【アニメ感想】「劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」(2018.12.27視聴)

 2019年1月の「デートアライブ」3期放送を前に、11月に1期を、12月に2期を見てきて、自分で言うのもなんですがけっこうはまりました。
 テレビシリーズだけで終わりにしようかとも思いましたが、映画も面白いとの声が多かったので一度見てみようと思います。
 タイトルを見る限り、万由里さんもまた精霊で、士道さんが彼女とデートするのだろうなとは思いますが……

【内容】
 謎の黄色い球体が落下してきたかと思えば、気がつけば女の子の姿になっていました。
 士道たちは美九のコンサートを見に来ていて、オープニングの代わりにライブシーンが流れます。
 ライブは盛況のうちに終わり、十香、四糸乃はレジャー施設のスライダーで楽しんで、耶倶矢もそれがうらやましいようです。

 この施設は美九のスタッフが貸し切りにしてくれたようで、士道はあらためて美九の心遣いに感謝します。
 美九と別れた士道たちは電車で戻り、琴里も「こういうのいいわね」とご機嫌のようですが……
 士道が支線を気にする相手、先ほどの球体から生まれた女の子は一体何者なのでしょうか。

 次の日、目を覚ました士道は空に巨大な球体が浮かんでいるのが見えますが、琴里たちには見えていないようです。
 令音によると球体はこれまで士道が封印してきた霊波に酷似しており、精霊達の無意識の現れではないかと考えます。
 精霊達には士道を独占したいという欲求があるのではないかと並行して精霊たちの(デートによる)ストレス解消を図ることになりました。

 くじ引きでデートの順番が決められ、精霊達が議論を重ねている一方、士道は先ほどの女の子が気になってしまいます。
 一番最初は耶倶矢とのデートになり、十香や四糸乃、夕弦はその様子を影でうかがっていました。
 フレンチのお店を調べたはずがラーメン屋さんに行くことになり、ヤングでナウいクールバーもゲームセンターになっていました。

続きを読む

【アニメ感想】3期放送の直前に「デート・ア・ライブ2(全10+1話)」を見ました!

 デート・ア・ライブ(以下デアラ)の3期が放送されるということで、先(2018年11月)は1期を見させていただきました。
 放送開始が1月ということで、色々と差し迫ってきたので、直前に2期を見ておこうかと思います。
 1期では狂三さんとの決着はつけられませんでしたが、2期ではそのあたりもしっかり描かれるのでしょうか。

【まとめ(2期)】
第一話 デイリー・ライフ
 30年前の空間震は未曾有の被害を引き起こし、現在の士道は十香や四糸乃の暴走に驚かされます。
 色々とやらかした折紙は謹慎2ヶ月で済み、妹からは精霊は精神状態が不安定になると暴走するからと説明を受けます。
 士道は折紙に呼び出されて彼女と会う一方で、十香や四糸乃は離婚するドラマを見ていました。

 折紙は士道を女子トイレに連れ込み、イフリートが両親を殺した犯人ではない確証はないといいだします。
 十香は士道の部屋を掃除してほめられようとしますが、修学旅行の準備とおぼしきトランクを見て士道が出て行くのではと不安になります。
 折紙は士道が人間なのかと問い、彼が精霊ならば討伐司令が出る可能性があると言い出します。

 士道は修学旅行用のドリンクを買うと言われて付いていくことになり、そこに十香が「確かめたいことがある」と聞いてきます。
 折紙は「二人だけの秘密」と言い、十香は士道がどこかに行く算段をしているのではないかと落ち込んで暴走してしまいます。
 琴里は「私たちのデートを始めましょう」と決めぜりふを言い、士道は十香を落ち着かせるためにデートを試みます。

 きなこパンを買いにいったはずがどの店も売れ切れていて、十香は涙目になってしまいました。
 恭平がパンを買い込んでいたことがわかり、とりあえず士道に転送することで事なきを得たようですが……
 帰宅した士道はトランクが壊れていたことに気づき、修理に出しに行くことになり、ドラマを見た十香は不倫ではないかと考えます。

 十香はトランクを持って走り去り、空間震警報の鳴る中、士道は正確に彼女を追いかけていきます。
 「私といるのに疲れたのでは」と言い出す十香に対して、士道はトランクは一緒に修学旅行に行くためのケースだと説明します。
 暴走する十香を前に、街も十香も消滅の危機だと言われた琴里は士道に任せるしかないといい、士道はその手を握ろうとします。

 十香は士道とキスをして安心し、別のところではアイザックなる男は「我々のやり方で確かめる」と意味深なことを言い出します。
 狂三は「素晴らしかったですわ」と言いつつ時間を蓄え、30年前の全ての精霊の根源を殺すと言い出すのでした。

続きを読む

【アニメ感想】3期放送の前に「デート・ア・ライブ(全12+1話)」を見ました!

 11月とともに秋アニメも終わりに近づき、冬アニメをチェックしていて「デート・ア・ライブ」の3期放送を知りました。
 タイトルは何度か伺ったことはあるのですが、実は1度も見たことがないので、これを機会に見てみようかなと思います。
 公式サイトを見ていると個性的なお名前が並んでいて、なんだかわくわくしてくるのを感じますが……

【1期まとめ】
第一話 四月一〇日
 30年前、中国とモンゴルの国境付近に「巨大空間震」が出現して未曾有の被害を引き起こしたとのこと。
 オープニングの後、主人公の士道は妹の琴里(ことり)にたたき起こされたかと思ったらTウイルスにかかっていると言い出します。
 妹を追い払った士道は妹とじゃれ合いつつ、空間震についての説明をしていき、日本を中心に増加傾向にあるとのこと。

 妹と約束をした後、士道はシスコン疑惑や殿町との同性愛者疑惑をかけられていて、それを見ている折紙が気になるところ。
 殿町は「ギャルゲーは恋愛の教科書」だと力説していましたが、そこに「超天才」と呼ばれる折紙が声をかけてきます。
 「たまちゃん」先生はどう見ても先生には見えませんが、士道はそれよりもむしろ折紙のことが気になります。

 空間震警報が鳴ったかと思ったら折紙はどこかに行ってしまい、先生は慌ててしまって生徒に突っ込まれます。
 士道は妹がファミレスの前に待っていないか心配になり、現在位置を確認し、そのまま妹の元に向かうことに。
 ボロボロになった街で、士道は鎧を身にまとった女性(十香)に「お前なのか」と剣を向けられてしまうのでした。

 十香は空を飛んできた敵を相手に突然戦闘を開始しますが、士道には彼女が寂しそうな顔をすることが気になります。
 気がつけば折紙と十香が士道の目の前で戦っていて、士道は気を失い、よくわからない声が聞こえてきます。
 士道は「村雨令音(れいね)」という女性に救出され、妹は「ようこそラタトスクへ」などと言っていました。

 琴里は恭平を殴りつけつつ、十香はこの世に存在しない精霊でり、空間震は精霊の余波だと説明していきます。
 士道は訓練をするようにと言われ、この船はファミレスの上空だと言われて呆然とします。
 翌日、士道はいつもどおり学校に行きますが、令音が先生という名目でやってきて、突然に倒れて驚いてしまいます。

 令音は士道を「シン」と呼び、ギャルゲー風のソフトによる気の抜けた説明を受けます。
 要は精霊を武力で押さえつけることが難しいから、精霊をデートに誘うようにと言われます。
 折紙は「昨日見たことは全て忘れた方がいい」と言いつつ、十香は自分が倒すべき精霊だと言い切るのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム