【アニメ感想】「聲(こえ)の形」の地上波初放送を記念して「たまこまーけっと(全12話)」を見ました!

 アニメの世界で活躍される女性というと、声優さんをのぞけば山田尚子さんと岡田麿里さんがまず頭に浮かびます。
 山田尚子さんは「けいおん」の監督をされていた方で、今夜テレビ放送のある「聲の形」でも監督をされていました。
 今回見ていく「たまこまーけっと」もそんな山田さんが関わる作品で、京アニさんのオリジナル作品ということで、わたし、気になります!

【全話まとめ】
第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘
 冬休みを前に同級生と別れたたまこは商店街で買い物をしていましたが、怪しい鳥がそれを見つめていました。
 花を見ていたたまこはその奥にいた鳥に激突され、しゃべってくる鳥を投げ飛ばしてしまいます。
 とりあえず鳥を頭に乗せて帰宅するたまこでしたが、父親は隣の店と喧嘩をしていました。

 家に戻ったたまこは鳥を介抱する一方で、妹のあんこは自分の名前が気に入らないようです。
 鳥は王家の人間であり、妃を探すために旅立ったと言い出し、なんでもくしゃみは求愛行動なのだとか。
 もち蔵は鳥を棄ててこいと言い出しますが、鳥は「デラ・モチマッヅイ」と名前を名乗りますが、もち屋である父親は憤ってしまいます。

 たまこは妹と銭湯にやってきて、もち蔵には誕生日プレゼントをおねだりします。
 銭湯のおじさんは鳥がしゃべることに感動し、デラはお風呂で大騒ぎしてテンションを高めていました。
 女湯に飛び込んだデラは投げ返され、そのままもち蔵の家に居座ることになっていました。

 たまこは学校に顔を出して同級生と話をしますが、誕生日には店の看板がほしいと言い出します。
 周囲がたまこの誕生日にサプライズをしようと考えている頃、デラはたまこの頭に乗ってきました。
 たまこは自分の母親がすでに亡くなったことを告げ、一方で自分はもち屋の娘だからと自分を元気づけます。

 大晦日というもち屋で一番忙しい日がやってきましたが、デラはそのまま居座ってしまい、餅の食べ過ぎですっかり太ってしまいました。
 たまこは実家を手伝う一方、デラは太りすぎで飛ぶことすらままならなくなってしまいました。
 デラはもう出て行くといいますが、もちを喉に詰まらせて死にかけてしまいます。

 「もちうまい」と復活したデラはあんこに抱きつかれ、いいムードになる一方で、たまこへのプレゼントはスルーされてしまいます。
 かんなやみどりといった知り合いからお祝いのメールが届いてきて、後は商売繁盛だけだといいだすたまこさん。
 デラはあとはお妃さえ見つかればといい出しますが、その日はいつになったら来るのでしょうか。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム