【アニメ感想】異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第12話(終)「真贋対戦」

 異世界魔王の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 魔王対魔王という戦いは最終決戦にふさわしいお話かと。
 アリシアさんがアルベドさんにしか見えないのは私だけではないはず。
 
【内容】
 サドラーの行動もあってクルムは真の魔王として覚醒します。
 これらを促したアリシアは醜いヒト属を滅ぼそうと魔族と組んでいました。
 ガルフォードの前にシルヴィがやってきてディアヴロが現地に向かったのだと告げます。

 ディアヴロは理性を失ったクルムに語りかけ、力ずくで思い出させると一言。
 魔王の圧倒的な力に困惑しつつもシェラはレムを回収していきます。
 レムを連れていかないでと訴えたのが届いたのか、レムはついに目を覚まします。

 目を覚ましたレムはアリシアが元々魔王の復活を望んでいたことを告げます。
 ディアヴロは回復の手段を持たずに魔王と戦いを繰り広げているようです。
 「女性の味方」エミールが登場してレムやシェラを連れだし、ディアヴロに「やってしまえ」と促します。

 ディアヴロは渾身の魔術を放ちますが魔王を倒すには至りませんでした。
 レムは魔王に必死に訴えるとクルムは元の姿に戻っていました。
 エミールは事情はよくわからないながらも「女性の味方」だからと秘密を守るのだと約束します。

 魔王の復活がうまくいかなかったことでエデルガルドは怒られてしまいますが……
 シルヴィはクルムを野放しには出来ないと言い出します。
 ディアヴロは「契約の魔石」を使ってクルムを下僕にすることで彼女を守ろうとします。

 シルヴィはガルフォードに「静観するしかない」と言って去って行きました。
 ディアヴロは緊張しつつ横になりますが、アリシアがやってきてシェラを人質に取ります。
 エデルガルトは他の魔族によってボロボロになっていて彼女を救ってほしいと考えるのでした。

 クルムによってあっさりとエデルガルトは回復しますが、魔族とヒト属が一緒になっているのが不可解です。
 アリシアは両親や他の国家騎士たちの醜い一面を見て憎悪を募らせていたとのこと。
 ディアヴロはアリシアの考えを理解しつつ、彼女が自害するのをかっこよく止めます。

 「貴様は貴様らしく生きればいいのだ!」と言ってのけるディアヴロさん。
 シェラはアリシアが本当に醜ければそもそも仲間を助けるために敵地に乗り込まないと一言。
 アリシアは旅立ち、ディアヴロはレムやシェラにキスをせがまれつつ旅を続けるのでした。

【感想等】
 さすがのディアヴロさんも魔王相手では苦戦するのは仕方ないと思います。
 あんな姿になっても最終的に元の姿に戻ったのはちょっと感動しました。
 前回のサドラーさんがひどすぎたのとは対象的にエミールさんも普通にいいお仕事をしていて好感が持てました。

 タイトルどおり魔王をも「奴隷魔術」で終わらせたのは作品らしいなと思います。
 アリシアさんの幼少期は普通にかわいらしかったですし、お気持ちも少しわかるような気がします。
 ぼっち体質のディアヴロさんが彼の言葉でアリシアさんを止めたところはよかったです。

 旅だったアリシアさんが子供を手当てするシーンにちょっと感動したのは私だけではないかも。
 魔王と言いつつもどこか親しげすら感じるディアヴロさんはなかなか素敵なキャラだったかと。
 いつかまたどこかで彼らに出会えることを期待して、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第11話「幼女覚醒」

 異世界魔王の11話を見て感想を書かせていただきます。
 恐るべき魔王が復活したはずが、気がついたらお遊戯会になっていました。
 今回はこの幼女さんが恐ろしい「魔王」に覚醒するということでしょうか。

【内容】
 意気揚々とビスケットの歌を歌うクルムですが、これが魔王というのですから驚きです。
 オープニングの後は実際にビスケットを食べて喜びつつも苦いコーヒーは苦手なようです。
 ディアヴロはセレスに事情を説明し、しばらく様子を見ることになりましたが……

 アリシアはクルムを連れていき、ディアヴロはクルムを探しに向かいます。
 レムはヒト属を滅ぼそうと執念を燃やすアリシアの態度を不審に思います。
 ディアヴロに復讐しようとするサドラーがやってきて、アリシアはレムを「魔王崇拝者」のレッテルを貼ります。

 レムは巨大な牛の魔物を召喚しますが、サドラーは部下を犠牲にしてそれを倒します。
 サディは「背徳者」のレムを圧倒し、アリシアは「必要なのは憎悪なのです」と言い出します。
 ディアヴロは町中を探し回り、違和感の正体はアリシアではないかと考えますが……

 レムはクルムにビスケットを渡しつつも「魔王」のせいで苦労しているのかと問いかけます。
 どうして憎んでいたはずの魔王を守ってしまうのかと考えるレムさん。
 ずっと封印されていたクルムは自分と同じなのではないかと結論づけるのでした。

 クルムは魔王の力を使えば鎧の連中は全員消し炭だと言いますが、レムはヒト属を殺してはいけないと告げます。
 サドラーはあらゆる天の寵愛を受けた自分は神ではないかと言い出します。
 レムは「あなたは地獄に落ちる」と言い、アリシアにどうして裏切ったのかと問い詰めます。

 ディアヴロは女性陣に意気揚々と話をするエミールに声をかけようとしますが、人に頼む方法を知りませんでした。
 エミールは「別人のよう」と言い、ケモミミの少年がレムやクルムが連れ去られたと言い出します。
 ディアヴロは「感謝する」と言いつつレムたちを救出に向かい、一方でエデルガルトは軍勢を率いて進軍を開始します。

 サドラーはレムを拷問して傷つけ、クルムは憤ってすさまじい形相でにらみつけます。
 レムはクルムをかばって攻撃を受け、クルムはキレてしまい「魔王」が復活してしまいます。
 魔王はサドラーを一撃で消し去り、ディアヴロは「俺に任せておけ」と戦闘を開始するのでした。

【感想等】
 クルムさんの無邪気な表情を見てなんだか心が癒されるのを感じます。
 「魔王」のはずの彼女が人畜無害な一方で物騒なことを言い出すアリシアさんに驚きです。
 聖騎士の皮を被ったアルベドさんと言われても違和感がないのですが……

 たちまちにレムさんやクルムさんが捕まるのですが、2人の間に妙な絆が生まれるのが面白いです。
 サドラーさんやアリシアさんを見ていると魔物よりも人間の方が怖いと思ってしまいます。
 彼の行動があまりにもひどすぎるので、クルムさんがキレても仕方ないのではないかと思います。

 サドラーさんを一撃で倒す「魔王」さんは今までの敵よりもはるかに強いのは間違いないはず。
 次回(の「真贋対戦」)は差し詰め「魔王」VS「異世界魔王」とでもいった感じになるのでしょうか。
 全13話だとして最後は平和な日常でもいいのではないかと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第10話「魔王復活」

 異世界魔王の10話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルの時点で復活した魔王さんと大きな戦いが起こるのは間違いないはず。
 アリシアさんに感じた妙な違和感は一体何なのでしょうか。

【内容】
 ディアヴロたちはエデルガルトの元にやってきて、いよいよ魔王復活の儀式が始まります。
 アリシアが同行していましたが、エデルガルトは特に何事もなく受け入れます。
 レムのおなかにいる魔王に魔力を注いでいくと、問題の「魔王」が復活するとのことですが……

 ディアヴロが魔力を込めますが、それでも魔王復活には足りなかったようです。
 エデルガルトはレムの「穴」に指を突き刺せと言い、さすがのディアヴロも「心の準備ができていない」と困惑します。
 それでもディアヴロは指を突き刺し、ついに魔王の存在にたどり着いてしまいました。

 タイトル通りに魔王が復活し、レムは「勝ってください」とディアヴロに語りかけます。
 アリシアは「これが……魔王!」とうれしそうにしていましたが……
 目の前に現れた魔王はツインテールの女の子にしか見えませんでした。

 ディアヴロは魔王を屠ると主張しますが、魔王は戦い方をど忘れしてしまったようです。
 アリシアは「魔王は人を滅ぼす者!」と訴える一方、レムやシェラに説得された魔王は「殺さない」と言い出します。
 お菓子をもらった魔王はおいしそうにそれを食べ、ビスケットを食べ尽くすことが魔王復活の意味だと言い出します。

 ディアヴロはレムをお姫様抱っこしつつ町へと移動を続けます。
 ずっと魔王を倒すことを目標をしていたレムは複雑な心境を抱いてしまいます。
 そこに巨大な鳥の魔族「オーロウ」がやってきますが、彼は先々代の魔王から仕えていたとのこと。

 オーロウは人々を殺して祝いの宴をすると言い出しますが、魔王は人を殺すなと反論します。
 人を殺さない魔王には「輪廻転生」をしてもらうと言い出すオーロウさん。
 そのままオーロウはエデルガルトをやっつけてしまい、今度はディアヴロが戦闘を続けます。

 ディアヴロは「魔術反射」を使いこなしてオーロウを追い込みます。
 レムが魔王をかばい、オーロウは結局ディアヴロがやっつけてしまったようです。
 オーロウは「わからぬ」と言ってどこかへ飛んで行ってしまいました。

 エデルガルトは人間の町には入れないからと一旦は去っていきました。
 魔王は「クルム」と呼ばれることになる一方で、ディアヴロは魔力を使って疲れ切ってしまいます。
 シェラはディアヴロに元気になってもらおうと胸を出して抱きついてきます。

 ディアヴロはシェラと魔王のおかげで魔力が完全に回復します。
 アリシアは過去のことを思い出し、魔王には魔王の務めを果たしてもらいたいとつぶやきます。
 一方、前回石化したサドラーは回復して早々にディアヴロへの復讐を誓うのでした。

【感想等】
 一週間前の次回予告から今回のお話が最大の戦いになると考えていました。
 魔王さんが復活する以前に色々な意味で困難が待ち受けているようにも思えます。
 レムさんの反応を見ていて恥ずかしい気持ちになったのは私だけではないはず。

 どんな恐ろしい「魔王」が出てくるのかと思っていただけに、中盤の展開には呆然としてしまいました。
 あっさりと悪事をやめてしまうところに「ドラゴンボール」の魔神ブウさんをふと思い出します。
 オーロウさんはあっさり倒されただけでしたが、いずれ(アニメに2期があれば)また出てくるのかもしれません。

 最後のシーンについて、実際のところは胸を押さえつけられると男性は元気になるものなのでしょうか。
 アリシアさんの過去は色々とわけありのようですが、このあたりは次回以降のお楽しみでしょうか。
 ちなみに次回タイトルは「幼女覚醒」ということで魔王さんが本当の力を見せつけるお話だと思われます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第9話「聖騎士譚」

 異世界魔王の9話を見て感想を書かせていただきます。
 相次ぐ強敵との戦いを制したディアヴロさんですが、まだまだ安息の日は遠いのでしょうか。
 下手をすると最後まで戦いを強いられてしまうのかもしれません。

【内容】
 魔王崇拝者を全滅させ、人の価値は内臓の色で決まると言い出すサドラーさん。
 事情を説明したアリシアの前にサドラーが登場し、村人は全て救済されたのだと告げます。
 彼は「魔王崇拝」が許せないと言い、魔王復活の兆しを感じてファルトラに向かうと言い出します。

 シェラは召喚魔法を使いますが、召喚した子は偵察にしか使えない代物のようです。
 ディアヴロは契約に必要な魔石を1ついただきました。
 シェラはさっそくターキーショットと契約しますが、視界を鳥と共有することができるようです。

 シェラはレムが匂うのではないかと言い出し、レムやシェラは水浴びをすることに。
 ディアヴロは女性陣の裸に困惑しつつ魔王の威厳を保とうと苦悩します。
 そこにエデルガルトがやってきますが、彼女は戦う気はなく、レムの体に魔王を感じ取っているようです。

 レムは自分の体内に魔王がいることを告げ、シェラはレムをハグして「ごめんね」と一言。
 エデルガルトは魔王は「繊細」と言い、レムは魔王の母親として大切にされると言い出します。
 ディアヴロは魔王を復活させつつ「偽物」の魔王を倒すのだと宣言します。

 アリシアはディアヴロにはすぐに宿に戻るように忠告し、聖騎士のサドラーが近くにいることを告げます。
 サドラーのレベルは100を越えてガルフォードに匹敵するとともに、魔王崇拝者にひどい拷問をするとのこと。
 そのサドラー本人がやってきてディアヴロはいつも通り「魔王」を名乗りますが……

 サドラーはレムをにらみつけると、レムは突然呼吸困難に陥ってしまいます。
 ディアヴロはサドラーの「神の力」はただの魔術だと見破り、ディアヴロは石化魔法をはじき返します。
 レムはアリシアに事情を話すことを考え、事情を聞いたアリシアは涙を流してレムをハグします。

 女性陣の仲むつまじい状況に違和感を覚えるディアヴロさん。
 そして塔にいるエデルガルトは「魔王復活は近い」のだとつぶやくのでした。

【感想等】
 冒頭の惨劇とオープニングのサドラーさんの顔からただ事では済まないように思えます。
 サドラーさんはサディストという意味なのは明らかかと。
 人がゴミのように殺される一方で、マスコットの鳥(ターキーショット)さんは癒しだと思います。

 水浴びという息抜きパートはエデルガルトさんの登場であっさりと終わってしまいました。
 前回は2連戦、今回は聖騎士さんとの戦いになり、最後は魔王さんとの戦いになるのでしょうか。
 サドラーさんがあっさりと石化したのは別の意味で驚きましたが……
 
 アリシアさんがいい人っぽくて安心しますが、ディアヴロさんの違和感がちょっと気になってしまいます。
 彼女がいきなり敵になる展開というのもあり得るのでしょうか。
 次回はタイトル通り魔王さんが復活するとのことで、ディアヴロさんがどこまで通じるのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第8話「英雄驀進(ばくしん)」

 異世界魔王の8話を見て感想を書かせていただきます。
 怪しいお兄さんはやっぱり悪い人で、その秀逸な演技にプロのすごさを感じました。
 いろんな意味でディアヴロさんの真価が問われているのかもしれません。

【内容】
 キイラは王家の守り神「ヒュドラ」を召喚しますが、ディアヴロは「あれを撃破する」と豪語します。
 そのまま「わくわくする」と攻撃を仕掛けていきますが、相手は首をたちまち再生させます。
 本来はスキルが一つだけのはずの相手は2つのスキルを持っているのでしょうか。

 シェラはヒュドラには核があるといいますが、キイラによると核は色々と移動するのだとか。
 ディアヴロは雷で敵の体全体を攻撃し、あっさりと敵をやっつけてしまいます。
 さらにキイラにとどめを刺そうとしますが、シェラは「こんな人でも家族」だと彼をかばいます。

 逃げ出したキイラですが、いきなりガルフォードに首を切り落とされてしまいました。
 ガルフォードはそのままエルフの国を手中に収めようとし、ディアヴロの動きを封じます。
 アリシアはガルフォードを止めようとしますが、圧倒的な実力差を前に屈してしまいます。

 ディアヴロは結界を破壊して「絶望を与えてやる」とガルフォードと戦闘を開始します。
 ガルフォードは超速で攻撃を仕掛け、ディアヴロに魔力を集中させる時間を与えまいとします。
 ディアヴロは罠の魔法を仕掛けてガルフォードにダメージを与えますが……

 氷の魔法を使ってもガルフォードの動きを封じられず、ピンチに陥るディアヴロさん。
 「詠唱無視」の魔法を当ててなんとか勝利を拾いますが、相手はまだ普通に生きているようです。
 「ザコ過ぎて興ざめ」だといいつつ、魔王プレイを継続していつでも相手になってやると言ってのけます。

 レムはエルフ達を薬物で回復させ、ディアヴロはシェラに声をかけます。
 シェラは兄との別れに涙を流し、ディアヴロはそんな彼女を好きなだけ泣かせることに。
 戦争は無事回避され、シェラは少しずつ元気を取り戻しつつあるようです。

 マジックポイントがなくなり、さらに(報酬もうやむやになったせいで)金欠になったディアヴロさん。
 シルヴィはMPを回復させるお酒を持ってきて、ディアヴロは思いっきり酔っ払ってしまいます。
 相手を抱き枕と勘違いして抱きしめ、さらに下着を脱がせてそのまま眠ってしまうのでした。

【感想等】
 ディアヴロさんの戦闘がメインのはずが、前回に続きお兄さんの演技に聴き入ってしまいます。
 まあ勝てるとは思っていましたが、ここまであっさりと倒してしまうのは驚きました。
 お兄さんはああいう人とはいえ、さすがに目の前で殺されてしまうとショックが大きいです。

 お兄さんが中ボスならばガルフォードさんが大ボスという感じで間違いないかと。
 こちらもベテラン声優さんが演じていることもあって大物感が出ていてよかったと思います。
 ガルフォードさんはいずれ(アニメ放送の枠外を含めて)再登場するのかもしれません。

 レムさんやシェラさんがメインヒロインだと思いますが、シルヴィさんの元気なキャラもいいなと思います。
 意外とお酒に弱いディアヴロさんは面白いですが、行動はどう見てもセクハラにしか見えません。
 1クールだとしてあと4、5話ではまた新しい仲間や敵が出てくるのかと思いつつ、次のお話もしっかり見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム