【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第12話(終)「ゆらぎ荘と幽奈さんと」

 幽奈さんの最終回を見て感想を書きます。
 ジャンプアニメとはいえ1クールで終わるとは、なかなかに厳しい時代なのかも。
 ニセコイも2期があったのでゆらぎ荘も2期はあると思いたいです。

【内容】
 気がついたらコガラシの布団に入り込んでいた幽奈さん。
 コガラシはさりげなく幽奈の乳を揉んで、幽奈は思わずサイコキネシスで彼を吹き飛ばします。
 幽奈はコガラシを川にたたき落とし、ただひたすらに平謝りするのでした。

 多くのメンバーが用事でいなくなり、ゆらぎ荘にはコガラシ、幽奈、呑子、朧の4人が残ることに。
 呑子はお礼にいいところに連れていくからと原稿を手伝ってほしいと言い出します。
 原稿もなんとかかったからと流れで南国リゾートにやってきた一同なのでした。

 朧は水着を着たといって露出の少ないそれを身につけてコガラシを困惑させます。
 コガラシは呑子の背中にサンオイルを塗り、さらに朧の背中も塗ってやります。
 続いて幽奈の背中にもサンオイルを塗りますが、呑子はアフレコして色っぽいお声を出します。

 お約束どおり吹き飛ばされたコガラシは岬で女性の幽霊を発見します。
 呑子によると政略結婚を押しつけられた娘が駆け落ちしようとしたものの恋人が現れなかったとのこと。
 恋人は事故で亡くなっており、娘は身を投げても今も待ち続けているとのことですが……

 コガラシ、幽奈は幽霊の「亜美(?)」に声をかけます。
 恋人と思しき男性「ヤスヒサ」の幽霊は近くにいるのですが、亜美は地縛霊なので動くことが出来ないとのこと。
 コガラシはヤスヒサを説得しようとしますが、彼は「亜美が怒っている!」とおびえていました。

 コガラシはこのままでは2人とも悪霊になるのではと告げますが、ヤスヒサは踏ん切りがつきません。
 幽奈は背中を押す誰かが現れない限り2人はこのままだと言いますが……
 コガラシは「やれるだけのことをやる」と言って再びヤスヒサに声をかけ、亜美にはもう会えないと言い出します。

 亜美を強制成仏させるというコガラシを前に、ヤスヒサは恐れを抱きつつも亜美とのことを思い出します。
 コガラシはヤスヒサを動かすために脅したことを告げ、それが通じたのかヤスヒサが亜美の前に現れます。
 亜美は容赦なくヤスヒサを殴りつけますが、ヤスヒサは彼女を抱きしめて2人そろって成仏することになりました。

 幽奈は2人の成仏を喜び、コガラシは幽奈を成仏させるため生前のことを教えてほしいと言い出します。
 呑子は名前どおりお酒を呑みつつも幽奈やコガラシのことを心配していました。
 朧は幽奈の能力から彼女の生前はよほど強力な霊能力者ではと推測しますが、幽奈には生前の記憶がありませんでした。

 「これ以上どんな未練があるというのでしょうね」と笑顔を見せる幽奈さん。
 コガラシは夢の中で自分がいれば幽奈は悪霊にはならないと訴え、お約束どおり胸を揉んで吹き飛ばされます。
 幽奈はコガラシを回収しようとし、コガラシは彼女の手を握って地上に上がります。

 笑顔を見せる幽奈を見て、コガラシは彼女を幸せにしてやると言ったことを思い出します。
 とりあえず水遊びをしつつ、改めて幽奈を悪霊になんかさせないと決意します。
 そして夏休みが残り少なくなり、みんなで朝風呂を浴びて(コガラシが吹き飛ばされて)お話を締めくくるのでした。

【感想等】
 冒頭から幸せそうに眠る幽奈さんですがコガラシさんのお布団に入っていて面白かったです。
 毎回修羅場になるところを見ると漫画家さんも色々と大変なのかもしれません。
 作者さんもあんな風に周囲にお手伝いしてもらっている……というのはないと思いますが。

 水着回でお色気のお話かと思いきや、いきなりシリアスな話題が振られて驚きました。
 「岬」と「恋人」というとドラクエ3のオリビアの岬を思い出すのは私だけではないかも。
 亜美さんの暴力シーンに驚きつつも、幽奈さんの優しさや2人の愛に穢れた心が浄化されました。

 幽奈さんの記憶がないところをみると、彼女を成仏させるのはまだまだ先ということだと思います。
 純真な彼女を見ていると、その恋心を叶えてあげたいと思う心もあるのですが……
 所々のお色気要素はご愛敬と思いつつ、2期があればよほど時間がない限りは継続してみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第11話「チークダンスと幽奈さん/期末テストと狭霧さん」

 幽奈さんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は妖怪とのバトルがメインと思いますが、お色気要素満載のオープニングとのギャップがすごいです。
 後半はテスト勉強(とラッキースケベ)のお話……でしょうか。

【内容】
 コガラシが女子と仲がいいのにいらだった同級生は大きな石を蹴り飛ばしてしまいます。
 そのおかげで巨大な妖怪がでてきますが、助けに現れたのは我らがコガラシくんでした。
 コガラシは妖怪を圧倒しつつも同級生が石を蹴り倒したことを自らが土下座して謝ります。

 妖怪は戦いを回避し、コガラシは封印を元に戻して戻ることに。
 千紗希たちが自分のために動いていることを聞いて、千紗希がいればいいと言い出します。
 そうかと思ったらラッキースケベ(セクハラ?)を忘れないコガラシなのでした。

 女子のお着替えシーンに続き、不自然な湯気の中で露天風呂に入ることに。
 男子生徒は女子の部屋にやってくると言い出し、幽奈は修学旅行みたいだと喜びます。
 壁を登ってやってきたコガラシはロッククライマーの霊に取り憑かれた経験があるのだとか。

 女性の先生が見回りにやってきて布団に隠れるコガラシさん。
 隣には幽奈、狭霧、千紗希と女の子が3人もいてはドキドキしてしまいます。
 幽奈がポルターガイストをしてコガラシはその隙に自分の部屋に戻っていくのでした。

 臨海学校の2日目は水族館にやってきて、幽奈はチンアナゴを触手の妖怪だと言い出します。
 同級生は千紗希をチークダンスに誘うと意気込み、幽奈はちょっとコガラシと踊りたいと考えてしまいます。
 夜になり、そんな幽奈の気持ちを察したコガラシは彼女とダンスを踊ることになりました。

 傍目には1人でダンスしているように見えるのですが、俺には見えているとコガラシさん。
 臨海学校は終わり、コガラシたちは期末テストの勉強をしていました。
 そうかと思ったら朧はコガラシに胸を押しつけてきてこれでは勉強になりません。

 幽奈は差し入れを作ることになり、ちとせも期末テストの勉強をすることになりました。
 ちとせは附属中学に通っているようなので別に勉強しなくてもいいらしいですが……
 こゆずや朧が惚れ薬について言及するかと思いきや、呑子は水着姿で誘惑してきます。

 ちとせはコガラシに勉強を教わることを考えますが、それでは中学に通っているとばれてしまいます。
 幽奈はかき氷を作り、朧はこっそりと惚れ薬を入れて持って行きます。
 コガラシではなく狭霧が惚れ薬を食べてしまいついドキドキしてしまいます。

 狭霧は自分にも女らしい部分があるのだと赤面しながら胸を出してきます。
 「可愛い女」と言われた狭霧はその勢いでコガラシに抱きつきますが、途中で惚れ薬の効果が切れてしまいます。
 狭霧は布団にくるまって「私の未熟者!」と叫んでしまうのでした。

【感想等】
 コガラシさんと妖怪とのバトルのはずが「チークダンス」なるタイトルがどうしても気になります。
 仲間の非を認めて頭を下げるのは戦って相手をやっつけるよりも難しいかもしれません。
 どんな能力も「霊に取り憑かれた」と片付けられるのは最強クラスのチートのようにも思えます。

 幽奈さんの気持ちを察してダンスするコガラシさんは普通にかっこいいなと思います。
 後半はテスト勉強のはずなのですが、朧さんや呑子さんは邪魔をしているようにしか見えません。
 惚れ薬を食べた狭霧さんの顔を赤くする態度を見ているとなんだか微笑ましく思えてきます。

 可愛い女だと言われるのはいいと思いますが、光があまりにも不自然すぎました。
 次回で最終回だとしても、掲載誌を考えるとすぐに2期目があるのかも。
 もしかしたら2期はお色気要素そのままにバトルアニメになっているかもしれませんが……
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」

 幽奈さんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 楽しい臨海学校のはずが、狭霧さんには大きな問題があったようです。
 水着を買いに行くだけでこれだけのお話にできるのは天才かもしれません。

【内容】
 今年の臨海学校は水着自由で行われるとのこと。
 狭霧は学校指定の水着しか持っていないので同級生(うらら)と水着を買いに向かうことに。
 男子の意見も必要(という名目)でコガラシも同行することになりましたが……

 幽奈は臨海学校を楽しみと思う一方、コガラシはこの手のイベントを楽しんだ経験がないとのこと。
 なんでも行事があるたびに霊に取り憑かれたり妖怪の争いに巻き込まれたりしたようです。
 コガラシは幽奈を臨海学校に誘い、狭霧は「水着売り場に妖怪が出る」といってコガラシを誘うことに。

 コガラシは妖怪の話を本気にし、うららは買い物をしているふりをするのだと言い訳をします。
 狭霧は顔を赤くしつつも水着を着ますが「囚人か!」「やめておけ」と突っ込まれます。
 うららはもっと攻めるべきと主張しますが、狭霧は「見るな!」と叫びコガラシは「攻めすぎ!」と突っ込みます。

 いろいろありながらもいいムードになったのを見て、うららは安心して去っていきました。
 狭霧は買った水着を身につけて悦に入ります。
 後半は幽奈も同伴で臨海学校に向かうことになりましたが、なじんでいるようです。

 海にやってきた狭霧ではありますが、ちょうど現地には妖怪が出るとのこと。
 狭霧は大胆すぎないかと考えていましたが、千紗希の攻めたスタイルに驚かされます。
 その後はボートを借りつつみんなで水遊びを楽しみ、男子生徒は(女子の水着を見て)歓喜に震えます。

 海に出る妖怪は女子の水着を剥ぎとるというけしからん妖怪でした。
 触手が女子(だけ)を拘束しますが本体を倒さなければならないようです。
 コガラシは海底にある本体を叩き、女子の平和を守ることに成功します。

 千紗希は昼間の一件を話しても信用されず、肝試しを利用してコガラシに霊感があると知らしめようと考えます。
 その千紗希は(くじ引きで)コガラシとペアを組むことになってしまいましたが……
 わざとらしく足をひねったと言い出し、コガラシは足を触ってきてその吐息を感じてしまいます。

 千紗希はコガラシにおんぶされて喜びますが、そこに幽奈が(お化けが出そうだと)やってきました。
 もちろん「お前もお化けだ」と突っ込まれますが……
 うららは木枯らしの戦闘能力を測ろうとし、狭霧は周囲の怪我を考えてそれを阻止しようとします。

 ドタバタしているうちに本物の妖怪が出てきて同級生を襲い出します。
 コガラシはこれを倒して同級生達に霊感体質を認めさせることができるのでしょうか。

【感想等】
 玄士郎さんとの一件ではバトルアニメ化の機運がありましたが、その後はお色気路線に戻ったようです。
 いちいち顔を赤くする狭霧さんは同性の目から見てもかわいいなと思います。
 「水着売り場に妖怪が出る」という誘い文句は笑いましたし、それを本気にするコガラシさんは真面目な人だと思います。

 ただの同級生ポジションかと思いきや、前半は狭霧さんよりもむしろうららさんのお話だったかも。
 和風のお話で「うらら」と聞けば「迷路帖」と思い浮かんでしまいます。
 普通にコガラシさんや幽奈さんがクラスになじんでいるのを見てすごくいいなと思います。

 妖怪がお色気路線に動くのは作中の性質上仕方がないのかもしれません。
 コガラシさんの必死な戦いぶりはアンゴルモアの迅三郎さんよりもある意味切実なようにも見えてきました。
 千紗希さんのような優しい女の子になりたいと思いつつ、次回のお話もみて見ようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」

 幽奈さんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は久しぶりに千紗希さんが出てくるお話みたいです。
 彼女がどんなドタバタに巻き込まれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 ゆらぎ荘にやってきた千紗希でしたが、ちょっと怖くなってしまいます。
 こゆずに会うという約束をしていること、幽奈とコガラシの関係が気になるので意を決して入り込みますが……
 入って早々に朧に迫られているコガラシを見て叫んでしまうのでした。

 オープニングの後、コガラシは事情を説明し、続いてこゆずがやってきます。
 いきなり「おっぱいが見られるんだね!」と大喜びするこゆずさん。
 狭霧は千紗希の服装を見て自分の胸元との差をついつい意識してしまいます。

 コガラシは新しい服を買うためにとバイトに向かいます。
 住民と対面した千紗希は呑子が大好きな漫画家だと知って思わず目を輝かせます。
 なりゆきからお泊まりすることになり、イタリアンなお料理を作る千紗希に夜々は餌付けされます。

 狭霧は千紗希の女子力の高さに直視できなくなってしまいます。
 それはそれとして千紗希は他の女性陣と一緒にお風呂に入ります。
 朧はコガラシを仕留めるにあたって助言を求めてきます。

 いきなり「子作りをしたい」と言い出す朧に「最低だよ」と突っ込みを入れる千紗希さん。
 眠るとき、幽奈を触っていく千紗希ですが、そのまま胸をつかんでしまいます。
 幽奈やこゆずは「恋バナ」を聞かせろと言い出しますが、千紗希は初恋もまだなのだとか。

 こゆずは男を悩殺する方法と直球な質問をぶつけてきました。
 大人に変化したはずが色々と隠せていないのが問題かと。
 とりあえず呑子から教わったポーズを実戦することになりました。

 チアリーダーの格好をする幽奈に思わず顔を赤らめるこゆずさん。
 ちさきはウエイトレスさんの格好をして「ご注文は私ですか?」などと言い出します。
 そしてこゆずは悩殺ポーズをコガラシに試してみてはと言い出すのでした。

 その夜、突然からだが動かなくなった千紗希でしたが、寝相の悪い幽奈に迫られていました。
 幽奈をどかして眠ろうとしますが、毎日コガラシがこんなことをしているのかとついつい考えます。
 そしてバイトから戻ってきたコガラシはいきなり千紗希のそばで眠ってしまいました。

 睡眠中のコガラシに迫られた千紗希はついついときめいてしまいます。
 このまま部屋を出ようとしますが、幽奈につかまれ、さらには思いっきり胸を揉まれてしまいます。
 さらにはコガラシに下着を取られてしまい、こゆずはおっぱいを吸ってきます。

 コガラシは無言で千紗希に布団を掛け、そのまま眠ろうとします。
 朧がやってきて子作りしようと迫ってきますが、コガラシは「ガチで惚れ合った女としかしない」とそれを拒絶します。
 「ならば惚れさせるまで」といって去っていく朧なのでした。

 一夜明け、ゆらぎ荘から去っていく千紗希さん。
 その際に幽奈のノートには「寝ぼけて裸で抱きつくのはほどほどに」と念を押しておくのでした。
 
【感想等】
 冒頭からああいうシーンを見せられるとこゆずさんの教育上アウトなような気がします。
 いきなりおっぱいを見せてほしいというこゆずさんも大概なのですが……
 ところで、真面目に考えて「女子力」とは一体何をさすのでしょうか。

 女の子同士の絡みはそれぞれのキャラクターが出ていてなかなかに面白いです。
 唯一の男性な主人公は蚊帳の外なのかアルバイトに向かってしまいましたが……
 男性顔負けにセクハラをする千紗希さんもある意味では大物……なのでしょうか。

 今まで出番が控えめだったこゆずさんがここぞというところで大暴れしたお話でしょうか。
 次々とセクハラをされる千紗希さんがかわいそうになったのは私だけではないはず。
 不自然な光が所々で気になりつつも、次回もしっかり見ていけたらいいなと思いました。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」

 幽奈さんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 序盤からピンチが続く状況とほのぼのとしたオープニングがなんだかシュールです。
 果たしてコガラシさんは幽奈さんを救出することができるのでしょうか。

【内容】
 正面から突撃してあっさり玄士郎に捕まってしまったコガラシさん。
 結婚できるのかという問いに対しては、肉体の有無など些細なことだと返されます。
 さらに「幽奈と夜な夜なエッチなことにいそしんでいたのか!」と憤りますが……

 コガラシは時間稼ぎのために玄士郎に喧嘩を売り、狭霧は幽奈の元にたどり着きます。
 狭霧は背後から朧の襲撃を受け、胸に度重なる攻撃を受けます。
 一方、「幽奈とナニをした」と言ったコガラシは玄士郎に拷問されそうになります。

 狭霧は幽奈もろとも朧に捕まってしまい、側室に迎えてはなどと言われます。
 揺れる乳房を見て「合格!」とハイテンションな玄士郎さん。
 幽奈は自分が嫁入りすることで仲間を助け出そうとしますが……

 コガラシは幽奈と風呂に入っていると言って玄士郎が怒ってしまいます。
 たちまちコガラシを天井にたたきつけますが、コガラシは普通に立ち上がって玄士郎を殴りつけます。
 べらぼうに強い霊能力者の弟子になったという彼が殴れないのは女だけなのだとか。

 朧は昔、玄士郎の母親に息子を託されたことを思い出してコガラシと戦います。
 狭霧を倒した朧は守り刀の擬人化(?)のようですが、コガラシもまた負けてはいませんでした。
 しかし、朧が「女」であることに今更気づいたコガラシは一転して苦戦を強いられます。

 突然呑子が登場して朧を制止し、続いて夜々もやってきます。
 朧は(男性のコガラシを含めて)全員を嫁がせようと考えますが、コガラシは戦わないに越したことはないと一言。
 一旦は刃を収めた朧に、コガラシは前々から考えていた作戦があると告げます。

 目を覚ました玄士郎は幽奈や狭霧が「成仏」したと聞かされます。
 すっかり信じ込んだ玄士郎は「黄泉の国でも達者でな!」と潔く彼女たちを送り出します。
 コガラシは「俺がお前を幸せにしてやる」とプロポーズともとれる発言をします。

 全員無事でゆらぎ荘に戻ってきたコガラシたち。
 しかし、朧は子供を作るといってコガラシの布団に入り込んでいるのでした。

【感想等】
 所々顔を赤くする玄士郎さんは恐ろしいというよりもむしろ面白いのですが……
 戦闘シーンで胸を攻撃するなど、みんなお胸がお好きなのでしょうか。
 所々のお色気シーンに困惑しつつも、幽奈さんが作品の良心なのかもしれません。

 所々で面白い反応をする玄士郎さんですが、かなりの強者なのは間違いないようです。
 コガラシさんが予想外に強かったのは驚きましたが、今後(他のジャンプ漫画みたいに)特殊な血筋が明らかになるのでしょうか。
 「俺が殴れないのは女だけだ」という台詞は普通にかっこよかったです。

 今回のメインの対戦相手は朧さんでしたが、「全員嫁いでもらう」と「成仏」発言は少し笑いました。
 玄士郎さんが「止まるんじゃねえぞ……」にならなかったのは幸いでしょうか。
 次回以降のお話はわかりませんが、いずれ玄士郎さんが宿泊してくる日が来るのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム