【アニメ感想】ラスボスに論破されつつ「機動戦士ガンダムSEED(のうち41~50話)」を見ました!

 今(2018年10)月と来月でSEEDを見ようかなと思っていましたが、気がついたら1ヶ月が経たないうちに最後まで見続けてしまいました。
 3クール目は親友との殺し合いやミリアリアさんの豹変など、視聴当時からやけに印象に残るシーンが多かったです。
 このあたりから最終決戦に向けて敵味方ともに役者がそろい、声優さんの演技にもひときわ力がこもっているように思えます。

【内容(4クール目)】
PHASE-41 ゆれる世界
 アークエンジェルの皆さんはオーブの皆さんとともに宇宙へ上がりますが、カガリは父を失ったショックで塞ぎ込んでいました。
 キラはカガリを励まそうとして抱きつかれ、オーブの「クサナギ」には技術者のエリカが乗っていたりします。
 ウズミは死に際にカガリにはきょうだいがいるといっていましたが、カガリはまだそのことを受け入れることが出来ないようです。

 一同は目的地をL4に定めますが、ムウはアスランに(父親がトップにいる)ザフトと戦闘する覚悟はあるのかと問います。
 アスランは自分の目指す世界はムウたちのそれとは同じだと説明し、ムウはオーブから託されたものは大きいのだと一言。
 彼らと同じように平和を望むラクスはオーブ国内では「反逆者」扱いされ、パトリックとの情報合戦を繰り広げます。

 パトリックはコーディネーターは進化した種であると告げますが、ラクスはそれを否定し、戦いの早期終結を訴えます。
 クルーゼは「様々な思惑が絡み合うのが戦争」とイザークに告げ、ラクスはダコスタとともに移動を開始します。
 ラクスはビクトリアは連合が奪還したこと、さらにはシーゲル(父親)が暗殺されたことを知らされます。

 アズラエルはフリーダム、ジャスティスは核エネルギーを使っているのではと推測し、自ら宇宙へ上がると言い出します。
 コーディネーターに返り討ちにされたことや母親に自分をコーディネーターにしてほしいと言われてビンタされたことを思い出すアズラエル理事。
 カガリはウズミが残した写真を見せ、キラとカガリは双子のきょうだいであることが本人の知るところになります。

 アズラエルは宇宙に上がり、クルーゼはフレイやイザークとともに本国に戻ることになりました。
 フレイはクルーゼに(中の人が同じ)父親の姿を重ねてますます依存し、カガリはウズミの実の娘ではないと考えて泣いてしまいます。
 アスランはプラントに戻って父親と話をしてくると言い出し、ナタルは「ドミニオン」の艦長に就任することになりました。

続きを読む

【アニメ感想】人間の難しさをこの身に感じつつ「機動戦士ガンダムSEED(のうち27~40話)」を見ました!

 今(2018年10)月に入ってからちょっとした合間にSEEDを見てきましたが、ついついのめり込んで3クール目までやってきました。
 1クール目では戦争に巻き込まれ、2クール目からそんな戦争への疑問が少しずつ出てきたように思われます。
 話数的にも後半に入り、誰と本当に戦わなければならないのか、視聴する側からも見極める必要があるのかもしれません。

【内容(3クール目)】
PHASE-27 果てなき輪舞(ロンド)
 仲間と共にオーブ領内に潜入したアスランは、どうしてもカガリのことが頭から離れませんでした。
 オープニングの後、アークエンジェルの修理作業が始まり、モルゲンレーテの本社ではエリカという技術者がガンダムの報告書を読みます。
 キラの戦闘記録を振り返りつつ、お得意の高速タイピングでOSを書き換えるシーンやカガリが叫ぶシーンが流れます。

 ガンダム5機のうち4機はザフトに奪取され、エリカはコーディネーターを倒すためにコーディネーターの力を借りるのは皮肉と結論づけます。
 アークエンジェルの指揮系統(ナタルとマリュー)には人的問題があることが指摘され、うまくいったのはキラの奮戦があったのだろうと一言。
 バルトフェルド率いる部隊との(砂漠での)戦闘は苦戦を強いられつつも、キラはまたも高速タイピングという離れ業で切り抜けます。

 アイシャの微妙な演技を振り返りつつ、キラはバルトフェルドの駆るラゴォを倒しますが、今度は海上での戦いが待っていました。
 キラの実力が他のコーディネーターをしのいでいることは明らかであり、SEEDなる(俗に言う種割れ)現象についても言及されます。
 エリカはキラに「アストレイ」というオーブ軍の機体を見せ、カガリはこれがオーブの意志を貫くための力なのだと説明します。

 カガリは父親を裏切り者だと言い、責任を取って結局は何も変わっていないのではないかと言い出します。
 エリカはカガリが父親にぶたれたことを示唆しつつも、女性パイロットたちがアストレイの操縦に苦戦しているさまが見て取れます。
 キラがサポートシステムを開発するようにといわれますが、果たして彼はそれを引き受けることになるのでしょうか。

続きを読む

【アニメ感想】サイ・アーガイルさんに同情しつつ「機動戦士ガンダムSEED(のうち14~26話)」を見ました!

 先(2018年9)月に放送10周年だからとガンダム00を見たので、今(2018年10)月は幼少期に見たはずのガンダムSEEDを見ていきます。
 1クール目ではキラさんが戦闘に巻き込まれ、同時にフレイさんに籠絡されていくさまを見せつけてくれました。
 地球に降り立ったキラさんたちの戦いぶりとそれぞれの確執について、しっかりと見届けて行ければと思います。

【全話(2クール目)】
PHASE-14 果てし無き時の中で
 血のバレンタインの悲劇から地球とプラントの武力衝突が本格化します。
 プラントの軍「ザフト」の少年兵たちがオーブのコロニー「へリオポリス」へと潜入します。
クルーゼは「物事は全て必然で成り立っている」「戦争は勝って終わらねば意味が無い」と発言をします。

 中立国のオーブはたちまちにザフトにじゅうりんされ、新型機であるガンダム5機のうち4機を奪取します。
 ザフト内部では「血のバレンタイン」の報復としてニュートロンジャマーなる(核分裂を抑制する)兵器を打ち込むと言い出します。
 核兵器が撃てなくなったことによってザフトの生産するモビルスーツが戦闘の中心となっていきました。

 クルーゼは議会でガンダムの脅威を説き、自分たちの攻撃に正当性があるのだと主張します。
 アスランはガンダムの性能、つまりイージスの変形、デュエルの汎用性、バスターの遠距離攻撃、ブリッツのステルスについて解説します。
 地球軍に残ったストライクは3種の武装を換装できる機体であり、ザフトはこれらの機体が量産されてはと主戦に傾きます。

 アスランは親友のキラはナチュラルに利用されていると言いつつも、今度は彼を撃つと言い出します。
 血のバレンタインの惨劇の映像と共に、ジョージ・グレンなる人物の解説がなされ、彼が遺伝子操作を受けたのだと宣言します。
 遺伝子操作のマニュアルが残ったことで人々の間には確執が生まれ、プラントという研究施設が一つの勢力となります。

 コーディネーターに対する反発は過激派「ブルーコスモス」を生み、フレイの思想もその影響下にあるようです。
 持つ者は持たざる者の気持ちはわからず、持たざる者が持つ者を妬む、その構造が戦争という大きな惨禍を引き起こしてしまいます。
 キラはアスランと敵対することになり、ラクスは「戦争は難しい」と言いつつノルマなのか歌を歌います。

続きを読む

【アニメ感想】過去の思い出を胸に「機動戦士ガンダムSEED(のうち1~13話)」を見ました!

 9月はガンダム00放送10周年ということでずっと00を見てましたが、今度は同じように幼少期に見たSEEDの方を見ていこうかと。
 初めて見たときは幼稚園の時なのですが、再放送の機会も多く、実は数回見た作品だったりします。
 特にファーストガンダムを見ているとところどころそれを意識したシーンがあったりして興味深いところです。

【まとめ(1クール目)】
PHASE-01 偽りの平和
 「ザフトのために」とモビルスーツが降り立ち、何やら不穏な雰囲気が出てきました。
 ナレーションによると「血のバレンタイン」によって地球連合とザフトの武力衝突は本格化し、硬直化したとのこと。
 オープニングの後、主人公のキラは高速でパソコンを叩いているとトールやミリアリアに声をかけられますが、近くで戦闘は続いているようです。

 「オーブが戦闘になることはない」というトールでしたが、キラはプラントにいるアスランとのことを思い出していました。 
 連合は中立であるオーブに秘蔵していた「G(ガンダム)」を回収しに向かわせますが、ザフトの仮面の男(クルーゼ)が機体ダッシュに動きます。
 フレイがサイとの色恋沙汰で盛り上がっている一方で、ナタルは平和ぼけしたオーブに半ばあきれていました。

 キラがゼミにやってくると金髪の女の子(カガリ)の姿がありますが、一方で、ザフトの兵が着々と潜入を進めていました。
 停船命令を無視したザフトの皆さんがモビルスーツを発信させ、連合のムウもまた出撃することに。
 巨大な爆発が起こり、機体奪取に動く兵士達なのですが、その中にはアスランの姿もありました。

 ザフトの攻撃を受けたキラたちは避難をはじめますが、カガリは「確かめたいことがある」と突然に飛び出していきます。
 中立国であるはずのオーブで地球軍の新型兵器が開発されているのを目の当たりにしたカガリは「お父様の裏切り者!」と叫びます。
 ガンダムは次々とザフト(イザーク、ディアッカ、ニコル)に奪われ、キラはカガリをシェルターに押し込みます。
 
 避難しようとするキラは逃げ道を塞がれ、なりゆきからマリューを助けることになりました。
 キラは戦火の中、アスランと再会し、アスランはそのまま逃走を余儀なくされてしまいます。
 なりゆきから残り1機のガンダムに乗ることになったキラなのですが、ここからどのように状況を打開するのでしょうか。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム