【アニメ感想】うちのメイドがウザすぎる! 第12話(終)「うちのメイドとこれからも」

 うざメイドの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 前回はミーシャさんが激おこで終わってしまい、急なシリアス展開でちょっと驚きました。
 つばめさんはこの事態にどう対処するのか、わたし、気になります!

【内容】
 亡き母の部屋に入られたミーシャは激高し、そのまま部屋に閉じこもってしまいます。
 みみか、ゆいは自分たちが正直に謝ろうとしますが、みどりは「やめておけ」と一言。
 今はあえて泥をかぶったつばめの気持ちをくんでやってほしいと真面目に語りますが……

 康弘は仕事中にもかかわらず戻ってきて、つばめはよくやっていると彼女を評価します。
 ミーシャがこだわる部屋は彼女にとって「聖域」であり、母親が使っていたアトリエなのだとか。
 康弘が言うには母親がいた時期がミーシャにとって一番幸せな時期だったようですが……

 ミーシャの話を聞いたつばめは、自分の父親が死んで「父は空の上にいる」と言われたことを思い出します。
 つばめははっきりと「そこにお嬢様の母親はいません」と言ってのけます。
 一方で、みどりは「お願い」は聞けないと言いつつも「命令」してくれと言ってきました。

 ミーシャはみみかに連絡して、お泊まり会を台無しにしたことを謝罪します。
 彼女はつばめが自分を怒らせることはあっても傷つけることはないと一言。
 そこにみどりが天井裏から登場して(つばめが準備をした)食事とおまるを持ってきました。

 みどりはミーシャがつばめに怒っているわけではないと言い、もう出てきてくれないかと一言。
 なお、みどりでもミーシャが自衛隊を辞めた理由は知りませんでした。
 ミーシャはみどりに自分の過去を語り、一方でつばめはいつもどおり掃除を続けていました。

 掃除を終えたつばめはそのままミーシャの元を去ろうとし、みどりはそのことを見抜いていました。
 「主人に忠実であることだけがメイドの役目ではない」と言いつつもMぶりを見せてくるみどりさん。
 みどりはミーシャへの愛はその程度のものなのかと訴え、つばめはミーシャと過ごした日々を思い出します。

 「お嬢様が初潮を迎えても一生お仕えする」というつばめに、みどりは「後は2人でなんとかするんだな」と去っていきます。
 つばめは再びミーシャの部屋の前に立ち、彼女が眠っているのを知ってその場を去ります。
 ミーシャの母親の写真を見て、自分とミーシャの行く末を見守っていてほしいとつぶやくのでした。

 目を覚ましたミーシャに、再度つばめがやってきて自分自身の過去を語り出します。
 父親が筋トレ大好きな航空自衛官で、フリフリ幼女が好きになったのはその反動なのだとか。
 突然に父親が亡くなり、空にいると言われた父に会うために自衛隊に入ったとのこと。

 トレーニングを積み重ねてパイロットになったつばめでしたが、空には父の姿はありませんでした。
 つばめは自分とミーシャを重ねたことを謝罪し、ミーシャは母がいないことはもうわかっていると続けます。
 ミーシャは母の部屋に入られても何も思わなかったことが嫌になったと心情を吐露します。

 つばめはミーシャの成長を母が喜んでいるのかと説き、自分の右目が光を失ったのだと一言。
 病に冒されて飛べなくなったつばめは自衛隊に居続けたものの、最後はやめざるを得なくなったのだとか。
 それでもつばめはミーシャという「光」を見つけたのだと訴えかけます。

 ミーシャは部屋から出てきてつばめの手を取り、そのまま部屋の中へと案内していきます。
 2人で掃除をした後は学校に向かいますが、康弘は未だに父親と呼ばれないことに困惑していました。
 学校ではみみかと交流し、ゆいとはいつもどおりの応対が続きます。

 みどりは「呪いの屋敷」なるところをクリーニングに向かうと走り去っていきました。
 つばめは夕飯を人質にしつつ「お嬢様の子どもを私が産む」などという選択肢を示してきました。
 そして最後は「うちのメイドがウザすぎる!」と締めくくるのでした。

【感想等】
 基本的にギャグアニメのはずが、最終回は急にシリアスな展開……なのでしょうか。
 みどりさんが変な方向に進む一方で、つばめさんが急に真面目になって驚きました。
 余談ですが、作者さんはスパロボの同人誌を書かれていた方というのは最近知りました。

 ミーシャさんの過去の話題で、つばめさん自身の過去が少しわかってきたようです。
 亡きお父さんに近づくために自衛隊に入ったようで、辞めた理由はますます重たい内容で驚きました。
 天井裏から登場するみどりさんは自衛隊というよりもむしろ忍者の類のような気がします。

 つばめさんの過去のお話からミーシャさんの泣くシーンで思い切り感動してしまいました。
 最後まで康弘さんは「父親」と呼ばれることはありませんでしたが、いつものつばめさんにもどってちょっと安心しました。
 しっかりタイトルも回収して綺麗に終わりましたが、出来たら2期があればとついつい考える今日この頃です。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】うちのメイドがウザすぎる! 第11話「うちのメイドと開かずの部屋」

 うざメイドの11話を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけば10話を超えて、そろそろ終わりが近づいてきたような気がしますが……
 どんなときも自分らしさを絶やさないつばめさんをある意味尊敬します。

【内容】
 ミーシャの母がパソコンで仕事をしていて、そこにミーシャが熊のぬいぐるみとともにやってきます。
 母に抱きつかれて濃厚な絡みをしていると、康弘がケーキとお茶を持ってきました。
 「ママ大好き」と3人の絵を描いた母親に甘えるミーシャなのですが……

 オープニングの後、ミーシャは自分がリア充になったのだと自分に言い聞かせます。
 来たるべき12月9日にはわしわし(みみか)とのお泊まり会であるとのことですが……
 お泊まり会を楽しむミーシャに対して、つばめは目が悪くなりそうなミーシャをいさめてきます。

 「お嬢様の全て」なる映像を見せられ、呆然とするミーシャさん。
 つばめは鳩を確保して準備をすると言いますが、お前の存在そのものが恥だと言われてしまいます。
 一方で「うまいめしだけ作ってくれれば満足だ」と言っておきます。

 つばめが母親の部屋も掃除すると言いますが、ミーシャはそれをきつく拒否します。
 ミーシャは最近は母親の部屋にやってこなくなったと考え、つばめとの絡みを思い出します。
 結局は掃除はスルーされ、つばめはミーシャ、みみかの妄想をして鼻血をしていました。

 みみかを出迎えたミーシャですが、ゆいも一緒にやってきて勝負すると言い出します。
 偶然に出会って事情を聞いて勢いだけで付いてきたようですが……
 ミーシャは「よかったら……」と言い、ゆいは「お泊まりして勝負する」と言ってきました。

 ミーシャ、みみか、ゆいはブランコをしていて、つばめが紅茶とケーキを準備してきます。
 ゆいはミーシャの家が金持ちではないかと言い出し、何かよからぬことをしているのではと言い出します。
 つばめは庭から自分たちを守れと言ってきて、不審者がいると言い出すのですが……

 みどりは警察に不審者扱いされ、そのまま連行されてしまいました。
 33才のみどりは自分に対する視線にぞくぞくしてしまい、つばめには有害だと言われてしまいます。
 ミーシャたちはお風呂に入っていましたが、意外にもつばめが出てくることはありませんでした。

 つばめがおろおろしていましたが、みどりは盗撮するのは私にしておけと言い出します。
 パジャマ姿のみみかやゆい、ミーシャの姿に興奮するつばめさん。
 ミーシャは相変わらずきつい言い方をしながらもしっかりとパジャマを着ているのでした。

 つばめは一旦は脈を止めますが、食事もおいしく、みみかやゆいはつばめを「パーフェクトな女」だと一言。
 ミーシャはパーフェクトなつばめがどうして自衛隊を辞めたのかとつい考えてしまいます。
 その物音を聞いたつばめは「尊い」と言って灰になりそうになっていましたが……

 夜中になり、ゆいはみみかを伴ってトイレに向かいますが、トイレではみどりが逆立ちしていました。
 さらにはクマゴローに恐れをなして逃げてしまい、気がつけばミーシャの母親の部屋に入り込んでいました。
 そして次の日、ミーシャは母親の部屋に何者かが侵入した跡があることに気づいて憤ります。

 つばめは自分が母親の部屋に入ったと言ってゆいたちをかばいます。
 ミーシャはすさまじい形相でつばめをにらみつけ、彼女との間に壁を作ってしまいます。
 果たしてこの2人の関係はどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 冒頭のミーシャさんのお母さんとオープニング、本編のつばめさんとのギャップが面白いです。
 そういえばつばめさんが自衛隊を辞めた経緯がいまいちよくわかっていませんが……
 残りのお話で急にシリアス展開になるというのはこの作品ではあまり考えられないような気がします。

 ミーシャさんのつばめさんに対する態度は相変わらずきついものの、所々で少し優しくなってきた……のかもしれません。
 火ノ丸さんが焼肉を食べまくっていたことと比較するとこちらの食事シーンは控えめでいい感じかも。
 これまでと同じとはいえミーシャさんがみどりさんに対して妙に優しいのはどうしてなのでしょうか。

 みみかさんやゆいさんが言うように、実際のつばめさんは(人格的にあれながらも)優秀な人でした。
 終盤でいきなりシリアス気味になりましたが、次回はしっかりハッピーエンドに持っていってほしいところです。
 次で最終回だと思いますが、どんな風に締めくくるのか、しっかりと見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】うちのメイドがウザすぎる! 第10話「うちのメイドとヤスヒロと」

 うざメイドの10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は温泉旅行に行くお話ということで、季節にもぴったりでいいなと思います。
 つばめさんがどんな騒動を巻き起こすのか、わたし、気になります!

【内容】
 ミーシャが本を読んでいると、康弘が「連休が取れたから温泉に行こうか」と言ってきます。
 「出かける必要なくない?」というミーシャですが、カピバラと入れる温泉と聞いて目を輝かせます。
 さらにミーシャは(家族二人きりなので)つばめと解放されると知って喜びますが……

 つばめの存在を危惧したミーシャは「康弘はあの女の執念を知らない」と一言。
 自分はわしわし(みみか)の家に泊まっているということにしますが……
 康弘は亡き妻とともにミーシャとの出会いを思い出しますが、ミーシャは実の娘ではありませんでした。

 つばめのいない温泉旅行を喜んでいましたが、つばめが旅館で仲居さんのアルバイトをしていました。
 ミーシャは「帰りたい」という一方で、康弘はだましてしまったことを謝罪します。
 つばめは「結果として仲居として来られたから満足」と言い、ミーシャはカピバラ温泉に入りたいから我慢することに。

 ミーシャは目を輝かせてカピバラ温泉に向かったはずが、そこにはつばめの姿がありました。
 気を取り直して温泉の中に入りましたが、マジックミラー越しの対面でした。
 ミーシャはテレパシーでカピバラさんを呼び寄せて満足していましたが、そこにつばめが拍手していました。

 ふれあい広場でカピバラと遊んでいたミーシャですが、パンダらしいものを発見します。
 康弘はミーシャの言うことを信じていないようですが、ミーシャはパンダがどうしても気になります。
 証拠を突きつけようと考えたミーシャはパンダを探しに向かい、康弘はミーシャがいないことに気づきます。

 康弘はミーシャがパンダを探しに山に行ったのではと言い、つばめは「山に入るのは危険」と自分が山に行くと一言。
 「お嬢様の親は貴方だけです」「無事に迎えてあげるのが大事な役目」と言われた康弘はその場にとどまることに。
 つばめが山中に入り込んでいく一方で、ミーシャはスマホを落としてしまったことに気づきます。

 ミーシャは完全に道に迷ってしまい、暗くなってきておなかもすいてきました。
 康弘が「一人でうろつくな」と言っていたことを破ってしまったと考えつつ、死ねば母親のところに行けるのではと考えます。
 一方でクマゴローや康弘、みみか、ついでにゆいのことを思い出してもいましたが……

 パンダを発見したミーシャはとりあえずこれについていくことにしました。
 いきなり魚をとったかと思ったら思い切り丸かじりしてしまいます。
 ミーシャはパンダ模様のヒグマだったのかと考えていると、親らしいヒグマが登場します。

 つばめがやってきてミーシャに抱きつき、拒絶されながらもミーシャとの出会いを力説していきます。
 ヒグマは戦意を喪失したのか去っていき、つばめは「キモい」「無理」と言い出します。
 ミーシャは康弘と再会し、康弘は「約束を守りなさい」と言いつつ調査に協力してくれた皆さんに謝罪します。

 つばめはミーシャから「ありがとう」と言われて「結婚しよう」と言い出します。
 ミーシャはつばめをスルーして石狩鍋を食べに向かい、康弘ははじめてミーシャを叱ったのだと実感します。
 その夜、ミーシャは康弘のとなりで眠り、康弘は「焦る必要はないか」とつぶやくのでした。

【感想等】
 日頃の仕事が忙しいのか、なかなか出てこない康弘さんが出てきてくれました。
 ミーシャさんが連れ子だったという事情がわかって、父ではなくて「康弘」と名前で呼んでいたのも納得かも。
 最終的に康弘さんがつばめさんと結婚する展開もありかもと思うのは私だけでしょうか。

 つばめさんが温泉についてくるとは思いましたが、仲居さんになって潜り込むのは想定外でした。
 カピバラさんとじゃれ合うつばめさんがとにかく可愛く、つばめさん登場時の驚きも面白いなと思います。
 後半は急にシリアスになりますが、最終的にみんな無事だったのはよかったです。

 つばめさんが延々とミーシャさんの出会いを力説するシーンはちょっと笑ってしまいました。
 康弘さんを「お父さん」「パパ」と呼ぶシーンはまだまだ先なのかもしれません。
 残りのお話の中でつばめさんが自衛隊を辞めた経緯が語られることを期待しますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】うちのメイドがウザすぎる! 第9話「うちのメイドとあの日の出会い」

 うざメイドの9話を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけばみどりさんもレギュラーになってますます賑やかになったような気がします。
 公式サイトのキャラ紹介にみどりさんを書いてあげてもいいのではと思う今日この頃です。

【内容】
 ミーシャはクマゴローを「病院に行くぞ」と呼び、恐怖を感じたクマゴローは自宅から出て行ってしまいます。
 そんな彼(?)をつかんだのは一体誰なのでしょうか。
 オープニングの後、ミーシャはクマゴローがいなくなったので探し回っていました。

 ハムスターからクマゴローが逃げたと聞いたミーシャは探しに行こうと慌て出します。
 つばめは「お嬢様一人で全部をなさるつもりですか」と言いますが、ミーシャはみみかに電話をかけます。
 頼られたつばめは見つかった足で婚姻届を出すと言い出しますが、火葬場に行けばと言われてしまいます。

 ミーシャはクマゴローとの出会いを思い出していました。
 母親を失った彼女のために康弘(父親)がクマゴローを準備してくれたとのこと。
 私は一人になるのかと焦るミーシャに、つばめは「全力で探しましょう」といいことを言いますがあっさりとスルーされます。

 人出が必要だからとみどりのところにやってきたら、元警察犬がその場にいました。
 ミーシャは匂いをかいで探してもらおうとし、つばめはすさまじいオーラで命令を下します。
 匂いをかいだ先はゆいの家で、ゆいは「うちは関係ない」と言い出しますが……

 ゆいの妹がクマゴローをマフラー代わりにしていて、ミーシャは「うちの家族なんだ」と反論します。
 つばめはゆいの妹を拾ったと言ってお人形にすると言い出します。
 クマゴローはミーシャの元に戻ってきてよかったのですが、最後は病院に行くと聞いて恐怖するのでした。

 ミーシャが布団に入っているとつばめがやってきて、外には雪が降っていました。
 関東なら少しでも雪が降れば休校ではないかと言い出しますが、さすがに世の中は甘くありませんでした。
 ミーシャはつばめの「お姫様だっこ」を拒絶して学校に向かうことになりました。

 ドM体質のみどりは近所中の雪をどけていて、むしろ彼女の方が心配になってきます。
 つばめは「お疲れ様です」とティッシュを渡し、みどりは「一生の宝物にする」と大喜びします。
 登校途中のみみかはどこか太っているように思えますが、寒いと体を動かすのは嫌だと説明します。

 ミーシャは母親のことを思い出すからあまり雪は好きではないとのこと。
 ゆいは薄着でおしゃれぶりを見せつけますが、ミーシャがやってきて同級生にはあっさりと手のひらを返されます。
 雪合戦で勝負すると言い切るゆいに対して、急にみみかがやる気を出しますが……

 ミーシャは連続で雪玉をぶつけられますが、雪だるまからつばめの声が聞こえてきます。
 つばめは役割分担をすべきと主張し、みみかに雪玉を作ってもらってミーシャがそれを投げつけます。
 ゆいの雪玉が不発になった隙を突いて硬く握った雪玉をゆいに投げつけていきました。

 「野鳥の会」の孫である審判は途中から見ていなかったようで、とりあえず引き分けで終わることに。
 みみかは手が真っ赤になっていて、ミーシャがその息で彼女を温めていきます。
 ミーシャは「楽しい思い出が出来た」と笑顔を見せ、つばめは雪だるまの中で「貴い」と連呼するのでした。

【感想等】
 一瞬クマゴローと言われて誰だか気づかなかったのはここだけの話です。
 そういえば序盤でクマゴローというハンドルネームでネットゲームをやっていたお話があったかと。
 最近は出番が少なかったみみかさんの出番があったのは高評価だったりします。

 ミーシャさんとクマゴローさんの姿を見ると子どもと動物には勝てないという言葉をふと思い出します。
 ゆいさんの妹さんを「拾った」と言い切るつばめさんが本気にしか見えなかったのは私だけではないはず。
 後半は雪が降ったいうお話ですが、現実もそろそろ雪が降るのかと思うとちょっと不安になります。

 雪合戦でのミーシャさんの状況判断が小学生とは思えなかったのは私だけではないはず。
 延々と雪玉をぶつけられるゆいさんがちょっと可哀想な気がしてきましたが……
 ミーシャさんの笑顔に癒されつつ、全身全霊で最後までしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】うちのメイドがウザすぎる! 第8話「うちの元メイドはお嬢様」

 うざメイドの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前々から言われていたみどりさんのお嬢様設定は本物だったのは間違いないようです。
 そんな彼女がどうして自衛隊に入ったのかがすごく気になりますが……

【内容】
 仕事を終えたみどりに電話がかかり、家の者が迎えに来るとのこと。
 みどりの実家はホテル王であり、その名前を聞いたとたんに康弘は驚かされます。
 なんでも水族館とプラネタリウムが完備された超高級ホテルであるとのこと。

 ミーシャはみどりのホテルに泊まりたいと迫ってきます。
 対抗意識を燃やしたつばめは自分の家も最上階だと言いますが……
 プラネタリウムの代わりのお嬢様の成長記録は燃やすとまで言われてしまいます。

 いかつい男とともにミーシャたちはホテルに向かい、康弘はご近所に変な噂を立てられます。
 ミーシャは豪華すぎる部屋に驚きますが、みどりは寝袋を使って眠っているのだとか。
 恵まれすぎたみどりは自分が取り違えられたと思っていましたが……

 弟が跡取りになったことで自衛隊になったみどりですが、それでも一応は娘扱いされているようです。
 ミーシャはベッドで眠りつつ、つばめは床で眠れとむちゃくちゃなことを言います。
 結局は3人が同じベッドで眠ることになりますが、みどりは鼻血を出して色々と問題ありでした。

 逆さになって寝顔を拝見するつばめに色々と突っ込みを入れるミーシャさん。
 みどりは自分が缶詰を食べると言い出しますが、ミーシャは一緒に行こうとすすめることに。
 バイキングを食べたり皇帝ペンギンを見たり、完全にホテルを満喫するミーシャなのでした。

 みどりは水中訓練をして死にかけますが、ミーシャは色々と楽しめたようで何よりでした。
 そろそろ職探しをするというみどりにミーシャはなんだか同情を覚えます。
 あえて条件の悪い職場を探すみどりにつばめたちはなんだか心配になってきました。

 ミーシャはいっそみどりとつばめが結婚してはどうかと言いますが、つばめはミーシャと結婚すると言い出します。
 自分で羽をむしる鳥などと言われていたみどりは実家に寄生する後ろめたさの中で生きていくと言い切ります。
 みどりの雇用期間が終わって去っていき、ミーシャは彼女のことを心配しますが、1週間後に戻ってきました。

 FXでもうけたというみどりは隣に家を買い、ハウスクリーニングの会社を作ると言いだします。
 メイドさんの経験によって掃除という適性を知ったようですが、孤独死の現場やゴミ屋敷と色々言い出します。
 後半ではそのみどりがやってきて、ミーシャの下着がなくなったからとつばめが犯人扱いされます。

 状況証拠を洗ってみますが、つばめが犯人ではないかとますます疑われます。
 大きな段ボールを見たつばめは全てを思い出したと言いだします。
 宅配便が来た「安全な場所」として自分のポケットに入れていたというオチでした。

 つばめがいきなり叫んだと思ったら今度は彼女の下着がなくなったとのこと。
 ミーシャは自分が犯人だというのを否定しますが、みどりもまた犯人ではないとのこと。
 ロングスカートだからいっそそのまま帰れと突っ込みを入れますが、実際はハムスターが犯人なのでした。

【感想等】
 みどりさんのお嬢様設定がここで確定しますが、まさかのホテル王とは驚きました。
 ミーシャさんがみどりさんのホテルに行くところでつばめさんが対抗意識を燃やすのが面白いです。
 結局はミーシャさんに記録を燃やされるというオチは少し笑いそうになりました。

 回想シーンのロングヘアのみどりさんが控えめに見ても可愛いと思ったのは私だけではないはず。
 3人で仲良く眠っているところは微笑ましいと思っていましたが、鼻血を出してしまったのは驚きました。
 皇帝ペンギンを見て(昨日放送がなかった)イナズマイレブンを連想したのはここだけの話です。

 はじめは変人扱いされていたみどりさんですが、ミーシャさんが彼女にひときわ優しいのが微笑ましいです。
 みどりさんとの奇妙な三角関係が実は作品の黄金比なのかなと思えてきました。
 そろそろゆいさんやみみかさんも再登場してほしいなと思いつつ、最後までしっかり見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム