【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第18話(終)「オーバードライブ 歪曲王5」

 ブギーさんの18話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ歪曲王さんの正体が明らかになり、彼の目的も明らかになるのだと思われます。
 主人公のブギーポップさんは歪曲王さんとどんな関係を築くのでしょうか。

【内容】
 健太郎の前に死んだはずの寺月(映像)が現れ、歪曲王と自分との合作だと言い出します。
 そして目の前の志郎が歪曲王の本体であるとのことですが……
 敬はいくら好意を抱いても相手がそう取ってくれるとは限らないのだとつぶやきます。

 ブギーポップが敬の前に現れ、さらに目の前に志郎こと歪曲王が現れます。
 歪曲王は人間の隠された歪みを指摘して引っ張り出す能力を持っているそうです。
 志郎の中には直子への罪悪感があり歪曲王の能力が形作られたとのこと。

 敬は志郎本人の苦しみはどうなるのかと問い、ブギーポップは自分の「敵」の話を始めます。
 ブギーポップは道を遮断する以外にないといい、歪曲王を攻撃してきました。
 そんなにつらかったのかと言われた志郎は直子は何を考えていたのかと言い出します。

 敬は直子が志郎を好きだったと言い、志郎は直子のことが好きだったのかと問います。
 罪悪感から歪曲王を作ったことこそが本人の歪みであるとのこと。
 志郎は真っ逆さまに落下していき、敬は言われるがままに解除コードを入力します。

 壮大な音楽が流れ、寺月の姿をした「歪み」が静香の前から姿を消します。
 真はブギーポップがゾウラギをやっつけたと言って称賛を惜しみませんでした。
 そしてブギーポップは自分の出番は終わったといって去っていきました。

 静香は自分が世界の敵になったらと言えば、ブギーポップは容赦しないとひと言。
 敬は啓司とばったり出会い、彼への思いにけりを付けたようです。
 啓司は藤花とともに電車にゆられ、ブギーポップは「危機は去ったよ」とつぶやくのでした。

【感想等】
 オープニングが流れないところを見ると最終回なんだなと嫌でも実感します。
 よくわからないうちに志郎さんが歪曲王だと言われてもいまいち飲み込めないのですが……
 SAO、禁書とこの作品とで小説原作のアニメ化の難しさを思い知らされることが多いです。

 志郎さんが自分の過去の傷と向き合ったことで歪曲王さんが消え去ったということなのでしょうか。
 藤花さんの出番があまり多くないからか、敬さんの方が魅力的に見えるのはここだけの話です。
 ヒロインの中では和子さんが一番好きで、男性キャラの中だと正樹さんが一番好きでした。

 一応全部見たものの、ブギーポップさんや統和機構など、わからないことが多く残りました。
 初回2話連続、途中の4話連続放送など、作品にかける気合いは十分に感じました。
 気が向いたら原作に手を出すことを検討しつつ、一旦は筆を置かせていただこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第17話「オーバードライブ 歪曲王4」

 ブギーポップさんの17話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はこちらの理解が追いつく前に、気づいたら怪獣映画になっていたような気がします。
 そもそも歪曲王さんの「歪曲」とは一体どんな意味なのでしょうか。

【内容】
 志郎は眠っている健太郎をたたき起こし、他の人はみんな倒れているのが見られます。
 他の入り口を発見したとのことですが、その上には咲子が眠っていました。
 とりあえず3人は自己紹介をし、健太郎は歪曲王をやっつけるのだと言い出しますが……

 健太郎や志郎は通路を通って地下へと進んでいきますが、咲子は「歪曲王の邪魔はさせない」と彼らを閉じ込めます。 
 外ではモニュメントが急に真っ黒くなり、同時に妙な音楽が流れてきました。
 寺月と思われる男が中には絶対に入ることが出来ないと言ってきて、中は酸素供給が絶たれたとのこと。

 志郎は活路を求めた人々は自然と上に向かうといい、声の主はそうするように仕向けていると解説します。
 敬は正美の姿をした人物に問い詰めますが、相手はまた凪が助けに来るかもしれないと言ってきます。
 啓司の前には藤花の姿をした歪曲王が現れ、現実をずらしているなどと言い出しますが……

 「私を捕まえて」と逃げていく相手に啓司は呆然とし、健太郎達は脱出を試みます。
 咲子は一人でうずくまり、もうそっちに戻れないのかと涙を流します。
 ブギーポップが咲子の窮地を救いますが、本当の本当が存在するのかと言ってきます。

 咲子は殺されたいと望む人間がいると訴えますが、殺されたい資格を得るためには本気で生きる必要があるそうです。
 悪いやつがいなくなれば世の中がよくなると言い、日奈子が平和に生きていければと言い出しますが……
 ブギーポップは歪曲王は心が歪んだ形だったと言い、歪みが本人をずっと苦しめていたのだと続けます。

 健太郎達は装置を動かしてロックを解除できないかと考えますが、画面の向こうには寺月の姿がありました。
 寺月はムーンテンプルは健太郎達を呼ぶためだけに作ったなどと言い出します。
 世界に「流れ」「運命」はあるのか考えたことがあるのかと言ってきて、それは人間がずっと考えてきた問題であるとのこと。

 寺月は「進化」には指向性があるといい、自分の属する「統和機構」のために作られた人造人間だと告げます。
 彼は自分が統和機構に消される前にこのムーンテンプルを作ったそうです。
 ここまでやってきた人間は統和機構の敵となりうる人物であるとのことですが……

 寺月は解除するためのパスワードを告げ、問題は君自身が可能性をどう使うのかと言って消されてしまいます
 志郎は「そういうことか」と納得しますが、健太郎はどうして寺月が「歪曲王」について言わなかったのかと考えるのでした。

【感想等】
 バラバラで行動していた人物が集まってくると終わりが近づいてきたのかと思えます。
 そうかと思ったらいきなり仲間割れ(?)が始まってしまいますが……
 歪曲王さんがそれぞれ姿が違うのは心の形がそれぞれ違うからだろうと思います。

 咲子さんの前にブギーポップさんが現れますが、彼女(?)の行動原理がいまいちよくわかりません。
 「本気で生きなければならない」という言葉、苦しみが優しさという言葉が個人的に好きです。
 寺月さんの「進化」という言葉と「統和機構」が繋がって、一つの結論が出かかっているのですが……

 統和機構は4話連続放送の時に少し出てきましたが、彼らが世界の敵というのは考えすぎでしょうか。
 そういえば真さんの父親が誰なのか全く見当がつかないのですが……
 時期的に次回で最終回で全てがわかるのかなと思ってはいますが、実際はどうなるのか、まだまだ先が読めません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第16話「オーバードライブ 歪曲王3」

 ブギーポップさんの16話を見て感想を書かせていただきます。
 あらすじを見る限りだと歪曲王さんが敵だと確定していないそうですが……
 歪曲というくらいですから歴史くらいねじ曲げてしまいそうな気がします。

【内容】
 敬は周りで倒れている人を見て、歪曲王を倒せばいいのではないかと提案します。
 ブギーポップは「彼」と敵対するかどうかはわからないそうですが……
 「今回はまだ本当の危機は始まっていない」と言いつつもお弁当をくれました。

 藤花は多重人格者ではないかと考える敬ですが、和子によると多重人格は仮説に過ぎないそうです。
 どうして藤花が啓司のことが好きなのかと問いかける敬ですが、逆にどうして啓司が好きなのかと聞かれます。
 ブギーポップは啓司には感謝していると言い、藤花に嫉妬していると言って去っていきます。

 物音が鳴ったかと思ったら目の前の人はみんな人形になっていました。
 入れ替わりで現れた正美は「話の続きをしよう」と言いますが……
 日奈子と咲子が話をしていると健太郎の顔をした歪曲王が現れます。

 志郎と健太郎が話をしていて、寺月が犯人ではないかというお話になっていました。
 気がつけば周りには誰もおらず、物音が鳴ったかと思ったら人々が人形になっていました。
 凪からの電話だと思って出てみたら、出てきたのは正樹の声をした歪曲王でした。

 啓司が藤花を心配して塔に飛び込んでいく一方で、真は父親と称してゾウガメの絵を描いていました。
 目の前にゾウガメの怪獣が現れますが、ブギーポップは「それが君の歪曲王なのだね」とつぶやきます。
 敬は目の前の正美は自分の中にある多重人格だと言い出しますが……

 ブギーポップは怪獣が見えてきたといいだし、受けて立つしかないと言い出します。
 決定打を与えられないまま上に向かい、怪獣は建物ごと破壊しようと襲いかかってきました。
 ブギーポップは怪獣を退けて真を倒しますが、建物はもう長くないそうです。

【感想等】
 フライングベイビーズと並んで金曜日の終わりを象徴するアニメと言ってもいいのかも。
 朝には(ガーリーエアフォースで)慧さんが出てくれば夜には(ブギーポップで)敬さんが出てくるのは偶然と思いますが……
 個人的には和子さんの出番が少しでもあったことはちょっとうれしかったりします。

 登場人物が次々と入れ変わるせいか、途中のあたりから何が何だかわからなくなってしまいました。
 多重人格が己の願望という言葉だけは何となくわかる気がしますが……
 おそらくあと2話で終わるのかと思いますが、何とか最後までがんばってみたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第15話「オーバードライブ 歪曲王2」

 ブギーさんの15話を見て感想を書かせていただきます。
 歪曲王さんが今回の敵らしいのですが、いまいちその目的がよくわかりません。
 「オーバードライブ」という言葉の意味もいずれ説明があるのでしょうか。

【内容】
 寺月に愚痴をこぼす女性(静香)は中小企業の役員であった父親が厳しい人だったようです。
 彼女は寺月の子供を授かったと主張しますが、彼は子供を作れないのだとか。
 「むしり取れるだけむしり取るがいい」などと言い出しますが……

 数年後に「処理」されるという寺月ですが、置き土産を残していくとのこと。
 静香は真を産みますが、寺月は8年後に亡くなったそうです。
 その亡くなったはずの寺月と話をしていて、静香は真を育てる中で母親を思い出します。

 静香は何もかも投げ出したいと言い出しますが、当時に時間が戻ってしまったのでしょうか。
 場面が変わって、咲子はブギーポップを探し回っていました。
 そこに現れたのは日奈子という女性で、昔からの知り合いのようですが……

 咲子は日奈子にひどいことを言ったことを思いだしますが、謝る前に彼女は交通事故で死んだそうです。
 罪悪感にかられた咲子はブギーポップに殺されてしまいたいと言い出します。
 日奈子はブギーポップが咲子を苦しみから救ってもらえるのだろうかと言ってきました。

 咲子は逆に金に変えるべきなどと言われ、一方で健太郎はハッキングを繰り返していました。
 嫌な予感がしたと思ったら警察に声をかけられ、かばんの中を見せてもらえるかと言われてしまいます。
 凪が現れてハッキングはやめておけと忠告し、健太郎は誘ってくれなかったのかと言い出します。

 健太郎の目の前の凪はどうやら本人ではなく、その「続き」が展開されているようです。
 彼は目の前の凪を「歪曲王」と呼びますが、物音とともに正美が姿を現します。
 外では怪獣が暴れ回っていて、健太郎は真と出会い(おじさん呼ばわりされ)ますが……

 健太郎は真を連れて逃げ出し、ムーンテンプルにやってきました。
 疲れ切った真を放置して先に進むと、そこには自分が眠っていて、とりあえずたたき起こすことに。
 目を覚ました健太郎は志郎をたたき起こしますが、周囲にはたくさんの人が眠っているのでした。

 健太郎は「歪曲王」は寺月ではないかと推測します。
 本当は死んでいないのか、死んでから動くという細工をしていたのかはわかりませんが……
 果たして歪曲王の目的は一体何なのでしょうか。

【感想等】
 静香さんの生い立ちがどこか他人とは思えないのはここだけの話です。
 箱入りのお嬢様が若くして子を授かったのは親に対する当てつけだったのかもしれません。
 中心人物と思われる寺月さんは人間ではない(人間を超える存在?)のでしょうか。

 いきなり場面が変わって日奈子さんと咲子さんのお話になり、なんだかよくわからなくなってきました。
 過去の心残りが具現化したのかなと推測しますが……
 「歪曲」というのはねじ曲げるという意味があるそうで、記憶をねじ曲げてくるという意味なのでしょうか。

 終盤には怪獣映画みたいな展開になり、一瞬ボルガ博士のお話を思い出してしまいました。
 高校生の健太郎さんが「おじさん」呼ばわりされたのは少し笑ってしまいました。
 寺月さんが「歪曲王」らしいですが、次回は彼の目的が少しは見えてくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブギーポップは笑わない 第14話「オーバードライブ 歪曲王1」

 ブギーポップさんの14話を見て感想を書かせていただきます。
 先週は9話だけに留まらず、4話連続というサプライズで期待以上のお話となりました。
 「歪曲王」というのがこの作品のラスボス的なポジションなのでしょうか。

【内容】
 ムーンテンプルなるオブジェクトが作られ、人々の注目を集めていました。
 静香は息子を連れてやってきていて、その息子はトイレに行っていましたが……
 目の前に現れた男(寺月)は自分が生まれたばかりだとよくわからないことを言い出します。

 羽原健太郎は知り合いの士郎に話しかけますが、彼の「彼女(直子)」はすでに亡くなったようです。
 この建物は先日なくなった寺月という男が最後に残したものらしいですが……
 一代にして大企業を作り上げた男ですが、彼が亡くなった後にその企業は解体したとのこと。

 なんでもムーンテンプルはネットワーク拠点として考えられていたとのこと。
 啓司は藤花と出かけるかと言い、はじめて出会った場所で落ち合うことに。
 急に雨が降ってきたかと思ったらブギーポップっぽいキャラが出てきて「歪曲王」などと名乗ります。

 敬はブギーポップらしいマントを追いかけ、咲子はそれが少し気になるようです。
 彼氏っぽい男とケンカしているのを見た健太郎はちょっかいをかけてきます。
 咲子の横をふとブギーポップが通りかかり、それを追いかけていきますが……

 シャッターが急に降りてきて、どうやら緊急装置が作動したとのこと。
 急に音楽が流れてきたかと思ったら「何を隠してる?」と声が聞こえてきます。
 死んだはずの早乙女正美が出てきますが、彼は「歪曲王」を名乗り、どこにでもいる存在なのだとか。

 正美(歪曲王)は心残りのチャンスを与えるために出てきたなどと言ってきます。
 委員長ポジションは内申書のためにやっているのではないかと精神攻撃をしてきました。
 敬は啓司に思いを寄せているそうですが、啓司は彼女の思いを踏みにじったのだとか。

 ブギーポップが現れて敬の窮地を救ったようです。
 歪曲王は全てを金にすることが目的らしいのですが……
 そしてどうやら単純にはいかないようだと言い出すのでした。

【感想等】
 イマジネーターさんはよくわからないまま退場し、過去のお話を経て最終章へ突入……でしょうか。
 寺月さんのお名前は10話で出てきましたが本人が意外と若い外見で驚きました。
 「ムーン」テンプルは寺「月」さんだからだと思いますが、別にかぐやさんとは関係はないはず。

 ブギーポップ、イマジネーターに続いて「歪曲王」と、常人の理解を超えた言葉が色々と出てきます。
 10話から13話では「統和機構」が出てきましたが、今回は特に関係がない……のでしょうか。
 皆さんがやたらとブギーポップさんに執着する理由がいまいちよくわかりませんが……

 何度か「歪曲王」さんが出てきますが、彼は対称が望む姿をとる能力を持っているみたいです。
 歪曲王さんがいわゆる「世界の敵」であるのは間違いないと思います。
 今回は慧さん視点でしたが、別の人のお話になれば少しはお話が見えてくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム