【アニメ感想】revisions 第12話(終)「revert」

 リヴィジョンズの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 大介さんの最後の戦いも、いよいよ大詰めを迎えたようです。
 この戦いがどんな結末を迎えるのか、最後までしっかり見届けたいです。

【内容】
 渋谷は何かに包まれて移動を開始し、人々は元の時代に戻ることが出来たようです。
 自治会長は涙を流して感動し、凱達は大介がやっとで自分達を守ったのだとつぶやきます。
 そこに慶作が現れますが、慶作は大介は7年前に死んだと言い出しますが……

 大介は2010年にワープしていて、そこでは慶作が誘拐されたことになっていました。
 自分は特殊警察だと言い訳をしつつ、小さな頃のルゥに「大介を信じろ」とひと言……
 ミロは慶作と一緒にいたのですが、高校生の大介が出てきたことに驚かされます。

 大介は子供一人を殺して世界が変わるのかとミロに訴えかけます。
 ニコラスは慶作の体を乗っ取っていて、小さな頃の大介を人質に取ります。
 なんでもニコラスは自分が時空の概念を超越した存在らしいのですが……

 力が分散したニコラスならばなんとかなるのではないかと考える大介さん。
 ミロは大介が特別な存在ではなかったといいつつも、彼の可能性にかけるのだとひと言。
 一方で凱達は大介がいなくなったという現実を受け入れようとしますが……

 大介は慶作を渡し、一瞬の隙を突いてニコラスに銃を向けてきました。
 ルゥは大介は生きているのだといい、凱もまたその考えに同調します。
 大介は慶作を銃撃しましたが、ニコラスはまだ死んではいませんでした。

 ニコラスは大介を存在ごと消すと言い出し、わざわざパペットを準備して戦いを促します。
 大介は自分の「みんなを守る」運命を信じるといい、一人でニコラスに立ち向かいます。
 ミロは「おまじない」をして、大介に「お前なら出来る」と告げるのでした。

 残されたミロは少年の頃の大介にみんなを守れるるのはあなただとひと言。
 高校生の大介はニコラスと戦闘を続け、自分が手に入れたものなど何もないのだと言い放ちます。
 大介はニコラスを倒して宇宙空間のようなところをさまよっていましたが……

 「世話の焼けるやつだな」と慶作が出てきて、さらにニコラスまでやってきます。
 ニコラスは慶作を消滅させようとしますが、慶作は逆にニコラスを消滅させます。
 凱は敬作の声が聞こえたと言ってゲートに手を伸ばし、そのまま大介を引っ張り上げていきます。

 大介、凱は改めて自分達をつなぎ合わせてくれた慶作に感謝を述べます。
 3ヶ月が経過し、連日に渡って事情聴取が進み、未来を見てきた人々は出来ることをしようと動き出します。
 そして大介は慶作を救出する手段があるのだと告げ、ミロにもまた遭えるのだと考えるのでした。

【感想等】
 ここだけの話、最初は大介さんのキャラクターが痛々しくて見ていられませんでした。
 勝手に飛び出していく彼を見ていて、もどかしい気持ちになったのも今は懐かしく思えます。
 彼の行動を見ていく中で子供を心配する母親の気持ちがわかったのは私だけでしょうか。

 「運命に抗う」大介さんは正真正銘の主人公で、そのキャッチフレーズにふとSAOが頭に浮かびました。
 こじつけるなら凱さんが(中の人的に)ユージオさんだからなのかもしれませんが……
 最後の戦いに赴く大介さんがかっこよく、あの中二病満載だった彼とは別人に思えます。

 大介さんが救出されたのはよかったとして、慶作さんは結局消えるしかなかったのでしょうか。
 最後は慶作さんと合流する可能性を残したのはよかったと思います。
 2期の放送があるのかはわからないものの、もしあるのなら絶対に見ようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】revisions 第11話「最後の希望」

 リヴィジョンズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に最終回が近づいていることを予感させますが……
 大介さんは絶体絶命の窮地を前に真のヒーローになることが出来るのでしょうか。

【内容】
 大介はリヴィジョンズを退けたものの、ミロは任務のために過去へと向かってしまいます。
 ストリングパペットのエネルギーも尽きかけた中、一つの光が現れたそうですが……
 大介は慶作を元に戻す方法があるのではないかとつぶやきます。

 オープニングの後、大介は改めて黒い敵は慶作だと主張し、彼を元に戻そうと訴えます。
 凱はパペットはもう動かない状況を前に、そもそも自分が現代に戻る術はないと言い出します。
 区長に与した連中は土下座して謝罪し、泉は遺恨を割り切るように努力するとひと言。

 リヴィジョンズによる攻撃はいつ再開されるかわからず、さらには電力がほぼ尽きかけている状況でした。
 敵基地を急襲するという案が出されますが、先生は大介達は高校生なのだと反論します。
 大介達はミロからのメッセージを聞き、そこにはリヴィジョン計画の概要が説明されていました。

 アーヴは渋谷を皮切りにあらゆる地域を跳躍させることで危機を回避しようとしていたそうです。
 リヴィジョンズはそれを自分達の体を確保する計画だと考えたそうですが、慶作は時空の特異点になってしまったとのこと。
 ミロは慶作を排除するようにと命令を受けたと聞いた凱はこれまでにない勢いで憤ります。

 石油を燃やしてリヴィジョンズを追い払ったものの、町では大介がリンチを受けてしまいます。
 凱は男達を撃退し「最高だな。クソどもを堂々とひねり潰せるって」とやさぐれた態度を見せます。
 大介は自分だけが浮かれていたと彼なりに反省しているようですが……

 凱は自分達だけで最後にリヴィジョンズの本拠地を攻撃すべきと言いますが、おじさんがそれはダメだと言ってきます。
 おじさんは「最後の希望」を起動させるといい、キューブに充電させる方法を発見したと言い出します。
 ここにいる人達が力を合わせて電力を確保したそうで、渋谷を守れるのはSDSだけなんだと素敵な言葉が並びます。

 大介は自分が一人で突入すると言い、自分はリーダーの器ではないとはっきり認めます。
 ニコラスは慶作の姿になりますが、大介は怒りのままにニコラスを攻撃していきました。
 大介は「運命」など関係ないと迫りますが、ニコラスは黒い機体になってムキューを殺してしまいました。

 ニコラスはどの時代においても存在が可能になったと言い出します。
 彼が言うには人類は彼を存在させるための犠牲になったそうですが……

 大介は慶作が重要人物だと言われ、自分が代替要員だと言われてしまって呆然とします。
 ニコラスは別の時空に飛んでいこうとしますが、大介はそれに踏み込んでいくのでした。

【感想等】
 時期的にも話数的にも、さらにはタイトル的にも次回で最終回なのは明らかでした。
 慶作さんが元に戻れる可能性があるとしても、電力切れという現実的な問題が立ちはだかりました。
 やさぐれた凱さんにユージオさんの姿を重ねるのは私だけかもしれませんが……

 大介さんの英雄的な行動はなりを潜め、少しずつ主人公らしくなってきたと実感します。
 少し前には大介さん達を非難していた人が突然手のひらを返したと思うともやもやした気持ちになりますが……
 変なことばかり考えてしまい、素直に感動できない自分の心が時々嫌になります。

 ニコラスさんがラスボスというのは確定として、慶作さんの姿になって出てきたのは想定外でした。
 大介さんが「運命」という言葉を捨てたのは、それだけ彼が成長した……のでしょうか。
 次回で最終回なのは確定だと思いますが、大介さんが最終的にどうなるのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】revisions 第10話「みんなの街」

 リヴィジョンズの10話を見て感想を書かせていただきます。
 突然の事態に戸惑いながらも、大介さんはどう戦っていくのでしょうか。
 そして彼らは無事元の時代に戻ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 未来に飛ばされた人々は戸惑い、さらに黒岩や牟田もその中で命を落とします。
 ムキューは無差別捕獲を開始すると宣言し、街はどったんばったん大騒ぎです。
 連絡を受けた泉は全員で現地に向かうと言いますが、ミロも2010年への時間跳躍が近いと言ってきました。

 大介は「ふざけるな!」と逆ギレし、さらにエネルギーも尽きかけてしまいました。
 ミロを非難する大介は「上からの命令に従っているだけじゃないのか!」と涙目で訴えてきます。
 凱はただの高校生である自分達にここを守るのは無理だったのではと言い出しますが……

 ルウが大介や兄をぶん殴っているところに、そこに小さな女の子がやってきて自分達はみんな死んじゃうのかと言い出します。
 「みんなお兄ちゃんが守ってくれる」と女の子を安心させてはいましたが……
 エネルギーが切れかかっているという現状はあまりにも厳しく、さらには大人達は言い争いを始めてしまいます。

 嫌みなだけのじいさんだと思っていた自治会長が協力を申し出、先生も協力してくれているようです。
 ミロは今できうる作戦を提案すると言い、敵の侵入エリアも限られているそうです。
 人々を一点に集中させて敵をおびき寄せ、やってきた敵をやっつけることを提案しますが……

 ルウはミロに抱きついて、ミロは後のことを泉に託していきました。
 ミロは大介に語りかけ、ストリングパペットのインターフェイスは死んだ姉が元になっているのだと説明します。
 もし大介が「運命」に捉えられているのならば当時の彼に伝えない方がいいのかと言いますが……

 大介は「運命」という言葉を伝えてほしいといい、それを現実にするのだと言って出撃します。
 ルウはおびき寄せた敵を攻撃し、大介もまた「守り抜いてみせる!」と奮闘します。
 先生も必死に避難誘導をしている中、大介はかつて敗れた敵と対峙することとなりました。

 ニコラスは時間が一方通行であると言いつつ、自分は虚無の結晶と融合して時間の外に出ると一言。
 マリマリは生身で戦おうとして先生に救われ、おじさんもパソコンを動かして何かをしていました。
 大介は精神攻撃を受けながらも、敵である機体がマリマリを守っている事実に、彼が慶作ではないかと推測します。

 慶作と思しきロボットは「全てを受け入れるのは無理だ」と言って消えていきました。
 戦いが終わり、凱は「俺たちは勝った」と言いますが……

【感想等】
 牟田さんや黒岩さんを失い、さらにミロさんまで離れてはますます先が見えなくなりそうです。
 前回は覚醒したと思われた大介さんですが、やはり人はそう簡単には変わらないのでしょうか。
 人間、追い込まれて本性が見えてくるというのはリアルでもアニメでも変わらないのかも。

 街を守るために最後の戦いが始まることとなり、大介さんの表情も少し変わってきたのかも。
 相変わらず「運命」という言葉へのこだわりを見せますが、以前に比べると少しずつ落ち着いてきたような気がします。
 1話では生徒を見捨てて逃げていた先生ですが、彼女は大介さんとの出会いで変わったのでしょうか。

 ニコラスさんがラスボスでほぼ確定だと思われますが、言っていることが難しくてよくわかりません。
 さすがに敵のロボットが慶作さんだと言われては困惑しかありませんでした。
 戦いには勝ったものの、まだまだ残された謎は多く、残りのお話でそれらにどこまで迫れるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】revisions 第9話「消失の運命」

 リヴィジョンズの9話を見て感想を書かせていただきます。
 敵との戦いにうまくいかず、さらに人間の間でもいざこざが起こってしまいました。
 もしかしたら人間の本当の敵はリヴィジョンズではなく「人間」なのでしょうか。

【内容】
 チハルは慶作の一撃によって倒され、残された玉を見たニコラスは自分が彼女の遺志を引き継ぐと言い出します。
 ムキューがこの未来で渋谷を観測し、ニコラスが2017年で渋谷を観測するとのことですが……
 ミロは上司(?)との連絡の中で今回の未来予測はそもそも間違っていたのだと言い出します。

 大介達は慶作が目の前で消えたことに困惑し、マリマリはついにキレてしまいます。
 ルウや凱は言い争いを始め、大介もどいつもこいつもうるさいと叫び出します。
 ミロによると慶作は別の時空に飛ばされたのではないかと推測し、時空の狭間に落ちたなどと言い出します。

 会議は大いに紛糾し、黒岩の独断で進めた作戦は失敗したと言われてしまいます。
 一部にはこの時代で生きていくことを考えるという意見も出てきました。
 泉は同じ警察に銃を突きつけられ、投獄されていた牟田は久しぶりに外を出ます。

 ルウ、泉の2人は人質にされ、さらに牟田はリヴィジョンズと交渉しようとしていました。
 大介は自分の「運命」に疑問を抱き、凱は妹(と泉)を帰せと牟田の元へやってきましたが……
 牟田は「交渉には等価交換が必要」と言い、自分は臨時政府の総理だと言い放ちます。

 大介は牟田の「慶作は死んだ」という言葉に反応し、牟田は自分が一人でも多くの人を現代に帰したいと言い出します。
 慶作だけは自分と一緒にいてくれたのだと頭を抱える大介さん。
 ミロは「姉さん……」と言い出す一方で、ムキューのシーンを挟みつつも大介が凱たちを助け出します。

 牟田のもとにニコラスがやってきて、拉致された人々の行方を聞いてきました。
 黒岩が銃を突きつけ「散々殺人を犯したお前らと交渉など出来ない」と言い放ちます。
 「犠牲にしていい人間はいない」と言い放つ黒岩はそのまま牟田に銃を突きつけます。

 大介はニコラスに元の世界に戻せと「交渉」すると言い出します。
 ニコラスは大介の手をはねのけ、パンデミックがなければ自分の存在は無になるのだと言い放ちます。
 牟田は銃を奪って取っ組み合いになり、牟田は死亡、さらに黒岩も死んでしまいます。

 最後に一人一人に希望を託し、この世を去ってしまった黒岩さん。
 大介は失ってからその重大さに気づくのだと言い、一体何人が死んだのかと考えます。
 そしてミロはバイクで走り去っていくのですが……

【感想等】
 チハルさんが倒れたことでニコラスさんがラスボス(候補)として浮上したようです。
 慶作さんの死亡が確定したわけではない以上、彼が再登場する可能性はないわけではないはず。
 珍しく大介さんが落ち込んでいるのを見ると彼も一人の人間なのだとちょっと安心しました。

 戦いよりも話し合いもありかもしれませんが、ここまで戦闘をしてしまうと難しいかと。
 大介さんが急に「話し合い」だと言い出して、まるで別の人に見えたのはここだけの話です。
 黒岩さんの「犠牲になっていい人間などいない」という言葉が正論ではありますが……

 牟田さんは退場かと思っていましたが、黒岩さんもまた退場してしまいました。
 更生した大介さんに期待するのはいいとしても、ミロさんの考えがいまいちよくわかりません。
 ムキューさんがお姉さんではないかと思いつつ、残りのお話を見ていきたいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】revisions 第8話「オペレーション・ネフィリム」

 リヴィジョンズの8話を見て感想を書かせていただきます。
 1クールという時間を考えても、ここで大きくお話を動かす必要があったのかもしれません。
 調べてみるとネフィリムさんは「巨人」という意味らしいのですが……

【内容】
 一瞬で未来に飛ばされた大介はリヴィジョンズとの戦闘を繰り広げることに。
 黒岩の提案でリヴィジョンズの本拠地を攻撃することになり、気がつけばミロとも合流していました。
 果たして「オペレーション・ネフィリム」とは一体何なのでしょうか。

 黒岩や幹夫は大介たちの成功を信じて待機し、大介たちは敵の本拠地へとたどり着きます。
 大介はいつもどおりノリノリで中央突破を主張し、ミロは警備は手薄だろうと推測します。
 人口量子脳を破壊すれば元の時代に戻れるそうで、2つに別れて作戦を開始することになりました。

 大介達が人々を助ける役になった一方で、凱、ルウは爆弾をセットすることに。
 それぞれが円陣を組んで何か和やかなムードになり、ルウは元の世界に戻ったらやりたいことがあると変なフラグを立てます。
 凱は自分の力を信じてやり遂げ、全員で生きて帰るのだと言い切るのでした。

 黒岩はこのまま待っていて生き延びられるのかと言い、自分にやれることはやるのだと一言。
 リヴィジョンズ内部では大介達の侵入を察知しつつもニコラスをリンチしていました。
 ニコラスは逃げていき、チハルの新しい体が完成して同胞達の光になるらしいのですが……

 大介達は敵がいないことが気になりますが、ミロは任務以外で人と接することがあまりないのだとか。
 凱達が敵との戦闘を開始し、大介達は捕らえられていた人々を発見します。
 人々が助けられていく一方で、慶作は自分の母親がいないことがどうしても気になります。

 泉は人々を脱出させることになり、大介は慶作とともにもう少し奥まで進むことになりました。
 凱達の前にはチハルが立ちはだかり、大介、慶作はニコラスと対峙します。
 慶作は水槽に入れられている母親を発見し、大介はニコラスに一撃を加えますが……

 ニコラスの本体が立ちはだかり、すさまじい重力が大介、慶作の動きを封じてきました。
 慶作は目の前で母親を失って憤り、ニコラスを殺して母親の敵を討とうとします。
 ミロは隙をうかがって爆弾を仕掛けようとしますが、凱はたちまちに動きを封じられてしまいました。

 チハルは新たな体になって勝利を確信しますが、慶作が彼女を握りつぶしてしまいます。
 ミロは作戦の続行を不可能だと悟って撤退を指示しますが……
 
【感想等】
 蓋を開けてみればいきなりクライマックスみたいになっていて驚きました。
 こちらから攻撃を仕掛けるのは意外でしたが、これくらいしないと帰れる見込みはないのかもしれません。
 大介さんのキャラクターが少しずつ受け入れられつつあるのはいい傾向……なのでしょうか。

 急に円陣を組んで、あたかも部活の引退試合を見ているかのように思えたのは私だけでしょうか。
 さすがにここまで来ては大介さんの独断もなりを潜め、少しずつ「更生」しつつあるように思えます。
 あとはCV田村ゆかりさんのムキューさんがプリキュアよろしく仲間になればよかったのかもしれません。

 慶作さんのお母さんがこんな形になってしまい、慶作さんが大介さんよりも心配になってきました。
 ラスボスだと思われたチハルさんがあっさりと倒されたのは別の意味で驚きましたが……
 ムキューさんがチハルさんの敵を討つためにラスボスとして立ちはだかることになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム