【アニメ感想】過去と向き合うために「ViVid Strike!(全12+3話)」を見ました!

 11月から「魔法少女リリカルなのは」シリーズを延々と見ていき、気がつけば4期であるVividまで見ることが出来ました。
 今回見る「ViVid Strike!」は「なのは」の名前は付いていませんが、登場人物を見る限り関連のある作品で間違いないようです。
 放送当時はなのはさんを全く見ていなくてスルーしていましたが、4期まで視聴した今ならついていけるような気がします。

【全話まとめ】
#01 フーカ・レヴェントン
 孤児のフーカは「貧乏人」と揶揄してきた少年に喧嘩を売りつつも、リンネとともに一生懸命に生きていました。
 リンネと別れたフーカは暴走族に喧嘩をふっかけてボコボコにされ、アインハルトは一撃を受けつつ倒れたフーカを保護することに。
 フーカはそのまま病院に運ばれ、バイト先の社長からはクビを宣告されてしまい、すっかり困り果ててしまいます。

 手紙を受け取ったフーカはナカジマジムを訪ね、ノーヴェからはアインハルトはワールドチャンピオンだと説明を受けます。
 ヴィヴィオ、リオ、コロナ、ミウラが気さくに話しかけてきて、続いてアインハルトがユミナ(マネージャー)と一緒に戻ってきました。
 アインハルトはフーカに「格闘技」に興味は無いかとスカウトしますが、フーカはお嬢様学校に通っているアインハルト達に反発します。

 ノーヴェは今はバイト先を募集していて、食事と住居を支給されると言ってきますが、フーカは格闘技は嫌いだと一言。
 リンネとは友達だったものの、金持ちの養子になって格闘技をはじめたことですっかり変わり果てたのだとか。
 そのリンネに負けてしまって何をすればいいのかわからないと言いますが、とりあえずバイトの話だけは受けることになりました。

 アインハルトは自分を「はるにゃん」と呼んでほしいと言い、フーカはスパーリングの相手をすることになりましたが……
 リオ、ミウラにボコボコにされ、さらにはヴィヴィオに重たい一撃を受けてノックアウトされてしまいました。
 ヴィヴィオは唯一リンネに勝利したと聞いて、フーカはアインハルトの指導を受けて挑戦することになりました。

 ボディをひたすらに我慢しつつ反撃の機会をうかがい、大好きだった幼なじみが人を見下す存在になったことを思い出すフーカさん。
 フーカは自分がこれまで逃げてきたのだと考え、もう一度リンネと戦うためにとアインハルトから教わった一撃を放ちます。
 「すっかり変わり果てた」と言われたリンネもまた、今もフーカへの思いを捨て切れていないようですが……

続きを読む

【アニメ感想】時代の変化を感じつつ「魔法少女リリカルなのはvivid(全12話)」を見ました!

 11月あたりから「魔法少女リリカルなのは」シリーズを見ていき、なんとか3期まで見ることが出来ました。
 今年も残り少ないですが、ラストスパートの意味を込めて続編のビビッドを見てみることにしました。
 タイトルはなのはと言いながらも主人公はその娘のヴィヴィオさんで、内容もずいぶんと様変わりしてきたようですが……

【全話まとめ】
Memory;01 セイクリッド・ハート
 その世界「ベルカ」は長い間戦乱に明け暮れていたようですが、その世界は今や歴史に名を残すだけの存在なのだとか。
 オープニングの後、本作主人公のヴィヴィオ(10歳)は学校の準備をし、公務員の母(なのは)と一緒に朝食を取ります。
 ヴィヴィオは母とともに家を出ますが、今日は始業式で、今夜は進級のお祝いモードにするとのことです。

 ミッドチルダは近代的なビルが建ち並ぶ世界で、リオ、コロナといった親友とともに登校していました。
 ノーヴェ(元ナンバーズ)はストライクアーツの先生で、3人にすぐに着替えてこいと言ってきました。
 他の元ナンバーズが見に来ている中、ヴィヴィオやリオ、コロナは拳を交えつつ、色んなことを一緒にやりたいと言ってきます。

 ヴィヴィオはノーヴェと試合(?)をして帰宅すると、もう一人のママであるフェイトも家にいました。
 2人のママとの夕食を終えたヴィヴィオに、なのはは「もう4年生だから」と彼女専用のデバイスを準備してくれました。
 箱を空けるとうさぎのようなものが出てきて、ヴィヴィオはその子にクリス(セイクリッド・ハート)と名前をつけます。

 ヴィヴィオは変身シーンを見せて(大人っぽくなって)ポーズを決め、フェイトは思わず腰を抜かしてしまいました。
 ノーヴェ達はギンガと格闘系の実力者を狙う「覇王」なる存在の話題を出す一方、ヴィヴィオはこれまで変身を練習していたと説明します。
 ヴィヴィオはママ達が自分たちと同じ頃にやんちゃしていたと言い、そのままなのはとともに外出しますが……

 フェイトはキャロやエリオに「大人モード」について聞いているかと連絡し、エリオは「心配要らないと思います」と一言。
 なのはは「大人モード」になったヴィヴィオに対して、いたずらや遊びで変身しないようにと「約束」することに。
 ヴィヴィオは「あの子」に会いに行こうとつぶやき、ディエチは聖王協会にいるディードやオットーと再会します。

 ヴィヴィオはイクスという女の子にクリスを紹介しますが、イクスはどうやらずっと眠っているようです。
 「覇王」イングヴァルトと傷害事件について、チンクたちはどうするのかと作戦会議を行っていました。
 オットーはヴィヴィオにクッキーを渡し、ノーヴェはその夜にイングヴァルトから「確かめたいことがある」と呼び止められるのでした。

続きを読む

【アニメ感想】全力全開で「魔法少女リリカルなのはStrikerS(3期:全26話)」を見ました!

 映画公開というタイミングもあってなのはさんを1期、2期と(いわば前日譚部分を)みていきました。
 2期はある意味綺麗に終わっているのですが、なのはさんのその後を追いかけるには3期を見るしかないと妙な使命感に燃える私がいます。
 時系列は一気に先に進んだ上に、新キャラがいっぱい出てくると、覚えていけるのか少し不安になりますが……

【内容(3期)】
第1話 空への翼(2018.11.27)
 火災現場で泣いている女の子(スバル)を助けたのは、強く美しく成長したなのはさんでした。
 なのははディバインバスターで天井をぶち破り、スバルは何も出来ないのは嫌だと考え、ティアナとともに昇格試験を受けることに。
 試験管はリインフォース2(ツヴァイ)という女の子で、その様子を見ているのは時空管理局職員になったフェイトやはやてでした。

 はやてはスバルたちはいずれなのはの教え子になるといい、スバルは拳、ティアナは拳銃で着実にクリアしていきます。
 フェイトは彼女たちの戦闘能力を「伸びしろがある」と評価し、ティアナはスバルをかばって足を怪我してしまいます。
 ティアナは自分を置いていけと言いますが、スバルは1人では行かないと言い、ゴールする手段はあると言い出します。

 スバルは「2人でやれば出来る」と言いますが、残り時間は3分40秒しかありませんでした。
 ティアナは全力で走っていきますが、彼女は「幻術」で作ったおとりであり、本物は別のところにいました。
 スバルは何かを守れる自分になるのだと叫び、装置と思しきものを全力で殴りつけ、最後はディバインバスターで破壊します。

 ティアナをおぶったスバルは全力で走っていき、止まることを忘れていて壁に激突しそうになったのをなのはに助けられます。
 スバルたちは危険行為で減点だと言われますが、とりあえず試験は無事終了した……ということでいいのでしょうか。
 なのはは「なのはさんでいいよ」と言いつつ、かつて助けたスバルの頭をなで、スバルはうれしさのあまり涙を流すのでした。

続きを読む

【アニメ感想】劇場版の大ヒットを記念して「魔法少女リリカルなのはA's(2期:全13話)」を見ました!

 最新のアニメとともに色々と見ていたのですが、色々なところで話題が出たのでなのはさんを見ることにしました。
 「魔法少女」という言葉でプリキュアさんみたいなものを連想していましたが、その中身はジャンプ漫画でもおかしくない熱血ものでした。
 1期を完走して次の日には2期へと突入したわけですが、なのはさん達がどんな熱い戦いを繰り広げるのか、わたし、気になります!

【内容(2期)】
第1話 はじまりは突然になの(2018.11.14)
 車椅子に乗ったはやてはメッセージを聴いてからベッドで本を読んでいて、何やら力に目覚めたようです。
 なのははレイジングハートとともに魔法の練習をしつつ、1期のおさらいをしていきます。
 フェイトやユーノとは今は離れてはいますが、フェイトとは今でも手紙のやりとりが続いているようです。

 時空管理局ではリンディがエイミィとくつろいでいて、クロノはフェイト、アルフ、ユーノの裁判の打ち合わせをしていました。
 ユーノは「フェレットもどき」と言われて怒りますが、またもロストロギアの話題が出てきます。
 どこかでヴィータがエネルギーを回収している頃、すずかは図書館ではやてと出会います。

 シャマルと共にいたはやての前にシグナムなる女性が出てきて、そのまま一緒に帰るのですが、ヴィータという人物はそこにはいませんでした。
 ヴィータはザフィーラという狼(?)とともに行動していて、なのはは異変に気づいてとりあえず外に出ていくことに。
 なのはは変身してヴィータと戦うことになり、話を聞いてと言いつつ高出力のビームをぶっ放してきます。

 ヴィータは高速回転からのハンマー攻撃でなのはを吹き飛ばし、なのはは変身を解除されてしまいます。
 とどめを刺されそうになったなのははフェイトの名を呼び、ちょうどいいところでフェイトやユーノが助けに入ります。
 フェイトはなのはを「友達だ」といい、その友達を傷つけるヴィータと対峙するのですが……

続きを読む

【アニメ感想】劇場版公開を記念して「魔法少女リリカルなのは(1期:全13話)」を見ました!

 先日からドッグデイズ(全3期)、ゼロの使い魔(全4期)と割と息の長い作品が続いたように思えます。
 昨今映画が公開されたということもあり、今月と来月あたりで「魔法少女リリカルなのは」を見ていこうと思います。
 関係者のお名前を見ているとどこかで聞いたことのある人達が色々と出てきているのが気になるところですが……

【全話まとめ(1期)】
第1話 それは不思議な出会いなの?(2018.11.1)
 なのはが授業を受けているかと思えば、謎の女性が魔物らしい生き物と戦っていました。
 女性がマスコットのようなものに変身し、場面が変わってなのはが目を覚ましますが、先ほどの戦闘は夢ということで片付けられます。

 なのはは視聴者に父親や母親を紹介し、2人は喫茶店を運営してて、兄や姉は道場で剣を振るっていました。
 家族の中で浮いているのではと考えつつ、バスに乗って学校にやってきたら、先生は将来の職業について考えるようにと言い出します。
 なのはには他の友達と違ってなにもやることがないと言いますが、友達(CV釘宮理恵さん)からは「このバカチン!」と言われます。

 学校の帰り道になのはは夢のことを思い出し、さらにはどこからか「助けて」という声が聞こえてきました。
 なのははマスコットを拾って獣医さんに連れていきますが、どうやら普通のフェレットではないようです。
 その後は塾の授業が続きますが、どうしてもフェレットのことをついつい考えてしまい、とりあえず家族に相談することに……

 お父さんはフェレットのことをよく知りませんでしたが、一応家で預かってくれることになりました。
 いきなり「僕の声が聞こえますか」と聞こえてきて、なのははとりあえず外に出てみると、フェレットが敵らしい存在と飛び出してきました。
 フェレットは日本語をしゃべり、自分が違う世界からやってきたと言い、なのはには「資質」があるから力を貸してくれと言い出します。

 宝石のようなものを渡されたなのはな、フェレットの言うとおり「我、試練を受けし者なり」と呪文を唱えていきます。
 なのははすさまじい魔力を発揮し、気がついたら杖を持って変身していいました。
 信じられないという表情のなのはの目の前には、何やら見知らぬ魔物が立ちはだかるのですが……

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム