【アニメ感想】グリムノーツ The Animation 第12話(終)「誰も知らない童話」

 グリムノーツの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 突然出てきた巨大な敵がラスボスだと考えても問題ないと思います。
 エクスさん達は果たしてロキさん達を止めることが出来るのでしょうか。

【内容】
 ハートの女王と対峙していたはずのエクス達は気がついたら別の世界に迷い込んでいました。
 帽子屋さんはジャバウォックを名乗る竜になっていて、続いてラスボスことロキが姿を現します。
 竜の炎がタオやシェインに襲いかかり、エクスはレイナとともに逃げるしかありませんでした。

 エクスはタオとシェインは大丈夫だと言いますが、レイナは「誰かが死ぬときなんてあっという間」と言い出します。
 自分と同じ思いをしてほしくないから進み続けないといけないと訴えるレイナに、エクスは僕はいなくならないとひと言。
 「僕はレイナの思いを支え続ける」となんだかいいムードになっていたところでタオとシェインが戻ってきます。

 3月ウサギがタオ達と一緒に出てきますが、彼女に森を案内してもらったそうです。
 ジャバウォックはここを「鏡の国」の想区だと言っていて、アリス達は赤の女王がジャバウォックと組んでいることを知ります。
 こちらの想区の帽子屋さんは赤の女王の城への地図を書いてくれましたが、本人はついてこないようです。

 改めてロキの野望を阻もうとやってきたエクス達でしたが、彼にはすでに気づかれていました。
 ロキ、カーリーが登場し、これ見よがしに拘束されていたアリスを出してきました。
 彼らの目的は全ての想区のストーリーテラーからの「解放」だといい、想区は鳥かごだと言い出します。

 エクス達はロキ達と完全に決裂し、ジャバウォックがエクス達に襲いかかってきました。
 ジャバウォックは自分が存在するためには多くの語り部と聞き手が必要だと主張します。
 シェインはジャバウォックの目を狙い、その勢いで一気に攻撃を仕掛けていきますが……

 ロキは自分も空白の書の持ち主だと言い、エクス達と同じようにアラジンに変身してきました。
 「カオスアラジン」を名乗るロキは分身しつつエクス達をたちまちに追い込んできました。
 立ち上がったエクスは「ルートヴィッヒ・グリム」なる人物に変身してジャバウォックを一蹴します。

 グリムの姿になったエクスは大量のお菓子を落としてロキを倒してしまいます。
 エクスは誰にも顧みられない悲しさを知っていると言ってジャバウォックを見送りました。
 レイナは無事だったアリスを抱きしめ、アリスの想区を調律してその場を立ち去ります。

 まだ教団の正体もわからないといい、レイナはタオ達にこれからも一緒についてきてほしいとひと言。
 エクスはいつしか新入りとは呼ばれなくなっていました。
 これまで出会った皆さんの思い出とともに、エクス達の旅はまだまだ続くのでした。

【感想等】
 唐突な展開ながらもしっかりラストまで描いたのはひとまず評価したいです。
 作中では明確な敵として立ちはだかったロキさん達でしたが、彼らの信念も全く理解出来ないわけではありません。
 エクスさんとレイナさんがいいムードになる一方で、シンデレラさんのことを考えると少し複雑です。

 巨大な敵との戦いはラストバトルにふさわしく、2つの「アリス」の想区を絡めた展開は見事としか言い様がないです。
 そういえば別のアニメでも「アリス」さんが重要な役割を示していましたが……
 ロキさんがアラジンさんになってくるのは想定外で、アラジンさんはいつの間に分身の術を会得したのでしょうか。

 エクスさんがグリムさんになるのはタイトル回収だとして、その演じ分けが一瞬別の人かと思えてきました。
 今季は別作品を含む3人の「アリス」さんに癒される冬だったと言ってもいいのかも。
 2期放送があるのかはわかりませんが、これからもエクスさん達の旅を見守っていけたらと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】グリムノーツ The Animation 第11話「不思議の国のレイナ」

 グリムノーツの11話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はアリスさんのお話らしいですが、どうも何かがおかしいような気がします。
 ロキさん達は一体何を考えているのか、わたし、気になります!

【内容】
 不思議の国の想区にやってきたレイナはアリスを見るなり目を輝かせます。
 アリスはこの世の不思議を取り締まると言い出し、何やらおかしいことになってしまいますが……
 ウサギ達は逃げてしまい、アリスは問答無用にレイナ達に襲いかかってきます。

 エクス達はレイナを連れて逃げていき、逃げたはずのウサギたちが戻ってきました。
 話を聞くと昔は自由だったそうですが、結局はウサギたちは去っていきました。
 レイナは「不思議の国のアリスのお話を説明しつつもアリスがカオステラーではないと断言します。

 一同は再びアリスの所に向かいますが、アリスは法令違反の名目で村の人々を裁判にかけようとしていました。
 アリスは自分を大人のレディだと言いますが、レイナはアリスの過去を暴露して攻撃してきました。
 そこにウサギたちが出てきてアリスを拉致していき、副隊長は女王様に報告すると言って去っていきます。

 レイナ達はウサギを縛り上げますが、アリスの姿はすでにありませんでした。
 シェインは指圧でウサギを攻撃(?)してアリスの居場所を吐かせますが……
 アリスは「こんなお茶を飲めない」と言って洞窟の奥に逃げてしまったようです。

 自分は「現実を見据えたレディ」だというアリスですが、レイナは彼女は夢見る女の子だと反論します。
 レイナはアリスの物語に助けられたと言い、無理に大人にならなくてもいいと言い出します。
 アリスはレイナの冒険の話を聞いて目を輝かせ、ウサギたちはクッキーを作ることを強いられます。

 副隊長(時計ウサギ)がレイナ達を取り囲み、アリスもろとも捕まえるなどと言い出します。
 怖くなった時計ウサギは男の方のウサギを捕まえていき、このままだと死刑にされてしまうそうです。
 話を聞いたアリスはレイナ達を案内すると言いますが、逆にレイナ達が罠にかけられてしまいます。

 アリスはもっと現実を見据える必要があると言い切り、レイナは子供のままだと言い放ちます。
 エクスはお話の力を甘く見すぎだと反論し、英雄達の力を使ってレイナ達を死刑にしようとする女王と戦闘を開始します。
 しかし、白雪姫(エクス)、シンデレラ(レイナ)は女王に苦戦を強いられます。

 エクスはアリスの力を使って女王を一蹴し、レイナは空想に逃げ込んでもいいと告げます。
 レイナは調律をしたものの女王は消えてしまい、入れ替わりで現れたウサギの様子もおかしいようです。
 突然巨大なドラゴンが現れてアリスをさらっていき、ロキは「全てが計画通り」とのたまいますが……

【感想等】
 アリスさんに目を輝かせるレイナさんに、花さんに熱情する「わたてん」のみやこさんが重なります。
 肝心のアリスさんが本来ある形とは違っていることに驚いた人は少なくないはず。
 一応、原作は「青空文庫」で全部読んだことがありますが、昔のことなのであまり覚えていません。

 黒歴史を暴露されて困惑するアリスさんがすごく可愛いと思ったのは私だけではないはず。
 シェインさんが指圧で攻撃するシーンに、ふと「風来のシレン」の座頭ケチさんが頭に浮かびました。
 戦闘の中で童話の世界の力を示すところ、空想に逃げてもいいじゃないかと語るシーンはよかったと思います。

 今さらながらアリスさんを持っている状態でアリスさんの世界に来たのが一番の謎でした。
 ハートの女王様は大原さんだと思われますが、この方の悪役はフェアリーテイルのエドラス編以来でしょうか。
 キャストの豪華さと突然出てきたドラゴンさんに驚きつつも、最終回もしっかり見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】グリムノーツ The Animation 第10話「オルレアンの聖女」

 グリムノーツの10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はジャンヌ・ダルクさんのお話なのは間違いないのですが……
 そういえば少し前に「ユリシーズ」というアニメがあったことを思い出します。

【内容】
 ヴィランとの激しい戦闘が行われ、そこにジャンヌが現れて「私に続きなさい!」と周囲を鼓舞します。
 フランスとイングランドは戦争を続けていて、ジャンヌは後にオルレアンの聖女と呼ばれるのだと説明が入ります。
 今のところはイングランド軍がヴィランに置き換わっただけのようですが……

 ジャンヌに思うところのあるエクスですが、民衆の中にカーリーの姿が見えつつも一瞬で消えてしまいました。
 レイナはどちらかの国に加担するわけにはいかないと説明します。
 エクスはジャンヌについていき、レイナは彼が深入りしなければいいのではと心配します。

 堂々としたジャンヌは「例えどんな最期を迎えてもフランスのために突き進む」と言い切ります。
 カーリーは大量の食事をしていて、ジャンヌは最後に処刑されてしまうと説明します。
 「あなたが守りたいのは彼女なのか、彼女の運命なのか」と言われて言葉を失うエクスなのでした。

 レイナはアラジンのことを気にして食欲をなくし、エクスはジャンヌに肩入れを続けていました。
 タオは主人公にひかれるのは自分にも経験があり、それは男の浪漫だと言い切ります。
 エクスはジャンヌの運命について話をしますが、ジャンヌは「処刑」という自分の結末を知っていました。

 突然現れたカオステラーはエクスを倒し、ジャンヌはさらわれてしまいました。
 エクスはそのままベッドで眠っていて、レイナ達はジャンヌ救出のために出撃していきました。
 カーリーはエクスが決して報われないと言い、ストーリーテラーからの解放を目指していると告げます。

 タオはエクスが物語の人物に肩入れしすぎだと考え、シェインはエクスはこれからも旅を続けてくれるかと考えます。
 エクスは報われる、報われないにもかかわらず、自分はジャンヌの想いを守るのだと宣言します。
 シンデレラやドン・キホーテの想いを背負って立ち上がるエクスに、カーリーは呪いを解いて彼を進ませます。

 ボロボロになったジルは部隊が全滅したのだと説明し、タオ達はジャンヌを救出するためにカオステラーと戦います。
 エクスがジャンヌを助け出し、アリスに変身してカオステラーを一蹴しますが……
 「運命はどうであろうと信念だけは裏切れぬ」というドン・キホーテの言葉を思い出したエクスなのでした。

 ジャンヌは自分の想いを連れていってほしいといい、彼女の力を得ることとなったようです。
 レイナは調律を行って想区を元に戻し、全ては元通りになりましたが……
 エクスはジャンヌの運命を思いながら、彼女の思いを背負ってさらなる旅を続けるのでした。

 遠いところでは巨大な黒いドラゴンが何か意味深なことを言っていますが……

【感想等】
 いきなり激しい戦闘がはじまり、ちょっとユリシーズかと思ってしまったのはここだけの話です。
 Fateアポクリファでもジャンヌさんが出ましたし、PSPでもジャンヌさんのゲームがあるなど、人気者なのは間違いないかと。
 敵ポジション(?)のカーリーさんが堂々と食事をしているシーンがシュールでした。

 前回にチラっとレイナさんの過去が語られたところで、今回はレイナさんの過去だとばかり思っていました。
 残り話数を考えると彼女の過去に1話を割く時間がなかったのかもしれません。
 カーリーさんの「ストーリーテラーからの解放」という目的は理解できるものの、ロキさんは別の何かを考えていそうな気がします。

 何度も「報われない」という言葉が出てくるとどうしても現実のことを考えてしまったのはここだけの話です。
 エクスさんが(ジャンヌさんと大いに関わる)アポクリファのジークさんと同じお声だったのは偶然だと思いますが……
 最後に出てきたドラゴンさんがラスボスだと思われますが、ロキさんは彼を復活させようとしているのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】グリムノーツ The Animation 第9話「熱砂のアラジン」

 グリムノーツの9話を見て感想を書かせていただきます。
 エクスさんの過去、タオさんやシェインさんの過去がわかりましたが、レイナさんはどんな過去を持っているのでしょうか。
 それ以前にロキさんの本当の目的が気になりますが……

【内容】
 アラジンの想区が崩壊をはじめるかと思いきや、オープニングの後は想区に入ったころに時系列が戻ります。
 砂漠でふらふらになるレイナの前に見事な腹筋を持つ男(アラジン)が出てきて水を出してくれました。
 レイナは「五臓六腑に染み渡る」と喜んでいましたが、気がついたら書物を奪われてしまいました。

 「いきなり盗みだなんてやってくれるじゃないの」とビンタを繰り出してくるレイナさん。
 アラジンはレイナを「運命の人」などと言い出し、これで自分の運命が戻るのではと言ってきます。
 皇帝に魔法のランプを奪われたと泣き出すアラジンなのですが……

 最後は素敵なお姫様と結ばれるというアラジンの言葉はさておき、レイナ達はアラジンに協力することになりました。
 空を見れば想区の崩壊が近づいているようで、急いで皇帝の住んでいる都に向かいますが……
 夜になると急に冷えてきて、レイナは倒れてしまい、オアシスで一時休憩することになりました。
 
 アラジンはどうしてレイナが必死なのかと疑問を抱き、タオはカオステラーが故郷を滅ぼした仇だと説明します。
 レイナは元々はどこかのお姫様で、ロキによって故郷を滅ぼされたそうですが……
 アラジンは自分もカオステラーを倒すと言い、改めてレイナこそが自分の妃になる女性だと言い出します。

 突然にヴィランが襲いかかってきますが、ランプの精をもたないアラジンは木の棒で戦闘をすることに。
 レイナはヴィランを1体倒しますが、そこで力尽きてしまいました。
 アラジンはその体でレイナをかばい、胸に傷を受けてそのまま倒れてしまいました。

 シェインによるとすでにアラジンは手遅れであり、調律をしても時間を戻すことは出来ないそうです。
 エクスは魔法のランプの力でアラジンを生き返らせることが出来るのではと考えます。
 都にやってきたエクス達の前にロキが現れ、自分が皇帝をそそのかしてランプを奪わせたのだと言い出します。

 レイナは「お前だけは許せない!」と憤りますが、ロキは彼女が私怨で動いていたのかと反論します。
 一同はランプの魔法で皇帝の元に呼び出され、皇帝はランプの精を呼び出してきました。
 ランプの精は挑発に乗りやすいと知ったエクス、タオは必死にランプの精を挑発していきますが……

 レイナは皇帝に攻撃を仕掛けようとし、アラジンの力を借りて彼を倒すことに成功します。
 しかし、ランプは(皇帝が無理をした結果)壊れてしまい、さらには想区の崩壊が始まって(冒頭シーンに戻って)しまいます。
 レイナは涙を流しながら調律をはじめ、お話は元に戻ったようですが……

 新たなアラジンは歓喜をもって迎えられる一方、レイナは元のアラジンを忘れないとつぶやきます。
 カーリー、ロキは古い物語を終わらせて新しい物語を作るなどと言い出すのでした。

【感想等】
 いきなりアラジンさんの想区が崩壊をはじめ、見はじめたときは一体何が何だかという感じでした。
 力尽きるレイナさんのお声の調子がどこか「わたてん」のみやこさんに聞こえます。
 アラジンさんの性格はさておき、見事に6つに割れた腹筋に頼もしさを感じたのはここだけの話です。

 わずかながらにレイナさんの過去がわかり、彼女の必死さの理由が見えてくるとますます好きになりました。
 主人公であるアラジンさんがあっさりと亡くなったところは信じられませんでした。
 アラジンさんを生き返らせるという発想にドラゴンボールが一瞬頭に浮かんだのは私だけかもしれません。

 いつもどおりロキさんが黒幕っぽいですが、今回のボスキャラは皇帝もといランプの精だったようです。
 世界観が世界観だけにどこかキングダムハーツ(アグラバー)のことを思い出しますが……
 涙を乗り越えて強く生きていきたいと思うと共に、ロキさんの野望を阻止できることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】グリムノーツ The Animation 第8話「鬼ヶ島の兄妹」

 グリムノーツの8話を見て感想を書かせていただきます。
 ちらほらと出てきたタオさんとシェインさんの関係がようやくクローズアップされることとなりました。
 彼らの過去には一体どんな出来事があったのでしょうか。

【内容】
 家来にしてほしいというシェインに対して、タオは「義兄弟」になりたいと一言。
 彼らは鬼ヶ島で一体何があったのでしょうか。
 オープニングの後、時系列が現在に戻り桃太郎がヴィランと戦闘を開始していましたが……

 タオはたちまちにヴィランをやっつけ、なんでも「桃太郎」の想区はタオ、シェインの生まれ故郷であるとのこと。
 桃太郎によると鬼ヶ島の鬼がヴィランと手を組み、犬、猿、雉は桃太郎に陰口をたたいているとのこと。
 彼はきびだんごを出して力を貸してくれといい、レイナは思いっきり食べ物に釣られてしまいます。

 まずは鬼の隠れ里を叩き潰すことになり、鬼は船を作っていましたが……
 桃太郎は鬼を悪者に決めつけ、鬼の姫君を潰せばいいと言って襲いかかります。
 タオは桃太郎を気絶させ、鬼姫はツノを持たない鬼の娘がいるのだと言い出します。

 鬼姫には人間を襲う気持ちはなく、故郷へ戻るために船を作っているとのこと。
 タオ達は鬼ヶ島へと向かい、おじいさんが桃太郎の前に現れて、タオは危険人物だと言い出します。
 おじいさんによるとタオは先代の桃太郎を裏切った存在であるそうですが……

 どう見ても怪しいおじいさんの一方、タオは船をこいでいて昔のことを思い出します。
 村が桃太郎に焼き払われていて、桃太郎は「新しい家来」ことヴィランと手を組んで襲いかかってきます。
 タオは先代桃太郎を殺したと言われてそれは間違いではないと言い出します。

 桃太郎はタオは仲間を裏切るような男だと言い放ちますが、シェイン達はタオはそんな人間ではないと反論します。
 シェインは鬼の娘だと言われ、タオは自分とシェインの過去を語り出します。
 周りから疎まれて育ったタオは桃太郎の相棒にしてくれと嘆願し、そのときに「タオ」という名を与えられたとのこと。

 追い込まれた桃太郎はタオだけを助けようとし、彼は自分の家族なのだと言って生き残るようにと促します。
 桃太郎の前におばあさんが現れ、おばあさんとおじいさんは2人で一人のバケモノでした。
 おじいさんとおばあさんは双頭の鬼に変化してきて、桃太郎はもう倒すものが何なのかわからないと言い出します。

 タオ達は戦闘を開始しておじいさん達を倒し、自分の知る桃太郎は武勲のために戦っていなかったと一言。
 レイナは調律によってお話を元に戻していきます。
 元に戻れば再び人間と鬼の争いが始まりますが、これも割り切るしかないのでしょうか。

 シェインは4人ならばどこにでも行けるとつぶやきます。
 先代の桃太郎は生前には家族とは永遠の居場所ではないと言っていました。
 そしてタオは今の仲間のことを「タオファミリー」などと言い続けるのでした。

【感想等】
 これまで西洋風のお話が続いていただけに今回は日本の昔話だったのは意外でした。
 鬼ヶ島というタイトルから「桃太郎」さんが出てくるのは必然ではありますが……
 「鬼灯の冷徹」で白澤さんが桃太郎さんを「タオ太郎」と呼んでいたことを思い出します。

 先代と今の桃太郎さんの姿に、正義と悪とは単純に割り切れないのだと実感します。
 芥川龍之介さんの「桃太郎」だと桃太郎さんは「侵略者」扱いというのは知っておいてもいいのかもしれません。
 一昔前だと「桃太郎伝説」なるゲームもありましたが、今はむしろ電鉄の方が有名かも。

 シェインさんが鬼の娘という事実に、リゼロのレムさんが一瞬頭に浮かんできたのは私だけでしょうか。
 タオさんが仲間のことを「家族」という理由がわかり、彼への見方も少し変わってきました。
 そろそろ終盤ではないかと思いますが、ロキさんの素性についても教えてくれるとありがたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム