【アニメ感想】今年の夏を振り返りつつ「もしドラ(全10話)」を見ました!

 今年4月のメジャーセカンド放送から旧作を視聴し、さらに野球つながりで「おおきく振りかぶって」を見ていました。
 まだ夏(の甲子園)真っ盛りということで野球に絡めて「もしドラ」を見てみようと思います。
 おお振りと同じ公立高校が舞台ということなど、実体験を踏まえて感情移入しやすいというのが第一印象でしょうか。

【全話まとめ】
第1話 みなみは『マネジメント』と出会った
 親友に代わって野球部のマネージャーになった川島みなみは、書店でドラッガーの「マネジメント」を手に取ります。
 夕紀は病院で入院しており、お見舞いに来たみなみは「西瓜ミルク」を絶賛していました。
 野球の試合経過を詳細に語るみなみですが、監督はどうやら独り言の多い人のようです。

 祐之助のエラーによって失点したピッチャーの浅野は調子を崩し、2番手ピッチャーの新見も打ち込まれて敗北したようです。
 夕紀は「マネジメント」を見せられて呆然とし、全然違う本をドヤ顔で出したみなみは自分の性格を呪ってしまいます。
 似たような言葉だからと本を熟読することにしたみなみは、マネージャーの資質は真摯さという言葉に興味を持ちます。

 みなみは野球部員を「甲子園に連れていく」と宣言し、海馬社長の声をした監督も「いいんじゃないか」とそれに同調します。
 次郎には「甲子園って何だよ」と突っ込まれますが、みなみは夕紀はどうして野球をやっているのかと考えます。
 うちの野球部は公式戦3回戦がいいところという次郎に続き、みなみは事業(野球部)の定義について考えます。

 二階はドラッガーの本を持っている一方で、女子マネージャーがマネージメントなんて興味深いと一言。
 野球部の定義について、二階は起業を目的としていて、野球部はそのステップなのだと言い出します。
 真摯に練習に取り組んでいるという一言に何か思うところのあるみなみは、顧客とはなにかと考えていきます。

 野球部の「顧客」とは応援する人達、自治体、さらには高校野球に関わる全てと考えていきます。
 夕紀は小学生時代にみなみがサヨナラヒットを打ったことに興奮し、それゆえに野球部に入ったのだと告げます。
 自分が夕紀に気を遣わせたと感じたみなみは、野球部の定義はみんなを感動させることであり、目的である甲子園に必要なマーケティングについて考えるのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム