【アニメ感想】エガオノダイカ 第12話(終)「笑顔の代価」

 エガオノダイカの12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 キャラクターデザインで見はじめて2話で主要人物が退場したときは呆然としました。
 この不毛な戦いに終止符を打つことが出来るのか、わたし、気になります!

【内容】
 ユウキ達の前にステラ達の部隊が遭遇し、戦闘が開始されます。
 旧ベルデ公国領へはあともう少しのところとなり、ユウキは全速で現地に向かっていました。
 ステラ達は王女が一人だけ逃げたのではないかと憤りますが……

 帝国の参謀長は施設を残していたことを思いだし、ユウキがクラルスを停止させる技術を持っているのでと推察します。
 前線の王国軍は物量差に苦戦を強いられつつも必死の粘りを見せていました。
 リリィは王女がいるにもかかわらず警備が手薄ではないかと考えつつ、上の命令で公国領を目指します。

 施設に到達したユウキとともに、レイラは黙々と作業を開始していきました。
 ステラは伏兵の可能性を考えますが、上からは命に代えても王女の行動を阻止せよと命令が入ります。
 ルネが一人でステラ達と交戦しますが、ステラはなんとか研究施設へと突入します。

 ステラは作業を続けるレイラに銃を向けますが、動力が施設に行き渡り、クラルスを止める機能が発動します。
 レイラはクラルスの停止がユウキの望みだといいますが……
 ステラのほくろを見たレイラは彼女が実の娘だと気づき、がれきからステラを守って命を落とします。

 クラルスを止めることなんてできっこないと思いつつも、それがなれば二度と戦争が起きないのではないか。
 そんな想いを胸に秘めながら、ステラはユウキの前に姿を現します。
 ユウキは大切な人を失う戦いがこれ以上続いてはいけない、そして「人間はきっといいものだ」と訴えます。

 ステラはクラルスを止めると生活に必要なエネルギーを失うのだと反論します。
 ユウキは世界中の人に恨まれてもクラルスを止めると言い、ステラはそのひと言に全てを賭けようとその手を取ります。
 2人でスイッチを押した瞬間に全てのクラルスが動きを止めて戦いもストップします。

 エンディングの後、帝国と王国は停戦協定を結ぶことになりました。
 ユウキは亡き人の墓を弔いつつ、孤児院を訪ねます。
 最後は2人の主人公が満面の笑顔を見せ、このお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 最終回で改めてオープニングを見ると、これまで何人の犠牲があったのかと思えてきます。
 絶対主人公と結ばれると思っていたヨシュアさんが2話で退場したときは正直目を疑いました。
 毎回ながら人が多く死にましたが、戦争の悲惨さを表現するためには人間が死ぬことが必然だったのでしょうか。

 サブタイトルにタイトルが来たら大体最終回になるのは相場が決まっているようです。
 最終回だけあってストーリーの進みがやたらと早いですが、ステラさんもずいぶんといい顔になりました。
 レイラさんがステラさんの母親なのはいいとして、お父さんは皇帝なのかはよくわかりませんでした。

 オープニングでは笑顔で握手していた2人でしたが、実際に出会ったのが最終回だったのは想定外でした。
 全ての兵器をなくすことで戦争をなくすという発想にガンダムWを思い出したのは私だけでしょうか。
 ヨシュアさんの言葉がユウキさんを後押ししたのはいいとしても、彼が生きていたら少しは変わっていたのかもしれません。
 
 終盤はかなり駆け足ながらも綺麗に1クールで終えたのはとりあえず評価しようと思います。
 最初に思っていた作品とはずいぶんとかけ離れたものになったという印象も拭えませんが……
 犠牲になった人の冥福を祈りつつ、ここで一旦は筆を置かせていただこうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】エガオノダイカ 第11話「二人の決意」

 エガオノダイカの11話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的にいよいよステラさんとユウキさんが関わってくるのでしょうか。
 1クールだとすればもう残りのお話も少ないのですが……

【内容】
 王国軍兵の投降が徐々に広がりを見せる中、帝国軍は大々的な攻撃で戦いに終止符を打とうとします。
 リリィはゲイルの孤児院にお金を送らないかと考えますが、ヒューイは死んだ人間に肩入れする必要性があるのかと反論します。
 そして、前線での戦いはますます激しさを増していきますが……

 ヒューイは「誰かが死んだってすぐに代わりが来る」と言ってステラに思いっきり殴られます。
 「戦争なんてこんなもんだ」「精神鑑定でもしやがれ」というヒューイに対して、ステラは誰一人死なせないと言い放ちます。
 口汚いヒューイではありましたが、ゲイルの孤児院に多くのお金を送っていたようです。

 ソレイユ王国の緊急通信が流れ、ユウキは戦いを終わらせると言って新型兵器を見せつけてきます。
 ユウキは「ハリアント」を奪還すると言い放つ一方、ヒューイは出撃前から死んだような面をするなと一言。
 帝国は大々的に軍を進める一方、ステラ達は最前線には配備されなかったようです。

 ステラはヒューイの態度に腹が立つと言いつつも王国の部隊を追撃することに。
 ユウキの強気の発言は王国内でも異議が出ますが、彼女は「この道しか残されていない」と言い放ちます。
 レイラはユウキがずっと一人で悩んできたと言い、ユウキはこの世界にある全てのクラルスを止めたいと告げます。

 当時のヴェルデ公国で不可能だったことも、レイラによると「今の技術」ならば可能ではないかとのことです。
 交戦を避けて時間を稼ぎつつ、ユウキが旧ヴェルデ公国領の実験施設に向かうとのこと。
 ユウキはイザナの家に向かい、その娘(ノエル)に父が死んだことを告げますが……

 王国軍は脅しで一撃を放ち、その間にユウキは双子らとともに移動していきます。
 ユウキはもしもヨシュアやイザナがいたら自分がやろうとしていたことを許してくれるだろうかとつぶやきます。
 レイラはユウキに自分の娘を重ね、彼女の笑顔に救われたのだと手を握ってきました。

 ユウキは「この世界の人々を絶対に笑顔にする」と言い、レイラは母親のようにユウキにハグします。
 どうやら彼女達を追撃してくる敵兵が存在するようですが……
 この戦場の中、ステラはユウキと出会って一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 王国、帝国ともに重要人物がこの世を去り、平和はまだまだ遠いのだと実感します。
 ステラさんがだんだん人間らしい感情を取り戻したのはいいと思いますが……
 開始5分でヒロインが男性とグーで殴り合う展開はさすがに想定していませんでした。

 戦争を拒んできたユウキさんが新兵器を出してきたところで違和感を覚えた人は少なくないはず。
 大々的に戦艦が出てきて最終決戦が始まったことだけはわかりますが……
 戦いを始めることよりも戦いを終わらせることが難しいのはリアルでもアニメでも同じなのでしょうか。

 今さらですが、恋人ポジションだと思っていたヨシュアさんが2話で亡くなったことが衝撃が大きすぎました。
 ユウキさんがつらい過去を受け止め、前に進む姿は自分自身にも勇気をくれたような気がします。
 レイラさんの娘がステラさんだと確信しつつ、残りのお話もしっかり見届けていきたいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】エガオノダイカ 第10話「魂の発火」

 エガオノダイカの10話を見て感想を書かせていただきます。
 新型クラルスの問題点が見えてきますが、戦争はいっこうに終わる気配がありません。
 久しぶりに登場したステラさんは一体何を思うのでしょうか。

【内容】
 ステラ達は辺境の制圧に動いていて、どうやら次の標的が決まったようです。
 移動中に飲酒していたのはあっさりとばれてしまいました。
 しばらく待機することになり、その間にメカのメンテナンスをするようにと言われます。

 自由行動になったリリィは目を輝かせていましたが、街の少年にはそのセンスに苦言を呈されます。
 「親の顔が見たい」と言っても親はすでに亡くなっていて、リリィはいたたまれない気持ちになりました。
 ゲイルを交えて戦災孤児を見ている老夫婦の所にやってきましたが……

 敵兵という立場ではありましたが、ゲイルのマジックによって子ども達とは打ち解けていったようです。
 ゲイルは一足先に去っていき、リリィやステラは子ども達と交流することに。
 話しかけてくる女の子は「エマ」という名前で、ここが彼女の居場所であるとのことです。

 ステラは育てられた家に居場所がなく、家を出ても見知らぬ女性に追い払われます。
 生きるために軍隊に転がり込んだそうで、リリィはみんながいるところが居場所ではないかと考えます。
 リリィはステラにとっても分隊が居場所ならばうれしいと笑顔を見せてきました。

 次の目的地が決まりますが、ステラのミスによって早々に車に穴が空いてしまいました。
 ゲイルは戦場は一番人間の本性が出る場所であり、人間らしい一面が見えてきたのはうれしいと言ってきます。
 彼らに出来ることは限られていて、違う世界を子ども達に見せる必要があるのだとつぶやきますが……

 父親のようだというゲイルですが、これ以上子供はたくさんだと言われてしまいます。
 ステラはちょっと笑ってしまいつつも、帝国の別部隊と合流して戦場へ向かうことに。
 施設を攻撃していきますが、その守りの高さに一体何があるのかと思えてきます。

 地雷原を突破して一気に敵陣に攻め入ろうとする皆さん。
 ステラは敵の新型に追い込まれますが、そこにゲイルがやってきて……
 ゲイルは戦いの終わりを見届けてくれと言い残して散っていきました。

 ステラは思わず叫びだし、感情の赴くがままに涙を流します。
 帝国は敵であるはずのハロルドの葬式を盛大に行い、厭戦気分をあおって戦争を終わらせようとします。
 ステラはゲイルのことを思い出して「さよなら」とつぶやくのでした。

【感想等】
 オープニングの(2人の主人公が笑顔で手をつなぐ)光景が現実になるのはまだまだ遠そうです。
 ステラさんの素性がいまだによくわかりませんが、十中八九皇帝の隠し子……というのは的外れでしょうか。
 戦いが続けば続くほどますます犠牲が多くなると思うといたたまれない気持ちになります。

 子ども達はてっきりステラさんを責めるかと思いましたが、そうならなかったのは救いでしょうか。
 リリィさんが言うとおりゲイルさんがお父さんで、分隊が一つの家族と言ってもいいのかも。
 ステラさんとリリィさんが文字通りの「百合」要素というのはさすがに考えすぎかもしれませんが……

 1話の頃に比べるとステラさんがどこか人間らしくなってきたのが見て取れると思います。
 そんな矢先にゲイルさんが亡くなってしまい、彼女が再び心を閉ざすのではと心配になってきました。
 次回はユウキさんメインのお話と思いますが、どう見ても1クールでは終わらないように思えます。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】エガオノダイカ 第9話「暁の挽歌」

 エガオノダイカの9話を見て感想を書かせていただきます。
 戦争の原因がなんとなく見えてくれば、それを終わらせる手段も見えてくるのでしょうか。
 これ以上の犠牲が出ないうちになんとかしておきたいところですが……

【内容】
 イザナの妻エリザは「シエル」という息子を産み、ユウキは彼に祝福を与えます。
 その名前は亡き父がつけてくれたものでしたが、娘は父の死を知らされていません。
 ユウキはもう誰も死んでほしいと涙が止まりませんでした。

 ハロルドは主君の方針に反して敵を殲滅すべきと命令してきました。
 「これが俺の選んだ答えだ」とのことですが……
 オープニングの後は新兵器の話題になり、運用いかんによっては戦況を有利に持っていけるとのこと。

 ユウキはこれ以上の犠牲を望まない一方、ハロルドは現実にその理想は通用しないと反論します。
 イザナが送ってきたデータは新型クラルス増産を危惧する内容でしたが……
 ヴェルデ公国の技術者はクラルスによる環境悪化を懸念し、新型クラルスを危険視していたとのこと。

 レイラは元々帝国の研究者であり、イザナの研究データを分析すると一言。
 戦争は更に泥沼になり、死傷者は30万を超えてきたのだとか。
 レイラは新型クラルスの研究施設にやってきて、太古のナノマシンを発動させてきました。

 クラルスラピスなる鉱物が発見されますが、その正体はナノマシンの活動エネルギーであったとのこと。
 使えば使うほどナノマシンが減少して環境が悪化するそうですが……
 エネルギーを遮断すれば停電が起きて、ハロルドはこれを使えば王国は絶対的な勝利を収めるのだと一言。

 ユウキ、レイラはキャンプをしていて、ハロルドがたきぎを持ってきてくれました。
 みんなで仲良く暮らせたらと考えるユウキですが、かつて文明が発達する前は質素に暮らしていたとのこと。
 ハロルドは目の前の危機を優先しなければ王国が滅び、民が死に絶えるのだと続けます。

 敵襲を察知したハロルドはユウキ達を脱出させることを考え、自分が敵を引きつけると言い出します。
 ハロルドはユウキにもっと強くなるようにと言い、自ら部隊を率いて出撃します。
 彼はユウキのために命をかけ、ユウキは脱出に成功しますが……

【感想等】
 イザナさんの息子さんが出てきますが、そのイザナさんはすでにこの世にはいませんでした。
 戦争になれば人の死は避けられず、その犠牲は甘受されるべきものなのでしょうか。
 リアルでもアニメでも「平和」というものは願ってもかなわない理想でしかないとは考えたくありませんが。

 新型クラルスと環境の悪化が結びつき、だんだんお話の背景も見えてきました。
 クラルスラピスはロボットだけでなく生活の基盤そのものといってもいいのかも。
 我々にとっての電力や化石燃料のようなものだと考えると、それを捨てるのは難しいのだろうなと思います。

 キャンプシーンはちょっと心が和みましたが、これが最後の晩餐になってしまいました。
 ハロルドさんが生存していたらそれはそれで彼の独断がもっと続いていたのかもしれませんが……
 次回はステラさんのお話だと思いますが、そろそろユウキさんとの接触はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】エガオノダイカ 第8話「最後の伝言」

 エガオノダイカの8話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はユウキさんのお話で間違いないですが……
 王宮を追われた彼女は一体何を考え、どう行動するのでしょうか。

【内容】
 王都を追われたユウキは南部で戦いを続けていました。
 相手を深追いしないようにと命令をするユウキさん。
 彼女なりに何らかの考えがあると思われますが……

 王宮を脱出したユウキは南部に逃れ、帝国の南部への侵攻を食い止めていました。
 敵の方が強ければ人間を避難させながら退却するという戦い方を見いだしたそうですが……
 ハロルドはユウキに話があるといい、準備ができ次第勝負をかけるべきだと進言します。

 「戦争というものはどちらかの目的が達成されない限り終わらない」
 ハロルドにそう言われたユウキですが、まだまだ迷いがあるようです。
 一方で、敵の参謀長はイザナを帝国本国に移すと言い出しますが……

 イザナの妻(エリザ)は身重で、娘(ノエル)がおなかをさすってじゃれついてきました。
 ユウキは彼女達を訪ねて一緒に料理しますが、数年、作物が不作で野菜が手に入らないとのこと。
 イザナもまた不作のことを気にしていて、新型機を農業に応用することも考えていたのだとか。

 ユウキは12年前の映像が頭から離れないと言い出します。
 その映像というのは自分の父親と母親がテロリストに「新型クラルスを破壊しろ」と言われた光景でした。
 テロの首謀犯は古い国(ヴェルデ公国)の生き残りで、新型クラルスそのものを否定していたそうです。

 参謀長は新型機を使用せずに勝つと言い、彼もまたヴェルデ公国の影響を受けているようです。
 敵艦が5隻進軍してきたと聞いたユウキですが、戦力差が大きいから退却すると続けます。
 そんな中、エリザは妊娠し、イザナは子どもの名前を決めかねているなどと言いつつ脱走を図ります。

 参謀長はユウキに連絡をよこし、降伏の意志はないのかと言ってきました。
 ユウキは12年前のテロについて言及し、ヴェルデ公国の情報開示を要求しますがあっさり拒否されます。
 参謀長はそのまま軍を進め、イザナは高速タイピングで何かをしていましたが……

 ユニは自らが先行したと言い、味方がすでに全滅した等と言われてしまいます。
 ユウキは泣きそうになりながらも思いとどまり、ルネは敵の参謀長に一矢を報いられると言い出します。
 これ以上味方を失うわけにはいかないとそれを拒否して現地といざこざになってしまいますが。

 イザナはヴェルデ公国の研究者の残したデータを送り、これこそが国の未来を左右すると言い出します。
 背後から銃撃を受けたイザナは子どもの名前を伝え、そのまま戦闘で命を落とします。
 彼が命をかけてまで送ってきたデータは今後の戦いにどう作用するのか、わたし、気になります!

【感想等】
 降伏するなどと言っていたユウキさんが戦うことを選んだいきさつが気になります。
 あのまま捕まっていてはそれこそ命すら落としかけない状況ではありましたが……
 こんな状況でも笑顔を忘れないユウキさんはある意味では強い子だと思います。

 緊迫した戦場が続くかと思ったら、お料理パートがあったのはちょっと意外かも。
 お姫様という立場を考えると、普通は料理なんて自分が作るとは思いませんし。
 新型クラルスを巡るやりとりについては、おそらく今後のお話を進める上での鍵になってくる……はず。

 戦闘が行われる一方で妊娠をしてきたところに、ある意味では女性の「強さ」というものを感じます。
 エリザさんが戦闘に巻き込まれると思っていたら、夫の方が亡くなってしまいましたが……
 今回のデータをもとに、ユウキさんがこれ以上の犠牲を生まないような一手を思いつくことを期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム