【アニメ感想】一つの時代の区切りに「機動戦士ガンダムAGE(三世代編:40~49話)」を見ました!

 00やSEEDといったリアルタイムで視聴した作品を見ていき、気がつけばAGEもほとんど終わりというところまで見ていました。
 長い時代を振り返っていく作風は、昨今の「平成最後」というフレーズにもどこか合致しているのかもしれません。
 親、子、孫と3人の主人公に渡る長い戦いの歴史は、どのように終着点を迎えるのでしょうか。

【まとめ(第4部)】
第40話 キオの決意 ガンダムと共に
 連邦軍はルナベースの奪還へ向かいますが、新型機AGE-FXを駆るキオはヴェイガンと戦うことに疑問を持ち始めていました。
 キオは「僕は僕のやり方で戦う」といい、救出直後(1ヶ月前)に時系列が戻っていました。
 ヴェイガンの現実を知ったキオに迷いが生じ、どうして父(アセム)が戻ってこなかったのかと問いかけます。

 キオからイゼルカントの計画の真意を知ったアセムは「正気とは思えん」といい、ヴェイガンとの関係は後戻りは出来ないと続けます。
 子どもたち3人は親が迎えに来てウェンディと別れ、キオは久しぶりにユノアやロマリー(母親)と再会します。
 ロディはボロボロになったAGE3を生まれ変わらせるといい、アセムは宇宙海賊に助けられたことをフリットに告げます。

 海賊と生活したことで戦争に隠された事実を知ったアセムは、ヴェイガンを一方的な悪とは考えなくなったとのこと。
 連邦とヴェイガンの均衡を保つことで大きな戦争を止めようとしていた息子に、フリットはヴェイガンを根絶やしにすると言い出します。
 アセムはフリットの元を去り、キオはヴェイガンが悪いわけではないと考え、相手を滅ぼすだけの戦いでいいのかと疑問を呈します。

 アルグレアスはかつての拠点だったルナベースがヴェイガンの内通者によって占拠されたと説明し、同基地の奪還作戦を敢行すると一言。
 ロディからAGE-FXの説明を受けたキオは作戦行動に移り、相手の命を奪わない戦いを行っていきます。
 フリットは「プラズマダイバーミサイル」を使ってヴェイガンを1人残らず殲滅しようとし(てドン引きされ)ます。

 アセムはルナベースを連邦に返さなければ勢力の均衡が保たれないと言って戦闘に介入することに。
 ゼハートは連邦軍だけでなくアセムが介入してくると知って、ここで決着をつけると言い出します。
 イゼルカントは心臓を抑えて限界が近いことを示しつつ、ポッドの向こうにいる男に最後の仕上げを託すと言い出すのでした。

続きを読む

【アニメ感想】与えられた役割に疑問を抱きつつ「機動戦士ガンダムAGE(キオ編:29話~39話)」を見ました!

 9月あたりから00、SEEDを見て12月はAGEを見て一年の終わりを締めくくろうかなと考えました。
 ネタ要素の記憶しかなかった本作ですが、改めて見てみると色々と考えることが多くあるような気がします。
 親、子に続いて孫世代のお話になりますが、一体いつになったらこの戦いは終わるのでしょうか。

【まとめ(第3部)】
第29話 じいちゃんのガンダム
 ロマリーがアセムの息子「キオ」を産み、アセムは子どもには戦争のない世界を見せたいと考えますが……
 キオはすくすくと成長しますが、父親は死亡扱いになっていて、なおかつ戦争はまだ終わってはませんでした。

 オープニングの後、イゼルカントは地球進出を直前に演説をしていましたが、地球のキオはゲームをしているだけでした。
 この日は祖父の誕生日でしたが、ヴェイガンの移動要塞が地球へと接近し、即座にビーム砲を発射してビッグリングを破壊します。
 キオは父親の形見であるAGEデバイスを手にしつつ、父が行方不明に(なって死亡扱いに)なったことを説明します。

 ヴェイガンのモビルスーツが街を攻撃し、イゼルカントは立体映像で地球侵略の開始を宣言します。
 世界の各地でヴェイガンのモビルスーツが現れてどったんばったん大騒ぎになり、キオは車を降りて子ども達を救出します。
 キオは「やるべきことがある」と言い出して他のみんなと別れ、ガンダムで戦うことを考えていましたが、ヴェイガンの襲撃を受けます。

 フリットはキオをコアファイターに乗せ、ディーヴァに出航させろと通信していました。
 コアファイターとGセプターが合体することでガンダムAGE3が完成するとのことですが……
 無事合体を終えたキオにフリットは小さな頃からしていたゲームとガンダムが同じシステムだと説明します。

 キオはゲームで培った経験をもとに敵を倒していき、ゼハートはガンダムの姿を見て攻撃を仕掛けてきます。
 いきなりボスキャラとの戦闘になったキオですが、果たしてこの窮地を脱することが出来るのでしょうか。

続きを読む

【アニメ感想】偉大な父を乗り越えたくて「機動戦士ガンダムAGE(アセム編:16~28話)」を見ました!

 9月あたりから00やSEEDを見ていったので、その流れで同じようにリアルタイム視聴経験のあるAGEを見ていくことにしました。
 ここまで見てきて(対象年齢が下がったこともあって)展開がわかりやすく、気軽に見ることが出来る作品なのかなという感じがしました。
 フリットさんが大人になってその子どもへとバトンタッチするのですが、偉大な父を持つアセムさんは何を思うのでしょうか。

【まとめ(第2部)】
第16話 馬小屋のガンダム
 冷凍睡眠から目を覚ましたヴェイガンの皆さんは曹操に入浴シーンを見せつけます。
 過酷な環境で生きることを強いられた彼らの「プロジェクトエデン」は第2段階へと進むそうですが……

 25年の月日が流れてもいまだに地球連邦とヴェイガンとの戦いが続いていて、フリットは司令にまで出世していました。
 フリットはヴェイガンを一掃すると宣言し、彼らは人類の敵だと頑として主張し、部下の反論を封じます。
 久しぶりの休暇にフリットは自宅に戻りますが、その息子であるアセムは不良と喧嘩をして先生に怒られてしまいます。

 アセムたちは学校でモビルスーツクラブなる部活動をやっていましたが、そこにロマリーなるヒロインがやってきます。
 フリットは自宅に戻ってきて家族(妻や息子、娘)と夕食を取り、一族に伝わるAGEデバイスを与えます。
 学校ではモビルスーツコンテストがあるとのことですが、フリットは息子に士官学校への推薦状を出すと言って馬小屋を見つめていました。

 次の日、ゼハートという男が転校してきますが、早々に巨体の男を軽くあしらってしまいました。
 デルストイには負けたくないとバトルコンテストでの優勝にこだわるアセムですが、突然にヴェイガンのモビルスーツが攻めてきます。
 住宅街は炎に包まれ、アセムはバイクで自宅に戻っていきますが、途中で足をくじいたロマリーを回収します。

 アセムはバルガス(曾祖父を呼び捨てにする主人公に驚きです)の元を尋ねますが、馬小屋にはガンダムが隠されていました。
 父親がこうなることを予見していたのかと考えつつ、アセムはロマリーを放置してガンダムに乗り込みます。
 アセムがガンダムで出撃するのをゼハートは望遠鏡でのぞいているようですが……

 連邦軍のモビルスーツが簡単に倒され、アセムはガンダムでヴェイガンのモビルスーツに向かっていきます。
 ゼハートはその戦闘を見て「面白い戦い方」と称し、アセムは二刀流や敵の兵器を利用する形で敵の機体をやっつけてしまいます。
 フリットはニュースを見てアセムに「ガンダムはお前に託したぞ」とつぶやくのでした。

続きを読む

【アニメ感想】自分に出来ることをしたくて「機動戦士ガンダムAGE(フリット編:1~15話)」を見ました!

 ガンダム00の放送10周年だからと同作を見て、先月までで同様に思い出があるからとSEEDやその続編を見させていただきました。
 見たことのある作品という意味ではまだAGEが残っていたので、これを見て一年を締めくくろうかなと思います。
 まだいたいけな少年だったフリットさんがいろんな意味で変貌していくのはなかなかに興味深いです。

【まとめ(第1部)】
第1話 救世主ガンダム
 炎の中、フリットは母からデバイスを託され、母は「ガンダム」と言い残して命を落とします。
 目を覚ましたフリットはハロとともに学校に向かいますが、テレビのニュースではUEなる謎の敵の存在が語られます。
 エミリーはフリットの寝不足を心配し、フリットはそんなこともお構いなしに学校へと向かっていきました。

 フリットは司令に起動実験をすると言い、もうすぐ「ガンダム」が立てると言ってきたかと思ったらバルガスが機械でやってきます。
 勝手なことをするなとバルガスにお説教をしてからバスに乗り、エミリーはフリットはガンダムに必死なんだと一言。
 アスノ家にはガンダムの伝説が伝わっていて、その影響からフリットはガンダムというものを特別視していました。

 ディケはUEは宇宙人だと言いますが、フリットは先日の事件について対策を急がなければと先生に訴えます。
 UEの出現に法則性がある、安全ではないと訴えたフリットは先生に怒られますが、僕は間違っていないとつぶやきます。
 フリットはかつて故郷を焼かれたことを思い出しつつ、母の形見にはガンダムの設計図が入っていたと説明します。

 UEが街を襲撃してきて副提督のグルーデックは防衛を任され、フリット、エミリーはバルガスに言われて地下へと逃れます。
 「奴らはモンスターなんだ」と主張するフリットをあざ笑うように、そのモンスターは守備に入っていたモビルスーツをたちまちやっつけます。
 フリットはガンダムを動かそうと訴え、ガンダムを作ったのは僕だから自分がガンダムを一番わかっているんだと主張します。

 パイロットのラーガンはたちまちにやられてしまい、フリットはだから戦わなきゃいけないんだと集中線とともに訴えます。
 バルガスは「フリットの覚悟は本物」と急に手のひらを返し、エミリーは今行かなければフリットの戦いは終わらないと理解します。
 フリットは「どうしても行きたいんです」とブルーザーさんを説得し、ガンダムで出撃していきました。

 ナイフのようなものでUEをやっつけたフリットは「やった……」と安堵していましたが、残った敵はすぐに立ち去ってしまいます。
 フリットは「これが戦い……」とつぶやき、エミリー達はフリットを称賛し、彼が生き残ったことに安堵します。
 敵はコロニーの外から攻撃を仕掛けてきて、このままではコロニーが壊されてしまうのですが……

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム