【アニメ感想】あかねさす少女 第12話(終)「いつか、黄昏の降る空の」

 あかねさす少女の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 独自の設定と魅力的なキャラクター、先が読めないストーリーに、最初から最後まで目が離せませんでした。
 途中退場したシリアスカさんの再登場はあり得るのか、わたし、気になります!

【内容】
 明日架は黄昏の使者と一緒に行くと言い、優は「行ってらっしゃい」と一言。
 優は「明日架は帰ってくるつもり」だといい彼女を信じるのだと言い切ります。
 その明日架は黄昏の使者と移動していて、いつか貴女にも黄昏の声が聞こえてくると言われます。

 明日架は「おなかがすいた」と言いますが、黄昏の使者によると時間が止まっているからおなかがすかないとのこと。
 別のフラグメントでちくわを食べると言い出す明日架は、とりあえず黄昏の使者にも1つ食べさせてみます。
 明日架がちくわを好きになったきっかけは弟(今日平)であり、今日平がちくわ占いをしていたことを思い出します。

 黄昏の使者はちくわを食べて「72点」と言い、明日架はこのフラグメントに今日平がいるのではと言い出します。
 こちらのフラグメントでも今日平の姿はありませんでしたが、そこにおばあちゃんがもどってきました。
 明日架は諦めきれないと言って、今日平は自分の胸の中にいるのだと訴えますが……

 私は嘘つきだったと回想し、弟がいなくなってから流した涙はかわいそうな子だと思われるためのものだと気づきます。
 自分が罰を受けなければならないと考えた明日架は実家を継ぐと言い、選んだのは弟の送るはずだった人生を送ることでした。
 黄昏の使者は感情を失うしか出来なかったと言い、誰もいなくなっても同じなのではと考えるに至ります。

 「全てを失えばいい」と言ってのける黄昏の使者に、明日架は色んな世界を見て色んな可能性があったと一言。
 弟を言い訳にすることをやめて自分と向き合うのだと言い出す明日架さん。
 黄昏の使者は自分が許されればだれも弟を思い出せないのではないかと考えますが……

 「明日はいつか今日になる」と姉と共にあろうとした今日平さん。
 黄昏の使者は子どもの姿に戻り、明日架はそんな彼女を抱きしめて包み込みます。
 明日架は別の自分に合うことを予見しつつ、優たちが迎えにやってくるのでした。

 月日が流れ、明日架はシリアスカのペンダントを身につけて学校へと向かいます。
 明日架は優と同じ志望校にすると言って周囲に色々と突っ込まれてしまいました。
 みあは先輩方が卒業したらラヂ研が存亡の危機ではないかと考えてしまいます。

 シリアスカの部下のまゆきはこの世界では同じ学校に通っていて、ラヂ研に入らないかとスカウトを受けます。
 まゆきは放送部に入ると言い、ラヂ研に入るつもりはないと言って去って行きました。
 彼女の憧れであるアニー様はマスターの弟子のような存在で、まゆきは態度を変えて何でもしますと言い出します。

 新入生を加えた明日架たちは放送室をジャックしてしまいます。
 エンディングではラジオの最後に「恐れずにどーんとぶつかりましょう」と一言。
 早くに目を覚ました明日架はみそ泥棒が出たと聞き、あかねさす空を見て「未来は今日はじまる」と締めくくるのでした。

【感想等】
 能力に目覚めて敵と戦って終わり……そんなラストかと思っていただけに、明日架さんの行動は完全に想定外でした。
 今までしつこいくらいに言ってきたちくわが実は大きな意味を持つとは驚きです。
 断片的にしか語られなかった弟さんの人となりも回想から優しい子だったのかなと思います。

 「味噌屋を継ぐ」と言っていた明日架さんに反発したお父さんは娘の心中に気づいていたのでしょうか。
 自分と向き合うことで過去から自由になるという至ったのは実際すごいと思います。
 ラスボスだと思っていた「黄昏の王」が今日平さんではないかという予想は曖昧なまま終わってしまいましたが……

 最後の最後でみそ泥棒の話題が出てきて、シリアスカさんが生きていたことが推測できたのはよかったです。
 弟さんについては中の人的なところで不安はありますが、諦めなければ道は開けると考えるしかないかと。
 この作品を世に送り出してくれた皆さんに感謝を述べつつ、ここで一旦筆を置かせていただこうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】あかねさす少女 第11話「優等生」

 あかねさす少女の11話を見て感想を書かせていただきます。
 話数からも展開からももうそろそろ終わりが近づいているような気がします。
 明日架さんの覚醒が勝利の鍵になるのは間違いないと思いますが……

【内容】
 クロエ達は自分がクラッターを倒すと言い、優は明日架の元へと向かいます。
 明日架の前に現れた別の自分は黄昏の使者を名乗り、自分には黄昏と一体になる素質があると言い出します。
 オープニングの後、クロエ、みあ、奈々はクラッターである先生と対峙します。

 明日架は黄昏の王にどうして世界を滅ぼすのかと聞きますが、世界は破壊と創造を繰り返しているのだとか。
 「黄昏になんかさせるか」と向かっていく明日架さん。
 優は明日架の居場所が見つからなかったことに愕然としますが、そこにエロ優が「自分ってものはないの」と言ってきます。

 エロ優は黄昏の王の目的はこの世界の明日架ではないかと推測します。
 「この世界の明日架はあんたにしか救えない」と言い切るエロ優さん。
 クロエ達は幻覚の中に捉えられたことで変身を封じられてしまったようです。

 黄昏の使者は明日架が付いてくるなら世界を黄昏から遠ざけてもいいと言い出します。
 先生はクロエをアウトサイダーと言い、友達の素晴らしさを知らない方がいいと言い出します。
 みあに求められるのは愛嬌だと言い、さらには奈々は母親以上に男を渡り歩くと続けます。

 明日架はシリアスカを蘇らせてほしいと訴える一方、クロエは一人きりではないと言われて涙を流します。
 クロエは「世界は僕たちの行動の先にある」といい、同様に奈々やみあも復活を果たします。
 幻想の世界から解き放たれた3人は先生(クラッター)をボコボコにして自分はどうなんですかと反論します。

 明日架はシリアスカを戻せと迫る一方で、黄昏の使者も10年前に大切な者を失ったと言い出します。
 相手は全ての時間を越えて、哀しみを捨てることで全てを忘れられると言ってきますが……
 優は必死に明日架に逝かないでほしいと迫り、貴女が好きなのと涙を流して訴えてきます。

 変身した優は黄昏の使者と戦いつつ明日架を奪還し、嘘つきと言ったことを謝罪します。
 明日架は優だって嘘つきだと言い、優がいるから生きていてもいいのだと思えるのだと告げます。
 そして優を助けるために明日架はシリアスカの剣を取って戦闘を開始していきます。

 戦闘を繰り広げつつ明日架と優は会話を重ね、優は自分は傲慢な優等生だと言ってのけます。
 明日架は黄昏を阻止するために何でもすると言い、そこにクロエたちが助けに入ります。
 4人が「友達じゃない」と使者を倒そうと考える一方で、明日架は彼女と一緒に行くと言い出すのでした。


【感想等】
 全話見ているはずが展開がますます早くなってきて混乱してしまいます。
 エロ優さんも終盤になったからか少しシリアスになったように思えます。
 精神攻撃が一番恐ろしいというのはどこの世界でも共通のことがらなのかも。

 数話前から明日香さんのお話だと言ってきましたが、実際は優さんのお話でもありました。
 明日架さんを取り戻すために覚醒した優さんに涙が止まらなくなったのはここだけの話です。
 これで少しは明日架さんが過去の呪縛から救われるのならばいいのですが……

 5人中4人が覚醒を果たし、あとは明日架さんを残すだけになりました。
 使者を倒して終わりかと思いきや、それとは違った道がまだ残されているようです。
 残りはおそらく2話だと思いますが、どんな風に締めくくるのか見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】あかねさす少女 第10話「うそつきの宴」

 あかねさす少女の10話を見て感想を書きかせていただきます。
 前回はシリアスカさんがああいうことになって呆然としたのは私だけではないはず。
 ここから明日架さん達がどう切り返していくのか、わたし、気になります!

【内容】
 シリアスカの犠牲もあって元の世界に戻ってきた明日架たち。
 明日架はシリアスカが負けたことが信じられず、エロ優はそんな彼女を抱きしめます。
 「あの子は黄昏に飲まれた」という一言とともに。

 オープニングの後は期末テストが終わりますが、例の事件のこともあって集中が切れてしまっていました。
 明日架は学校を休んでしまいますが、その心の傷が深いのではと推測します。
 追試を終えた明日架がやってきて自分たちには大きな仕事があると言い出しますが……

 優は先生に絡む明日架を止めつつ学校から立ち去っていきます。
 明日架はシリアスカと同じように別の世界のクラッターをやっつけて最後は黄昏の王を倒すと言い出します。
 優は今の明日架に10年前の(今日平がいなくなった)明日架が自分が味噌屋を継ぐを言っていたことを重ねます。

 口数が多い明日架の姿に、優は「明日架は嘘をついている」と感じていました。
 さらには明日架はタクミくんの為にクリスマスパーティーをすると言い出します。
 奈々はタクミの連絡先を知っていて、明日架はますますテンションが上がったように見えますが……

 「オクターブ」でクリスマスパーティーをすることになり、優はコーヒーをいれることに。
 正装したタクミが奈々とともにやってきて、さらにラジオの音楽をバックにパーティーが続けられます。
 ちくわ型のケーキを食べて「チクワ様がおっしゃっています」と妙なテンションの明日架なのでした。

 タクミは「アスカねえちゃんに迎えに来てほしい」と言い、自分の両親が優しいのはこちらの自分のためだと言い出します。
 明日架はアスカが別の世界でクラッターと戦っているのではないかと説明しますが……
 先生が日曜出勤をしていましたが、どうやら様子がおかしいようです。

 優はシリアスカとは二度と会えないことを伝えるべきだと主張し、明日架はその事実を認めようとしませんでした。
 「本当にやるべきことから逃げてる」と言われた明日架は、自分は優にとっては嘘つきなのだと言い出します。
 明日架は「話しても無駄だね」と言って去って行き、戻ってきた奈々は場の空気に思い切り違和感を感じるのでした。

 奈々は一番伝わることはシンプルなことではないかと優に告げます。
 明日架は幼い日、弟と一緒にブランコをしていたことを思い出しました。
 みあは明日架の弟について聞いてきて、優は彼が行方不明になったのだと告げます。

 奈々は明日架が自分へ怒っているのではと推測し、明日架は今日平らしい影を追いかけていました。
 みあは明日架と一緒にいたいと訴え、優は明日架が今日平のいなくなった公園にいるのではと推測します。
 海岸にやってきた明日架は戻ろうとしますが、そこにフードをかぶった「黄昏の使者」が現れ……

【感想等】
 前回のショックはあまりにも大きく、明日架さんの気持ちが痛いほどわかってしまいます。
 彼女の前向きなキャラクターは天然のものかと思っていましたが、実際はとても繊細な子なのかなと思います。
 前向きになっている明日架さんの「異変」に気づく優さんに彼女との付き合いの長さを感じます。

 つらいことを忘れるために別のことに打ち込む、それも一つの対処療法なのかもしれません。
 優さんの言葉が自分自身にも突き刺さってきてずっと涙が出てきてしまいました。
 厳しい言葉は彼女の本気を示すものだと思いますが、今の私にはなかなか受け入れるのが難しいです。

 今日平さんの中の人が桑島さんと知って、それだけで何か嫌な予感がするのはここだけの話です。
 そういえばリリスパの師匠の師匠も同じ人だったような気が……
 明日架さんが自分自身と向き合ったときに、新たな道が開けると思いつつ、次のお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】あかねさす少女 第9話「そこに在る黄昏」

 あかねさす9話を見て感想を書かせていただきます。
 これまでと違ったその世界は、ある意味では「最終決戦」の場にふさわしいかと。
 簡単に言えば「黄昏の王」がこれまでの全て事件の元凶なのでしょうか。

【内容】
 幼い日のシリアスカは祖母や弟とともに逃げていましたが、弟は行方不明になってしまいます。
 シリアスカはご神木の近くに侵入者がいると知り、その侵入者というのは明日架たちでした。
 明日架は帰る気はないといい、シリアスカは黄昏に飲まれた世界がどうなるのかと言ってきます。

 オープニングの後、明日架は優を楔にしたと説明しますが、こちらの優は黄昏に飲み込まれたとのこと。
 エロ優と優が融合している一方、シリアスカは雪吊りのようなアカネアンバーが浸食を止める存在であると説明します。
 黄昏の王を倒せばトモヤたちも元に戻るかもしれないとのことですが……

 黄昏と戦うために訓練をしている連中がいて、シリアスカは彼らのリーダーなのだとか。
 イコライザーを発現させるのは希有なことであり、奈々、クロエ、みあにはアストラルモジュールが渡されます。
 そして、イコライザーという力を持った者には責任が伴うのだと念を押します。

 アカネアンバーの濃度変化に異常があったことからシリアスカが戻ってきたとのこと。
 クラッターよりも上位の存在「黄昏の王」がやってきたとのことですが……
 シリアスカは他の世界を巻き込んで彼らと戦う算段を進めていたようです。

 優は子ども達に「黄昏の王」呼ばわりされて物をぶつけられ、泥や水を浴びてしまいます。
 現地にやってきた優はエロ優の意識が強まって明日架に抱きついてきました。
 シリアスカは子どもたちの勝手な行動に怒りますが、ますます危機が近づいたようです。

 明日架たちは出て行った子ども(タクミ)たちを探しに向かいますが、対黄昏部隊の人々は黄昏に飲み込まれます。
 少年の姿をした存在が「黄昏の王」なのかはさておき、奈々、クロエ、みあの3人は変身して戦闘を開始することに。
 優はエロ優でもあることから自分も変身できるのではないかと気づきますが……

 ご神木にひびが入ったかと思えば、いくつもの首を持った怪物が現れます。
 シリアスカが「私が倒す」と言って攻撃を仕掛け、渾身の一撃が相手を捉えるのですが、ご神木は砕けてしまいます。
 アカネアンバーは完全に溶かされ、住民達は逃げるようにと言われますが……

 シリアスカはタクミだけでも助けてほしいと言い、タクミを楔にして元の世界に戻るようにと一言。
 「失った可能性を見いだしてうれしかった」と言い、一人で黄昏の王に向かっていくのですが……
 優は明日架を押しとどめつつ彼女たちを元の世界に戻してしまうのでした。

【感想等】
 他のアニメよりもお話が早く進み、その内容も1つも2つも先を進んでいるような気がします。
 設定やキャラクターは言うまでもなく、幻想的ながらもどこか恐ろしい、例えようもない不思議な作品かと。
 雪吊りという地域性のある言葉、2人の優さんの「一人芝居」など見るべき点はあまりにも多いです。

 お話の終わりが近づいたのか、タイトルにも通じそうな「アカネアンバー」なる言葉が出ていました。
 それだけならまだしも「黄昏の王」がやってくると聞いてはさすがに厳しいような気がします。
 奈々さんやみあさんの戦闘シーンを見ていると、明日架さんや優さんがどんな形態になるのかが気になるところ。

 冒頭で弟さんが出てきて、中盤で似たような背丈のキャラが出てくれば、概ね正体は見えてきたような気がします。
 主人公サイドの敗北は想定内でしたが、実際にシリアスカさんを失っては涙に暮れるしかありません。
 残り4話だと思われますが、残された明日架さんたちがどうやって事態を収拾するのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】あかねさす少女 第8話「明日架とアスカ」

 あかねさす少女の8話を見て感想を書かせていただきます。
 奈々さん、みあさん、クロエさんと続いたので次は優さんだと思っていましたが……
 いつも真っ直ぐに進む明日架さんも彼女なりに色々と悩んでいるようです。

【内容】
 明日架たちは進路希望調査を出すか出さないかという話題になっていました。
 一旦進路表を出していたクロエは文系の大学だと思いきや、プログラミングにも興味を持っていました。
 明日架は実家を継ぎ、優は医学部を受けるというお話の一方で奈々はトモヤとのことを蒸し返されます。

 オクターブにやってきた明日架たちは女性客の多さに驚き、マスターが怪我をしているからとお手伝いすることになりました。
 初日はエプロンを着けて接客し、メイド服、ウエディングドレス、西部劇……と色々と衣装を着ていきます。
 別の世界だと判事だった女性がここではトモヤファンというのがなかなかに面白いです。

 5日目は奈々、クロエ、みあが来なかったものの、明日架は水着を着るといって優に突っ込まれます。
 その優は父親から電話がかかってきて、エロ優に毒されて塾をサボっていたことがばれてしまいました。
 明日架は優を塾に送っていき、その代わりにとシリアスカと一緒に接客をしていくことになりました。

 シリアスカはお客の中にいた少年に懐かしさを感じていたようです。
 そこに奈々がやってきて、続いてクロエやみあもやってきて、優もまた塾を抜けたとやってきました。
 付き合いの長い優は明日架とシリアスカの2人をあっさりと見抜いてしまいます。
 
 2人の「アスカ」は優たちと別れて自宅に戻り、シリアスカは自分の弟のことを思い出します。
 そこにおばあちゃんが戻ってきて同じ顔が2人いることに驚きますが、偶然そっくりさんがいたということに落ち着きます。
 シリアスカはいつの間にか(シン・アスカではなく)シリ・アスカという人物ということになっていました。

 とりあえず一同は食事をすることになりますが、父親は娘が後を継ぐことに反対しているようです。
 シリアスカは明日架が本当に後を継ぐのかと疑問を抱きます。
 お店で話しかけた男の子は自分のフラグメントではこちらのように無邪気ではなかったと言い出します。

 あちらの世界は夢を描くことが出来ない世界であり、シリアスでない明日架には「自由」でいてほしいと一言。
 次の日、2人のアスカはそれぞれに弟の夢を見ていたようです。
 そこに警報のようなものが鳴って、シリアスカは自分のフラグメントに帰ると言い出します。

 明日架はシリアスカについていくと言いますが、シリアスカは明日架には「未来」のあるフラグメントで生きてほしいと反論します。
 他のメンバーを呼び出した明日架はシリアスカのフラグメントに行くと言い出します。
 奈々は「行かないわけにはいかない」といい、優が楔になることになって扉を開くのですが……

【感想等】
 先日の「色づく」でも進路に悩むお話がありましたし、そういう意味では現実的なお話なのかなと思います。
 色々な世界を思い返すかのように色々な衣装を着てみる明日架さん達が素敵すぎました。
 某運命を見まくっていたせいか、シリアスカを時々シン・アスカと入力しそうになったのは内緒です。

 お店のお手伝いから本題に戻ると、明日架さんも優さんもそれぞれ悩みを抱えているのかも。
 お父さんは後を継ぎたくないのに継がされたような経緯があったのかなとついつい考えてしまいます。
 色々なしがらみなどがあって、現実には完全な自由はないのかもしれませんが……

 前半のコスプレや食事シーンといった日常から、終盤のシリアス展開と色々なものを詰め込んできました。
 急展開が続くとお話も終わりが近づいてきたのかとついつい考えてしまいます。
 明日架さんがどのようにもう一人の自分を救い出していくのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム