【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第13話(終)「かけがえのない」

 ツルネの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 とりあえずマサさんが軽傷で済んだ(?)のでよかったですが……
 最後は愁さんと決着をつけて終わる流れでしょうか。

【内容】
 マサさんの一件が終わったこともあり、湊たちは無事決勝に進出します。
 顧問の先生は「よくやった」と言い、女子部員もまた男子の躍進を称賛します。
 一方で桐先の双子は「小者感丸出しだよ」と自らの小者ぶりを視聴者に見せつけます。

 愁は「勝ち負けで考えたことはなかった」と言いつつも「精一杯やります」と一言。
 桐先高校が準決勝を戦う中、幼少期の愁は湊が怪我をしていたことに気づいていました。
 西園寺先生は「焦って変な型を覚えてしまうのは一番よくない」と言っていましたが……

 湊は愁を見て「綺麗な射形」と言いますが、静弥は「湊の方が好き」と言い出します。
 ずっとその先を見つめている愁はあっさりと決勝に進出しました。
 マサさんの実兄であるレンさんは弟を放置して応援にやってきて、女子は「今日の男子はいい」と続けます。

 双子は散々に悪態をついた挙げ句にちょっかいをかけてきました。
 分別のある部長は彼らをなだめ、自分たちは最後の大会になると言ってきました。
 「それをノリリンに誇りたい」と言ってくるのはおそらくギャグの範疇でしょうか。

 愁は「まだ湊を追いかける気か」と聞いてきますが、静弥は「並んで歩く」と反論します。
 湊は今のメンバーで戦えることがうれしいと言い、その師匠である西園寺先生も試合を見に来ていました。
 全員の名前が読み上げられ、海斗が、遼平が、静弥が、次々に弓を撃っていきます。

 愁と湊は同時に弓を撃ち、見事に命中させてきて、女子も興奮を隠せなくなりました。
 「雨上がりみたいによく見える」と冷静に分析する湊さん。
 海斗は意外と繊細で、遼平は思い切りがよく、静弥のゆったりとした仕草、七緒の柔らかさがよく見えてきます。

 双子の片割れが外す一方で、静弥は冷静に当ててき、七緒が盛り上げてきました。
 愁がむきになってきたのは先生によると珍しいのだとか。
 一進一退の攻防を続ける中、西園寺先生は「ひょっとしたらひょっとする」と言ってきました。

 「弓は仲間とひくもの」「俺がここにいる理由がある」とただ的を見て的中させてきた湊さん。
 愁は最後の最後に外し、湊達は勝利を喜び合います。
 マサさんは病院を抜け出して試合を見に来ていて、先生はまだまだ半ばだとつぶやきます。

 双子は敗北に涙を流す一方で、愁は無言を貫いていました。
 湊は愁とは違う弓をひくのだと宣言します。

 エンディングの後はマサさんが祖父のことを思い出し、弓が好きだと言い切ります。
 自分の早手にも意味があったという湊に、マサさんは1万射最後の一射を改めて放ちます。
 湊はその一射に幼い日の「ツルネ」を重ねるのでした。
 
【感想等】
 弓道部のある学校が何校あるのかわかりませんが、無名の公立高校の決勝進出はなにげにすごいと思います。
 この作品が強豪校を倒すというスポ根のお話ではないことは言うまでもありませんが……
 双子さんの立ち位置は微妙でしたが、静弥さんの「湊の方が好きだよ」という一言が個人的に好きです。

 はじめはバラバラだったメンバーがこうやって一つになり、こうして決勝を戦うというシチュエーションが大好きです。
 海斗さんが「マサさん」をあまり言わなくなったのはある意味では進歩なのかもしれません。
 晴れの舞台にも関わらずに周りが見えている湊さんが誰よりも成長しているのは言うまでもありませんが。

 弓道は未経験で見たこともほとんどないのですが、終盤の「綺麗」な一射に思わず震えてきました。
 この後全国大会があるのかはわかりませんが、彼らならやれないことはないように思えます。
 来週からは「ピアノの森」の2期が始まりますが、こちらはこちらで密かに期待している作品だったりします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第12話「五本の矢」

 ツルネの12話を見て感想を書かせていただきます。
 主人公ではなくコーチの方が事故に遭うという展開は想定していませんでした。
 普通に考えれば試合どころではなくなりそうですが……

【内容】
 大会当日、湊たちはマサさんが事故に遭ったと聞かされます。
 おじさんは併せてマサさんがおそろいの鉢巻きを注文していたといい、知らせたことを「すまん」と一言。
 静弥は一人一人に鉢巻きを渡し、自分を責める湊に「湊のせいじゃない」とつぶやきます。

 大会では愁が予選から実力を示す一方、男子部員たちはお通夜のように静まりかえっていました。
 ネットでマサさんについて調べている男子を見た女子部員は「いつまでふぬけているつもりですの?」と一喝します。
 湊はスマホを女子に預けて気持ちを整理し、改めて自分を引き戻した静弥に礼を言います。

 先生は「今までで一番の試練になりそう」と言い、双子は相変わらず減らず口をたたいていました。
 海斗は桐先の実力を見て「そうでなくては倒しがいがない」といい、静弥は絶対に決勝に残ると意気込みます。
 とはいえ、実際に動揺しないわけはなく、女子が見るには普段よりも調子が悪いようです。

 海斗は「マサさんに教わったことを思い出せ」「絶対に決勝に進むぞ」と気合いを入れます。
 マサさんの言葉がそれぞれに聞こえてきたからなのか、少しずつ調子を取り戻してきたようです。
 「自分を客観視するんだ」という言葉に反応した湊でしたが、全く当てることが出来ません。

 今の自分の後ろには誰もいないと気づいた湊は、俺がどうしてここにいるのかわからないと言い出します。
 自分の前にいるみんなを見て、一人じゃないことに気づいた湊さん。
 調子を取り戻したものの、同数8位ということで他の学校と的中数を競い合うことになりました。

 「マサさんの教えを!」と言い出す海斗に対し、湊は「マサさんの教えを忘れるんだ」と言ってきます。
 湊は海斗達を名前で呼んで「俺たちは仲間だ」と言って、自分がオチになったのは怖かったと続けます。
 いつもよりもギクシャクしていると言い、マサさんの教えは自分たちの中に生きてるのだと訴えます。

 海斗は自分が気づけなかったと悔やみつつ、他の仲間を名前で呼んで先に進みます。
 入院中のマサさんは兄から電話を受け、男子が予選通過したことに喜びます。
 一同はマサさんが無事だったことを喜び、「よくがんばったな」と言ってきたマサさんに大声で叫ぶのでした。

【感想等】
 いよいよ最終決戦(?)の矢先にこんなことが起ころうとは全く想定していませんでした。
 男子部員が中心のアニメではありますが、ここに来て女子が存在感を示したのはよかったです。
 公式サイトのキャラ紹介が最後まで男子しか載っていないのはちょっと残念ですが……

 現実問題として、ああいうことが起こったら気にしてしまってもしかたないと思います。
 口を出すたびに「マサさん」と口走る海斗さんはどれだけ彼が好きなんだろうとついつい考えてしまいました。
 マサさんのお声が聞こえた時はそのまま勝利フラグだと思っていたのは私だけではない……はず。

 終盤になって名前呼びになった途端に調子を取り戻したのはちょっとできすぎかもしれません。
 マサさんが軽傷で済んだのはよかったですし、あとは決勝で愁さんと決着をつけて終わりでしょうか。
 ちなみに最終回タイトルは「かけがえのない」なのですが、その後にどんな言葉が入るのかが気になります。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第11話「空筈(からはず)の痛み」

 ツルネの11話を見て感想を書かせていただきます。
 とりあえず静弥さんが復帰したのでちょっと安心しましたが……
 残り3話で愁さんと決着をつけて終わる感じなのでしょうか。

【内容】
 マサさんは静弥の言葉とともに自分がコーチを引き受けたのは復讐だったという言葉を思い出します。
 執着しているのは自分の方だと考えつつ、自分自身で何とかしようと考えます。
 オープニングの後、静弥は全体的な命中率が上がっていると言いつつも大量の唐辛子をかけていました。

 湊たちは静弥の表情が楽になってきたといい、遼平は大会でけっこういけるのではと考えます。
 マサさんは草むしりをしつつ先生と話をしていて、湊はマサさんの言う「復讐」が気になります。
 静弥は湊がマサさんを気にしていたことに気づき、帰り道で一人で抱え込むとろくなことがないと言ってきます。

 湊はお昼休みにマサさんがコーチを引き受けた理由が「復讐」と聞いたことを静弥に告げます。
 彼には彼なりに心に秘めたことがあるのではと推測していましたが……
 湊ははじめてマサさんと会ったとき、彼が一万射をしていたと言い、静弥は何か秘めたことがあるのではと推測します。

 愁から「(かつての)先生には報告したのか」と連絡が入り、西園寺先生の元に向かいます。
 マサさんは神社を調べていると昔の写真が見つかり、どうやら写っているのは有名な先生のようです。
 西園寺先生の居場所を聞いたマサさんは現地に向かい、湊とばったりと出会います。

 本来は弟子を取らないという先生でしたが、湊に天分を感じて彼に教えたとのこと。
 なんでも当時の湊と幼い頃のマサさんとは似ていたとのこと。
 マサさんは祖父とは絶縁したまま離別し、葬儀には出ていないと説明が続きます。

 おじいさんは同じ神職の大曽根先生とは親しくしていたと聞き、師としての顔だけが全てではないとのこと。
 早手になったときにおじいさんになじられたと回顧するマサさん。
 おじいさんに反発して家を出て、早手を直した頃には祖父はすでに息を引き取っていたようです。

 ひたすらに大会に出続けたマサさんは意味を見いだせなくなり、弓をやめるために一万射をしたとのこと。
 湊との出会いに何かを感じたマサさんは湊に1射を託し、自分が祖父への復讐でコーチをはじめたと続けます。
 しかし、その考えが正しかったのかはわからず、祖父への執着だけは確実のようです。

 一連の話を聞いた遼平はどうしようもないと言い、静弥は自分たちが大人になれていたのかと問いかけます。
 自分が大人だと思っている人も思ったほど大人ではないと考える静弥さん。
 湊はマサさんのことをしゃべったことを謝罪し、マサさんは日程が合わないと大曽根先生の所には行かないと言い出します。

 「死んだおじいさんよりも生きたお前らの方が大事だ」と言い切るマサさん。
 湊は母親に話せないまま死別したことを思い出し、マサさんに会ってくるようにと言い出します。
 マサさんは大会前日に大曽根先生に会いに行くことになり、本戦までには必ず戻ってくると告げます。

 湊たちは大会を前に練習を続ける一方、マサさんは車で現地(青森)へと向かうことに。
 日が明けて大会当日になってもマサさんは姿を見せず、電話も通用しないようです。
 そこに道具屋のおじさんがマサさんが事故に遭ったと言い出し……

【感想等】
 静弥さんの復帰がなったかと思えば、今度はマサさんが自分と向き合うことになったようです。
 強く思うことも、相手を非難することも、相手への強い思いがあるのかなとふと思ったりします。
 大量の七味唐辛子をかけているシーンはさておき、静弥さんの個性が出てきたのはいいなと思います。

 弓道は一日何射練習するものなのかわかりませんが、1万という数字は明らかに異質のような気がします。
 自分の見ていた一面だけがおじいさんの本質ではなかったというのは色々と考えさせられました。
 絶縁状態になった相手でも別の一面を知ることでわかり合うことが可能なのかはわかりませんが……

 マサさんが湊さんに出会って変わったように、良くも悪くも出会いによって人は変わっていくのかなと思います。
 会いたい人には会わないとダメという言葉は強く胸に刻みつけようと思います。
 師匠が事故に遭って動揺してきた湊さんですが、こんな状態で冷静に試合をすることが出来るのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第10話「離れぬ心」

 ツルネの10話を見て感想を書かせていただきます。
 静弥さんが不在になったことで残りメンバーにも動揺が広がったのでしょうか。
 最近まで静弥さんが部長だと知らなかったのは内緒です。

【内容】
 湊は静弥を呼びに来ましたが、母親が言うには彼は学校を休むのだとか。
 静弥は実際に37.6度の熱があるようですが……

 湊は先生から静弥にプリントを持っていってほしいと言われ、今の学校はどうかと心配されます。
 海斗は「実は丈夫だろ」と言いつつも静弥の様子がおかしかったと言い出します。
 5人いないと大会に出られない事情もあって「なんとかしろ」と言われた湊なのですが……

 湊は幼少期の静弥とのやりとりを思い出し、海斗は七緒や遼平の失敗に憤りつつ自らも失敗します。
 男子部員たちがギクシャクしてしまうのを見た女子部員はマサさんに相談しますが……
 マサさんは男子部員を「カブトムシ」に例えつつ「奥の手」を出すと言い出します。

 神社のお札は御利益があるらしく、湊は静弥にもそのことを伝えてほしいと言われます。
 マサさんに先生が声をかけますが、マサさんは自分がただ大人に見せているのではないかと疑問を呈します。
 かつて自分が問われた「お前は本当に弓道が好きでやっているのか」という問いをしてしまったことを後悔します。

 先生は「執着」と「尊敬」は似ていると言い、マサさんが考えたこともそれだけで十分だと一言。
 湊は静弥に声をかけますが、静弥は「行けたら行く」とだけ答えます。
 幼少期の思い出のお菓子であるポッキーをポストに入れて、湊は他の男子部員と合流しますが……

 海斗は「めんどくさい」という一方、遼平はいっそ静弥を誘えばよかったのではないかと言い出します。
 神事が行われてマサさんはいつもの彼とは全く違った雰囲気になっていました。
 桐先の面々が神社にやってきていて、双子がちょっかいをかけてきますが……

 湊は早く弓を打っていたら早手になるのではと反論し、海斗はますます双子に憤ります。
 七緒は他のメンバーがアイドル「のりりん」のファンだと見抜いて喧嘩の空気を一変させます。
 愁は自分が「静弥の弓は湊への執着」だと言ったことを告げ、弓は一人で引くものと断言します。

 犬に引っ張られていた静弥は、自分が自分が弓道を始めて湊と同じ学校に行くと言っていたことを思い出します。
 海斗はお札を受け取って「部長に渡せ」と言って、遼平たちは念を込めることに。
 湊は倒れていた静弥を発見してお札を渡しますが、静弥は「湊に僕は必要ない」と言ってのけます。

 「静弥は俺と一緒に弓を引く」と強い口調で迫り、「俺は静弥と弓を引きたい」と言い切る湊さん。
 今まで自分を待っていた静弥がいたから戻ってこられたと言い、今度は俺が待つと言ってきました。
 そんな湊に「湊を待たせるわけにはいかない」と言いつつ、ちょっとだけ休ませてとつぶやきます。

 静弥は部に顔を出し、マサさんに「貴方が嫌いです」と笑顔を見せます。
 そして、机の上には「待ってる」とメッセージが書かれたポッキーが置かれているのでした。

【感想等】
 前回に続き静弥さんのお話になり、次の試合どころではなくなってしまいました。
 愁さんに言われたことが尾を引いているのは明らかですが……
 この前までは息が合っていたのが、急にギクシャクしてきて胸が痛みます。

 愁さんの言葉には悪意はないと思いますが、あの双子さんは実際どうなのかよくわかりません。
 七緒さんがアイドルに言及するシーンやお札に念を込めるシーンはなかなかシュールでした。
 そして湊さんが静弥さんを説得(?)するシーンで思わず涙が出てきたのは私だけではないはず。

 愁さんの言葉についてはあやふやなまま終わりましたが、静弥さんが戻ったのでひとまずよかったかと。
 次回は年明けのお話になりますが、今度はマサさんの調子が悪くなるそうです。
 残り何話かわかりませんが、このままで大会は大丈夫なのか、いろんな意味で気になってしまいます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第9話「明かせぬ手の内」

 ツルネさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも県大会本戦に進めたのはよかったと思います。
 今回は静弥さんがメインのお話のようですが……

【内容】
 マサさんは海斗や遼平にそれぞれ指導していきます。
 彼らは県予選を勝ち抜いたこともあって色々なことを考えるようになったとのことです。
 静弥はいつも安定していると思われましたが……

 マサさんは湊に「自分を客観的に見つめろ」とアドバイスをします。
 先生は「ひょっとしたらひょっとするかも」という一方、マサさんは神社の祭りのために神事を行うとのこと。
 遼平はもっと練習しなければならないといい、海斗は本戦が早く来ればいいと言って七緒に突っ込まれます。

 七緒は女子を含めた反省会をしないかと言い、海斗は女子と語り合いたいだけじゃないかと突っ込みます。
 愁は師である女性に湊のことを話しますが、女性はどんな心境の変化なのかと考えます。
 女性は先生のことは知っているようで、湊の復調はもう一人の指導者によるものではないかと推測します。

 湊達は女子を含めてお好み焼きを食べに行きますが、白菊さんは出られなかった後悔を浮かべます。
 海斗は桐先高校以外にも強豪がいると言い、桐先高校の双子もまた強敵ではないかと考えます。
 辛いものが好きな静弥は唐辛子をかけ、七緒は甘いもの好き、海斗は猫舌だということを暴露されます。

 湊は弓道は登山のようなものだと言い、頂上を目指せばいつか早手も治るのではと考えるに至ります。
 静弥は愁に「湊を追いかけるのはやめてはどうか」と言われたことを思いだしていました。
 大切にとっておいたポッキーの箱は、湊が初対面の時にくれたもののようですが……

 湊は明日は定期検診だからと連絡をよこし、静弥は他の部に湊の事故は大事故だったと説明します。
 静弥は湊から弓道の素晴らしさを教えてくれたことを思いだしますが、急に調子を悪くしてしまいました。
 湊の主治医(静弥の父)は静弥がやる気を出していないような気がすると言ってきて、先生は「好事魔多し」と一言。

 マサさんは静弥が力んでいるように見えると言い、静弥は湊が母親に傘を届けに向かうところを思い出します。
 湊ははじめて弓を引かせてもらえるようになったとのことで、続いてその母親が出てきますが……
 静弥は「本戦で迷惑をかけるわけにはいかない」と言い、マサさんは静弥に弓道は好きかと聞いてきます。

 「好きだという気持ちがあれば湊のように戻ってこられる」というマサさん。
 静弥は好きかどうかわからないと言い、同時にマサさんのことが嫌いだと言い出します。
 傘を差さないで濡れながら去っていく静弥は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 愁さんとの戦いは本戦に持ち越しで、そこまでに越えなければならない壁があるのかも。
 気がつけば5人の会話が多くなって、だんだん打ち解けてきた感じがいいなと思います。
 たとえば、お好み焼きの焼き方一つでキャラクターの個性が出てくるのが面白いです。

 男子部員の話が中心ながらも、白菊さんの「力を出し切れなかった」後悔がなんとなくわかる気がしました。
 湊さんの「登山」発言も根気よくがんばることの大切さを教えてくれているのかもしれません。
 今回のメインは静弥さんですが、湊さんとの関係にふと「メジャー」の吾郎さんと寿也さんを思い出します。

 湊さんのお母さんが優しそうな感じでいいなと思いましたが、事故で亡くなってしまったということでしょうか。
 マサさんへの反発は湊さんを取られたくないという嫉妬心で、その「迷い」が不調の原因でしょうか。
 ますます深みにはまっていきそうな静弥さんですが、彼をどう立ち直らせるのか、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム