【アニメ感想】さくらさんの答えを知りたくて「カードキャプターさくら 封印されたカード(劇場版2作目)」を見ました!

 クリアカード編(新作)が後半にさしかかった5月に、思い立って旧作(全70話)を見ることを考え、多少無茶だと思いつつも最後まで見ることが出来ました。
 新作では両思いのさくらさんと小狼くんを見ていた後なので、当時の人間関係との違いに若干戸惑うところはありましたが、最終的に小狼くんがさくらさんを好きだと言うところまで見られてよかったです。
 一方で、アニメの最終回ではさくらさんが小狼くんの気持ちに明確な返事をしていないということもあって、やや消化不良なところは否めませんでした。

 今回は、事実上の最終回ということで劇場版2作目である「封印されたカード」を見てみようと思います。
 アニメでは小学5年生だったさくらさんは6年生になり、小狼くんに自分の気持ちを伝えるお話で、現在放送中のクリアカード編につながるところでもあります。
 また、クリアカード編で若干言及のあったさくらさんがお姫様役で出るお芝居の元ネタということもあって、見る前から「はにゃーん」と叫んでしまいそうです。

【内容】
 ユエとケロちゃんとともに、さくらはジャンプやウォーティーのカードを使って戦闘をしていました。
 というのは知世の編集したビデオというオチで、いつもどおり目を輝かせる彼女に、さくらは思わず「ほえーっ」と叫んでしまいます。
 6年生になった素晴らしい魔法少女に成長したというさくらですが、敵として登場したのはクリエイトで作り出したキャラなのだとか。

 さくらは映像の中の小狼を見て顔を赤くしてしまい、すでに彼が香港に帰って4ヶ月なのだとか。
 小狼の「好き」という気持ちにお返事が出来ていないさくらは、自分もちゃんと会ってお返事をしたいと考えます。
 今日は登校日とのことで焦るさくらですが、地域の行事である「なでしこ祭」で劇をすることになり、さくらはお姫様役をやるのだとか。

 「おそよう、怪獣」と悪態をつく桃矢に怒りつつ、さくらはお父さんたちと朝ごはんをいただきます。
 あと一週間で本番ということもあり、早く学校に行くのですが、桃矢は大学でパーラーを出すとのこと。
 学校にやってきたさくらは新しい台詞を話すのですが「好き」という台詞に困惑してしまいます。

 さくらは自分の演技に自信がないようですが、知世は毎日練習風景を撮影しているからと太鼓判を押します。
 作中の「あの人に会いたい」という言葉に小狼のことを思い出すさくらさん。
 エリオルの家の近くはすでに遊園地になっており、いろいろとあたりを探っていたら小狼や苺鈴と再会します。

続きを読む

【アニメ感想】小狼くんの気持ちを知りたくて「カードキャプターさくら 第3期(さくらカード編:47~70話)」を見ました!

 クリアカード編を視聴していて、旧作のお話が出てくることが割と多かったので、時間があるうちに見てみようと思いました。
 連休の時期というタイミングもあってなんとかクロウカード編(46話まで)を見終わったのは自分でもよくやったのではないかと思ったりします。

 今回は旧作の締めくくりとして3期目のお話、いわゆる「さくらカード編」のところを見ていこうかと。
 1期や2期ではさくらさんが雪兎さんをむいていたのが、どのように小狼くんのことを好きになっていったのか、しっかりと見守っていけたらと思います。

【内容(第3期)】
第47話 さくらと不思議な転校生
 気がつけば夏休みも何事もなく終わったようで、観月先生も外国に留学したとのこと。
 ケロちゃんは旧作を振り返る意味を含めて、さくらがクロウカードの主になってよかったと振り返ります。
 クロウの親類にあたる小狼はカードの主にはならなかったものの、まだ日本に残っているようですが……

 夏休みの宿題が残っていたことに気づいたさくらは「絶対大丈夫だよ」と言い出しますが、外にはどう見ても怪しい男の子の姿がありました。
 次の日、さくらはなんとか宿題を終わらせて、日直だからと早めに学校(始業式)に向かうことになりました。
 通学途中に買い出し途中の雪兎に出会ったさくらは「いっぱい食べられるのは健康な証拠だ」と告げて彼と別れます。

 学校にやってきたさくらはハイテンションで歌っていましたが、思いっきり(同じ日直の)小狼に聞かれてしまいます。
 休み前にクロウカードは全て集まったとのことで、小狼は報告のために近いうちに香港に帰るとのこと。
 知世はさくらにコスチュームを着せられないからと落ち込んでいた一方、寺田先生が2学期からの担任とのことです。

 イギリスから来たという「柊沢エリオル」が転校してきて、小狼の隣に座ることになりました。
 さくらはエリオルに会ったことがあるような気がして、エリオルもまた同様のことを思っていました。
 生まれる前から会ったことのあるのではないかというエリオルは、気がつけばさくらとは親しくなり、小狼は目に見えて憤っていました。

 悩み多き小狼は、思うところもあってしばらく日本にとどまることにして、さくらの顔を見て赤くなります。
 アイスを食べていると桃矢や雪兎がやってきますが、彼らの学校にも「秋月奈久留(なくる)」という転校生がやってきたとのこと。
 その奈久留は桃矢に抱きついたカト思ったら、アイスを食べて、さくらにじゃれついて去っていくのでした。

 ケロちゃんはゲームをしていましたがエリオルについて「どんな漢字を書くのか」と人の話を聞いていないようです。
 クロウカードの本が反応し「ご迷惑をおかけしますが絶対大丈夫ですよ」と声が聞こえてきたかと思ったら、本の表紙がさくらのものに変わっていました。
 さくら、ケロちゃんは友枝町だけに降る雨に妙な気配を感じ、出動するのですが、さくらに衣装を着せた知世の喜び方はいつもどおりでした。

 雨水に襲われたさくらは魔法で対処しようとします。
 しかし、いつもの呪文(闇の力を秘めし鍵~)では鍵は反応しません。
 ケロちゃんはユエに確認したいことがあると言いだすのですが……

続きを読む

【アニメ感想】自分を信じて前に進むために「カードキャプターさくら 第2期(36~46話)」を見ました!

 今年の初めにクリアカード編を見ていて、意外と旧作の知識が必要な点が多いと感じ、5月のはじめから旧作(全70話)を少しずつ見て、1期(1~35話)部分を見ることが出来ました。
 今回はクロウカード編の完結にあたる2期のお話を少しずつ見て、色々と思うところを書いていければと思います。
 1期が約3クールに対して2期が1クールと短いことが気になりますが、原作が全部で9巻ということを考えると、それなりにオリジナル要素ががんばっているのではないかと思います。

【内容(第2期)】
第36話 さくらと雪の新学期
 いつもどおり夢を見たさくらは目の前の女性は(兄の元恋人である)観月先生ではないかと考えます。
 「ほえーっ」とともに目を覚ましたさくらは今日から小学5年生だと視聴者に状況を説明しますが、なんでも春休みの間にもカードが増えたようです。
 桃矢はさくらを「怪獣」といい、やさしいお父さんと一緒に食事をするいつもの光景が続きますが、桃矢は高校3年生になるとのことです。

 さくらは知世とは同じクラスのままで、桃矢もまた雪兎と同じクラスだと聞いたさくらは思わず「はにゃーん」してしまいます。
 雪兎と会ったさくらは「当番だから」と先に行った桃矢をよそに、2人きりでの登校を楽しみ、進級祝いをもらって顔を赤くします。
 新しいクラスは5年2組で、知世や千春、奈緒子、利佳、小狼や苺鈴は同じクラスなのですが、担任の先生は寺田先生から観月先生に変わっていて、おもわず「はにゃーん」してしまいます。

 さくらは夢の女性は観月先生なのかと考え、その観月先生は「いっぱい積もらないうちに」外に出てドッジボールをしようと言い出します。
 学校では桜が咲いていたかと思ったら、帰宅した頃には(4月にもかかわらず)雪が降ってきていていました。
 さくらは雪兎からもらった時計を見てはにゃーんしつつ、夕ごはんにシチューを作るのですが、外はますます雪が降っているようです。

 カードのことを考えたさくらは知世やケロちゃんと一緒に外に出て、一面の雪に驚かされます。
 小狼によると「スノー」のカードの仕業とのことですが、観月先生はこの事態を予測していたのではないかというお話になります。
 猛吹雪になってもさくらの撮影が出来ないと言い張る知世ですが、どうやら雪は魔力のあるさくらや小狼を狙っているようです。

 さくら、小狼は上空に逃れつつ反撃しますが通用せず、雪兎からもらった時計を落としてしまいました。
 怒ったさくらは35話で回収したファイアリーで周囲の雪を溶かし、たちまちにスノーを封印します。
 大切な時計をなくしたのだとさくらは泣いてしまい、小狼は見つかるまで一緒に探すと告げます。

 観月先生が出てきてさくらの時計を返すとともに「お疲れ様」と何かを知っているような口ぶりで去っていくのでした。

続きを読む

【アニメ感想】香港に行ってみたいと思いつつ「劇場版カードキャプターさくら(1作目)」を見ました!

 連休時期の5月頭から9日にかけて、カードキャプターさくらの1期35話を拝見させていただき、今回はタイトルどおり映画の1作目を見させていただこうと思います。
 1期の最終回がクリスマスで、今回の映画は冬休みのお話となり、ついでに言えば、2期は5年生の1学期のお話で間違いなかったかと。
 今回はいつもの友枝町ではなく、小狼くんや苺鈴さんの故郷である香港のお話で、小狼くんのお母さんやお姉さんたちの登場も見逃せません。

【内容】
 空を飛ぶさくらは弓で狙われて「ほえーっ」と叫び、小狼が援護しつつ、さくらはウィンディで動きを封じつつ「アロー」のカードを封印します。
 その後は若干の掛け合いがあり、帰宅したさくらは眠ってしまい、例のごとく見知らぬ場所の夢を見ます。
 水に沈んださくらに「水は流れゆくものです」と男性の声が聞こえるのですが……

 通知表を返されたさくらはひとまず結果を見て安心し、一方で小狼は成績表を(母親に見せることを)恐れているようです。
 苺鈴は成績に不満を持ちますが、慣れない日本では仕方がないのかもしれませんし、小狼はそれなりの成績でひとまず安心します。
 さくらはマキさんのお店でノートを買い求めますが、商店街の福引きでなんと特賞の香港旅行を当ててしまいます。

 ケロちゃんは昔香港に行ったことがあるとのことですが、お父さんは出張で代わりにお兄さんが(当番5回で)同行することになり、さらに知世や雪兎も一緒に行くことになりました。
 外国に行くときもビデオとコスプレ衣装を欠かせない知世をよそに、さくら達は日本を旅立つことになりました。
 飛行機は日本からあっという間に香港にたどり着き、さくら、知世はひとまずホテルに荷物を置いておくことになりますが、ケロちゃんもしっかりついてきたようです。

 さくらはフェリーでかもめさんに興奮し、雪兎とはいいムードになり、もちろん知世はそんなさくらをビデオに撮影します。
 「世の中に偶然はない」というクロウの言葉を引用し、ケロちゃんは今回の香港旅行も何らかの運命ではないかと考えます。
 そして、さくらは再び夢を見て、見知らぬ女性の姿を目にしますが……

続きを読む

【アニメ感想】はにゃーんな気持ちになりたくて「カードキャプターさくら 第1期(1~35話)」を見ました!

 今年の初めごろから「カードキャプターさくら」のクリアカード編を視聴することになりました。
 クリアカード編の前提として、1990年代に放送された旧シリーズが存在するのですが、全70話という分量もあってなかなか手を出すことが出来ませんでした。
 しかし、実際にクリアカード編を見ていくと、旧シリーズのお話を前提にしていることが少なくなく、今回視聴を決意するに至りました。

 お話を単純に言えば、さくらさんが不思議なカードを回収するというもので、そのあたりは旧シリーズとも共通する点だったりします。
 登場人物の人間関係やこれまでの経緯を知ることで、クリアカード編をより楽しめるのではないかと考える次第です。
 なお、今回は35話、次で36~46(計11)話、最後に47~70(計24)話とお話の数がばらけていますが、そのあたりはアニメ放送の時期に併せているのでご了承願います。

【内容(第1期)】
第1話 さくらと不思議な魔法の本
 不思議な夢の中で、さくらはケロちゃんとともに一人の男性と対峙します。
 目を覚ましたさくらは家族構成を紹介しつつ、意地悪な兄・桃矢(とうや)と言い争いをします。
 続いて登場したお父さん(藤隆)がお料理を作ってくれますが、お母さんの方はさくらが幼いときに亡くなったとのこと。

 さくらはローラースケートで桜の花びらが舞い散る中を通過するのですが、どうやら兄の同級生である雪兎(ゆきと)のことが好きなようです。
 知世は一番の親友でお嬢様キャラなのですが(さくらの)写真やビデオを撮ることが趣味のちょっと変な子でした。
 さくらは授業中に夢で見た子(ケロちゃん)のらくがきをしたり、体育で運動神経を見せつけたりしますが、バトンが一瞬杖に見えてしまいます。

 帰宅したさくらは父親の帰りが遅いことを知りますが、父親の書庫から何やら気配を感じてしまいます。
 怪しい本を手にしたさくらは封印を解いてしまい、ウィンディのカードで他のクロウカードをあちこちにばらまいてしまいます。
 突然登場したマスコットは大阪弁で話しかけてきますが、さくらは電池がどこに入っているのかと言い出します。

 マスコットは封印の獣「ケルベロス」を名乗りますが、カードがなくなっていて驚きます。
 ケロちゃんはクロウカードの封印が解かれると災いが起こると説明し、さくらはカード回収をすることになりました。
 さくらは封印の鍵を渡され、タイトルどおりカードキャプターさくらとなってしまいます。

 さくらとケロちゃんは責任を押し付け合いますが巨大な鳥の形をした「フライ」のカードが外に出ていることに気づきます。
 いったんは風に吹き飛ばされ、さらには逃げたものの、さくらはフライに飛び乗って動きを封じ、神社でカード回収に成功します。
 さくらはフライのカードで空を飛びつつも、まだカードキャプターをやると確定してはいないようです。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム