【アニメ感想】ケムリクサ 第12話(終)

 ケムリクサの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 りりさんの登場で色々なことがわかり、お話にも終わりが見えてきたようです。
 わかばさん達の旅の終着点がどこなのか、わたし、気になります!

【内容】
 わかばは幹ごと動く赤い木からりんを守ろうと動き出します。
 どうやら相手はケムリクサに反応しているようですが……
 りんは枝に体を貫かれているわかばの姿に呆然とします。

 わかばはなんとか救出され、りんは赤い木はりりの因縁でもあるとひと言。
 相手は普通のケムリクサが通用せず、最大出力のみどりちゃんならば決着を付けられるそうですが……
 わかばは最後の力を振り絞ってりんを助けようとします。

 りんはりりの記憶が蘇ってきて、りりが6人の姉妹になったことが明らかになります。
 水が尽きてきたりんは戻ろうとしますが、りつがやってきて自分の大事を優先すべきと言ってきました。
 りつはみどりちゃんの枝を手渡し、りなもろとも最後は好きにしてほしいとつぶやきます。

 シロは巨大な白い虫になってりつやりなを守ろうとし、りんは枝を武器にして赤い木に迫っていきます。
 そしてりんを助け出したのは死んだはずのお姉さん達であり、彼女らは赤い木に攻撃を仕掛けていきます。
 りんは姉たちが開いた道を突き進み、最後は枝を仕込んだ腕で赤い木に一撃を加えるのでした。

 わかばは無事救出され、りんがハグする一方で、姉たちはそのまま消えてしまいました。
 入れ替わりにりなやりつは何とか終わったと言い、あと数日は生きていられそうだとひと言。
 最後は緑のあふれる地へとたどり着き、りんはわかばを好きだと言い出すのでした。

【感想等】
 ラスボスっぽいのも出てきてお話も終わりなのかと思うとなんだか寂しくなりました。
 わかばさんが体を貫かれたときは驚きましたが、その割にピンピンしているように思えます。
 それこそケムリクサで回復したと考えるしかないのかもしれませんが……
 
 全員が「り」で始まる時点でりりさんとりんさん達の関係を察するべきだったと今さらながらに思います。
 お姉さん達が出てくるのは想定内でしたが、彼女達の能力の源は一体何なのでしょうか。
 りつさんにフェアリーテイルのミラジェーンさんと似た雰囲気を感じたのは私だけかもしれません。

 わかばさんが助かったのはよかったですし、りんさんがいきなり抱きしめてきたのもよかったと思います。
 りりさんの気持ちがりんさんを通じて叶えられたと解釈すればいいのでしょうか。
 まだまだ謎は多く残りつつも、彼らのこれからを祝しつつ、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ケムリクサ 第11話

 ケムリクサの11話を見て感想を書かせていただきます。
 最終決戦の地(?)に赴くりんさんとわかばさんを一体何が待っているのでしょうか。
 そして彼女達の旅はどんな形で幕を閉じるのでしょうか。

【内容】
 何かの準備をしている「りり」という娘は一体何者なのでしょうか。
 彼女は大きな機械に乗ってきた「わかば」に抱きついてきて、料理を作ったのだと言ってきました。
 わかばはぬしをケムリクサで動かし、重要な指示には人の命令とケムリクサが必要だそうです。

 ケムリクサは人には使ってはいけないと言い聞かせ、脳の情報が複製されたこともあるのだと告げます。
 本来は大人でないとケムリクサの業務に立ち会ってはいけないそうです。
 ケムリクサを使うとビルのようなものができあがり、それが彼らの仕事のようですが……

 りりは水の中から生まれたらしく、一度死んだのが助かったそうです。
 彼女は死んだことになっているのならわかばの手伝いをするのだと言ってきました。
 みどりで全身の調律をするのはりりにとっては「たばこ」で「臭い」そうです。

 りりはわかばがあまり寝ていないのではないかと心配します。
 文化財の保護はわかばが本当にやるべきことなのかといい、このままだとわかばが死んでしまうと言い出します。
 りりはケムリクサを抑える「赤い」ケムリクサを作り出しますが……

 オープニングの後、りんは映像を見て、わかばと最初の人が一緒に暮らしていたと言い出します。
 りんは作業を開始し、場面が変わって赤い木が島を侵食していくのが見て取れます。
 わかばはここからは大人の仕事だと言い、赤い木を何とか抑えようとしますが……

 わかばはりりを助けるとともに、また遭えるからと言って霧にのまれていきました。
 りりは閉じ込められながらもわかばの無事を信じますが、その壁すら破壊されてしまいました。
 自分がなんとかするんだと自分でケムリクサを使い、失敗したときのためにメモを残しておきます。

 「私のしたいことはわかばを助けることだ」というりりさん。
 彼女の行動が一体何をもたらすのでしょうか。

【感想等】
 唐突にりりさんが出てきて、1話ほど飛ばしてしまったのではないかと思ってしまいました。
 わかばさんが研究者だというのはわかりますが、ケムリクサのことはまだまだ謎が多いように思えます。
 女性キャラがりん、りつ、りな、りく、りり等々、なぜか「り」で始まるのは何か意味があるのでしょうか。

 わかばさんが仕事らしいことをしていますが、彼にこれを命じた人(?)が別にいるのでしょうか。
 彼のことを心配するりりさんが愛おしく思えるのは私だけではないと思います。
 わかばさんがイケメンすぎて惚れてしまいそう……というのはさすがに変でしょうか。

 現在に至るまでの経緯が徐々に示され、お話が少しずつでも繋がってきたのはよかったと思います。
 りりさんから生まれたのがりんさん達だとして、わかばさんが記憶を奪われて今の姿になったのでしょうか。
 次回に全てが明かされるのではないかと思いつつ、ここまできたら最後まで見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ケムリクサ 第10話

 ケムリクサの10話を見て感想を書かせていただきます。
 お話は終盤にさしかかったと思われますが、彼女達の旅の終わりはどんなものになるのでしょうか。
 個人的には姉妹が全員そろって最終決戦になると思っていますが……

【内容】
 りつは突然苦しみつつも電車にりんやりな、わかばを乗せて移動します。
 ジュウジマに入ってからは敵のアカムシは強さを増しているようですが……
 水の反応もないまま先に進んでいく一同ですが、さらには線路が途中で止まってしまいます。

 すごい濃度の赤い霧が立ちこめ、皆さんを乗せたみどりちゃんは足で移動を続けていきます。
 島の最果てと思われる場所にやってきて、霧の向こうからは何かが聞こえてきました。
 よく見てみると、空に浮かんでいる島には何かが垂れ下がっているようです。

 次の日には登ることにして、一旦は休憩をはさむこととなりました。
 わかばは戦闘が怖いと思いつつも自分も出来ることをしたいと言ってきました。
 残された水を飲みつつも、よくここまできたとこれまでを振り返っていきます。

 りんはりつが姉をしてくれたことに感謝し、りつもまた妹をしてくれてありがとうと言ってきます。
 わかばが来てからりんは柔らかい顔をするようになったそうです。
 そして、次の日にはりつ、りなは消えていき、りんとわかばに全てを託していくのでした。

 わかば、りんは先に進み、りつ、りなは休憩しつつも後ろから迫るアカムシと戦うことに。
 りんは「お前がいるのは少しいいことだ」とデレているようですが……
 わかば、りんはかなり上の方に来て、建物を少しずつ上に上がっていきます。

 木には見たことのない色のケムリクサが生えていて、気になることが多いです。
 わかばはりんの記憶の葉を見たいと言い、りんは目の前に「最初の人」の景色が見えると言い出します。
 最初の人と思われる女の人がお勉強をしているようですが……

【感想等】
 先が見えないながらも最後が着実に近づいているのかなと思えてきました。
 残り話数を考えると空に浮かんでいる島がラストダンジョンで間違いないのでしょうか。
 何人が生き残れるかと思っていたらいきなり消えてしまう流れになってしまいましたが……

 りんさんとわかばさんが少しいいムードになれば、いつか告白シーンにもなるのでしょうか。
 タイトルとなっているケムリクサのことをはじめとしてまだまだわからないことが多いのですが……
 残り1~2話と考えつつ、お話がどこまで迫ることが出来るのか、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ケムリクサ 第9話

 ケムリクサの9話を見て感想を書かせていただきます。
 前回の段階で「クジマ」までの存在が確認できましたが、全部でいくつの島があるのでしょうか。
 この旅の先に一体何が待っているのか、わたし、気になります!

【内容】
 わかば達は白い霧に囲まれた山を越えて「クジマ」を目指すことになりました。
 シロについていくことになりますが、りながあっさりと信用する一方でりんは警戒を解いていません。
 突然の物音に驚きつつも先に進んでいくと青い壁のようなものがありました。

 わかばは壁を開けようと触れてみますが、壁の向こうからアカムシが攻撃を仕掛けてきます。
 壁の中を動いているアカムシを倒すために一旦作戦を考えることに。
 りんは迂回できないかと考えますが、現実問題としてそれは難しいようです。

 疲れてしまったりんは眠ってしまいますが、わかばはまだ起きていました。
 「ちゃんと寝ろ」と心配されたものの、わかばは一人で外に出ていって謎の女性と出会います。
 女性は長女の「りょう」を名乗り、わかばが「臭い」などと言ってきました。

 死んだということになっていたりょうは普通に生きていて、葉っぱに保存してもらっていたのだとか。
 「そうこなくっちゃ!」とテンションを上げてくるりょうなのですが……
 りょうはセーラー服の女性「りょく」に姿を変えてきて、壁の壊し方を確認しているようです。

 わかばが見ていたものはりょくの日記であり、りょくはもう殺すしかないなどと言い出します。
 りんの持っている記憶の葉なるものが重要になるそうで、確信を知ってから消えたいなどと一言。
 木に触れば動かせるのではないかと言われて突破口が見えたような気がしますが……

 りょう達と別れたわかばはみどりちゃんの枝を使うことを提案してりんに怒られます。
 色々ありながらも作戦を展開することになり、りつは枝の一部を切り取り、わかばはぬしを倒すに至ります。
 いよいよ先に進めるようですが、一瞬、りんがりょうに見えてくるわかばなのでした。

【感想等】
 全部で12~13話だとしたらそろそろ終わりが見えてきてもいいのかもしれません。
 序盤からボス戦がはじまり、終盤のダンジョンという感じがしなくもないです。
 りくさんに続いてりょうさんが出てきて、最後は姉妹が勢揃いしてラストバトルになるのでしょうか。

 りょうさんがりょくさんに変身したのは驚きましたが、一人だけ洋装なのは何か意味があるのでしょうか。
 2人のやりとりがどこか微笑ましいものの、彼女は二重人格者なのかもしれません。
 残りでどこまで真実に迫れるのかわかりませんが、ここまできたら最後までがんばりたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ケムリクサ 第8話

 ケムリクサの8話を見て感想を書かせていただきます。
 7つ目の島も安息の地にはならないのが現実なのでしょうか。
 ただひたすらに先に進むとして、この旅に終わりはあるのでしょうか。

【内容】
 りんはアカムシ達と戦闘を繰り広げますが、さすがに疲れが見えてきました。
 りつは倒れてしまい、りなももう少しで1人に戻りそうになります。
 わかばの案内は本当に大丈夫なのかと心配になってきましたが……

 白いロボット(シロ)がやってきて、地図を持ってきてくれたようです。
 「ハチジマ」なる場所が存在するようですが、りつは自分の地図と照らし合わせて信用できると一言。
 どうやらシロはわかばの役に立つことに喜びを感じているようです。

 わかば達はトンネルを進んでいくと、シロは自分が役に立てないのかとついてきました。
 続いてメンバー紹介に映りますが、わかばにはどのりながどの子なのか区別がついているようです。
 わかばは調べ物をしていくと色々と気になる情報が書かれていました。

 りんはわかばに話しかけてきて、わかばは彼女の体は最初の人のそれではないかと聞いてきます。
 触ってもいいかと言われたりんは急に顔を赤くしてきました。
 トンネルは行き止まりであり、別の道を進んで外に出ることに成功しますが……

 谷は赤霧で進めず、同じような穴はないのかと考えるわかば達。
 とりあえず一同はシロについていくと、同じ形のものが何体もいて驚きます。
 なんでも「主の言うことを聞く」そうで、ここは彼らの管轄らしいのですが……

 シロ達は向こう(クジマ)からやってきたそうで、船長がいなくなった、仕事がなくなったなどと色々な情報が流れます。
 彼らはケムリの命令よりも「船長」の命令が好きであるとのこと。
 わかばは地図がほしいと言い、クジマまでの地図を出してくれましたが、赤い根を越える必要がありました。

 シロは赤い根を切断するロボットをだしてきましたが、どうやらこれもケムリクサで動いているようです。
 わかばはいつの間にか「船長」と呼ばれ、ロボットに許可を求められます。
 ロボットが落ちそうになるのが心配ですが、最後までしっかりと赤い根を切り裂いてくれました。

 赤い霧によってロボット達の機能が停止するそうで、本体の葉っぱがもう残っていないとのこと。
 わかばは目の前で散っていくロボットに涙を流し、姉、妹を失ったりん達の気持ちがよくわかったのだと一言。
 りんは自分達が死んでも泣くのかと問い、わかばは絶対にそんなことはさせないのだと言い切るのでした。

【感想等】
 冒頭から戦闘が繰り広げられ、心なしか終盤のように思えてくるのは私だけではないはず。
 気がつけばわかばさんの縄が解かれているのは彼が信頼されている証でしょうか。
 ポケモンさんのイメージからか「ナナシマ」が最後だと思っていたのは内緒です。

 無生物だと思われるシロさんですが、とことこ歩いているところがすごく可愛いです。
 りなさんの違いについて私は未だによくわかりませんが……
 リヴィジョンズの後だと時々(中の人が同じ)りんさんとミロさんが重なるのはここだけの話です。

 シロさんの存在から「最初の人」につながるのはほぼ確定と見てもいいのでしょうか。
 ロボットさんの散り際に涙が出てきたのは私だけではないと思いたいです。
 次回はクジマのお話だと思いますが、その後の島(10番目以降)も存在するのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム