【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第26話(終)「神の子」

 禁書目録の3期26話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 フィアンマさんを倒して長かったお話は一段落するようですが……
 機会があれば原作(旧訳部分)に手を出そうかなと思う今日この頃です。

【内容】
 一方通行はラストオーダーをハグして彼女の無事を喜びます。
 上空の光を見た彼は番外個体にラストオーダーを預け、決着をつけるために飛んでいきます。
 神裂達は空を見上げて当麻達が空に上にいるのではないかと推測します。

 当麻は「もうこのあたりがお前の幻想の引き際だよ!」とフィアンマに殴りかかります。
 フィアンマは「目の前の敵を洗い流す」と言い出しますが、当麻の攻撃は止まりませんでした。
 当麻は「まずはその幻想をぶち殺す!」とフィアンマを殴り倒し、まず彼を脱出させます。

 美琴が飛行機で当麻を迎えに来ましたが、当麻はその力を無効化してしまいました。
 目の前のインデックスにだまし続けてきたと言い出し、自分は記憶を失っていることを告げます。
 インデックスは「そんなのどうでもいい」と言い、当麻が戻ってくるならばそれでいいのだとひと言。

 ステイルによると礼装を破壊すると「ベツレヘムの星」が落ちる場所を(人に被害が出なさそうな場所に)変えられるそうです。
 ミーシャが司るのは水であるらしく、大量のテレズマを放出する可能性があるとのこと。
 彼女はベツレヘムの星を止めようとしますが、そのまま海に押し込まれてしまいました。

 当麻はミーシャの顔面を殴り、浜面のところにヘルメットをかぶった女性が出てきます。
 滝壺には8人目(のレベル5?)となる素質があるそうですが、麦野は浜面に平等な機会が与えられればと反論します。
 現地の人達が学園都市の軍勢を射殺し、浜面は「人間がどこまで残酷になれるか見せてやる」と情報を吐かせようとします。

 ぐるぐる巻きにされた一方通行はシスターズを盾にしてミサカシリーズに命令を飛ばすなと言い放ちます。
 脱出したフィアンマはアレイスターに右腕を吹き飛ばされ、自分がやってきたことのむなしさを感じると言い出します。
 右腕を生やしたフィアンマですがアレイスターにあっさりと倒されてしまいました。

 ローラは「おもしろくなりけるのはこれからよ」と意味深な笑みを浮かべます。
 エイワスは当麻のことを評価しているようですが、氷華はもっと人間を知った方がいいと反論します。
 美琴が当麻を捜し回り、オンネルズなる存在がフィアンマに接触し、ロシアでの戦闘も終わりを迎えるのでした。

【感想等】
 SAO3期とともに放送決定と知った時は歓喜したのは私だけではなかったはず。
 蓋を開けたら原作を見ていなくてもかなりカットされていることがわかってしまいました。
 SAOみたいに分割4クールなら化けていたのかなと思うと少し残念な気もします。
 ※SAO3期も原作に比べると抜け落ちた点が多いですが……

 3期は当麻さんとともに一方通行さんと浜面さんの活躍が目立つお話でした。
 一方通行さんは人気もあるのでわかるのですが、浜面さんがここまでクローズアップされるのは想定外でした。
 あっさり退場するかと思っていたアックアさんがここまで出張ってくることも驚きでしたが……

 当麻さんが相手の顔面を殴るのはいつもどおりですが、インデックスさんが突然出てきたのはよくわかりませんでした。
 フィアンマさん達「神の右席」を倒した後は学園都市の暗部に迫っていく感じなのでしょうか。
 新訳のアニメ化(4期)があるのかはわかりませんが、放送が決定している超電磁砲の3期に期待しようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第25話「翼」

 禁書目録の25話を見て感想を書かせていただきます。
 ラスボスであるフィアンマさんと決死の戦いを続ける当麻さんですが……
 姫神さんは最後まで出てこないまま終わってしまうのでしょうか。

【内容】
 浜面は滝壺を探し回り、麦野はレーザーを放ちつつも彼に甘えようとします。
 滝壺は空を指し示すと何やら物騒なものが降りてきているようですが……
 得体の知れない集団は浜面の攻撃をカットし、紙とも触手ともいえない何かで彼を攻撃してきます。

 「超能力と炎は似ている」と言い出す敵の姿に、浜面はビンを割られたところではったりをかまします。
 浜面は至近距離から銃を乱射し、残った1人に追い詰められたものの、それは麦野がやっつけてしまいました。
 「これがアイテムだ」と相手の眉間に銃を放ち、一方通行は世界の成り立ちが変わったと言い出します。

 番外個体は「歌」を手に入れたものの使えず、これだけでは話にならないそうです。
 一方通行は羊皮紙を出してきて基本的に暗号は数学の世界だとひと言。
 全ての情報を数字にしてパズルが解けるはずだったそうですが……

 一方通行は「正体不明」の法則を理解したはずだと言い、羊皮紙に物理法則を入力すればいいのだとか。
 ラストオーダーを救う手がかりを手に入れた彼は「悪党」である必要がないのだと自覚します。
 突然に歌い始めた一方通行は「俺は何者だ」と言いながら突き進んでいきました。

 「俺は、俺という言葉以外に表現なんかできない」という一方通行さん。
 場面が変われば「ベツレヘムの星」で当麻が復活した右腕でフィアンマと戦っていました。
 当麻は人間にフィアンマが思うほどの悪意がなければ彼が力を引き出せないと考えます。

 フィアンマはあらゆる事態は人間の悪意がなせるものだと言いますが、当麻は人の本性はそれだけじゃないと反論します。
 大切な物のために戦っていいのだといい、科学と魔術の争いも第三次世界大戦も終わらせるのだと言い放つ当麻さん。
 戦場では巨大な腕が出てきて、敵同士であったロシア軍や学園都市、イギリス、フランスは互いに手を取り合います。

 突然に出てきた明け色の日差しを名乗る女性に続き、ワシリーサはクライスを助け出しまだやれることは残っているとひと言。
 教皇たちは本を見てフィアンマを食い止めようとしていて、最後の鍵はイギリス正教にあるそうです。
 ステイルはインデックスを食い止めようと奮闘し、ローラもまた彼女を回収するために尽力しているとのこと。

 当麻はフィアンマを次第に追い詰め、イギリス、ローマ、ロシアが力を合わせて術式の解除をはじめます。
 人の善意が悪意に勝ったことを喜ぶべきだと訴える当麻さん。
 フィアンマはこの期に及んでも諦めておらず、このままだと人間の文明が終わりかねないとのことですが……
 
【感想等】
 ストーカーと化した麦野さんでしたが、意外と乙女なところは可愛いのかもしれません。
 気がつけばロシアにレベル5のうち3人がそろう事態になっていたことに驚きです。
 「翼」といってももちろんサッカーとは関係がないのは言うまでもありませんでした。 

 ラストオーダーさんを助けることが出来る流れはよかったですし、突然に一方通行さんが歌うのも素敵でした。
 前回、当麻さんの腕が生えてきたのはいまだによくわかりませんが……
 いつの間にか人間とは何かという根本的なお話が繰り広げられ、色々と考えさせられました。

 より強大な敵を前に人間が力を合わせるのはよくありますが、これを実現したのがフィアンマさんというのが皮肉です。
 唐突に登場人物が色々出てくるとますます混乱したのはここだけの話です。
 次回は最終回らしいのですが、美琴さんがフィアンマさんとからんでくることはあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第24話「禁書目録(インデックス)」

 禁書目録の3期24話を見て感想を書かせていただきます。
 戦いが大詰めを迎え、いよいよ終わりが見えてきたのかなという感じがします。
 当麻さんはインデックスさんを救い、最後は笑顔で学園都市に戻れるのでしょうか。

【内容】
 一方通行の前に現れた氷華はパラメータを書き換えることでラストオーダーを治療できるのではと言い出します。
 番外個体をネットワークに潜らせることにし、そこで羊皮紙を出してきました。
 浜面は変わり果てた麦野から攻撃を受け、麦野は自分は全てを捨ててここに立っているのだと訴えてきます。

 麦野は叫ぶだけ叫んだら倒れてしまい、浜面はためらいながらも彼女を抱きかかえます。
 どうしてこうなってしまったんだと考え、自分達が殺し合うのも仕組まれていたのではと言い出します。
 浜面は滝壺のために麦野を見捨てたと言いつつも抱きしめ、自分達はもう一度「アイテム」になれると訴えます。

 麦野、浜面は痴話げんかを終えますが、学園都市からはセカンドプランが降ってくるとのこと。
 ステイルはインデックスと交戦を続け、レッサーはサーシャと戦闘を開始していました。
 そうかと思ったら「フィアンマに一矢報いる」という言葉を聞いた途端に共闘の流れになっていました。

 当麻はフィアンマと対峙し、フィアンマは当麻の右腕を手に入れようと襲いかかってきました。
 学園都市の光学兵器もフィアンマには通用せず、当麻はインデックスの知識を得たフィアンマに追い詰められていきます。
 フィアンマは「この世界は歪んでいる」と言い出し、歯車のいくつかが限界に達していると主張します。

 自分に従いさえすれば全てを救うとでも言いたげなフィアンマに、当麻はいつもどおりお説教をはじめていきます。
 当麻はたちまちに右腕を切断され、フィアンマはこれで全ての救済は完了するなどと言い出しますが……
 フィアンマは当麻にまだ何かがあるのではと察し、当麻は「こいつは俺がかたづける」と右腕を再生させてきます。

 当麻はフィアンマが敵が強ければ強いほど力を引き出すといいつつも、彼がおびえていたのではないかと考えます。
 「世界が終わったことなんてない」といい、フィアンマはいつの間にか追い込まれていました。
 今までのことを思い浮かべながら「そんな奴に救われるほど俺たちの世界は弱くはない」と言い放ちます。

 美琴は戦車を撃退していて、妹は姉の力に呆然としてしまいます。
 彼女は飛行機で天空の要塞に飛んでいこうと考えますが……

【感想等】
 毎回ながら展開が急すぎて、1話か2話ほど飛ばしたのかと考えてしまいました。
 SAOと同じように4クールでやっていたら少しは違っていたのかもしれません。
 麦野さんがどう見てもストーカーにしか見えませんが、どうしてこうなってしまったのでしょうか。

 浜面さんが麦野さんを抱きかかえたのはかっこいいですが、見捨てたと言いながら抱きしめるのはどうなのでしょうか。
 今さらながらブレンダさんが死ぬ必要はなかったのではないかと思いますが……
 せっかく現地にやってきた美琴さんですが、次のお話ではそろそろ本気を出してくるのでしょうか。

 フィアンマさんがラスボスなのはいいとしても、自分で手を汚さないアレイスターさんが一番の曲者のように思えてなりません。
 敵ながらも世界を救済しようなどと言っているフィアンマさんですが、今さらそんなことを言われてもピンときませんでした。
 右腕を再生させた当麻さんの人間離れした実力に呆然としつつ、最後のお話もしっかり見据えていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第23話「ヒューズ=カザキリ」

 禁書目録の3期23話を見て感想を書かせていただきます。
 突然の氷華さんの再登場に喜んだのは私だけではないと思いますが……
 当麻さんはフィアンマさんを倒すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 ステイルはイノケンティウスを放ちますが、インデックスにはまるで通用しませんでした。
 当麻は突然氷華が現れたことに驚き、どうして彼女がここにいるのだと疑問を抱きます。
 氷華はガブリエルに攻撃を仕掛けていき、当麻は「やることは一つ」だとつぶやきます。

 一方通行は番外個体と移動を続けますが、そこにガブリエルが迫ってきました。
 浜面は集落の皆さんにロシア軍の細菌兵器が迫っていると言い、自分達がそれを食い止めるのだと言い出します。
 一方通行は氷華と一時的に共闘し、目の前のガブリエルを「エイワズほどじゃねえ」と言い放ちます。

 ガブリエルの攻撃で一方通行は吹き飛ばされますが、ラストオーダーを「理不尽」から救うために再び戦います。
 アックアはフィアンマと対峙し、同じ水属性のガブリエルに「他人に出来ることは私にも出来る」と圧力をかけているようです。
 フィアンマは「報われんよ、お前の人生は」といい、ガブリエルにアックアを殺させようとしますが……

 当麻は壁を破壊して突き進み、大天使を呼び出すにはベツレヘムの星が必要だったと結論づけます。
 右手でガブリエルを動かす「何か」を打ち壊せればと考えますが……
 氷華、一方通行はガブリエルとの戦闘を続け、当麻に殴られていたことを思い出します。

 アックアは血まみれで倒れていて、フィアンマは人々が巨大な敵と戦えることを忘れていると指摘します。
 浜面は倒れているアックアにお説教をはじめ、アックアは叫び声ととともに復活します。
 フィアンマは杖を破壊し、右腕をかざしたかと思ったら(サーシャが落ちていく一方で)当麻の前に立ちはだかります。

 「正しい力の意味を知ってもらおうか!」と当麻に襲いかかるフィアンマさん。
 一方通行はラストオーダーや番外個体が車で倒れていることに驚きます。
 浜面、滝壺はロシア軍の攻撃を受けたかと思いきや、そこに学園都市が介入してくるのでした。

【感想等】
 いきなりステイルさんがインデックスさんと戦っていて、何が何だかよくわからなくなってきます。
 氷華さんが出てきたことは意外でしたが、文字通りの総力戦という感じがします。
 美琴さんならまだしも、とりたててて強くない浜面さんが戦力になるのかいまいちよくわかりませんが……

 フィアンマさんがラスボスなのは確定だと思いますが、ガンダムXのシャギアさんと中の人が同じらしいです。
 中盤のフィアンマさんやアックアさんが台詞を言っているものの口を開いていないように見えるのは私だけでしょうか。
 一部視聴者にロリコンさんと言われながらも必死に戦う一方通行さんはかっこいいなと思います。

 一昔前には敵だったはずのアックアさんがいつの間にかいい人になっているのは気のせいでしょうか。
 浜面さんが(当麻さんがよくやる)お説教をしてきたこともまた当麻さんの影響なのかもしれません。
 次回はフィアンマさんと当麻さんが決着をつけ、最後は学園都市に戻って締めくくる感じなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】とある魔術の禁書目録Ⅲ 第22話「天使の力(ガブリエル)」

 禁書目録の3期20話を見て感想を書かせていただきます。
 何の前触れもないラストダンジョンの登場にいろんな意味で驚いたのは私だけではないはず。
 当麻さんと一方通行さんが共闘する可能性はあるのでしょうか。

【内容】
 ステイルはインデックスを抑えようとし、ロシアには上空に巨大な城が浮かび上がります。
 当麻はこの「ベツレヘムの星」を破壊してフィアンマにダメージを与えようとしますが……
 フィアンマは「必要なものは全て手に入った」といい、大天使ガブリエルなるものを出してきました。

 オープニングの後、当麻は移動中にサーシャと対面します。
 フィアンマはミーシャ・クロイツェフを媒介に大天使を呼び出したようですが羊皮紙が足りないそうです。
 場面が変わって浜面は「もう大丈夫だ」と言って滝壺を抱きしめていました。

 浜面は学園都市と交渉をしようと考えますが、滝壺は突然に「クレムリン・レポート」なる用語を出してきました。
 エリザリーナが言うには羊皮紙はインデックスの蔵書と組み合わせると最大の効果を発揮するとのこと。
 話を聞いた一方通行は羊皮紙を手放す気は無く、番外個体とともに出撃していきました。

 当麻は大天使を止めたいと訴え、サーシャとミーシャはつながっているのではと考えます。
 ガブリエルは水を意味するらしいという話題はさておき、当麻はサーシャを触って思いっきり殴られてしまいました。
 「貴方はワシリーサと同じ魂をお持ちですか?」と言われて何のことだかわかりません。

 同じ水属性を司るアックアがガブリエルと対峙する一方、ローマ教皇はバチカンへと入場するとのこと。
 枢機卿(?)はローマ教皇を殺せと叫んできましたが、ローマ教皇は自分が戦争を止めるためにやってきたようです。
 バチカンの地下書庫にはフィアンマを止める手立てが隠されている可能性があるそうですが……

 キャーリサは傾国の女と共闘しますが、ガブリエルはカーテナと同等の力を持っているようです。
 フィアンマは司教を「お前の役割は終わった」とあっさり切り捨ててきました。
 キャーリサ、傾国の女は苦戦を強いられつつも諦めることなく戦いを続けていました。

 「そろそろ次善の策を使わせてもらおうか」と胸からトランシーバーを出すキャーリサさん。
 ミサイルの発射を指示し、その間に負傷者を下げられるだけ下げるようにと指示してきました。
 当麻はサーシャとモノレールで移動していて、氷華が助けに現れ、核弾頭の発車が示唆されるのでした。

【感想等】
 ラストバトルが近づいてきたのは明らかですが、次々と場面が入れ替わって混乱しそうです。
 「ベツレヘムの星」は城らしいですが、あの羊皮紙がどれだけ重要なのだと思えてきます。
 サーシャさんとミーシャさんはまだしも、ワシリーサって誰という疑問がまず頭に浮かんできました。

 突然に出てきたローマ教皇はこの作品世界ではどのような力を持っているのでしょうか。
 学園都市とロシアがどうしてこんな戦いを続けているのかがいまいちよくわからないのですが……
 イギリスとフランスの共闘は共通の敵があったからということだと思われます。

 2クールという枠を考えると、フィアンマさんがラスボスなのは確定と見ていいのだと思われます。
 羊皮紙の正体が今回名前が出てきた「クレムリン・レポート」なのでしょうか。
 次回は氷華さんがメインのお話らしいですが、彼女がどこまでガブリエルさんに通用するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム