【アニメ感想】同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第12話(終)「君と僕と」

 ひざこいの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 突然の悪天候によって徳島から戻れなくなりそうな素晴さんですが……
 果たして素晴さんとハルさんは無事再会することが出来るのでしょうか。

【内容】
 突然の嵐で飛行機が欠航し、戻ることが出来なくなった素晴さん。
 とりあえず新幹線で東京(?)を目指し、大翔にハルの様子を見てくれと依頼します。
 ハルもまた素晴が戻ってこないことに弟達のことを思い出しますが……

 やってきたのは大翔であり、ハルは素晴を心配して外に出て行ってしまいます。
 電話で話を聞いた素晴は大翔を待機させつつ、父母を失ったことを思い出して走り出します。
 「もう二度と、あんな後悔はしたくない」と通りすがりの人に猫を見なかったのかと聞きます。

 河瀬は絶対にハルが見つかるといい、猫がどこに行くのか調べるべきとひと言。
 素晴はななに話しかけ、ハルがいなくなったことを告げます。
 ハルは元ノラだから行動範囲が広いと告げ、彼女は彼女なりにいろいろと探し回ります。

 思い出の場所にいるのではと考えた素晴は父母の墓前にやってきました。
 キャットフードの缶詰を開けてハルの名前を呼んでいきますが……
 素晴はしりもちをつきながらもハルと再会し、ほっとした表情を浮かべて抱きしめます。

 ななの弟、大翔が素晴を引き上げ、大翔は昔を思い出して「変わらねえな」とつぶやきます。
 ハルは即座にお風呂に入れられ、素晴はみんなでうどんを食べます。
 素晴は協力してくれた皆さんに頭を下げ、ハルは自分がしっかりしようとつぶやきます。

 急にハル視点になり彼女は彼女なりに素晴のことを案じていました。
 巨人に運んでもらえるなら大丈夫と思いますが、一方でお風呂は苦手でした。
 そして素晴は誰かの存在や言葉に一喜一憂したのはなぜだろうと考えます。

 自分が変われたきっかけはハルと出会ったことだと考える素晴さん。
 「おかえり、ハル」と頭をなでながら顔を赤くし、自分の世界が広がったことを実感します。
 そして徳島でもらった苗を植え、新しい小説のテーマを「家族」に設定します。

 ハルを膝に乗せながら素晴は小説を書いていきます。
 気づいたら2人は会話を交わしているようで、心を通じ合わせているのがわかります。
 「同居人はひざ、時々、頭の上」とタイトルを回収して終わるのでした。

【感想等】
 「すばる」というお名前は男女問わず多いですが、「素晴」と書く人は彼だけだと思います。
 なんだかんだ言って互いを心配しているのがわかるのは微笑ましいです。
 いつもはごはんを食べてばかりの印象だったハルさんも最終回はひと味違うような気がします。

 コミュ障だった素晴さんが人に聞いて回るところに「着実に」彼の成長を感じました。
 二つの視点が入れ替わるところは新鮮でしたし、この作品の魅力だったのは間違いないはず。
 ハルさんもハルさんなりに素晴さんを心配しているのがなんだか微笑ましいです。

 お風呂に入ったハルさんのおびえた姿と河瀬さんが眼をキラキラ光らせるのがシュールでした。
 最後に食事シーンになったところではこちらまでおなかがすいてきたのは言うまでもありません。
 私も素晴さん(やハルさん?)のように成長したいと思いつつ、一旦は筆を置こうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第11話「巡る想い」

 ひざうえの11話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによると唐突に徳島に出かけるようですが……
 遠い地で素晴さんを待っているのは一体何なのでしょうか。

【内容】
 両親の墓前に単行本を備える素晴さん。
 担当編集の河瀬は連載の新シリーズを提案しますが……
 素晴はアイデアが浮かばないまま庭先の花のお手入れをしていました。

 集中できていなかった素晴はお隣の太郎に水をぶちまけてしまいました。
 お隣さんは花壇に先に水やりをしてくれていたそうで、実は毎日やってくれていたそうです。
 お母さんは生前、旅行先で買ってきた各地の色々な植物を植えていたそうですが……

 素晴は母親の植えた植物を見ていましたが、ふと家を見つめるとハルの姿がありませんでした。
 玄関先にいる人が悪い人ではないかと思ったら担当編集の河瀬でした。
 そこにやってきた男は唐突に土下座してきたのですが、その正体はななの実の弟でした。

 弟は自分が素晴に始めて会った時に変質者扱いしたことを改めて謝罪します。
 素晴は誰かの言葉に一喜一憂することは縁がないと思っていましたが、いつの間にか心が動かされることが多くなりました。
 河瀬は気分転換に外に出てみてはどうかと提案し、素晴はあっさりそれを受け入れてしまいます。

 何も植えられていない植木鉢には「徳島」と書かれていて、素晴は母が生前に行こうとしていた徳島に行くことに。
 河瀬は不在の間、ハルを誰かに預けてはどうかと提案し、ななに話をすると「ペットホテル」を提案されます。
 素晴は食べ物でつってハルをかばんに入れようとしますが、中で思いっきり暴れてしまいました。

 ハルを預けることが難しいと考えた素晴は隣に住んでいる大翔に様子を見てほしいと提案します。
 決まった量のエサを与えてほしいと依頼するとすぐにその量を覚えてしまう大翔さん。
 素晴は大翔がハルと仲がいいのを見て安心しつつ、メモを書いていて亡き母のことを思い出します。

 徳島の「四島荘」にやってきた素晴は仲居さんに3年前に「3人」で予約を入れてくれたと言われます。
 母は自分をギリギリまで旅行に誘っていたのだと実感し、しんみりした気持ちになる素晴さん。
 藍染めのパンフレットに興味を持った素晴ですが、彼が着ている青いセーターは母が選んだものでした。

 母親のことを思い出す素晴ですが、死んだ母からは何の答えも戻ってきませんでした。
 膝の上を見てハルを連れてくればよかったと思い出す素晴さん。
 一方、家に残ったハルは夜に目を覚まし、素晴が戻ってこないことに気づきますが……

 ハルは「朝になったら(素晴が)帰ってくる」と自分に言い聞かせ、素晴の着ていた服を毛布代わりに眠ってしまいます。
 次の日、花壇に植える植物を探していた素晴ですが、女将さんが植木(?)を持ってきてくれました。
 女将さんがびしょびしょになっていることから嵐がやってきたことが伺え、素晴が乗るはずだった飛行機が欠航になってしまうのでした。

【感想等】
 単行本発売とサイン会が順調に進んでいましたが、とんとん拍子に執筆が進んでいる……というわけではないようです。
 アニメ的にも終盤となり一つの変化が必要な時期といってもいいのかも。
 お隣のおばさんのお節介な行動に人間関係の一つの理想がここにあるような気がします。

 前回はハルさんと「春」さんとややこしかったですが、そもそも同じ名前にする必要があったのでしょうか。
 季節なら「ナツ」にしたらとふと思いましたが、それだとフェアリーテイルになってしまうかも。
 お母さんのお声がエルザさんなのはおそらくただの偶然ですが……

 見る前は動物に癒される作品だと思いましたが、蓋を開けたら人間関係に癒される作品だったように思えます。
 おそらく次が最終回だと思われますが、父母への想いに一つのけじめを付けて終わるのでしょうか。
 いつかは両親がいなくなることを意識しつつ、最終回もしっかりと見て、色々なことを感じていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第10話「いっしょごはん」

 ひざうえの10話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見ていると今回はお食事を作るお話らしいです。
 猫の食事は人間の食事とはどう違うのか、わたし、気になります!

【内容】
 ハルの鳴き声がやたらとうるさいと思いつつ、素晴はとりあえず大翔からのメールを見ておきます。
 メールには鳴海と春が遊びに来ると書かれていて、戸惑う暇もなく本人がやってきてしまいます。
 子供に気遣われてしまった……と困惑してしまう素晴なのですが……

 お土産にごはんをもらったものの、ハルには人間のごはんは合わないようです。
 成り行きから食事を作ることになり、ハルはできあがったごはんをおいしそうに食べていました。
 このまま一緒に食事をする素晴は疲れた体に味がしみるのを感じていました。

 素晴はどうしてちゃんとごはんを食べないのかと言われ、春は自分も一人きりでごはんを食べているのだと一言。
 ハルが来てからは自分で食事の作り方を覚えたようで、素晴もハルが来て一緒に食べることが多くなったようです。
 春は自分が母親のようにお料理上手になれるのかと言っていて、素晴はふと母親のことを思い出していました。

 素晴は自分も料理が出来るのかと言えば、鳴海、春は可愛いレシピを書いて持ってくると笑顔を見せます。
 2人が去った後、両親とごはんを食べたことをふと思い出す素晴さん。
 次の日、2人からのレシピを見て、とりあえずスーパーで食材を調達することになりました。

 タイムセールでは主婦の力強さに困惑しつつも、素晴はどの肉を買えばいいのか考えます。
 店員さんに話しかけられて何がどうなったのかわからないまま大量に買ってしまいました。
 そこに大翔が出てきて妹に確認し、必要以上のものを返品してくれましたが……

 大翔に助けられた素晴すごく疲れながらも帰宅し、包丁を使ってお料理をしていきます。
 ちゃんと出来ているのか試食しつつもハルに食事を与えますが……
 ハルが食事を食べているのを見て、こんな食卓もなかなかいいのではないかと考えます。

 ここからはハル視点になり、ずっと眠っている素晴をたたき起こします。
 すぐに鳴海や春がやってきたかと思えば皆さんはごはんを作り始めていました。
 ハルは夢にまで見たごはんを食べて感激し、全部食べてしまいました。

 相変わらず食べていないと思われる素晴のことを心配しつつも、食事を完食してしまうハルさん。
 素晴は家を空けたかと思いきや戻ってきて料理をはじめていました。
 もしかしたらごはんを探し回っているのではないかと考えますが……

 またもおなかがすいてきたところで食事の匂いがしてきました。
 素晴が自分の食事を準備しているのを見て、ハルは安心してごはんを食べていきます。
 ハルは素晴の膝の上に乗り、ちゃんとごはんを食べていることに喜ぶのでした。

【感想等】
 サイン会の乗り切った素晴さんは少しずつ人と接することを覚えたようです。
 とはいえ、突然やってきては困惑しても仕方ないと思います。
 鳴海さんは恋する乙女ですが、素晴さんがその気持ちに気づくことはまだまだ遠いのかも。

 突然回想シーンで母親が出てきて、ちょっと涙が出てきたのはここだけの話です。
 一生懸命お料理をするシーンは応援したくなりますが、小説を書かなくてもいいのかとちょっと心配になりました。
 ハルさんの表情豊かな姿を見て癒されつつ、出来れば残りもしっかり見ていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第9話「君にさしだす」

 ひざうえの9話を見て感想を書かせていただきます。
 てっきり断ったと思っていたのですが、普通にサイン会は行われるようです。
 ファンサービスはそれだけ大切という判断なのでしょうか。

【内容】
 ハルは素晴の様子がおかしいことを心配していました。
 素晴は「ごはんは多めに用意したから構っている時間はない」と言って出て行ってしまいます。
 ハルは「もう心配してあげないからね!」と怒って眠ってしまいましたが……

 お隣の犬が「遊ぼうよ」「寂しい」と話しかけてきますが、ハルには「寂しい」という感覚がわかりませんでした。
 オープニングの後、ハルは食事をしてもっと食べたいと考えますが、素晴はまだ戻ってきていませんでした。
 布団に飛び込んだハルは素晴の匂いに落ち着きを取り戻しつつも「寂しい」という感覚を覚えつつありました。

 物音がしたかと思いきや、素晴が戻ってくるわけではありませんでした。
 ハルは「どういうことなのよ!」と暴れ回っていました。
 一方で、素晴は初めてのサイン会にすっかり固まってしまっていました。

 「無理だ」と震えてしまいつつも、サインを書いていく素晴さん。
 ファンは「大切にします」「どうも有難う御座います」と喜んでくれるのはまんざらでもありません。
 素晴はサインをしていきつつも、前半の方々にお礼を言えたのかと考えてしまいます。

 長時間家を空けたことに、急にハルのことが心配になる一同。
 さらにやってきたのはななでしたが、弟がファンだった作家が素晴だったことに驚いてしまいます。
 素晴は自分が黙っていたのは嘘をついていたのではと困惑してしまいます。

 来てくれたことをうれしいと言いつつも、言い出せなかったことを謝罪する素晴さん。
 河瀬は「世間は狭い」と言いつつも素晴の交友関係が気になるようです。
 「これからも弟ともども応援しますね」と去っていくななですが、素晴はお礼を言いそびれてしまいます。

 大声で「有難う御座いました」と叫ぶ素晴さん。
 過去は変えられないと思いつつも、今日、ここに来られたことに感謝するのでした。
 河瀬は「うれしいです」と涙を流して感動していましたが……

 帰宅した素晴は家がボロボロになっていたことに驚き、泥棒が入ったのかと慌てます。
 実際はハルが犯人だとわかって、とりあえずハルをなでてみることに。
 ハルもまた「もう振り返る必要はない」と考えますが、素晴が倒れてしまった困惑するのでした。

 「ちゃんと食べなきゃ」と素晴を心配するハルさん。
 素晴はハルに食事を与え、散らかった部屋を片付けることになりました。
 ハルはおなかが膨れて安心し、ごはんは大事だと実感するのでした。

【感想等】
 冒頭からハルさん視点のお話なのはこれまでにない試み……かもしれません。
 ハルさんの「寂しい」という感覚が伝わってきて、色々と思うところの多いお話でした。
 そもそもサイン会をすることになったことが一番の驚きなのですが……

 素晴さんが不安になるところでふとドラゴンボールのベジータさんが一瞬頭に浮かびます。
 サインというよりも自分の名前を書いているところに初々しさを感じてしまいました。
 初めてのサイン会にも関わらず、これだけ多くの人が集まっているのはなにげにすごいと思います。

 今回はサイン会を通じて素晴さんがコミュ障を脱却するお話といってもいいのかも。
 本を書くきっかけがハルさんだったことを考えると、全てはハルさんのおかげと言ってもいいように思えます。
 人との出会いに感謝を抱きつつも、残りのお話もちゃんと見ていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第8話「君がいるから」

 ひざうえの8話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトのあらすじを見ると、素晴さんが小学生の頃の夢を見るそうです。
 幼い頃の彼は今とはかなり異なっていたりするのでしょうか。

【内容】
 素晴は本のあとがきをどうするのか悩んでいるようです。
 気持ちよさそうに眠っているハルに釣られて横に寝転がって資料をあさりますが……
 気がついたら素晴は小学生時代の夢を見ていました。

 今は亡き父母に覚えた話を聞かせる素晴さん。
 近所に大翔たちが引っ越してきますが、本を見せようとしたら帰ってしまいました。
 そうかと思ったら大翔が部屋に上がり込んできて本を見ていいのかと聞いてきます。

 本を作る人になりたいという素晴ですが、大翔はお構いなしに上がり込んでいるようです。
 時系列が急に進み、素晴は大学生になったようです。
 母親は素晴に本の続きをいつ書くのかと言い、素晴は勝手に本を読んでいた親に困惑します。

 素晴は新人賞を受賞し、それが単行本になることを父母はとても喜んでいました。
 目を覚ました素晴は部屋が散らかっているのが気になりますが……
 大翔は勝手に上がり込んできていて、彼なりの親切で食材を持ってきてくれたようです。

 自由帳を返すと言っている大翔ですが、素晴は貸したことを覚えていませんでした。
 大翔が言うには素晴は本が絡むと「ポンコツ」なのだとか。
 自分が川に落ちて体を濡らしても本を守るような素晴を放っておけないという大翔なのでした。

 急に倒れた素晴ですが、気がついたら夜になっていて、河瀬も心配でやってきました。
 猫の真似をして風邪をひいたなどとはさすがに人には言えませんでした。
 河瀬はやってきたなり薬を準備してくれた上におかゆまで作ってくれるそうです。

 素晴は悪戦苦闘する河瀬を「うるさい」と感じ、さらに体の上にはハルが乗っかってきます。
 これまでは誰もいない家にはたくさんの誰かがいると思うとほっとした気持ちになります。
 そしてハルはそばにいるだけで色んな気持ちになるのはどうしてなのかと考えつつ眠ってしまいます。

 ハル視点でのお話になり、いつの間にか眠ってしまった素晴を彼女(?)なりに心配しているようです。
 素晴が起きたときに食事を準備しようとしますが、缶詰はどうやれば開けられるのでしょうか。
 缶詰を追いかける作業をしていたら大翔と鉢合わせ、気がつけば家に来た大翔が転んでしまっていました。

 素晴が怖い夢でも見たのかと飛びついてきたハルですが、素晴は風邪で倒れてしまいます。
 体に乗っかったハルは彼女なりに素晴を守っているようです。
 素晴はまたも夢の中で幸せな気持ちになっているのでしょうか。

【感想等】
 2月が終わり、1クールだとあと4、5話前後で終わるのだろうなと思います。
 相変わらずの素晴さんもハルさんに出会って少しずつ変わっていっているのかもしれません。
 基本的に本とにらめっこするキャラクターは昔も今もあまり変わりませんが

 小学生だった素晴さんがいきなり大学生になったのはちょっと驚きました。
 単行本が決まったときはご両親がまだ存命だったようで、両親との別れから意外と時間が経っていないことがわかります。
 彼の心の傷はハルさん達の出会いによって少しは癒えたのでしょうか。

 担当編集の河瀬さんがやたらと心配してくれますが、仕事だけではこうはいかないのだろうなと思います。
 ハルさん視点のお話はなんだか心が癒されますが、それが空回りするのがちょっと面白いです。
 残りのお話で単行本発売は確定として、ななさんやなぎささんとラブコメになったりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム