【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第13話(終)「時計塔と日常と未来への第一歩」

 エルメロイ先生の最終回(13話)を見て感想を書かせていただきます。
 魔眼蒐集列車の事件も終わり、平和(?)な日常が戻ってきたようですが……
 このたびの事件を通じて、先生は何を考え、未来へどうつなげていくのでしょうか。

【内容】
 事件は内紛として処理され、グレイはベットで療養していました。
 カウレスは姉には才能があったと言いつつもみんなに会えてよかったとひと言。
 スヴィンはグレイたんのことを叫んでいたらエルメロイ2世に怒られます。

 ギャルゲーの攻略本を出されたエルメロイ2世は教え子の頭をつかみます。
 イヴェットはゲームより本物の方が……と言って突っ込んできました。
 さすがのエルメロイ2世は「さっさと帰れ!」と言いますが、なんとか退院出来て何よりでした。

 生きて戻れたのはカラボーのおかげだと言っていたら目の前に菱理が現われて7年前の事件は不問になったとひと言。
 菱理はエルメロイ2世には推理の穴があると言い、エルメロイ2世はフェイカーとはまた会うことになるとつぶやきます。
 エルメロイ2世は菱理にはおびき出したい誰かがいるのではと言いますが……

 菱理はエルメロイ2世とライネスの関係と同じだと言い、ハートレスが義理の兄だと言ってきました。
 オルガマリーの前にライネスが現われ、トリシャの遺志をくんでくれたことに感謝します。
 ライネスとオルガマリーは意気投合する一方で、グレイは街を歩いていたらメルヴィン(吐血)と出会います。

 メルヴィンは臨時株主総会で大変だったそうで、ウェイバーの「家宝」ともいえる魔術刻印を預かっていると言ってきます。
 ウェイバー(エルメロイ2世)は担保として魔術刻印を管理されているそうですが……
 メルヴィンは「ウェイバー」と呼ぶ人間は誰もいないのは寂しいと言い、ロードでなくなった後の人生について言及します。

 スヴィンは目隠しをして「プライド」昇格の儀式に臨み、エルメロイ2世は「生徒に追い抜かれたな」とひと言。
 お祝いのパーティーが行われる中、エルメロイ2世は肩の荷が下りたと言いますが……
 ルヴィアやイヴェットが絡んでくる一方で、グレイはエルメロイ2世が聖杯戦争に参加するのではと危機感を抱きます。

 グレイはエルメロイ2世に「明日に差し支える」と言い、エルメロイ2世は10代の昇格はケイネスと同じだとつぶやきます。
 エルメロイ2世は第五次聖杯戦争を辞退したことを告げ、フェイカーの企みを解体すると宣言します。
 グレイは以前デパートで買ってきたプレゼントを渡し、エルメロイ2世は大切なのはなぜそうしたのかと感謝を告げます。

 エルメロイ2世は一人生徒がそちらに……と言って眠ってしまい、アッドは「襲い放題だぜ」と言ってお仕置きされます。
 夢の中で、エルメロイ2世はイスカンダルと再会しますが、まだ隣には並ぶことができないとひと言。
 「楽しかったか?これまでの旅は」と言われたエルメロイ2世は「お前の背中を追う旅なんだから」と涙を流します。

 メルヴィン、ハートレスの映像に続いて教壇に立つエルメロイ2世。
 「授業をはじめる」といつもの日常に戻って年末の0話から13話のお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 事件はいつの間にか終わっていて1話くらい飛ばしたのかと思えてきました。
 殺人を含むシリアスシーンが続いただけにスヴィンさん達のやりとりにちょっと癒されました。
 イヴェットさんが無罪放免になったのはどうも腑に落ちないのは私だけではないかも。

 事件が解決したとはいえ、菱理さんは底が知れず、メルヴィンさんも何か裏があるのでしょうか。
 ウェイバーさんとしての19年間、特にイスカンダルさん以前がどんなのだったのかちょっと気になります。
 弟子に追い抜かれた先生は魔術師としてより教員としての資質が高いように思えます。

 ケイネスさんと同じ「先生」になったことで、先生にも色々と見えてきたものがあるのかもしれません。
 聖杯戦争への参加辞退はSNを考えれば順当ですが、夢とはいえイスカンダルさんが出てきた時はちょっと泣きました。
 フェイカーさんとの決着が映像化されるのかわかりませんが、来週からFGOのアニメを見ていこうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第12話「魔眼蒐集列車6/6 雷光と流星」

 事件簿の12話を見て感想を書かせていただきます。
 長かった魔術蒐集列車のお話も、サブタイトルが示すとおり今回で終わるようです。
 雷光、流星となかなかかっこいい単語が並びますが……

【内容】
 エルメロイ2世はいきなりカウレスを拘束し、彼がカラボーを操ってトリシャを殺害したと言い出します。
 目の前にカウレスがもう一人出てきて、どうやら獅子却やスヴィンやルヴィアが彼やライネスを飛ばしてきたようです。
 エルメロイ2世は「本物のカウレスにはあれだけの治療は無理」と言ってきました。

 偽のカウレスの正体は現代魔術学部の元学部長「ドクター・ハートレス」という男でした。
 心臓を妖精に盗まれた彼はイヴェットに出資していたらしく、これまでも痕跡を残し続けてきたそうです。
 エルメロイ2世は「この事件は残像だ」と言い、本命は聖杯戦争にあると言ってきます。

 失踪していたはずのドクター・ハートレスはオルガマリーの父とともにカラボーを操って聖杯戦争の情報を独占していたそうです。
 亜種聖杯とかつてのマスターで擬似的にサーヴァントを生み出すことが出来るのだとか。
 ドクター・ハートレスは令呪でヘファイスティオンを呼び出し、菱理をあっさりとやっつけてしまいました。

 エルメロイ2世は真名を明かしてもクラスを明かさないのは偽の英霊だからと主張します。
 目の前の女性をイスカンダルの影武者だと言いますが、巨漢の征服王とは全くの別人にしか思えません。
 そもそも伝承にある王の姿は巨漢の彼とは全くの別もので魔術的な影武者なのだとか。

 ドクター・ハートレスとフェイカーはあっさりと聖遺物を返してそのまま逃げおおせようとします。
 フェイカーは実際は双子の妹であり、王の軍勢を憎んでいたから宝具に現われなかったとのことです。
 ドクター・ハートレスはアインナッシュの子を産みだし出現させ、エルメロイ2世は王も部下も似ていると言ってきます。

 エルメロイ2世は10年間思い煩う日はなかったと言い、もう一人の王に一矢報いたら主君は腹を抱えるだろうと言ってきます。
 魔眼が戻ってきたカラボーが出てきてフェイカーと戦闘を開始し、オルガマリーは空から緑色の光を降らせてきました。
 さらに列車が魔眼をビームにして発射し、憤ったフェイカーはカラボーを蹴り飛ばしてグレイを倒そうとしますが……

 エルメロイ2世は「届かぬからこそ挑むのだ」と言い、その意味が失われたはずではないと訴えます。
 打ち止めになった2世に代わってグレイが戦闘を行うことになりますが……
 「師匠を守りたい」という気持ちを叫んだグレイはロンゴミニアドを発動させてくるのでした。

【感想等】
 カウレスさんが偽物だったのはさておき、ドクター・ハートレスって誰というのが正直な感想でした。
 現代魔術学部はみんなロングヘアでなくてはいけないのかはわかりませんが……
 フェイカーという発想は全くの想定外で、半分以上よくわかっていないのはここだけの話です。

 影武者のフェイカーさんを倒すことで主君に一矢報いることが出来れば、2世さんの心も少しは晴れるのでしょうか。
 一見、無意味と言われた行動が一人の少年を一人の魔術師として成長させたことは意味があったはず。
 次回はグレイさんがフェイカーさんを倒して、いつもどおりの授業風景が流れて終わり……なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第11話「魔眼蒐集列車5/6 残像とオークション」

 事件簿の11話を見て感想を書かせていただきます。
 満を持して復活した先生はどのような推理で菱理さんに対抗するのでしょうか。
 そして、魔眼オークションとはどんなものなのか、わたし、気になります!

【内容】
 グレイはヘファイスティオンは何者かと問い、エルメロイ2世はイスカンダルの腹心だと言いますが……
 エルメロイ2世はかつて見た宝具の中に「彼女」の姿を見たことがないそうです。
 メルヴィンはオークションの開始を遅らせ、ライネスは一連の様子を楽しんでいるようです。

 オルガマリーの前に現われたエルメロイ2世は犯人は自分の敵だと言い、改めて協力を要請しますがビンタされます。
 ビンタされて嫌いだと罵倒されながらもエルメロイ2世は戦うと言い、自分は聖遺物を盗み出したことを告白します。
 当時の彼には意見を大人にぶつける勇気はなく、ただ生き残っただけであるとのことですが……

 エルメロイ2世はオルガマリーを必要だと言い、獅子却はフラットとスヴィンをアメ車で連れ出していました。
 オルガマリーは冬木の聖杯は使い物にはならないと言い、父親がそう結論づけて聖杯戦争を取りやめたそうです。
 トリシャは父親の情報源を追って殺されたそうで、エルメロイ2世は入浴中のルヴィアに改めて電話します。

 霊脈(?)を見たエルメロイ2世は「これはかつて事件だったものの残像だ」とよくわからないことを言ってきます。
 虚数空間にはトリシャの首だけではなく、首と一緒に落ちていたもので法政科の推理は全て覆るそうです。
 魔眼オークションの開催が宣言され、2500万ドル、3000万ドル、4000万ドルというすさまじい金額が飛び交います。

 泡影の魔眼はたちまちに1億ドルになりますが、エルメロイ2世は「ピカソだってそのくらいの価がつく」と冷静でした。
 菱理は2億3000万と言ったかと思えば、エルメロイ2世は2億4000万と言ってきました。
 メルヴィンは休憩させてくれと言い、ウェイバー(エルメロイ2世)にそんな金が準備できるわけないだろうと突っ込みを入れます。

 エルメロイ2世はその間に切り札を準備すると言い、メルヴィンはステルス戦闘機が買えるぞと叫びます。
 メルヴィンの口座と隠し財産、さらにライネスのカードから借金してお金を工面しようとしますが……
 「人でなしなら人でなしの矜持がある」というメルヴィンは安全なところにいるのは人でなしですらないと言ってきます。

 オークションはますます白熱し、あっという間に3億、4億、5億と値段が上がっていきます。
 追い込まれたエルメロイ2世はトリシャの死について明らかにしたいことがあると言ってきました。
 トリシャの首を出してきて7年前の連続殺人事件から推理していくことになりましたが……

 7年前の事件では遺体の首がなくなっていて、頭部を奪われたら死んでいるのは思い込みなのだとか。
 優れた魔術師ならば首だけで生かすことが可能らしく、7年前の犯罪は魔眼を自由にするための犯罪だったのだとか。
 トリシャはカラボーやエルメロイ2世に接触しようとし、首と一緒に出たのは魔眼返しなるアイテムらしいです。

 カラボーとの出会いを予想したトリシャは彼から7年前の真実を知ろうとして絶命したそうです。
 エルメロイ2世は犯人について言及しようとしたら突然トリシャの目が光ってきましたが……

【感想等】
 よくわからないうちに殴られたのは理不尽ですが、彼がZeroの時代から成長したことは間違いないはず。
 かつて聖遺物を盗んだ彼が今度は盗まれる……というのは何かの因果なのでしょうか。
 「ただ生き残っただけ」と言いながらも生き残ったことを勝利だとすれば彼は「勝者」と言ってもいいのかも。

 オルガマリーさんや獅子却さん、ルヴィアさんが次々に動き、お話も大詰めだと実感します。
 とんでもない金額が飛び交いますが、著名な魔術師はそろいもそろって相当の大金持ちなのでしょうか。
 冗談はそれくらいにして次回で事件が解決したら、13話は日常が戻ってくるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第10話「魔眼蒐集列車4/6 泡影の魔眼と目覚める探偵」

 エルメロイ先生の10話を見て感想を書かせていただきます。
 第2の殺人が起こるかと思っていましたが、特に起きないまま後半戦に入りました。
 眠ったままの主人公もそろそろ起きていいと思いますが……

【内容】
 ウェイバーは寝ているところをケイネスにたたき起こされます。
 どうして聖杯戦争に参加したいのかと聞かれ、ウェイバーはもう一度アイツに会いたいと訴えます。
 最終目標とは何かと言われた時、急にエルメロイ2世に戻って答えようとしますが……

 グレイはへファイスティオンとの戦いで大雪に巻き込まれ、2人で洞窟に入って暖を取ります。
 ヘファイスティオンは自分とグレイは同じだと言いますが、グレイには自分の望みがよくわからないそうです。
 「聖杯戦争に出れば死ぬ」と評され、主従ともに死んでしまうと言われてしまいました。

 太陽なくして臣下は生きられないそうで、イスカンダルという男はそれだけの偉大な存在でした。
 グレイは「こんなものはお前が望んだのか」とヘファイスティオンが叫んだのを見ていたそうですが……
 一方、ルヴィア、獅子却は事情聴取していて「オルガマリーは捨てられた」という意味深なことを聞きます。

 トリシャは聖杯戦争について調べていて、7年前の連続殺人事件とどう関わるのかと聞いてきます。
 そして「心臓を持たない男」が7年前の聖杯戦争を調べていたそうです。
 メルヴィンは列車が動くのを見て喜んでいたらグレイはアッドをスケート代わりにして追いついてきます。

 ルヴィアによると妖精に心臓を奪われたという男がいて、彼には義理の妹がいるとのことです。
 菱理は列車に乗っている人間を集めて7年前の連続殺人事件について言及します。
 聖堂協会も事件にからんでいて、カラボーが当時の捜査官で、過去からも未来からも見えないのは現場が違うのだとか。

 オルガマリーがトリシャの首を持って現れ、取り出された時のトリシャはまだ生きていたそうです。
 前もって斬撃を記憶しておいておけば対象は切断でき、カラボーがトリシャを殺した犯人ではないかと考えますが……
 そこに車椅子でやってきたウェイバーもといエルメロイ2世は菱理の推理に疑問があると言ってきます。

 エルメロイ2世は動機のない犯罪は存在しないと言いますが、菱理はカラボーが自分と殺人犯と同一視したのではとひと言。
 支配人代行が出てきてカラボーにはそれが可能だと言い、強引に彼の魔眼を摘出してしまいました。
 カラボーの魔眼は「泡影の魔眼」と呼ばれる代物ですが、エルメロイ2世によると可能と実行には隔たりがあるとのこと。

 魔眼の影響で自分自身の記憶が壊れるカラボーには、今や魔眼の能力を制御することが出来ないそうです。
 「魔眼を買い取る金はない」とエルメロイ2世は言い、グレイはトリシャの服の内側に卑猥なものがあったと言い出します。
 エルメロイ2世は犯人は自分の敵だと言い切り、事件は自分が解決すると宣言するのでした。

【感想等】
 鬼滅の刃の柱登場ではありませんが、一気にキャラが増えると時々混乱します。
 今は亡きケイネス先生がいきなり出てきたのは驚きました。
 仮にイスカンダルさんとケイネス先生が聖杯戦争に参加していても相性はかなり悪かっただろうと思います。

 主人公不在のまま推理パートになりますが、いきなり生首が出てきて驚きました。
 前もって空間を斬っておくという攻撃手段は某整合騎士の団長さんを思い出しますが……
 残り2話となりましたが、この事件の犯人もとい「敵」とは一体誰なのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第9話「魔眼蒐集列車3/6 巫女と決意と腑海林の仔」

 エルメロイ先生の9話を見て感想を書かせていただきます。
 魔眼蒐集列車のお話も3話目となりますが、登場人物が誰が誰だかよくわかってないです。
 やってきてくれたメルヴィンさんはどんな役に立ってくれるのでしょうか。

【内容】
 「誰もこんなものにはたどり着かなかった……」とヘファイスティオンはイスカンダルへ問います。
 突然授業風景になり、エルメロイ2世による死者の霊を我が身に宿す行為について説明が入ります。
 フラットは作者が死んだマンガを書かせることが出来ないかと聞いてきましたが……

 グレイはサーヴァントに間違いないと言えば、オルガマリーは召喚したマスターがいるとひと言。
 召喚されたサーヴァントに魔力を供給する必要があり、ヘファイスティオンはイスカンダル第一の臣下なのだとか。
 オルガマリーはエルメロイ2世達がイスカンダルの遺物を盗まれたとあっさり見抜きます。

 イスカンダルの遺物からヘファイスティオンが呼ばれたことが判明します。
 そもそもサーヴァントが真名を名乗ることはなく、セイバーなどのクラスで名前を呼ぶのが通常でした。
 そんな中、魔眼蒐集列車はサブタイトルどおりアインナッシュの仔(もり)へとやってきましたが……

 オルガマリーはあくまで一人でいると言いながらも、グレイに1人で師匠を守れるのかと問います。
 ゾンビクッキングの撮影シーンが終わり、主演のジャンマリオは獅子却と抱きついて再会を喜びます。
 獅子却によるとジャンマリオは時計塔の情報通だったそうですが……

 かつての殺人事件では魔眼の所有者が7人殺されたそうですが、時計塔や聖堂教会が情報を遮断したとのこと。
 天体科の女の子が話を聞きに来たらしく、その名前は「トリシャ」という第一の犠牲者でした。
 カウレスは寒さにこたえますが、窓を叩いてやって来たのはゾンビ……ではなくメルヴィンでした。

 わざわざヘリで追いかけてきたというメルヴィンでしたが、自分以外の誰がウェーバーを傷つけたのかと憤ります。
 カウレスやグレイが呼び出しを受け、列車を動かすために協力することになりましたが……
 メルヴィンはいきなりバイオリンを出して演奏をはじめると音が魔術回路に共鳴して活性化していきます。

 カラボーは霊脈を一つ解放(?)しますが、アッドがグレイに「やばいのがこちらを見ている」と話しかけてきます。
 ヘファイスティオンが現れてグレイと戦闘が開始され、ミラボーやメルヴィン、イヴェットは別のところで走っていました。
 一人で残っていたオルガマリーは虚数属性の二次元ポケットを出しますが蛇が覗いていることに気づきます。

 菱理がオルガマリーの元にやってきたかと思えば、グレイはまだ列車に戻ってきませんでした。
 グレイは一人でヘファイスティオンと戦闘を続け、第一限定解除と称して巨大なハンマーを出してきましたが……

【感想等】
 ヘファイスティオンさんはとりあえずネットでお名前を調べて何とかW借りました把握しました。
 作者さんが死んだ作品を書かせることが出来たら、商業上の理由で死ぬことを許されない人が出てきてしまうのかも。
 ちなみに「ゼロの使い魔」の作者さんの場合はプロットがあったことから代筆の方が残りを書かれたそうです。

 ヘファイスティオンも気になりますが、唐突に出てきたゾンビクッキングという言葉のインパクトがあまりにも大きすぎました。
 ゾンビクッキングの後で出てきたメルヴィンさんも血まみれになって何があったのかと思えますが……
 親友のためにわざわざヘリを運転してやって来るところを見ると、彼らの友情はかなり厚いのだろうなと推測します。

 後半は雪の中を進むことになりますが、それほどの大雪(昔、1m前後の積雪を経験しました)というわけではなさそうです。
 一人で残っていたオルガマリーさんが心配ですが、FGOならまだしもこちらの彼女は死なない……はず。
 ハンマーという武器はなかなか珍しいなと思いながら、残りのお話もちゃんと見ていけるように努力したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム