【アニメ感想】ハイスコアガール 第12話(終)

 ハイスコアガールの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 家出した晶さんを見つけ出したハルオさんがとにかく素敵すぎてときめいてしまいます。
 この作品がきっかけでレトロゲームを気軽にプレイ出来る流れになることを願います。

【内容】
 晶が家を心底嫌になったのだと察したハルオは彼女と共にゲームセンターに繰り出します。
 ハルオは母親に電話し、晶が(川崎で)見つかったことを告げます。
 母親は宿泊施設を予約してくれたようですが、2人が同じ部屋というところに突っ込みを入れます。

 セーブポイントにたどり着いたような安堵感と言い出すハルオさん。
 晶は帰りたくないと騒ぎだしますが、同時にハルオと一緒のことで顔を赤くしていました。
 深夜は何も面白いテレビを放送しておらず、ハルオは額縁の裏を見てシャーマンカーンを発見します。

 ハルオはシャワーを浴びた晶に思わず顔を真っ赤にします。
 つもりに積もった話があるはずが、とりあえずユニットバスに入ることに。
 微妙なテレビも日頃から拘束されていたお嬢様には新鮮なようです。

 ハルオはニューファミコンと「ファイナルファンタジー」と手書きされたソフトを出してきます。
 実際は「熱血大運動会」という名作であり、晶ははじめての家庭用ゲームに目を輝かせます。
 「ファミコンだってまだまだ遊べる」と言いつつ次世代機の移植具合を称賛するハルオなのですが……

 ハルオが目を覚ますと晶を目の前にしてつい正座してしまいます。
 バイトがあるからと部屋を出て行くハルオを晶はまるで妻のように送り出します。
 「アイツの支えになってやりたい」という考えつつバイトにいそしむハルオなのでした。

 バイトを終えたハルオは晶とともに帰路につき、もし嫌になったらいつでも来いと一言。
 晶はプリクラを取りたいと言い出し、ハルオに頭突きしたシールができあがりました。
 一方、小春はゲームセンターで圧倒的な実力を周囲に見せつけていました。

 小春に見知らぬ男性が一緒にUFOをキャッチしないかと言ってきます。
 そこにハルオがやってきて、男は「彼氏持ちか」といって去っていきました。
 ハルオは「もうすぐ2が出る」と鉄拳のプレイに没頭し、小春は真っ直ぐなハルオに惹かれているとつぶやきます。

 むきになったハルオは「刺身にしてやる」と粋がっていましたが、あっさりと相手に倒されてしまいます。
 小春はたまには肩を並べてパズルボブルでもやりたいとつぶやきます。
 ハルオの母は晶の事情を察して仲良くしてやってくれと言いますが、そこに小春がプレステ持参でやってきます。

 起動画面から延々と「家で鉄拳ができる!」と興奮するハルオさん。
 小春は「後ろで見ている方が好き」と目をときめかせていました。
 ハルオは逆に自分のサターンを小春に貸すことにしますが、小春はハルオと晶のプリクラ写真を見てしまいます。

 ハルオはスト2の実写映画のゲームが出ることについて言及します。
 小春は晶を「異性として」好きなのかと聞き、自分はハルオのことを好きなのだと告白します。
 自分が勝ったら付き合って欲しいと言い出すのですが……
 
【感想等】
 ハルオさんはかっこいいですし、お母さんも最後までいい味を出していました。
 言葉があまり出てこないながらも表情が豊かな晶さんがかわいいなと思います。
 「ファイナルファンタジー」と手書きで書かれたソフトには笑いました。

 熱血大運動会はプレイしたことがないので、晶さんならずとも新鮮な気持ちになりました。
 実際、ファミコンのゲームもまだまだ遊べるというのは事実だと思います。
 問題はソフト、本体ともに入手が難しく、クラシックミニも出来るソフトが限られているということでしょうか。

 ハルオさんの晶さんへの想いは素敵な一方で、小春さんとの絡みも普通にあってよかったかと。
 大好きな男の子のために一途にゲームをする姿には色々思うところも大きいです。
 パズルボブルの話題が出ましたが、某ブログに記載されていた「バブルボブル」のことをつい思い出しました。

 わざわざ本体とソフトを持ってきてくれる小春さんがいろんな意味で素敵すぎます。
 数年前まで現役だっただけにプレステの起動画面が実に懐かしく思えるのは私だけではないはず。
 プリクラ写真を見た小春さんの表情になんだか悶々とするものを感じてしまいました。

 相手が自分を見ていなくてもそれでも一途な小春さんに涙を流しつつ応援したいなと思えてきます。
 すごくいいところで終わったのですが、残りのお話は一体どうなってしまうのでしょうか。
 アニメ放送でしっかり完結してほしいなと思いつつ、ここで一度筆を置こうかなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハイスコアガール 第11話

 ハイスコアガールの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ハルオさんが高校生になってゲームの世界も恋愛もますます進んでいるのを感じます。
 晶さんと小春さんの勝者がハルオさんに告白する展開になるのでしょうか。

【内容】
 小春はゲームセンターで晶を見つけて声をかけます。
 宮尾は空気を読んで2人に話しかけますが、晶は相変わらず口を開きませんでした。
 小春は晶と対戦すると言い出しますが、宮尾はかんしゃくを起こした大人を見てやめた方がいいと忠告します。

 土井はハイテンションで飴を狙いますがなかなかうまくいきませんでした。
 小春はもしハルオが高校受験に合格したらどうなっていたのかと対考えてしまいます。
 ハルオについて聞かれた晶はボールに頭をぶつけてしまいます。

 晶はバーチャコップをすることにし、小春も一緒にやると言い出します。
 小春はハルオのことをどう思っているのかと語りかけると、晶はミスを連発してしまいます。
 そうかと思ったら小春が告白すると言い出すと急に実力を示してきました。

 晶はゲーセンを去っていき、小春は自分が何をやっていたのかと考えてしまいます。
 家に戻った晶はゲームセンターに行ったことを「グレる」兆候と家庭教師の女性に怒られてしまいます。
 じいやはバーチャルボーイを買ってあげてほしいと訴えますが……

 家庭教師は晶に一切の金銭を与えず、午後4時の直帰を原則だと言い出します。
 一方でハルオは友達から借りたというネオジオCDをプレイしますが、そのロードの長さに驚きます。
 晶はハルオを意識して思わず悶々としてしまいますが……

 1995年7月、ゲームセンターを探し回るハルオでしたが、問題の晶の姿が見つかりません。
 ハルオは実戦のカンを取り戻して完全復活したと言い、小春に雪辱を果たそうとします。
 小春はハルオが晶を意識していることに悶々としてしまいますが……

 ハルオは「バーチャルボーイ」を買うためにアルバイトに励んでいました。
 じいやは晶が家出したと言い、彼女を取り巻く状況について説明しつつも心配します。
 ハルオはもっと早く晶に会えばよかったとついつい考えてしまいます。

 川崎にやってきたハルオはゲームショップでニューファミコンを見て興奮します。
 ガイルやダルシムに殴られつつ晶を探索するハルオさん。
 持ち金が少ないのならば長く遊べるゲームをやっているのではないかと推測します。

 ゲームのキャラがハルオに声をかけ、ハルオはついに連勝を続ける晶を発見します。
 「飯でも食いに行くべ」と晶を連れ出すハルオさん。
 次のお話では2人の因縁に決着が付けられることになるのでしょうか。

【感想等】
 高校生になった小春さんは前向きで魅力的な女性になったと思います。
 晶さんもミステリアスな美人さんですが、彼女が一言も発しないのは何か事情があるのでしょうか。
 言葉こそ発しないもののハルオさんを意識しているのは明らかではあるのですが……

 晶さんを取り巻く状況があまりにも厳しくて驚きました。
 作中で出てきたバーチャルボーイ、ネオジオCDはさすがに見たことすらないです。
 今は「ネオジオミニ」なる存在があるようですが、まだまだ買う日は遠いのかもしれません。

 状況が状況だけに晶さんが家出したというのはなんだかわかる気がします。
 ゲームのキャラが所々に突っ込みを入れてくるシーンは相変わらずシュールでした。
 次回は最終回と思いますが、晶さんと戦って告白して終わるのではないかと考えます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハイスコアガール 第10話

 ハイスコアガールの10話を見て感想を書かせていただきます。
 長かった受験が終わり、高校生になったハルオさんは一体何を思うのでしょうか。
 違う学校でも普通にゲーセンで晶さんと話せばいいと思いますが……

【内容】
 1995年6月にはアーケイドの名作が家庭用ゲーム機に次々と移植されていました。
 高校1年生になったハルオは自宅でセガサターンをしていて母親に凝視されます。
 また、同じく高校生になった小春は見知らぬ男子に告白されてもあっさりと振ってしまいます。

 小春はいまだにハルオに未練がありましたが、同じ学校ではありませんでした。
 いきなり小春が家に入ってきて困惑を隠せないハルオさん。
 ハルオは早朝のバイトをしていてサターンのソフトを買うことに熱中しているようです。

 第2志望の高校に入ったハルオは宮尾と一緒になったようです。
 小春の家にはプレステがあるようですが、ハルオはサターン派だからプレステに浮気するわけにはいかないと言い出します。
 久しぶりにゲーセンにやってきたハルオに小春が戦いを挑んできましたが……

 豪鬼をあっさりと出してくる小春に驚きつつ、ハルオは本田という「ハンデ」を使って勝負します。
 負けてしまったハルオはヴァンパイアハンターで再戦しますが、またも大敗を喫してしまいます。
 才能に努力を重ねた小春に対して、ハルオは家庭用ゲームという「わた」に包まれていたと呆然とします。

 ゲームも勉強もダメダメだったハルオは晶に声をかけることができませんでした。
 ガイルが諦めちゃダメだと声をかけてきて、そのまま殴り倒されてしまいました。
 「俺より強い奴に会いに行く」と意気揚々とゲーセンに入っていきますが……

 ゼロからやり直そうとしたハルオはストリートファイターゼロに挑むことに。
 しかしガイルはゼロには出てこないようで、彼の親友のナッシュが出てくるようです。
 あえて「ガイ」なるキャラを持ちキャラに選び、音楽でさらなるテンションアップにいそしみます。

 土井はスピッツやミスチルを聞けと言ってきますが、彼は流行を追いかけてもモテていないようです。
 ハルオに晶について問いかけてきますが、ハルオは一緒にいたのは「幻覚だ」と言ってやり過ごします。
 さらに宮尾もハルオが心配だと近づいてきて、言わなきゃチューすると言い出します。

 ハルオはゲーセンにやってきましたが、宮尾や土井も一緒についてきました。
 昔のようにゲームへの愛を取り戻そうとするハルオに対して、宮尾たちはコインゲームにいそしんでいました。
 そこに小春が出てきたので、ハルオは俺の闘志に火を付けたのはお前だと言い放ちます。

 宮尾は小春がまだハルオのことを好きなのだと考えますが、これを晶に見られてはどうするのかと考えます。
 小春は昔を思い出しつつゲームを続けてハルオを圧倒し、ハルオは下ネタで心を揺さぶって2セット目を取り戻します。
 自分がハルオと同じ土俵に立ったのだと実感した小春は自分が勝ち進むことでハルオの気をひこうとするのでした。

 ハルオは悲しがってその場を去り、土井はどうして自分がモテないのかと考えてしまいます。
 宮尾はハルオはゲームバカではあるものの、人間的魅力を持ち合わせているとフォローします。
 一方、小春はふと晶と鉢合わせしてしまうのでした。

【感想等】
 受験のことはさておき、ゲームにいそしむハルオさんを見ていると安心します。
 小春さんと同じ学校に行くのだと思っていたのは私だけではないはず。
 髪の毛が伸びた小春さんはますます美人さんになり、ゲームまでうまくなっていて驚きました。

 自信を打ち砕かれたハルオさんでしたが、まだまだ晶さんへの思いは残っていたようです。
 ゲームだけでなくて音楽にもゲームを取り入れるところは彼らしくていいかなと。
 土井さんはよくわかりませんが、高校でも同じになった宮尾さんは普通にいい人だと思います。

 晶さんというラスボスに挑む以前に小春さんという伏兵があまりにも強すぎました。
 次回は小春さんと晶さんがハルオさんを取り合う展開になるのでしょうか。
 大敗を喫したハルオさんがどんな形で彼女たちと向き合うのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハイスコアガール 第9話

 ハイスコアガールの9話を見て感想を書きます。
 晶さんとのやりとりはもちろんのこと、お母さんの言動もなかなかに興味深いです。
 とはいえ生まれる前の出来事ではあまり実感もないのですが……

【内容】
 小室哲哉と篠原涼子にぞっこんのお母さんに一緒に映画を見に行かないかと言われるハルオさん。
 母は家なき子の録画を見て、ハルオはいつもどおりゲーセンにやってきたら晶がじいやさんに捕まっていました。
 ハルオは晶の息抜きの相手をすると言いつつ、じいやはパチンコ屋に向かいました。

 バーチャファイターでは同名の「アキラ」を使う晶さん。
 ハルオは忍者のキャラを使いますが、あっという間に倒されてしまいました。
 そもそも家庭用ゲーム機を持たない彼女の上達の早さに驚きます。

 なんとか晶を押し出して勝利したハルオですが、晶はことのほか冷静でした。
 ハルオは晶がひとりぼっちなことを心配していましたが……
 プレイステーションやセガサターンについて力説するハルオなのでした。
 
 晶と遊びつつも、自分と彼女は別の高校になるのかと考えるハルオさん。
 ハルオ、晶は一緒に川崎にまで遠征にやってきましたが、新しいゲームの動きに思わず目が輝きます。
 もうすぐ夏が終わり、これからは気軽に出かけることができないなと語りかけます。

 ハルオは晶に、自分と一緒にいて楽しいかと問いますが、彼女は無言で去っていきました。
 自分がいい気晴らしになればと言いつつも、晶と一緒にいたいのだと考えるハルオさん。
 同じ学校に行くためにと勉強を続けるハルオに母親は思いっきり感激してしまいます。

 ハルオの受験については先生には「無謀」とまで言われますが、一方でその姿勢は評価されます。
 きっかけは何だったのかと問われたところで母親は自分への愛だと言い出します。
 年末にはセガサターンやプレイステーションが出るという状況でも動かないハルオなのでした。

 ハルオは先生や小春、宮尾のアドバイスを受け、真っ直ぐに帰宅して勉強をしていきます。
 ゲーム機が遊んでほしいと誘惑してきますが、とりあえず押し入れに入れておくことに。
 晶は目に見えて調子が悪くなってしまい、ハルオは激動するゲーム業界に触れることなく受験を迎えます。

 受験当日、じいやは(母親から聞いたということで)ハルオを迎えに来ました。
 じいやはずっと晶がハルオを待っていて、彼こそが支えであったのだと告げます。
 ハルオは車の中でゲーム業界の流れについて触れ、晶と同じ学校を受けると言いますが……

 1942という受験番号にゲームのタイトルを思い出すハルオさん。
 同じ学校に行ったら想いを伝えるつもりでしたが……
 結局ハルオは合格することができませんでした。

【感想等】
 冒頭のお母さんの言葉(篠原涼子、家なき子等)で歴史を感じるのは私だけではないはず。
 ハルオさんと晶さんが一緒にゲームをしているとなんだか微笑ましく思えてきます。
 プレイステーション、セガサターンがどうなったのかと考えるとなんだか複雑な心境です。

 色々な格闘ゲームやゲーム機の話題が出されても半分以上わかっていない私がいます。
 好きな女子のために一生懸命に勉強する姿に青春を感じてしまいます。
 私も受験期にゲームを絶った経験はありますが、さすがにここまでの覚悟はありませんでした。

 小学生の頃にハルオさんをひいていたじいやさんでしたが、ハルオさんに期待しているのがちょっとうれしいです。
 無言でそっと手を触れてくる晶さんが乙女だなと思いつつ、彼女が声を発することができないという疑惑も気になります。
 受験結果は残念ではありますが、一方で高校は小春さんと同じという展開がありそうな予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ハイスコアガール 第8話

 ハイスコアガールの8話を見て感想を書きます。
 修学旅行のお話のはずがゲームに傾くのはハルオさんらしいかと。
 遠い大阪の地で晶さんとの決着は付けられるのでしょうか。

【内容】
 修学旅行は自由行動になり、ハルオは晶がぼっちになっているのを見かけます。
 宮尾は晶に告白すると言い出す一方でハルオは抜け出してスパ2X(ゲーム)の大会に出るようです。
 小春はハルオを「自分勝手」と言いますが、そんな彼にどこかで惹かれているようです。

 ハルオは「インド人を右に」と教えられて近鉄奈良駅から大阪へと向かいます。
 大会会場にやってきたハルオですが、晶もまた大会に出ていることに気づいてしまいます。
 優勝賞品のお風呂セットは微妙ですが、晶は沖縄から遠征した相手をあっさり倒してしまいます。

 ハルオは「待ちガイル」を封印して戦いに臨みますが、そこにガイルが直々に声をかけてきます。
 あっさりとリュウ似の男を撃退したハルオはあっさりと決勝トーナメントに進みます。
 晶のザンギエフは「人間掃除機」となって敵を撃退し、ついでにハルオの足を踏んづけてしまいました。

 解説の男は「オレより強い奴がそこにいる」と言い出しますが、ハルオは晶を意識して勝利を重ねます。
 決勝を前にしたハルオは豪鬼使いの男と戦うことになりましたが……
 相手が入力コマンドを失敗したこともあってハルオは無事決勝に進出します。

 晶と戦うことになったハルオは間合いを保ちますが、晶も決して負けてはいませんでした。
 ハルオは1セット目を先取しますが、晶が2セット目を取って一進一退の攻防が続きます。
 違和感を覚えつつも勝利したハルオはトロフィー(とお風呂セット)を入手しますが……

 大会直後、ハルオは晶の筐体のパンチボタンがきいていなかったことに気づきます。
 憤るハルオは裏拳を打ち込まれつつも自分が必死に戦ってきたことを告白します。
 最後はリアルファイトになりますが、晶が自分の渡した指輪を持っていることに気づきます。

 晶はお風呂に入り、ちょっとしたところでお風呂セットが役に立ちました。
 参加賞のTシャツでペアルックになり、そのままホテルに戻った2人なのですが……
 宮尾はハルオと晶の関係を察して「オレがつけいる隙はなかった」と言い出すのでした。

【感想等】
 修学旅行にもかかわらず神社仏閣よりもゲームが先に出るハルオさんはいつも通りかと。
 唐突に出てきた「インド人を右に」というのは「ゲーメスト」で有名な誤植らしいですが……
 ゲームの大会というと「うまるちゃん」でUMRさんとTSFさんの戦いを思い出してしまいます。

 格闘ゲームは得意ではないですが、これを見ていると実際にプレイしたくなってきます。
 筐体の形的にはネオジオミニの存在も気になるところですが……
 メガドライブミニの発売が決まった今、PCエンジンミニが出ることを切に願います。

 3年越しの戦いは不本意な決着になりましたが、晶さんと目と目を向けて話せたのは大きいかも。
 ゲームでの戦いよりもむしろリアルファイトの方が白熱していたようにも思えます。
 修学旅行が終われば受験が本格化してきますが、ハルオさんはやっぱりそれでもゲームに傾くのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム