦を落としていきます。
 ドズル艦隊の攻撃が連邦に炸裂し、被弾したレビルは「噛まれたな……」とつぶやきます。

 ジオンのモビルスーツが連邦の戦艦を次々と落としていきます。
 オルテガ、マッシュ、ガイアといった「黒い三連星」が旗艦を攻撃し、脱出を図るレビル将軍を捕虜にします。
 シャアも通常の3倍で移動していて、コズンに「従軍できなかったランバの分も働け」と激励します。

 ギレンの前にキシリアが現われこれで早期決着が可能になったと言いますが……
 グレートデキンだけが前面に出ていたことに、もし敵に特攻されたらどうするのかとつぶやきます。
 ガルマは「我が国はすばらしい」と涙を流しますがデキンはジオンは脆弱だとひと言。

 ティアンムは目前のグレートデキンを前にしても特攻することはありませんでした。
 「我々は負けていない」と言いつつ撤退の準備を始めます。
 デキンは血気盛んなガルマを前に「戦争は恐ろしいということをわかっていない」とつぶやくのでした。

【感想等】
 放送開始時点でファーストガンダムを見終わり、昨日は∀ガンダムまで見終わりました。
 向こうだとザクさんがボルジャーノンと呼ばれていたりしますが微妙に形が違うようです。
 ルウム戦役もまた「黒歴史」の一部になっている……のかもしれません。

 リュウさんが出ていたのも驚きでしたが、モビルスーツが戦局に決定的になったことが重要なポイントかと。
 通常の3倍の動きを見せるシャアさんもしっかり実力を見せてきたのはよかったです。
 残り2話で終わるらしいですが、タイトルにある「ガンダム」が出るとすれば最後の最後でしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第10話「赤いモビルスーツ」

 オリジンの10話を見て感想を書かせていただきます。
 シャアさんがトレードマークの赤い機体に乗って活躍するお話で間違いないかと。
 兄が変な仮面を付けていることを知ったセイラさんの心中が気になります。

【内容】
 サイド5のルウムではセイラが病床のテアボロ(養父)と再会を果たしていました。
 アズナブルおじさん(本物のシャアの父)が息子に会いに行くと言って去っていきました。
 セイラは兄がシャアとして生きているのなら本物のシャアは死んだのかと苦悩します。

 ハモンの前に諜報部の男がやってきてランバとハモンに逃げろと言ってきました。
 キシリアの手の者がランバを逮捕しに現われますが、ハモンはキシリア本人が逮捕状を持ってこいと言って追い返します。
 ハモンは突然にピアノを弾いて歌い出し、セイラは気がついたら寝落ちしてしまっていたようです。

 ならず者が周囲を焼き払ってきましたが、セイラは急に覚醒したのか周囲に「戦うのよ!」と周囲に指示を出します。
 セイラは連邦もジオンも違わないと言いながら銃を撃っていましたが、養父が死亡してショックを受けます。
 アズナブル夫妻は攻撃に巻き込まれて命を落とし、赤いモビルスーツに乗っているシャアはテキサスコロニーに現われます。

 連邦軍はルウムはレビルに任せ、そのままドズルの艦隊と対峙することになりました。
 レビルはカミンガムとワッケインの艦隊を動かし、ガルマは宇宙軍配属を希望すべきだったとつぶやきます。
 シャアはルウムの特別強襲大隊に合流し、その大隊では黒い三連星が檄を飛ばしていました。

 レビルは戦争も変わらざるを得ないとつぶやき、ガルマは自分が見ているだけなのかと戸惑っていました。
 デギンは「精進して時が至るのに備えろ」とガルマに告げ、前線ではドズルの艦隊が砲撃を開始していました。
 「ここが勝負所だぞ」と叫びながら3倍の物量を持つというティアンヌ艦隊との艦隊戦が開始されますが……

 シャアは武装満載のザクで出撃し、黒い三連星もまた黒いザクで部隊を率いて出撃します。
 そして11話は7月29日に放送しますと告知が流れるのでした。

【感想等】
 4月に予習がてらファーストを見ていたのが気づいたら逆襲のシャアはおろかF91やVガンダムまで見てしまいました。
 それはそれとして言葉だけで相手を追い払うハモンさんがかっこよすぎました。
 セイラさんも急に性格が変わり、後にカイさんをビンタするファーストの彼女にかなり近づいてきたように思えます。

 ならず者が襲ってきたところはガンダムというよりもむしろ「北斗の拳」に見えてしまったのはここだけの話です。
 シャアさんがトレードマークの赤いザクさんで出てきましたが、ファーストに比べると武装が充実しているのが見て取れます。
 名前だけとはいえ(ファーストで名言を残した)ワッケインさんのお名前が出てきたのはちょっとうれしいです。

 黒い三連星の皆さんも活躍の機会(ルウム戦役)が近づいてきて急にテンションが上がってきたように思えます。
 フェアリーテイルを見てばかりいるとガルマさんのお声でナツさんのことが頭から離れませんが……
 次回はレビル将軍が捕虜になるのは確定だとしても、彼がどうやって脱出するのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第9話「コロニー落とし」

 オリジンの9話を見て感想を書かせていただきます。
 総人口の半分を死に至らしめたというコロニー落としが起こってしまいましたが……
 人間は宇宙に進出しても戦いを繰り返すのが「業」なのでしょうか。

【内容】
 ドズルは「戦争を早く終わらせるという」名目でコロニー落としを正当化します。
 雪が降っているというのは夢でしたが、外に残されていた人は次々と力尽きてしまいました。
 コロニーは地球を目指して移動を開始し、最終的に地球に大きな被害をもたらします。

 地球人口の半数を死に至らしめた「コロニー落とし」は戦いの始まりに過ぎませんでした。
 ギレンは連邦と繋がっているルウムを落とすべきと言いますが……
 デキンはギレンの責任を問いますが、ギレンは聞く耳を持ちませんでした。

 ドズルはゼナに抱かれたミネバを勢いよく掲げて親馬鹿ぶりを見せつけてきました。
 「俺は何億人ものミネバを殺した」と号泣するドズルさん。
 サスロがいて、ガルマが幼かった頃のほうが良かったと言っていましたが……

 ドズルは「俺とお前でザビ家の歴史を作る」と言い、子ども達を守ると言っていました。
 ルウムではセイラ(アルテイシア)が看護士として働いていましたが、そこにタチという男が接触してきます。
 タチは「シャア・アズナブル」という男に注意しろと言い、キャスバルは生きているといってきました。

 養父のテアボロが倒れたと聞いたセイラは言葉を失い、黒い三連星は新たなモビルスーツを見て興奮します。
 シャアは赤いザクで飛んできて、リミッターを外せと言ってきました。
 「出世したければ手柄を立てることだ」と挑戦的な態度を見せてきたシャアでしたが……

 ジャブローから出撃した連邦の艦隊はレビル将軍と合流し、一気に決着を付けようと動き出します。
 ギレンは父親や士官達を前に演説を行い、ドズルは「負ければ我々は皆戦犯だ」と言ってきました。
 連邦との戦力差は4倍とのことですが、特別強襲大隊でレビル艦隊をかく乱するそうです。

 クランプやコズンはランバの前に現われ、作戦に参加すると言ってその場を去っていきます。
 ランバは「ザビ家の奴らは人殺しだ」と言い、あいつらのために死ぬなと言い放ちますが……

【感想等】
 3つ目のオープニングは「逆襲のシャア」のテーマソングで間違いない……はず。
 少し前にはZのオープニングが流れていましたが、ここでもZZはハブられてしまったのでしょうか。
 アニメなのに「アニメじゃない」という曲はさすがに流しようがなかったのかもしれませんが……

 ファーストで「人口の半分を死に至らしめた」と言われたコロニー落としの概要が語られるお話でした。
 冷酷に徹するギレンさんと号泣するドズルさんとが対照的に描かれているのが印象的でした。
 ミネバさんがこの後(Z、ZZ、UCで)どうなったのかを知っていると複雑な気持ちになります。

 赤いザクさんも受け取ったことでシャアさんはファーストの形にだんだん近づいてきました。
 次(かその次あたり)はルウム戦役のお話で、レビル将軍が捕虜になるのは間違いないはず。
 軍を辞めてしまったランバさんがどう軍に戻るのかが気になりますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム