【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第13話(終)「PVP」

 オーバーロードの3期13話(最終回)を見て感想を書きます。
 アインズ様と戦うことになったガゼフさんですが、どう見ても相手が悪いかと。
 そもそも「PVP」というタイトルの意味が、わたし、気になります!

【内容】
 ガゼフは王への忠義から死を覚悟しつつアインズと戦うことに。
 アインズは自らとガゼフとでは圧倒的な開きがあると「忠告」しますが……
 ガゼフは改めて名乗りを上げてアインズと一騎打ちをしたいと言い出します。

 ブレインは自分も一緒に戦うと言い出しますが、ガゼフに言われて引き下がります。
 アインズは「PVP(Player vs Playerの略)」で勝負すると一言。
 ブレインやクライムはガゼフの決意を見届けると覚悟を決めます。

 アインズはガゼフの剣を持って「すごいな」と一言。
 その剣ならば並大抵の武器を通さないアインズを殺すことが出来る武器であるとのこと。
 アインズは剣をもらえないのかと言いますが、ガゼフは「国の宝」だとそれを断ります。

 クライムの鐘を合図に斬りかかるガゼフでしたが、突然に動きを止めてしまいます。
 アインズは彼に魔法をかけ「嫌いではなかった」と一言。
 突然ガゼフは倒れてしまい、アインズは彼は「もう死んでいる」と言い出します。

 アインズはガゼフの覚悟を見て子ヤギによる追撃をやめると一言。
 「恭順するのならば慈悲を与える」と(王都エ・ランテルへの襲撃を予告して)去って行くアインズ様。
 帝国ではジルクニフが7万を1撃で倒したというアインズの実力を聞いて驚きます。

 王国は貴族達が混乱に陥り、王様はガゼフを失って放心してしまいます。
 ブレインは「お前と一緒に死にたかった」と涙を流します。
 クライムは都の譲渡を貴族が了承し、王もそれを追認すると結果を報告します。

 どうしてガゼフが一騎打ちを挑んだのかと問いかけるブレインさん。
 クライムはアインズの強さを自分たちに見せ、未来を作りたかったのではないかと推測します。
 ブレインは「俺の方法でお前を超えてやる」と叫んで酒を飲むと言い出します。

 太った王子は父に王都の割譲のついては自分が引き受けると一言。
 ラナーは犠牲になった人々に花を届けたいと言い、クライムは顔を赤くして感激します。
 王都には大量のデスナイトを率いてアインズたちが入場しますが……

 子供が「父さんを返せ!」と石を投げつけてきて、アルベドは「万死に値する」と容赦なく母子を殺そうとします。
 モモンが「嫁のもらい手がない」と立ちはだかり、戦闘態勢に移行しますが……
 そこにアインズが出てきてナザリックの軍門に降れと提案してきました。

 アルベドは軍門に降らなければ住民達を犠牲にすると言い出し、モモンはその提案を受け入れることに。
 「強者に従うのは弱者の本能」と語るデミウルゴスさん。
 メイドさんや守護者を従えた「魔導王」アインズは高らかに建国を宣言するのでした。

【感想等】
 ガゼフさんの忠誠心と覚悟を私は一生忘れないと思います。
 1期で彼と出会った時、こういう展開をたどることを想像していた人は少ないはず。
 彼の忠義を考えると、こうなるしか仕方なかったのかもしれませんが……

 結果は見えていたとはいえ、ここまであっさりと決着がつくとは思いませんでした。
 倒れてもなお、大物感を印象づけるガゼフさんはすごくかっこよかったです。
 ジルクニフさんの驚く表情はベテラン声優さんの演技力の高さをつくづく感じました。

 アルベドさんとモモンさん、アインズ様(に化けたパンドラズアクターさん)が対峙する「茶番」は想定外でした。
 「理想の上司」アインズ様は「魔導王」閣下に出世し、これから何をしようとしているのでしょうか。
 ぷれぷれぷれあですでのコミカルな一面を含めて、4期放送を期待しつつ一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第12話「大虐殺」

 オーバーロードの3期12話をみて感想を書きます。
 タイトルの時点で嫌な予感しかしないのですが……
 この犠牲を少なくするために誰かが犠牲にならなければならないのでしょうか。

【内容】
 騎士たちはジルクニフがどうしてアインズの協力を求めたのかと問いかけます。
 ジルクニフはアインズが圧倒的な実力を見せることで人間側が同盟を結ぶ流れにしたいようです。
 曰く「力で勝てなければ知略で勝てばいい」とのことですが……

 王国軍はバルブロから連絡がないことを考慮しつつ先制攻撃を仕掛けようとします。
 王様の周辺にいる貴族たちは24万も軍勢がいれば帝国なんか楽勝だと言い出します。
 秘宝に身を固めたガゼフは「何かを待っているように見える」と分析していました。

 レイブン公は「父親」として王様が息子(バルブロ)を避難させたのはわかる気がすると一言。
 この戦争が終わったら息子とたくさん遊んでやるのだと言い出しますが……
 同時に彼はバルブロには「父」の思いは伝わらないと見抜いていました。

 デスナイトを引き連れたアインズが登場し、そのすさまじい実力を見た王様は呆然とします。
 アインズは周囲を見渡して王国軍にプレイヤーはいないことに気づきます。
 これから人が多く死ぬにもかかわらず「楽しみだ」と言ってのける彼はもう人間ではないようです。

 黒いオーラが周囲を包み、人間の兵士達(7万人)が次々と亡くなっていきます。
 さらに黒い液体が流れてきてその死体を覆い、アインズは「絶望の始まりだ!」と一言。
 得体の知れない魔物が5体も生成され、高笑いをするアインズに味方のはずの帝国軍は恐怖を覚えます。

 「かわいらしい子ヤギ」たちが王国軍に迫ってきて、兵士達はなすすべもなく倒されていきます。
 レイブン公は逃げるしかなく、部下の冒険者たちは次々と倒されていきました。
 帝国騎士は「戦ではない」と恐怖に震え、アインズはその骸骨の体を見せて「喝采せよ!」と言い出します。

 「私はアンデッドだ!」とさらなる虐殺に向かうアインズは目的の人物を探しているようです。
 ブレインたちが王様のところにやってきますが、王様はガゼフが足止めをしていると知って王都に向かうことを決意します。
 クライムは自分の目立つ鎧が陽動になると言い、王様は娘を結婚させることもやぶさかではないようです。

 最高の装備に身を固めたガゼフはその一撃で子ヤギを攻撃しますが通じていないようです。
 ガゼフはかつての恩人であるアインズと対峙し、そこにクライムやブレインがやってきます。
 アインズは単刀直入に「私の部下になれ」とスカウトしてきますが、ガゼフは王からの恩義を優先してそれを拒否します。

【感想等】
 自信満々のジルクニフさんは普通にかっこいいなと思います。
 続いて登場したガゼフさんもかっこいいですが、相手があまりにも悪すぎるかと。
 彼の実直な性格を考えると王様のために命を捨てる展開になると思われます。

 アインズ様が強いのは承知でしたが、3期ではとことん悪役を貫くスタイルが目立ちます。
 1期でカルネ村を救い、冒険者の無念を晴らした彼とのギャップに驚かずにはいられません。
 根本的にナザリックが最優先(で他はどうでもいい)というスタイルは変わっていないのかもしれませんが……

 圧倒的な強さはもちろんのこと、正義や悪を超越するところがアインズ様の魅力ということなのかもしれません。
 「部下になれ」発言に代表されるように、主人公本人がラスボスというのは他にはほとんどないはず。
 来週はガゼフさんが亡くなって終わるのかと思いますが、彼の生き様を最期まで見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第11話「もう一つの戦い」

 オーバーロード3期の11話を見て感想を書かせていただきます。
 ラナーさんは賢い人だと思いますが、お兄さんのバルブロさんは実際どうなのでしょうか。
 彼よりもむしろガゼフさんの方が心配なのですが……

【内容】
 カルネ村に向かうバルブロ王子は不服を抱きつつも進軍します。
 彼は村人を人質にしてアインズを降伏させ、自分が次の王になることを確定させようと考えます。
 一方、カルネ村では新しい族長であるエンリが自分の立場に不満を述べていました。

 エンリはゴブリンよりも腕っ節が強いと村人に思われているようです。
 ンフィーレアと戯れていたと思ったらゴブリンに呼び出されます。
 アインズもまたバルブロが村にやってきたという報告を受けて静観を決め込みます。

 エンリが王子の使者相手に時間を稼ぎ、その間にゴブリンたちには隠れてもらうことに。
 アインズとしては村はどうでもいいものの、ポーションの生産技術は重要だと考えます。
 使者は取り調べを受けなければ反逆者だと言い出し、バルブロは火を放つとまで言い出します。

 王子の行動に村人は憤り、多数決の結果、村として王国と戦うことを考えます。
 村人はエンリ、ンフィーレアを女子供とともに退散させ、ゴブリンたちが食い止めることになりました。
 バルブロはオーガ5体だけなら勝てると考えつつも相手に指揮官がいることを見抜きます。

 旗を汚されたバルブロは当初の目的を忘れて村を全滅させると言い出します。
 エンリたちは子供達を逃がしますが、王国の兵士たちが迫ってきます。
 1期でスレイン法国に襲われたトラウマを思い出すエンリなのですが……

 エンリは角笛を使って助けを求め、遠くから様子を見ていたアインズはつい叫んでしまいます。
 甲冑を着けたゴブリンの大軍が援軍として駆けつけ、中国風の軍師までもが登場します。
 本来は十数人しか呼び出せないはずが5000もの大軍が出てきて次々と王国を追い込んでいきました。

 バルブロはようやく逃げようとしますが、完全にゴブリンたちに囲まれてしまいます。
 大軍を召喚したのはエンリの実力が上がっているからなのでしょうか。
 マーレ(双子の男の娘の方)はこれも全てアインズの考えなのかと考えてついつい目を輝かせます。

 バルブロはなんとか逃げ戻りますが、そこにメイドさんの一人であるルプスがやってきました。
 ルプスはアインズの計画にはバルブロは必要ないと言い、レッドキャップたちをけしかけてきます。
 Cパートではアインズが部下をねぎらいつつオーバーアクションブームのことで頭を抱えていましたが……

【感想等】
 バルブロさんよりもエンリさんの方が有能ではと思ったのは私だけではないはず。
 ろくに話を聞かないまま火を放ってくるのを見ると彼が王様になったら国が終わるような気がします。
 もう少しまともな相手だったら話し合いで解決できたのかもしれませんが……

 行き当たりばったりでその場の感情で行動する王子様は正直なところ微妙かと。
 角笛を吹いたのを聞いて「えーっ!」と叫んでしまうアインズ様がなんだか面白いです。
 軍師さんがどうみても三国志の人にしか見えないのがなかなかにシュールです。

 村が守られたのはよかったのですが、不幸なのはバルブロさんの巻き添えを食った兵士達でしょうか。
 バルブロさんは自業自得としか言いようがないのでなんとも言えません。
 Cパートのムンクの叫びみたいな人(宮野さん)の演技に色々驚きつつ、次のお話もしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第10話「戦争準備」

 オーバーロードの3期10話を見て感想を書きます。
 前回のジルクニクさんのお話から今回は王国に部隊が移るようです。
 さすがのラナーさんもアインズ様相手では分が悪いと思いますが……

【内容】
 王国は帝国とナザリックが手を組ん(で帝国が攻めてきたの)だと聞いて呆然とします。
 王様はナザリックの主張を聞き入れない一方で、戦士長のガゼフは自分を助けてくれたある人物を思い出します。
 貴族たちは戦争すべきだと言いますが、アインズの実力を知るガゼフは戦争を回避するため領土を差し出すようにと進言します。

 王様はガゼフの意見を聞きつつも強さを見せるために戦うしかないと結論づけます。
 王位継承権1位のバルブロが出撃するようですが……
 戦争に反対するレイブン公は好戦的な王や権力争いをする貴族達に嫌気がさしていました。

 シリアスな雰囲気に反して子供に赤ちゃん言葉を使う夫に呆然とする奥さん。
 時間が進み、城塞都市エ・ランテルでは戦争の計画が着々と進められます。
 かのアインズが戦いに出てくると言われてはガゼフは動揺を隠せません。

 バルブロはアインズと絡むカルネ村に言って事情を聞いてくるようにと言い出します。
 色々と話が出る中でレイブン公が戦争で動くことになりましたが……
 王様は息子を死地にやることはできないとガゼフに心中を語り、レイブン公には頭を下げます。

 ガゼフは民を守ることが騎士の勤めと考え、戦争を仕掛けるアインズの意図について色々考えます。
 クライムやブレインに声をかけますが、ブレイン達はモモンと会っていたと言い出します。
 モモンは「ホミョペニョコ」なる存在を倒し、2体の吸血鬼を追っているとのことです。

 ガゼフはクライムに色々とアドバイスをしますが、クライムはラナーに言われたとおり鎧の色はそのままでがんばるとのこと。
 さらにガゼフはブレインは帝国四騎士には勝てても「あの御仁」には勝てないと言い放ちます。
 「戦争が終わったら打ち上げをやるか」「命を無駄に使ったりするな」と変なフラグを立てますが……

 エンディングテーマが流れつつ「魔道王」アインズは帝国の軍勢に加勢するために登場します。
 無数のデスナイトを召喚したアインズは「これが我が軍だ!」とドヤ顔をします。
 一方、バルブロはカルネ村の一件を早く終わらせて戦場に向かおうと考えますが……

【感想等】
 お話の展開があまりにも早くて3期の終わりが近づいているように思えます。
 貴族の皆さんが何人も出てきますが、お名前を覚え切れていないのは私だけではないはず。
 部下に威厳を示しつつも血気盛んな息子を案じる王様も色々と大変なようです。

 アインズさんの実力を知るガゼフさんが(勝てっこないので)戦争に反対するのは当然かと。
 クライムさんやブレインさんとの会話からどこか切実な感じがにじみ出ているように思います。
 戦争を回避するために彼が犠牲になるのでは……と考えてしまうのは私だけではないかも。

 アインズさんが出てきては王国の皆さんにもはや勝ち目はないと思われます。
 無謀なバルブロさんはともかくとして、ブレインさんやガゼフさんが亡くなる展開は見たくないです。
 それでもここまで見てきたのですから、最期まで見届けるしかないとは思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第9話「舌戦」

 オーバーロードの3期9話を見て感想を書きます。
 前回のアルシェさんのことは残念でしたが、お話は容赦なく進んでいくことに。
 帝国の皆さんは「至高の御方」を前にどんな選択をすることになるのでしょうか。

【内容】
 黄金の龍を引き連れてやってきたマーレ、アウラは皇帝に謝罪を求めます。
 皇帝のジルクニフは自ら出て行って釈明することを考えますが……
 オープニングの後、その皇帝は眠りつつも自分の性急なやりかたを回顧します。

 ジルクニフは妃を迎えるにあたり、ラナーは「気持ち悪い」、竜王国の女王は「ババア」と言ってのけます。
 フールーダはいざというときには空間転移で逃げることを考える一方、騎士たちは自分を優先すると言ってのけます。
 出迎えのメイドを見て「美しい」と感嘆するジルクニフですが……

 第6位階の魔法やデスナイトの使役に興奮するフールーダさん。
 4人の騎士をもってしてもデスナイト1人と互角程度なのだとか。
 フールーダはテンションを上げますが、ジルクニフは自分は逃げないと改めて宣言します。

 ジュースっぽい飲み物を振る舞われて大喜びする帝国の皆さん。
 ジルクニフはアインズと対峙してどう帝国に被害を及ぼさずに生きて戻るのかと考えます。
 デミウルゴスは「平伏したまえ!」と圧力をかけますが、アインズはそれを止めます。

 ジルクニフは侵入者を差し向けたのは自分ではなくある貴族だと首を持って行きます。
 貴族の首はたちまちにデスナイトになってしまいました。
 アインズは「謝罪の必要はない」「帰ってもらっても結構」と言い、地上に出て面倒ごとを叩き潰すと言い出します。

 ジルクニフは帝国は国を作る手伝いをすると申し出て、将来を見越して同盟を結ぶと言い出します。
 圧倒的に優位なはずのアインズは従属を求めないことを疑問に思いますが……
 ジルクニフは秘書官を置いていき、アインズはデミウルゴスを皇帝の元に差し向けます。

 お話は決着がつき、デミウルゴスは自分たちの「真の」狙いを告げてもいいのではと提案します。
 事情のわからないアインズはそのままデミウルゴスに説明してもらうことに。
 ジルクニフは「まだ決定的な敗北ではない」と自分に言い聞かせつつもまともに勝てない相手だと考えます。

 色々考えた末に、ジルクニフはフールーダが元々アインズのことを知っていたのではないかと考えます。
 フールーダの裏切りを念頭に置きつつも、彼を閑職に追いやることも難しいようです。
 ジルクニフは裏切り者を作らせつつ「大連合」を設立しようと考えますが、その考えは完全に読まれていました。

 守護者たちは「世界征服」を前にアインズはどんな「王」の称号がいいのかと褒め殺しにします。
 部下の意見を聞きつつ、アインズは「魔道王」を名乗ることを決意します。
 そしてフールーダはかつてモモンに頭を下げ、帝国を裏切ったことを思い出すのでした。

【感想等】
 2期最終回に先行登場していた皇帝さんのお手並み拝見といったところでしょうか。
 敵陣に自らやってくるところを見るとかなりの胆力をお持ちのようですが……
 メイドさんの美しさを褒め称えるお声を聞くと(自分に言われているわけでなくても)ちょっとドキドキしたのは内緒です。

 実際にお話を見てみると皇帝さんよりもむしろ興奮するフールーダさんの方が印象に残ります。
 1期2期に比べると3期ではアインズさんの悪役ぶりが際立っているように思えます。
 実際に戦闘をしなくてもこれだけ緊張したのは声優さんの演技力ゆえなのでしょうか。

 1期で少しだけ言及していた「世界征服」もその実現に着々と近づいているように思えます。
 アインズさんの強さを考えると負ける気はしませんが、ジルクニフさんが周りの国をどう説得するのかも気になります。 
 ラナーさん達が再びお話に絡んでくることを期待しつつ、次のお話も刮目してみてみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム