【アニメ感想】ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王- 第12話(終)「世界は広く、果てしない」

 ロードオブヴァーミリオンの12話を見たので感想を書きます。
 ますますハイスピードでお話が進みつつも一応最後まで進んだようです。
 最後まで一部キャラの意図が理解できなかったのは内緒です。

【内容】
 二つの世界を1つにつなごうとするグラマンを阻止しようとする千尋たち。
 彼らの前には因縁の敵であるカークが立ちはだかります。
 千尋は自分がカークと戦うと言いつつ他のメンバーを先に進ませることに。

 カークは「ヨルムンガンド」を召喚して、多くの人間が犠牲になったのは千尋のせいと言い出します。
 虎徹たちは財団本部にやってきて、突然ドゥクスが出てきつつも「学者らしいこと」と傍観者に徹します。
 千尋はカークに追い込まれて一度仮死状態になりますが、そこにドゥクスの声が聞こえてきました。

 虎徹は小梅を先に行かせつつ椿にラブコールを送ります。
 小梅が財団本部に向かい、グラマンがチユを差し向けようとしますが「詭弁」と言われてしまいます。
 チユは自分がミツキとグラマンのDNAから作られたと言いつつ、ミツキはグラマンを愛していなかったと言い出します。

 グラマンは「信じないぞ」「私は信じない!」と発狂してどこかに行ってしまいます。
 小梅はチユに追い込まれ、真っ白になった千尋はドゥクスとの対話を続けます。
 「生きろ」と言われた千尋は復活してカークに反撃し、ヨルムンガンドを焼き払ってしまいます。

 カークは千尋を許さないと叫びますが、あっさりと腕を斬られて胸を貫かれて終わります。
 鎮護国禍の樹里亜たちが乱入してきたかと思えば小梅は「命に不良品はない」とチユに反撃を加えます。
 グラマンはあっさりと向こうの世界に飛ばされますが、ドゥクスによると「失敗」に終わったとのこと。

 「紅蓮の王」には世界を構築する力があると言われた千尋ですが、目の前に優羽莉が立ちはだかります。
 優羽莉はヤンデレをこじらせて千尋を先に行かせないと攻撃を仕掛けてきます。
 千尋に「大切な人」と言われた優羽莉は突然正気を取り戻し、抱き合って一緒に行きたいと言い出します。

 2人はロミオとジュリエットについて言及しつつ空にあるゲートを目指します。
 「僕に最後の勇気を」と優羽莉をはねのけた千尋は一人で全ての決着を付けようとします。
 千尋はゲートを消し去り、地上に落ちた優羽莉は呆然と空を見上げ、最後はココアを飲むのでした。

【感想等】
 10話前後からキャラクターが次々と亡くなり、その傾向は最後まで変わりませんでした。
 お話を詰め込むための急展開だったのか、豪華キャストのギャラ節約だったのかはわかりません。…
 笙子さんはなんだかんだ言って最後まで残ると思っていたのですが……
 
 序盤から最終決戦といわんばかりに激戦が繰り広げられ、最終回なんだなとつくづく感じます。
 ここまで来て登場人物のほとんどに好感が持てなかった作品も珍しいかも。
 特に順さんやカークさん、グラマンさんと財団側の人物に問題人物がそろっていたように思えます。

 千尋さんは主人公らしくなってきたと思いますし、小梅さんが普通にかっこよかったです。
 2クールだったらそれぞれのキャラをもう少し色々描けたのかもしれません。
 優羽莉さんが亡くならなかったのは救いだと思いつつ、ここで一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王- 第11話「か弱き花の蕾には、薬もあれば毒もある」

 ロードオブヴァーミリオンの11話を見て感想を書きます。
 次々とキャラが倒れていき、終わりに近づいているのをひしひしと感じます。
 未だに登場人物のお名前を覚え切れていないのは私だけではないはず。

【内容】
 第2の大共鳴が阻止されたことに安堵する優羽莉さん。
 しかしグラマン(父親)は「本当の戦いはこれからだ」とまだまだ戦う気満々でした。
 彼は「チユ」なる娘を出してきますが、カークは「同士ではあって部下ではない」と一言。

 カークは順を殺したのは千尋だと言い出し、千尋を倒すことが目的だと言い出します。
 笙子は自分が人工要石を破壊したのだと報告しますが、虎徹は千尋がみんなを救ったのだと称賛します。
 最後の英血だけが「紅蓮の王」になると言い、自分がそれにふさわしいと主張する笙子でしたが……

 英血は次々と倒れて血晶となって補完されることに。
 グラマンはチユを連れて地下に潜り、彼は「お前だけだ」と妻に会いに行こうと考えていました。
 笙子は自分こそが紅蓮の王になると主張して千尋たちを殺すしかないと考えますが……

 カークは笙子をあっさりと倒し、優羽莉は千尋が人々を殺す偽の映像を見せられて困惑します。
 優羽莉は千尋を取り戻せと言われて洗脳されてしまいます。
 ドゥクスは笙子が死んでも何も動じず、財団は東京ごと異世界に行こうとしていると言い出します。

 千尋は優羽莉と会ってココアを飲んでちょっと安心しますが、千尋は自分が(カークのせいで)観客を殺したと告白します。
 犠牲は仕方がないと言い出す千尋に、優羽莉は「私、知らない!」「戦わないで」と言い出します。
 優羽莉は2人で逃げたいと言いますが、千尋はその手をはねのけて去っていこうとしますが……

 自分が千尋を止めるのだと攻撃を仕掛けてくる優羽莉さん。
 嫉妬に駆られた英子(セルディッド)は「主を守るのは私の使命」と言い、そのまま優羽莉を殺そうとします。
 千尋はやめろと呼びかけますが、セルディッドはあっさりと倒されてしまいました。

 優羽莉はどこかに飛んでいき、グラマンはチユを操って全ての要石を起動させます。
 突然地面が盛り上がり、空にはゲートのようなものが生成されていました。
 千尋は自分にまだやることがあると言い、仲間と共に最後の戦いに赴くのでした。

【感想等】
 最終回直前のここにきて優羽莉さんのお父さんのお名前を初めて知りました。
 私怨丸出しの順さんもそうですが、殺人を人のせいにするカークさんは救いようがないような気がします。
 三木さんの悪役キャラを見られたという意味では重要なのかもしれませんが……

 笙子さんの退場はもっと後だと思っていたのですが、生き残っていたらもっとひどいことになっていたかも。
 娘を自分の目的のために洗脳する父親は親としても人間としてもどうかと思います。
 ドゥクスさんの棒読みは彼女の無機質さを示すための演出なのかもと最近思うようになりました。

 優羽莉さんが正ヒロインなのは間違いないと思いますが、どうでもいいと言い出すのも無責任な気がします。
 次々と死ぬキャラは(豪華キャストゆえに)ギャラ削減のためなのかもとちょっと考えてしまいます。
 おそらく次で最終回だと思いますが、どんな形でお話を締めくくるのか、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王- 第10話「我が名を呼ぶのは、我が魂」

 ロードオブヴァーミリオンの10話を見て感想を書きます。
 ますます展開が早くなり、お話の終わりも近づいてきたのは間違いないはず。
 その割には登場人物がいまいち頭に入っていないのですが……

【内容】
 財団は人々の幸せを志向してシアターを作っていると言いますが、どう見ても怪しさ満点です。
 色々と評判の悪い柿原のおかげで財団の目的がわかったようです。
 千尋たちはなんとか椿を仲間に引き入れますが、北斗七星が完成したら第2の大共鳴が怒るのだとか。

 笙子は優羽莉の名前を出して千尋をあおりますが、それでも千尋は運命を変えるのだと告げます。
 財団のトップは娘(優羽莉)すらも切り捨てる気満々で、順は自分が千尋と戦わせてもらえなくて不満を抱きます。
 順は迷わず優羽莉を殺すべきだったと言って去っていき、晴は優羽莉に突っかかってきます。

 カークがコンサートをするということを知った千尋は観客全員が人質なのだとつぶやきます。
 笙子は「多少の犠牲はやむを得ない」と言い切り、千尋は演奏が行われる前にカークを倒そうと考えます。
 千尋は夢の中でドゥクスと会話をしつつ今度は間違えないのだと言い切りますが……

 晴は順に奮起を促し、千尋たちが現地に攻め入りますが、カークは人々を魔物にして応戦します。
 千尋はカークに奇襲し、晴と戦っていたのは本物ではなかったようです。
 そして順がカークの前に立ちはだかり、千尋は一度に2人を相手にすることになりました。

 「主は来ませり」と連呼して観客を魔物にしていくカークさん。
 千尋は犬樹と約束したのだと順を圧倒し、順はカークによって背後から刺されてしまいます。
 カークは晴たちをも犠牲にして挑みかかりますが、千尋は真の力に目覚めて魔物を一撃してしまいます。

 千尋はカークにとどめを刺そうとしますが、カークはそのまま逃げてしまいました。
 一方で財団のトップはチユという娘に泣きついていました。
 果たしてこのお話はどんな形で締めくくるられることになるのでしょうか。
 
【感想等】
 登場人物が出そろい最終決戦が近づきますが、どのキャラも癖が強いという印象です。
 財団は容赦なく人々を犠牲にしますし、笙子さんをはじめとして問題のある人物が多すぎます。
 いっそバトルロイヤルで決着を付けた方がいいのかもしれません。

 大共鳴を起こすためにわざわざホールまでを作るという回りくどさがなかなかシュールです。
 はじめから魔物にするために人々を集めるという目的があったと考えるのが自然なのかも。
 そして相変わらず私怨で動く順さんに誰か突っ込みを入れないのでしょうか。

 千尋さんが「紅蓮の王」なのは確定でしょうし、戦闘シーンは普通によかったと思います。
 カークさんの非道さがあまりにもひどくロケット団のあの方が可愛く見えてきます。
 千尋さんがカークさんを倒し、財団を壊滅させてこのアニメは終わりになるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王- 第9話「死を前にして人は陽気になることがあるという。」

 ロードオブヴァーミリオンの9話を見て感想を書きます。
 優羽莉さんの裏切りには彼女なりの考えがあったりするのでしょうか。
 こうなったらもう全員で戦った方が早いかもしれません。

【内容】
 優羽莉の裏切りに呆然とする千尋は、さらに鎮護国禍に手のひらを返されます。
 オープニングの後、優羽莉の父は人々を閉じ込めて魔物にする実験をしていました。
 笙子は「渾沌の手先と馴れ合うとは愚の骨頂」といい、柿原に至っては「死神」と罵ってきます。

 柿原は教会とは縁を切って一人でマリエの敵を討とうとします。
 彼は千尋が自分の死ぬ夢を見たと聞いて、それを記事にするのだと言い出します。
 千尋は柿原が嫌いだと言いつつも運命を変えなければならないと訴えますが……

 お父さんは娘をたぶらかされたことに憤り、千尋に紅蓮の王としての資質を感じます。
 虎徹は椿に柿原のことを伝え、柿原はマリエのスマホの着信履歴から何かをつかみます。
 親に棄てられたという過去を持つ柿原は千尋にどうして心中を拒んだのかと問い詰めます。

 千尋は犬樹を念頭に置いて「残されたことには意味がある」と訴えかけます。
 柿原は千尋の目が変わったことを指摘し、生きようとしているという意志を感じていると告げます。
 彼は財団が人工的に結界を作る装置を作っていて、第2の大共鳴を起こそうとしているのだと推測します。

 カーク鏑木は有名なピアニストらしいのですが、今は財団の人間になったようです。
 千尋はたちまちに呪縛されますが、柿原がそれをかばうことに。
 つばさを目の前で失った柿原はカークに向かっていきますがあっさりと返り討ちにされます。

 柿原は千尋に「お前は(父親を)殺していない」と言いつつも倒れてしまいます。
 椿がカークを追いかけていき、柿原はお前も俺も同じだったと言い「生きろ」と言って死んでしまいます。
 ドゥクスは「また全滅でしょうね」と言い、第2の大共鳴が近いのだと言い出すのでした。

【感想等】
 優羽莉さんの裏切りの背景がよくわからず呆然としたのは私だけではないはず。
 結局わかり合えないのならば最後は戦うしかないのかもしれません。
 一番腑に落ちないのはジャーナリストにもかかわらず裏付けもなく人を疑う柿原さんなのですが……

 人間を実験材料にするお父さんは明らかに怪しく、一番の危険人物のように思えます。
 どんな状況でも真っ直ぐに前を向く千尋さんの精神力には驚かされます。
 そして改めて考えるのは、優羽莉さんの裏切りは本当に彼女の真意だったのでしょうか。

 柿原さんが急に心変わりしたのは驚きましたが、彼はジャーナリストとしては微妙なような気がします。
 「生きろ」という言葉を伝えることで千尋さんがどれほど救われたのかはわかりませんが……
 ドゥクスさんの演技が微妙なのはさておき、最後は本当に全員でのバトルロイヤルで終わるのかもしれません。
 
 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ロード オブ ヴァーミリオン -紅蓮の王- 第8話「死ぬほどつらい悲しみも別の苦悩で癒えるもの。」

 ロードオブヴァーミリオンの8話を見て感想を書かせていただきます。
 仲間を増やそうとする千尋さんは正論ではありますが……
 どこの世界でも、やはり戦わなければ生き残れないのでしょうか。

【内容】
 千尋は仲間達だけでなく鎮護国禍の皆さんを集め、協力できないのかと申し出ます。
 「東京を破壊しなくても世界は救える」と主張する千尋さん。
 さらにその場に財団の優羽莉までもが出てくるのですが……

 千尋は優羽莉が虎徹を救ったと言い、運命は変えられると主張します。
 東京を破壊することなく英血が生き残ることで財団の襲撃を乗り越えられるとのこと。
 笙子は「東京が滅ぶか、英血が滅ぶか」と言い出して反発します。

 千尋の申し出に協力する人間が出る一方で、笙子や樹里亜、駿河が去っていきます。
 優羽莉の父親は順に娘にはまだ利用価値があると言い出して彼女を連れ戻すようにと言い出します。
 柿原はマリエから得た資料を得て13年前の千尋のことをを思い返しますが……

 父親を殺したと自供した千尋でしたが、結局は無理心中ということで片付けられます。
 柿原は千尋が父親を殺したのだと固執しますが、父親はダイイングメッセージを残していたとのこと。
 それでも父親を殺したのは千尋だとわめく柿原なのですが……

 財団が第2の大共鳴を起こしていると聞いた千尋たちはそれを阻止するために動こうとします。
 一方で笙子は「後悔しますよ」と意味深な言葉を残しますが……
 千尋は優羽莉との会話で、改めて全員が笑顔になる結末を望みます。

 回想シーンになり、千尋の父親は妻に棄てられたのかと疑心暗鬼になっていました。
 千尋はマリエが犠牲になってしまう夢を見て、そのマリエは独自で財団の行動を調査していました。
 人工的に結界を作っている装置を発見した彼女は財団の一人であるカークの襲撃を受けてしまいます。

 マリエはボロボロの状態になって現れ、最後は柿原の胸の中で消滅してしまいます。
 笙子は優羽莉がマリエをだましたと言い、ちょうどいいところで父親が出てきて「よくやった」と言い出します。
 優羽莉は父親のところに戻っていき、その父親にボロボロにリンチされるのでした。

【感想等】
 いきなり何人もキャラが出てくると私の処理能力を超えてしまいます。
 キャラクターの名前よりもむしろ中の人が先に浮かんでしまうのは私だけではないはず。
 笙子さんの聞き分けの悪さは「グランクレスト戦記」のマリーネさんを連想してしまいます。

 全員が聞き入れないのは当然として、同調する人間が出たのは大きいかと。
 柿原さんが千尋さんを犯人と決めつけるのは報道の人としてどうなのかと思えてきますが……
 ラブコメ全開の千尋さんですが、彼が優羽莉さんを失ったら一体どうなってしまうのでしょうか。

 マリエさんがあっさりと倒されてしまい、お話はだんだんつらい方向に進んでいきそうです。
 残りの話数でキャラクターがどんどん亡くなっていくのでしょうか。
 せめて優羽莉さんが「食戟のソーマ」のえりなさんほど親離れしていたらよかったのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム