【アニメ感想】おそ松さん「おうまでこばなし」

 久しぶりのおそ松さんを見て感想を書きます。
 競馬自体はよくわからないのですが、とにかく全く先が読めなくて、色々とぶっ飛んでいておもしろかったです。
 また声優さんたちのほかの演じているキャラとのギャップの大きさに、プロのすごさを思い知ってしまいました。

【内容】
 荒ぶるイヤミ、ダヨーン、デカパンは競馬場へ向かいますが、チビ太はどこか冷ややかでした。
 しかし光り輝く中山競馬場の前に、全員がどろどろに溶けてしまったのです。

 「予想」では、六つ子が競馬を予想しようとして家を壊し、その跡からお父さんが4-7を導き出します。
 「はじめての競馬」は、トト子ちゃんが始めて競馬場にやってきたのですが、馬に乗ろうとしたり、馬主(金持ち)を探したりし、5連チャンなんて無理といいつつも最終的に大金持ちになってしまいます。
 「正しいマナー」によると、競馬場では十四松のように(甲子園のように)土を持って帰ったり、自らは知ったりしてはいけないのだとか。
 また、「競馬の歌」では、騎手のハタ坊が集会後れで勝負を諦めて歌いだします。

 チョロ松により「チェック」では、おそ松がチーターに、カラ松はバイクに、トッティは車に乗り、一松は十四松にまたがり、大いに突っ込みます。
 そのあと、アイドルオタクの彼は、トト子ちゃんやにゃーちゃんはスルーして、イヤミは殴り倒します。

 「有馬記念」では、おそ松が三連単を主張しつつも他の兄弟にダメ出しをくらいます。
 カラ松は単勝、一松は日常からサインを読み取るものの、トッティは馬券すら買わず応援専門だとか。
 結果は、おそ松の予想が見事に的中するのですが、彼もまた馬券を買っていなかったのです。

 「走らないヨーン」では、ダヨーンが走らない馬に嘆き、「馬主」ではイヤミがハタ坊の牧場に馬を買いにきたものの馬化した六つ子に唖然としてしまいます。

 最後の「赤塚カップ」では、すさまじい障害物、さらには互いを殺しあう気満々のレースなのですが、開始早々ミサイルを打ち込まれて全員が失格してしまいます。

【考察等】
 一時の圧倒的な人気は衰えたのかもしれませんが、その独得のギャグ、先が全く読めない展開は健在でした。
 トッティの顔、フリーダム過ぎる十四松さんなど、しっかりとつぼを押さえつつ、最初から最後まで笑わせにきていたところがとてもよかったと思います。
 ただ、これが競馬の販促になったかどうかといわれると、興味を持たせる以上の所にいったかどうかは未知数です。

 おそ松さんの放送当初から話題になっていた「豪華声優」なのですが、アニメを見れば見るほど色々なところで同じ声優さんの(全く違った)声を聞くことになり、ギャップがすごいことになってしまいます。
 たとえば、今期の「響け!ユーフォニアム」を見れば滝先生、「鉄血のオルフェンズ」を見ればマクギリスさんと長男さん、「うどんの国の金色毛鞠」では宗太さんがカラ松さんと同じ、チョロ松さんは「夏目友人帖」の貴志さんと同じなのかと思うと、演技の幅の広さ、ベテランの演技の幅に驚くばかりです。

 一時は圧倒的な人気を誇り、いまだに多くのコラボが作られる「おそ松さん」が、1話でもお茶の間に戻ってきてくれたこと自体がとてもうれしいです。
 この勢いが続くようならば、いつの日にか2期を期待したいと思います。

【感想】おそ松さん(3.5話)「松汁」/「童貞なヒーロー」

 おそ松さん3.5話がニコニコ動画さんで無料配信されていたので見てみました。
 前半についてはうまく文章で書けませんでした。
 ごめんなさい。

1 「松汁」
 赤塚不二夫財閥の「F6」の皆さんがまさかの登場です。
 「さあ、行こうか」とどこかへ飛び出した6つ子(イケメン)は、バイクに乗ったり、猫を拾ったり、絵を書いたり、西部劇をしたり……まあ、色々なことを経験します(こうしか書きようがなかったです)。

 場面が変わってライブ会場に立つ六つ子の皆さん。
 全員がパンツ姿になり、観客が鼻血を出して倒れてしまいます。
 彼らの中で一番は一体誰でしょうか。

 再び場面が変わり、「松汁」の紹介、つまり通販番組になってしまいます。
 毎日「松汁」を飲むことで、イケメンになれるらしいです。
 1本1万円(税抜き)はさすがに高いですが。

2 「童貞なヒーロー」
 アイドルライブの帰り道、河川敷で楽しそうに遊んでいる「リア充」を目撃したチョロ松さん。
 そんな彼の前に「新品ブラザーズ(他の六つ子)」が現れます。
 彼らの主張は、カーストの上に行くことができないので、上を引きずり下ろそうということらしいです。
 しかし、バーベキューを見ただけで新品の十四松はショック死してしまいます。

 兄弟の敵を討つべく投石(水切り)を始める4人ですが、微妙に相手には届いていません。
 その後、バーベキューから抜け駆けするカップルを見た一松は「許さん!」と嫉妬で「リア獣イチゲルゲ」に変身してしまいます。

 CMの後、猫で一松は何とかなだめられます。
 「石を取ってくる」と言ってバーベキュー側に向かったトッティ(トド松)は、見事に裏切って一緒にバーベキューを楽しみます。
 それを見たカラ松は「殺してくる」と言って向こうに行きます。

 戻ってきたカラ松は「一緒にバーベキューしませんか?」と誘われたとのこと。
 長男(おそ松)は、「罠だ!」「オレ達は学生ファッキングだ!」とそれを拒否します。

 その時、一松の体に亀裂が入り、彼は童貞ゴッドへと進化します。
 この場にいる全員を、まるでおとめ座の黄金聖闘士がごとく一蹴した一松さん。
 目がさめた皆さんは、バーベキューに参加することを決意します。

3 感想
 久しぶりにおそ松さんを見ましたが、全く予想できなくて面白かったです。
 前半はあまりの超展開に文章でまとめることすら出来なかったです(ごめんなさい!)。
 後半についても、相変わらずのドタバタ振りが面白かったですし、相手がいい人でよかったのではないかと思います。

 ところで、童貞とは一体何なのでしょうか?
 私、気になります!

【感想】おそ松さん(25話=最終回)「おそまつさんでした」

 おそ松さん最終回を見たので感想を書きます。
 最後まで何が起きるかわからない、まさに野球のような作品だったのかもしれません。

【内容】
 おそ松の元に「センバツ」出場決定の手紙が届き、弟を数分で呼び戻します。
 父の「何のセンバツなんだ?」との疑問は無視して、6つ子はセンバツの勝利を誓います。

 試合相手を決めるくじ引きではヘビにかまれ、4日目の第3試合、相手はムサシ鉄工所に決まります。
 おそ松がピッチャーをすることになり「すべてをぶつける」などといいながらフォアボールを出して弟にボコボコにされます。
 次にチョロ松が投げますがあっさりと降板させられます。
 その後は、トッティが女子力あふれる投球を見せ、ダブルプレイに打ち取ったかと思ったところですが、十四松がホームランにしてしまいました。
 そして、あとはカラ松が投げますが連打を浴び、最終的に100点以上を取られてコールド負けになってしまいました。
 その様子を見て、父母は「新しい子供を作ろう」とつぶやきます。

 1年後、おなじみのメンバーを加えてパワーアップした松野家は再びセンバツの舞台に立ち、さまざまな工夫(乱闘など)で決勝まで駒を進めます。
 決勝を前に、コーチ松(誰?)の前で号泣する一同、そうかと思えば、墓石を破壊します。

 決勝の相手は宇宙人で、相手の殺人野球の前に圧倒されます。
 逃げようとするイヤミはレーザーで打ち落とされ、9回裏2アウトと後がなくなります。
 トッティはおそ松に「長男なので犠牲になって」などと言い出します。
 そこに、ダヨーンとデカパンが助っ人として現れますが、あっさりと打ち落とされてしまいます。
 逃げようとする6つ子に対して、トト子の檄が飛び、6つ子は覚醒しますが、負けてしまい、宇宙にさまよいます。
 最後は、相手校の校歌が鳴り響き、6つ子の一文字で、「おわり」の3文字が映し出されます。

【感想】
 前回のシリアス展開が、まさか3分もせずに終了するとは予想できませんでした。
 そして、センバツとは完全に時事ネタ、そしてダイヤのAでは長男、三男がセンバツをかけて戦っている最中だったというのが、すごいところです。
 最後までいい意味で予想を裏切る作品だったと思います。

 正直、これで最終回だとは思いたくないです。
 関係者の方々には、感謝してもし切れませんし、この作品を通じて色々な人に出会えてよかったです。
 近い将来、2期製作決定の知らせを聞くことを期待して、筆を置きたいと思います。

【感想】おそ松さん(24話)「トト子大あわて」 ほか

 おそ松さんを見たので感想を書きます。
 次回で最終回とは、信じたくないです。

1 「トト子大あわて」
 みんなにチヤホヤされていい気になっているトト子ですが、(本物の芸能人が通るから)素人はどいてといわれて、冷凍マグロをサンドバックにします。
 次に、にゃー(知り合いのアイドル)が結婚することを知り、さらに他の友達も結婚したことを知って、そのたびに冷凍マグロを殴りつけて消滅させてしまいます。
 父親に「嫉妬だよ」といわれたトト子ですが、その意味がわかりません。

 思い返せば自分の周りにはろくな男がいないと気づいたトト子は結婚相談所に足を運びますが、「石油王」を希望するなどあまりの高望みに追い出されてしまいます。
 それでも婚活パーティで石油王を求めていたら、本物の石油王が現れ、勝ち組になれると思っていましたが、「魚くさい」といわれて逆上して石油王を殴ってしまいました。
 そして、ありのままの自分を受け入れようとしたトト子語学留学に旅立ちます。

 一方、トト子が石油王を結婚相手として希望していることを知った六つ子は、砂漠に石油を掘りに出かけて白骨死体になってしまいました。

2 「手紙」
 チョロ松が(父親の知り合いの会社への)就職を決め、松野家ではお祝いがもよおされます。
 いろいろなお祝いの品(大半はがらくた)が渡され、チョロ松は「持ちきれないよ」と答えます。
 一方で立場を失った長男はおすしを台無しにされたことから弟(十四松)を殴り、別の弟(カラ松)に殴られます。

 チョロ松は家を出ますが、長男だけ見送りが無くて寂しそうです。
 彼はこれからは、会社の寮で生活することになりました。

 チョロ松に続いて、トッティが家を出て、更にカラ松はチビ太の家に転がり込んで就職を決めます。
 一松も家を出てしまい、家に残ったのは長男のおそ松ひとりになってしまいました。
 海外留学をやめて帰ってきたトト子は「デートしない?」と誘いますが、おそ松にはその声が聞こえていないようです。

 そして、寂しそうにしている長男の元に、母がチョロ松からの手紙を持ってきます。

3 感想
 前半について、結婚相手に「石油王」とは、その発想は無かったです。
 うって変わって後半はかなり重たいお話で、兄弟が離れ離れになり、ひとり取り残されているお兄さんを見ているのがつらかったりします。

 来週で最終回を迎えるとのことですが、正直、予告を聞くまではあまり実感がなかったりしました。
 今の勢いがあれば、まだ続きがあってもおかしくないと思っていましたが、次回予告ではっきりと「最終回」と言われてしまってます。
 来週、もしかしたら泣いてしまうのかもしれません。

【感想】おそ松さん(23話)「灯油」ほか

 おそ松さんを見たので感想を書きます。
 灯油、たしかに入れに行くのは大変ですね。

1 「灯油」
 ストーブの灯油が切れてしまいますが、6つ子の誰も灯油を取りに行こうとはしません。
 カラ松はトッティに熱湯をかけられますがこたつから離れず、十四松も、一松も寝てしまいます。
 おそ松は一松の鼻にひも(?)を通して擦り、摩擦で火をつけますがそれでも一松は眠っています。
 尿意をもよおすおそ松ですが、我慢してこたつに留まり、他の弟とともにトッティの足をつねって攻撃します。
 怒ったトッティは「換気するね」と窓を開き、猛吹雪が巻き起こります。
 突然寝ていると思われた十四松が、開いた窓を閉め、「灯油切れてるよ」と言い出します。
 その後部屋を出て行きますが、灯油を持ってこずに、スープを持ってきて一人で飲んでしまい、最後はチョロ松を指名して後半に続きます。

2 「ダヨーン族」
 灯油を買いに行ったチョロ松は行方不明になり、同様におそ松、カラ松も行方不明になります。
 3人は気づけば見知らぬ世界にいて、そこにはダヨーン族の村がありました。
 ダヨーンの大群に追いかけられる3人ですが、転んでしまったチョロ松を放置します。

 一方残りの3人(十四松、一松、トッティ)は外に出て、ダヨーンに吸い込まれてしまいます。
 大量の防寒具に身を包んだ十四松は「温かい」と復活し、一松はダヨーンの中にいることにいち早く気づきます。
 トッティは「一旦外に出よう」と提案し、他の二人も同調しますが、脱出は出来ませんでした。

 3人は結婚の儀式が行われている場面、さらには花婿が(ダヨーン化した)チョロ松であることに気づきます。
 チョロ松だけではなく、先に吸い込まれた3人はダヨーン化していました。
 彼らが言うのは、ここではみんな親切で、ニート(個人的にこの言葉にあまりいい思い出がありません)でも誰も文句は言わないそうです。
 トッティが説得しますが、チョロ松は「ダヨーンになるしかないんだよーん!」と反論します。
 しかし、花嫁は突然灯油を渡し、チョロ松ほかの兄弟を追い払おうとします。
 おそらく、外の世界に出ろということなのだと思われます。
 そして、6人は船に乗って外の世界へと旅立ちます。
 
3 感想
 灯油が切れている、この普通の状況からここまでカオスな状況を作り出す製作者の方の発想に驚きです。
 そして、トッティさんが色々と輝いていましたね。
 次回、最終回だそうですが、寂しくなります。
 勢いがあるだけに、まだ続きが見たいところです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム