【アニメ感想】転生したらスライムだった件 第20話「ユウキ・カグラザカ」

 転スラの20話を見て感想を書かせていただきます。
 カリュブディスさんの戦いが終わり、今回から新たな展開ということでしょうか。
 ユウキという名前だけでは男性か女性かすらわかりませんが……

【内容】
 ハクロウが剣を振って見事に巨大な魚をさばいていました。
 魚のうろこはかなり固く、アクセサリーや鎧などなど色々な用途が期待できそうです。
 ガビルとゲルドは互いに互いを褒め称えて高笑いをしていました。

 カリュブディスの脅威は去り、カリオンとの連合を結んで中央都市はますます安定します。
 ミリムはリムルが魔王になっても止めないと言いますが、そもそもリムルは「魔王」には興味がないようです。
 そうかと思ったらミリムは「仕事」に行くと言って去っていきました。

 リムルはシズが学校で教鞭を執っている夢を見て、彼女の抱えていた「未練」を知ります。
 目を覚ましたリムルは(俺がいなくても問題ないだろと)イングラシア王国の王都を目指すことを決意します。
 すぐに戻ってくると言って部下達に見送られるリムルなのですが……

 ランガのおかげであっさりとイングラシア王国の王都にやってきたリムルさん。
 人の多さやガラスに驚きつつ町を散策していきますが、教会は魔物を目の敵にしているそうです。
 自由組合の本部は自動ドアまであって驚きしかありませんでした。

 グランドマスターのユウキ・カグラザカは生粋の日本人のようです。
 リムルがかぶっているシズの仮面に気がついたらいきなり攻撃を仕掛けてきました。
 「僕は悪いスライムじゃないよ」と言えば急にアニメ談義に花が咲きます。

 敵対していたはずのユウキでしたが、話しているうちにリムルを「師匠」と言い出します。
 ユウキはボンボンがなくなったと聞いて愕然とする一方、リムルは大量の本を「製本」してきました。
 日本や世界には鬼や悪魔の伝承があり、何らかの条件で元の世界に戻ることが可能らしいです。

 リムルはシズの未練について話し、シズの代わりに先生をすることになりました。
 ヒナタは15歳でシズを超える力量を身につけたという話から召喚者と異世界人とは違うという話題になりました。
 呼び出される召喚者は強力な「兵器」であり、逆らえないように魂に呪いをかけられているとのことです。

 成長途中の子どもが召喚されると有り余る力を暴走させることがあるそうです。
 シズの教え子は各国が召喚した「勇者」であり、5年以内の崩壊を防ぐ術は見つかっていないとのこと。
 リムルはシズの思いを引き継ぎ、彼(?)なりのやり方で彼らを救おうと決意しますが……

 有り余るエネルギーを暴走させて攻撃を仕掛けてくる生徒に呆然とするリムルさん。
 ケンヤ、リョウタ、ゲイル、アリス、クロエという5人をこれから教えることになるようですが……
 余命わずかとは思えない彼らにこれから振り回されることになるのでしょうか。

【感想等】
 カリュブディスさんとの戦いが一段落してちょっと安心した私がいます。
 相変わらずフリーダムなミリムさんは見ていて楽しいですが……
 何か変なことを持ってこないのかそれだけが少し心配になってきました。

 オークロードさんとの戦いから、お話のテンポがかなり早くなってきたように思えます。
 こちらの原作はウェブで読めるのでそのあたりで補完しろということかもしれません。
 自動ドアやエレベーターらしいものまであるのはさすがに驚きですが……

 敵意をむき出しにしてきたユウキさんがアニメの話を聞いて態度を改めるのが面白いです。
 大同盟の盟主が学校の先生になるのはさすがに想定していませんでした。
 おそらく教員免許を持っていないリムルさんがどういう授業をするのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】転生したらスライムだった件 第19話「暴風大妖渦(カリュブディス)」

 転スラの19話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は色々あってカリュブディスさんを倒すという流れが確定しました。
 その名前どおり一筋縄ではいかない相手だと思われますが……

【内容】
 中央都市リムルに向かってくる「厄災」カリュブディスさん。
 リムルは中央都市の総力と「兄弟子」であるドワーフ王の援軍で迎え撃つことになりました。
 ベニマル達が先制攻撃を仕掛けて敵を墜落させますが……

 カリュブディスのスキル「魔力妨害」があり、魔法の効果が低下するとのこと。
 リムルは敵を分散させて各個撃破させようとし、オークのピンチをガビルが救います。
 ゴブ太は逃げたと思わせて罠をかけていき、ハクロウの采配も見事に決まっています。

 ミリムは「私も一緒に遊びたい」と言いますが、リムルは「ダメ!」と一言。
 ソウエイは敵を操って同士討ちにさせ、ランガに乗ったシオンは空中から一撃を加えます。
 ハクロウは敵をバラバラにし、あとはカリュブディス本体を残すだけになりました。

 周りの仲間がカリュブディスのうろこで吹き飛ばされ、次々と負傷していきます。
 ランガは自分が盾になってシオンを守ろうとし、ソウエイもまた自分が残ると言い出します。
 シオン、ランガ、ソウエイの3人が攻撃を加えようとしますが……

 「こんな時くらい、俺を頼ってくれよ」とリムルが満を持して登場します。
 リムルは大量のうろこを「暴食者」で食べてしまいますが、カリュブディスは超速再生のスキルを持っているとのこと。
 総攻撃で一気に撃墜できると思いきや、カリュブディスのダメージはせいぜい3割といったところでした。

 困り果てたリムルはカリュブディスがミリムと言っているのが聞こえます。
 カリュブディスの素体が強力な「怒り」を持っていることを知り、ミリムに頼ってもいいんじゃね?と気づいたリムルさん。
 ミリムはフォビオが依代だと気づき、私が相手してもいいのかと目を輝かせてきます。

 リムルはなるべくフォビオの命は助けてほしいといい、ミリムは「手加減」すると言いますが……
 「ドラゴンバスター」なる大技を見たリムルは「手加減って一体……」とつぶやきつつフォビオを回収します。
 見事な手加減のおかげでフォビオは一命を取り留めたようで何よりでした。

 ドワーフたちは説明を求めてきますが、魔王ミリムという名前を聞いても本気にしませんでした。
 「奥の手は隠しておくべきですからな」と勝手に解釈するドワーフさん。
 目を覚ましたフォビオは土下座して謝罪し、封印場所は仮面の道化から聞いたと説明します。

 ゲルミュッドの使いであるラプラスもまた道化の仲間で、彼ら「中庸道化連」とは何者なのでしょうか。
 ミリムはむしろ面白そうなのだなどと言ってきて、クレイマンなる魔王は企みが大好きであるとのこと。
 フォビオはあっさりと許され、彼の上司である魔王カリオンが登場しますが……

 カリオンはフォビオを殴りつけて「謝罪」とし、リムル達に危害は加えないと誓って去っていきます。
 フォビオから大量出血があるのが気になりますが……
 おうして一つの戦いが終わり、一同はひとまず街に帰ることにするのでした。

【感想等】
 一言で言えば「総力戦」ですが、ドワーフ王さんの「兄弟子」発言がなかなか興味深いです。
 マブダチのミリムさんが参戦しないとなればリムルさんの本気を見られると思うとワクワクしてきます。
 かつて敵対したオークと共闘するガビルさんはいつものギャグキャラとは別人に思えました。

 色々なキャラが活躍していると、その中の人にもついつい注目してしまいます。
 ガビルさんはカズマさんなのはさておき、ベニマルさんが御行さんというのははじめて知りました。
 中の人ネタをやるだけでおそらく一つの記事が書けそうなのでこれ以上は伏せますが……

 部下をしっかり活躍させつつ自らの出番も確保するリムルさんはいろんな意味ですごい人だと思います。
 最後はあっさりと勝負をつけてしまうミリムさんが作中最強クラスのキャラなのは間違いないはず。
 クレイマンさんや中庸道化連がラスボスなのかわかりませんが、当面の敵としては用心すべき相手だと思われます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】転生したらスライムだった件 第18話「忍び寄る悪意」

 転スラの18話を見て感想を書かせていただきます。
 ネット情報によると今回はフォビオさんが反撃を試みてくるお話のようです。
 リムルさんやミリムさんがいればどんな相手にも負ける気がしませんが……

【内容】
 魔人フォビオはリムルの「マブダチ」であるミリムに一方的に倒されてしまいました。
 「俺を誰だと思ってる!?」と憤りつつもリムル達の技術力の高さに驚き、対応を誤ったのだと実感します。
 何としても「復讐」できないかと考えるフォビオなのですが……

 フォビオ達の前にやってきたのは中庸道化連なるどう見ても怪しい方々でした。
 彼らはフォビオが「魔王」になればと言ってきて、カリュブディスがあればそれが可能だと言ってきます。
 部下が苦言を呈する中、フォビオは自分が強くなるならカリオンも許してくれるのではと解釈します。

 フォビオはカリオンに迷惑をかけないために野に下ると言い、自分の力をミリムに認めさせると主張します。
 そのミリム達は他の女性陣とともに温泉に潜っていて、誰が一番潜れるかと言っていました。
 リムルは男性陣とお風呂に入っていましたが、ヒューズは未だにこの場に留まりつつもやることはやっているようです。

 道路を作るといいつつ、特産品を売るルートを確保したいと提案するリムルさん。
 フォビオは異様な妖気を感じながらも洞窟の中に入っていきます。
 カリュブディスの復活には多くの死体が必要だと言われ、それでもフォビオは思惑どおり先に進んでいきました。

 ミリムは狩りを終えて戻ってきて、今夜もごちそうだと喜んでいました。
 そこにドライアドのトライア(トレイニーの妹)がやってきて「緊急事態」だと言ってきました。
 なんでもカラミティモンスターである「カリュブディス」が復活し、こちらに向かっているとのこと。

 緊急会議が開かれ、ヒューズはカリュブディスは魔王よりも驚異であると言い切ります。
 ミリムはどや顔で「カリュブディスごとき私の敵ではない」と言い出しますが、シオンは「私たちの街の問題」と一言。
 リムルは自分がカリュブディスを倒すと言い、ヒューズはリムルは人間のような考えをもっていると言い出します。

 自分が元々は異世界人であり、シズの意志を受け継ぐ代償として人の姿を得たとリムルさん。
 改めて自分の獲物は「魔王レオン」であると言い切ります。
 戦いが始まろうとしていて、相手はカリュブディスであるとのことですが…… 

【感想等】
 オープニングだとミリムさんが敵っぽく見えますが、今ではリムルさんのマブダチになってしまいました。
 リムルさんに敵対するフォビオさんですが、言いように使われているようにしか見えません。
 どう見ても怪しい「中庸道化連」ですが、女性のお声が本渡さんだということだけは一発でわかりました。

 主題はフォビオさんや中庸道化連ですが、リムルさんもなかなかのやり手なのは明らかでした。
 道路を作ろうと言い出すところに彼の人間時代の経験が生きているのが興味深いです。
 改めて考えると、周りがリムルさんを尊敬する流れはオーバーロードのアインズ様に似ているのかもしれません。

 フォビオさんのことも心配ですが、魔王以上の相手と言われるとリムルさんのことも心配になります。
 カリュブディスさんの元ネタがギリシャ神話というのは調べてはじめて知りました。
 次回はそのカリュブディスさんとの戦いだと思いますが、リムルさんは果たしてこの強敵を打ち破れるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】転生したらスライムだった件 第17話「集う者達」

 転スラの17話を見て感想を書かせていただきます。
 初回が1人きりだったことを考えるとずいぶんと仲間が増えてきたなと感慨深いです。
 ミリムさんは完全に仲間になったというわけではないのかもしれませんが……

【内容】
 ギルド上層部は魔物の街と聞いて驚きつつもリムルに救われたことを実感します。
 相手を排除することは不可能であり、一度会いにいくしかないのかもしれません。
 フューズはかつてシズと行動を共にした冒険者3人組を引き連れて現地へと向かいますが……

 ベスターは長きにわたる研究によって完全回復薬「フルポーション」を完成させます。
 リムルはこれを売ったら資金源になるのではと言いますが、性能がよすぎて易々と売れそうにありません。
 カイジンの提案もあってハイポーションを薄めたローポーションの販売を請け負うことを考えます。

 フォビオという男は魔王カリオンの部下らしいのですが、ミリムにあっさりと倒されてしまいました。
 リムルはこれからどうなるのかと頭を抱えて苦言を呈し、ミリムは八つ当たりしてフォビオをボコボコにします。
 フォビオはリムルを「下等」と言いますが、リムルは戦争もやむなしと念を押しつつも「帰っていい」と一言。

 「きっと後悔させてやる」と捨て台詞を吐いて去っていくフォビオさん。
 リムルは魔王カリオンについてミリムに聞き出そうとし、マブダチとして武器を作ると提案してきます。
 すっかり気をよくしたミリムを「チョロい」と思いつつも情報を聞き出すことに成功します。

 ミリムの話によるとクレイマンやカリオンがゲルミュッドを動かしていたことが明らかになります。
 ファルムス王国からは「ヨウム」率いるオークロード調査団を差し向けてきていました。
 エレン達はクモの魔物に襲われてピンチに陥りますが、ゴブ太が出てきて魔物をおかずにしてしまいました。

 ヨウムは「スライムがえらそうにしている」と言い、怒ったシオンに思いっきり殴られます。
 リムルは人間とも仲良くしたいと言い、ドワーフの国とも同盟を結んでいると説明します。
 ベスターはそのあたりの事情を説明し、フューズはしばらく現地に止まって判断することに。

 リムルは傭兵であるヨウムと契約したいと言い、彼をオークロードを倒した英雄にすることに。
 「英雄を助けた信用できる魔物」という立ち位置の方が人間と打ち解けやすいという判断のようです。
 ヨウムはリムルは邪悪な存在ではないと悟り、彼(?)を「旦那」と呼ぶことになりました。

 クレイマンは事情を知ってリムルを「敵ではない」と言いつつも「面白くなった(意訳)」と言い出します。
 ラプラスが何かを感じたとのことですが……
 「カリブディス」が復活すると聞いたクレイマンはティアなる女性(?)に新たな仕事を依頼するのでした。

【感想等】
 可愛いお姿と強さのギャップが素敵なミリムさんですが、彼女が新たな嵐を巻き起こそうな気がします。
 リムルさんのフルネームの「テンペスト」そのものが嵐という意味ではありますが……
 ミリムさんの破天荒な性格には苦労させられそうですが、一方で味方にすれば心強いです。

 大森林を平定(?)したリムルさんはこれから人間とも魔王とも対峙することになるのでしょうか。
 ヨウムさんというお名前で東方が頭に浮かびますが、実際の中身はオルガさんでした。
 彼らが無謀なことをして「止まるんじゃねえぞ……」とならなかったことは救いだと思います。

 色々とキャラクターが増えてきて混乱しそうですが、カリブディスさんとは一体何者なのでしょうか。
 現時点ではクレイマンさんが一番怪しいような気がしますが……
 エンディングでは楽しそうな宴が開かれていますが、次回は「忍び寄る悪意」と明らかに異常事態が起りそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】転生したらスライムだった件 第16話「魔王ミリム来襲」

 転スラの16話を見て感想を書かせていただきます。
 だんだん大所帯になるリムルさん達ですが、そこに魔王さんがやってくるようです。
 気のせいか「リムル」と「ミリム」はどこか似ているように思えますが……

【内容】
 ドワーフとの連合が成立し、その2日後に王様がわざわざやってきました。
 彼は「土産」と称してベスターを持ってきましたが……
 「有能なこいつを遊ばせるのはもったいない」と彼の技術を生かそうと考えます。

 ベスターはリムルやカイジンに謝罪して彼らのために技術の研究を進めることに。
 ガビルもまたリムルに謝罪して部下になりたいと言ってきました。
 ついでにガビルの妹やその部下にも名前をつけていき、ガビルも「上書き」されたようです。

 進化したガビルは薬草(ヒポクテ草)の栽培にいそしみますが、リムルには「雑草じゃねえか!」と突っ込まれます。
 ベスターはヒポクテ草を薬にする研究を行っているようです。
 一方、敵(?)の陣営では「ミリム」という魔王がリムルに興味を持っているようです。

 ミリムは自分が「デストロイ」の異名を持つ魔王だと言い、リムルをつんつんしてきました。
 リムルはミリムのつるぺたに驚愕しますが……
 とりあえず人間の姿になってみると、オークロードを倒したのかと興味を抱きます。

 ソウエイやベニマル、シオンがミリムを攻撃しますが、ミリム本人の言うように全く通用していませんでした。
 部下を圧倒されたリムルはとりあえず回復させていきました。
 「あとは俺がやる」「やるだけやってみるさ」と言い、ミリムと戦闘を開始することになりました。

 リムルはミリムの口にハチミツを入れ、ミリムは食べ物につられて「引き分け」でどうかと言ってきます。
 こうして未曾有の天災を乗り切り、リムルはこいつ早く帰らないかなと思いますが……
 ミリムは「魔王」になりたくないかと言ってきますが、リムルにはそういったものには興味がありませんでした。

 「私を村に連れていけ」とごねるミリムですが、ミリムを名前で呼ぶのは魔王だけなのだとか。
 ミリムを手なずけたリムルに感心するソウエイ達に対し、ガビルは「ちびっ子」とちょっかいを出して殴られます。
 リムルは「殴り合いは挨拶じゃない」とミリムに言い聞かせます。

 ゴブリン達は魔王を仲間にしたリムルを称賛し、ミリムは自分を「友達」ではなく「マブダチ」と称します。
 リムル(性別未詳)は女性陣と一緒にお風呂に入り、コーヒー牛乳がほしいなと考えます。
 魔王ミリムの庇護を得たことはいいとして、部下たちはこぞってリムルに他の魔王のことを丸投げするのでした。

【感想等】
 名前が似ているのはおそらく偶然だとして、いろんな意味で突然の急展開に驚きました。
 1クール目の「悪役」ベスターさんがまさかこんな形で出てこようとは……
 リムルさんやカイジンさんの過去の遺恨を飲み込む器の大きさは見習うべきだと思います。

 ミリムさんのお声の可愛さと実力のギャップは視聴者に彼女を強く印象づけるには十分かと。
 「デストロイ」が町を襲撃と書くとガンダムSEEDのように聞こえるのは私だけでしょうか。
 戦闘シーンになるかと思ったら食べ物でつってくるのはリムルさんの平和主義の一環なのかも。

 パワーアップしてもギャグキャラを貫くリムルさんにある意味安心する私がいます。
 ミリムさんもコミカル路線のキャラだと思いますが、他の魔王さんはこうはいかないような気がします。
 「友達」と「マブダチ」の違いはさておき、リムルさんがこれから他の魔王と戦っていくことになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム