【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第43話「笑顔への想い☆テンジョウVSえれな!」

 スタプリの43話を見て感想を書かせていただきます。
 2回連続のえれなさんメイン回ではテンジョウさんの過去が明かされます。
 深い因縁を持つ2人は戦いの果てにわかり合うことができるのでしょうか。

【内容】
 星空連合からノットレイダーのいる星がわかりそうだと言われたひかるは目を輝かせますが……
 分析を依頼する施設は「グーテン星」という星でテンジョウもまたこの星の出身なのだとか。
 グーテン星の人達は鼻が高ければ高いほどかっこいいらしく、鼻がないプルンスは同情されます。

 プライドが高く上から目線のグーテン星人に分析を依頼し、ひかる達はその間に観光でもしていこうかと考えます。
 テンジョウは母星に一人でやってきたものの浮かない顔をしていて、えれなもまた母親との関係に悩んでいました。
 「笑顔は仮面」だと主張するテンジョウは1人のえれなを倒そうとしたもののひかる達がやってきて変身シーンになります。

 えれなはテンジョウに攻撃を仕掛けたものの、笑顔は偽りだと言われて風で吹き飛ばされます。
 戦いでテンジョウの仮面がはずれ、彼女は鼻の短さでさげすまれてきた過去を語り出します。
 追い込まれたテンジョウは自らをノットレイダーにしてプリキュアとの最後の戦いに臨みます。

 「笑顔は仮面」というテンジョウの言葉に、えれなは自分の母親の言葉を重ねて戦意を失います。
 気がついたらえれなを除いて全員が戦闘不能になりますが、まどかは「自分を信じて」と声をかけてきます。
 えれなはテンジョウの言うとおりに自分が笑顔を作ってきたと言いつつも彼女の本心を聞いたと訴えます。

 自分を救ってくれたのは家族の笑顔であり、えれなはテンジョウを笑顔にしたと言って光り輝きます。
 えれなはトゥインクルイマジネーションを発揮させてひかるたちが動けるようになり、そのまま合体技でテンジョウを浄化します。
 テンジョウがアジトに逃げ帰ると、ダークネストは「例の計画」と意味深なことを言ってきました。

 えれなは帰宅してママと料理するのが楽しいと言い、相手に自分の気持ちを伝えるのは難しいと言って涙を流します。
 母は人のために生きることはすごいことだと言い、泣きたいときは泣いてもいいと抱きしめてきました。
 えれなは人と人がわかり合えるような手伝いをしたいと言い、両親はえれなの好きなように進めと言ってくるのでした。

【感想等】
 最終決戦を意識すべき時期になり、敵の本拠地がわかるのもその流れの一つだと思います。
 「グーテン」星は天狗のことなのは言うまでもありませんが、グーテンタークといえばドイツ語になってしまいます。
 ぼく勉では父親との関係に悩み、ここで母親との関係に悩むのは親と向き合えというメッセージでしょうか。

 学校でいじめを受けた過去があると特に、テンジョウさんの過去に同情する声もあると思われます。
 笑顔、笑顔といえばデレマスのプロデューサーさんも「笑顔です」と言っていたような気がします。
 えれなさんの純真さを見て自分がいかに穢れているかを実感しつつ、次回は少し早いクリスマス回なのでしょうか。

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」

 スタプリの42話を見て感想を書かせていただきます。
 ララさんとまどかさんのお話の後は、えれなさんのメイン回となりました。
 英語コンクールのお話で流れは決まったのかと思ってましたが……

【内容】
 まどかは留学の件を考え直し、今何をしたいのか自分の気持ちと向き合うとのこと。
 えれなは地元の高校に進学すると言い、卒業したら実家を手伝うと言いますが……
 仕事(通訳)でお世話になった方から外国のお菓子が届いて素敵だなと思います。

 母は急な仕事が入って出かけることになり、えれなは幼い妹をなだめることに。
 三者面談で担任はえれなは地元の高校以外でも狙えると言い、両親と話し合うようにと言ってきます。
 母は娘が迷っているのではと考えていましたが、ひかるやララがドーナツを持ってきました。

 母はえれなに友達と遊んでこい(意訳)と言い、えれなはプルンスが色んな星の言葉が話せるのかと聞いてきます。
 実はプルンスは通訳として星空協議会に出ていたこともあるらしいですが……
 ひかるは食べることに悩んでいて、最終的にドーナツを全部食べることにし、フワも大量に食べていました。

 まどかはえれなが悩んでいるのではと考え、困ったときは頼ってほしいと言ってきました。
 プリキュアになって色々あったと過去を振り返り、この経験を無駄にしたくないというえれなですが……
 えれなの母は親子連れを見て娘と遊んでやれなかったことを悔やんでいるようです。

 テンジョウが出てきて母親は「えれなの笑顔は本当の笑顔じゃない」などと言って闇墜ちしてしまいます。
 一同はいつもどおり変身したものの、えれなはテンジョウに「笑顔なんてうわべだけの仮面」と言われてへこんでしまいます。
 まどかは「つらいとき、苦しいときこそ笑顔になることで救われる!」とお説教をはじめます。

 えれなは「負けるわけにはいかない!」と叫んで必殺技で母親を吹き飛ばし、そのまま販促アイテムで浄化します。
 目を覚ました母は急いで家に戻り、えれなは「大丈夫だよ」と言って帰っていきますが……
 えれなは家族が自分を待っている声を聴いて気合いを入れ、笑顔を作って帰宅するのでした。

【感想等】
 時として自分を見つめ直すことは必要ですが、それが時として自分を追い詰める形になるのかも。
 ご家庭のために自分を抑えようとするえれなさんに「ぼく勉」の成幸さんがふと重なります。
 自分のやりたいことをしろと言われても、お金のことを考えるとなかなか難しいのかもしれません。

 えれなさんのお母さんもそうですが、マスコット扱いのプルンスさんが実はすごい人だったのも驚きでした。
 親子関係があまりよくない身としてはえれなさんのシリアスな表情に押しつぶされそうになりました。
 プリキュアになって母親の闇を祓いたいなと思いつつ、ここまで来たら最後までしっかり見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第41話「月よ輝け☆まどかの一歩!」

 スタプリの41話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はララさんが覚醒して今回はまどかさんが覚醒する番でしょうか。
 まどかさんが父親に自分の意見を言うのではないかと思います。

【内容】
 まどかは「ララはわたくしたちの友人です」と父親に言い放ち、次の日、父は娘に口をきかなくなりました。
 トゥインクルイマジネーションがすでに2つとなったダークネストはガルオウガを地球へと差し向けます。
 まどかから桜子へ生徒会が引き継がれますが、冬貴が口を開けば突然「留学」という単語が出てきます。

 冬貴は中央に返り咲こうとしたのがうまくいかなかったそうで、言われたとおりに動いてきたそうです。
 まどかがアームストロング船長の言葉を和訳するところは微妙に間違ってしまいました。
 ユニが出てきてドーナツを食べる一方で、えれなは困った時があれば相談してほしいと言ってきます。

 まどかの「月」という例えはえれなの「太陽」に対応するものですが、これからも父についていっていいのかと迷います。
 えれなはまどかの笑顔が「輝いてる」と言い、まどかは自分の笑顔はみんなのおかげだと言ってきます。
 まどかとえれなが話をしていたものの、ガルオウガがやってきたのでいつもどおり変身して戦闘を開始します。

 ガルオウガは空間移動を駆使してプリキュア5人を一蹴します。
 まどかにはダークネストのために全てを捧げてきたという敵に父親の姿が重なったようです。
 「もう自分に嘘はつかない」と言った途端にトゥインクルイマジネーションが発動します。

 まどかの全力の一撃がガルオウガをたじろかせ、いつもどおり合体技で敵を退けます。
 その夜、まどかはひかる達と交流を続けると言い、わからないからこそ自分で見つけたいのだと言ってきました。
 冬貴は妻にまどかの反抗が「成長」だと説得され、まどかは己の小さな一歩を踏み出すのでした。

【感想等】
 少し前に放送された「ぼく勉」でも海外留学のお話になったのはただの偶然でしょうか。
 ララさんが整合騎士とかまぞくとか言っていましたが、フワさんも実は整合騎士の一人だったようです。
 終盤になって尺も限られる中、ユニさんが転校してくるお話はもうないのだろうなと思います。

 常に親の期待に応えてきたまどかさんと何も出来なかった自分を比較するともやもやしてきました。
 トゥインクルイマジネーションというものがいまいちよくわかりませんが、セブンセンシズみたいな感じなのでしょうか。
 なりたい自分にはまだまだ遠いなと思いつつ、残りのお話も見続けていければと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第40話「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」

 スタプリの40話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のラストでまどかさんのお父さんが出ていましたが、まどかさんの回ではなさそうです。
 ララさんは宇宙人だとバレて学校にいられなくなってしまうのでしょうか。

【内容】
 ララは身だしなみを整えて登校し、すっかり「ルンちゃん」として定着していました。
 まどかの父である冬貴(内閣府のえらい人)がやってきて、アブラハム監督もなんとかフォローしようとしますが……
 冬貴はロケットは映画の撮影だと言いつつも、ララの尻尾をつかんでみせると言って去っていきます。

 冬貴は桜子に接触してきたかと思えば、次の日にはクラスメイトが急によそよそしくなりました。
 ララはその空気に耐えきれずに外に出ていき、ひかるは「ララが何かしたの?」と大いに疑問を呈します。
 桜子は最近の異変はすべてララが関係しているのではないかと冬貴に言われたと言ってきました。

 ひかるは異変が起こったのはララが来てからだと言われ、ララは宇宙人なのではないかと言われて言葉を失います。
 一連の会話を聞いたララは涙を流しながら走っていき、その脳裏にカッパードの「今に裏切られる」という言葉が浮かびます。
 ひかるはララに抱きついて「ララはララだもん!」と言ってきましたが……

 カッパードがUFOで出てきてクラスメイトを追いかけ回し、わざわざララが宇宙人だと暴露してきました。
 「異星人同士でわかり合えるわけがない」と言われてもララはそれでも周りが優しくしてくれたと言って反論します。
 ララだけでなくひかる、まどか、えれな、さらにはユニも出てきて公衆の面前でプリキュアに変身します。

 カッパードがクラスメイトから歪んだイマジネーションを手に入れようとしますが、ララは2年3組のララだと叫びます。
 クラスメイトは急に掌を返して応援をはじめ、カッパードは仕方ないので父親の方から歪んだイマジネーションを引っ張り出します。
 ララはそれでもクラスメイトを守ろうとし、みんながありのままの自分を認めてくれたんだと訴えてきました。

 トゥインクルイマジネーションに目覚めたララは必殺技で冬貴を浄化してカッパードを退散させます。
 桜子はララは宇宙人じゃないと訴え、まどかもまたララは友人だと言って父親を黙らせます。
 ララは触覚(?)を出して挨拶してきて、その光景を見たプルンスは急に涙ぐんでしまうのでした。

【感想等】
 ララさんが宇宙人でも他人に迷惑をかけていなければ特に問題はないと思います。
 中の人的にはミグミグ族だったりまぞくだったり整合騎士だったりと色々とお忙しいようですが……
 まどかさんのお父さんが娘よりもララさんに着目してきたのはちょっと意外です。

 朝からいじめっぽいのを見てもやもやしてしまい、見ている方がノットレイダーにされそうな感じがします。
 ひかるさんがララさんにハグしてきたところでふと身内のことを思い出してしまいました。
 ララさんのようにいつかは自分のありのままを認めてもらえる社会が来ることを切に願う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第39話「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」

 2週間開いてプリキュアさんの39話を見て感想を書かせていただきます。
 特に何も書かなくてもサブタイトルが展開を物語っていますが……
 学校側は何を思ってテンジョウさんを先生だと言い切るのでしょうか。

【内容】
 ユニがトゥインクルイマジネーションを見つけてよかった……と思っていたらスタープリンセスの呼び出しを受けます。
 プリンセスはユニが目覚めた力はトゥインクルイマジネーションだと言い、一人一人が目覚めると言ってきますが……
 校長先生はえれなを学校対抗の英語スピーチコンクールの校内代表だと言い、テンジョウが改めて地球に出撃します。

 テンジョウは変身前のプリキュアに近づこうと考え、校長先生に近づいてコンテスト優勝間違いなしだと言い出します。
 「ジョー・テング」なる英語の特別講師が出てきて、宇宙に目を向けなさいとスケールが大きなことを言い出します。
 生徒を「コマちゃん」と言い出す時点で先生の正体は言うまでもなく、えれなに校内を案内してくれと言ってきました。

 えれなは自分の家庭の事情を語り出しますが、テンジョウは自分の国はと聞かれて「なんでもない」とひと言。
 太陽のような笑顔を見たテンジョウは思うところがあるらしく、途中で変身アイテムの効力が切れてしまいます。
 えれなのスピーチを見たテンジョウは人を嫌いになったことはないのかと問い、えれなは小学生時代を思い出します。

 テンジョウは怒りや哀しみをさらけ出すことで人の心を打つスピーチが出来ると言い、その笑顔を消し去ってやるとのたまいます。
 スピーチ本番、えれなは小学生の頃、どうして自分だけが違うのかと気にして笑顔を失ったことがあると言い出します。
 誰ともわかり合えないような気がすると言いつつも、ハグしあう自分の家族を見ていて世界に一つだけの宝物だと言ってきます。

 互いの違いを見つけたえれなは他人と笑顔で接するようになったと言い、これからも交流を深めていくと結論づけます。
 ぶち切れしたテンジョウは「そんなのまやかしよ!」「人はうわべだけ」だと言い放ちますが……
 えれなは先生がテンジョウと知ってショックを受け、校長先生がノットレイダーとして出ればいつもどおり変身シーンが続きます。

 テンジョウはえれなの笑顔がいらだつと言い、えれなはむしろアドバイスのおかげでスピーチが出来たと言い出します。
 「笑顔には人と人をつなぐ強い力があると校長先生をぶん投げ、そのまま流れでひかる達が必殺技を撃って先生を浄化します。
 えれなはスピーチコンテストで優勝し、局長(まどかの父)は映像でプルンスの姿を発見するのでした。

【感想等】
 残り10話前後になりましたし、1人1話でトゥインクルイマジネーションを見つけてそのまま最終決戦でしょうか。
 何の違和感もなく授業をしているところを見ると、テンジョウさんはもう教職に進まれた方がいいのかも。
 メインキャラが自分の道を見つけていく一方で、敵キャラも自分の立ち位置を見つけて更生すればいいと思います。

 えれなさんの言うことも素敵なのですが、テンジョウさんの言わんとすることもわかってしまうかも。
 敵(?)のアドバイスでスピーチを成功させた……というのはなかなか面白い展開でした。
 ユニさん、えれなさんに続いて次回はまどかさんが父親と対峙するお話……なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム