【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第24話「異世界の守護者」

 盾の勇者の24話を見て感想を書かせていただきます。
 迫ってくる第3の波と対峙することになった尚文さん達ですが……
 大方の予想が正しければラルクさん達は尚文さん達の敵……なのでしょうか。

【内容】
 地下神殿で波の到来を示す砂時計を発見した尚文達は急ピッチで波に対する準備を続けます。
 次の波が来るまで2日と迫り、話を聞いた女王はすぐに準備をしてくれました。
 クズ王(原文ママ)とは違って女王の手際は早く、すぐに大規模な艦隊を準備してくれました。

 女王とともにメルティもやってきて、親友のフィーロもとても喜んでいました。
 島の住民の避難はすでに終わっていましたが、相変わらず勇者達は共闘とはほど遠いようです。
 カルミラ島で行動を共にしたラルクやテリスも艦隊に加わっているのは心強いですが……

 濃縮された酒を爆弾に使い、動きを止めた魔物を各個撃破していくことに。
 大きなツノを持った魚がやってきて船を沈めてきますが、尚文はフィーロとともに水中に潜って対処します。
 しかし、3人の勇者はほとんど役に立たず、尚文達が孤軍奮闘するしかありませんでした。

 半魚人(?)が船の上に上がってきて人々を襲い、メルティが海に引きずり込まれそうになります。
 そこに助けに現われたのは巨大な鎌を持ったラルクであり、圧倒的な実力で敵をやっつけていきました。
 ラルクは「まずはこいつを倒さなければ」と意味深なことを言って尚文と共闘してボスを倒します。

 尚文はたちまちにボスを倒したラルクを称賛し、遅れてやってきた3人の勇者はドロップ品を回収しにやってきました。
 ラルクは「こんな弱っちい奴らが勇者だと?」と言って攻撃をしてきて、自分達の世界のために死んでくれと言ってきました。
 彼らは「異世界の」勇者であり、危機を防ぐためには負けるわけにはいかないそうです。

 女王はラルクを攻撃させようとし、元康や樹、錬が攻撃しますが、全く相手になっていませんでした。
 ラルクは尚文、ラフタリア、フィーロの3人を同時に相手し、女王は負傷者の救助に追われ、メルティは尚文のもとへ向かいます。
 尚文はラルクの攻撃が防御力「比例」攻撃だと気づき、ラルクは正々堂々と手の内を示してきました。

 メルティは「こんな奴らさっさとやっつけて帰りましょう」と言い、尚文もまた自分の手の内を晒してきました。
 テリスとはメルティが戦い、尚文は敵の攻撃を防ぎつつ設置型の罠でラルク達を追い込んでいきますが……
 ラルクは尚文との戦いを楽しんでいるらしく、さらにグラスまでがやってきて攻撃を仕掛けてきました。

 グラスは尚文がまだ本気ではないと言い、自分の手で確実に尚文を仕留めると言いますが……

【感想等】
 1クール目の山場は第2の波であったように、2クール目の山場もまた波ということでしょうか。
 女王様の手際の良さはプラス材料ですが、まだまだ勇者達の共闘は難しいようです。
 公式サイトにははっきり「三勇者は相変わらず役に立たず」などと書かれていたりしますし……

 ラルクさんと尚文さん達の共闘は胸が熱くなり、その後の彼らとの戦いには胸が苦しくなります。
 さらにはグラスさんまでやってきますが、尚文さんもまだ本気を出していない……のでしょうか。
 次回サブタイトルがタイトルそのままだったので最終回だと思いますが、出来ることなら2期、3期と続いてほしいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第23話「カルミラ島」

 盾の勇者の23話を見て感想を書かせていただきます。
 ラルクさんの登場でまた新たな展開が待っているように思えます。
 仲良くなるだけなったら敵だと判明するパターンでしょうか。

【内容】
 ラルク、テリスの2人と同席することになった尚文達。
 ラフタリアには彼らの言葉がわからないらしいですが、ちょっと細工すると話が通じるようになりました。
 自己紹介をする尚文ですが、ラルクは尚文が盾の勇者だとは信じていないようです。

 ラルクは盾の勇者は極悪人だと言い、尚文はそんな外道とはぜんぜん違うと言ってきました。
 尚文以外の3人の勇者は船酔いでダウンしていましたが……
 色々ありながらも「カルミラ島」にたどり着き、ハーベンブルグという男が出迎えにやって来ます。

 カルミラ島は観光地としても有名なところであり、尚文は狩りのルールについて説明を受けます。
 島を切り開いたという者の像から尚文は何かを感じ取ったようです。
 フィーロはすごい勢いでジャンプしてきて、ラルク、テレスは一緒にレベルアップしないかと提案します。

 急に経験値が入らなくなったかと思ったら他の勇者と鉢合わせになります。
 尚文は喧嘩する他の勇者に呆れて場所を移動しますが、ラフタリアやフィーロの武器が成長に追いつかないとのこと。
 順調にレベルアップをしているようですが、尚文はブラッドさくりファイスのダメージが残っているようです。

 その夜、ラルク、テリスが心配してやってきて、そのまま村に戻って食事をします。
 ラフタリアは以前絡まれた兵士とは腕相撲で決着を付けたようです。
 元康は酒の元になる木の実を食べて酔っ払って倒れてしまい、尚文は久々に酒の味を堪能します。

 尚文は宝石を細工してテリスに与えますが、テリスはその出来の良さを見て思わず涙を流します。
 信じられないほどの代金を貰って驚く尚文ですが、テリスは持ち金を全部だそうとしていました。
 50レベルを超えるラルク達は只者ではなく、その鎌を使った戦闘能力も驚異的でした。

 レベルが70以上になったからと、尚文達は強敵と戦闘を繰り広げることに。
 テリスは尚文ごと敵を焼いてきましたが、尚文がダメージを受けたわけではないようです。
 そして、ラルク、テリスは尚文に別れを告げて去っていきましたが……

 尚文はラルク達を仲間に誘うことを考えつつ、次の日は休みにするかとひと言。
 ラフタリアやフィーロは水着になっていましたが、すぐにペンギンの着ぐるみを着て海底に沈むことに。
 海底神殿(?)には砂時計が置いてあり、次の波が来るまであと2日とのことですが……

【感想等】
 ラルクさんもテリスさんもキャスト的な意味でもかなりの大物なのは明らかでした。
 それ故に彼らと戦うことになったとき、尚文さん達が彼らを攻撃できるのかが心配になりますが……
 王様の武器が「杖」という設定を聞きましたが、別世界では鎌の勇者が存在するのかも。

 2つ目の波のときにグラスさんが出てきたように、今回出てきた刺客がラルクさんなのでしょうか。
 水着回はあっという間に終わりましたが、ペンギンさんの着ぐるみもちょっと可愛いです。
 24、25回で最終回だと思われますが、最後はラルクさんと戦って2期(希望)へと続くのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第22話「勇者会議」

 盾の勇者の22話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらもクラスアップ出来たのはよかったと思います。
 お話も会議もそう簡単に進まないようですが……

【内容】
 フィーロに引かれて移動する尚文は四聖教の紋章を見て国が変わろうとしているのを実感します。
 これまで妨害で出来なかったクラスアップも無事終わったようで何よりです。
 3話ぶりのオープニングを終えた後、女王ミレリアは尚文達を呼び出して不都合はなかったかと聞いてきました。

 ラフタリアもフィーロも好きなものを選べなかったと言い、それはフィトリアの毛が影響したようです。
 ミレリアはフィトリアの話を聞いて目を輝かせて自分も一度乗ってみたいと言い出します。
 本題は勇者4人を招いた祝賀会を開くとのことで、勇者の皆さんに聞いていただきたいことがあるとのこと。

 フィーロはメルティと再会できて喜び、別室では女王と4人の勇者が集まっていました。
 酔っ払った兵士が「薄汚い亜人がいると酒がまずくなる」と言い、さらに盾の勇者を侮辱してきました。
 広間で喧嘩があったとメイドさんがどこかに行き、マイン(アバズレ)は食べ物に毒を入れてきます。

 ミレリアは「活性化」について言及し、経験値が増加する現象だと説明します。
 メルティは母親に姉のことを報告し、ミレリアは娘の相次ぐ不祥事に頭を痛めます。
 ミレリアは効率よくレベルを上げるために情報交換をしたらと言いますが……

 3人の勇者は非協力的な態度を貫き、半ば呆れたミレリアは尚文以外は次の波で死ぬと言い出します。
 ラフタリアは押さえ込まれながらも兵士と取っ組み合いになり、冷静にあのゴミを処理すると言って兵士を殺しにいきます。
 尚文は自分の盾はチートではなく努力の結果だと言い、自分の情報と引き換えに全ての情報を求めます。

 手にするだけで武器をコピーするウェポンコピーシステム、レシピを自動的に作ってくれるシステムを尚文は知りませんでした。
 武器の強さはレア度、熟練度、強化精錬だと言い争いをする3人の勇者に呆れる尚文さん。
 「お前らとは話にならん!」と激おこの尚文はその場を去り、同じように怒ったラフタリアとともにため息をつきます。

 メルティとフィーロは一緒に眠り、尚文が相手を信じようとしたらウェポンコピーが解放されます。
 次の日、尚文はメルティに別れを告げて旅立ち、メルティは「私のやるべきことがある」と言って残ることに。
 尚文はウェポンコピーを使って武器屋のエルハルトには犯罪だと言われてしまいます。

 ラフタリアは故郷にあるリファナの墓参りをし、改めて村を元に戻すのだと決意します。
 赤髪の男ラルクは尚文を「坊主」と呼びますが、尚文はこう見えても20歳を超えているそうです。
 ラフタリアは尚文がいない世界は考えられないと言い、尚文は何処にも行かないと告げます。

 尚文達は舟に乗り込み、レベルアップへと向かっていきます。
 先にやって来た勇者に部屋を占拠され、先ほどのラルクと相部屋となってしまうのでした。

【感想等】
 お話が落ち着いたからか久しぶりのオープニングを聴いて感慨深いものを感じます。
 クラスアップ出来たのはいいとしても思い通りにならなかったのは何かの意味があるのでしょうか。
 フィトリアさんの話を聞いて目を輝かせる女王様が「可愛い」と思ってしまったのは内緒です。

 尚文さんが歩み寄ったことで色々と情報が得られたのは前進だったと思います。
 人間がわかり合うことは難しいと思いながらも、ラフタリアさん達が幸せになることを願うばかりです。
 次回はレベル上げ回だと思いますが、最後に同室した2人が仲間になる流れなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第21話「尚文の凱旋」

 盾の勇者の21話を見て感想を書かせていただきます。
 教皇さんを倒して今までの誤解も解けたようで何よりです。
 王様とマインさんはどのように裁かれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 目を覚ました尚文はベッドで横になっていて、1人の女神(ラフタリア)と2人の天使(フィーロ、メルティ)に囲まれていました。
 教皇との戦いで意識を失った彼は王室御用達の病棟で眠っていたらしく、そこにやってきたのはごじゃるの人こと「影」でした。
 女王のミレリアは自ら尚文の前に現われ、尚文は波からこの世界を救う存在だと断言します。

 ミレリアは世界会議に出るために国を出ていて、4国がそれぞれ1人ずつ勇者を召喚する手はずだったとのこと。
 それを国王やマインが勝手に4人とも召喚してしまい、ミレリアは各国を奔走することになったそうです。
 女王は信頼のおける領主に言づてをしたはずが、その領主は一つ目の波で命を落としてしまったそうです。
 
 国王は「盾の勇者」を憎んでいて、そこを三勇教につけ込まれたとのこと。
 尚文は別の国に召喚されていたらもう少しましだったとつぶやき、女王はえん罪を晴らして叙勲と報奨金を出すとひと言。
 女王は夫と娘を裁いてけじめを付けると言い出し、これは尚文にだけ話すことなのだとか。

 尚文に国王とマインが処刑される光景が浮かびますが、それは彼の見た夢だったようです。
 奴らが処刑されるのは当然だと自分に言い聞かせる尚文なのですが……
 次の日、尚文達は王宮にやってきて、樹や錬、元康といった他の勇者と出会います。

 元康はマインと王様がいないと言っていたら、2人は手かせをはめられていました。
 女王は2人の弾劾裁判を行うと言い、虚言癖のある実の娘には奴隷紋を刻んでいきました。
 マインが国家転覆に加担したことはないとしても妹を暗殺しようとしたのは事実でした。

 国王は無断で4人を召喚したことをとがめられ、マインが尚文に襲われたというのは間違いだったことが判明します。
 女王は国王やマインが王族にあるまじきろくでもない人物だと言い放ちますが……
 国王はかつて盾の勇者が家族を殺したと言いますが、女王は夫と娘に死刑判決を出します。

 ギロチンで国王とマインが処刑されることになり、尚文が夢で見たままの光景が繰り広げられます。
 尚文は本当にこれでいいのかと考え、そんな奴らには死刑なんて生ぬるいと言い放ちます。
 国王は「クズ」、マインは「ビッチ」「アバズレ」と改名させられて命だけは助けられ、四聖教が国教と改められます。

 尚文はこの国だけではなく世界中を救うと言って旅立つことになりました。
 メルティは国に残ることになり、ラフタリア、フィーロは尚文についていくことになりました。
 女王は尚文が止めなければ自分が命を賭して2人の助命を訴えるつもりだったとのこと。

 疑いの晴れた尚文は国民に受け入れられ、メルティは父と姉を助けた尚文に感謝して涙を流していました。
 尚文は盾の勇者になったおかげで大切なものを手に入れたと言い、盾を振りかざしてポーズを決めます。
 そして次回タイトルは「勇者会議」とのことですが……

【感想等】
 2話連続でのオープニング省略に作品にかける気合いをまざまざと見せつけられました。
 作品ではずっと「尚文」と言われていただけに女王様に「岩谷様」と言われてちょっと違和感を覚えた人も多いかも。
 あれだけのことをやらかした王様やマインさんが報いを受けるのは当然だと思います。

 尚文さんに感情移入した視聴者の一人としてはマインさんが苦しんでも同情できませんでした。
 相手も報いを受け、尚文さんの疑いも晴れてとりあえず一安心したのは言うまでもありません。
 次回は「勇者会議」とのことですが、4人の勇者が協力して波に立ち向かうということで間違いないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】盾の勇者の成り上がり 第20話「聖邪決戦」

 盾の勇者の20話を見て感想を書かせていただきます。
 他の勇者と共闘できたのはよかったのですが、突然「大聖堂」に取り囲まれてしまいました。
 尚文さんはこのピンチをどのように切り抜けていくのでしょうか。

【内容】
 女王は自ら鎧をまとって出撃すると言い、兵士を前に三勇教の教皇を討伐すると宣言します。
 盾の勇者とメルティを案じる女王から場面が入れ替わり、大聖堂に閉じ込められた尚文達は教皇と戦っていました。
 尚文は元康に自分を攻撃させ、その呪いで教皇を攻撃しますが大聖堂の中では通用しないようです。

 教皇は信徒達からエネルギーを得ていて、信徒の殉教も辞さないような発言をします。
 元康は尚文の盾でなんとかならないかと言い、尚文はフィトリアが呪いの力を使うなと言っていたことを思い出しますが……
 尚文は竜の怒りをこらえきろうとしますが、その怒りは尚史自身からわき上がるものだと言われてしまいます。

 怒りを全てぶちまけろと言われた尚文はその身を怒りに飲み込まれてしまいました。
 そこにフィーロやラフタリアやメルティの声が聞こえてきて尚文は正気を取り戻しますが……
 ラフタリアは自分達の旅は間違っていなかったと言い、フィーロは嫌な気持ちを食べると言ってきました。

 尚文は他の勇者に頭を下げて協力を求め、「お前一人の命では安いな」と教皇の攻撃を止めてきました。
 フィーロ、ラフタリアが攻撃を仕掛け、錬がダメージを与え、さらに元康が教皇を貫きます。
 最後はフィーロに乗った尚文が教皇に突撃して勝負がついたかに思われましたが……

 元康、錬の一撃は教皇のカウンターに阻まれ、教皇は空から無数の矢を降らせてきました。
 そこに女王がやってきて教皇を凍らせ、尚文はとどめの一撃を放とうとしますが流血してしまいます。
 地面から巨大な口を開いた盾が出現して教皇を食べてしまい、ここに決着がついたようです。

 力を使い果たした尚文はその場に倒れてしまい、女王は盾の勇者は絶対に死なせはしないとひと言。
 尚文は目の前に現われた女王を見つめますが……

【感想等】
 冒頭から鎧をまとった女王様がかっこよく、もう王様は要らないのではと思えてきました。
 盾の勇者様、メルティ……という発言でもう一人の娘には愛想が尽きたことがうかがえますが……
 あれだけ色々と問題を起こしていたらもう勘当されても仕方ないのかもしれません。

 尚文さんが人間をやめるような流れになりましたが、過去の経緯を考えるとこうなってしまっても仕方ないと思います。
 1人の女神と2人の天使が元に戻してくれるのは想定していたものの涙が止まらなくなりました。
 これまで他を拒んできた尚文さんが他の勇者に協力を求めてきたところに彼の成長が見て取れるのも良かったかと。

 フィーロさんとの突撃で勝負がついたと思っていたら、さらなる絶望が襲いかかってきました。
 尚文さんが血を出した時はどうなるのかと思っていましたが、最後は勝てたのでよかったと思います。
 次回は女王様が尚文さんを治療して、マインさんを勘当して(?)一区切り付けることになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム