【アニメ感想】FAIRY TAIL 第326話「希望の魔法」

 フェアリーテイルの326話を見て感想を書かせていただきます。
 ドラゴンスレイヤーが勢揃いするところはかつての大魔闘演武の再来でしょうか。
 ナツさん達がどこまでアクノロギアさんを追い詰めるのか、わたし、気になります!

【内容】
 約400年前、一人の医師が守り神であるドラゴン「アクノロギア」の傷を癒していました。
 西の大陸では竜を滅する魔法が生まれたらしく、医師は力があれば……と激しく焦ります。
 アクノロギアは滅竜の存在を確認してくると言って飛んでいったはずが、滅ぼす存在として戻ってきます。

 オープニングの後、ナツ達ドラゴンスレイヤーは一斉にアクノロギアの精神に攻撃を仕掛けます。
 ローグやスティング、ラクサス、コブラは次々と吹き飛ばされ、ナツもまた一撃で吹き飛ばされてしまいました。
 一方、マカロフは自分達に竜を倒すことは出来ないといい、滅竜の力を付加した剣しか通じないそうです。

 アクノロギアの肉体が現われて町を破壊しはじめ、ルーシィはドラゴンを船に乗せて船酔いさせようと考えます。
 ルーシィはたった一つだけ通用する魔法があるかもしれないと言ってレヴィ達とともにギルドに向かいます。
 かつてアクノロギアの攻撃を防いだ「絆の魔法」フェアリースフィアでアクノロギアを閉じ込めてはどうかと考えますが……

 アクノロギアはただ「破壊」だけをしたいと言い、ナツは「お前に破壊されるほどこの世界は弱くない」と反論します。
 グレイ、ジュビアはメストにハルジオンに運んでもらい、ミネルバ達がアクノロギアをハルジオンへ誘導しようとします。
 アクノロギアにはあらゆる魔法が通じず、そもそもどうやって誘導するのかという疑問が生まれます。

 ナツ達はアクノロギアの精神と戦闘を繰り広げますが、全員で飛びかかっても通用しませんでした。
 エルザは上空からアクノロギアを船にたたき落とすと言いますが、ミネルバ達が誘導できるのかが気になります。
 ルーシィ達はフェアリースフィアの使い方の本を発見し、コブラは内臓を潰されても立ち上がります。

 オルガ、ルーファスやミネルバ、ユキノは魔力を発してアクノロギアの肉体を誘い出します。
 ナツは最後の勝負だと叫び、ギルダーツはフェアリースフィアの準備をしろと言ってきましたが……
 アクノロギアは無数の光で船を壊滅させ、ミネルバは本能が弱点を破壊したとつぶやくのでした。

【感想等】
 すぐに最終決戦かと思いきや、突然の回想に根の深い問題を感じずにはいられません。
 人間同士でもなかなかわかり合えないご時世、ドラゴンとわかり合うのは極めて難しいのかもしれません。
 一方で、かつて敵であったギルドと手を取り合って戦っているのもまた事実ですが……

 ナツさん達は「精神」に一撃で吹き飛ばされ、もう一つの「肉体」の方もまるで攻撃が通じなくてはどうにもなりません。
 かつて悪役として立ちはだかった六魔将軍の皆さんにも仲間意識があるところがすごくいいです。
 残り2話で下手したら全滅しそうな流れですが、ナツさんならきっとなんとかしてくれると信じようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】FAIRY TAIL 第325話「世界崩壊」

 フェアリーテイルの325話を見て感想を書かせていただきます。
 ゼレフさんとの決着がつき、マカロフさんも復活して、これで全てうまくいくと思っていましたが……
 サブタイトルの時点でさらなる犠牲は避けられないのかと思うとなんだかもやもやします。

【内容】
 ナツは突然にどこかに姿を消し、ルーシィは涙を流さずにはいられませんでした。
 空には亀裂が走り、一夜とアンナが命を賭けて封印したはずのアクノロギアがその姿を再び現わします。
 時の狭間を食ったアクノロギアは「力が満ちる……」と言って更にパワーアップしたらしいのですが……

 無数のビームが発射されて世界のあちこちが破壊されてあたかも崩壊したかのように思えます。
 エルザはそれでも世界を終わらせないと言って飛び上がりますが、ウェンディは触手のようなものに捕まってしまいます。
 アクノロギアは全てのドラゴンを時の中に閉じ込めて「完全なる滅竜」を行おうとしているようです。

 ウェンディはこの世界から姿を消し、ガジルやラクサス、コブラ(エリック)もまた姿を消してしまいました。
 フロッシュはローグとスティングが消えたと言ってきて、レヴィは消えた全員がドラゴンスレイヤーだと気づきます。
 冒頭で消えてしまったナツは時の狭間にいてアクノロギアと対面しますが……

 ウェンディ、ガジルやラクサス達は氷柱のようなものに捕まっていて、後はナツ一人なのだとか。
 現実世界のアクノロギアはマグノリアに向かい、アンナや一夜が空から降ってきました。
 アンナはアクノロギアが時の狭間を食べたのは計算外だと言い、アクノロギアは肉体と精神が分離したと言い出します。

 アクノロギアの精神は「調和」を求めていて、ナツ達を捉えることで自分の魔力を安定させるつもりなのだとか。
 アンナは「信じるしかない」とだけ言い、エルザは遠泳してマグノリアに行くと言い出し、そこにメストが現れます。
 ナツはいまにも封印されそうになり、マグノリアにやってきたエルザはルーシィにナツは生きていると説明します。

 ギルダーツ以下ギルドの仲間達が次々と歩いてきて、その中には死んだはずのマカロフの姿もありました。
 一同はナツ達ドラゴンスレイヤーが時の狭間に閉じ込められていて、そこにアクノロギアの精神体もいると聞かされますが……
 アクノロギアの肉体がマグノリアに向かっている一方、ナツは炎を出して他の皆さんも人々の声が聞こえたと言って復活します。

【感想等】
 前回の中盤くらいまでこのままハッピーエンドだと思っていましたが、残り話数も悲劇が続くのでしょうか。
 オープニングを見るとナツさんが普通に出ていましたしそのうち再登場すると思いますが……
 色々なところに絡んできたゼレフさんがラスボスだと思っていたことも今では懐かしく思えてきました。

 封印で終わるとは思っていませんでしたが、アクノロギアさんはあまりにも強すぎました。
 私みたいにFF6の世界崩壊を思い出した視聴者は少なくないかもしれません。
 ドラゴンスレイヤー勢揃いはかつての大魔闘演武終盤のエクリプス計画のあたりを思い出します。

 最終決戦が「時の狭間」、そしてクリスタルの背景はFF5のリスペクトなのかと思ったりします。
 全体的に行き詰まった感じの展開ですが、アンナさんや一夜さんが生きていたのはよかったと思います。
 仲間が大挙して歩いてきたところにこれまでの蓄積を感じつつ、残りのお話もしっかり見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】FAIRY TAIL 第324話「炎消える時」

 フェアリーテイルの324話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はアクノロギアさんもゼレフさんも倒されて驚きの連続でした。
 消えゆく元彼(?)を見たメイビスさんは一体何を思うのでしょうか。

【内容】
 ナツに敗れたゼレフの前にメイビスが現れ、ゼレフは体が全く動かないとつぶやきます。
 ゼレフはナツが甘いと言い、自分は何度でも蘇ると言いますが……
 メイビスは初代ギルドマスターとしてゼレフを抹消してやりたいと言ってきました。

 「もう、ゆっくり眠っていいのですよ」とメイビスさん。
 私があのとき、もっとあなたを信じていたならばとつぶやきますが……
 心のどこかでゼレフを信じていなかったからこそ彼の命を奪うことが出来なかったそのこと。

 ゼレフはメイビスの気持ちは「情」であると言いますが、メイビスはゼレフがいたからフェアリーテイルが生まれたと言ってきました。
 フェアリーテイルを破壊しようとしたゼレフへの憎しみの一方で孤独に共感できるというメイビスさん。
 「あなたを愛すればあなたを殺せる」と言い、愛しく思わずにはいられないと言って涙を流してきました。

 ゼレフは「答えは愛されることだったのか」とつぶやき、メイビスは早く死ねと言いながらも涙が止まりません。
 メイビスからの口づけを受けたゼレフはついに不死の呪いから解放され、ナツとも仲直りしたかったと言って命を落とします。
 2人は抱き合いながらも消滅していき、愛こそが一なる魔法という結論へと至ります。

 死んだと思っていたマカロフが「夢を見ていた」と復活し、ラクサスは鼻水を垂らして涙を流してきました。
 ルーシィはENDの書の中身を書き換える作業を終え、やれることは全てやったとつぶやきます。
 グレイはデビルスレイヤーの力でルーシィをむしばむものを消滅させ、ルーシィの体に刻まれた模様が消えます。

 ENDの書が消えていくのはゼレフが倒れた証拠であり、それでもナツは消滅せずにルーシィ達の前に現れます。
 ナツはメイビスが逝ってしまったと言い、これは彼女が望んだことではないかと結論づけます。
 「笑って堂々とギルドへ帰ろうぜ!」と全てが終わったかのような流れになりましたが……

 ジェラールはエルザに膝枕されながらも、助かった命を大切にしろと言われます。
 小型通信ラクリマ(スマホっぽいもの)でウォーレンから連絡が入り、エルザはアクノロギアを時の狭間に封印したと説明します。
 ルーシィ達はアクノロギアを封印したと聞きますが、ナツはもう一暴れしたかったと不謹慎なことを言います。

 「ちゃんと体を休ませろ」とナツを心配するグレイでしたが、すぐにナツと喧嘩を始めてしまいました。
 ナツの右手はすごい火傷になっていましたが、あとでウェンディに直してもらえば大丈夫だと言っていました。
 ルーシィはしばらくはゆっくりしたいと言い、落ち着いたらアクエリアスのカギを探す冒険に行きたいとつぶやきます。

 気がついたらナツの姿が消えていて、ルーシィ達は涙を流しながらナツの名を叫びます。
 ウェンディが空を見上げるといきなり青空に亀裂が走るのでした。

【感想等】
 上ではゼレフさんを元彼などと書きましたが、なにげに彼との間には子供までもうけていたりします。
 その息子さんは結局母親に存在を知られないまま消えてしまいましたが……
 全ての始まりであったゼレフさんはある意味ではフェアリーテイルの親と言ってもよかったのかも。

 ゼレフさんとメイビスさんが呪いから解放されますが、一なる魔法が愛だったというのは驚きでした。
 ハデスさんがこのことを知ったらどう思うのかはちょっと気になるものの、マカロフさんの復活は嬉しい誤算でした。
 このままハッピーエンドになると思っていましたが、アクノロギアさんを倒してお話を締めくくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】FAIRY TAIL 第323話「荒ぶる竜の炎」

 フェアリーテイルの323話を見て感想を書かせていただきます。
 ゼレフさんに倒されたはずのナツさんはルーシィさんのおかげで復活したようです。
 今度こそお兄さんとの戦いに終止符を打てるのか、わたし、気になります!

【内容】
 ネオエクリプスを完成させたかに見えたゼレフの前に復活したナツが立ちはだかります。
 ルーシィはENDの書を書き加えることでナツを復活させましたが、体に何か(闇の力)が侵食していきます。
 魔力をたどっていくとナツの魔力を書き換えられると推測しますが……

 グレイは「一緒にナツを助けるんだ」といい、ルーシィは改めてENDの書と向き合うことに。
 立ち上がったナツから傷が消えていき、ゼレフはENDの書を誰かが書き換えたのではないかと気づきます。
 ナツは「ありがとうルーシィ、ハッピー、グレイ」とつぶやき、エルザにハグされたことを思い出します。

 天馬クリスティーナはアクノロギアの攻撃を受け、ジェラールは一人で特攻を仕掛けます。
 ジェラールはアクノロギアを時の狭間にぶつけようとしますが、クリスティーナは限界を迎えて海に落ちてしまいました。
 アクノロギアはジェラールを握りつぶそうとし、ナツはゼレフに一心不乱に殴りかかります。

 ナツはゼレフがやろうとしていることはこの世界の否定だと言い、ギルドの力を炎に変えてきました。
 2人の全力の一撃が激突し、ギルドの炎がついにゼレフを捉えます。
 爆発間近のクリスティーナがいきなり動き出し、アンナは船ごとアクノロギアを穴へと押し込もうとします。

 アンナではクリスティーナを動かせず、一夜が代わりにクリスティーナを動かして特攻を仕掛けます。
 その様を見たアンナは「あなた……本当に男前ね」とつぶやきます。
 一夜はジェラールを救出し、クリスティーナでアクノロギアを今度こそ終わらせようとします。

 ナツは「荒ぶる感情の炎」で兄であるゼレフを殴り倒してきました。
 アクノロギアはクリスティーナやアンナ、一夜とともに時の狭間に消えていったようです。
 ゼレフは髪の毛が黒く戻り、ナツはメイビスに後を任せ兄との別れを済ませます。

 メイビスは力尽きようとしている元彼(?)を前に一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 サブタイトルを見て「荒ぶる季節の乙女どもよ」というアニメを連想しますがもちろん関係ありませんでした。
 冒頭からルーシィさんに異変が起き、これをよく朝方に放送できたなとある意味感心します。
 ルーシィさんの負担が心配ですが、これでナツさんが死なないで済む方向に舵を切れたのは間違いないはず。

 ジェラールさんが突進してきたのは意外でしたが、これくらいしかもう手は残されていないと思うと恐ろしいです。
 ナツさんとゼレフさんが間近で殴り合っているところを見ると顔の作りが似ているところはやっぱり兄弟だと実感します。
 お兄さんが巨大帝国を作り上げて最後は殴り合いで決着をつける点は北斗の拳に近いのかもしれません。

 ネタキャラ枠だとばかり思っていた一夜さんの行動がかっこよく、イケメン揃いの部下が惚れるのもわかる気がします。
 ゼレフさんもアクノロギアさんも倒れたように思えますが、残りは5話あるらしいのでまだまだ予断を許しません。
 次回はゼレフさんとのお別れだとして、アクノロギアさんは本当にこのまま終わってしまったのか気がかりになります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】FAIRY TAIL 第322話「誓いの扉」

 フェアリーテイルの322話を見て感想を書かせていただきます。
 神の力を手に入れたゼレフさんは真っ黒な姿から一変して真っ白くなってしまいました。
 かつてない力を手中に収めたゼレフさんに、ナツさんはどう立ち向かうのでしょうか。

【内容】
 ゼレフはメイビスの魔力を奪い、これで未練は断ち切ったとつぶやきます。
 「これがフェアリーハートだ!」と言ったかと思えばゼレフの髪や体、服までもが真っ白くなりました。
 本人の申告によると神の力を手に入れたそうですが……

 オープニングの後、ギルダーツやカナの前にラクサスや雷神衆が出てきて「ギルドには近づくな」と言ってきます。
 ジェイコブはミラジェーンが倒し、アジールは戦う意志はなく、アイリーンはエルザが倒し、ブランディッシュは戦線を離脱したそうです。
 残った敵はゼレフとアクノロギアの2人だけになり、アクノロギアはブルーペガサスが連れていったそうです。

 ENDの書を開いたルーシィでしたが、飛び出したはずの文字は全て戻ってきたそうです。
 ルーシィは文章を書き換えることでナツを救うことができるのではないかと考えます。
 少し前に「ナツを救うことができるのはあなたたち仲間の力」とメイビスは言っていました。

 改めてルーシィはENDの書を開き、ナツは真っ白くなったゼレフと対峙します。
 ナツは「消すしかねえ!」と逆上して襲いかかり、ゼレフごとギルドを破壊しますが、すぐに元通りになってしまいます。
 ゼレフはナツを一撃で倒し、マカロフはすでに死んでいると言って精神的に揺さぶってきました。

 アクノロギアは天馬クリスティーナを追いかけてきて、その中にいるウェンディを始末しようとします。
 ジェラールは「俺が時間を稼ごう」と言って出ていき、その心意気を見たレン達は一夜と互角だと言って称賛します。
 渾身の一撃もアクノロギアには通じず、アクノロギアは海すら真っ二つに割ってその実力を見せつけてきます。

 ゼレフは時の狭間とギルドの扉を接続し、この扉をくぐったら世界は崩れ去ると物騒なことを言います。
 「僕は僕の記憶を引き継いだまま、僕をもう一度やり直す」と言い、世界を救うと言っていますが……
 ENDの書の文字が次々とはじけていき、ルーシィはナツが大きな怪我をしたのではないかと推測します。

 ルーシィは消えた文字を書き直すと言い、アンナは扉が開いたことを感じ取っていました。
 ジェラールは「他に方法はない!」と言って扉に突進していきますが……
 ナツはゼレフに「生きることを誓え!」と言って立ち上がり、ルーシィは突然血管が浮き出るのでした。

【感想等】
 残りの敵が2人なのは相変わらずなのですが、その一人一人がいずれもチート級の相手と言っていいかと。
 久しぶりに雷神衆の皆さんが出てきたものの、マカロフさんもメイビスさんも亡くなってしまいました。
 黒魔道士ゼレフさんが真っ白になったのはさておき、背中の羽根が昔のアイドルみたいで少し面白いです。

 ジェラールさんの魔法が通じないのは相手が悪いからだと思いますし、彼のグランシャリオとその詠唱は大好きです。
 本の文字を書いたら体が治るのはいいとしても、ルーシィさんの変化は一体何なのでしょうか。
 次回はナツさんとゼレフさんがまた兄弟げんかをするとして、魔力を取り戻したらメイビスさんが復活したりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム