【アニメ感想】色づく世界の明日から 第13話(終)「色づく世界の明日から」

 色づく(以下略)の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 文化祭が終わり、ついに瞳美さんが未来に帰る日がやってきてしまいました。
 瞳美さんは唯翔さんへ思いを告げることが出来るのでしょうか。

【内容】
 唯翔は「一人で書くのが好きだった」と思いつつも、瞳美の一言が彼を変えたようです。
 場面は瞳美を送還する準備へと戻り、将は「お前の写真が好きだった」と別れの言葉を述べます。
 続く千草は「もっと笑えばいいのに」と言い、瞳美は「これからは大丈夫」と続けます。

 胡桃は瞳美をハグして「楽しかった」と言い、あさぎはその手を取って一緒に卒業したかったと涙を流します。
 琥珀もまた「大好きよ」と言ってハグし、60年後を楽しみにしていると言い出します。
 最後に唯翔は「未来でも幸せでいてほしい」といい、瞳美はそんな彼に感謝の言葉を述べますが……

 突然に星砂時計が暴走をはじめ、瞳美は彼女を助けようとした唯翔とともに姿を消してしまいます。
 唯翔はよくわからない世界の中で瞳美を探し、幼い頃の瞳美と自分を閉じ込めていた点で同じなのではないかと考えます。
 黄金の魚が指し示す先には瞳美の姿があり、自分を全て受け止めてくれた唯翔へ笑顔と共に感謝を述べます。

 唯翔は絵を描く気持ちを諦めようとしていたのを、瞳美に出会って絵に光をさしてくれたと告げます。
 「未来でも笑ってて」「好きだよ」と言われて涙を流し、周りの風景がだんだん鮮やかなものへと変わっていきました。
 唯翔は「俺たちは互いに色を取り戻すために出会った」とつぶやき、最後は元の世界へと戻ってきます。

 琥珀は「未来で待ってる」と言い、瞳美を未来へと帰しますが、彼女の魔法では無かったようです。
 唯翔は「行こう」と言ってその場を去る一方で、琥珀は未来の琥珀から瞳美は無事に戻ったと連絡を受けます。
 瞳美はバスから降りようとしますが、おつりだと言われてポッキーを1本もらうことになりました。

 未来に戻った瞳美は自分の色覚が戻っていることに気づき、目の前にはおばあちゃんの琥珀の姿がありました。
 「幸せだった」という瞳美は自分が幸せになっていいのかといっておばあちゃんにハグします。
 琥珀は自分が魔法で人を幸せにすることが夢だったと語り、瞳美は母親を探しに行きたいと言い出します。

 自宅のタイムカプセルからは魔法写真美術部の皆さんのアルバムが入っていました。
 小さい頃に読んでいた唯一色が見えた絵本は唯翔の本であることに気づいた瞳美さん。
 絵本を読んでいるとそれぞれのメンバーとの思い出が思い出されます。

 怖くて泣きそうなペンギンさんには大きな虹がかかり、私の色は何色なのかというところで涙が出てきてしまいます。
 瞳美は墓参りをした後は普通に学校に通い、写真美術部に入って活動を開始したようです。
 「私の明日にはたくさんの色がある」と回顧してお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 幻想的な世界観と現代の風景を見事にマッチさせた作風は実に見事だったと思います。
 一人一人言葉を述べていくところでこれまでのお話を思い出して、ちょっとずつ涙が出てきた人は少なくないはず。
 一旦は仲違い(?)したこともありましたが、これだけ親身になってくれるあさぎさんは天使でしょうか。

 バトルアニメでもないのにすさまじいエフェクトが出た時はちょっと驚きました。
 互いの気持ちと色覚は関係があるとは思っていましたが、実際にその場に立ち会うと感動しないわけがありません。
 「未来で待ってる」という琥珀さんの言葉からおばあちゃんの登場までの流れがすごくいいなと思います。

 未来に戻った後のおばあちゃんとの会話に癒され、絵本から回想シーンへの流れは反則レベルかと。
 唯翔さんがおじいちゃんだったのかはわかりませんが、全体的に綺麗に終わったと思います。
 関係者への感謝と次の作品へ期待を込めつつ、冬のアニメも色々と楽しんで行けたらいいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】色づく世界の明日から 第12話「光る光るこの一日が光る」

 色づく(以下略)の12話を見て感想を書かせていただきます。
 文化祭本番となり、その楽しい雰囲気の一方で、別れが近づくと思うと悲しくなります。
 瞳美さんはこの哀しみを乗り越えることが出来るのでしょうか。

【内容】
 瞳美は文化祭前夜に唯翔と会い、唯翔は「また消えるのが心配」とその手を握ってきます。
 「私、帰りたくない」と涙を流す瞳美に、唯翔は瞳美が魔法使いでよかったと一言。
 残された時間が少ないながらも、瞳美はこの時代に来た意味を見つけ出そうと考えますが……

 瞳美は魔法写真美術部(MSB)の皆さんに合流し、おそろいのシャツで出し物の準備を進めることに。
 文化祭は色々な出し物が催され、あさぎはウサギのポストカードが売れてぴょんぴょんはねて喜びます。
 瞳美は魔法の力で観客を絵の中へと招待し、琥珀は瞳美が魔法がうまくなったねと語りかけてきます。

 唯翔は女子生徒にサインを求められて、とりあえずローマ字で自分の名前を書きます。
 個展を開いていたアサカワ先輩がやってきて、これから君の絵にいい影響を与えると言ってきます。
 唯翔の母親やあさぎの父親がやってくる一幕もあり、無事1日目が終わったようで何よりでした。
 瞳美は「明日もがんばりましょう」と声をかけて、琥珀は瞳美の手をつないで一緒に帰宅することに。

 「もう少しだけ瞳美を消さないで」と願う琥珀さん。
 その夜は瞳美と過ごす最後の夜だからと(琥珀の)お母さんがごちそうを準備してくれました。
 そこに貸し本屋さんがやってきて星砂時計を届けて「いい旅を」と告げるのでした。

 未来へ戻るのを明日に控えた瞳美は、ふとこれまでの写真のことを思い出していました。
 次の日は噂が噂を呼んだのかますます多くのお客さんが集まり、瞳美も急ピッチで作業を進めていきました。
 あさぎは瞳美に文化祭を回れるようにといいつつ、自分に自信を持てるようになったら……と去っていきます。

 唯翔、瞳美の2人で文化祭を回るのですが、将は千草となんだかいいムードになっていました。
 あさぎは「2人には時間が無いから幸せになってほしい」といい、胡桃は誰かが好きと言ってくれたことが支えになると一言。
 瞳美たちはお化け屋敷に放り込まれますが、唯翔が明日から遠くなると思ったら何も言えませんでした。

 部室に戻る瞳美に、胡桃たちは「もっと時間があるのに……」とつぶやきます。
 おばあちゃんは「未来の琥珀とも仲良くしてやって」と瞳美の手を取ります。
 気がつけば後夜祭になっていて、琥珀は打上げ用の魔法花火を仕掛けるのでした。

 瞳美は色が見えることに気づき、一緒に花火を見ることが出来たと涙を流します。
 再び色が見えなくなり、未来に戻るのが心配になってくる瞳美さん。
 「時間魔法」の儀式で未来に戻る時がやってきたのですが、恋という花火が唯一の心残りなのでした。

【感想等】
 冒頭から唯翔さんといいムードになってなんだかドキドキしてしまいました。
 「雨上がりに虹が架かる」というオープニングの一説は、涙を流した後に色覚を取り戻すという意味なのでしょうか。
 個人的にポストカードが売れてぴょんぴょんはねるあさぎさんが可愛いなと思います。

 琥珀さんが言うように瞳美さんの腕前が上達し、唯翔さんも自分の道を見つけつつあるようです。
 お母さんやおばあちゃんの言葉を聞いているだけで涙が流れてきてしまいます。
 魔法写真美術部の出し物はうまくいきましたし、全体的に文化祭の雰囲気が良く出ていてよかったです。

 瞳美さんが主人公ではありますが、元気な琥珀さんも、優しいあさぎさんもそれぞれ魅力的だと思います。
 後夜祭の花火がすごく綺麗で、一週間の疲れが完全に吹き飛んだような気がします。
 次回で最終回なのは間違いないのですが、最後まで期待をいい意味で裏切るお話になってくれることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】色づく世界の明日から 第11話「欠けていく月」

 色づく(以下略)の11話を見て感想を書かせていただきます。
 「やがきみ」と同様に文化祭が大詰めなのは間違いないですが、瞳美さんの色覚はどうなるのでしょうか。
 そもそも瞳美さんが60年前にやってきた理由が未だによくわからないのですが……

【内容】
 文化祭が近づき、琥珀は「魔法写真美術部は今までにないイベントを行う」と訴えます。
 オープニングの後、唯翔は自分が絵をやっていくと決めたと宣言します。
 将はいっそあさぎのポストカードも販売してはと言い、あさぎもそれを受け入れます。

 瞳美は唯翔の絵を好きだと言い、あさぎは瞳美がいなくなったと言い出します。
 琥珀は瞳美に声をかけ、彼女が「時間が飛んだ」と言っていたことが気になります。
 明日は授業も無しで準備を行いとのことですが、琥珀はイギリスからのメールを見て血相を変えます。

 琥珀は古本屋さんにやってきて、できるだけ早く時の砂をいただきたいと言ってきます。
 ロンドンのアトリー先生によると時間魔法は歴史修正力の影響を受け、時のあわいに閉じ込められてしまうのだとか。
 一刻も早く瞳美を元の時代に戻そうと考える琥珀に、できるだけ純度の高い星砂を使ってはと提案されます。

 琥珀は瞳美に事情を説明して、できるだけ早く未来に戻る準備をするようにと告げます。
 絶対に瞳美を助け出そうとする琥珀に対して、瞳美は唯翔のことがどうしても気になってしまいます。
 瞳美は純度の高い星砂を集めていきますが、まだぜんぜん足りていないようです。
 
 傘を差しながら歩く瞳美は唯翔とのことを思い出しますが、突然に姿を消してしまいました。
 琥珀は事情を説明し、他のメンバーと手分けして瞳美を探していきますが……
 将は警察に届ければと言っていましたが、瞳美は花畑で眠っていてひとまず安心します。

 おばあちゃんは琥珀に休むようにと言い、貴女が倒れたら誰が瞳美を未来に帰すのかと語りかけます。
 瞳美が目を覚ますととなりには琥珀が眠っていて、自分が行方不明だったと聞かされます。
 琥珀は一旦瞳美を休ませつつ、部員たちに事情を説明し、自分たちが瞳美を未来に帰すのだと言い出します。

 将たちは琥珀を手伝うと言い、あさぎは瞳美との別れに涙を流します。
 琥珀によると瞳美を帰すには60年分の月の光を浴びた星砂が必要だといい、あさって(後夜祭の夜)が新月なのだとか。
 あさぎは「あさってって早すぎませんか?」と涙を流し、千草は「泣けば解決するのか」と言ってしまいます。

 文化祭を目前にした瞳美に、琥珀の母は「つらいときこそしっかり食べなきゃ」と一言。
 琥珀たちは星砂を集める一方で、その一部始終を見ていた瞳美は「新月が来なければいい」とつぶやきます。
 瞳美は紙飛行機を唯翔のところに飛ばし、向こうからの紙飛行機を追いかけて外に飛び出していくのですが……

 唯翔の姿を見るなり、瞳美は彼に抱きついてきます。
 「僕も会いたかった」という唯翔なのですが……

【感想等】
 文化祭の準備をする学校の雰囲気がすごくリアルで、見ているこちらもわくわくしてきました。
 改めてオープニングを見ているとますますこの幻想的な世界に惚れ込んでしまいます。
 PAさんのアニメにはずれはないと思いますが、このアニメはこれまでの作品にも勝るとも劣らないかと。

 唯翔さんやあさぎさんをはじめ、皆さんの変化に人間の可能性を見たような気がします。
 シリアスな展開になって一気に終わりが近づき、いきなり瞳美さんが消えたときはドキッとしてしまいました。
 おばあちゃんが琥珀さんに優しく語りかけるところに涙が止まらなくなったのはここだけの話です。

 あさぎさんの気持ちが痛いほどわかりますが、それでも前を進もうとする皆さんは強いなと思います。
 瞳美さんの「新月が来なければいい」という言葉は、ある意味では最終回が来なければいいと考える心情に近いかも。
 おそらく次回で瞳美さんが未来に帰るのだと思いますが、このお話をどんな形で締めくくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】色づく世界の明日から 第10話「モノクロのクレヨン」

 色づく(以下略)の10話を見て感想を書かせていただきます。
 あさぎさんと瞳美さんとのギクシャクした関係はここで修復されるのでしょうか。
 それ以前に瞳美さんの色覚がどうやったら戻るのかが気になりますが……

【内容】
 前回の告白のこともあって瞳美はあさぎと気まずい関係になってしまいました。
 瞳美は天気の話題を振ってみますが話が続きませんでした。
 文化祭が近づいてきたので琥珀は自分でも何かをやろうかと考えますが……

 瞳美とあさぎの気まずい関係ではありますが、関係者のはずの将はまるで気づいていませんでした。
 勇気を振り絞った瞳美はあさぎに声をかけ、あさぎは「甘いものを食べに行きませんか」と一言。
 あさぎは小さい頃からずっと将と一緒で、将が瞳美を意識していたのが悔しかったと言い出します。

 すっかり和解したあさぎはカラオケに行きたいと言い出し、胡桃や琥珀も一緒にやってきました。
 琥珀は自分が「魔法部」として絵の中に人を招待するイベントをやると言い出します。
 唯翔は絵を描いてほしいと言われて、瞳美に見たいと言われたこともあって引き受けることになりました。

 琥珀は自分の発想の元は瞳美の話だったと言い、絵の中ならば瞳美も自分と同じ景色を見られると告げます。
 将は瞳美とあさぎの仲直りが出来てよかったと言いますが、肝心のことに気づかない将にあさぎは少し怒ってしまいます。
 瞳美は少しずつ魔法を上達させていき、紙飛行機を絵の中に送り込む魔法の練習を始めますが……

 唯翔はイベントで使う絵を描く一方、瞳美はひたすらに紙飛行機の練習を続けていました。
 琥珀は星砂時計を作ってくれる場所を発見し、瞳美はついに紙飛行機の練習を完了させます。
 唯翔はカラフルな絵を描いてきて、どうやら瞳美にもその色が見えるようですが……

 瞳美、琥珀の魔法によって、瞳美達は絵の中に入り込んでいきました。
 唯翔と瞳美は2人きりになっていいムードになり、瞳美はこの世界をもっと多くの人に見てもらいたいと続けます。
 「黄金の魚」についていくと、いつしか瞳美がいなくなっていて、唯翔は石のようになった瞳美を発見します。

 唯翔が扉を開いていくと、モノクロのクレヨンで絵を描く幼い日の瞳美がいました。
 お姫様と女王様の間に黒い川を描き「会えない」と言い出す瞳美さん。
 唯翔は船や鳥、虹の橋を描いて2人を合わせようと試みますが、はっきりと「要らない」と言われます。

 元の世界に戻ってきた瞳美は大粒の涙を流し、唯翔は瞳美に会ったと言い出します。
 瞳美の母は魔法が全く使えず、瞳美は魔法が使えたのだとか。
 ある日突然母は出て行ってしまい、それは母の気持ちに気づけなかった「罰」なのではないかと考えていました。

 唯翔は瞳美が耐えなければならないのは間違っていると断言します。
 「瞳美はもっと怒っていい」という唯翔に対し、瞳美は母親が出て行ったことを思い出して「私のバカ」と涙を流します。
 瞳美は自分が何をしにここに来たのだろうと考えますが……
 
【感想等】
 正面から罵られたり縁を切られても滅入りますが、互いに気まずくなるのもけっこうつらいかも。
 散々に文句を言われても「別れ」は心が痛みまうし、相手がいい子ならばなおさらだと思います。
 最悪の場合は終盤まで引きずるかと思っていただけに、和解が早くてちょっと安心しました。

 良くも悪くも文化祭が一つの区切りだと思いますし、瞳美さんも魔法が上達しているのを感じます。
 絵の中に入るという不思議な光景を見ていると現実の喧噪から離れたような気がします。
 水中の街みたいな風景があって「凪のあすから」を思い出すのは私だけではないと思いたいです。

 母親との関係性や魔法との関係性がひとまず整理されたのはよかったと思います。
 瞳美さんが自分を見つめ直すことで色覚が戻り、最後は元の世界に戻っていく感じなのでしょうか。
 唯翔さんとの関係はまだ不透明ですが、おじいさん説もまんざら間違いではないのかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】色づく世界の明日から 第9話「さまよう言葉」

 色づくの9話を見て感想を書かせていただきます。
 瞳美さんが前向きになってますます魅力的になり、将さんが惹かれるのもわかる気がします。
 あさぎさんとの折り合いをどうつけるのかが気になるところですが……

【内容】
 瞳美はもっと街の写真を撮りたいと将に相談をしてきます。
 将は一緒に撮影場所に行こうかと誘ってきて、瞳美は深々と頭を下げます。
 一方であさぎは写真をチェックしていて将と瞳美の関係が気になります。

 将は部長として負けられないと言い、唯翔は瞳美が笑うようになったと一言。
 バスが来たところで将は瞳美と出かけるのだと唯翔に告白します。
 琥珀は将とのお出かけを「楽しみだね」と言いますが……

 将は瞳美との連絡で「俺も楽しみ」と打とうとしますが「バンバン鍛えるから」と訂正します。
 唯翔は母親に瞳美を取られないようにと念を押されます。
 日にちが変わって瞳美は将にマップを渡されて市内探索をはじめていきました。

 瞳美と将がデートをしているのを見つけた胡桃は千草にあさぎには言うなと念を押します。
 色々な場所を撮影した瞳美は「明日楽しみにしていてください」と笑顔を見せます。
 瞳美は将が写真に真剣なところを「すごい」と称賛する一方で、将は瞳美にかつてのあさぎと重ねていました。

 周りへの感謝を述べつつも「一人だったら何も変わらなかった」と語る瞳美さん。
 将は別れ際に「伝えていないこと」があると言い、瞳美はたちまちに赤面してしまいます。
 「俺と付き合ってほしい」と言われた瞳美は「ごめんなさい!」と走り去っていきます。

 琥珀が心配していると瞳美は呆然とした表情で戻ってきて、おなかはすいていないと言い出します。
 次の日も瞳美は明らかに様子がおかしくなっていて、将を見るなり立ち去ってしまいました。
 瞳美は傷つけたくない場合はどうすればいいのかと聞いてきて、他の女子が話を聞いて迫ってきてしまいます。

 琥珀、瞳美の両方が部活に来なくて、その話を聞いた唯翔はバイト先でミスを重ねてしまいます。
 「どうしたって断られたら傷つく」と言いつつも「答えを知りたい」のではないかと語り出す琥珀さん。
 将は自分の趣味に付き合ってくれたのはあさぎだけだと言い、あさぎは何かに気づいてしまったようです。

 おばあちゃんは瞳美を心配し、琥珀はこれは瞳美にとって大事なことだからと続けます。
 あさぎは瞳美のことが気になり、笑ったり困ったりするのが好きだと話しかけてきます。
 「好きな人はいる?」と聞かれたあさぎは「ずっと前から好きな人です」と言いつつも告白できないと言い切ります。

 「ダメですよ考えなきゃ」と訴えるあさぎの姿に、瞳美は将に向き合うことを決断します。
 瞳美は「ごめんなさい」と頭を下げ、好きと言われたことを喜びつつも、将の気持ちを考えられなかったと一言。
 将は「覚悟できてるから」と言い、瞳美は「気になる人がいます」と思いを告げるのでした。

 瞳美はあさぎを探しに向かいますが、肝心の彼女の姿はありませんでした。
 唯翔は自分の思いを告げた将を尊敬し、将は思いをぶつけるかのように叫び出します。
 瞳美はあさぎに声をかけますが、あさぎは将のことが好きだったと言い出して走り去るのでした。

【感想等】
 「さまようよろい」というモンスターがドラクエにいますが、もちろん関係ありませんでした。
 アニメでは一般に画像やお声が優先されつつも、言葉の重みもまた大きなモノなのでしょうか。
 唯翔さんとの絡みとともに将さんとの絡みも出てきくると恋と色覚が関係あるのかと考えます。

 お話の中で色々と素敵な風景が見えますが、瞳美さんには色が見えないと思うと複雑な気持ちになります。
 将さんが告白してくるのはある程度想定していましたが、あさぎさんのことを考えるとなかなかに難しいです。 
 あさぎさんの「ずっと前から好きな人」と将さんについて語るシーンでは涙が止まらなくなりました。

 人を好きになることの尊さとつらさ、そんな色々なものを経験して成長していくのかなと思います。
 色覚が元に戻るのは唯翔さんへの告白を待つことになるのかもしれません。
 あさぎさんのことが色々と心配になりますが、どこかでハッピーエンドにつながることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム