【アニメ感想】寄宿学校のジュリエット 第12話(終)「露壬雄とジュリエット」

 寄宿学校の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 元ネタと同じタイトルはいずれ来ると思っていましたが、2人は世界を変えることができるのでしょうか。
 (たぶん)ラスボス扱いのケットさんはどれほどの強敵になるのでしょうか。

【内容】
 監督生代表のケットは露壬雄を圧倒し、露壬雄は彼に兄とは違う強さを感じていました。
 世界を変えるためにはこの2人を越えなければならないのか……とつぶやく露壬雄さん。
 「これ以上だせえ姿をペルシアに見せられない」と足を縛ってその動きを封じて3階から飛び降りるのでした。

 露壬雄はジュリエットの手を取る一方で、その兄である藍瑠は騒ぎを聞いて何かを察したようです。
 ジュリエットは「無茶してるのはどっちよ!」とキレつつも、心配したと言って涙を流します。
 露壬雄は面と向かって「誕生日おめでとう」と言い、どこにいたって会いに行くと訴えてきました。

 ジュリエットは「貴方が好き」と言い、露壬雄はうれしさのあまり涙を流していました。
 2つの寮の間には様々な壁が立ちはだかるものの、露壬雄はそんな壁を乗り越える存在でした。
 傷つくことを恐れて逃げるのではなく、2人で立ち向かえば乗り越えられるのではと結論づけます。

 藍瑠は黒犬の生徒を拘束し、後を蓮季に託して弟の元へと向かいます。
 可愛さとワイルドを両立した男であるレックスが出てきて土佐たちを完全に押さえ込んでしまいました。
 そうかと思ったら丸流のツンデレにレックスは敗北を宣言したようですが……

 露壬雄とジュリエットは互いの顔にパイをぶつけ、そのまま撤収させようとします。
 藍瑠は黒犬たちの動きを止め、ジュリエットが露壬雄の内通相手かと言ってきました。
 ジュリエットは「これ以上無い侮辱」だと言って反論しますが……

 藍瑠はロザリオを出してきて、これとジュリエットのそれが一致すれば確定すると一言。
 そうかと思ったらいきなりブラジャーを出してきて、サイズが合うのか確認すると言ってきました。
 露壬雄は敵味方関係なく侮辱を受けますが、ケットは「これはセクハラ」と反論します。

 ケットはジュリエットを連行しようとしますが、ジュリエットは真剣を投げつけてきて露壬雄を戦うと言い出します。
 藍瑠は露壬雄が全く手を出していないことから「茶番」だと言い切りますが……
 「今」を守るために覚悟を決めたジュリエットの前に、露壬雄はついに本気で彼女に向き合うことになりました。

 互いの代表が止めたことで露壬雄、ジュリエットは致命傷にはならなかったようです。
 恋人がこんな殺し合いをするわけがないと退散する一同。
 どうやら互いのロザリオを身代わりにして欺き通すことに成功したようです。

 露壬雄はペアの指輪を出してきて、俺は監督生になると宣言します。
 「そのとき改めてこの指輪をつけてほしい」という露壬雄にジュリエットは「ずっと待ってるわ」と抱きついてきました。
 感激のあまり露壬雄は天に召されてしまったようですが……

 藍瑠、ケットは寮監(?)に怒られ、露壬雄、ジュリエットは謹慎処分になりました。
 蓮季は「もう無茶するもんじゃないぞ」と怒り、シャル姫はあのブラは自分のせいだったと謝罪します。
 シャル姫は「そう簡単に私の天使は譲らないわよ」と言い、スコットはますますおもちゃにされます。

 露壬雄とジュリエットは一緒にボートに乗っていました。
 「二度とあんな真似はするな」と言ってきた兄に、露壬雄は改めて監督生になることを宣言します。
 ジュリエットは露壬雄と同じ指輪をつけ、がんばってね(そしていつか……)と語りかけてくるのでした。

【感想等】
 変な挨拶が印象的なケットさんが意外と強敵だったのは驚きました。
 3階から飛び降りた露壬雄さんを引き上げたジュリエットさんもなにげにすごいなと思います。
 ジュリエットさんの「貴方が好き」前後のところで不覚にも涙が流れてきてしまいました。

 弟のことを完全に見抜いているお兄さんは普通にすごいなと思います。
 お兄さんが真顔でブラジャーを出してきたのはシュールでしたし、ケットさんが「セクハラ」と言い出すのも驚きです。
 決闘パートはいきなり「ソードアートオンライン」になったのかとちょっと考えてしまいました。

 2人の真剣さに驚きましたし、ここまでやらなければならないのかとつい考えてしまいます。
 スコットさんが最後のオチになるのは驚きましたが、彼はシャル姫とくっつく流れになるのでしょうか。
 露壬雄さんとジュリエットさんの仲が公認のものになることを願いつつ、2期放送を期待しようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】寄宿学校のジュリエット 第11話「露壬雄とジュリエットと誕生日」

 ジュリエットさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 露壬雄さんのことを案じるジュリエットさんの態度の変化が心苦しく思えてきます。
 蓮季さんのけなげさにますます心を痛める今日この頃です。

【内容】
 ジュリエットの誕生日が近づき、スコットたちはますます気合いを入れて演説を行っていました。
 露壬雄はそんな彼に蹴りを入れますが、ジュリエットはそんな彼を避けているようです。
 「まだ誕生日が終わったわけじゃねえ」と彼女を追いかけていきますが……

 露壬雄は壁ドンでジュリエットを拘束しますが、「もう会いたくない」と言われて愕然とします。
 やる気をなくした露壬雄を見かねた蓮季は、授業さぼっちゃおうかと言い出します。
 露壬雄を遊戯室に連れていった蓮季は「ビリヤードやろうぜ」と言いますが、胸をつつかれてしまいました。

 ひつじをもふもふする蓮季は一斉にじゃれつかれて移動し、屋上の景色を見て悩みが吹き飛ばないのかと言ってきます。
 露壬雄は落ちそうとする蓮季を助け、蓮季は思わず顔を赤くしてドキドキして(額に頭をぶつけて出血して)しまいます。
 「また来ような」という蓮季の声に、露壬雄は「またデートしようね」というジュリエットを思い出します。

 ジュリエットの誕生日パーティーが準備され、そんな彼女にシャル姫が「主役がいないと話にならない」と語りかけます。
 露壬雄に渡せなかったクッキーが残っていましたが、ジュリエットはそれをシャル姫に渡します。
 シャル姫はジュリエットのつらそうな顔を見て何かがあったと推測し、ジュリエットは自分が露壬雄を傷つけたのだと告白します。

 蓮季は「やっぱ蓮季じゃダメか」と涙を流し、露壬雄はふがいない自分の顔を殴って喝を入れます。
 シャル姫は蓮季に「犬塚が好きなら押し倒せばいい」と言いつつ一方的に露壬雄にクッキーを渡します。
 露壬雄はクッキーを食べて、以前は下手だったクッキーがおいしくなっていたことに涙を流します。

 「恒例のアレ」をやらないかという露壬雄はほくそ笑み、何かを企んでいるようです。
 露壬雄はパイを準備して襲撃を行い、そのままジュリエットを連れ出す計画を立てていました。
 スコット達もまたパイを持ってきて徹底抗戦の構えを見えますが……

 蓮季がスコットとパイをぶつけ合う一方、露壬雄の前にはソマリや(寮を追い出されてたくましくなった)アビが立ちはだかります。
 露壬雄はソマリをアビにけしかけたものの、白猫の生徒に囲まれてしまいました。
 ピンチのロミオを助けた「ケット」という残念なイケメンは「こんにち○ち○」などと言ってきますが……

 ケットは露壬雄にジュリエットの場所を示しますが、今度はサイベルなる女性が出てきます。
 実はケットは「白猫」の監督生の代表で突っ込みマシンのサイベルもまた監督生なのだとか。
 ジュリエットはケットによって閉じ込められていて、窓から飛び降りようとしますが……

【感想等】
 ガンダムAGEのゼハートさんよりもある意味気合いが入ったスコットさんが素敵でした。
 最近は、あの花(一挙放送)、やがきみ、とある、SAOと茅野さんのお声を毎日のように聞いているような気がします。
 自分に心が向いていないとわかっていながら露壬雄さんを心配する蓮季さんになんだか涙が出てきます。

 露壬雄さんを心配する蓮季さんとともに、ジュリエットさんを案ずるシャル姫さんが可愛いなと思います。
 みんな自分よりも大切な相手のために一生懸命で、それだけで輝いて見えるような気がします。
 スコットさんとシャル姫さんの組み合わせもいいですが、蓮季さんと彼との組み合わせもありなのかもしれません。

 アビさんがいろんな意味で変わっていましたが、ケットさんの残念なキャラが一番の驚きでした。
 ケットさんが最後の壁として立ちはだかるようですが、お兄さんもそのうち出てきそうな気がします。
 キャラクターが出そろったところで次回が最終回と思いますが、できるだけ早い2期の放送を期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】寄宿学校のジュリエット 第10話「露壬雄と藍瑠」

 寄宿学校の10話を見て感想を書かせていただきます。
 藍瑠さんは予想どおり露壬雄さんのお兄さんでしたが、この兄弟はどうやらあまり仲がよくないようです。
 彼らの過去に一体何があったのか、わたし、気になります!

【内容】
 ルンルンで自室に戻った露壬雄ですが、部屋の中にいたのは監督生代表であり実兄の藍瑠でした。
 ロザリオを持ち出されて問い詰められた露壬雄ですが、蓮季は自分へのプレゼントだとフォローします。
 さらに藍瑠はシャル姫にもらったブラジャーを出してきますが、蓮季は見捨てるしかありませんでした。

 藍瑠は露壬雄が白猫と内通しているのではと言い、一族の威光が地に落ちるなら追放すると言い出します。
 「お前のような素行不良者」と弟の首筋をつかむ藍瑠さん。
 双子が止めたかと思えば藍瑠は(ジュリエットの誕生日を含む)一週間の間ロミオを監視すると言い出しますが……

 ジュリエットはキッチンメイドさんと一緒にクッキーを作り、失敗を重ねつつもちゃんとしたものを作り上げたようです。
 シャル姫はクッキーをおいしいと言い、スコットに至ってはクッキーを食べて昇天するとすら言い出します。
 露壬雄へのプレゼントではないかと言われたジュリエットは顔を赤くしますが……

 露壬雄が藍瑠たちに連れていかれるのを見たジュリエットは、彼がおびえているのではないかと考えます。
 胡蝶たちは藍瑠の厳しい態度を見て兄弟の間に何かがあったのではと考えます。
 露壬雄は幼少期から厳しくしつけられた兄を「トラウマ」だと言い出し、トイレですら監視されていたことを思い出します。

 藍瑠は「俺が直々に稽古をつけてやる」と言いますが、この監視も明日までなのだとか。
 明日はジュリエッタの誕生日でもあり、スコットは意気揚々とケーキを作るのだと叫んでいました。
 露壬雄は兄にボロボロにされていて、蓮季はこのまま大人しくしておけばいいと言いますが……

 ジュリエットの誕生日に向かおうとする露壬雄に、逆らったら追放じゃないかと迫る蓮季さん。
 話を聞いていたジュリエットは蓮季から事情を聞きますが……
 露壬雄は兄が就寝している間にジュリエットの元に向かいますが、藍瑠は普通に起きていました。

 全てを見抜いていた藍瑠は「戻れ」と言いますが、露壬雄は藍瑠に向かっていきます。
 露壬雄はボロボロにされて反省室に閉じ込められますが、それを助けたのは双子でした。
 そもそも露壬雄は閉じ込められるところまで計算していて前もって双子に助けを求めていました。

 手李亞は「壁を乗り越える手助けをしたい」と言い、胡蝶もそれに同調して露壬雄を助けることに。
 露壬雄はボロボロの状態でジュリエットの元へ向かい、彼女のそばにいられることを幸せだと考えますが……
 意識がもうろうとしてきて倒れてしまった露壬雄の目の前に現れたのはそのジュリエットご本人でした。

 「貴方を止めに来たの」とジュリエットですが、蓮季に露壬雄がいばらの上を歩いているのだと言われていました。
 ジュリエットは自分が一緒にいたいと願ったから露壬雄が傷ついたと考え、無事でいてほしいのだと告げます。
 それでも迫ってくる露壬雄を前にして、ジュリエットは「ごめんなさい」と涙を流すのでした。
 
【感想等】
 「小野」つながりのお兄さんが出てきますが、オープニングを見る限りだとラスボスポジションのようです。
 原作本は10巻前後で1クールが限界と考えつつもこの人気なら2期もあり得ると考えます。
 2期があればお兄さんと和解する展開もあるのかなと思うのは私だけではないと思いたいです。

 露壬雄さんと藍瑠さんの関係がメインながらも、一生懸命クッキーを作るジュリエットさんも可愛いです。
 厳しくしつけられたという過去はわかるものの、トイレの時間まで監視されるのは異常なような気がします。
 お兄さんにボロボロにされる露壬雄さんを運んでいく蓮季さんがけなげすぎて泣けてしまいます。

 露壬雄さんが勝てない相手に向かっていくのはかっこいいですが、さすがに相手が悪すぎたのかも。
 同じ中の人でも十四松さんだったらぜんぜん違っていたのかもしれません。
 ジュリエットさんの涙にもらい泣きしつつ、最後は自分の道を貫いてほしいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】寄宿学校のジュリエット 第9話「露壬雄とシャルとプレゼント」

 ジュリエットさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はジュリエットさんのお誕生日ということでプレゼント探しをするようです。
 そんな中でシャル姫さんがどんな風に絡んでくるのでしょうか。

【内容】
 白猫の寮ではシャル姫がジュリエットの誕生日を待ち望んでいました。
 そこにジュリエット本人がやってきて誕生日会をいかに盛大にやるのかとネタバレしてしまいます。
 ジュリエットはシャル姫にお願いがあるとのことですが……

 オープニングの後、露壬雄の部屋には胡蝶や手李亞がやってきていました。
 露壬雄は買い出しのついでにジュリエットへのプレゼントを探しますが、彼女が何を喜ぶのかわかりません。
 ねこのぬいぐるみがいいのでは考えたらそこにシャル姫と鉢合わせしてしまいます。

 警察官が喧嘩を止めようとしますが、正体が王女だと知って思いとどまります。
 シャル姫は猫かぶりをしますが、過激派がいるので「護衛もなしなんて絶対にいけません!」と言われてしまいます。
 とっさの判断で露壬雄を(変装させた上で)護衛扱いして窮地を切り抜けますが……

 護衛になるならジュリエットのほしがるものを教えると言い出すシャル姫さん。
 露壬雄は微妙なものを与えて破局したらと言われ、仕方なく護衛を引き受けることに。
 いきなり下着の店に連れていかれた露壬雄は赤面してしまいます。

 露壬雄、シャル姫はどの下着がいいのかと論戦を重ね、遠く離れたジュリエットは急に悪寒がしてきます。
 突然雨が降ってきて双子がロザリオの話をしていると「何の話だ」と藍瑠の声が聞こえてきました。
 露壬雄、シャル姫は雨宿りしながらやむのを待ちますが、スケスケの下着に思わず顔を赤くしてしまいます。

 シャル姫は「触りたい?」と言ってきて、ジュリエットから手を引くようにと言ってきます。
 露壬雄はデコピンして「冗談でも気のない相手に言うんじゃねえよ」と言えば、シャル姫は「お返しよ」と蹴りを入れてきます。
 シャル姫は露壬雄に叱られますが、自分が叱られたのは久しぶりだったと考えてしまいます。

 かつてのシャル姫を唯一叱ったのは「友達」のジュリエットでありました。
 シャル姫は過激派に襲われますが「お仕置きしてあげる」と反撃し、残りの1人は「護衛」の露壬雄がやっつけてしまいます。
 露壬雄は「お前になんかあれば(ジュリエット・)ペルシアが悲しむだろ」と言い切るのでした。

 シャル姫はジュリエットが誕生日を露壬雄と共に過ごしたいと言っていたことを告げます。
 彼女は「友達」としてジュリエットと接していたものの、悔しくてたまらなかったと涙を流します。
 そして「お駄賃に使いなさい」とシャル姫に渡されたのは下着というオチでした。

 買い物を終えた露壬雄にいきなり矢文が飛んできて、そこには「図書館で待っています」と書かれていました。
 ジュリエットは「誕生日を一緒に迎えてくれないかしら」と言い、露壬雄は「抱きしめてぇ!」と叫び出します。
 例年の誕生日には乱入してパイを顔面にぶつけていたようですが……

 ペアのアクセがほしいと言い出すジュリエットに露壬雄は「任せろ」と一言。
 シャル姫は「完敗だわ」とつぶやき、スコットに「ホットケーキ作って」と声をかけていきます。
 フリフリのエプロンを着けたスコットを見つめつつ、どうすればいいのかと言い出します。

 露壬雄はルンルンで自室に戻っていくと、そこには蓮季の姿がありました。
 部屋の中にいたのは藍瑠の姿で「こんな時間までどこに行っていた」と聞いてきます。
 どうやら藍瑠は露壬雄の「兄」のようですが……

【感想等】
 オープニングを見ていて露壬雄さんと(前回ラストに出てきた)藍瑠さんとの関係が気になってきます。
 小野友樹さんに小野大輔さんが出てきたら、小野賢章さんを出して3兄弟でもよかったのかもしれません。
 さすがにそこまでキャラクターが出てきたら把握しきれなくなるような気もしますが……

 作中の本命はあくまでジュリエットさんではありますが、シャル姫さんとの絡みもなかなかに素敵です。
 叱った相手に惹かれるところで「最弱無敗」の珠雫さんを思い出すのは私だけではないかも。
 自分の感情をさらけ出しつつ気遣いも出来るシャル姫さんがますます魅力的に見えてきました。

 デートイベントにお兄さんの登場と、盛りだくさんのお話におなかいっぱいになりました。
 次回はお兄さんとの過去が語られる感じなのでしょうか。
 おいしくホットケーキを作れればいいなと思いつつ、次回もしっかりと見届けていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】寄宿学校のジュリエット 第8話「露壬雄と監督生」

 寄宿学校の8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回チラっと出てきた双子さんが今回本格的にお話に参戦するようです。
 髪型が違うので見分けが容易なのは助かりますが……

【内容】
 女子達はお祭りについて話をしていて門限なんてどうでもいいみたいなことを言っていました。
 胡蝶と手李亞が調べ物が終わったからと出撃していきます。
 教師の代理人という「監督生(プリフェクト)」とは一体どのような存在なのでしょうか。

 胡蝶、手李亞は上司らしい男子生徒に「見張ってこい」と言われていました。
 露壬雄はジュリエットをデートに誘い、ジュリエットはあっさりと「いいわよ」と一言。
 丸流との関係もあってジュリ男の恰好も一緒に出店を見回るのも難しいようです。

 お祭りデートが決まったからと喜ぶ露壬雄ですが、そこに胡蝶が飛んできました。
 セクハラ扱いされた胡蝶は憤ってかみつき、さらに手李亞が上から落ちてきました。
 この2人の女の子は飛び級の高等部生徒であり、蓮季はその姿を見てたちまちに頭を下げます。

 露壬雄は監督生が嫌いだと反発しますが、胡蝶は露壬雄の密会を見抜いていたようです。
 「ベンチにいるありさんに話しかけてきた」と言い訳をした露壬雄は思い切り同情されます。
 戻ってきた露壬雄は自室に胡蝶たちがいたことに驚き、さらにロザリオまで見られてしまいます。

 露壬雄は(姉妹の胸について指摘しつつ)部屋を打ちつけて胡蝶達を閉じ込めようとしますがと失敗します。
 胡蝶は手李亞の気持ちを察してお祭りに行くと言いますが、ことあることに私たちは「監督生」だと一言。
 露壬雄は浮かれた顔で花火の場所を確保しようとしますが、胡蝶たちが目の前に現れて驚きを隠せません。

 スコットはジュリエットのために席を準備していましたが、シャル姫にあっさり取られてしまいます。
 丸流は周りに心配されているのを察してお祭りを一緒に楽しむことに。
 露壬雄はジュリエットとともに走り回り、最後は密接した状況で2人きりになってしまいます。

 天使や悪魔、クソリプおじさんが出てきて露壬雄の理性が混乱していました。
 スコットはシャル姫の荷物持ちになっていて、丸流たちはメリーゴーランドに乗っていました。
 屋台の前で黒犬と白猫の男が喧嘩をしていましたが、そこに胡蝶たちがそれは校則違反だとやってきます。

 胡蝶が浮かない顔をしているのを見た露壬雄は飛び出していき、出店対決をするのだと挑発してきます。
 露壬雄は負けてしまい、またいつでも遊びたいときに呼べと一言。
 「たまに甘えてもいいんだよ」と言われた胡蝶は反発しつつも楽しそうに去っていきました。

 露壬雄はジュリエットの元に向かいますが、花火はすでに盛大に上がっていました。
 ジュリエットは「樽の中で花火を見たのははじめて」と言いつつも露壬雄の優しさを見て満足だったと一言。
 露壬雄は線香花火を持ってきて一緒にやりますが、地味だと言われてしまいます。

 胡蝶、手李亞の会話で次期監督生選抜という言葉が飛んできて、露壬雄が出るか出ないかと言い出します。
 そして彼女たちの上司と思しき「あーちゃん」の本名は「犬塚」藍瑠というそうですが……

【感想等】
 露壬雄さんとジュリエットさんとの絡みとともにシャル姫さんとスコットさんも意外とお似合いかなと思えます。
 ずっと露壬雄さん一筋だった蓮季さんについても新たな出会いがあればいいのですが……
 間髪入れずに新キャラを出してきますが、そのお顔とお声に反則レベルの何かを感じてしまいました。

 今回のメインである胡蝶さんと手李亞さんは中国系の方みたいですが、お祭りはどう見ても日本のそれでした。
 優秀すぎる彼女たちなりの苦労があったのが、露壬雄さんによって少しでも緊張がほぐれたのならよかったかと。
 一方でチャイナドレス風の制服は校則に触れないのかと突っ込みを入れるのは無粋でしょうか。

 露壬雄さんとジュリエットさんは今回は少し残念でしたが、きっとまた次の機会が待っているはず。
 監督生選抜という言葉とともに最後の「あーちゃん」のフルネームが最大のサプライズだったかと。
 あーちゃんが露壬雄さんのお兄さん(か最低でも親戚筋)だと思われますが、実際はどうなるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム