【アニメ感想】ISLAND 第12話(終)「Jump02 てをつないでアシタへ」

 アイランドの12話を見て感想を書かせていただきます。
 そろそろ終わりは近いと思っていましたがいきなり最終回で驚きました。
 この短い間で全てを明らかにすることが出来るのでしょうか。

【内容】
 幼き日の凜音の写真を見た切那は何かを考えますが、確かめることなく家を出ます。
 海岸にいた切那に凜音が声をかけ「重なっていい?」とのしかかってきますが……
 玖音は切那が来てから指輪を外したと聞いて何かに気づいたようです。

 夏蓮の母親である「先生」は玖音を10才年下に見ていた。
 この事実から切那は一つの結論にたどり着きます。
 凜音は指輪を見ながら歌っていたと抱きついてきて、切那はふとリンネのことを思い出します。

 父親の日記のうち凜音が生まれた年の日記だけが別のところにしまわれていました。
 中には「玖音が死んでしまった」と書かれており、メイドの女を「玖音」にしたということが書かれていました。
 24年前に拾われたメイドの女「リンネ」は記憶をなくしていたことが幸いだったとのこと。

 リンネは切那の子供を身ごもっていて、生まれた凜音はそのまま養子扱いになることに。
 切那は凜音の実の父親であると告げ、その「守ってやりたい」という思いは親子だったという事実にあると言い出します。
 凜音はどうすればいいのかと本を投げつけて家から出て行きますが……

 「先生」の助手であるももかがやってきて、切那の推理には間違いがあるのではと言い出します。
 タイムマシンだと思っていた装置は睡眠装置であり、今の世界は過去と同じことが繰り返されている未来なのだとか。
 石器時代から高度な文明が成長して、また石器時代に逆行しているという事実が存在しているとのこと。

 冬の世界に取り残されたリンネはコールドスリープで今の時代にやってきたようです。
 切那はリンネを探し回りますが、リンネは自分はあくまで「玖音」であり過去を捨てたのだと言い出します。
 娘である凜音の涙を見たくないという言葉に、凜音は「名前をくれてありがとう」と名前を返します。

 リンネは切那にずっと好きだったのだと告げ、切那はリンネを永遠に愛することを誓うと返します。
 互いに抱き合って口づけをし、リンネは涙を流し、娘はそれを見届けます。
 そして2人は永遠の愛を誓い合い、娘は「伝承の切那と凜音」なのだと締めくくるのでした。

【感想等】
 絵柄と世界観に惹かれて見た作品でしたが想像以上にのめり込まれてしまいました。
 途中でガンダム00を見ていたせいか「刹那」と誤入力したこともありましたが……
 ストーリーは最後の最後まで先が読めず、とくに突然夏から冬になったときは驚きました。

 冬の世界のリンネさんが「玖音」さんであり、切那さんの娘というオチはさすがに想定外でした。
 リンネと凜音、口に出すと同じなのでなんだかややこしく思えてきたのは私だけではないはず。
 前半で問題になったバイモン病は「未来」では解決されてしまったのかもしれません。

 親としての気持ちと一人の女性としての気持ち、最後は涙を流さずにはいられませんでした。
 ゲーム版の残り2つのエンディング(紗羅さんルートや夏蓮さんルート)は機会があれば触れてみようと思います。
 これだけの作品と出会えたことに感謝しつつ、また次も素敵なお話と巡り会えることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ISLAND 第11話「Jump01 またあえたけどアナタは」

 アイランドの11話を見て感想を書かせていただきます。
 冬編のお話が終わり、今度はまた浦島に戻ってきたようです。
 いきなり半裸になっていたら「ぐらんぶる」に見えてしまいますが……

【内容】
 時を超えて浦島に戻ってきた切那さん。
 半裸だったので夏蓮には思いっきり変態扱いされます。
 切那は自分を「救世主」と言い、あっさり退散していきました。

 夏蓮の友人たちに声をかける切那はまたも「救世主」を名乗ります。
 とりあえず彼の兄の知り合いということにして、夏蓮が悩んでいるのではと語りかけます。
 これから夏蓮はクルーザーで島を出るからと軽いネタバレをしますが……
 
 切那は海で泳いでいる頃、夏蓮はクルーザーで友人と鉢合わせます。
 その夜、切那は凜音と出会い、自分は時を超えて彼女を助けに来たと語りかけます。
 「出会いのシーンからやり直すか」と話しかけてきて、ついつい凜音は笑ってしまいます。

 切那はそのまま凜音の家で働くことになり、玖音は「よろしくセツナさん」と筆談してきます。
 「この後寝るんだろ?」と先の展開を口にする切那さん。
 紗羅は神社に来てくれと言い、切那は「お前のことはほったらかしにしない」と言って出て行きます。

 ナイフを前もって回収し「お前の胸にはあざがある」と言ってのける切那さん。
 未来を知る切那に紗羅は土下座し、凜音は切那の有能ぶりに驚きます。
 切那は凜音の体質を知った上で昼間の海に行こうと彼女を誘います。

 意気揚々と洗濯物を干す切那ですが、凜音は下着を干すのは恥ずかしいと言い出します。
 気がつけば太陽の下でも凜音は無事のようです。
 夏蓮は友達3人とともに浦島から出て、切那からはおあつらえ向きにしおりまで渡されていました。

 母親がすでに亡くなっていたことを知った夏蓮は感慨深い表情を浮かべます。
 紗羅は17才になっても普通に生存し、海で彼女の誕生日を祝うことに。
 明るい紗羅や夏蓮の姿に安心しつつ、切那は「神がかっている」と言われます。

 凜音は「私を未来に連れていって」と言い、切那とともに無人島に向かいます。
 切那は「この先何があってもお前を守る」と一言。
 彼女の慕ったもう一人の切那はすでに亡くなっており、凜音は大粒の涙を流します。

 切那は凜音を連れて島に戻りますが、凜音は自分を「眠り姫」と言ってキスをねだってきます。
 その夕方、凜音は浴衣になって夏祭りに向かうことに。
 射的でぬいぐるみを取ったり、おみくじをひいたりし、さらに強引に盆踊りを踊ります。

 突然雨が降って凜音と離れた切那でしたが、凜音は切那のくれたぬいぐるみ(?)を探していました。
 凜音は切那にまたもキスをねだりますが、雷が鳴ってそれどころではなかったようです。
 次の日、切那は紗羅を訪ね、紗羅はタイムトラベルが可能なら同一人物が複数存在することを示唆します。

 紗羅は秋の大祭に儀式を復活させようと考えますが……
 玖音と小さな凜音の写真を見た切那は自分の指輪に触れます。
 そして玖音は「切那……」とつぶやくのでした。

【感想等】
 前回の冬からまたも浦島に戻りますが、お話がつながっているので違和感はなかったです。
 井口さんのお声もあって「ぐらんぶる」を連想したのは私だけではないかも。
 夏蓮さんの悩みがあっさり解消されたのならば切那さんが戻ってきた意味はあったのかもしれません。

 8話で亡くなっていた凜音さんが笑っていてちょっと安心した私がいます。
 残り時間が少ないのかストーリーの進度が妙に速くて総集編を見ているのかと思ってしまいました。
 全く同じ展開を延々となぞられても視聴者としても困惑するのかもしれませんが。

 8話で間違えた選択肢を乗り越えて凜音さんを救ったので、まず一歩進んだのは間違いないかと。
 うまくいきすぎている一方で、玖音さんがどうしても気になるのは私だけではないはず。
 玖音さんが実は凜音さんではないかと頭をよぎりつつ、最後まで彼らの活躍を見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ISLAND 第10話「Recursion02 モウクヤミタクナイカラ」

 アイランドの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回から「冬編」になり、お話の雰囲気はずいぶんと変ってしまいました。
 色々と思うところはありますが、最後までがんばって視聴したいです。

【内容】
 手配書には「札なし」の子供達がすでに捉えられ、処刑されると書かれていました。
 カレンはサラを人質にしようと考えますが、それでも父親を説得はできないとのこと。
 切那は勝手を知っているサラの手引きで潜入することを考えますが……

 サラ、カレン、切那は教会に潜入しますが、子供達はすでに亡くなっていました。
 カレンは倒され、メイも即座に射殺されてしまいます。
 切那は憤りますが、相手は全く聞く耳を持っていませんでした。

 サラの父親は演説中にいきなり銃撃を受けます。
 教会はサラを殺人犯扱いし、そのまま切那たちをテロリストに仕立て上げてしまいます。
 扇動された人々は即座に切那を捉え、そのまま火あぶりにしてしまいますが……

 リンネは花火を使って人々を追い払います。
 切那はカレン、リンネとともにサラを背負って進み、アイランドの外へと出て行きました。
 サラは「本当にありがとう」と言い残して亡くなってしまいます。

 切那は超古代の洞窟を発見しますが、同時に何かを思い出していました。
 リンネは見知らぬ装置に目を輝かせつつも、カレンをどかして切那のそばで眠ります。
 カレンは太陽の光を見て「あいつらにも見せたかった」とつぶやきます。

 リンネは機械いじりを続け、実家にあるそれと同じではないかと言い出します。
 これで古文書の解読ができるとのことですが……
 カレンは「バイモン病」を発病してしまい、病院に行くため、アイランドに戻ることになりました。

 切那に背負ってもらったカレンは「お父さん」みたいだと回顧します。
 医師は「その人はとっくに死んでいる」といい、カレンはお墓に入ることになってしまいます。
 リンネは「死ぬ前からやり直す」ことで2人を助けられるかもしれないと言い出します。

 例の装置はタイムマシンであると聞いた切那は同じようなことがあったことを思い出します。
 「俺は過去を帰るために夏から来た」という切那さん。
 リンネは「お前は俺の特別」「お前の特別になりたい」と訴えかけます。

 今のアイランドは変わらないから、遠い過去を変えることで全てを変えることができるのではないか。
 リンネは今までの全ては運命であったと言いますが……
 切那は結婚指輪をつくってリンネにはめ、そのまま結婚式をした後、遠い過去への移動を開始しますが……

【感想等】
 アドベンチャーゲームが気がつけばRPGになったような感じがします。
 子供達にここまで容赦のないことができる相手は本当に人間なのでしょうか。
 その上、サラさんまでああなってしまって呆然としてしまいました。

 夏編では凜音さんが亡くなりましたが、冬編ではあっさりとサラさんが亡くなってしまいます。
 リンネさんが見知らぬ装置に目を輝かせているところはなんだか救いのようにも思えます。
 カレンさんのキャラクターと「ヤマノススメ」のひなたさんが時折重なるのは私だけではないかも。

 機械がストーリーに大きく関わる一方で、バイモン病はこちらの世界でも共通するようです。
 大切な人を救うためにやり直すという展開は少し前に見たような気が……
 コールドスリープやタイムトラベルの果てにみんなが救われる展開が待っているのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ISLAND 第9話「Recursion01 マタアエタナオマエト」

 アイランドの9話を見て感想を書かせていただきます。
 前回の展開も衝撃的でしたが、今回のお話もさらなる衝撃が襲います。
 そもそもこれは何のアニメだったのでしょうか。

【内容】
 配給日に与えられた食料を前にイチャイチャする切那と凜音の2人。
 シスターになった紗羅は「救いの日は必ず来ます」と人々に語りかけていました。
 なお、凜音は「巨乳に見とれてる!」と怒っていました。

 突然煙が発生し、夏蓮達が食料を奪い取って去っていきました。
 たちまち銃撃戦になり、切那は倒れた紗羅をおぶってその場を去ることに。
 凜音はまた巨乳に見とれたと怒っていましたが……

 夏蓮は刃物で切りつけてきて、切那は胸を触った隙に蹴り飛ばされます。
 彼女たちは「札なし」と呼ばれる存在で、許可を得ずに生まれて棄てられた子供達なのだとか。
 切那は「札を持っていようがいまいが同じ人間」だと反論します。

 「アイランド」第三居住区で食事を作る切那さん。
 札なしの居場所はこのアイランドにはなく、伝説の楽園「アヴァロン」があればと嘆きます。
 教会はアヴァロンを探索しようとしましたが、誰も戻ってこなかったとのこと。

 おじいさんは「孫達に手を出したら生きたまま八つ裂きにしてやる」と言って出かけていきました。
 凜音は「時間がない」「誰かがこの世界を救わなきゃ」と研究を続けていました。
 「お前といると元気になれる」と凜音を抱きしめる切那なのですが……

 ロボットに変形すると言い出す凜音に不安を覚えつつ、カプセルの中に入る切那さん。
 スイッチを入れた途端にショートしたとのことですが、装置の外と中で時間の流れ方が違うようです。
 続いて、切那、凜音は紗羅の前に現れ、食料を運ぶことになりました。

 紗羅は現在のシステムが限界であることを告げた上で、廃棄されたはずの場所へとやってきました。
 上の階層から電気を奪って細々と生きている人達でも、さすがに食料までは確保できないとのこと。
 紗羅はそんな人達に食料を配っているようですが、切那は突然殴られて気を失います。

 カプセルに乗って雪原に降り立ったことを思い出す切那さん。
 夏蓮は自分を革命組織のリーダーと名乗り、下着姿で切那を誘惑してきます。
 切那は紗羅に相談してはどうかと言いますが、夏蓮は「教会は信用できない」と反論します。

 夏蓮が言うには教会は「札なし」を皆殺しにしようとして、なおかつ住人達をだましているとのこと。
 教会の衛兵がやってきたと聞いた夏蓮は自分が敵を引きつけて仲間を逃がそうとします。
 たちまち追い込まれた切那たちは地表へと進んでいきますが……

 切那たちは教会のやり方に疑問を抱きます。
 アヴァロンを調べた調査隊はこの周辺以外は生きられないことを知っていました。
 そのことを公表できないから隠蔽するしかなかったようです。

 「アイランドを救う方法は必ずある!」
 そう宣言する切那には何かいい考えがあるのでしょうか。

【感想等】
 過去に戻るのかと思っていたところで世界観すら戻っていたことに呆然とします。
 これは未来世界なのか、それとも異世界なのか、そんな疑問すら生じたのは私だけではないはず。
 ご丁寧にタイトルやオープニングすら変えているその用意周到さが素敵だと思います。

 離島で記憶喪失の主人公が女の子とイチャイチャしていたのはなんだったのでしょうか。
 中盤で彼らが今の状態に至ったいきさつが語られてなんとなくわかってきましたが……
 子供達を容赦なく殺そうとする協会側にも裏があることは確定事項なのかもしれません。

 8話、9話のお話の展開を見ていると、10話には全く違う世界になっているのかも。
 アヴァロンというと思い浮かぶのはFateなのは私だけではないはず。
 次のお話でどんな展開をたどるのか、刮目して見守っていけたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ISLAND 第8話「またあえたらあいしてね」

 アイランドの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はいろんな意味で衝撃的な内容でしたが、まだまだ大きく謎が残ります。
 身近にはクリア報告もあったりしますが、そのあたりとの違いも確認できれば言うことはありません。

【内容】
 オープニングも省略して凜音を助けに向かう切那さん。
 流れから5年前に戻って「切那」を助けるという凜音についていくことに。
 波にさらわれ、そして……

 島に流れ着いた凜音は「本物」の切那のところに向かうと走って行きます。
 切那もそれを追いかけて、バリケードの奥へと進んでいきます。
 なにやら人が生活をした後があり、そこには「切那」らしい亡骸がありました。

 切那は残されたメモを読み、5年前の切那こと「彼」の凜音への思いを知ります。
 凜音を助けるために「船」を作ろうと考えた彼はカプセルのようなものを使うことに。
 切那は凜音を助けた後に力尽きたようですが……

 事実を知った切那は亡骸になった切那に涙を流します。
 生きている方の切那は亡き切那は凜音の笑顔を待っているのだと説明します。
 そして「彼」の墓を作り、しばらく気持ちの整理をつけるためにと島にとどまることを決意します。

 挿入歌とともに無人島生活が続き、切那は「彼」の生まれ変わりという事に落ち着きます。
 「これからお前を幸せにする」と決意する切那さん。
 彼が目を覚ますと浦島に戻っていて、夏蓮には「馬鹿野郎」などと言われます。

 切那の目の前では凜音の葬式が行われた跡がありました。
 なんでも切那は助かった一方で、凜音が変わり果てた姿で発見されたとのこと。
 信じられないという切那は呆然とし、母親にビンタされて事実に気づきます。

 やさぐれた切那は「切那」は死んだと言い出し、名もなき浮浪者だと言い出します。
 「切那」として責任を取れと言われた彼は本土に移動し、凜音は命を、切那は時間を捧げたと言われます。
 向かう先は夏蓮の母親の研究施設で、そこには「世界中の科学者を黙らせた装置」が置かれていました。

 夏蓮の母は棄てたはずの故郷「浦島」に何かがあると考え、そのまま命を落としてしまいます。
 玖音は凜音がカプセルで眠っていたことを明らかにします。
 装置は調べられることとなり、装置の中だけ時が止まる装置なのだとか。

 未来の人間が過去に介入しているという事が推測されます。
 切那は凜音を助けるために自分の時間を捧げることに。
 果たして切那は時を超えて再び凜音と巡り会うことができるのでしょうか。

【感想等】
 凜音さんが23才だったという事実はあまりにも衝撃が強すぎました。
 さらには切那さんも当初に会ったという切那さんとは別人だと言われてちょっと混乱しています。
 凜音さんを守ろうとする2人の切那さんが人格者なのは間違いないはず。

 切那さんの謎がわかって凜音さんにとっては一つの答えが見えつつあるように思えます。
 謎はまだまだ多く残されているように思えますが、それが今後の課題なのでしょうか。
 無人島生活をする展開は驚きつつも、挿入歌は普通によかったと思っていたのですが。

 後半ではいきなり凜音さんのお葬式になっていたのを見て目を疑ってしまいました。
 一人のために全てを捧げるという意味では某魔法少女アニメをふと思い出してしまいます。
 次回のタイトル的には凜音さんと出会えると思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム