【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第12話(終)「ツキカゲは永遠に」

 リリスパの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 敵の作戦が発動しそうなところで終わったのですが、果たしてこのまま終わってしまうのでしょうか。
 そしてここまで出番がなかった初芽さんがテレジアさんを救う展開はあるのでしょうか。

【内容】
 命は高らかに薬の効果を説明していきます。
 文鳥の女はこの作戦が成功すれば次は世界を標的にすると高らかに説明します。
 「花火が終わる頃にはこの街に住む者の魂は散っている」とのことですが……

 モモ、雪、五恵、楓の4人は「ゲッカコウ作戦」阻止のために移動していました。
 人々は霧の影響で倒れていき、そこにモモ達が敵陣へと切り込んでいきました。
 五恵に敵を任せて、楓、モモはそれぞれに制御室へと向かいます。

 カトリーナ、白虎に続き命がツキカゲに寝返り、さらには初芽もまた合流を果たします。
 当時からモウリョウを倒すためにダブルスパイをすることが考えられていたようです。
 命はペラペラとこれまでの経緯を説明しますが、雪の件だけは想定外だったとのこと。

 完全に追い込まれたかに見えた文鳥の女は「詰めが甘いぞ」と機械を再起動させます。
 敵の数に苦戦しながらも、モモはついに文鳥の女と一対一の勝負に向かいますが……
 互いにドーピングしての戦闘になり、文鳥の女は精神攻撃で揺さぶりをかけてきます。

 モモは果敢に攻撃を仕掛けていき、魂は誰にも消せないとついに一撃を加えます。
 土壇場で爆弾を投げつけてゲッカコウ作戦を阻止し、街は平和を取り戻します。
 事件に関与した財界の大物は次々に逮捕され、街の人々は「正義の味方」はいるのではと考えます。

 前回殺されたかと思われたテレジアは普通に生きていてカレーをごちそうになっていました。
 初芽は今回の事件で知り合えた人々と友達になりたいと持論を述べます。
 取り調べを終えた命は楓の部屋に戻ってきて、楓は鳥(を飼っていた文鳥の女)に嫉妬するのでした。

 雪はスパイスの効きが悪くなったのでツキカゲを卒業すると言い出します。
 彼女は自分の記憶を消すようにと言い、胸をはって師匠になるようにと告げます。
 商店街のおばさんも元ツキカゲらしく、記憶を消して普通に生活しているとのこと。

 モモは師匠と離れたくないと訴えますが、雪はモモの弱点は師匠離れできないことだと反論します。
 「モモこそ自慢の弟子よ」と言われたモモは涙を流し、雪は弟子を抱きながら亡き師匠と再会を果たします。
 意を決したモモは「任せてください」と言い、「今まで有難う御座いました」と銃口を向け……

 9ヶ月後、モモは自らの弟子に「積み上げた努力と成果が自信につながる」と一言。
 テレジアと五恵、初芽たちはそのままツキカゲに残り、命は弾き語りを続けていました。
 そして、モモは雪とすれ違って安心しつつ、新たな任務へと向かうのでした。

【感想等】
 「スパイ」を題材にした作品ということで「プリプリ」を連想しますが、実際は全くの別物でした。
 忍者は日本のスパイと言えなくもないですが、スパイスとかけてきた発想はさすがに想定外でした。
 そして、命さんが二重スパイ、初芽さんの生存という流れが小気味よくて素敵でした。

 3話あたりで叱られていたモモさんが勝負の決め手になったことは自分のことのようにうれしいです。
 頸動脈を切られていたテレジアさんが生きていて、初芽さんと和解できたこともよかったかと。
 スパイスが危険薬物、敵味方全滅エンドという悪い予感はことごとく当たらなくてよかったと思います。

 師匠との別れという「卒業」に思いっきり泣いてしまう一方、新しいお弟子さんも普通に可愛かったです。
 すれ違ったときの雪さんの口元を見ると、彼女の記憶はもしかしたら消えていないのかもと考えてしまいます。
 「積み上げた努力と結果が自信につながる」という言葉を胸に、自分もできる限りがんばっていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第11話「ゲッカコウ作戦」

 リリスパの11話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はドラクエ5かと思うくらいの敗北イベントに一瞬我を忘れてしまいました。
 果たしてモモさん達が逆転の一手を打つことは出来るのでしょうか。

【内容】
 命は五恵にはっきりと師匠が死んだといい、モモは完全に心が折られたようです。
 楓は命に目を覚ましてと訴えますが、命は文鳥の女と手を組んでいると言い出します。
 なんでも工場に潜入した際に手に入れた携帯でモウリョウと接触したとのことです。

 仲間の情報を打った命はモウリョウの幹部に取り込み、早く花火の時間になれと言い出します。
 モモは師匠の教えを思い出して自分に出来ることをやろうと考えます。
 女性科学者が変なロボットでモモ達を拷問して心を折ろうとしようとしますが……

 モモは相手を挑発し、五恵は女性科学者を殴りつけて逆に情報を聞き出します。
 「ゲッカコウ作戦」は大量に薬品をまいて町中の人を洗脳するとのことですが……
 女性をまいたモモ達ですが、人混みがあって基地に入ることが出来ませんでした。

 モモは悲しんでいる暇なんてないと涙を流し、五恵はそんな彼女を抱きしめます。
 楓はその様子を見て復活し、あのバカ師匠を止めないとと訴えます。
 とりあえず別ルートから基地に入ろうと移動を開始し、空けてみるとそこにはマスコットが生き残っていました。

 基地に戻ってきたモモ達は道具を回収して作戦を立てることに。
 花火の時間に敵が作戦を決行してくると考え、援軍が期待できない状況では自分たちで止めるしかありませんでした。
 ひとまず家族を安全なところに移し、後は戦うだけとなりました。

 モモ達の目の前に現れた雪は本物のようで、吹き出た血は秘密道具だったと種明かしをします。
 「師匠とナガホさんの魂で戦う」というモモは、全員で作戦阻止を宣言しますが……
 命がモウリョウに入り込む一方で、テレジアは自分がモウリョウに信用されていないと考えます。

 モモ、楓、五恵が基地へと潜入し、五恵はテレジアと戦闘することに。
 さらに楓が師匠である命と戦うことになり、モモはその先へと進んでいきました。
 五恵は師匠と同じようにテレジアを説得しようとし、その拳でテレジアを殴りつけます。

 「師匠なら全部許すと思う」と語り、全部が終わったらまた話をしたいという五恵さん。
 文鳥の女はテレジアの動脈を切り裂き、彼女にとどめを刺してしまいます。
 命は楓にモウリョウに入らないかといいますが、楓は「魂までは売らない」と反論します。

 楓は命に攻撃を仕掛けますが、まんまと逃げられてしまいました。
 命はどうやって薬をまくのかと聞きだし、薬をまくべく巨大な花のモニュメントが現れます。
 雪は作戦の変更を指示し、このままでは途方もない被害になると言い出します。

 モモは雪のバイクを借りて移動し、命は意気揚々とカウントダウンをはじめますが……
 
【感想等】
 敗北イベントの重たさとオープニングのハイテンションのギャップがすごいことになっています。
 タイトルのゲッカコウ作戦はもちろんゲッコウガ(ポケモン)さんとは関係ないはず。
 モモさんの心が折れていないのを見て、まだまだ勝ち目は残されていると考えます。

 師匠不在の状況で弟子が活躍するのは、彼女たちの成長を感じさせるお話でいいと思います。
 初回で失敗ばかりして叱られていたモモさんの成長になんだか涙が出てきそうになります。
 自分が戦って仲間を先に進ませる展開、師弟対決と燃える展開が続き、これだけでも見た意味はあったと思います。

 テレジアさんがツキカゲにつくと思っていただけに、容赦なく始末されたのはショックが大きいです。
 「スパイは嘘つき」という言葉からも命さんが二重スパイの可能性をまだ捨てきれない私がいます。
 次回で良くも悪くも決着が付くと思いますが、死亡扱いの初芽さんが復活する可能性はあるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第10話「ソラサキ応答無し」

 リリスパの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は師匠の師匠や文鳥の女との因縁がわかり、お話も大詰めになった感じがしました。
 戦いが激しさを増す中、みんなが笑って終わることは果たして出来るのでしょうか。

【内容】
 文鳥の女「烏丸文子」は作戦実行日を8月14日に設定し、テレジアにも働いてもらうと一言。
 雪は財団にも秘密にして最後の勝負を仕掛けようとしますが……
 オープニングの後、町中にドローンが配備されていますがこれは初芽の機体であるとのこと。

 カトリーナはモモにカツカレーを与えますが、白虎がそれを食べつつ加勢すると言い出します。
 モモはカトリーナがどうしてツキカゲに入ったのかと聞けば、カトリーナは元々スパイの家系だったそうです。
 命の師匠の人柄に触れて頼み込んでツキカゲに入ったとのことですが……

 初芽は五恵とともにテレジアを探していて、五恵は師匠が眠っていないのではと心配します。
 五恵の作った煮物を食べた初芽は喜び、いっそお店が開けるのではないかと一言。
 今度はテレジアも一緒に食べられればと言いつつ、2人は互いをほめていきました。

 楓は特売のかいものをして戻ってきますが、命がハーゲンを食べたことを怒ってしまいます。
 命は卒業後はどうするかと聞かれて楓も一緒について行くと言いますが、弟子は独り立ちしなければならないと一言。
 モモは最終決戦を前に母親や商店街の皆さんに声をかけられますが……

 雪は自分の修行についていったモモをほめつつ、彼女がどんな弟子をとるのかと続けます。
 卒業後は勉強をしたいというストイックな雪に、モモは「師匠らしいです」と一言。
 モモは弟子なんて取らずにずっと雪と一緒にいたいと心の中でつぶやきますが……

 雪たちは文子を連行し、モモは彼女をなめて嘘をついていると見抜きます。
 その目を見開いた雪を見た文子は正体を現し、雪の目の前でモモを斬ってやると挑発します。
 文子はモモの正体を見抜き「派手に祝おう」と言ったかと思ったらいきなり爆発が起こります。

 雪たちは強行突破しようとしますが、そこにテレジアが立ちはだかります。
 完全に取り囲まれた状態になり、テレジアは初芽と戦うことになりました。
 命は五恵を倒して楓を追い込み、自分が内通者だとあっさりばらしてしまいました。

 雪は命を問い詰めますが、文子がその前に立ちはだかることに。
 完全にキレた雪は二度目のスパイス投与で文子を圧倒していきました。
 初芽はテレジアを追い込みますが、今度は命が彼女に襲いかかります。

 海に沈められた初芽を見て呆然とするテレジアさん。
 モモは文子に倒され、雪はモモを人質にされて手も足も出ないまま倒されます。
 五恵や楓は連行され、命はゼリーをもらってその場でそれを飲んでいきました。

 文子は予定どおり最終作戦「ゲッカコウ作戦」をはじめると宣言します。
 果たしてツキカゲに逆転の手段は残されているのでしょうか。

【感想等】
 最終決戦が近づくと不安になりますが、白虎さんが加入したのは救いかもしれません。
 彼女を仲間に加えるに至った初芽さんは素敵だと思いますし、テレジアさんにもその想いが通じればと思います。
 弟子と師匠との絆がつながっているのを見るとなんだか涙が止まらなくなりました。

 弟子の独り立ちの話題が出てくる一方で、師匠の今後が死亡フラグに見えるのは私だけでしょうか。
 前半の日常パートで上げるに上げて後半で恐ろしいくらいに落としてくる展開には驚きを隠せません。
 命さんが内通者だというのを見抜いていた人はおそらくほとんどいなかったと思います。

 最悪は両者全滅だと思っていましたが、完全な敗北に心が折られてしまいました。
 テレジアさんが反旗を翻し、命さんが二重スパイでもない限り、この状況を打開するのは難しいかも。
 残りはあと2話前後だと思いますが、どんなつらいことが起こっても最後まで見届けようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第9話「ディスティニー・サークル」

 リリスパの9話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルだけではどんなお話なのか全く読めないのは私だけではないはず。
 メンバーはお互いが「運命共同体」という意味なのかもしれませんが……

【内容】
 雪たちが沖縄へ出向いたものの、結局モウリョウの手がかりは見つかりませんでした。
 命によるとモウリョウは「2年前」と違って慎重なのだとか。
 「街を守るには師弟で力を合わせるのがベスト」と言いますが……

 テレジアは逃げてしまい、初芽は彼女を捜索することになりました。
 モモは師匠こと雪にぶたれたことを思い出していましたが、クローゼットに入っていたのは雪でした。
 出かけると言い出す師匠ですが5時30分はいささか早すぎるような気がします。

 市場にやってきたモモ、雪は新鮮な魚介類をいただくことに。
 観覧車で記念撮影をして女子高生らしい振る舞いをしていきます。
 建物の残骸は元々はモウリョウの基地であり、雪は自分の師匠のことについて語り出します。

 道場の娘だった雪は滝行をしていて、友達は初芽しかいませんでした。
 ナガホは自分が師匠になると言い、雪を一撃で倒してその実力を示します。
 ツキカゲは「魂」を受け継いできたと言いつつ、自分の胸を押し上げて受け継いでほしいと言いますが……

 ナガホという師匠を得た雪は街への愛着を強め、活発化するモウリョウとの抗争が続きます。
 「街を守るには師弟で力を合わせるのがベスト」というのはこのときの言葉でした。
 ナガホは戦闘時と通常時との差が激しく、雪はマッサージの傍らでプロレス技をかけていきます。

 アレクセイという男が各国の衛星をジャックし、重要拠点に落とそうとしていました。
 ツキカゲで塔を落とすしかないというお話になりますが、ナガホは「帰ったらマッサージして」と変なフラグを立てます。
 中の人よろしく愉悦に走るアレクセイが気になりますが……

 カトリーナはスパイスでパワーアップしたものの、その効きが大きく落ちていることが気になるところ。
 アレクセイはドーピングしてパワーアップしていましたが、鋭くなった嗅覚には香水は毒でした。
 ナガホはアレクセイを倒してそのままデータを奪って去ろうとし、そこに般若の面をかぶった文鳥の女が出てきます。

 ナガホと文鳥の女が戦闘を開始し、一進一退の攻防が続きます。
 この戦いで雪は片目を失い、ナガホは文鳥の女とともに自爆してしまいます。
 基地は爆発したことでモウリョウは大人しくなったとのことですが……

 一連の話を聞いたモモは、雪が激しく怒った理由がなんとなくわかってきます。
 モモは雪の胸を触って「熱い鼓動を感じる」などと言い、ナガホは不滅だと言い切ります。
 2人で調査任務を行っていくと、そこでどのカメラからも正面の顔を見せない女がいましたが……

 2年前の因縁の相手から「烏丸文子」という人物が浮上します。
 雪はこの女を捕まえてモウリョウを撲滅させようと考えますが……
 一方で、文鳥の女もまたツキカゲを全滅させようと作戦を展開するのでした。
 
【感想等】
 まどマギの10話の例を出すまでもなく、キャラクターの過去が出てくるとお話が大詰めかなと思います。 
 タカヒロさんというお名前、「ゆゆゆ」という前例に若干の不安を覚えるのはここだけの話です。
 主人公サイドのドーピングが禁止薬物……というのはさすがにないと思いたいですが。

 クローゼットに隠れていた雪さんにどこぞのメイドさんを思いだしたのは私だけではないかも。
 本題の回想シーンでは師匠の(桑島さんの)お声で展開(死亡)がなんとなく読めてしまいます。
 「デスティニー」というのがガンダムSEEDデスティニーということはさすがにないと思いますが。

 久しぶりに中田さんの悪役を堪能できたのはそれだけで大きかったような気がします。
 一気に最終決戦が近づいたところで、場合によっては両方の全滅という展開もあるのかもしれません。
 そういえば内通者が潜り込んでいるという話題は一体どうなってしまったのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第8話「N機関情報」

 リリスパの8話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は沖縄に修学旅行……ではなく諜報活動に向かったようです。
 果たしてモウリョウの目的とは一体何なのでしょうか。

【内容】
 テレジアは初芽を呼び出して戦闘を仕掛けますが、逆に倒されてしまいます。
 寝ている間にクスリを除去したとのことで、周り一帯を吹き飛ばすほどの爆弾なのだとか。
 初芽はテレジアにモウリョウを抜けるようにと説得しますが……

 モモは師匠こと雪先輩と沖縄にやってきていました。
 雪とモモ、五恵や楓が沖縄に行った一方で初芽たちは空崎にもどったようです。
 とはいえ、彼女たちがやっているのは傍目から見るとただのバカンスなのですが……

 命や白虎はバカンス気分を味わってプールで泳いでいて、そこに初芽がスイカを持ってきます。
 沖縄でも命たちがスイカ割りをしていたかと思えば、兜をかぶった女(オウカ)が蛇を妙な音で追い払います。
 彼女は「一人でいる方がいい」と言い、五恵なふとテレジアのことを思い出します。

 五恵は兜の女性の角飾りをほめると、オウカは自分はバイキングの末裔だと熱く語り出します。
 雪たちはザ・シーサーの男性と対面しますが、彼らは悪の組織につぶされたとのこと。
 そこで潜入捜査をすることになりますが、島はバイキングに守られていると言われてしまいます。

 男性は人質を救出してほしいと訴え、その人物はオウカの祖父で植物の博士であるとのこと。
 雪たちは蛇に襲われますが、なんとか返り討ちにします。
 初芽は雪に水上ボートを送りつつ、同封された「自撮り棒」は無線接続器にもなると説明を受けます。

 オウカがバイキングとして立ちはだかり、五恵は自分が彼女と戦って仲間を先に進ませます。
 五恵は前回のこともあって一瞬ためらってしまい、雪たちは基地へと接近していきますが……
 門番を吹き矢(睡眠薬)で眠らせ、内部に潜入していきますが、度重なる罠に苦戦を強いられます。

 五恵は戦いをやめてほしいと訴えますが、オウカはあくまで一人で全てを解決すると主張します。
 モモは自らターミナルに行くと言い、そこで雪と合流する流れになりますが、自分の安全を優先するようにと念を押します。
 敵の首領は大事な資金源である「あの植物」を渡すわけにはいかないと一言。

 モモは例の植物を発見しますが、ハブと敵首領の攻撃が彼女を襲います。
 雪は敵の弾幕をくぐり抜け、楓は捕まっている博士を救出しようとします。
 自撮り棒から初芽がハッキングを続けますが、モモは敵のハブ拳に苦戦を強いられます。

 通信を媒介にハブの嫌な音を流し、相手のハブ拳は完全に封じられます。
 モモは剣を奪われたものの至近距離からの銃撃で敵を後します。
 勝利に喜ぶモモでしたが、雪は自分の命を優先しろと言ってビンタをかまします。

 首領は炎で基地を焼き払おうとしますが、オウカがバイキングアックスでそれを阻止します。
 オウカは祖父を救出できたことに感謝を述べ、五恵へ大切なバイキングの兜を渡します。
 実際は同じ兜が大量にあるというオチでしたが……

 モモは雪との微妙な距離感を感じているようです。
 初芽は空崎にもどってきた五恵を称賛し、自分もテレジアと和解できたらと考えます。
 しかし、そのテレジアは病院を抜け出ていたのでした。

【感想等】
 前回のゼリーみたいなものは初芽さんの言葉が正しければ恐ろしい話です。
 ドローンで怪しい薬物をまき散らすモウリョウならばおそらく事実なのかなと思います。
 そして私はツキカゲの使っているクスリにも何かあるのではと勘ぐってしまいます。

 沖縄でも空崎でもバカンスで終わればよかったのですが、オウカさんは予想どおり敵として立ちはだかります。
 日本国内でバイキングが出てくるという発想自体は素敵だと思います。
 五恵さんとオウカさんとが和解する流れでテレジアさんと初芽さんも和解できればいいのですが……

 オウカさんが五恵さんをかばって倒れるパターンはなかったので何よりでした。
 彼女が大量の兜を持っていたのはさすがに想定していませんでしたが。
 モモさんと雪先輩との微妙な距離感に不安を感じつつ、次回以降もしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム