【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第20話「銀河に光る☆キュアコスモ誕生!」

 プリキュアさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は放送がなかっただけに、待たされた感がありましたが……
 コスモを燃焼させればいずれはセブンセンシズに目覚めるのでしょうか。

【内容】
 ひかる達はブルーキャットにフワとプリンセススターカラーペンを取り戻すために移動を開始します。
 アイワーンの前にカッパードが現われて後は自分に任せろと言ってきましたが……
 フワは捕まっているはずなのに全く怖がらず、緊張感もなくおなかがすいたと言ってきました。

 ひかる達はブルーキャットに追いつきますが、ブルーキャットは煙幕で逃げようとしてきました。
 意を決したひかる達は合唱と共に変身し、ブルーキャットと戦闘を開始します。
 動きを封じられたひかるはドロップキックを受けますが、えれなは「もうやめよう……」と相手を説得しようとします。

 ブルーキャットはペンとフワがいれば強大な力が手に入ると言い、ひかるの姿になって逃げようとします。
 ひかるもまたブルーキャットを説得しようとしますが、ブルーキャットは星のみんなを救いたいのだと訴えてきました。
 元の姿に戻ったブルーキャットは変化の能力を持った自分達が恐れられていたと言い出します。

 レインボー星は元々は豊かな星であったそうですが、アイワーンがプリンセスの鍵を奪いにやって来ました。
 アイワーンの実験によってブルーキャットを除く全員が石化してしまい、ブルーキャットは仲間を戻すために旅に出たそうです。
 ひかるはペンダントを奪わなかったのは自分達を思ってのことだと考えますが……

 アイワーンは自らをノットリガーにし、自分を裏切ったブルーキャットに攻撃を仕掛けます。
 ひかる達4人はアイワーンに苦戦を強いられ、ブルーキャットはどうして戦うのかと問いかけてきました。
 ブルーキャットはひかる達の前に立ち、みんなを救いたいと叫べばフワが変身アイテムを出してきました。

 歌って「キュアコスモ」に変身したブルーキャットはたちまちにアイワーンを投げ飛ばしてしまいます。
 5人を同時に相手することになったアイワーンはどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 ブルーキャットさんが追加戦士というのを想定していた人はかなりいたと思います。
 十二星座に続いて「コスモ」などと言われるとますます聖闘士星矢のことを考えてしまいます。
 最後は闇墜ちしたプリンセスが守る十二宮を突破することになるのかもしれません。

 アイドルをしたり怪盗をしたり、さらにはアイワーンさんに近づいたりと、これだけがんばっているのは立派でした。
 キュアコスモさんの変身シーンで、一瞬だけ舌を出すところが可愛いなと思いました。
 仲間に裏切られる形になったアイワーンさんは次回で浄化されて善人になる……ということでいいのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第19話「虹の星へ☆ブルーキャットのヒミツ!」

 プリキュアさんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 何度も絡んでくるブルーキャットさんはやはり追加戦士ということでいいのでしょうか。
 スター、ミルキー、ソレイユ、セレーネの後はどんな名前なのかも気になりますが……

【内容】
 ひかる達は宇宙へと向かい、おじいちゃんはそれを不審な様子で眺めていました。
 惑星レインボーと聞いたひかるはブルーキャットのことを思い出しますが……
 アイワーンはバケニャーンを伴ってプリンセススターカラーペンを奪いにやってきました。

 惑星レインボーの人々が石像になっていてひかるは呆然とします。
 偶然にも洞窟を発見したので先に進むとそこにはドラムスからブルーキャットが奪ったお宝がありました。
 そしてその中にはプリンセススターカラーペンがありましたが……

 アイワーンが出てきたのでひかる達は早くも合唱してプリキュアに変身します。
 降伏を勧告するララでしたが、アイワーンがこの星の人々をみんな石にしてしまったのだとか。
 ペンを奪いに来たアイワーンがダークペンを使ってこうなってしまったそうですが……

 アイワーンはフワをノットリガーにすると言いますが、バケニャーンがそれを止めてきました。
 フワはバケニャーンがブルーキャットの匂いがすると言い、バケニャーンはブルーキャットの姿になります。
 ブルーキャットが元々バケニャーンに化けていたと知ってアイワーンは憤ります。

 レインボー星人の一人であるブルーキャットは仲間を元に戻すためにずっとアイワーンの元にいたのだとか。
 アイワーンはダークペンで石化したレインボー星人をノットリガーにしてしまいます。
 「たかが石像一つ」と煽ってくるアイワーンに対して、ララはこの星の人々はデータや数字じゃないと反論します。

 ブルーキャットはまぶしい光を発して相手の隙を作り、ララはその間にペンを奪い取ることに成功します。
 双子座のペンでの攻撃から合体攻撃でアイワーンを退散させる一同。
 助け出された双子座のプリンセスは「ありがとうプリキュア」だけしか台詞がありませんでした。

 ひかるは惑星レインボーを元に戻すことに協力すると言いますが、ブルーキャットは煙玉を出してきました。
 サザンクロスショットでも戻せなかったと言われ、気がつけばフワとプリンセススターカラーペンを奪い取られます。
 8本のペンを手に入れたブルーキャットはこれでどうやって母性を救おうとしているのでしょうか。

【感想等】
 一瞬、ブルーキャットをブルーレットと入力しそうになったのはここだけの話です。
 レインボーというお名前からもっとロマンチックなお話を期待していたはずなのですが……
 アイワーンさんが悪党すぎてごちうさのメグさんと同じ人だとは思えません。

 開始7分前後で変身という早い展開に驚いた視聴者は私だけではないかも。
 バケニャーンさんがブルーキャットさんだったなんて(棒読み)……
 レインボー星人という設定が加わったことで彼女の戦う目的が見えてきたのは良かったです。

 人間はデータや数字じゃないという言葉に反して、現実はあらゆる数字に動かされている事実がのしかかります。
 せっかく8本手に入れたペンも全部奪われてしまっては取り戻すしかないかと。
 次回は待ちに待った追加戦士が出てくるようですが、最後はセブンセンシズに目覚めるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第18話「つかめ新連載☆お母さんのまんが道!」

 プリキュアさんの18話を見て感想を書かせていただきます。
 ひかるさんのお母さんが漫画家さんだったのは今回初めて知りました。
 このご時世、専業主婦だと食べていくのは難しいのでしょうか。

【内容】
 ひかるの母親・輝美は漫画を書いていて、そこに出版社から電話が入ります。
 血相を変えた母親に驚くひかるですが、話を聞くと来月の「月刊あさがお」に掲載が決まったそうです。
 うれしそうな母娘を見つめる祖父の顔色が妙に厳しそうに見えますが……

 オープニングの後、ララは「漫画は面白い」と言っていましたがどう見ても逆さでした。
 ひかるは母親の漫画が好きだと言っていましたが、母は全くアイデアが浮かばずに苦労していました。
 急に決まった話だからアシスタントもいなくててんてこ舞いになっているそうです。

 話を聞いたララ達は自分達が手伝うと言いますが、お母さんは涙目で「才能がないかも……」と泣き崩れます。
 ララの語尾「ルン」を聞いた母は急にひらめいて「星空少女ルンちゃん」なる漫画を思いつきます。
 そこにやってきた担当編集の「追川夢男」はSFはウケないと反論し、今日中にネームを見せてくれと言ってきました。

 追川は母の得意とするSFやファンタジーだと連載は勝ち取れないと言われ、売れるものを書けと言ってきました。
 まどかとえれなは医者に扮して創作意欲を刺激しますが……
 母は売れる漫画を書いて連載を勝ち取ると言い、ひかるは世界中を飛び回る父親にも読ませてあげたいとひと言。

 ひかるはかつて母親が書いてくれた漫画を出してきて、幼い頃に男の子に馬鹿にされたことを思い出します。
 そのとき、母は好きなものが人と違ってもいい、ひかるが好きなものはそれ自体が宝物だと言ってきました。
 ひかるはそんな母親を応援し、母親も無事に漫画を書きあげることに成功しますが……

 編集部と打ち合わせに行ってきた母は「連載なんてほど遠い」と言われて落ち込んでいました。
 連載が持てなければ漫画家は続けられないという母親の前にテンジョウが現われ、母は敵になってしまいました。
 ひかる達は合唱して戦闘を開始し、母親の漫画が好きだと言って説得していきました。

 合体技で母親を浄化してテンジョウを退散させ、母は自分の書いた漫画を見て初心を思い出します。
 母と娘が意気投合する様子を見たララ達は安心し、ひかるは色々なポーズを取って改めて連載を目指します。
 担当編集は以前の言葉を撤回して頭を下げ、自分の面白いと思った心を大切にすると誓うのでした。

 そして、ブルーキャットはプリンセスの力を手に入れて何をしようとしているのでしょうか。

【感想等】
 ブルーキャットさんはひとまず打ち止めとして、今回はひかるさんのお母さんのお話になりました。
 前作が「アニマエール」難民の救済なら今作は「こみっくがーるず」難民の救済……なのでしょうか。
 現実問題として売れる物を作ろうとしても売れるとは限らないのが難しいところだと思います。
 
 やりたいことを書くのか、売れるものを書くのかというのはあらゆる分野に通じるテーマだと思われます。
 担当編集が被害者になると思っていただけに、母親がそうなってしまうのはかなりの衝撃でした。
 親をやりながら仕事をこなしていくのは予想以上に大変なことなのは言うまでもありませんが……

 オタク趣味が一部メディアで悪く言われる今日ですが、好きなことが人と違ってもいいと言ってくれたのはよかったと思います。
 次回予告を見ると再びブルーキャットさんがお出まししてくれるようですが……
 ブルーキャットさんが5人目なのは確定だとして、プリンセスの一人という予想が当たるのかはちょっと気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第17話「敵?味方?ブルーキャットの探しモノ☆」

 プリキュアさんの17話を見て感想を書かせていただきます。
 15話で出てきたブルーキャットさんがまたもひかるさん達に絡んできたようです。
 彼女が5番目の戦士になる日も近い……のでしょうか。

【内容】
 ひかる達は乙女座のプリンセススターカラーペンを求めてゼニー星に再びやってきます。
 ブルーキャットが颯爽と現われ、目の前の屋敷がドラムスの屋敷だと説明してきました。
 ドラムスが宇宙中から買い集めたお宝が保管されていて、その中にペンもあるらしいのですが……

 ブルーキャットは協力を申し出、青春をもてあそばれたプルンスは反対を貫きます。
 とりあえずドラムスと交渉しようとしますが、ドラムスはむしろ自分がプリンセスの力をいただくと言い出します。
 ひかる達は罠にかかりますが、ブルーキャットはマオちゃんになってプルンスを仲間に引き入れます。

 えれなをおとりにしたブルーキャットはプルンスをロープにして仕掛けを破壊し、そのまま先に進んでいきます。
 ひかるはどうしてブルーキャットが自分達のことに詳しいのかと質問しますが……
 今度はドラムスの私設軍隊「ドラゴン兵団」なる敵が出てきますが、さすがに逃げるしかありませんでした。

 ブルーキャットがドラムスに化けてドラゴン兵団を追い払い、別に貴女達のためじゃないとツンデレを見せます。
 今度は三つの首を持つ「宇宙ケルベロス」が出てきましたが、ひかるに抱きつかれて倒されてしまいます。
 扉を開くと財宝があって、プリンセススターカラーペンもありましたが、ブルーキャットは虹色に光る宝石が気になるようです。

 ブルーキャットはカプセル倉庫にお宝を入れていましたが、そこにドラムスが登場して最後のトラップが残っているとひと言。
 竜の像が動き出してブルーキャットがレインボーの宝以外の宝を貧しい人に与えているという事実が判明します。
 ひかる達はプリキュアに変身してブルーキャットの笑顔を守ろうとし、ブルーキャットもまたドラムスに迫りますが……

 カッパードが現われてドラムスを倒し、ヌンチャクでプリンセススターカラーペンを奪い取ろうとします。
 えれなは「乙女座」のペンを受け取ってやっぱりシュートで相手を攻撃し、最後は合体技でカッパードを追い返します。
 ドラムスはもう巻き込まれたくないと言ってペンを渡し、自分の負けだからと他のお宝も気前よくくれました。

 ひかる達はブルーキャットのせいでドラゴン兵団に入れられそうになりますが……
 ブルーキャットは「最後に笑うのは私よ」と意味深な発言をしてくるのでした。

【感想等】
 ブルーキャットを直訳すると「青い猫」ということでフェアリーテイルのハッピーさんが頭に浮かびました。
 そういえば釘宮さんは昔プリキュアに出演されていた……はず。
 ブルーキャットさんが5人目なのは確定としてプリンセスの一人という説もちょっと考えてしまいます。

 男性のドラムスさんがプリンセスの力を手に入れてどうするのかと思わず突っ込んでしまいます。
 一個人が私設軍隊まで持っているところを見ると宇宙の治安は相当に悪いのでしょうか。
 まあ、ノットレイダーなる敵が出ている時点で宇宙は平和にはほど遠いだろうとは思いますが……

 ケルベロスさんを犬扱いしてしまうひかるさんは大物……という結論でいいのでしょうか。
 ブルーキャットさんも義賊設定でいい人っぽいですし、ドラムスさんも意外と潔い人なのかもしれません。
 次回は漫画家さんのお話らしいのですが、まさかの「こみっくがーるず」難民の救済なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スター☆トゥインクルプリキュア 第16話「目指せ優勝☆まどかの一矢!」

 プリキュアさんの16話を見て感想を書かせていただきます。
 前回も見事な采配を見せたまどかさんですが、今回も彼女が活躍するお話のようです。
 常に完璧なところを見せる彼女が時々心配になりますが……

【内容】
 まどかは「全国弓道王大会」の決勝に進出し、父親(冬貴)の為に勝ちたいと宣言します。
 宇宙人を調査している父の邪魔をしているのではないかと考えますが……
 桜子は年齢制限のない弓道大会の決勝戦は強敵揃いでまどかの天下が終わるのではと考えます。
 
 冬貴は「弓道は自分と向き合うものだといい、最後に頼れるのは自分だけだと言い放ちます。
 那須ゆみかは今年初出場の強敵でしたが、応援なんて集中の邪魔と言ってきました。
 そこにまどかの母親がやってきますが、父親の方はまだ到着していませんでした。

 最終戦が行われますが、まどかは「応援なんて邪魔」というゆみかの言葉がどうしても気になります。
 まどかとゆみかが皆中(?)で勝負を付けることになり、ゆみかはまどかが友達ごっこをしていて弱くなったと言い放ちます。
 アイワーンはプリキュアからプリンセスペンを根こそぎ奪ってやると言っていました。

 ひかるはまどかの力になりたいと考え、フワがフォーチュンカプセルメーカーという販促アイテムを出してきました。
 これでまどかのためにお守りを作り、そのままえれなが作った弁当を食べようと言ってきました。
 アイワーンはゆみかに「強がっているだけ」だと言い放ち、ゆみかは敵になってまどか達の前に立ちはだかります。

 ひかるたちは毎度のように変身して戦闘を行いますが、まどかはついにキレてしまいます。
 射手座の一撃で相手の弓を弾き飛ばし、いつもどおり合体技でゆみかを元に戻してアイワーンを退散させます。
 優勝決定戦が始まる頃にはまどかの父親も応援席にやってきていました。

 まどか、ゆみかは次々と的に命中させていき、父親の「最後に頼れるのは自分だけ」という言葉が聞こえてきます。
 次第に疲れが見えてきたまどかではありましたが、みんなの応援を力に最後の一矢を命中させます。
 優勝したまどかは「来年もまたここで会いましょう」と熱い握手を交わしてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 「まどか」というお名前で弓というとまどマギがどうしても頭から離れませんでした。
 弓道というと少し前に「ツルネ」というアニメがありましたが……
 前回も言いましたが「一矢」は「いちや」ではなくて「いっし」の間違いだと思います。

 中学生の大会でなくて年齢制限のない大会にする意味がよくわかりません。
 シリアスムードになるはずが、桜子さんのおかげでちょっと楽しい気持ちになりました。
 今まで母親が出てこなかったので片親だとばかり思っていたのは内緒です。

 子供向けの作品ゆえにまどかさんが勝つ展開とゆみかさんが敵になるのは概ね想定内でした。
 ぼっちのゆみかさんが勝ったらそれはそれで面白かったのかもしれませんが……
 次回はまたブルーキャットさんと絡むそうで、彼女が追加戦士になる可能性が高まったように思えます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム