【アニメ感想】ワンパンマン 第24話「弟子の尻拭い」

 ワンパンマンの2期最終回もとい24話を見て感想を書かせていただきます。
 ガロウさんとバングさんとの戦いでどうやら終わりになってしまうようです。
 怪人教会を倒して2期が終わる……と推測していたのはあまり考えないでほしいです。

【内容】
 バングはかつての弟子であるガロウに激しい一撃を浴びせ、そのままとどめを刺そうとします。
 お兄ちゃんは怪人を倒してあとはガロウだけだと言って追い込んでいきますが……
 怪人教会はガロウは絶望的だと分析し、ガロウは容赦ない一撃を受けながら過去のことを思い出します。

 幼少期のガロウは「お前が怪人になれ」と言われていじめを受けたことを思い出します。
 ガロウはたっちゃんに反撃したらどう責任を取るんだと先生に怒られます。
 怪人役を強いられるヒーローごっこに理不尽さを感じたガロウは足蹴にされて反旗を翻したそうです。

 最後の意地を見せたガロウはその拳で地面を割り、そこに怪人教会の鳥人間(?)が出ていって彼を連れていきます。
 ジェノスはガロウを撃ち落とそうとしますが、ムカデ長老が出てきてその攻撃を受け止めてきました。
 バング達は巻き込まれたヒーローを救助し、そのまま「大災害そのもの」と言われるムカデ長老と戦おうとしますが……

 ムカデ長老と互角に戦えるのはタツマキ、メタルナイト、キング、ブラストの4人だけであるとのこと。
 ブラストに復讐するために怪人教会に入ったムカデ長老はバング達を全滅させるとのことですが……
 バングはお兄ちゃんと攻撃を仕掛けてムカデ長老は粉みじんにはじけ飛ぶ……はずでした。

 ムカデ長老は脱皮して攻撃を切り抜け、ジェノスは自分がムカデ長老と戦うと言ってきました。
 ジェノスはムカデ長老に体を真っ二つにされながらも、再びくっついて必殺の一撃を浴びせていきました。
 内部からの攻撃でムカデ長老は今度こそ倒されたかと思われましたが……

 ガロウは「こんな決着は不本意なだけだ」といい、自分が恐怖の象徴になると言っていました。
 バングはジェノスを背負って逃げていき、ジェノスは自分は見ていることしか出来ないのかとつぶやきます。
 キングはブラストを連れてきたと言ってムカデ長老を挑発し、最後はサイタマが一撃で長老を粉砕します。

 ジェノスは自分に足りないものは何かと聞き、サイタマは「パワーじゃないの?」とひと言。
 サイタマは「帰るか」といい、オープニングテーマが流れますが……
 そして、ガロウは怪人教会へと連れていかれてどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 2期はキングさんのお話でもあり、ガロウさんのお話でもあった……のかもしれません。
 バングさんが強いのは知っていたものの、ここまで強いとは想定外でした。
 ガロウさんの過去はいじめとしか言いようがなく、彼が憤る気持ちはわからなくもありません。

 ムカデ長老さんが2期のラスボスとなり、怪人教会は(あれば)3期にお預けとなってしまいました。
 サイタマさんは相変わらず圧倒的に強く、彼なら怪人教会だろうと誰でも倒せると思いますが……
 3期があるとしてガロウさんが怪人細胞を食べさせられて戦うことになったりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ワンパンマン 第23話「それぞれの矜持」

 ワンパンマンさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 窮地に陥ったガロウさんがどうやってこのピンチを乗り切るのか気になります。
 怪人協会との戦いはどんな形で決着を迎えるのでしょうか。

【内容】
 8人のヒーローに囲まれたガロウですが、S級がいない寄せ集めではテンションも上がらないと言い放ちます。
 ヒーロー達はランキングは絶対ではないと言い、ガロウを倒して実力を知らしめようとしていました。
 ガロウは目の前のヒーロー達は「階段」と考え、一段ずつ上がってやると言っていましたが……

 幼少期から怪人を推していたガロウは負けてきた怪人が悔しかっただろうなと思いを抱いていました。
 ガロウは毒がまわりながら次々とヒーローを返り討ちにしていきますが……
 メガネはサイタマに「挫折している暇があったら前に進んだ方がいい」と言われたことを思い出します。

 ガロウは小屋の中には子供がいると言い、怪人が勝つ瞬間を見ておけと叫び出します。
 子供を守りながらデスガトリングの全弾を受けきり、S級を呼んでおけばよかったなと言い切りますが……
 デスガトリングはA級は2軍ではないと言わんばかりに攻撃を仕掛けたものの一蹴されます。

 子供はガロウに恐怖して逃げていき、そこにパワーアップしたジェノスが現われます。
 ジェノスはすかさずガロウに襲いかかり、ガロウもまた自慢の拳法で対抗します。
 サイタマはキングとゲームをしていましたが、動きが単調だよねと言われてしまいました。

 キングはゲーム機本体ごと貸すから練習してこいと言い、家の周りに怪人がいっぱい死んでいるのが気持ち悪いとひと言。
 サイタマは「大丈夫だろ、ジェノスなら」と言いつつも自らも出撃することになりました。
 ガロウは番犬マンの動きをトレースしてジェノスの腕を奪ったもののロケットパンチで首をつかまれてしまいます。

 ジェノスは「お前のような小者に手間をかけている暇はない」と言いますが、ガロウは攻撃をかいくぐってきました。
 髪の毛を真っ赤にしたガロウの前に怪人協会が現われてスカウトしにやってきました。
 ジェノスは怪人協会を倒しつつ「どんな怪人も倒せない最強のヒーローが存在する」と言い放ちますが……

 バングが現われて元弟子を蹴り飛ばし、お兄ちゃんが残った怪人と戦闘を繰り広げます。
 ガロウはバングに弟子入りしたことを思い出していましたが……
 果たしてガロウはかつての師匠を乗り越えることが出来るのでしょうか。

【感想等】
 よってたかって一人を取り囲むヒーローの姿を見て、どちらが悪役なのかわからなくなってきます。
 ランキングは絶対ではないというのはサイタマさんの扱いを見ても一理あるかと。
 サイタマさんが実力相応の評価を受けていたらお話はぜんぜん違っていたと思いますが……

 互いの意地と意地がぶつかり合うところ、さらにはジェノスさんとの戦闘は見応えがあるものでした。
 怪人協会がスカウトしてくるのも拒否するのもなんとなくわかっていましたが……
 話数的には次回で最終回らしいですが、怪人協会とは決着がつかないまま終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ワンパンマン 第22話「正義の包囲網」

 ワンパンマンさんの22話を見て感想を書かせていただきます。
 怪人協会がおそらくラスボスと考えられますが、他にもガロウさんという強敵がいました。
 まずはそちらからあたるということなのだと思いますが……

【内容】
 サイタマとキングはゲームで遊んでいましたが、何度やってもサイタマはキングに勝つことが出来ませんでした。
 「クソゲーだ!」と叫んでいたサイタマでしたが、キングが持っていた支給品の端末が気になります。
 自分がボタン操作を苦手だと言われたサイタマは怒って今度こそは(ゲームに)勝つと言っていました。

 ヒーロー協会には怪人協会「ギョロギョロ」からのメッセージが届きます。
 ギョロギョロはこれから怪人に構わないでほしいと言ってきました。
 もう一般人を襲うことはないから安住の地を確保してほしいと言い出しますが……

 ヒーロー協会は今後怪人に手を出さないと宣言しますが、幹部を銃撃されては交渉になりませんでした。
 怪人協会は3日の猶予を与えるから人質を救助に来いと言ってきました。
 残された寄生怪人はS級ヒーロー16位のクロビカリにあっさりと倒されてしまいました。

 クロビカリは肉体美を見せつけ「ついに俺が輝くときが来た」と言っていました。
 ギョロギョロは総力を挙げてヒーローを叩き潰し、ヒーローを撲滅して人類を滅亡させようとしていました。
 負けたと言われた覚醒ゴキブリはその場でオロチに食べられてしまいました。

 オロチはゴウケツの姿がないことが気になり、様子を見にいったら無惨な死体になっていました。
 怪我をしたガロウは一旦去っていき、ジェノスはクセーノ博士によって新しい体を作って貰っていました。
 「負けても生きてさえいればいい」という博士は本気でジェノスを心配しているようです。

 テレビや新聞では怪人協会からの宣戦布告が報道されていました。
 メタルナイトは作戦への協力を拒否して単独行動を起こし、怪人達は怪人協会へ参加しようとしていました。
 サイタマはその怪人達を倒しながらゴミを捨てに向かっていました。

 ボロボロになったガロウは子ども達の秘密基地で眠っていて、そこにヒーロー名鑑を持っていた少年がやってきます。
 ガロウはしばらくしたら別の場所に行くと言い、周りに馬鹿にされない方法を教えてやると言いますが……
 デスガトリング等ヒーローがやってきてガロウを包囲している頃、ガロウは馬鹿にされないためには強くなれと言ってきました。

 ガロウはヒーロー名鑑を見て相手の戦力を伺っていましたが、満身創痍では苦戦を強いられそうです。
 小屋から出たガロウは「お前らで100人突破だ!」と叫び、次々とヒーローを倒していきます。
 ガロウは名鑑の情報を元に敵の攻撃をかわしますが、ヒーローの数はあまりにも多く、更には毒矢を受けてしまいます。

【感想等】
 終盤にもかかわらずキングさんとサイタマさんが遊んでいるシーンがすごく楽しそうでした。
 いっそ怪人協会とはゲームで決着を付けられればよかったのですが……
 クロビカリさんが自分の肉体美を見せるのは単なる趣味のようにしか思えません。

 自称怪人のガロウさんですが怪人細胞を食べて本当の細胞になる可能性はなさそうです。
 「負けても生きてさえいればいい」という博士のお言葉は深いと思います。
 怪人協会がラスボスなのは確定だとしてもサイタマさんが負ける気が一切しません。

 「馬鹿にされないためには強くなれ」とのことですが、強さとは一体何をさすのでしょうか。
 戦闘能力の上では最強のサイタマさんもキングさんにはゲームで勝てなかったりしますし……
 次回はガロウさんが決着を付けて、最後は怪人協会に殴り込んで終わりだと思われます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ワンパンマン 第21話「最強の悩み」

 ワンパンマンさんの21話を見て感想を書かせていただきます。
 先週は災害レベル神……もといテニスのおかげで放送そのものがありませんでした。
 出番を遅れさせられたサイタマさんがどんな形でうっぷんを晴らすのでしょうか。

【内容】
 「助けを呼ぶ声、聞こえたぜ」とサイタマはスイリューに代わってバクザンと戦うことに。
 バクザンは今度こそ必殺技の餌食にしてやると攻撃をしてきますが、サイタマには全く通じていません。
 最後は「ダメだ思い出せねえ」といい、上半身を吹き飛ばしてやっつけてしまいました。

 サイタマは自分が武術を体験したくて身分を偽って大会に参加したと告げます。
 要は「暇だった」と言われたスイリューは唖然とし、外には怪人協会が暴れ回っていると忠告します。
 ジェノスはサイタマやS級ヒーローを集めて事態に対処しようとし、スイリューはゴウケツに勝てないと言いますが……

 スイリューはサイタマはここで死ぬべき人間ではないと言って涙を流し、そこにゴウケツの首が飛んできました。
 「弟子にしてくれないか」というスイリューをあっさりと断ってきたサイタマさん。
 プリプリプリズナーは全裸で戦闘していて、血まみれになりながらも相手をハグでやっつけてしまいました。
 一斉に怪人が消えてしまったと聞いたサイタマは相手の目的が何なのかと考えます。

 サイタマは自分が大切な何かを忘れているのではないかと考え、そこにキングが自転車でやってきました。
 「まだこれから生えてくるかもしれない」と言ってきましたが……
 サイタマは自分が強くなりすぎたと言いますが、キングは孤独なら友達なら作ればどうかと言ってきました。

 キングは「人生はあてのない旅」だといい、自分で道を切り開くしかないと語ってきました。
 さらに「誰かの為に行動してこそヒーローの存在意義がある」といい、サイタマは最高のヒーローになれていないとのこと。
 キングの「漫画に書いてあった」というつぶやきはスルーしつつ、サイタマは理想について考えるに至りますが……

 ヒーロー狩りのガロウは番犬マンに返り討ちにされても、俺はもっともっと強くなれるとつぶやきます。
 キングを発見して彼を狩ろうとしますが……サイタマに一撃で蹴り飛ばされます。
 ソニックはウィンド、フレイムの襲撃を受け、彼らはソニックを怪人協会の一員としてスカウトしてきました。

 ウィンド、フレイムは怪人細胞を置いて去っていき、ソニックはサイタマに勝つために怪人になろうと考えます。
 S級8位のゾンビマンは怪人協会に潜入しようとしているようですが……
 ゴリラ怪人は人間世界に適合しているかと思ったらいきなり怪人をやっつけてしまいました。

 バング達はガロウを自分の手で始末することを考えていました。
 ヒーロー協会は怪人協会について会議を行っていましたが……
 怪人協会からメッセージが届いたと言ってきたかと思ったら、ソニックは怪人細胞を焼いて食べていました。

【感想等】
 さすがのサイタマさんもテニスには勝てなかったのはちょっと意外……かも。
 冗談はさておき、バクザンさんを「思い出せねえ」と軽くあしらうサイタマさんが素敵すぎました。
 残り話数を考えるとやはり怪人協会を倒して終わりでよろしいのでしょうか。

 S級ヒーローの数が多くて混乱しつつも、サイタマさんとキングさんの関係も興味深いです。
 ゲームで遊んでばかりいたキングさんが急にまともなことを言い出して驚いた視聴者は多いかと。
 強敵だと思っていたガロウさんが蹴り倒されたところではシュールなギャグを見ているように思えます。

 キングさんは同じヒーローというよりもサイタマさんにとっての友人といってもいいのかも。
 ソニックさんが怪人になると言っていても最後に思いとどまると思っていましたが……
 残り3話(?)で怪人王さんを倒して終わりだとして、ガロウさんが怪人になってしまうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ワンパンマン 第20話「強い奴の抵抗」

 ワンパンマンさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 相変わらず怪人協会の謀略が続きますが……
 これまで言ってきたように怪人協会が2期のラスボスなのでしょうか。

【内容】
 格闘大会はサイタマの反則負けによってスイリューの優勝に終わります。
 突然現われたゴウケツという男は集まっている出場者に対して「怪人になれ」と言ってきました。
 プロヒーローは容赦なく吹き飛ばされ、ゴウケツが初代王者だと判明します。

 ゴウケツは怪人になったことで人間の壁を越え、次元が違う存在だと言い出します。
 投げつけてきた怪人細胞を食べると怪人になるそうで、怪人協会はもう一段上の段階に進もうとしているとのこと。
 眼鏡の男は怪人細胞を食べた途端に筋肉ムキムキになってしまいますがあっさり殺されます。

 ジョゼは怪人細胞を食べて赤いツノを持った怪人になり、これでサイタマを殺せると考えていました。
 他の出場者も生きるため、強くなるためだと言って怪人になってしまいました。
 スイリューはここで決勝のストレスを発散すると言い、一人で怪人たちに立ち向かっていきます。

 ジョゼはスイリューの連続攻撃で倒され、スイリューはそのままゴウケツに攻撃を仕掛けますが……
 ガロウは番犬マンと戦闘を開始し、スイリューはゴウケツの元弟子に苦戦を強いられます。
 スイリューはバクザンに協力を求めますが、バクザンは最強の生物を目指して怪人細胞を食べてしまいます。

 病院の人々を守っていた無免ライダーは苦戦を強いられ、そこに先ほど飛ばされたイナズマックス達が戻ってきます。
 タンクトップマスターが無免ライダーを救出し、スイリューは逃げようとして怪人化したバクザンに倒されます。
 怪人協会は人間に恐怖を知らしめ、ヒーロー協会重役の息子を拉致し、めぼしい人間を怪人にすることが目的でした。

 ゴウケツはアジトの場所を告げて去っていき、スイリューはこのまま見逃せと言いますが……
 スイリューはボロボロにされて涙を流してヒーローに助けを求めます。
 そこにサイタマがヒーローの恰好をして現われ、後は任せておけとバクザンに向かっていくのでした。

【感想等】
 大会途中で乱入するものだと思っていただけに、大会後に敵が出てくるのは想定外でした。
 怪人細胞で人間が怪人になるようですが、怪人になる副作用は自我を失うことでよろしいのでしょうか。
 自称怪人の人間であるガロウさんの立ち位置とは根本的に違うのは間違いないと思います。

 これまでは怪人協会の独壇場ではありますが、そろそろヒーローの反撃があってもおかしくないはず。
 サイタマさんがバクザンさんを倒すのは当然として、ジェノスさんもそろそろ逆襲してもいいと思います。
 ちなみに次回タイトルが「最強の悩み」なのですが、一瞬映ったソニックさんはどう関わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム