【アニメ感想】ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第12話(終)「このすばらしき世界に」

 ユリシーズの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 31日に放送があるとは想定していなかったのでちょっと驚いたのはここだけの話です。
 タイトルで一瞬、このすばを連想したのは私だけではないかもしれませんが……

【内容】
 モンモランシは「俺たちは選ばれた」と言い、神であるエンリルの攻撃をはじき返します。
 「この世界は俺たちの手で作る!」と言ってのけるモンモランシさん。
 その様子を見てアスタロトは自分の役目が終わったのではないかと考えるのでした。

 オープニングの後、ジャンヌはベーゼでエリクシルを補充してエンリルに必殺の一撃を与えます。
 神との戦いを見届けた人々は歓喜し、復活したフィリップ(ユリスノワール)にはまた父親の声が聞こえてきました。
 「禍根はここで断っておかなければ」「モンモランシとは結ばれぬ」と言われ……

 ジャンヌを殺せなかったフィリップはグラスデールに自分を射抜くようにと命じ、彼はその兜を打ち砕きます。
 イギリス軍は撤退していき、戦いは終わりを迎えたようですが……
 街ではバタールが女性に迫られ、彼はバタールを心に決めた人だと言って抱きついてきました。

 ライ・ルはユリシーズになった副作用だと言って食べまくり、ジャンヌはライ・ルとベーゼしたことを怒っていました。
 「ライ・ルを2人目の奥さんにするつもりなんだね!」と言い出すジャンヌさん。
 シャルロットはジャンヌを抱きしめて口にベーゼし、ライ・ルは目の前で行われている百合に興奮します。

 ジャンヌを守るためにフランス軍の元帥になれと言われたモンモランシは、リッシュモンと和解するようにと告げます。
 アスタロトは彼らの元を去ろうとしますが、モンモランシは「俺たちが生きられるのがこの瞬間だけ」と説得します。
 破壊されたはずの兜はなぜか再生していて、父親は兜を取るようにと言ってきますが……

 「モンモランシはジャンヌのものよ」と誘惑を受けても、フィリップは自分の弱さと戦ってみせると去っていきます。
 実家に戻ったモンモランシはカトリーヌにジャンヌを会わせ、ジャンヌはモンモランシが寂しいときは励ましてあげてと告げます。
 そしてモンモランシはこの世界にジャンヌはいないのだと考えるのでした。

 モンモランシはジャンヌとともに全軍を率い、ランスへと進軍してシャルロットを戴冠させると宣言します。
 そこにリッシュモンが戻ってきてついていくと言い、シャルロットは自分をノートルダムに連れていってと一言。
 ジャンヌは「赤ちゃんを作らない?」と言ってきて、モンモランシは女性たちに責められつつもシャルロットを戴冠させるのでした。

【感想等】
 公式サイトの映像で「親愛なる友人だ!」と言っているのを見て、時は残酷だなとつい考えてしまいます。
 ポケモンさんのオープニングにも「時の流れは不思議だね」という一節があったような気がします。
 ちょっとこじつけではありますが、オーキド博士ことナレーションの石塚さんのご冥福を改めてお祈りしようと思います。

 神によって与えられた運命を否定し、人間自らの手で未来を切り開くという流れなのでしょうか。
 昔のゲームですが子安さんも出ておられた「ヴァルキリープロファイル」もそんなようなお話だったような気がします。
 愛する人と結ばれない展開とはいえ、フィリップさんが父親の呪縛から解き放たれたのならばよかったかと。

 ジャンヌさんがベーゼを尋問したシーンは平和が戻ったのかなとちょっと安心しました。
 シャルロットさんの突然の行動は驚きましたが、これが本当の「百合」シーズなのかもしれません。
 もし2期があるならフィリップさんの合流もあるのかなと思いつつ、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第11話「楽園、そして」

 ユリシーズの12話を見て感想を書かせていただきます。
 いきなり世界崩壊の危機になって、何が何だかよくわかっていないのですが……
 モンモランシさんがヒロインからのベーゼで元に戻ったりするのでしょうか。

【内容】
 フィリップは父親の声や色々な声が聞こえますが、それでもモンモランシを忘れられませんでした。
 オープニングの後、モンモランシはジャンヌが火あぶりにされる映像を見せられて心が折れてしまったようです。
 完全に「神々の王」エンリルに取り込まれたモンモランシを見てジャンヌは攻撃を仕掛けますが……

 父親から「神を殺せ」と言われたフィリップは目を覚まして「切り札」を使おうと考えます。
 フィリップは本来は虫すら殺せないそうですが、再び兜をかぶって黒に染まる(胸を出す)ことに。
 ライ・ルは目の前の敵はモンモランシじゃないと言い、ジャンヌに「覚悟を決めろ!」と訴えます。

 ジャンヌは一気にエンリルに切り込みますが、返り討ちにされて倒されてしまいます。
 神はモンモランシを殺して賢者の石を奪わないことから、彼はまだユリシーズであるとのこと。
 エンリルは「楽園は蘇る」「人間の居場所はない」と言ってのけますが……

 アスタロトは自分を罰せよと言いますが、いきなり貫かれてしまいました。
 フィリップはモンモランシへの愛を告白しつつ矢を放たせますが、ジャンヌは「まだだよ」とそれを受け止めてきました。
 彼女は敵の攻撃からジャンヌをかばい、ジャンヌはエンリル(の中にいるモンモランシ)にベーゼをします。

 ジャンヌは賢者の石の研究を行う幼き日のモンモランシ達の姿を目の当たりにします。
 モンモランシを抱きしめるジャンヌですが、「お前なんか知らない」と言われてショックを受けます。
 「俺たちは親愛なる友人だ」と誓いを立てるモンモランシに、ジャンヌはこれまでの経緯を語り出します。

 ジャンヌは別の世界に飛ばされ、モンモランシは妹達の墓を見て「守られなかった」と涙を流します。
 戦争を終わらせない限り悲劇はなくならないと考え、賢者の石によって戦争を終わらせようとします。
 ジャンヌは「一緒に悲劇を終わらせよう」とモンモランシに訴えますが、一緒にはいられないと拒絶されてしまいます。

 モンモランシはジャンヌが火あぶりにされる未来を見たと言い、ここにいさえすればその出来事を回避できると考えます。
 「お前さえいてくれればどうだっていい」と言い出すモンモランシに、ジャンヌは元の世界に戻ろうと訴えます。
 自分は生き続けると言い、ずっと一緒だと誓って、モンモランシを抱きしめていくジャンヌなのでした。

 モンモランシはエンリルの体から脱出し、エンリルの攻撃をはじき返します。
 「俺たちの永遠は、俺たちが変える世界にこそある」と神を否定するモンモランシなのですが……

【感想等】
 フランスとイギリスの戦いがいつの間にこんな展開になってしまったのでしょうか。
 ピンチのはずが子安さんのノリノリの演技につい聴き入ってしまいました。
 死んでもなお娘を束縛するお父さんはいわゆる「毒親」の類なのかもしれませんが……

 フィリップさんが再び兜を身につけるのですが、胸までもが出てくるのは「大人」になったということでしょうか。
 大切な人のために自分を犠牲にする、そんな彼女を見ていて切なく思えてくるのは私だけではないはず。
 ジャンヌさんがベーゼしてくるのは想定内ですが、お前なんか知らないと言われると精神的にこたえてきます。

 モンモランシさんの過去が断片的に明らかになり、だんだんもの悲しい雰囲気になってしまいました。
 ジャンヌさんが文字通りの「聖女」になっていてちょっと涙が出てきたのはここだけの話です。
 おそらく次回で最終回だと思いますが、ジャンヌさん以外のヒロインが報われる展開はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第10話「黙示録の獣」

 ユリシーズの10話を見て感想を書かせていただきます。
 いきなりの展開に何が何だかよくわかっていないのは私だけではないはず。
 アスタロトさんが妖精の女王という設定も未だに疑問が残りますが……

【内容】
 突然に空が真っ黒になり、アスタロトは賢者の石の暴走だと言い出します。
 モンモランシはジャンヌたちを連れて逃げろと言い、その能力で「バケモノ」を抑え込もうとします。
 その間に軍勢を待避させますが、モンモランシはその体を奪われてしまいました。

 全裸になったモンモランシはアスタロトが「神」を封印する場面を目の当たりにします。
 「我らは必ず戻ってくる」とおなじみの台詞が飛び交い、一人の青年が灰になって消えていきました。
 そして現実に戻ればモンモランシの体を依代にして翼の生えた悪魔のようなもの(神々の王)が復活します。

 突然に宇宙船のようなものが出てきて地球にビームを放ち、人間達が次々と倒されていきます。
 「その前に人間を掃除せねばならんな」と世界を滅ぼそうとするその姿に、司祭はあれを倒しておくべきだったと言い出します。
 司祭は自らをテンプル騎士団の生き残りだと言いますが……

 ライ・ル達は砦へと逃れ、バタールは男の子の恰好で死にたかったと神に祈り出します。
 司祭は賢者の石を破壊しようとしていて、それが巡り巡ってモンモランシの元に渡ったようです。
 「この世界には神々の意志は要らぬ」と攻撃を仕掛ける司祭ですが、あっさりと破られてしまいます。

 神々の王はアスタロトを捉え、永遠に殺し続けると言い出します。
 ライ・ルは自分の体に剣を刺してユリスになり、モンモランシを戻すために神々の王に立ち向かいます。
 限界が訪れながらも体内を貫く一撃を与えますが、すぐに体が再生してしまいます。

 正気を取り戻したモンモランシはライ・ルに「俺を始末してくれ」と自分ごと神を封印するようにと言い出します。
 ジャンヌは涙を流して「歯を食いしばれ」と言い出して神々の王を殴りつけます。
 「そうはさせん」という声とともにいきなり場面が変わってジャンヌが火あぶりにされる光景が浮かびます。

 モンモランシはジャンヌの処刑が「本当のこと」と自覚して涙を流します。
 どうやら完全に意識を乗っ取られたようですが……

【感想等】
 ここにきて石塚さんのナレーションがなくなりましたが、ご本人が亡くなられたための措置でしょうか。
 リアルのフランスも相変わらず大変そうですが、こちらはこちらで一気に世界が終わりそうな展開になりました。
 今更ながらオープニングで堂々とキスをしているところでかつての「ゼロの使い魔」を思い出します。

 主人公が魔族として覚醒(?)するのはたしか「幽遊白書」という作品があったような気がします。
 公式サイトを見ると「神々の王」らしいのですが、どちらかと言えば悪魔にしか見えませんでした。
 なぜか(おそらく中の人的な理由から)ドラクエ8のドルマゲスさんが頭に浮かんだのは私だけだと思いますが……

 アスタロトさんと神々の王との関係がよくわかってないものの、ジャンヌさんの鉄拳制裁は驚きました。
 ジャンヌさんの火あぶりとモンモランシ(ジル・ド・レ)さんがおかしくなるのはある意味歴史どおりではあるのですが。
 残り1話をどう締めくくるのかわかりませんが、ハッピーエンドはさすがに難しいのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第9話「白と黒の舞曲」

 ユリシーズの9話を見て感想を書かせていただきます。
 先週はお休み(厳密にはオーディオコメンタリーの放送)だったのであまり内容を覚えていないかも。
 ますます複雑化する女性関係にモンモランシさんはどう収拾をつけるのでしょうか。

【内容】
 モンモランシは傭兵を集めてオルレアンに向かいますが、途中でラ・トレムイユが立ちはだかります。
 リッシュモンに助けられたこともあって、モンモランシは無事ジャンヌを復活させることに成功しますが……
 
 戦場では多くの兵が傷つきますが、そこにジャンヌが「戦いは終わっていない」と声を上げます。
 フィリップは自分ごとジャンヌの頭を打てばよかったとグラステールに言い放ちます。
 「昔、あるところに弓の使い手がいた」と自分のことを語り、頭にリンゴを載せた妻を打ち抜いたと言い出します。

 フィリップは「死は救済」だと言ってのけ、ますます何かをこじらせているようです。
 父親からは死ぬことを許されないのが宿命だと言われますが……
 モンモランシ達はオルレアン市民が蜂起したことで挟み撃ちをすることが出来るようになりました。

 賢者の石を取り込めるのは1つだけで、これまで取り込んだのはその半分でした。
 ジャンヌはエスカリボールの鞘を取り込んだものの、今後彼女を生き返らせることは出来ないとのこと。
 そんな中、フィリップは「色欲が満ちている」と虐殺行為を行いつつ突き進んでいきます。

 「ユリスの私は傲慢なのだ」と出張っていくジャンヌさん。
 グラスベールは一斉にジャンヌに弓を向けますが、ジャンヌは果敢に敵へと切り込みます。
 「お前達に借りた力が私を動かしている」と向かっていきますが……

 モンモランシは単身で砦を突破しようとしますが、バタールたちは自分もついていくと言い出します。
 「愛する女のために力を貸してくれ」と周囲に訴えるモンモランシさん。
 仲間の力を借りてモンモランシはジャンヌの元へと向かいますが、ジャンヌはノワールことフィリップと戦います。

 フィリップはモンモランシが増援を得るためにいとこと結婚したと言い出します。
 ジャンヌは「生涯独身を貫くはずじゃないのか」と怒り、その隙を突かれてフィリップの攻撃を受けます。
 空中に投げ飛ばされたジャンヌを無数の矢(うち1つが賢者の石)が襲いますが……

 賢者の石を飲み込んだモンモランシは一瞬時間を止め、空気の壁で弓矢を完全に遮断します。
 フィリップはジャンヌを羽交い締めにして自分ごと貫くようにと言いますが……
 モンモランシがわずかに軌道をそらし、その一撃はフィリップの頭を貫いてしまいます。

 失恋のショックもあってフィリップは戦意を喪失し、そのまま海に落ちていってしまいます。
 ジャンヌはモンモランシに救出され、戦いはフランスの勝利で幕を閉じます。
 しかしモンモランシは体に違和感を覚え、周囲には突然黒い霧が発生してきました。

 「愛ゆえの行いが世界を滅ぼすきっかけになろうとは」と言い出す司祭さん。
 賢者の石の暴走が一体何を引き起こしたというのでしょうか。

【感想等】
 冒頭シーンで概ね前回のお話を思い出せたのでよかったと思います。
 登場人物の女性比率の多さは今更突っ込まない方がいいのかもしれませんが……
 こうしているうちにリアルのフランスが危機だったことは言わない方がいいのかも。

 無事復活したジャンヌさんですが、鞘の力が一度きりというのはちょっと意外でした。
 モンモランシさんの言葉はもし自分が作中のヒロインだったら複雑な気持ちになりそうです。
 鞘が一度きりなのにフィリップさんの石が無限なのはどんな原理なのでしょうか。

 フィリップさんがどうして事情を知っているのかわかりませんが、痴話喧嘩になると胸が苦しくなります。
 「貴女ばかりがモンモランシに愛されて」という言葉を聞くとなんだか涙が止まらなくなりました。
 恋愛以前に世界が滅びかねない展開になったのですが、残りお話でどうやって事態を打開するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第8話「聖女の帰還」

 ユリシーズの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前々回あたりに仮死状態になったジャンヌさんも今回めでたく復活するようです。
 アスタロトと聞いて一瞬ベルままの彼を連想したのは私だけではないかも。

【内容】
 「アッシュ・トゥ・アッシュ」なる奥の手によってジャンヌは心臓を失ってしまいます。
 アスタロトたちはジャンヌ復活のために「エスカリボール」を求めてさまよいます。
 エスカリボールはアーサー王のエクスカリバーのことですが、今回の目的はその「鞘」なのだとか。

 アーサー王の剣と鞘はそれぞれに強力なものであり、鞘はアスタロトがフランスの湖に沈めたのだとか。
 オープニングの後はイングランド軍がフランスを追い込んでいきます。
 アスタロトは1000年前のことだからと道を忘れていて、アランソンと喧嘩を始めてしまいます。

 突然(アスタロトの仕掛けた)罠が発動しますが、賢者の石を見せるとそれが止まります。
 小人たちは代替わりしてしまったこともあってアスタロトのことを忘れてしまっていました。
 「お前が言うな」と突っ込まれつつも森を進みますが、ウェールズの姫騎士を名乗るトマスが立ちはだかります。

 アスタロトはジャンヌのことを察して特攻しますが、トマスに陽動を見抜かれて打ち抜かれてしまいます。
 妖精の女王は死ねないことからトマスを驚かせて鞘の奪還に成功します。
 アランソンはトマスを人質にして時間を稼ぎ、バタール、アスタロトはジャンヌの元に向かいます。

 兵を連れたモンモランシの元にアスタロトがやってきて、バタールが鞘をジャンヌの元に運んだことを告げます。
 モンモランシたちの前にラ・トレムイユが立ちはだかり、ジャンヌのことを言われたモンモランシは「殺すぞ」とキレてしまいます。
 アランソンが兵士達を連れて戻ってきますが、彼はリッシュモンによって(胸に顔を押しつけられ)助けられていたようです。

 リッシュモンはラ・トレムイユと戦うと言い、モンモランシはジャンヌの元へと向かうことになりました。
 カトリーヌやモンモランシに助けられたモンモランシは彼女たちを守れる男になるのだと誓います。
 アランソンやバタールとともに血路を開き、ジャンヌの元に向かいますが……

 ジャンヌは薄れいく意識の中でモンモランシの名を叫び、ノワールは嫉妬で目を覚まします。
 モンモランシは鞘をジャンヌの上に置き、さらに口移しでエリクシルを飲ませて彼女を復活させます。
 ジャンヌは抱きついて互いの無事を喜び合う一方で、ノワールは賢者の石がある限り自分は死なないと言い切るのでした。
 
【感想等】
 冒頭から「アッシュ」と言う言葉が出てくるとバナナフィッシュをふと連想します。
 ジャンヌさんの話題に続いてエクスカリバーうんぬんと言われてFateを思い出さないわけがありませんでした。
 余談ですがPSPでも(Fateのジャンヌさんとお声が同じ)ジャンヌさんのゲームがあったような気がしますが……

 主人公のモンモランシさんに代わって、今回はアスタロトさんが主役のお話なのでしょうか。
 フィリップさんといいトマスさんといい、元々男性のお名前のような気がしますが、あまり突っ込まない方がいいのかも。
 アランソンさんの過去がわかって彼のことが少し身近に感じられるような気がしてきました。

 ラ・トレムイユさんがここで出てくるとは思っていましたが、彼の行動はどう見ても利敵行為にしか見えません。
 色々ありながらもジャンヌさんの復活はよかったものの、他の女性陣の立場を考えると少し胸が痛みます。
 ジャンヌさんの中の人も回復されることを願いつつ、残りのお話もしっかり見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム