【アニメ感想】五等分の花嫁 第12話(終)「結びの伝説2000日目」

 五等分の12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 突然に五月さんが見つからなくなってしまったそうですが……
 風太郎さんがダンスを踊る相手が誰なのか、わたし、気になります!

【内容】
 「平等でなくて公平でいい」という言葉に勇気をもらった三玖さん。
 風太郎の腕は2つあるから「両手に花でいこう」などと言い出しますが……
 一花は風太郎と三玖が一緒にいることに安心し、五月を見つけてほしいとひと言。

 風太郎、三玖は一花を探しますが、風太郎は体調があまりよろしくありませんでした。
 四葉は三玖に抱きついてきて、続いて一花(に扮した五月)と二乃が現れます。
 風太郎は五月が遭難したのではないかと考え、立入禁止の区域にいるのではと推測します。

 二乃は先生を呼びに向かおうとしますが、風太郎はおそらく見つかるのだと彼女をなだめます。
 呼び方の違いで一つの事実に気づいた風太郎は目の前の「一花」とリフトに乗ります。
 「見つけた……」と一花が五月であることに気づいたのだと示します。

 五月は「男の人は見極めなければならない」といい、一花は風太郎は父親とは違うとひと言。
 風太郎は体調を崩して倒れ、とりあえず部屋で眠ることになりました。
 先生は風太郎の部屋を立入禁止にすると言いますが、風太郎は二乃を一人だけ残します。

 風太郎は「金太郎」のは来られないと話しますが、さすがに正体が自分だとは言い出せませんでした。
 二乃は体調を崩しながらも気遣ってきた風太郎に「少しは自分の心配しなさいよ」とつぶやきます。
 一花は三玖の気持ちに気づいてもっと早くフォークダンスを断るべきだったとひと言。

 三玖は「独り占めしたい」といい、自分が風太郎を好きなのだと告白します。
 四葉はしおりに付箋が大量に貼られているのを見て、彼がいかに林間学校を楽しみにしていたのかを実感します。
 妹に話す内容を記したメモには風太郎が楽しかったのではないかとうかがえますが……

 四葉はストレートに風太郎に聞きに行くと言い出し、五月もまた自分に正直になろうと考えます。
 学年主任の先生が出ていった間に五月が潜入していましたが、照明を付けたら他の4人もそこにいました。
 キャンプファイヤーはカウントダウンを迎え、5人は風太郎と手をつないでいました。

 季節が経過し、らいはもいつしか高校生(中学生?)になっていました。
 風太郎は自宅に結婚指輪を忘れたと言い、父親は「血は争えんな」とつぶやきます。
 そしてらいはは父や兄よりもいい男と結婚すると言って父を驚かせます。

 結婚式場にやってきたらいははウエディングドレスに目を輝かせつつも、兄が眠っているのに呆れます。
 一方で兄が自分が送ったミサンガをずっと着けていたことに懐かしさを感じますが……
 そして風太郎が新郎として入場し、先に既婚者になった前田もなにげに結婚式にやってきていました。

 新婦が美しいドレスに身を包んで入場し、改めて結びの伝説を思い出す風太郎さん。
 キャンプファイヤーに場面が戻り、5人の姉妹は風太郎のそれぞれの指と手をつないでいました。
 目を覚ました風太郎は「うるせえ!寝られないだろ!」と憤ります。

 再び場面は結婚式場になり、風太郎はあのとき言えなかったひと言を今なら言えるのだとつぶやきます。
 「そばにいてくれてありがとう」とつぶやく風太郎さん。
 そして高校時代に場面が戻り、林間学校の後は期末試験に向けた勉強が続けられるのでした。

【感想等】
 長かった林間学校のお話をもって、お話は一旦の区切りを付ける形となりました。
 五月さんが一花さんに扮していたわけですが、前回視聴時には気づかずコメントを見て気づきました。
 一花さんの「お父さんとは違う」というひと言にお父さんは色々問題のある人物なのでしょうか。

 二乃さんの「少しは自分の心配しなさいよ」という言葉に彼女の優しさを感じたのはよかったかと。
 三玖さんも自分の気持ちに正直になり、四葉さんも真っ直ぐに風太郎さんに向き合うところも素敵でした。
 そして最後は5人ともが同じ気持ちになったのはなんだかほっこりした気持ちになりました。

 いきなり季節が経過し、らいはさんもますます可愛くなっていてなんだかうれしくなりました。
 前田さんが既婚者になっていたことはさておき、最後は綺麗な形で締めくくったのはよかったです。
 出来れば2期の放送を期待しつつ、来期からもまた色々な作品を見ていければいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】五等分の花嫁 第11話「結びの伝説3日目」

 五等分の11話を見て感想を書かせていただきます。
 倉庫に閉じ込められるシチュエーションは割と色々なところにありそうですが……
 果たして風太郎さんは誰とどんな風にダンスを踊ることになるのでしょうか。

【内容】
 倉庫に閉じ込められてしまった風太郎はドアを破壊しようと考えますが一花に止められてしまいます。
 こんなことを三玖に知られては……と考える一花ですが、肩車をするときに心のセンサーがドキドキしてしまいます。
 風太郎は懐かしいといいつつも重たくて持ち上がらないとデリカシーのない言葉をのたまいます。

 オープニングの後、風太郎は原始的な手段で火をおこそうとし、一花は彼は頭がいいけどバカだとひと言。
 二乃、四葉、五月は風太郎や一花が戻ってこないからと心配して探し回ることになりました。
 四葉が持っている鍵は一体何なのか気になりますが……

 一花が世間話をしていましたが、風太郎はそんなことを意に介さずに火を付けようとします。 
 自分が学校を辞めるかもしれないと言ったら風太郎もさすがに注目してきました。
 仕事が色々ともらえるようになり、高校に未練はないといいますが、風太郎は「給料はどうなる!?」と慌てます。

 風太郎は「選択肢のあるお前がうらやましい」とつぶやき、何事も挑戦だと言い放ちます。
 五月は一花が風太郎のことを好きなのではないかと勘ぐり、一花は自分との約束はなかったことにと言い出します。
 その代わりにこの場でダンスをすると言い出しますが、キャンプファイヤーの伝説を聞いて困惑します。

 三玖にとってのキャンプファイヤーが重要だったことを知って愕然とする一花さん。
 丸太が落ちてくるのを察知した風太郎は一花をかばいますが、一花のドキドキが止まらなくなってきます。
 衝撃を察知した警報装置が鳴り、風太郎達はセンサーをなんとかしようと考えますが……

 大ピンチだった風太郎、三玖の前に現れたのは、三玖と五月の2人でした。
 先生から大目玉を食らってしまったまま最終日を迎えた風太郎さん。
 三玖は姉妹は平等だと言いつつ、自分の気持ちを整理できそうにありませんでした。

 一花は風邪をひいてダウンしつつも、五月が風太郎を意識してるのだと見抜きます。
 風太郎は四葉に呼び出されてスキーをすることになり、続いて三玖がやってきました。
 転んでしまった三玖に手を差し出す風太郎ですが、四葉にスキーを教えてもらうことになりました。

 風邪で眠っていたはずの一花がスキーに参加し、五月は顔を合わせづらいからと一人で滑っているそうです。
 風太郎は姉妹と追いかけっこをすることになりましたが、一花は昨日のことは誰にも言っていないのかと聞いてきました。
 「そんなこと言えるわけがない」といいつつも風太郎は止まれなくなって木に激突してしまいます。

 ふとしたきっかけで風太郎の絆創膏が外れてしまい、それを拾った二乃は「金太郎」ではないかと迫ってきました。
 追い込まれた風太郎はとっさにかまくらに隠れますが、そこにはすでに三玖の姿がありました。
 風太郎は四葉の体力に驚きつつも、どうやって逃げ切ろうかと考え、三玖は彼女に荷物を持ってもらえばと考えますが……

 5人の基礎体力が元々は同じだったと考えた風太郎は、彼女の(体力を培った)努力を否定したくないと言い切ります。
 「公平に行こうぜ」という言葉を受けた三玖は一つの決心をしたようです。
 三玖は「話したいことがある」と一花に電話をかけるのですが……

【感想等】
 2日目は二乃さんがメインでしたが、3日目は一花さんがメインのお話と言えばいいのでしょうか。
 粘り強く火を付けようとしている風太郎さんの姿がかっこよく見えてきました。
 彼の「選択肢のあるお前がうらやましい」という台詞は勉強しかないと自分を見ているのでしょうか。

 一花さんを助けようとしてきた風太郎さんの姿にちょっとドキドキしたのはここだけの話です。
 登場人物がこぞってジャージになっているのを見ると「わたてん」のみやー姉が頭に浮かびました。
 キャンプファイヤー(夏っぽい行事)とスキー(冬)が両立する現実に未だに違和感が拭えませんが……

 二乃さんが風太郎さんを「金太郎」さんだと思って追いかけてきたシーンはコミカルで面白かったです。
 ふとしたはずみで2度目の閉じ込められイベントが始まり、三玖さんも着実に先に進んでいるのを感じます。
 次回にキャンプファイヤーをして最終回だと思いますが、この流れだと三玖さんと踊って終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】五等分の花嫁 第10話「結びの伝説2日目」

 五等分の10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回も林間学校のお話で、公式サイトを見ると肝試しをするようです。
 風太郎さんが誰がフォークダンスを踊るのか、わたし、気になります!

【内容】
 元気に薪を割る四葉や気配りのきいた一花、細かすぎる五月やカレーにみそを入れようとする三玖が続きます。
 前田は風太郎に絡んできて、どうやったら彼女が作れるのかと聞いてきました。
 風太郎は肝試しの準備をすることになり「びびるんじゃねえぞ」とやたらと気合いを入れていますが……

 オープニングの後、前田は女子とともに歩いていき、四葉や風太郎に驚かされて去っていきます。
 2人は一花や三玖と出会い、三玖は思わず顔を赤くしてしまいます。
 風太郎はこの先は崖で危ないから看板どおりに進めと言いますが、四葉によると風太郎はまだ覚悟が足りないらしいです。

 おびえる五月を連れて歩いていく二乃ですが、逆さになって出てきた風太郎に驚かされました。
 一花は三玖が風太郎ともっと話せばいいと言いますが、三玖は一花が風太郎をどう思っているのかと聞き返します。
 五月を追いかけていった二乃は道に迷ってしまい、金髪に染めた風太郎とばったり出会いますが……

 二乃は写真に映っていた金髪の風太郎を別人だと思っていて、風太郎は自分がとっさに嘘をついたことを思い出します。
 風太郎はとりあえず自分を「金太郎」と名乗り、未成年だけどお酒を飲みたいなどとヤンキーキャラを演じていきます。
 二乃は「金太郎」の顔にかすり傷があるからと絆創膏を貼っていきますが……

 突然に大きな声が聞こえ、「金太郎」はお守りがあるからと言いつつも逃げていきます。
 二乃は道に従って走っていきますが、崖に落ちそうになってしまいました。
 「金太郎」は彼女を崖から救い出し、危うく落ちそうになったところをお守りと二乃によって救われます。

 二乃が震えているのを見た「金太郎」は「特別だぞ」と言いつつお守りを渡し、二乃は私と踊ってくれませんかと誘ってきます。
 五月が泣きながら出てきて二乃に抱きつき、その間に「金太郎」は姿を消します。
 一花は三玖のことを考え、自分がフォークダンスの相手を変わろうかと提案してきました。

 風太郎は一花との約束と二乃との約束の両立は不可能だと戸惑ってしまいました。
 二乃のことを聞かれた三玖は去っていき、風太郎はキャンプファイヤーの準備をしますが……
 「本当に男の子なんですか?」などと言われながらも作業を進めていきます。

 5つ子の信頼を失いかけているとと考えた風太郎は信頼度を回復するために爽やかな笑顔を見せます。
 一花は他の姉妹の声真似をやっていきますが、三玖の真似だけは出来ませんでした。
 風太郎はいっそフォークダンスをやめるかと言い出しますが、一花は突然涙を流してしまいます。

 他の女子が物置(?)に入ってきて、風太郎と一花はとりあえず隠れることに。
 そのまま鍵が閉められて閉じ込められてしまいますが……
 風太郎はどうやって脱出し、最後は誰と一緒にフォークダンスを踊ることになるのでしょうか。
 
【感想等】
 登場人物の恰好は冬っぽい恰好なので、夏にやりそうな肝試しが行われることに違和感を覚えます。
 四葉さんはまだしもいつも勉強ばかりやっている風太郎さんが肝試しにやたらと乗り気なのが驚きでした。
 一歩先んじているのは三玖さんだと思われますが、中の人まで「みく」さんなのは面白いです。

 金髪の風太郎さんを別人だと思う二乃さんが面白く、いつもとは違った一面を見られたのはよかったです。
 一方で三玖さんが嫉妬してしまったところも可愛いなと思います。
 5人の信頼関係を失いつつあると困ってしまった風太郎さんも可愛いと思ってしまったのはここだけの話です。

 変なしゃべり方をしてきた風太郎さんが面白い一方、嫌われたくないという感情はわかる気がします。
 一花さんがキャラの声真似をやるところはプロのすごさだと思いますが、CMだと四葉さんが5人分を演じられていたそうです。
 着実にキャンプファイヤーが近づきますが、風太郎(金太郎)さんは誰と踊ることになるのかますます気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】五等分の花嫁 第9話「結びの伝説1日目」

 五等分の9話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ林間学校のお話が始まり、キャンプファイヤーの伝説が現実味を帯びます。
 それ以前にテスト勉強は大丈夫なのか気になりますが……

【内容】
 単語を覚えていた風太郎に四葉がタックルしてきて、林間学校が近いことを告げます。
 なんでもキャンプファイヤーの「結び」で一緒に踊っていた男女は添い遂げるとのことです。
 風太郎は「学生時代の付き合いは時間の無駄」と言い切りますが……

 三玖はどうして好きな人と付き合うのかと問いますが、風太郎は勉強をするのだと言い放ちます。
 一花は仕事があるからとその場を去り、カツラをもらった三玖は一花に変装して打ち合わせに出ることになりました。
 教室では前田という男がいて、キャンプファイヤーで一緒に踊ってくださいと言ってきました。

 前田は目の前の「一花」が入れ替わったのではと勘ぐりますが、風太郎が他の姉妹が呼んでいるのだとやってきました。
 風太郎は自分は(一応)関係者だと言い、三玖はとっさに風太郎と踊る約束をしていると言い出します。
 前田は恋人同士ならば手をつないで帰れるだろうと言い、三玖は「とにかくはじめてじゃないから」と手をつないできました。

 「相手を独り占めしたい」という前田の言葉に思うところのある三玖さん。
 その後は四葉、二乃、五月が風太郎が林間学校に行くという服を選ぶことになりました。
 「ダサい服を着て近寄られるのは迷惑」とのことですが、四葉はデートという発言をして他の姉妹を驚かせます。

 携帯を見た風太郎は父親を通じて妹が寝込んでいることに気づきます。
 らいははこれでもかというくらいにわがままを言い、帰ったら楽しいお話を聞かせてほしいと言ってきました。
 風太郎はらいはの看病をし、そのまま林間学校に参加しないようですが……

 父親は「一生に一度のイベントだ」と息子に林間学校に行くようにといい、らいはも自分は回復したと言い出します。
 五月が戻ってきて風太郎を引っ張っていき、そのまま車で現地へと向かいます。
 車の中では「五つ子ゲーム」なるものをプレイし、風太郎は意外とハイテンションなことに驚きます。

 雪山に迷い込んだ風太郎たちは、そのまま旅館で寝泊まりすることになりました。
 リュックを調べると妹からのお手紙があり、風太郎は「楽しもうぜ!」とテンションを上げてきました。
 トランプという「熱い戦い」を終えた三玖はキャンプファイヤーの相手を一花に任せます。

 「私たちは五等分だから」とあえて自分の気持ちを抑えてくる三玖さん。
 その夜は豪華な食事に風太郎は「タッパーに入れて持ち帰りたい」などと言い出します。
 改めて予定を確認していきますが、温泉が「混浴」という事実に慌てふためきます。

 実際は「混浴」ではなく「温浴」であり、女性陣がお風呂に入っていました。
 二乃は風太郎のテンションの高さを危険視し、誰が彼の隣で眠るのかと言い出しますが……
 最後は全員が隣に行けばいいと考えるに至るのでした。

 部屋に戻ってきた五つ子ですが、風太郎はすっかり眠っていました。
 一度眠ってから目を覚ますと、一花は風太郎と急接近していたことに驚きます。
 「寝顔を見るのは2度目かな」と自分に確認していましたが……

 五月は風太郎と一花が一緒にいたことに驚き、そのまま合宿に行くバスに同乗することに。
 一花はマネージャーから休学を打診される一方、四葉は風太郎に思い出を作るのだと意気込んでいました。
 五月はこの合宿(?)で風太郎がふさわしい存在か見極めるとのことですが……

【感想等】
 林間学校が本題ではあるのですが、冒頭から三玖さんが一花さんに変装するのも面白いです。
 突然の告白には驚きましたが、とっさの判断とはいえ三玖さんの態度がすごく可愛いなと思います。
 チャラチャラした前田さんはむしろ二乃さんの好みのタイプなのかもしれませんが……

 海水浴を前に女子が水着を買うお話はよくありますが、「男性の」服を買いに行く展開はなかなか珍しいと思います。
 らいはさんが寝込んだことで参加が危ぶまれたところですが、林間学校に向かうことになったのはよかったかと。
 てっきり時期が1学期だと思っていただけに、いきなり周囲が雪に包まれていたのは意外でした。

 それぞれの気持ちが風太郎さんに傾いているとして、一番意識しているのはやはり三玖さんなのでしょうか。
 2日目の初日の一花さんとのシーンもちょっとドキドキしてしまいました。
 果たして風太郎さんは五つ子のうち誰とダンスを踊ることになるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】五等分の花嫁 第8話「始まりの写真」

 五等分の8話を見て感想を書かせていただきます。
 何とか中間試験を(反則に近い手段で)乗り切った五つ子さん達でしたが……
 今回はどんなドタバタを見せてくれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 ほぼ全教科赤点という現状に愕然とする風太郎さん。
 父親は昔は風太郎も勉強も出来ないワイルドな男だったと言い出しますが……
 なんでも「あの子」に会って変わったとのことです。

 オープニングの後、三玖はコロッケを作っていましたが真っ黒焦げになってしまいます。
 風太郎は「おはぎを作ったのか」と突っ込みつつ食べると、普通においしかったと言い出します。
 一方で、四葉にはあまりおいしくなかったようですが……

 三玖は「完璧においしくなるまで作る」と意地になり、風太郎は倒れるまで食べさせられてしまいます。
 お前が文句を言うのが悪いんだと四葉にだだをこねる風太郎さん。
 四葉は風太郎は動くと死んじゃう病気だと言い、風太郎は血(ケチャップ)を吐いて追い打ちをかけます。

 おなかいっぱいの風太郎ですが、四葉に促されるままに二乃がおかゆを作ることに。
 四葉は五月に母親がやったように手を握ってはどうかと促しつつ、ニコニコのお顔で五月も一緒に勉強する用にと言ってきました。
 二乃はケチャップで足を滑らせ、風太郎は顔面にお米をぶちまけられてしまいます。

 仮病がばれた風太郎は怒られ、結局彼の元に残ったのは三玖と四葉の2人でした。
 四葉によると二乃が風太郎を追い出そうとしなかったのは彼女もどこかで変わっているとのこと。
 顔を近づけて「好きだから」と言ってくる四葉ですが、それを「嘘」だと言われた風太郎はもう誰も信用できないとつぶやきます。

 風太郎は人間不信になりかけ、肝試しのグッズで脅してきました。
 なんでも林間学校でクラスの出し物を押しつけられたそうで、忘れられない夜にしてやるとノリノリの風太郎さん。
 四葉は林間学校のキャンプファイヤーで一緒に踊った相手とは結ばれると言い出しても信じてもらえませんでした。

 一花は仕事があるからと言いつつメアド交換をしようと言い、四葉は友達の友達が入院したからと千羽鶴を折っていました。
 先生はさらに四葉に仕事を押しつけ、風太郎は四葉が時間稼ぎをしているのではと邪推します。
 風太郎は一花に残り4人のメアドをゲットしろと脅され、三玖はあっさりと教えてくれましたが……

 二乃、五月は断ってきたものの、風太郎は妹のアドレスもつけると言って五月を説得します。
 そして仲間はずれにされそうになった二乃もまたアドレスを教えてくれたようですが……
 四葉は自分のアドレスを忘れていたことにようやく気づきますが、そこにバスケ部の部長から連絡が入ります。

 バスケ部部長は四葉に入部を促しますが、大切なことがあるのだと断ってきました。
 メールアドレスを確認していた風太郎ですが、二乃から生徒手帳を返してもらっていないことに気づきます。
 寝起きに「生徒手帳を返せ」と言ってきましたが、逆に勝手に部屋に入ってきたことを怒られます。

 昔の写真を見られたくない風太郎に対し、二乃は自分の部屋に彼を連れ込んでピアスの穴を空けてくれと一言。
 ふざけていたら蹴り飛ばされ、その拍子で風太郎は昔の写真を暴かれてしまいます。
 風太郎は親戚の写真だと言ってごまかし、二乃は自分の小さな時の写真を見せてくるのでした。

 五つ子がアルバムを見ている一方、風太郎はもう半分の写真を見られなくてよかったと一言。
 はたしてこの写真の女の子は一体何者なのでしょうか。

【感想等】
 冒頭から風太郎さんのお父さんが出ますが、若々しい姿に一瞬お兄さんかと思ってしまいました。
 風太郎さんの初恋の相手と思しき人物が浮上しますが、明らかに風貌が五つ子さんに似ているように思えます。
 五つ子のうち誰なのかと言われるとなんだかニセコイのことをふと思い出してしまいます。

 四葉さんがおっしゃるように、五つ子さんは少しずつ変わっているのだと思われます。
 風太郎さんはあらぬ方向に変化しているようにも思えますが……
 バスケ部部長と聞いて「アニマエール」が頭に浮かんだのは私だけでしょうか。

 風太郎さんの中での四葉さんの「悪女」姿は実際とは違うもののちょっと笑ってしまいました。
 金髪の風太郎さんがどう見ても別人にしか見えない一方で、もう片方の女の子が気になるところです。
 次回は林間学校のお話だと思いますが、最後は期末テストのお話になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム