【アニメ感想】ラディアン 第21話(終)「未来を求めて」

 ラディアンの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 肝心のラディアンについてよくわからないまま最終回までやってきてしまいました。
 2期放送の可能性を信じて見ていくしかないと思いますが……

【内容】
 セトはメリのために箒を求め、アルマは女の子を心配させるセトのことが心配になってきます。
 ヤガを尋ねるその目的は「ラディアン」に関することらしいですが……
 オープニングの後、ヤガは「探さないでください」と書き置きを残して去っていきました。

 ヤガは姿を消しつつも新たな目的地「カスラーンマーリン」を示し、そこでは騎士がラディアンを探しているとのこと。
 さらに目的地では大規模な魔法使い狩りが行われているとのことですが……
 手紙にはセトはバカということとともに「進む先に答えを見つける」と書いてありました。

 セトはドクと行動を共にしようとしますが、ドクはまず自分の借金を返せと反論します。
 ドクは仕事でもしてこいと言ってメリを怒らせてしまいました。
 さらにこれからもおっかない相手と戦うセトに、これ以上メリを危ない目に遭わせるのかと言ってきました。

 ネメシスを生み出すラディアンは何か、ネメシスは悪くないのかと急に考え出すセトさん。
 だからこそラディアンを探すのだと結論づけたところにマジェスティが現れ、借金のことかと問いかけてきます。
 マジェスティはアルテミス以外に安全な場所はないといい、人間は己と違うものを恐れるのだと続けます。

 アルマとマジェスティは知り合いらしく、マジェスティは借金を返してから死ねなどと物騒なことを言い出します。
 突然に大量のネメシスのタマゴが落ちてきて、さらにそこにニックが出てきました。
 ニックはネメシスを倒すことが魔法使いの存在意義だと言い出しますが……

 メリが戻ってこないと聞いたセトはニックからほうきを奪い取って現地へ向かいます。
 タマゴから生まれたネメシスが襲いかかってきて、セトはメリを連れてそのまま逃げおおせようとします。
 メリ、セトの連携でネメシスを倒したかに思えましたが、再びメリに襲いかかってきました。

 メリをかばったセトは水中に引きずり込まれ、そのまま暴走してネメシスを倒してしまいます。
 グリムはセトの力を見定めると言い、セトはほしいものがあると言って店に押し入ります。
 セトはほうきと置き手紙を残して去っていき、力を制御できるようになるまでは一緒にいられないのだとつぶやきます。

 ヤガはセトが周りに迷惑をかけないためにこっそり旅立ったと言い、ドクはせいせいしたと言って強がっていました。
 ドラグノフは奇跡の人と合流し、セトの兄は「俺に答えを見せてくれ」などと言い出すのでした。

【感想等】
 冒頭で度々言われるネメシスや魔法使いとの関係は色々と考えさせられました。
 最終回らしくやたらと展開が早く、本来の目的である「ラディアン」も少し見えてきたのはよかったかと。
 一方でカスラーンマーリンなる目的地のお名前が正しいのかすら自信が持てません。

 マジェスティさんの「人は己と違うものを恐れる」という言葉が作品を象徴しているように思えます。
 ネメシスの全てが悪いわけではないのなら、人間の全てが悪いというわけではないのかもしれません。
 最終的に話し合いで解決することが望ましいのだろうとは思いますが……

 新たな旅に出るのはある程度想定内だとして、せめてメリさんを連れていくとばかり思っていました。
 色々とフラグを残していた以上、2期は確実に来ることがわかっただけでもよかったです。
 クリアカード編とメジャーセカンドの2期を待望しつつ、新たな冒険の旅を待ち続けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラディアン 第20話「予兆」

 ラディアンの20話を見て感想を書かせていただきます。
 ランブル・タウンの一件が色々なところに影響を与えているのは間違いないようです。
 残り1話でどう見てもラディアンを壊すことは無理だと思いますが……

【内容】
 暴走の末に仲間から「バケモノ」と呼ばれる夢を見たセトさん。
 オープニングの後、奇跡の人達はコンラッドのせいで異端審問官の信用が地に落ちたと憤ります。
 トルク将軍はいよいよ動き出し、これから大きな戦闘が起ころうとしているようです。

 ドラグノフの処遇はすでに決まっているのだと語るトルク将軍。
 そのドラグノフの一団はランブル・タウンの人々に食糧を与えたせいで食糧危機に陥っていました。
 ドラグノフは元部下であるコンラットのことで責任を感じているそうですが……

 食糧を確保するために「マウンテンラビット」を狙ったものも失敗してしまいました。
 ドラグノフを「理想家」と称したドラグノフですが、自分と彼とでは違いがあるのだと一言。
 トルク将軍は万人が自分を律する世界を作りたいとのことです。
 
 ランブル・タウンの一件で異端審問官の信用が地に落ち、誰も食糧を与えてくれないとのこと。
 部下は「理不尽」だと憤りますが、ドラグノフは「仕方がない」とあきらめているようです。
 彼は「どんなに正しい行いでもいい結果は伴わない」とつぶやきますが……

 ドラグノフの部下はかつて自分達が救った町ならば食糧を得ることが出来ることに気づきます。
 セトはメリやドクに世話になっているといいますが、ドクはセトのせいで借金まみれになったと憤ります。
 交通の要所であるランブル・タウンが機能を停止したことでコーヒー豆が品薄になりました。

 コーヒー不足のせいでデビーがやせ細りますが、セトは「うまそうだなそいつ」などと言い出します。
 セト、メリはコーヒー豆を見つけると言ってどこかに向かいますが、持ってきたのはイカスミというオチでした。
 最終的にコーヒー豆を手に入れることが出来ましたが、またもドクの借金が増えてしまいました。

 異端審問官が食糧を得て喜んでいる一方で、ドラグノフはトルク将軍から召集命令がかかります。
 ドラグノフは「手の届く範囲は守らなければ」といい、部下達は彼の帰りを待つのだと言いますが……
 アルマはセトの心中を察しますが、セトは自分がバケモノなのだろうかと言い出すのでした。

【感想等】
 最終回直前で色々と伏線が張られていますが、2期放送を期待してもいいのでしょうか。
 奇跡の人の立ち位置がよくわかりませんし、ラディアンが何たるかもまだまだ謎が多いです。
 2期があればセトさんが力をコントロールする修行はまず出てきそうな気がします。

 日本でも外国でも、アニメでもリアルでも、公務員バッシングは共通の現象のようです。
 一部の不祥事でとばっちりを受けるドラグノフさん達が(身内に公務員がいる身としては)少し気の毒に思えました。
 知らないうちに借金を積み重ねるドクさんが一番の被害者なのかもしれませんが……

 ドラグノフさんが「奇跡の人」に加わり、いずれセトさんと戦う流れになりそうな予感がします。
 次回は最終回のようですが、秋頃に2期放送のお知らせが出てくると思っていいのでしょうか。
 出来れば後番組はカードキャプターさくらかメジャーセカンドの2期放送を希望します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラディアン 第19話「君が変えた世界」

 ラディアンの19話を見て感想を書かせていただきます。
 借金王などと揶揄されていたセトさんですが、急に手のひらを返したかのように歓迎を受けます。
 人間とはつくづく業が深い生き物……なのかもしれません。

【内容】
 ランブル・タウンでの騒動が一段落したものの、セトの様子はどこかおかしいように思えます。
 メリはミス・メルバと抱き合いますが、肝心(?)のドクは小さくなったままでした。
 メルバの父はドクを「悪い虫」だという一方で、メルバは「可愛い」と抱きついてきました。

 ドクのおむつを変えることになりましたが、実際に行ったのは父親というオチでした。
 ランブル・タウンを救ったヒーローなどと言われてもセトにはあまり実感はありませんでした。
 新聞にはセト(借金王)やメリ、ドク(大人の姿)の記事が書かれていましたが……

 ハーメリーヌが「悪しき魔法使い」などと言われていることに困惑するセトさん。
 そこにマジェスティがやってきて「パパは大変鼻が高い」とパーティーを行うとのこと。
 メリはお城のパーティーと聞いて目を輝かせますが、ドクは金を取られるのではと心配します。

 メルバがパーティーに出ると聞いて置いて行かれるのではと考えるドクさん。
 セトはミスターゴブリを食べようとするなど暴挙を行っていましたが……
 その夜、主要キャラが正装してパーティーに参加しますが、ドクは微妙に元に戻って少年の姿になっていました。

 成長薬を購入してイケメンになれると思っていたドクですが、現実はそんなに甘くありませんでした。
 パーティーは盛大に行われて盛り上がっていましたが、セトはあまり乗り気ではないようです。
 そのセトは「今日の主役」などと言われながらもステージに上げられ、数々の業績(と借金)をたたえられます。

 ヒーローと言われたセトではありましたが、ハーメリーヌのこともあって自分はヒーローではないと一言。
 目的はと言われてラディアンをぶっ壊すと言いますが、周囲は何も知らないでセトをたたえているようです。
 そこに出てきたのはほうきレースでセトと戦ったニックでしたが、あっさりとスルーされてしまいました。

 「ドミトール(注:ハーメリーヌ)など魔法使いの底辺」などと言ったニックはセトに思いっきり殴られます。
 多くの魔法使いが誰もラディアンを知らなかったことに呆然とするセトですが……
 アルマがやってきてどうして連絡をよこさないのかと殴ってきますが、メリが連絡をよこしてきたようです。

 ハーメリーヌを救えなかったこと、暴走したことを思い返して何をやっていたのかと考えるセトさん。
 アルマは容赦なくセトを殴りつつもタジからの感謝状が届けられます。
 ランブル・タウンの人々は改心し、タジは自分がセトみたいな魔法使いになると言っていました。

 アルマによるとセトの行動によって変わりはじめた人もいるとのことです。
 メリは自分の怪我も顧みずにセトの看病をしていたそうですが……
 セトは改めてラディアンを破壊するといいつつ、心配をかけてたメリに抱きついて感謝を述べるのでした。


【感想等】
 お話が進むに従って謎が増えていき、ますます本作に興味を抱くようになりました。
 一方で全21話という現実を踏まえると、十中八九「おれたた」エンドになるように思えますが……
 4月はおろか3月からの番組編成は一体どうなってしまうのでしょうか。

 速水さんのナレーションもあと2回で聴き納めかと思うとなんだか少し寂しくなってきました。
 久しぶりのメルバさんの登場に、改めてキャストの豪華さを実感します。
 突然の育児要素ははぐプリに対抗している……というのはさすがに冗談です。

 いつもは爆発したような髪型のメリさんですが、正装したときの髪型が正統派な感じで素敵でした。
 セトさんの実績は称賛に値するものの、それでも借金王と言われ続けるのはネタなのでしょうか。
 ニックさんのことは完全に忘れきっていたのは私だけではないと思います。

 ハーメリーヌさんの哀しみを背負ったことでセトさんはもっと強くなると思いますが、ラディアンはまだまだ遠いように思えます。。
 アルマさんとセトさんのやりとりが本当の親子みたいでなんだか微笑ましく思えてきました。
 最終回直前の次回は「予兆」ということで何かが起こり、最後は「俺たちの戦いは(以下略)」で終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラディアン 第18話「闇のあとの光」

 ラディアンの18話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はハーメリーヌさんが亡くなってしまい、さらには新たな強敵まで出てきてと大騒ぎでした。
 セトさんはこの絶体絶命のピンチをどう乗り越えていくのでしょうか。

【内容】
 ハーメリーヌはセトに「未来」を託してトルク将軍に倒されてしまいます。
 いても立ってもいられなくなったセトは敵陣に特攻しますが、フォン・ツェペシュなる男にあっさりと倒されてしまいます。
 そうかと思ったらセトが暴走をはじめ、奇跡の人たるツェペシュを一蹴してしまいます。

 セトはさらにトルク将軍に攻撃を仕掛けますが、トルク将軍は「その姿も長くはもつまい」と一言。
 さらにはサントーリなる人物も乱入してきて、セトは吹き飛ばされてしまいました。
 メリはセトを回収してその場を立ち去りますが、あんなセトは見たことがなかったと呆然とします。

 グリムは「奇跡の人」が自分達を探しているといい、さりげなく変な棺桶に入れて人々を保護していました。
 ドクは「もう閉じ込められるのはこりごり」と叫んでしまい、メリはベビーシッターのまねごとをすることに。
 そこにアルテミスからの迎えがやってきて、トルク将軍はコンラッドの行動は自分にも責任があると告げます。

 街には花火が打ち上げられ、その間にメリ達はアルテミスへと戻っていくことに。
 セトはこれまでの思い出を夢に見て、ハーメリーヌは「じゃあね」とセトに別れを告げます。
 「俺はあいつを救えなかった」とつぶやき、呆然とするセトなのですが……

 ピオドンは「ああするしかなかった」「あれはお前自身の力だ」と言ってきました。
 セトはピオドンが兄弟ではないかといい、ピオドンは「俺はお前の兄貴」だと続けます。
 「ラディアンに行けば差別をなくせるのか」と言われてもピオドンにはなんとも言えませんでした。

 セトはメリの看病でベッドで眠っていて、ドクは子どもの体のままで「このままでは結婚が!」と嘆いていました。
 メリはセトが目を覚ましたところで元に戻り、セトは自分が一週間も眠っていたと聞いて驚きます。
 グリムはセトの回復を見届けて喜び、トルク将軍にはファンタジアを無効化する能力があるのだと説明します。

 二度とファンタジアを使えなくなったと言われたセトですが、意外とそれも悪くないのではと言い出します。
 ランブルタウンは「奇跡の人」の指揮のもとで復旧が進み、ハーメリーヌのネメシスは学院で保護されているとのこと。
 ロード・マジェスティは「大変なのはここから」と意味深なことを言って今回のお話を締めくくるのでした。
 
【感想等】
 いつもどおり速水さんのナレーションで始まりますが、フェアリーテイルの後だと一夜さんが頭に浮かびます。
 中の人という意味ではセトさんと「ゆるキャン」のなでしこさんが同じ人という事実もすごいと思います。
 さらには「奇跡の人」の中に青山ブルーマウンテンさんこと早見さんのお声が聞こえることも気になりますが……

 改めてオープニングを見ればトルク将軍ほかほとんどのキャラは今回で出そろった感じなのでしょうか。
 主人公の暴走は割とよくある展開ですが、こうでもしないとセトさんが死んでいたのは間違いないかと。
 ピオドンさんがお兄さんなのはまあいいとしても、ここまであっさりとばらしてきたのは逆に意外でした。

 何も出来なかったという無力感がきっとこれからセトさんを成長させるのだろうと思います。
 差別うんぬんの問題はラディアンやネメシス以前に人間そのものの問題のように思えますが……
 マジェスティさんが言い残したことが気になりますが、残り4話でどのようにお話をしめてくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラディアン 第17話「いま風の音を止めて」

 ラディアンの17話を見て感想を書かせていただきます。
 ついにハーメリーヌさんと対峙したセトさんですが、相手の言い分もわかる気がします。
 とはいえ住民全員への復讐が容認できるとも思えませんが……

【内容】
 セトは何のために戦っているのかと聞かれますが、即答できる答えではありませんでした。
 ついにハーメリーヌと対峙したセトは彼女を止めようとしますが……
 ハーメリーヌはセトを攻撃していき、グリムは「まもなくあの塔は崩れる」と言って脱出します。

 セトの渾身の一撃を制しつつも、ハーメリーヌは街の人々に守る価値はないと主張します。
 我が身可愛さで人間こそが異端審問官をのさばらせる「養分」であるとのこと。
 セトはハーメリーヌはコンラッドと同じだと言いますが、ハーメリーヌは人間は魔法使いを恐れるのだと訴えます。

 ハーメリーヌは善良な人々が自分を母親から引き離してきたのだと言ってきました。
 「そんな奴らを守りたいと言うのなら、あんたは私とはぜんぜん違う!」とすさまじい一撃が襲いかかります。
 セトは人間に怒りを感じつつもアルマは仕返しをすることを拒否していたのだと続けます。

 間近に近づいたハーメリーヌを押し倒したセトですが、彼女を異端審問官に引き渡さないと言ってきます。
 「そんなのぜんぜんかっこよくないだろ」と言ってくるセトさん。
 どっちの側か選ぶ必要はないと言い、一緒にラディアンをぶっ壊そうと説得してきますが……

 「俺がお前を変えてやる」とかっこいいことを言っていたところに異端審問官達が現れます。
 奇跡を起こしてくる異端審問官を目の当たりにしたドラグノフはセトに何かあるのかと考えていました。
 異端審問官はセトは重罪人だと主張し、数々の罪状を述べますが、本人には身に覚えがありませんでした。

 ハーメリーヌはセトを引き渡すと言いますが、異端審問官は凶悪人とは交渉をしないと言ってきました。
 収容所にいる魔法使いを全て解放し、魔法使いを追いかけるのをやめるようにと言いますが……
 その要求が聞き入れられないと知ったハーメリーヌは奇襲を仕掛けますが全く通用していません。

 ハーメリーヌは自分のネメシスをセトに託し、単身で異端審問官へと立ち向かいます。
 「こんな世界を変えて」と言い残し、セトの目の前でハーメリーヌは倒されてしまいます。
 セトはひたすらに叫ぶしかありませんでしたが、果たしてこの強敵を倒すことが出来るのでしょうか。

【感想等】
 街の人々が罪がないというわけではないと思いますが、そのあたりはなかなか難しいところです。
 人間は未知の存在を恐怖し、迫害するのはたしかに一つの側面だと思います。
 セトさんの言うことはごもっともながらも、人間が認識を改めるかどうかは正直よくわかりません。

 結局のところは、白黒はっきりさせるほど「単純」ではないということでしょうか。
 最近はネメシスよりも人間と戦うことが多くなってきているような気がします。
 そもそも異端審問官が全て人間なのかどうかもよくわかっていないのですが……
 
 ハーメリーヌさんは彼女なりにセトさんにひかれるものがあったのだろうなと思います。
 ネメシスは敵ではないという言葉を考えると、もしかしたら共存への道があるのかもしれません。
 次回はセトさんが暴走するようですが、それでもトルク将軍には勝たせてもらえないのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム