【アニメ感想】ゴブリンスレイヤー 第12話(終)「ある冒険者の結末」

 ゴブスレの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 30日はこれとSAOで終わるかと思っていましたが、後者は来年の放送だったようです。
 最終決戦にふさわしい総力戦はどんな形で決着を見るのでしょうか。

【内容】
 ゴブリンロードは自分さえ生きていれば次があるといって逃走しますが……
 彼の前に立ちはだかったのは目を赤く血走らせたゴブリンスレイヤーでした。
 「お前の故郷はもう無い」と言い放ち、最後の決戦を始めようとします。

 ゴブリンロードは咆哮して攻撃を仕掛け、スレイヤーはまず相手の目をつぶして勝負に出ます。
 冒険者達は互いに助け合うことで大きな犠牲を出さずに終わりそうです。
 妖精弓手は「こんなの本当の冒険じゃない」といいつつ弓で蜥蜴僧侶を助けていました。

 ゴブリンチャンピオンは熟練冒険者の連携攻撃によって真っ二つにされてしまいます。
 槍使いもまた同様にチャンピオンを倒し、スレイヤーもまたゴブリンロードとの戦いに邁進します。
 牛飼娘はスレイヤーについて何か思うところがあるようですが……

 スレイヤーはボロボロにされていましたが、そこに女神官が登場してゴブリンロードの動きを止めます。
 ゴブリンロードは命乞いをしますが、スレイヤーは「俺はゴブリンスレイヤーだ」と容赦なく刺し殺します。
 プロテクションで動きを封じる発想はスレイヤーが事前に考えていた策だったようです。

 ボロボロになったスレイヤーに、女神官は「仕方がない人ですね」と一言。
 牧場での戦いも終わったようで、スレイヤーは牛飼娘と再会を果たします。
 また、女勇者達が街にやってきてゴブリンはけっこう怖いんだよと説明をしていました。

 「ボク達がお祭りに行けるのは小鬼殺しのおかげ」と言い切る女勇者さん。
 酒場では冒険者が酒盛りをしていましたが、チャンピオンの首も金貨一枚ということに少し不満があるようです。
 牛飼娘はそばで眠っている女神官を慈しみつつ、村を守ってくれたお礼を言います。

 スレイヤーは「俺はたぶん冒険者になりたいのだと思う」といい、牛飼娘は「なれるよ、きっと」とつぶやきます。
 牛飼娘は起きた女神官をなで、周りの冒険者へお礼を言いに行きました。
 ゴブリンロードの報酬を女神官に与えるスレイヤーに対し、女神官は最初から依頼をしなかったのかと問います。

 スレイヤーは今回はうまくいったのは運だと言いますが、女神官は運では無かったと一言。
 女神官は報酬として素顔を見せてほしいと言い、素顔を見せたスレイヤーに冒険者が群がっていきます。
 魔女は「意外と美男子よね」といい、槍使いは「何か気に入らん!」と言い出しますが……

 「これからもずっと助けてほしいと言ったら助けてくれます。だから運なんかじゃ無いです」と語る女神官さん。
 スレイヤーは「そうならいいな」と一言告げてエンディングが流れます。
 そして、「ゴブリンスレイヤーは帰ってくる」の一言とともにお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 ラスボスさんが冒頭から逃げを打ってきたのはちょっと意外でした。
 自分さえ助かればいいという発想から小者っぽさを感じるのは私だけではないはず。
 実際に苦戦はしているものの、チャンピオンさんとの戦いよりも安心してみていられました。

 防御魔法であるプロテクションでラスボスの動きを止めてしまうとは驚きでした。
 女神官さんがビビストのリンネさんだったらこれくらいで済まなかったのかもしれません。
 恋のライバルともいえる牛飼娘さんはインデックスさんみたいな扱いなのでしょうか。

 女神官さんと牛飼娘さんが姉妹みたいに見えてちょっと癒されました。
 素顔ははっきりと見せてはくれませんでしたが、意外と若々しい感じなのだろうなと思います。
 最後の続編フラグがいつになるのかわかりませんが、それまで来期のアニメにも期待していきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゴブリンスレイヤー 第11話「冒険者の饗宴(きょうえん)」

 ゴブスレの11話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は総集編で、年末の今回と次回でこのアニメを締めくくるようです。
 どうやら牧場がゴブリン達に狙われているとのことですが……

【内容】
 牧場の朝は早く、牛飼娘はいつもどおり朝ごはんを準備していました。
 スレイヤーは「逃げろ」といきなり言ってきて、ゴブリンの足跡が大量にあったと説明します。
 群れに頭目がいることは明らかであり、勝つことは「無理」であるとのこと。

 100を超す群れが一斉に襲ってくると聞いた牛飼娘はかつてのトラウマを思い出します。
 スレイヤーは「俺は勇者ではない」と言い、はっきりと「手が足りない」「力が足りない」と言ってきます。
 「逃げろ」と言われた牛飼娘ですが、自分は逃げないと言って聞きませんでした。

 牛飼娘は「2回目は嫌」と涙を流してスレイヤーの「帰ってくる所」を守ろうとしていました。
 「女の子は守ってあげなくちゃダメだ」という姉の言葉を思い出すスレイヤーさん。
 牧場主のおじさんは「あの子はいい子だ」「泣かせるな」とスレイヤーに告げ、スレイヤーは「努力します」と答えます。

 スレイヤーはギルドにやってきて「頼みがある」と言ってきます。
 ロードを含めたゴブリンの群れ(100匹以上)が牧場にやってくると言えば周囲は騒然とします。
 槍使い達は「俺たちは冒険者だ」「報酬を出せ」と言ってきて妖精弓手は憤ります。

 スレイヤーは自分の持ち物は全て報酬として出すと言い、槍使いは彼の「本気」を感じ取ります。
 槍使いは「後で一杯おごれ」と協力を申し出、妖精弓手もまた「本当の冒険をさせてやる」と助力します。
 さらには鉱人道士や蜥蜴僧侶、魔女が加わり、受付嬢も正式な依頼として懸賞金を出すと宣言します。

 ギルドにいた冒険者は色々な理由をつけてスレイヤーに協力することになり、スレイヤーは受付嬢に一礼します。
 当初から一緒にいた女神官も仲間になり、夜になって冒険者たちが守る牧場をゴブリン達が襲撃してきました。
 魔女達が相手を眠らせつつ、他の冒険者たちも遠距離、近距離からそれぞれにゴブリンを攻撃していきました。

 狼に乗ったゴブリンの群れが攻めてきますが、冒険者たちはいっせいに槍ふすまで串刺しにしてしまいます。
 新米冒険者は危ういところで命を落としかけますが、新しい鎧を買っていたおかげか助かりました。
 眠りの呪文をかけること、狼に槍ふすまを使うこと、これらは全てスレイヤーが長年の経験で培ったものでした。

 ゴブリンチャンピオンが2匹も現れますが、槍使いや蜥蜴僧侶達が先陣を切って攻撃を仕掛けていきます。
 そしてスレイヤーは目を光らせてゴブリンをスレイしに向かうのでした。

【感想等】
 総集編は牛飼娘さん視点のお話でしたが、本編になって再びスレイヤーさんにお話の中心が移ります。
 ゴブリンを絶対に殺すと言っていた彼がいきなり「無理」と言ってきたことにちょっと驚きました。
 珍しく頭を下げて懇願する彼の姿に、牛飼娘さんをいかに大切に思っていることがわかってちょっと泣きました。

 妖精弓手さん達が来るとは思っていましたが、槍使いさんも仲間になってくれたのはうれしかったりします。
 中の人的にはSAOでもゴブリンと戦っていたのを思い出したのは私だけではないかも。
 一気に戦力が増えて最終決戦らしくなりましたが、このうち何人が生き残るのかとつい考えてしまいます。

 今回は人間の「結束」の強さを見せるお話だと思いますが、現実でもこんな風になれればとふと思います。
 魔女さんの独特のしゃべり方に今更ながら「ゆらぎ荘の幽奈さん」を連想してしまいました。
 次回は牧場を救って終わりだと思いますが、出来れば誰一人犠牲にならないまま終わってほしいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゴブリンスレイヤー 特別編「冒険記録用紙(アドベンチャーシート)」

 ゴブスレの特別編(総集編)を見て感想を書かせていただきます。
 ここまでいろいろあったので、ここで振り返れるのはよかったのかもしれません。
 おそらくあと2話で怒濤の展開が待っている……はず。

【内容】
 牛飼娘が目を覚ますと、外ではスレイヤーが早起きしてゴブリンの足跡がないかと探っていました。
 ゴブリンの足跡を調べて必要に応じて修繕を行うのは5年前からの「彼」の日課であるとのことですが……

 幼い日の牛飼娘は街に行くのだと「彼(後のスレイヤー)」に語りかけますが、彼は「要らねえ」と反発します。
 お姉さんが「喧嘩しちゃダメでしょ」と言ってきて、牛飼娘は彼と一緒に行きたかったと涙を流しつつ街へと出発します。
 「仲直りしたかった」と思いつつも、今も「ごめんなさい」を言えない牛飼娘なのでした。
 
 夜遅くまでスレイヤーを待つ牛飼娘の一方、スレイヤーはゴブリンに姉が殺されたことを思い出します。
 姉を殺された彼はゴブリンへの復讐に楽しさを見いだし、経験を重ねるゴブリンも成長するのだと説明します。
 スレイヤーは「俺は奴らにとってのゴブリンだ」と言いますが……

 おじさんはスレイヤーを「たがが外れてしまっている」と言いますが、牛飼娘は彼を待ち続けるのだと一言。
 スレイヤーは女商人や妖精弓手といった皆さんとパーティーを組むことになりますが……
 ゴブリンを優先するスレイヤーに妖精弓手は憤りますが、スレイヤーはゴブリンと聞いて一転してやる気になります。

 闇の軍勢が迫っていると聞いたスレイヤーはすぐに(1人で)出撃すると言い出します。
 女神官は相談くらいしてほしいと涙を流し、選択肢がないのは相談とは言わないといって付いていくことに。
 「好きにしろ」と言われた女神官は「好きにします」とついていくのでした。

 牛飼娘はスレイヤーが時々ボロボロになると言い、地下遺跡での戦いはスレイヤーにとって最大の窮地でした。
 スレイヤーはゴブリンチャンピオンの一撃を受けて重傷を負い、女神官は敵に迫られて失禁してしまいます。
 パーティー壊滅の危機にスレイヤーは「くそ食らえだ」と反撃を開始しますが……

 どんなに帰りが遅くてもスレイヤーの戻りを信じて待ち続ける牛飼娘さん。
 スレイヤーは遺跡を崩壊させてゴブリンを始末し、牛飼娘が信じるとおりにしっかり戻ってきました。
 「先のこと」を考えているスレイヤーに、牛飼娘はかつてのことを「ごめんね」とつぶやいて膝枕をするのでした。
 
【感想等】
 これまでと同じシーンながらも、ナレーションが入ると少し違った風に見えてくるかも。
 本編は女神官さんがメインヒロインという感じですが、牛飼娘さんも普通にけなげで可愛いなと思います。
 「寄宿学校のジュリエット」に出てくる蓮季さんに似たような位置づけのようにも思えますが……

 スレイヤーさんの過去や戦う理由がわかりやすくまとまっていましたし、それでも待ち続ける牛飼娘さんが素敵です。
 女性陣が「ヤマノススメ」とかぶっているのは偶然だと思いますが、なんだか懐かしい気持ちがしてきます。
 スレイヤーさんに「好きにしろ」と言われて「好きにします」とついていく女神官さんがすごく可愛いなと思います。

 遺跡での戦いはこれまでで最大のピンチで、女神官さんの悲鳴があまりにも迫真すぎて完全に目が覚めました。
 このあとプリキュアさんを見ると(演技傾向の違いで)声優さんのすごさがわかるかもしれませんが……
 膝枕というとリゼロのエミリアさんを思い出しつつも、残りの2話を一生懸命に見ていきたいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゴブリンスレイヤー 第10話「まどろみの中で」

 ゴブスレの10話を見て感想を書かせていただきます。
 勇者という存在が別にいるようですが、今まであまり語られてこなかったような気がします。
 仮に世界が平和になっても、ゴブリンとの争いに終わりはないのかもしれません。

【内容】
 幼少の頃は勇者になるのだと思っていたスレイヤーさん。
 そんな彼は姉を置いていけば「冒険者」になれると思っていたようですが……

 「私、街に行くんだよ」と明るく語る後の牛飼娘さん。
 当時のスレイヤーは「要らねえ」と反発し、姉は「女の子は守ってあげなくちゃ」と一言。
 何でも人をうらやむ人はゴブリンになってしまうらしいのですが……

 目を覚ましたスレイヤーに牛飼娘が声をかけてきます。
 魔人王は勇者に倒されたとのことですが、スレイヤーはゴブリンは消えていないと反論します。
 食事を終えた彼は牛飼娘と街に向かいますが、おじさんからは「あの娘が可哀想だ」と言われます。

 スレイヤーは鎧を着けない状態でギルドにやってきて、槍使いが「新顔か」と声をかけてきます。
 槍使いは「綺麗なお題目は要らない」と遺跡での冒険に向かい、魔女は「依頼はないわよ」と一言。
 鎧を着けたスレイヤーは修繕を依頼しつつスクロールはまだ入手できないようです。

 スレイヤーに女騎士が声をかけてきて、いつもそんな恰好なのかと聞いてきます。
 大剣を持った男が新米の冒険者に稽古をつけていて、女騎士が「勝負だ」と言ってきます。
 女神官がスレイヤーに声をかけてきてスレイヤーが死にかけたことを心配していました。

 剣の乙女からスレイヤーへの手紙が気になりますが、そこに妖精弓手たちが声をかけてきます。
 牛飼娘や受付嬢も一緒に食事をすることになりますが、その中で勇者の話題も出てきました。
 訓練所を作って新人を指導するという試みが語られ、体を大切にするようにと言われてしまいます。

 剣の乙女からの手紙にはスレイヤーの無事を祈るようなことが書かれていました。
 妖精弓手と鉱人道士はお酒の勝負をすると言って大量にお酒を持ってこいと言い出します。
 牛飼娘はスレイヤーに謝りつつも「焦らなくてもいい」と優しく語りかけてくるのでした。

 「いずれ限界が来る」
 「こんな日々は長くは続かない」
 そんなときにどうすればいいのかは誰にもわからないのかもしれません。

【感想等】
 タイトルを見た時にふとドラクエの「まどろみの剣」を連想したのはここだけの話です。
 牛飼娘さんのお声に(最近出番が増えた)インデックスさんを連想する人はそこそこ多いような気がします。
 スレイヤーさんも今日はどこか優しい感じがしますが、世界が平和になった影響……なのでしょうか。

 改めて色々なキャラクターを見ていてそのキャストの豪華さに驚かされます。
 そういえば少し前には「ヤマノススメ」にキャラがかぶっていると言っていたような気がします。
 スレイヤーさんの呼び方が「オルクボルグ」「小鬼殺し」など色々あるのも面白いなと思います。

 食事シーンは朝ごはんがまだだっただけにすごくおなかがすいてきてしまいます。
 至って平和なお話ではありますが、残りのお話でその反動が来てしまうのではとちょっと不安になりました。
 ちなみに来週は総集編とのことですが、どんな内容だったのか思い出すにはちょうどいいかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゴブリンスレイヤー 第9話「往きて、還りし」

 ゴブスレの9話を見て感想を書かせていただきます。
 今回もまた強敵との戦いが続き、最後までドキドキが止まりませんでした。
 タイトル的に生存確定だと思いたいですが……

【内容】
 スレイヤーたちは地下水路を進み、なにやら鏡のようなものを見つけます。
 その向こうではゴブリンの集落のようなものがあり、船は彼らが作っていたようです。
 ゴブリンはこの「ゲート」の向こうからやってきたのは確定のようですが……

 向こうが臨戦態勢になれば、スレイヤーは「俺のポケットには何がある」とつぶやきます。
 そしていつもどおり「安心しろ」と言いますが……
 スレイヤーたちはゴブリンに対処するために戦闘の準備を進めていきます。

 妖精弓手は呪文使いが3人もいることは便利だと素直になります。
 弓や石による攻撃で相手の数を減らしていきますが、さすがに数が多すぎました。
 竜牙兵に守られた妖精弓手は竜牙兵がけっこう可愛いのではないかと言い出します。

 スレイヤーは数を数えながら延々と相手を殺し続け、ゴブリンから矢を奪って妖精弓手に渡します。
 蜥蜴僧侶や女神官は鏡を何とかしようとしますが……
 スレイヤーはかつて苦戦を強いられた小鬼英雄と戦うことになりました。

 鏡を外したのを確認したスレイヤーはその下に入るようにと指示します。
 がれきを吸い込ませたことで難を逃れた一同でしたが、女神官はすでに慣れてきたようです。
 鉱人道士はこれ(鏡)は大昔の旅行装置ではないかと推測します。

 剣の乙女の前にスレイヤーが現れ、全てを知っていたのではないかと看破します。
 これほどの遺跡が放置されていることは見張りでもいなければあり得ないとのこと。
 はらわたを切り裂くのはゴブリンの手口ではないとのことですが……

 剣の乙女によると、魔人の手勢が黒幕であり、すでにこの世界にはいないとのこと。
 スレイヤーは「ゴブリンではないから」と彼女に手を出さないと一言。
 剣の乙女はわかってもらいたかったことがあると言いつつ、誰もわかってくれなかったと結論づけます。

 スレイヤーはお宝でもある鏡をコンクリートで固めて沈めたとのこと。
 剣の乙女は小鬼に襲われた15才の少女を気にかけるものは誰もいなかったと続けます。
 一部始終を見ていたスレイヤーは「お前の気持ちはわからない」と言い切ります。

 「ゴブリンが出たら呼べ」というスレイヤーに「お慕い申し上げております」と涙を流す剣の乙女さん。
 一同は帰路につき、女神官に「お疲れ様でした」と声をかけます。
 スレイヤーは「帰ったら試してみたいことがある」とアイスクリームを作るようですが……

【感想等】
 「ゲート」と言われると自衛隊のことを思い出すのは私だけではないかもしれません。
 異世界への扉だったらますますお話が広がりそうな気がします。
 気がつけばスレイヤーさんと仲間が少しずつ打ち解けているように思えます。

 相手の方が数が多いと最初から最後まで油断できないなとつくづく思います。
 RPGの世界だとせいぜい1桁の敵しか相手しなくてもいいのは楽なのかもしれません。
 鏡のようなアイテムは作品によってはダンジョン脱出に使えそうな気がします。
 
 色々とわからない点は多いですが、とりあえず生き残ったことはよかったかと。
 何事においてもゴブリンさんを優先するそのぶれないところはある意味すごいです。
 残りのお話は3~4話だとして、どんな風に締めくくるのか、最後までついて行きたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム