【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第10話(終)「俺は妹に萌えていい」

 いもいもの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 桜さんの積極攻勢も「実妹」という最大の壁を突破できなかったようです。
 最終的に妹に行き着くのは「俺妹」という前例がありますが……

【内容】
 祐は幼い頃、遊園地で迷子になった涼花を探し当てたことを思い出します。
 時系列は現在に戻り、涼花は桜が兄に告白したのかと言って涙を流していました。
 ずっとお兄ちゃんに迷惑をかけてきたと自分を責める涼花なのですが……

 「妹萌え」に気づかなかったことで妹を傷つけたと自分を責める祐さん。
 祐は涼花を見つけ出し、桜の告白は全て演技だったと言いますが、涼花には嘘だとはねつけられます。
 「俺の全てを賭けて誓う」と言い、自分は昔からずっと妹萌えだったと訴えます。

 祐は妹萌えを知られることで嫌われるのが怖いと言いつつ、妹を傷つけたくないと言い切ります。
 涼花は「本物の妹だから勝って当たり前」と言いつつ、昔のことを思い出していました。
 その夜、眠れなかった祐は桜と話をして、桜は作中の「妹」をまねても本物にはかなわなかったと一言。

 祐は桜田の話題を出しますが、桜は何かに気づきつつもそのまま眠ってしまいました。
 その翌日、桜は「お世話になりました」「やるべきことがある」と置き手紙を残して去っていきました。
 祐は桜田がキャラ改変をすることを認めないと言い、自分が彼以上の妹萌えだと言い切ります。
 
 「やはり貴方は妹萌えを理解していない」と言い切る祐は、桜田には妹の気持ちが抜けていると指摘します。
 桜田は妹に嫌われる覚悟がなければ妹萌えに到達できないと言い切ります。
 祐は涼花に抱きつき「リアル妹に好かれてこそ真の妹萌え」だと言い、桜田は自分の妹と同じように改変すると言いますが……
 
 舞やダブルピース先生がやってきたかと思えば、桜もやってきて「兄さん!いい加減にして!」と憤ります。
 実の妹に迫られた桜田は永遠野誓先生の作品で妹萌えに目覚めたと言い出し、最後は土下座して謝罪します。
 ずっと妹を離さなかった祐は「キングオブ妹萌え」と言われ、涼花はうれしそうな顔をしていました。

 桜は兄のことで謝罪し、兄には先生を神のごとく崇拝するべきと熱弁したと一言。
 ここにきて秋月姉妹がやってきて、とりあえずみんなで帰宅することになりました。
 桜は「もう一つの一番」を諦めていないと言い、ダブルピース先生は愛人になるといってきました。

 涼花は「妹が好きなんですよね?」と聞いてきて、祐はそれを否定することは出来ませんでした。
 祐は本屋さんの手伝いをしていて、そこに高校の制服を着た涼花が登場します。
 「めちゃくちゃ似合ってるぞ」と言われて笑顔を見せる涼花は、「高校でもよろしくお願いしますね、お兄ちゃん」と締めくくります。

【感想等】
 作画崩壊、放送延期という某メドヘンをなぞる展開が続きつつも、しっかり最後まで放送できて何よりでした。
 私にはリアル妹はいませんが、大切な人に嫌われたくないという気持ちは何となくわかる気がします。
 もし私が「兄」であれだけ可愛い妹さんがいたら「妹萌え」になるのも頷ける……のかもしれません。

 「プロデューサーの桜田さんは桜さんのお兄さんではないか」
 知り合いにそう推測していた人がいましたが、その洞察は見事だったと思います。
 ナルト、SN、本作とCV杉山さんが「桜」と縁があるのは偶然だと思いますが……

 ラスボスもとい桜田さんの説得も終わり、全てはうまくいったようでよかった……はず。
 桜田さんが桜さんのお兄さんならば、桜さんの本名は「桜田 桜」だったりするのでしょうか。
 色々ありながらも最後まで放送した関係者に感謝しつつ、ここで一度筆を置きたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第9話「俺と妹たちの遊園地特訓」

 いもいもの9話を見て感想を書かせていただきます。
 原作改変を阻止するために妹とのデートというのはやや強引なような気がします。
 かつて同様の展開があった「俺妹」では兄が男を見せたのですが……

【内容】
 涼花は一日中特訓をすると言い、侑は自分が妹萌えになれるのかと考えます。
 作品の改編を阻止するためには彼が「妹萌え」になるしかないとのこと。
 桜はやってくるなり侑に抱きつき、自分と一緒にラジオに出ようと言ってきます。

 オープニングの後、侑、涼花は桜のラジオに出演することになりました。
 侑は妹が大好きだから作品にそれを表現したと言い、妹への愛を連呼してきました。
 普段の生活について聞かれて妹を連呼し、好きな食べ物ですら妹(の料理)と言い出します。

 ひたすらに妹を連呼する侑は、妹成分を摂取すると言って膝に乗せてきました。
 妹を膝に乗せて髪の毛の匂いをかいで執筆をしているとのことですが……
 しかし、侑はしっくりこなかったと考え、そこで桜田さんの姿を見ますが特に何もありませんでした。

 舞やダブルピース先生がやってきて、舞は桜を指さして「なんでこんな女と」と憤ります。
 さらには自分も家出したから泊めてほしいと言い、自分も妹になると言ってきました。
 桜はそれぞれが「妹」になりきって、交代でデートをすると言い出し、さらに現地では神坂姉妹まで増えていました。

 侑はかつて遊園地で妹をなだめていたことを思い出し、そのままデートをすることに。
 クーデレ妹だという舞ですが思い切り抱きついてきて、さらにはニャンデレやヤンデレの姉妹が出てきます。
 実妹の涼花はデレデレ妹だと言って迫ってきて、可愛いと言われてデレデレしてしまいます。

 気づいたら夕方になって涼花とはぐれた侑ですが、桜に絡んでくるファンから「兄」として救出します。
 桜はどうして妹萌えの作品を書いているのにどうして特訓の必要があるのかと問いかけてきます。
 侑は桜田さんに妹萌え談義で負けたのだと事情を説明しますが、桜は侑が妹萌えをわかっていないわけはないと続けます。

 桜はシスコンの兄が原因で妹役を演じることが出来なかったと言い出します。
 兄の部屋に文句を言いに言ったら悪夢のような光景を見てそのまま家出したとのこと。
 妹萌えを憎悪していた桜は「永遠野誓」の小説によって救われたのだとか。

 侑はそもそも妹萌えであったと言われてもなかなか理解できていませんでした。
 桜は「お兄ちゃんのことが大好き」だと告白してきて、それを聞いた涼花は走り去ってしまいました。
 侑は涼花を追いかけようとし、桜は「本物にはかなわない」とつぶやくのでした。

【感想等】
 「妹萌え」にならないと改変を止められないという流れがいまいちよくわかってなかったりします。
 原作者(ということになっている)お兄さんがラジオに出るのはいいとしてもその身内(妹)が出るというのは疑問かも。
 妹をひたすらに連呼する侑さんに違和感を覚えるのは私だけではない……はず。

 舞さんやダブルピース先生も出てきてだんだんあさっての方向に進んだような気がします。
 そもそもこれだけの数のヒロインが侑さんのことをどうして好きなのかがいまだについていけてませんし。
 侑さんの優しさやかっこよさといったポイントがもう少し出ていれば違ったのかもしれません。

 桜さんの告白から「本物にはかなわない」というところで少し泣いてしまったのはここだけの話です。
 あれだけの数のヒロインがいても、最終的に実の妹に落ち着くことになりそうです。
 次回が最終回なのは確定のようですが、原作改変を阻止できるのか、しっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第8話「俺に新しく妹ができた件について」

 いもいもの8話を見て感想を書かせていただきます。
 同人誌対決が終わったかと思ったらすぐにアニメ化とはうらやましい限りです。
 アニメの数は昔に比べると増えているという事情はありますが……

【内容】
 「永遠野誓」の本は売れに売れたものの、祐はあまりその実感はないようです。
 気がつけばアニメ化の話題になりますが、そこに桜が電話をかけてきてヒロインを勝ち取ると宣言します。
 さらには「桜を本物の妹にしてください」などと言い出しますが……

 オープニングの後、桜は家に上がり込んできて妹の入浴はイベントフラグだと一言。
 桜は家族と喧嘩して家出してきたと言い、祐の家に泊まり込むと言い出します。
 祐は女性を家に泊めて何かあったらどうするのかと言いつつも一晩だけ泊めることに。

 涼花の「警察を呼びました」というのはさすがに祐の想像だったようです。
 祐は女性の声が聞こえたのはキャラになりきって小説を書いていたと説明します。
 さらに舞が電話をかけてきてまた女の声が聞こえたのではと聞かれてしまいます。

 「あの女と一緒に!?」と言われた祐はエロゲをやっていたと言い訳をします。
 続いてダブルピース先生からも電話がかかってきますが、それもエロゲと言って切り抜けます。
 桜は人前で着替えだして祐は部屋を出て行くことになりましたが……

 秋乃(同人誌対決をした双子)から電話がかかってきて、またも女の声が聞こえると言われます。
 桜は「お兄ちゃん暖かい」と抱きついて眠ってくるのですが……
 後半ではすっかり寝不足になりながらも編集者との打ち合わせをすることになりました。

 プロデューサーや監督(男性)が出てきますが、いきなり「妹」について聞いてきます。
 「血縁という背徳性」と色々とすごいことを聞かれて祐は呆然としてしまいます。
 さらには「妹さんに手を出していますよね!?」と言われてさすがに反論するしかありませんでした。

 相手は「あなたは妹萌えがわかっていない」と言って自分がキャラを改変すると言い出します。
 とりあえず次に会うまでにと作戦を立てようとしますが、自宅に桜がいることが暴露して土下座させられます。
 祐は目の前で涼花と桜が「お兄ちゃん」と連呼してたじたじになってしまいます。

 桜は両親に家出することを告げているから大丈夫だと言い出します。
 家出の理由は兄と喧嘩したとのことですが、桜、涼花は兄への苦労で意気投合してしまいます。
 涼花は改めて兄が妹好きになる特訓をする必要があると言いますが……

 祐は実は「妹萌え」がわかっていないから特訓で妹好きにならなければと言い出します。
 桜は自分が役に立つのだと言い出し、実際の妹と妹萌えは異なると主張します。
 涼花は相手を指さして「本物の妹が偽物の妹に負けるわけがありません!」と勝負を挑むのでした。

【感想等】
 とんとん拍子にアニメ化するのはラノベの世界ではよくあることなのでしょうか。
 現実にこの作品がアニメ化したことが一番の説得になるような気がします。
 タイトルの「妹」は桜さんのことでしたが、確か彼女は年上だったような気が……
 ※公式サイトにはっきり「年上」と書いてありました。
 
 前半はほとんど電話のやりとりでしたが、見事なくらいに女性しか知り合いがいないのがすごいです。
 監督さん達は男性でしたが、杉山さんのお声でどうしてもFateの士郎さんを連想してしまいます。
 ちょうど「桜」というキャラクターがいるというのもその理由……というのはさすがにこじつけでしょうか。

 作品の改変うんぬんの話題は「俺妹」でもありましたが、その原因が「妹」というのがシュールです。
 「妹」のことで言い争いになる一方で、同じ「兄」の苦情で意気投合するのもなかなかかと。
 次回は涼花さんと桜さんとの争いになり、最後は番組改編を阻止して終わる感じなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第7話「俺と妹の絶対に負けられない同人誌対決」

 いもいもの7話を見て感想を書かせていただきます。
 作画崩壊と再放送と、かつてのメルヘンメドヘンを思わせる展開に不安が広がります。
 なんとか最後まで踏みとどまってほしいなと思いますが……

【内容】
 同人誌対決の相手方(神坂姉妹)のうち、お姉さんの方からいきなり謝罪される祐さん。
 妹の方は勝てっこないと言い切りますが、祐はどうしてダブルピース先生との関係がこじれたのかと問います。
 相手の言い分によると先生は「才能の無駄遣い」であるとのことですが……

 神坂姉妹はあっさりと去っていきますが、祐は無意識に妹の胸を揉んでいました。
 オープニングの後は「お兄ちゃんは最低の変態です」と言われてしまいます。
 涼花はシナリオを今晩中に書き上げると言いますが、どうやら熱が出てきたようです。

 次の日、祐はいつもなら起こしに来る妹が来なくて部屋に向かいます。
 涼花はすごい熱を出していて、祐が看病をすることになりました。
 汗をかいているというので着替えを出そうとしますが、下着を見て赤面してしまいます。

 「好きな物を選んでください」と言われた祐はどんな状況だと突っ込んでしまいます。
 背中を拭くと妙な声を出しつつも、涼花はそれでも原稿を書くと言います。
 祐は「お兄ちゃんがシナリオを書いてくれませんか?」と言われて引き受けることになり……

 ダブルピース先生はラフ画を描いてきたと言いますが、その内容はエロ満載の内容でした。
 祐は一般ウケする内容でないと勝てないと言い、自らシナリオを書こうとしますが……
 一般ウケする内容を書こうとしたら何が面白いのかわからなくなり、ダブルピース先生の絵のクオリティーは落ちてしまいます。

 ダブルピース先生は4年前のスケッチブックを見せますが、お世辞にも上手とは言えませんでした。
 彼女はエロゲに出会って今は一流のイラストレーターになったとのこと。
 涼花は「お兄ちゃんの書きたいものを書いてください」と言い、その通りに書けば最高の作品になると太鼓判を押します。

 祐はダブルピース先生が書きたいものを書いてくださいと訴え、先生は好きに書きまくりますと言い切ります。
 気がついたら即売会当日になり、神坂姉妹は交換した同人誌を見てもっとひどくなっていると一言。
 相手は勝ちたいからとエロ同人を書いてきてその覚悟の程がうかがえますが……

 神坂姉妹は大きく話題を集めてしまい、舞は売り上げがあれがそれが評価になるのではと一言。
 そこに桜がやってきて作品は好評だと言ってきて、実際にネット上でもかなり評価されているようです。
 相手は読者の評価では自分が負けたと言い、さらに妹の暴走を止めることが出来なかったと告げます。

 ダブルピース先生を尊敬していた神坂妹は先生をメジャーデビューさせるために無茶な勝負をしたのだとか。
 姉の方は「永遠野誓は伊達じゃない」と言いますが、祐にはどこか腑に落ちない感じでした。
 そして同人誌を開きつつ、兄を「どうしようもないエロ魔人です」と罵倒して締めくくるのでした。

【感想等】
 2週間開いてしまったのでお話の中身が半分くらい飛んでいたのはここだけの話です。
 ライバルとの会話のはずがいきなりセクハラをするお兄さんは天然なのでしょうか。
 傍目から見ると煩悩の塊にしか見えませんが、積極的な妹とはある意味では気が合うのかもしれません。

 妹さんがダメならば祐さんが書くしかない、こういった流れはいずれ来るのかなと思っていました。
 ウケる(商業的に言えば売れる)内容と自分が書きたいものというのは永遠の課題なのかも。
 やりたいものをやれというのは王道ではありますが、それを両立するのが一番難しいように思えます。

 いわばやりたいことをやって勝ったという感じで、同時にお兄さんの実力も証明されたのかも。
 今後は「永遠野誓」の代役である自分と自分自身との間で葛藤する展開が待っているのかもしれません。
 次回では新しい妹が出来たと言っていますが、新キャラ登場ということで間違いないのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第5話「俺は妹が世界で一番大好きだ」

 いもいも(公式略称)の6話を見て感想を書かせていただきます。
 妹がお兄ちゃんが大好きならば、お兄ちゃんが妹を大好きなのも必然でしょうか。
 他のヒロインがどうやって巻き返すのか、わたし、気になります!

【内容】
 祐と涼花は舞の別荘に行くことになり、気がつけば桜やダブルピース先生の姿もありました。
 「私は永遠野誓の全てを知る」と豪語する舞なのですが、祐はその積極性がどうしても気になります。
 他の女性陣が海を見て喜んでいる一方、妹は「楽しみですね、お兄ちゃん!」と言ってきます。

 女性陣は水着ではしゃぎ周り、涼花は自分たちのイチャイチャを見せつけるのだと意気込みます。
 ダブルピース先生は定番のイベントを取材すべきだと言い、オイルを塗ってもらいたいと言い出します。
 男子に塗ってもらうことははじめてという先生を見て、涼花は「妹の義務です」と塗ってもらおうとします。

 女性陣4人はじゃんけんで順番を決めるといい、気がついたら全員にサンオイルを塗ることに。
 涼花に至っては水着を脱いできて、何やら妙なナレーションが入ってきました。
 焦った祐はサンオイルをこぼしてしまって涼花はぬるぬるになり、お兄ちゃんは何をしてるんですかと怒ってしまいます。
 
 祐はシャワーを浴びに行った妹に忘れ物を届けに行くことにし、頭にオイルがかかったからとシャワーを浴びることに。
 目の前で妹がシャワーを浴びていて涙目で「お兄ちゃんは最低」と言われてしまいました。
 その夜、女性陣が浴衣になって祐と一緒に夏祭りにいくことになるのですが、涼花は浴衣を褒めてほしかったようです。

 お祭りを楽しんでいたところで、舞が花火大会の場所に案内すると言って祐を連れていきます。
 「祐は何かを隠している」「永遠野誓の秘密に違いないわ」と(自己申告による)色仕掛けをしてきますが……
 舞は自分の目の前で原稿を書いて見せろと言い、祐は丸暗記した原稿を入力して「完璧」と称賛されます。

 とりあえず寝ることになり(ベッドは4つしかないから)誰が祐と一緒に寝るのかという話題になりました。
 涼花は自分は妹だから一緒に寝ると言い、その提案は了承されますが、祐は妹に抱きつかれて眠れません。
 舞は担当編集が変わってキャラが弱いなどと言われて、このままではシリーズが終わるかもしれないと訴えてきます。

 「秘密」を教えろと迫られて何も答えられない祐に、舞は涙を流して去っていきました。
 祐は涼花に事情を聞こうとしますが、他の女と会っていると怒ってしまいます。
 妹の話を聞いた祐は完璧な兄をトレースし、彼女を抱きしめて「妹が世界で一番好き」と言ってのけます。

 祐は舞に壁ドンし、キャラクターになりきって書くことが出来ていないと告げます。
 自分が持っていたのは失敗原稿だと言い訳しつつ、キャラになりきるのがプロの勤めだと一言。
 「お前の作品が好きだ」と言われた舞はやる気になり、涼花は祐のそばで原稿を書くのだと言い出すのでした。

【感想等】
 別荘を持っているお金持ちもアニメの世界だと半ば常識なのかもしれません。
 水着もサービスシーンも定番なのは事実ゆえに、どこかで見たようなシーンが多いように思えます。
 さすがに4人連続でサンオイルを塗るのはなかなかないかもしれませんが……

 今回は水着、夏祭りと定番イベントをいくつも詰め込んだ豪華なお話になっていました。
 自分で「色仕掛け」と言い出す舞さんがちょっとおかしかったですが、実際はかなり深刻なお話でした。
 主人公になりきってお話を書くということは実際有効な手段であると思います。

 今季はなぜか「ゆう」さんが多いですが、祐さんの中の人も「祐」さんだったのは驚きました。
 私にはお兄ちゃんはいませんが、いたらああいう風に甘えていたのかもしれません。
 最近は江坂さんの出番が少なくなってきましたが、あちらの巻き返しは残されているのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム