【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第3話「トト子の挑戦」

 おそ松さん2期の3話を見て感想を書きます。
 トト子さんのお話のはずがいきなり原始人が出てきて驚きました。
 そういえばトト子さんはアイドルだったような気がしますが、WUGとのギャップがすごいです。

【内容】
 突然「げんし松さん」が始まり、視聴者は目が点になります。
 マンモスが仲良くしているところを見た6つ子は木を細工して何かを作っているようです。
 いきなり携帯電話が出てきたり野球を始めたりとどったんばったん大騒ぎなのでした。

 チョロ松は帰宅するなり他の兄弟を「底辺中の底辺」と一言。
 おそ松はパチンコに行くことを提案し、一松はチョロ松と家に残ることになりました。
 2人はレアな組み合わせにおもわず言葉が詰まってしまいます。

 一松はわざわざテレビをつけることに許可を取ります。
 チョロ松は「最近、どう?」と声をかけますが、全く話が続きません。
 対する一松は「天気」について尋ねますが……

 互いに2回に避難しようとしたり、みかんを取ろうとしたりして限界に達します。
 一松は鼻にみかんを入れてみますが、やっぱり気持ち悪い空気は否めません。
 すっかり疲れきった2人ですが、距離を離せば互いに本音(=悪口)を言い合います。

 「兄弟だから仲良くやろう」と近づくチョロ松さん。
 しかし彼は資格の本をもった「真人間」でした。
 一松は「いつの日かあいつらを殺そう」と刃物を持ち出します。

 資格なんてどうでもいいと語るチョロ松は、実はアイドルのマネージャーを目指しているようです。
 一松はハロウィンに興味があるとのことですっかり安心しますが、互いに近づいたかと思えばバリケードをつくって離れてしまいます。
 猫が好きな一松と猫をモチーフとしたアイドルが大好きなチョロ松は結局は馬が合わないのですが、お金がないと戻ってきた兄弟に思わず涙を流す2人なのでした。

 トト子は両親や6つ子の応援を受けて大食い大会に出場します。
 彼女は司会者である素敵な照英さんにときめいていたようです。
 6つ子は優しい照英にサインだけでなく時計を、さらには同情すらもらってしまいます。

 トト子は照英に見てもらおうとしますが、その彼はすっかり6つ子に夢中です。
 かと思えばいきなり喧嘩を始めて、6人をたちまち投げ飛ばしてしまいます。
 ムキムキになったり、ロケットのように点火されたりで結局集中できないトト子なのでした。

【考察等】
 トト子さんを念頭に入れていたはずがげんし松さんに全部吹き飛ばされました。
 ある意味では「じょし松さん」以来のインパクトかもしれません。
 一松さんとチョロ松さんという組み合わせも「一松事変(1期16話?)」に続く何かでしょうか。

 タイトルにあったトト子さんの挑戦ですが、むしろ照英さんのお話でした。
 6つ子の皆さんと互角に立ち回る彼はある意味只者ではないのかもしれません。
 対するトト子さんは殆ど出番がなくて同情すら覚えてしまいそうです。

 次回は「松造と松代」というお話のようです。
 個性的な子供を1度に6人も育てたのは大変だっただろうなと思います。
 お話の中で、色々と苦労話が聞かされることになるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第2話「超洗剤」

 おそ松さんの2期2話を見て感想を書きます。
 数ある続編の中でもある意味一番予想できない作品かもしれません。
 実際動画配信というものは職業に入るのでしょうか?

【内容】
 冒頭からご両親に怒られる6つ子たち。
 理由を聞かれたおそ松、カラ松は不正解でお母さんに乳首を切り裂かれます。
 十四松は「働いていないから」と的を得た回答をし、ご両親も安心のようです。

 「いつから働くんだ!?」
 カラ松は心構えは正しいものの言い方が気持ち悪いと切り裂かれます。
 トド松はしんどい思いをしたくないと自ら乳首を抉り取り、1人助かったチョロ松に期待が集まります。

 屋台で言い争いをする6つ子ですが、おそ松によるとクズには努力が必要なのだとか。
 トッティは動画配信でお金を稼ぐことを提案しますが……
 全世界に全裸を配信してしまった一同はこれで就職したと言い出します。

 素っ裸で放置された6つ子は動画が通報されたことに気づきます。
 仕事って大変なんだと結論付ける一同は、本気を出すのだとスーツに身を包んでハローワークへと挑みます。
 しかし、窓口の職員からは失業保険は無理だと一蹴され、チビ太はその様子を配信して再生数を稼ぎ出します。

 子供にボールをぶつけられたイヤミはボールを遠くに蹴り飛ばします。
 汚物をスーツに付けられてしまいますが、デカパンの魔法の洗剤「超洗剤」ですっかり綺麗になりました。
 注意も聞かないで「超洗剤」を持ち出したイヤミは6つ子に追い回されてしまいます。

 全日本出っ歯協会の総会に紛れ込んだ6つ子は「超洗剤」をお酒と間違えて飲んでしまいます。
 食べ物をお持ち帰りされて驚いたイヤミですが洗剤をつけたところが何と溶けてしまいます。
 一方、洗剤を飲んだ六つ子は体が透けてきますが、透明になりきれずに臓器がむき出しの状態になりました。

 だらしない臓器のおそ松やミラーボールのカラ松、臓器が笑う十四松などそれぞれの個性が見受けられます。
 このままで日常生活が送れないとのことで互いに絵の具で顔を書くことになりましたが、、まったく別人の顔になってしまったり「シコ」と書かれたり少女マンガの目になったり……
 おそ松の顔は思い出せないといわれますが、完成した顔は割と普通だったことから殴り合いになってしまいます。

 すっかり変貌した息子にも気づかないお父さんとお母さんに騒然とする6つ子たち。
 トト子もハタ坊、ダヨーン、イヤミも特になんの突っ込みも入れませんでした。
 互いに泣き出した6人は涙のあまり絵の具を溶かしてしまうのでした。

【考察等】
 毎回全力全開な6つ子の皆さんがうまくいえないものの面白いです。
 働けというのはわかりますが、その過程で息子たちを攻撃するご両親がシュールです。
 そして動画配信というところに時事的な要素を感じます。

 後半では洗剤のお話なのでしょうが、それを飲んでしまう展開はまったく想像できません。
 臓器むき出しになったり変な顔を書かれたりしますが、最後はそれすら気づかれないのですから驚きです。
 まあ、来週にはすっかり元に戻っているのだと思いますが……

 まったく予想できない展開を良く考えられるものだと感心します。
 次回のタイトルは「トト子の挑戦」とのことですが、彼女はまた石油王を求めるのでしょうか。
 6つ子が戻っているかどうかも含めてしっかりと見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第1話「ふっかつ おそ松さん」

 おそ松さん2期の1話を見て感想を書きます。
 冒頭のシーンで(発禁を含む)いろんな意味で話題になった1期1話を思い出します。
 このままF6でも出してくると思いましたが……

【内容】
 白黒の画像で現われた6つ子は再びの復活(2期)に騒然とします。
 2年前のアニメに忘れられていないかと不安になるチョロ松さん。
 一同はテレビで自分の未来の姿を見ることになりますが……

 フランスにいってきたというイヤミですが、トランプタワーはアメリカです。
 6つ子の家は驚くべくリフォームをされていたことが判明します。
 さらには家の前には彼らのファンと思しき女性たちがまっていて、イヤミ、チビ太は騒然とします。

 庄之助さんによると、6つ子は一発当てたおかげで裕福な暮らしをしているとのこと。
 イヤミたちの前に現れた6つ子は太り果てたりやせ細ったりしたりした姿でした。
 彼らは、お金も人気も手に入れてすっかり上機嫌の6つ子、息子のプロデュースにいそしむ親、低いクオリティーのグッズを売ろうとするトト子たちに涙を流して逃げ出してしまいます。

 天下を取ったかと思った6つ子ですが、怒れる消費者の襲撃を受けて壊滅し、その様子を見たチビ太たちは自業自得だと感じるのでした。
 テレビの向こうで「クズしかいない」未来を見つめていた子供の6つ子はアニメを中止すべきと言い出します。
 しっかり努力してちゃんとしたアニメに変わろうとしますが……

 努力の結果は普通に家庭を持ったおそ松さんの姿でした。
 カラ松は半分が機械になっていてSFとしか思えず、チョロ松とトト子は中身が入れ替わったとのこと。
 一松は筋肉隆々の姿で旅立つと言い出し、十四松は3Dに、トッティは実写になっていました。

 イヤミたちがちゃんとした敵として登場し、気づけばロボットに搭乗する6つ子さん。
 ロボットは合体し、ロボットらしいイヤミを必殺技でやっつけてしまいます。
 完璧な変化を実感する6つ子は、敵であったイヤミたちとも手を取り合うのでした。

 ちゃんとしたアニメになったことに喜ぶ少年時代の6つ子さん。
 しかし、再び視聴者からの攻撃に晒されてボロボロになってしまいます。
 そして、何もしないまま大人になった彼らは、おなじみの「おそ松さん」に戻ってしまったのでした。

【考察等】
 帰ってきたおそ松さんは、いろんな意味で変わっていなくて安心しました。
 ブームになったことすらもあんなふうにネタにするところはある意味お見事でした。
 アホガール以上のぶっとび方、そして一番先が読めないアニメかもしれません。

 ギャグアニメが気が付けばロボットアニメになってしまって驚きです。
 1期のときも思いましたが、随分と前に死んだ赤塚先生は一体何を思うのでしょうか。
 2期が1期のブームを再び巻き起こすかどうか、しっかりと見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん「おうまでこばなし」

 久しぶりのおそ松さんを見て感想を書きます。
 競馬自体はよくわからないのですが、とにかく全く先が読めなくて、色々とぶっ飛んでいておもしろかったです。
 また声優さんたちのほかの演じているキャラとのギャップの大きさに、プロのすごさを思い知ってしまいました。

【内容】
 荒ぶるイヤミ、ダヨーン、デカパンは競馬場へ向かいますが、チビ太はどこか冷ややかでした。
 しかし光り輝く中山競馬場の前に、全員がどろどろに溶けてしまったのです。

 「予想」では、六つ子が競馬を予想しようとして家を壊し、その跡からお父さんが4-7を導き出します。
 「はじめての競馬」は、トト子ちゃんが始めて競馬場にやってきたのですが、馬に乗ろうとしたり、馬主(金持ち)を探したりし、5連チャンなんて無理といいつつも最終的に大金持ちになってしまいます。
 「正しいマナー」によると、競馬場では十四松のように(甲子園のように)土を持って帰ったり、自らは知ったりしてはいけないのだとか。
 また、「競馬の歌」では、騎手のハタ坊が集会後れで勝負を諦めて歌いだします。

 チョロ松により「チェック」では、おそ松がチーターに、カラ松はバイクに、トッティは車に乗り、一松は十四松にまたがり、大いに突っ込みます。
 そのあと、アイドルオタクの彼は、トト子ちゃんやにゃーちゃんはスルーして、イヤミは殴り倒します。

 「有馬記念」では、おそ松が三連単を主張しつつも他の兄弟にダメ出しをくらいます。
 カラ松は単勝、一松は日常からサインを読み取るものの、トッティは馬券すら買わず応援専門だとか。
 結果は、おそ松の予想が見事に的中するのですが、彼もまた馬券を買っていなかったのです。

 「走らないヨーン」では、ダヨーンが走らない馬に嘆き、「馬主」ではイヤミがハタ坊の牧場に馬を買いにきたものの馬化した六つ子に唖然としてしまいます。

 最後の「赤塚カップ」では、すさまじい障害物、さらには互いを殺しあう気満々のレースなのですが、開始早々ミサイルを打ち込まれて全員が失格してしまいます。

【考察等】
 一時の圧倒的な人気は衰えたのかもしれませんが、その独得のギャグ、先が全く読めない展開は健在でした。
 トッティの顔、フリーダム過ぎる十四松さんなど、しっかりとつぼを押さえつつ、最初から最後まで笑わせにきていたところがとてもよかったと思います。
 ただ、これが競馬の販促になったかどうかといわれると、興味を持たせる以上の所にいったかどうかは未知数です。

 おそ松さんの放送当初から話題になっていた「豪華声優」なのですが、アニメを見れば見るほど色々なところで同じ声優さんの(全く違った)声を聞くことになり、ギャップがすごいことになってしまいます。
 たとえば、今期の「響け!ユーフォニアム」を見れば滝先生、「鉄血のオルフェンズ」を見ればマクギリスさんと長男さん、「うどんの国の金色毛鞠」では宗太さんがカラ松さんと同じ、チョロ松さんは「夏目友人帖」の貴志さんと同じなのかと思うと、演技の幅の広さ、ベテランの演技の幅に驚くばかりです。

 一時は圧倒的な人気を誇り、いまだに多くのコラボが作られる「おそ松さん」が、1話でもお茶の間に戻ってきてくれたこと自体がとてもうれしいです。
 この勢いが続くようならば、いつの日にか2期を期待したいと思います。

【感想】おそ松さん(3.5話)「松汁」/「童貞なヒーロー」

 おそ松さん3.5話がニコニコ動画さんで無料配信されていたので見てみました。
 前半についてはうまく文章で書けませんでした。
 ごめんなさい。

1 「松汁」
 赤塚不二夫財閥の「F6」の皆さんがまさかの登場です。
 「さあ、行こうか」とどこかへ飛び出した6つ子(イケメン)は、バイクに乗ったり、猫を拾ったり、絵を書いたり、西部劇をしたり……まあ、色々なことを経験します(こうしか書きようがなかったです)。

 場面が変わってライブ会場に立つ六つ子の皆さん。
 全員がパンツ姿になり、観客が鼻血を出して倒れてしまいます。
 彼らの中で一番は一体誰でしょうか。

 再び場面が変わり、「松汁」の紹介、つまり通販番組になってしまいます。
 毎日「松汁」を飲むことで、イケメンになれるらしいです。
 1本1万円(税抜き)はさすがに高いですが。

2 「童貞なヒーロー」
 アイドルライブの帰り道、河川敷で楽しそうに遊んでいる「リア充」を目撃したチョロ松さん。
 そんな彼の前に「新品ブラザーズ(他の六つ子)」が現れます。
 彼らの主張は、カーストの上に行くことができないので、上を引きずり下ろそうということらしいです。
 しかし、バーベキューを見ただけで新品の十四松はショック死してしまいます。

 兄弟の敵を討つべく投石(水切り)を始める4人ですが、微妙に相手には届いていません。
 その後、バーベキューから抜け駆けするカップルを見た一松は「許さん!」と嫉妬で「リア獣イチゲルゲ」に変身してしまいます。

 CMの後、猫で一松は何とかなだめられます。
 「石を取ってくる」と言ってバーベキュー側に向かったトッティ(トド松)は、見事に裏切って一緒にバーベキューを楽しみます。
 それを見たカラ松は「殺してくる」と言って向こうに行きます。

 戻ってきたカラ松は「一緒にバーベキューしませんか?」と誘われたとのこと。
 長男(おそ松)は、「罠だ!」「オレ達は学生ファッキングだ!」とそれを拒否します。

 その時、一松の体に亀裂が入り、彼は童貞ゴッドへと進化します。
 この場にいる全員を、まるでおとめ座の黄金聖闘士がごとく一蹴した一松さん。
 目がさめた皆さんは、バーベキューに参加することを決意します。

3 感想
 久しぶりにおそ松さんを見ましたが、全く予想できなくて面白かったです。
 前半はあまりの超展開に文章でまとめることすら出来なかったです(ごめんなさい!)。
 後半についても、相変わらずのドタバタ振りが面白かったですし、相手がいい人でよかったのではないかと思います。

 ところで、童貞とは一体何なのでしょうか?
 私、気になります!
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム