【アニメ感想】刻の涙を見るために「機動戦士Zガンダム(のうち37~50話)」を見ました!

 4月の「オリジン」放送をきっかけにファーストと08小隊、0080を、5月は0083からZガンダムと宇宙世紀を振り返っています。
 マーク2さんが夏服に衣替えしたと迷言を残しつつも、毎回のように出てくる可変機がかっこいいなと楽しく見てきたつもりです。
 アクシズが加わってますます混戦の様相を示してきましたが、カミーユさん達は一体どうやってティターンズに引導を渡すのでしょうか。

【まとめ(後編)】
第37話 ダカールの日(2019.5.25)
 キリマンジャロ基地からフォウを助け出したカミーユでしたが、フォウはカミーユの胸の中で息を引き取ります。
 ジェリドはカミーユ達がダカールに向かっていると考え、ハヤトは今回のクワトロはモビルスーツのパイロットではないと念を押します。
 カミーユは泣いていてもフォウは戻ってこないと割り切り、アムロはクワトロを乗せて移動することになりました。

 アムロは「大衆は常に英雄を求めている」と言い、人は変わっていくものだとクワトロを後押しします。
 カラバは事前に議会を抑える算段を付け、ベルトーチカはティターンズの士官であるアジス・アジバに助けられます。
 ティターンズはアッシマーで迎撃に出てきて、アムロ、カミーユは演説が終わるまで時間稼ぎをすることとなりました。

 議会が紛糾する中、クワトロは演説を行い、自らがかつてシャア・アズナブルと呼ばれた男だと暴露します。
 ティターンズの行いはザビ家の独裁よりも悪質であると言い、ティターンズは地球を食い潰そうとしていると断言します。
 ジェリドは通信施設を破壊に出向き、カミーユは市街地に落下しそうになったアジスのアッシマーを救助します。

 クワトロは人間は宇宙で自立しなければ、地球は水の惑星ではなくなると訴え、議員たちも彼の声に耳を傾けます。
 さらにティターンズの戦いぶりがテレビで流れ、アジスは放送施設の破壊を食い止めようとしてジェリドと取っ組み合いになりますが……
 ジェリドは「ティターンズは力だ」と議会を破壊しますが、連邦国民を敵に回すわけにはいかないと言われて撤退を強いられるのでした。

続きを読む

【アニメ感想】刻の涙を見るために「機動戦士Zガンダム(のうち15~36話)」を見ました!

 4月にファースト、08小隊、0080を、5月の連休で0083を見て、その流れでZガンダムを1日2話くらいずつ見ているところです。
 今回は映画2本目にあたる36話まで見ていきますが、映画ではカットされた部分も多くてなかなかに興味深いです。
 トランスフォーマーさんを意識したとされる可変モビルスーツがいっぱい出てくるのもわくわくします。

【まとめ(中編)】
第15話 カツの出撃(2019.5.14)
 アムロは輸送機をアッシマーに激突させ、カツもろともクワトロやカミーユと合流します。
 ブランはアッシマーの整備を急がせ、ロザミアが強化人間ゆえに同じ台詞を繰り返していることが気になります。
 ロザミアはエウーゴがコロニーを落とそうとしていると言い、ブランは地球の汚染を嫌うエウーゴはそこまではしないと告げます。

 アムロはフラウ達が日本に向かったことをハヤトに告げ、ハヤトはアムロがカツを連れ出したことに感謝します。
 カミーユがマーク2を整備していて、そこにカツがやってきて「感激しました」と言ってきました。
 クワトロはカミーユにカツを頼むと言い、カツは戦争博物館の館長をしている父の影響でモビルスーツを操縦できるそうです。

 義理の父がいるというカツに対してカミーユは父がいるだけいいと言い、アムロはクワトロがシャアだとしか思えません。
 アムロはクワトロがどうして地球圏に戻ったのかと問いますが、クワトロは「君を笑いに来た」と言って煽ってきます。
 クワトロはララァの魂は地球圏にさまよっていると言い、かごの中の鳥は鑑賞される道具でしかないと決起を促します。

 アムロは自分がガンダムで戦ったのはカミーユと同じくらいの年齢だといい、俺は一体何をやっているのかとつぶやきます。
 飛行機でカラバのベルトーチカ・イルマという女性がやってきて、カツは年上の女性が出てきたことで興奮します。
 ベルトーチカはアムロのせっけんのブランドがヘレンへレンだと言い、ニュータイプといっても普通の人なのねと言ってきました。

 連邦が近づいているからとカツが勝手にマーク2に乗って出撃し、カミーユがリック・ディアスで出撃します。
 アムロは自分はガンダムのパイロットだと言って出撃しようとしますが、急に戦いが怖くなってしまいます。
 カツは「ザクと違うから」と操縦に苦労し、ロザミアのギャプランに大いに苦戦を強いられます。

 カミーユはリック・ディアスでカツを救出し、自分のやっていることが他人の迷惑になっているのに気がつかないのかと憤ります。
 カツは背後から迫るギャプランの片足を破壊し、カミーユはそのままギャプランを撃墜しますが、どうやらロザミアは脱出したようです。
 ブランは強化人間が使い物になるのかとつぶやき、カツはハヤトに殴られ、クワトロはどうしてアムロは戦わないのかと疑問を抱きます。

続きを読む

【アニメ感想】刻の涙を見るために「機動戦士Zガンダム(のうち1~14話)」を見ました!

 ファーストガンダム、08小隊、0080を見たところで元号が変わり、0083で令和とともにティターンズが誕生しました。
 連休も終わって気合いも新たに、ファーストガンダムに続くテレビシリーズのZガンダムを見ていこうと思います。
 オープニングで2分割にしようと思いましたが、映画と比較するために3分割にしたことをこの場を借りて申し添えます。

【まとめ(前編)】
第1話 黒いガンダム(2019.5.7)
 赤いリック・ディアスを駆るクワトロ(シャア)はアポリー、ロベルトを伴って異動していました。
 カミーユはキャプテンに殴られつつも病欠理由で柔道の練習をサボって走っていきました。
 乗り物を乗り継いで宇宙港に向かうカミーユですが、爪をかむ癖を直すようにと言われてしまいます。

 カミーユは宇宙でモビルスーツの光を見て、クワトロはカミーユにアムロやララァと同じものを感じているようです。
 ブライトの船を探しに来たカミーユでしたが、ジェリドに自分の名前を「なんだ男か」と言われていきなり顔面を殴ります。
 ジェリドがカミーユの顔面を蹴り飛ばしている頃、クワトロは「やってみるさ」と言いつつコロニーに潜入します。

 コロニーに潜入したクワトロは「黒いガンダム」ことガンダムマーク2の襲撃を受けます。
 クワトロはマーク2から逃れ、さらには銃撃をかいくぐって、リック・ディアスでコロニーを脱出します。
 カミーユはエウーゴの人間だと思われて尋問を受けますが、またも暴力で解決しようとして殴られます。

 マーク2が落ちてきてカミーユはどさくさにまぎれて脱出し、母親をスルーして車でどこかに行ってしまいました。
 事故を起こしたジェリドは「始末書どころじゃないな」と言っていましたが、カミーユは「俺、どうするんだ」と反省(?)します。
 クワトロは「アーガマに動いて貰うか」と言い、信号弾のようなものを発射していましたが……

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム