【アニメ感想】W'z 《ウィズ》 第13話(終)「My wish is surely… 《マイ・ウィッシュ・イズ・シュアリィ》」

 ウィズの13話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 ミドリさんとの戦いはますます激しさを増していくようですが……
 ユキヤさんは彼を倒し、全てに決着を付けることが出来るのでしょうか。

【内容】
 ミドリ、セバはユキヤ達を探し回りますが、かつてタヅナと戦ったコダマのドラマ撮影によって阻まれます。
 敵には子飼いのハンドシェイカーがかなりの数にいる一方、こちらはフミユキとユキヤしか戦えませんでした。
 フミユキがニムロデを使って仲間を呼び出すことによって数の不利を補おうと考えます。

 ユキヤ、ハルカはミドリ、セバと対峙しつつも自分達では勝てないと断言します。
 ハナ、センリ、ガイ、マサタカを次々と呼び出し、ミドリにわずかながらのダメージを与えていくユキヤさん。
 どうやらタヅナを呼ばないことには理由があるようですが……

 ミドリはハンドシェイカーは人の欲望そのものだと言い、戦いの後に怒るのは醜い悲劇だとひと言。
 ハルカがセバと対峙し、ユキヤはミドリと戦闘を続けていきます。
 ユキヤの父親であるナガオカは遠いところで息子が戦っているのだとつぶやきます。

 マユリはナガオカとの間に子供が産まれることを願い、ユキヤは誰よりも強く優しく育ったようです。
 ユキヤはミドリを圧倒し、ハルカの武器を使ってミドリに一撃を加えます。
 ミドリはどんな犠牲を払ってもユキヤ達を跪かせるといって去っていきましたが……

 タヅナとコヨリはナガオカやマユミと再会を果たし、ここには神にたどり着く資格を持った者が3組いるとひと言。
 ナガオカは「よく育った」と息子の成長を喜び、共に手を取り合えば突然光があふれてきました。
 その結果、全ての力が消えてしまいましたがユキヤにはすでに悔いはありませんでした。

 マキハラとフミユキは話し合い、これでユキヤ達が狙われることがなくなったのだと告げます。
 ガイとマサタカは星を見ていていつかはユキヤも登山に誘おうかと言い出します。
 ミドリの胸の傷も消滅していて、セバは一度死んで救われた者を知っているのだとつぶやきます。

 セバはミドリをお姫様だっこしてきて、ミドリは「無礼だぞ」と言いつつ思わず涙を流してきました。
 ハナはアルバイトを続けつつもセンリとの交際を続けているようです。
 フミユキはユキヤとハルカを合格だと言い、レイジロウは息子の成長に涙していました。

 ユキヤとハルカは互いに手をつなぎ、かみ合っていると言ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 ハンドシェイカーの続編があると聞いて見はじめた本作も最終回を迎えてしまいました。
 自分だけでは勝てないとあっさり認めるのも一つの強さなのかなと思います。
 仲間の力を借りるという展開はよくありますが、実際に戦力にしてしまうのは意外と少ないかも。

 ハナさんとセンリさんがわずかでも出てきたのはちょっとうれしかったりします。
 前作であっさり倒されたレイジロウさんが立派な父親になっていたのも私の胸を打ちました。
 お話の流れの上でそうなったとはいえ、さりげなく姉と妹が対面できたことも喜ばしいです。

 全ての力が消えたことで前作を含めたお話に一応の決着がついたのかなと思います。
 それぞれのパートナーが幸せになっているのならばこの長かった戦いも意味があったのでしょうか。
 来年に第3段があるのかはわかりませんが、皆さんが幸せに生きていけることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】W'z 《ウィズ》 第12話「Hi HOO HOOligan! 《ハイ・フゥ・フーリガン》」

 ウィズの12話を見て感想を書かせていただきます。
 セバさん達を退けてお話はいい方向に進んでいると思います。
 最後に残ったミドリさんとはどう決着を付けるのでしょうか。

【内容】
 ユキヤやハルカが逃げたことを知ったミドリですが、輝くべきは僕だとつぶやきます。
 そこにハルカ、ユキヤの2人がやってきましたが……
 オープニングの後、レイジロウ達はミドリが動き出すのではないかと話し合いをしていました。

 フミユキはユキヤの力を奪うのが一番楽だと言いますが、ユキヤは別の何かを思いついたようです。
 レイジロウは頭を下げて息子に力を貸してやってほしいと言い、他の皆さんも着々と動き出します。
 ユキヤ、ハルカの2人はミドリのやりかたは間違っているのではないかと言い、彼の願いを叶えることが出来ると言い出します。

 ミドリはハンドシェイカーであり、願いがあるのではないかと推測するユキヤさん。
 自分達の力はジグラートを行き来するものではなく、仲間を呼び出すことが出来る能力であるとのこと。
 呼び出したハンドシェイカーを倒していけば擬似的に「神」に至るそうですが……

 ミドリは「無駄足だったね」「神への願いなどもうない」といい、自分もまた神に至ったハンドシェイカーだとひと言。
 腹部に埋め込まれた宝石はその「愚かさの証明」らしいのですが……
 ミドリはハンドシェイカーのシステムを徹底的に利用することが目的だと言い出します。

 コヨリの父母はミドリの父親の支援を受けていましたが、夫妻はすぐに行方不明になってしまいます。
 ミドリは自分の存在価値を取り戻すためにセバとともに戦いを繰り返し、自分の願いを叶えてほしいと神に訴えます。
 息子がジグラートから物を持ち込めることを知った父は「誇らしい」と言いますが……

 父は息子から強引に宝石を取り出し、最後まで役立てば息子も本望だと言い出します。
 セバはミドリを助けにやってきて、目の前で父親を射殺してしまいます。
 涙を流すセバにミドリは花を手向け、「跪け」と主従関係を求め、ジグラートへと移動します。

 「これからも、これからも、僕はお前の主だ」とのたまうミドリさん。
 時系列は現代に戻り、ミドリはセバとともにユキヤ達に襲いかかってきました。
 セバはユキヤ達を圧倒し、ユキヤは力の差を理解しながらも諦めることはありませんでした。

 ミドリ、セバはユキヤ達が何かを誘っているのではと考えて一旦退却します。
 タヅナ達は車で運転していて、集まったハンドシェイカー達はハルカの家族を避難させていたようです。
 ユキヤ、ハルカがボロボロの姿で戻ってきて、もうひとつ頼まれてくれないかとひと言。

 「逃げたところで結果は変わりはしない」とユキヤ達を追い詰めていくミドリ達。
 果たして、彼の悲しい瞳をに灯をともすことが出来る日が来るのでしょうか。

【感想等】
 ミドリさんがラスボスなのは確定事項となり、いよいよ最後の戦いが始まるのでしょうか。
 久しぶりにハナさんとセンリさんが出てきたのはちょっとうれしいですが、あまり出番がなくて残念かも。
 かつて敵と敵とで手を取り合ったように全ての人がわかり合えればいいのですが……

 ミドリさんの過去は彼の「存在意義」を求める旅だったように思えます。
 条件付きで得られる愛が本当の愛なのかというのは同時期放送のSAOでも議論されてきたことでした。
 彼がセバさんを求めたのもまたそんな悲しい理由ゆえなのだろうと思います。

 悲しいのはミドリさんがこれまで「対等」に接することが出来る相手がいなかったことでしょうか。
 圧倒的な力の差を見せられた状況を覆すのは、良くも悪くも「絆」の力なのかもしれません。
 次回が最終回なのは確定ですが、どんな形になってもハッピーエンドになることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】W'z 《ウィズ》 第11話「CHurch CHat CHat! 《チャーチ・チャット・チャット》」

 ウィズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 セバさんを退けたユキヤさん達でしたが、今度はフミユキさんが立ちはだかります。
 フミユキさんとミドリさんを倒したら、ハルカさんと2人で帰ることになるのでしょうか。

【内容】
 レイジロウの前にフミユキ、タマリが現れ、彼らはいきなり攻撃を仕掛けてきました。
 ユキヤ、ハルカは「ファンです!」と喜びをあらわにし、フミユキはサインくらい書くなどと言い出します。
 「you達の力を消させてもらう」と攻撃を仕掛けたかと思いきや、突然タヅナやコヨリを呼び出します。

 タヅナとコヨリはユキヤ、ハルカの前に立ちはだかり、2人が危ない目に遭う前に力をなくすと一言。
 ユキヤ、ハルカはまだこの力は渡せないと反論し、自分の力はフミユキと同じだと気づきます。
 タヅナとユキヤが互いに攻撃を仕掛け、ユキヤは徐々に追い込まれているようですが……

 ユキヤ、ハルカは互いに手をつないで「ディスク」を入れ、レイジロウとユキネが出てきます。
 レイジロウはタヅナに迷いがあるのではと指摘し、タヅナに本気で来いと迫ります。
 ハルカはタマリに攻撃を仕掛け、ユキヤはフミユキと戦闘を続けていきます。

 「私、前向きなんです」とハルカはタマリを圧倒し、ユキヤは「叶えたい願いがある」と言い放ちます。
 事情を聞いたフミユキは「エモった」などと言って攻撃を止め、明日の17時に指定された場所に来いと言ってきました。
 フミユキはサインを渡してきて、仲間を呼ぶにはインターバルが必要なのだと説明してきました。

 ハンドシェイカーにはバランスを崩すイレギュラーが存在し、フミユキはそれを消して回っているようです。
 行った先にはナガオカがいて、さらにはコヨリの姉であるマユリも出てきました。
 ユキヤはマユリ達の姿を見て涙が出てきますが、ナガオカは今の医学では治せない病気だと説明します。

 病を止めるという願いは時間を止める願いであり、コヨリ達と会うことはもう不可能であるとのこと。
 ユキヤはコヨリに電話をかけ、コヨリは久しぶりに姉の声を聞いて涙を流します。
 マユリはコヨリとタヅナの声を聴けてよかったと涙を流し、タヅナ、ハルカはそのまま去っていきます。

 ハルカは忘れ物をしたと言って戻っていき、フミユキはナガオカに(親だと)「名乗らなくてよかったのか」と告げます。
 ナガオカ、マユリはハルカにユキヤのことを託していきます。
 ハルカはユキヤと再会し、2人で元の世界へと戻っていくのでした。

【感想等】
 最終回直前の今さらながら、ウィズは「with」をかけているのだろうなとふと頭に浮かびました。
 てっきりフミユキさんとだけ戦うかと思ったら、前作主人公とのバトルになるとは思いませんでした。
 さらにお父さんまで出てきて戦ってくれるようですが、ハナさん達はもう出番がないのでしょうか。

 これまでよりも戦闘の動きがよくなっていた一方で、フミユキさんがあっさりと退いたのは驚きでした。
 ナガオカさん達に出会った途端に涙が出たところで、実の両親なのだろうと気づいた人は少なくないと思います。
 次回はミドリさんを倒して前作に続くお話は終着を迎えることになるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】W'z 《ウィズ》 第10話「DUDDY bUDDY riDe 《ダディ・バディ・ライド》」

 ウィズの10話を見て感想を書かせていただきます。
 ユキヤさんが自分の気持ちに向き合うことになったのはいい傾向だと思います。
 そんなところにどうお父さんが関わってくるのでしょうか。

【内容】
 レイジロウは「戦いとは無縁の世界に」と約束をしてユキヤを預かったことを思い出します。
 フミユキに怒られながらも息子が決めたことならば戦うことも認めるのだと言い切るレイジロウさん。
 その場を去ったフミユキはかつてパートナーを戦いで失ったという過去がありました。

 ユキヤはタヅナに一度は連絡を取ろうとしますが、そこに現れたのは父親であるレイジロウでした。
 レイジロウは息子の変化を察していて、ユキヤは奥池グループを知っているのかと聞いてきました。
 とりあえずハルカが奥池グループに連れていかれたと説明しますが……

 「話したいことがあったんだ!」とハンドシェイカーの力を使っても彼女に会おうと考えるユキヤさん。
 レイジロウは止めることなく「たまには親を使え」と言い出します。
 ユキヤをバイクに乗せて移動させながら、彼が自分の実の子供ではないことを告白します。

 奥池の寮は高層ビルにしか見えず、そのままジグラートに移動するユキヤ達。
 セバがその場に立ちはだかり、さらにその隣にはハルカの姿がありました。
 レイジロウは鎖でセバを攻撃し、自分がその場を引き受けるから先に行けと言ってきました。

 ユキヤはハルカを追いかける一方、セバはレイジロウを一蹴してしまいました。
 ハルカは「帰って!」とニムロデを振るってきて、セバはミドリに拾われたことを思い出していました。
 一人では勝ち目がないと言われたレイジロウですが、負けるわけにはいかないのだと再び立ち上がります。

 鎖を鎧にして攻撃を防ぎ、接近したところから頭突きをたたき込むレイジロウさん。
 ユキヤは文化祭の時の気持ちを伝えようとしますが、ハルカは自分にはその資格がないのだと攻撃を仕掛けてきます。
 悪口を止められなかった自分は最低だと言い、ユキヤのために出来ることがあると言い出すハルカなのですが……

 ユキヤはいつも一緒にいたハルカにそばにいてほしいと言い、彼女のことが好きなのだと告白してきます。
 ハルカはジグラートのことを覚えていたことを隠していたことを告げてきましたが……
 レイジロウは息子の告白を見て勝利を確信し、ユキヤ、ハルカは手をつないでセバと戦うことに。

 セバを退けたハルカ、ユキヤは互いに向き合い、互いに話し合いたいと言って帰ろうとします。
 手をつないでも戻ることが出来ず、そこに口笛とともにフミユキ達が現れます。
 彼らは一体何を考え、何をしようとしているのか、わたし、気になります!

【感想等】
 レイジロウさんとフミユキさんの因縁も気になりますが、本題はやはりユキヤさんとハルカさんでしょうか。
 すっかり親として成長した礼次郎さんは1期1話で虐待をしていた彼とは別人にしか見えません。
 血のつながりを超えた親子の絆を前に、ちょっと(どころかかなり)涙が出てきたのは私だけではないと思います。

 学生寮が高層ビルにしか見えませんが、どれだけ大規模な学校なのかと思えてきます。
 セバさんがハルカさんの隣にいると中の人だけにアイドルのプロデュースをしているように見えてきました。
 レイジロウさんが頭突き(?)でセバさんを追い込むところはすごくかっこよかったです。

 斧を振るってくるハルカさんには驚きつつも、互いに気持ちを伝え合ったのはよかったと思います。
 セバさんを倒し、次回にフミユキさんを倒したら、最後にミドリさんを倒して終わるのでしょうか。
 最近置き去りにされたナガオカさん達の行方も気になりますが、そのあたりもあと2話で明らかになることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】W'z 《ウィズ》 第9話「GReen GROss GROOvy 《グリーン・グロス・グルーヴィ》」

 ウィズの9話を見て感想を書かせていただきます。
 「グリーン」という文字が入っている以上はミドリさんが仕掛けてくるのは間違いないはず。
 戻ってこなくなったハルカさんのことが気になりますが……

【内容】
 ハルカから連絡が来なくなったことに焦るユキヤさん。
 そこに奥池ミドリの代理人を名乗る「セバ」なる男から電話がかかってきました。
 なんでもミドリは直接ユキヤと会いたいとのことですが……

 ユキヤはミドリの提案をタヅナ達に告げ、一度ミドリと話してみたいと言い出します。
 タヅナは自分が同行すると申し出て、誰かがそばにいればジグラートに入って逃げられると一言。
 ユキヤはレアメタルの精製(生成?)工場を見せ、資源には限りがあるのだと言ってきました。

 ジグラートに入ったミドリはこの空間は異質であり、時間の流れ方は異なるとのこと。
 時間が止まっているという設定ながらもものを動かそうと思えば動かせ、音楽を鳴らすことも可能なのだとか。
 ミドリはコピーされたジグラートから無限にレアメタルを採取し、ユキヤ自身が「神」になるのだと言い出します。

 ユキヤはミドリがやっていることが正しいのかはわからないものの、彼がハンドシェイカーらしくはないと告げます。
 ハルカ視点のお話になり、少し時間を遡ると彼女にはセバから連絡が入ってきました。
 ミドリはハルカを連れてきて、ユキヤは他のハンドシェイカーとは違うのだと言ってきましたが……

 ミドリはユキヤのワイズが知られているのだと言い、一人の個人がユキヤを守り切ることができるのかと言ってきました。
 「君にだけ出来ることがある」といい、ハルカがユキヤの代わりを出来ると言い出します。
 ハルカは自分がコヨリになれないと言い、ミドリはハルカの手を取って全力で守ると言ってきました。

 フミユキはミドリが動き始めたことを知り、急に「潰す」などと言い出します。
 学校ではハルカが転校したという話題になり、ユキヤは話をしていた女子を問い詰めます。
 母親によると「奥池大学付属中学」に転校したとのことですが……

 ユキヤはミドリからハルカを連れ戻そうと決意します。
 一方でレイジロウの前にはフミユキが現れます。
 どうやら彼らは知り合いのようですが……

【感想等】
 文化祭の発表がうまくいったので全てがうまくいくと思っていた私が浅はかでした。
 ミドリさんのいきなり呼び出しをしてくるその大胆さは、若くして企業を経営しているだけはあると思います。
 単純に父親の死(?)後、その資産と目的を引き継いだだけなのかもしれませんが……
 
 神に近づくというややオカルトな側面から、急に経済的な側面が出てきたのは少し驚きました。
 レアメタルだけでなくて何でも採取できるならそれこそ何でもありなのかもしれません。
 ハルカさんがユキヤさんの代わりになれるのなら、別にユキヤさんでなくてもいいような気もしますが。

 優しい声をかけてくるミドリさんですが、彼には何か裏があるように思えてなりません。
 フミユキさんも動き出してきて、お話はすでに終盤という感じでしょうか。
 「奥池大学」というわかりやすすぎる名前に驚きつつも、ユキヤさんがハルカさんに思いを告げられることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム