【アニメ感想】叛逆性ミリオンアーサー 第23話(終)「叛逆の未来へ」

 アーサーさんの最終回(23話)を見て感想を書かせていただきます。
 ファルサリアさんと戦うか、そうしないか、なかなかに難しい問題だと思います。
 団長さんは最後の最後で妖精合体を成功させることが出来るでしょうか。

【内容】
 アーサー狩りこと団長達はファルサリアに狙われ、戦うかそうでないのかと決断を迫られます。
 鉄拳は戦うしかないと断言しますが、戦っても勝ち目がないのが実情でした。
 団長は一旦チームを解散すると言い、一度任務のことを忘れてどうするのか考えてほしいと言い出します。

 仲間を見送りながらも「私に逃げるという選択肢はない」と断言する団長さん。
 一人だけ妖精合体が出来ないのはどうしてなのかと言い、露出の激しい水着を着てきましたが……
 鉄拳は見ていたライブを途中で放り出し、錬金は図書館でファルサリアと戦うために調べ物をしていました。

 山猫は歌姫に会ってその歌を聴きたいと言い、歌姫は「必ず生きてまた歌を聴いてほしい」とひと言。
 閣下は敵前逃亡したくないと言いつつも、勝ち目がない敵とは戦いたくないと言っていました。
 彼の前に現われた富豪アーサーは「やるべきこととやりたいことが出来ているのは一人前だ」と断言します。

 富豪によると「逃げることは恥ではない」「退くべき時は退くのが商売の鉄則」とのこと。
 閣下はそれでも敵と戦うといい、ブリギッテもそれに同調します。
 流浪もまたファルサリアと戦うと断言し、ベトールとじゃれ合っていましたが……

 6日が経過して特製コスプレ衣装……ではなく鉄拳達が全員戻ってきました。
 鉄拳達は妖精合体からの連続攻撃でファルサリアを攻撃しますが、やったか!?などと言って倒せる敵はいませんでした。
 ファルサリアは妖精合体は危険な力だと言って鉄拳達や団長を倒そうとします。

 盗賊はこれまでにない外敵が迫ってくると言いますが、ファルサリアは人の話を聞いてくれませんでした。
 団長は「私の伝承は私の生きた証」と言いつつも「貴女と合体したかった」とつぶやきます。
 ナックラヴィも「団長と合体したい」と抱きついてきて、ついに団長は妖精合体を成功させます。

 団長はナックラヴィだけではなく他の仲間とも合体し、ファルサリアをたちまちに一蹴します。
 ファルサリアを倒した団長はとどめを刺すことなく、そのまま外敵を倒すと言って去っていきました。
 3日後にファルサリアがリベンジマッチを挑んできて……

 1000万のエクスカリバーの反応が見受けられて困惑を隠せない一同。
 それでも全てのエクスカリバーを折るのだと言って敵地へと向かう団長達なのでした。

【感想等】
 決戦前夜と戦闘を一つに詰め込んだのは、23話という中途半端な話数で終わらせるためでしょうか。
 さすがに最終回になると団長さんもシリアス気味に……はなりませんでした。
 ちなみに後半戦(11話~)を見る前は歌姫さんや富豪さんとのバトルがあるとばかり思っていました。
 
 CV茅野さんでここまで圧倒的に強いキャラというと、SAOの整合騎士アリスさんくらいしか思いつきません。
 苦戦したファルサリアさんをあっさり倒したのはさすがに驚きを隠せませんでした。
 いわゆる「俺たた」エンドではありましたが、さすがに1000万本だとどうしようもないような気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】叛逆性ミリオンアーサー 第22話「伝承の終焉」

 アーサーさんの22話を見て感想を書かせていただきます。
 いまだに妖精合体できていない団長さんのことが心配になりますが……
 ファルサリアさんが最後の敵ということでいいのでしょうか。

【内容】
 「妖精合体」の力を目の当たりにしたファルサリアは「退屈から解放されそう」とひと言。
 オープニングの後、元気いっぱいの団長でしたが一人だけ妖精合体できないと散々に指摘されます。
 目を覚ました団長は「妖精合体できなくても見捨てないで」と山猫に泣きついてきました。

 鉄拳もまた妖精合体出来ていないからとトレーニングをしていました。
 団長は自分と鉄拳だけが合体出来ないのかと考えますが、その際にも色々と突っ込まれます。
 戦闘中に合体出来たという事実を考えると命の危機があれば合体出来るのでしょうか。

 2箇所でエクスカリバーの反応があり、団長は鉄拳とでそのうちの1箇所に向かいます。
 敵はあっさりと倒されてしまい、妖精合体を試みる機会はありませんでした。
 そこにファルサリアが出てきて「妖精合体おめでとう」と言ってきて神経を逆なでしてきました。

 どうして妖精合体を試みるのかと言われてファルサリアに対抗するためだとおっしゃる団長さん。
 ファルサリアは「強すぎる力は誰も幸せにしない」と意味深なことを言って去っていきました。
 団長は「妖精合体はなんのための力か」とストレートな疑問を抱き、鉄拳は大切なのは何のための力なのかと言ってきます。

 外敵の大群がやってきたので再び団長と鉄拳が戦闘することになりました。
 団長は戦闘で負傷してしまい、鉄拳の相方のティターニアは自分のせいで妖精合体出来ないと言い出します。
 「俺はお前以外の妖精と手を組まない」という鉄拳の姿にティターニアは元気を取り戻します。

 鉄拳とティターニアは妖精合体を行って外敵を粉砕し、団長は自分だけ合体出来なかったことにショックを受けます。
 ファルサリアは「強すぎる力は不幸しかない」と言い、自分がこの時代に現われたのは彼らを倒すためだとひと言。
 団長達の前に現われたファルサリアに対して、傭兵は団長達に考える時間を与えてほしいと言い出すのでした。

 ファルサリアは7日の猶予を与えると言って去っていきましたが……

【感想等】
 冒頭シーンだけ見てもファルサリアさんがラスボスっぽい感じがしてきました。
 いつもハイテンションの団長さんも精神的にショックを受けているようですが……
 何処までも前向きなナツ……ではなく鉄拳さんは色々な意味で頼もしいです。

 突然の外敵の襲来ですが、アーサーさん達の戦いが中心だったので彼らを忘れていました。
 そういえばF91で「アーサーなんだぜ」という発言がありましたが関係ないと思います。
 団長さんが合体したことでますますネタにされる団長さんにちょっとだけ同情してしまいます。

 1期の終了時点でファルサリアさんがラスボスだと気づくべきだったのかもしれません。
 次回が彼女との決戦なのはいいとして、最後の最後で団長さんが覚醒することになるのでしょうか。
 そもそも100万本のエクスカリバーを折るという目的は何だったのかという疑問が残りますが……
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】叛逆性ミリオンアーサー 第21話「合体への道のり」

 アーサーさんの21話を見て感想を書かせていただきます。
 紆余曲折はありましたが、妖精合体への道筋がついたのはよかったと思います。
 サブタイトルが色々誤解を招きそうな表現なのは突っ込まない方がいいのかも。

【内容】
 団長がナックラヴィと妖精合体を試みたかと思ったらいきなりオープニングが流れます。
 オープニングの後、流浪や山猫は最大の娯楽街ロスベガスに向かっていました。
 ロスベガスは自制心のない人間はダメだから最終的にこの2人が選ばれたようです。

 流浪、山猫はセレブな新婚カップルということになり、正装して実際に潜入捜査を行うことに。
 目の前でバカップル新婚さんの写真撮影を手伝い、流れで自分達も写真を撮ってもらいました。
 流浪、山猫はキスをするふりをするはずが実際にキスをし、ベトールは妬ましい気持ちになります。

 行くなと言われていた団長はカジノのスロットで大負けし、ベトールにお金を貸してくれと言い出します。
 流浪、山猫はVIPルームに向かい、残された妖精2人はカジノをすることに。
 ベトールは大量に勝っても気持ちが晴れることなく、大胆な衣装に身を包んでポーカーに参加します。

 たちまちに1億2000万を稼ぎだした流浪達はオーナーの男性に(アーサーだと)気づかれてしまいます。
 流浪はベトールの行動に疑問を抱き、ベトールは「誰から見てもお似合いのカップルだった」とむくれてしまいます。
 ベトールはクーピーと一緒に寝ると言いますが、そこにやってきた団長は更に駄目人間になっていました。

 目を覚ましていた流浪は山猫ともども捕まってしまい、オーナーはビジネスの邪魔をされたら困ると言ってきます。
 オーナーは(金策に困ってコスプレ衣装を売ろうとしている)団長を人質にしていました。
 流浪は自分のポケットには鍵があるといい、山猫はベトールがやきもちをやいたのだと断言します。

 カジノそのものがエクスカリバーだと判明し、団長は妖精合体をしようとして失敗します。
 流浪はベトールの気持ちをわかっていなかったことを謝罪し、敵からベトールをかばって負傷してしまいます。
 「お前は俺のかけがえのないパートナー」だと最後につぶやきますが……

 山猫、クーピーは空中から敵を攻撃し、気がつけば妖精合体を成功させていました。
 オーナーは脱出しようとしますが、今度は妖精合体した流浪によって阻まれます。
 そしてベトールがお金をもってきたことで金策にも当面困らなくなったようです。

【感想等】
 流浪さんと山猫さんで「俺妹」の京介さんと桐乃さんを連想するのは私だけではないはず。
 私の初めての深夜アニメが「俺妹」だったからなのかもしれませんが……
 従兄が昔、何としても地元にカジノを誘致すべきだと言っていたのはここだけの話です。

 カジノというとドラクエのイメージしかないのですが、ベトールさんの気持ちはわからなくもないかと。
 ギャンブル中毒になった団長さんを見ていると日本にカジノを作ること自体に疑問を抱かざるを得ません。
 流浪さんの「お前は俺のかけがえのないパートナー」というひと言にちょっとドキドキしてしまいました。

 山猫さんと流浪さんが妖精合体を成功させ、残りは団長さんを残すだけになりました。
 次回に団長さんが妖精合体を成功させ、あとはファルサリアさんと何らかの決着を付けて終わりでしょうか。
 残りのお話で100万本のエクスカリバーを折るのは無理だと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】叛逆性ミリオンアーサー 第20話「赤ずきんちゃん気をつけて」

 アーサーさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 前回、ようやく「妖精合体」が発動しましたがその条件はいまいちよくわかりませんでした。
 閣下さん以外の皆さんも続々と妖精合体に成功していくのでしょうか。

【内容】
 妖精合体の祝賀会が開かれ、団長は「早く合体したい」と誤解を招くことを言い出します。
 錬金は焦りを感じたのか色々と聞いてきて、鉄拳に反発して出て行ってしまいます。
 彼女が図書館に行って妖精合体について調べると言い、そこにお迎えに上がりましたと執事のトニーが出てきます。

 かつて、錬金はトニーの主人であるアンディを助けたことがあったそうです。
 アンディは錬金が必要だといいってプロポーズしてきて、閣下達は相手を調べて慎重にいくべきだと苦言を呈します。
 錬金は一人でアンディのところに行くといい、ボダッハは錬金を心配してついてきました。

 アンディはいきなり錬金に抱きついてきて「人を好きになるのに理由は必要なのか」と言ってきました。
 結婚してくれと言ってくるアンディですが、そこに先日のならず者達がやってきました。
 そこに盗賊がやってきてアンディがあちこちから大切な人を奪っているのだと説明してきました。

 アンディは連れ去った女性達を「日替わり妻」だと言い、トニーは錬金を持ち駒にしようとしたと言い出します。
 実はトニーが女性達だけでなくアンディをも操っていて、アンディの耳掃除を見ながら自分の耳掃除をするのが悦楽なのだとか。
 トニーは日替わり妻を盾にして錬金を操りますが、そこに団長や鉄拳が助けにやって来ました。

 ボダッハは錬金に頭突きして気絶させ、団長や鉄拳とともにトニーに向かっていきます。
 盗賊はだまされる方がバカだと言いながらもだますよりはましだと言ってきました。
 鉄拳も団長もボダッハも操られてしまいますが、ボダッハは涙を流して最後の抵抗をします。

 錬金やボダッハは敵に捕らえられてしまいますが、抱きついていたら妖精合体が発動します。
 トニーは自分は最強だと暗示をかけましたが錬金によってやっつけられてしまいました。
 団長は錬金達の合体を祝してパーティーを行い、錬金は妖精合体については先輩と呼べと言ってくるのでした。

【感想等】
 お話は終盤のはずが団長さんのテンションはいつもどおりなのである意味安心……でしょうか。
 錬金さんがやけに焦っているのが印象的ですが、話数のことを考えるとそうも言っていられないのかも。
 自分が必要にされればなびくのもわかりますが、アンディさんはロリコンさんなのでしょうか。

 盗賊さんがココアさんで錬金さんがチノちゃんだとごちうさを連想してしまいます。
 日替わり妻という発想はさすがになく、トニーさんの性癖(?)については理解を遙かに超えていました。
 盗賊さんは厳密には敵ではないとして、やはりファルサリアさんがラスボス扱いなのでしょうか。

 閣下さんに続いて錬金さんが妖精合体を行い、狐耳みたいなのが仙狐さんみたいでいいなと思います。
 自己暗示で強くなるのは昔のるろうに剣心にああいうのがいたような気がします。
 残り4話で3人がそれぞれ合体するとして、100万本のエクスカリバーをどうやって折るのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】叛逆性ミリオンアーサー 第19話「奪われたエクスカリバー」

 アーサーさんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のお話あたりから少しずつシリアスさの度合いを増してきたように思えます。
 そろそろ妖精合体についても教えてほしいところですが……

【内容】
 閣下は前回のショックを引きずっていて戦闘中も心ここにあらずという感じでした。
 リベンジャーズなる組織が暗躍しているかと思えば、団長は妖精合体を試すと言って組み体操をしていました。
 これではあの人(富豪アーサー)には追いつけないと危機感を抱いた閣下は一人で出撃すると言い出します。

 複数のアーサーが「悪魔の森」に集まっているそうで、一人では危険だからと鉄拳がついていきました。
 鉄拳と閣下は言い争いをしていましたが、森にはエクスカリバーが大量に刺さっていました。
 その中にはかつて団長達が破壊したはずのエクスカリバーも複数含められていましたが……

 閣下は敵が持っているエクスカリバーが微妙に違っていると気づき、その敵は団長達に倒された敵の双子の兄弟でした。
 リベンジャーズは弟にまっとうな人生を歩かれては自分達の駄目さ加減が目立つと訴えてきました。
 そこに「傭兵」までもが乱入して閣下のエクスカリバーを奪われ、ブリギッテも倒され、鉄拳は撤退を選択します。

 鉄拳は「仲間を傷つけられて黙っていられない」と一人で出ていき、一人で巨大な塔を目指します。
 閣下はブリギッテに励まされ、鉄拳は「一人一人戦うのは面倒」と一撃で塔を破壊してしまいました。
 敵はエクスカリバーを合体させて巨大なドリルを生みだしますが、そこに遅れに遅れて閣下が現われます。

 エクスカリバーを取り戻した閣下は傭兵の指図を受けつつも敵と戦うことになりました。
 ブリギッテが閣下をかばえば突然「妖精合体」が起こって圧倒的な力で敵をやっつけてしまいました。
 傭兵もまたリベンジャーズを追いかけていて、続きは今度だと言って去っていくのでした。

 閣下はブリギッテをお姫様だっこして戻っていきます。
 一方で「お前は重すぎだ」とデリカシーのないことを言い出すのでした。

【感想等】
 100万本もエクスカリバーがあるとどのエクスカリバーなのかなかなかわかりません。
 これまでほとんどスルーされてきた妖精合体がわかってきてよかったかと。
 鉄拳さんがナツさんに聞こえるのはいつもどおりだとして、細かい違いに気づく閣下さんが素敵です。

 ブリギッテさんが彼女なりに閣下さんを気遣うところが個人的に良かったかと。
 塔を登るかと思っていたところで壊してしまうのはちょっと笑ってしまいました。
 今後は他の仲間も妖精合体出来るようになったとして、最後はファルサリアさんを倒して終わりなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム