【アニメ感想】人の優しさに触れるために「かなめも(全13話)」を見ました!

 ごちうさ、きんモザをはじめ、ニューゲームをリアルタイムで見て、さらにはけいおん、ひだまりスケッチなどの作品も見ていきました。
 4月にはきららファンタジア参戦作品を網羅し、あっちこっち、ドージンワーク、GAといろいろと見てきたところです。

 今回取り上げる「かなめも」はお仕事がテーマということを考えれば、ニューゲームの先輩的存在なのかもしれません。
 また登場人物の名字が東西南北中になっているところで「プリパラ」をふと思い出します。

 かなめも    プリパラ
 「中」町かな   真「中」らぁら
 「北」岡ゆめ   「北」条そふぃ
 「南」ゆうき   「南」みれい
 「東」ひなた   「東」堂シオン
 「西」田はるか  ドロシー・ウエスト(西)

 前置きが長くなるといけないので、全話のお話をまとめてから感想を書かせていただきます。
 個性的な女性陣は見ていて楽しく「桜トリック」にも匹敵する百合描写を含めて他の作品にも通じるところがあるように思えます。

【全話まとめ】
第1話 はじめての、ひとりぼっち…
 両親に続いて祖母が亡くなり、かなはひとりぼっちになり、更におばあちゃんの思い出の品は質屋と思しきところに持って行かれます。
 一方、ある新聞販売店では小学生(咲妃)が従業員募集の張り紙を貼っていましたが、ゆめはリアル猫を持ってきてしまいます。
 そして、かなは従業員募集の張り紙を見て働くことを決意しますが、その個性的すぎるメンバーを前に一旦断念します。

 他のバイト先を探すものの、見つからなかったかなは野良かなになるのではないかと危機感を強めます。
 従業員の面々はいろいろなところに新聞配達をしており、一方で、3浪はまずいと考えてしまいます。
 ぶつかってしまい目を覚ましたかなはいったんは逃げ出しますが、空腹に負けて(大袋の砂糖を入れた)カレーをいただくことになりました。

 かなは毎日ごはんを作るから、働かせてほしいと嘆願し、所長の代理が小学生だと知って驚きます。
 飯付きの休みが手に入ったと喜ぶ一同ですが、かなは同意を取ろうにも保護者にあたる存在がいませんでした。
 かなは部屋を与えられますが、穴の向こうにはゆめがいて、気がついたら米ジュースなるものを飲まされます。

 何も持たずにやってきたかなに、他の皆さんは布団や日用品を与えますが、一方で現金はヤミ金並の利率でした。
 解散することに言われたかなはひとりぼっちになって涙を流しつつもお布団に入ることになりました。
 かなは自分が新聞屋さんになったことに驚きつつ、明日からがんばろうと考えるのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム