【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第12話(終)「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」

 プラネットウィズの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 所々で設定が難しかったところもありましたが、公式サイトの「チャート」には助けられました。
 間違いなく今期のロボットアニメでは有数の作品だったと思います。

【内容】
 宗矢たちは龍との最終決戦を繰り広げていました。
 後方ではのぞみ達がテレパシーを送り続けています。
 果たしてこの想像を絶する戦いはどうなってしまうのでしょうか。

 回想シーンでは英雄や紅華、羊介が作戦会議を行っていました。
 もう一度「次元の穴」に龍をたたき落とす作戦らしいのですが……
 宗矢や先生、銀子は龍にしがみつき、最後は龍を穴に押し込もうとします。

 場面が変わり、宗矢は子供の姿に戻っていました。
 「楽園の民」だと思っていたのはお兄さんで、進路は決まったのかと聞かれます。
 兄は父親と同じ軍人になる一方で、自分とは違う道を進めばいいと続けます。

 宗矢は懐かしい名前に涙を流しますが、目の前に龍がやってきて星を破壊してしまいます。
 龍は「私を憎め」と言ってきますが、宗矢は「ネビュラに内定が決まっている」とその申し出を拒否します。
 現実に呼び戻された宗矢は必殺技で龍に腹パンをして穴の向こうに押し込んでしまいました。

 羊介や紅華の尽力もあって仲間は次々と穴から脱出していきます。
 宗矢は穴の中に戻っていき、龍を押し戻していき、おかげで仲間は無事脱出します。
 3人(宗矢、先生、銀子)の犠牲者を出したことに閣下は思わず叫んでしまいました。

 宗矢は相手の本名を叫びつつ龍の口の中に飛び込んでいきました。
 銀子、先生、楽園の民を引き連れて向かった先で、夢を見せてくれてありがとうと一言。
 宗矢たちはこれまでの憎しみを忘れて龍を「許す」ことを選択します。
 
 先生は龍に「宇宙は祝福で満ちている」と語りかけます。
 隆は父親に呼びかけられ、いい夢だったと安堵の表情を浮かべます。
 宗矢たちはワープゲートから脱出を果たし、楽園の民は「ありがとう」と言って去って行きます。

 シリウスに里帰りしてきた宗矢はとりあえず「ただいま」と一言。
 廃墟となった故郷に花が咲いているのを見た宗矢は「この星は生きてる」と涙を流します。
 そしてのぞみ達がやってきて閣下も尻尾を振って喜ぶのでした。

【感想等】
 最初からクライマックスとも言えるハイテンションを最後まで続けたのは見事かと。
 はじめは登場人物が多くてよくわかっていなかった人も多いかもしれませんが……
 公式サイトのフォローと早い展開のおかげで最後まで突き進んでしまいました。

 龍を殺すというわけではなく、龍を「封印」するという流れで落ち着いたようです。
 仲間を守るために穴に飛び込むところは「主人公」らしいと思います。
 愛は復讐も怒りもすべて乗り越えて全てを包み込むということなのかもしれません。

 「愛」という抽象的な言葉ではありますが、それを実践することはなかなか難しいかと。
 ちゃんと全てをこなし、最後はしっかり生き残って、これ以上ない終わり方でした。
 廃墟に花が咲くように、希望を忘れないで生きて行ければと思いつつ、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第11話「龍(アズラバラクラ)」

 プラネットウィズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 封印派と穏健派の戦いが終わり、あとは龍を倒すだけで終わりのようです。
 そういえば部長さんは今はどうされているのでしょうか。

【内容】
 5年後、観測対象である「龍」に動きが見られ、宇宙では会議が行われていました。
 閣下は「いよいよ動き始めるのか」と神妙な表情を見せますが、地球は意外と落ち着いているようです。
 テレビの向こうでは激論が交されていて、アルバイトの元部長は興味津々です。

 宗矢は大学生になっていて、のぞみもまたネビュラに所属するようになっていました。
 のぞみはレベル8の段階まで進んだそうですが、トップレベルだと20なのだとか。
 宗矢は自分が龍を倒すと意気込みますがそこに「楽園の民」がやってきて忠告します。

 宗矢、のぞみは紅華に案内されて訓練をすることに。
 英雄もまたネビュラに加わっていましたが、宗矢の身長が自分よりも高くなったことを驚きます。
 美羽や晴海はもともと大学の先輩で、無理矢理柔道部に入れられたとのこと。

 根津屋先輩がナンパをしていたことをスルーし、こがねは改めて龍についての説明がはじまります。
 龍は「楽園の民」の生き残りであり、巨大化して現在の姿になったとのこと。
 今回の目的は龍を「楽園の民」に合流させるとのことで、最終的には手を汚さなければならないとのこと。

 ネビュラはあくまで後方支援になり、地球の人達が前面に戦って戦うとのこと。
 復讐心に捉えられているのかと言われた宗矢はあくまで龍を孤独から救うために戦うと言い出します。
 一方、葉介は岳蔵の墓参りにやってきましたが、お坊さんによると息子は行方不明であるとのこと。

 英雄は決戦を前に遺書を書いておくようにと言い出し、宗矢は星を見て銀子と語り合います。
 銀子は故郷を滅ぼした龍を許そうとする宗矢は「自慢の弟」だと言い出します。
 かつてシリウスに滅ぼされたリエルもきっと彼を受け入れるのではないかと続けますが……

 最後の作戦が展開され、一同は月面に眠っている龍のところに向かいます。
 目を覚ました龍は「夢を見ていた」と言い、地球を守るために自分の装甲を粉にして力を与え共に戦ったとのこと。
 「楽園の民」は龍を迎えに来たと「アズラバラクラ」という名を呼びます。

 テレパスによる戦意喪失に対して「お前らの愛が愛であるわけがない」と戦闘態勢に移行する龍さん。
 宗矢たちは一斉に変身して攻撃を仕掛け、ついに龍を押し返すに至ります。
 そして「楽園の民」は「キミを許しに来た」と弟である彼を説得するのですが……

【感想等】
 気がつけば5年が経過しましたが、先生や閣下はそれほど変わっていませんでした。
 のぞみさんとはいいムードになっていて、公私ともに一番の仲間になりそうな予感がします。
 前半では殺し合いをやっていた美羽さんや晴海さんともなんだかんだ言って仲良くなったようで何よりです。

 これまでの登場人物に加えてほかの着ぐるみさんの姿が何度見てもシュールです。
 実際は宇宙の存亡を賭けた大きな戦いなのかもしれませんが……
 岳蔵さんのお墓参りシーンで「息子が行方不明」と言われているのは再登場のフラグなのでしょうか。

 後半のお話はいわば「決戦前夜」の様相を示し、次回が最後の戦いになると思われます。
 実際はテレパスというよりもむしろ拳と拳で語り合う展開で終わるのでしょうか。
 殴ってから「許しに来た」と言われてもなかなかピンときませんが、次でしっかりお話をまとめることを期待します。



※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第10話「カレルレンとラシャヴェラク」

 プラネットウィズの10話を見て感想を書きます。
 タイトルの時点で何を言っているのかわからなくなりそうです。
 根津屋先輩の参戦はそろそろなのでしょうか。

【内容】
 宗矢は開始早々に封印派に宣戦布告し、閣下は一週間後に決着を付けると宣言します。
 こがねが封印派だったと聞いた元同僚は驚きを隠せません。
 根津屋先輩も復活しましたが、本人が言うとおり特に見所もありませんでした。

 一週間が経過し、宗矢は閣下たちと対峙しますがおじいさんは来ていませんでした。
 閣下は先生を「ラシャヴェラク」と、先生は閣下を「カレルレン」と本名を呼び合います。
 こがねは閣下の台詞を代弁し、早々に戦闘がスタートすることになりました。

 宗矢、こがねは互いにお酒(らしいもの)を飲んでドーピングモード(原文ママ)に変身します。
 元グランドパラディンの皆さんはその様子をただ見ているしかできませんでした。
 宗矢、こがねは互いに必殺技を打ち合いますが、閣下は「大人になれ」と迫ってきます。

 「先生はお前だって救いたいんだよ!」と一撃を与えた宗矢でしたが、互いに相打ちだったようです。
 紅華は自分の居場所がないとつぶやき、葉介は彼女の手を取ります。
 自室で戦いを見守るのぞみは宗矢は立つと言い、宗矢はその通りに立ち上がってきます。

 「ここからが本番だろうが!」とさらなる戦闘を続ける宗矢さん。
 一方で岳蔵は一人でどこかに向かって飛んでいました。
 まさに決着がつかんとした時、岳蔵が乱入してきて息子の敵を討つと攻撃してきます。

 根津屋先輩は岳蔵を回収しますが、彼はすでに限界に達したのでしょうか。
 改めて戦闘を開始した宗矢は改めてこがねを攻撃し、一気に封印派の宇宙船に飛び込んでいきます。
 最後は先生と閣下が殴り合いをして決着を付け、閣下は「もう何も言えない」と自らの敗北を認めます。

 おじいさんは何も言わないまま動きませんでしたが、ただ寝ていたというオチでした。
 宗矢は先輩たちに言うことを聞いてほしいといい、龍が4、5年後に起きるから倒すのに協力してほしいと告げます。
 そして時間が経過し、宗矢はすっかり大人になっていたのでした。

【感想等】
 残り話数の関係なのか、お話の進度がますます速くなってきたように思えます。
 散々に言及した根津屋先輩については質問に答えるかのようにあっさり復活してちょっとうれしいです。
 もっと中二病満載で出てきてくれたらいうことはありませんでしたが……

 決選前夜のお話かと思いきや、オープニングが終わったらいきなり戦闘で驚きました。
 逆にこれだけ詰め込んだところを見ると最終決戦は別のところにあると思えてなりません。
 先生や閣下の姿と台詞のギャップが見ていてなかなかシュールです。

 倒れてもまた立ち上がる、そんな宗矢さんはなんだかんだいっても主人公していると思います。
 戦いを見守っている元グランドパラディンの皆さんは次回以降には出番が回ってくるのかも。
 ラスボスは龍というのはほぼ確定と思いますが、最後の最後で隆さんが復活したりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第9話「目覚めの使者」

 プラネットウィズの9話を見て感想を書かせていただきます。
 英雄さんが小瓶なしでも変身したことを考えると、他の人達も変身して立ちはだかるのでしょうか。
 ここまでくるとのぞみさんもただ者ではないと思う今日この頃です。

【内容】
 紅華は犯罪者に銃殺されたかと思っていた先輩を介護していました。
 彼女は地球人の方が危険ではないかと考えていましたが……
 そこに羊介がやってきて……というのは彼女の見た夢のようです。

 紅華は死んだかのように眠っていて、羊介は自分が戦うのだと主張します。
 宗矢は死ねば星のみんなに会えると言い、戦うことを拒絶して眠ってしまいます。
 銀子、先生はそんな彼のことを心配しますが……

 のぞみは宗矢を迎えに来ますが、学校は生徒がますます減っていたとのこと。
 彼女の両親は学校関係者で今はがれき処理のボランティアをしているとのこと。
 岳蔵は黒毛和牛を渡されても息子の居場所を告げることはありませんでした。

 羊介が出撃して英雄と戦闘を開始して彼を撃退してしまいました。
 閣下は地球人を「封印すべき種族」と言ってのけますが……
 晴海、美羽の2人も戦闘を開始しますが、羊介に倒されてしまいます。

 「封印を始めます」とロボットの腕がどこまでも伸びていき、地球を覆ってしまいます。
 あっさりと「封印」が成功し、銀子や先生、のぞみが封印される一方で宗矢だけは無事でした。
 楽園の民が姿を見せ、宗矢は龍を倒すからみんなを助けてほしいと訴えます。

 宗矢は人々に訴えかけ、現実に戻りたいという人々を引っ張り上げます。
 人々は夢の世界から脱出し、英雄たちもまた復活して羊介を攻撃します。
 さらには紅華までもが目を覚ましてしまいます。

 かつてのぞみが言ったように「俺は俺が味方したい人の味方だ」と宗矢さん。
 封印派の宣戦布告を受けた宗矢に対し、羊介は「封印されるしかない」と果敢に攻撃を仕掛けてきます。
 羊介は撃退されたものの紅華に救出され、宗矢は閣下に決着を付けてやると宣言します。

【感想等】
 お話は終盤になり、だんだんシリアスな方向に進んでいるのがわかります。
 主人公が戦意喪失し、敵だと思われていた人達がむしろメインになっているように思えます。
 どんな状況になっても宗矢さんを味方するといっているのぞみさんは「天使」でしょうか。
 
 1話で早々に退場した英雄さんがメインキャラに返り咲くのを想定していた人は少ないはず。
 旧グランドパラディンの皆さんが次々と戦線に復帰したところを見ると、根津屋先輩が出てもおかしくないはず。
 さらには中盤までラスボスだと思っていた隆さんもどこかで出てくるように思えてなりません。

 幸せな夢の中に閉じ込められても起き上がろうとする人々を心の底から尊敬します。
 正直なところ、私が同じ状況になったら起きられると確実には言い切れません。
 終盤の熱い展開のままラストまで突っ走ってほしいと願いつつ、最後までみていけるようがんばりたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第8話「力、己にこそ宿る」

 プラネットウィズの8話を見て感想を書かせていただきます。
 改めてオープニングを見ると大多数が退場済みのキャラだったりします。
 ますます混迷する戦いはどのように収束するのか、わたし、気になります!

【内容】
 救助活動をしていた英雄に、紅華が声をかけてきます。
 重要アイテムと思われる「小瓶」をゴスロリに奪われ、グランドパラディンはもうないようです。
 紅華は「サイキックは危険だ」と言って去って行きますが……

 のぞみは宗矢にデートに行かないかと誘いますが、数少ない観光施設である水族館は休館でした。
 宗矢は自分のせいだといいますが、のぞみは彼が街を守ったのだとフォローします。
 こがねは2人を監視していましたが、デートの邪魔をしに出かけていきました。

 羊介はどうやら「閣下」の言いたいことがわかるようです。
 紅華は自分が封印派についたのは「地球のため」だと説明します。
 閣下は「裸の付き合いといこう」と3人で温泉に入りますが……

 紅華は憧れの人を追うために警察になったものの、逃走中の少年犯罪者に銃殺されたとのこと。
 見事に犯人を取り押さえたものの、出血多量で亡くなってしまったようです。
 閣下が言うには紅華には「力への恐怖」があり、最終的に封印派に入るに至ります。

 制服姿で出てきたこがねは胸を押しつけて宗矢を誘惑してきます。
 彼は「おっぱい」は幻おっぱいだと見抜き、彼女の実態を見破るに至ります。
 そこに紅華が出撃してきますが、宗矢は「俺は戦わない」と言い出します。

 熱心に戦闘するようにと勧めるこがねに宗矢は「俺の復讐は終わった」と一言。
 「兄ちゃんはいない!」「全部ない」と涙を流す宗矢さん。
 のぞみは宗矢にもう戦わなくてもいいと言いますが、そこに英雄が登場してこがねの格好に突っ込みます。

 英雄も戦わないのかと言いますが、のぞみは「戦わない」と反論します。
 宗矢の態度を見た英雄は自分がやると言い出し、ロボットらしいものをまとって紅華に攻撃を仕掛けます。
 小瓶はきっかけに過ぎないとのことですが……

 兄の姿をした「楽園の民」が宗矢の前に再び登場します。
 銀子たちによると楽園の民は最古の種族でネビュラ創設にも関わった存在とのこと。
 英雄は紅華を倒し、羊介は紅華を回収してさっていきますが、英雄は限界に近づきます。

 楽園の民は
 「龍はまだ死んでいない」
 「龍を倒してほしい」
 と言い出しますが……

【感想等】
 隆さんが倒れたことで封印派と穏健派との戦いに絞られたのは確実かと。
 それでも小瓶が何だったのかいまいちよくわからなかったりします。
 ほとんどの登場人物に裏表があるみたいですが、のぞみさんだけが救いのように思えます。

 こがねさんの自由なキャラが面白い一方、紅華さんの過去は考えさせられるものでした。
 どこか(すのはら荘、スロウスタート)の管理人さんもそうですが、皆さん制服がお好きなのでしょうか。
 いきなり「おっぱい」を連呼されたときは言葉を失いましたが……

 「戦わない」という主人公を敵が説得する光景はなかなかシュールです。
 ヒロインらしさを前回させるのぞみさんに母性を感じるのは私だけではないかも。
 英雄さんが参戦したところから、根津屋先輩の復活を期待して次のお話を見てみたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム